【進撃の巨人】ウーリ声優 古川登志夫を紹介!大御所キャスティングの理由とは?

アニメ46話ではウーリ・レイスが登場し、担当声優が古川登志夫さんだと明らかとなりました。

古川登志夫さんとは、どのような声優さんなのでしょうか?

調べてみると、とんでもない大御所声優であることが分かりました!

ウーリ役を大御所声優が担当!?

ちょっと不思議ですよね?

古川登志夫さんのプロフィールとともに、キャスティングを考察してみましょう!

Sponsored Link

◆古川登志夫さんのプロフィール!

2018-09-20_042238
古川登志夫さんのプロフィールです!


項目 内容
名前 古川利夫(ふるかわ としお)
生年月日 1946年7月16日
血液型 B型
身長 164cm
年齢 72才
出身地 栃木県
所属 青二プロダクション

1946年生まれで72才なんですね!

声からはとても想像できなかったです(・_・;)

代表的なキャストで「うる星やつら」の諸星あたる役、
2018-09-20_043120
「ONE PIECE」のポートガス・D・エース役、
2018-09-20_044323
「ドラゴンボール」のピッコロ(マジュニア)役、
2018-09-20_042329
「機動警察パトレイバー」篠原遊馬役などなど、数々の素晴らしい役柄を演じられています。
2018-09-20_044134
古川さんは栃木県栃木市に10男5女の末っ子として生まれ、中学生になると児童劇団に入団し芸能界を目指します。

日大芸術学部芸術学科を卒業し、俳優を目指し劇団「櫂」に入団し、座長であった中田浩二さんと出会います。

中田浩二さんからの紹介で海外ドラマのアテレコ等の仕事をしている中、1976年の「マグネロボ ガ・キーン」の主役 北条猛役に抜擢されるとアニメの仕事が一気に増えます。

アニメ声優のしごとが増え舞台に立てなくなった古川さんは声優の専門事務所である「青二プロダクション」に移籍する事になります。

つまりキャリア40年以上のベテラン声優という事になりますよね!

本当にスゴいですよ!

先ほど紹介した諸星あたる役やピッコロ、篠原遊馬役以外にも、現在に「ゲゲゲの鬼太郎」のねずみ男役や「北斗の拳」のシン役も演じています。
2018-09-20_044702
これだけ見ても、本当に幅広い役柄を演じていますよね!

諸星あたるは完全に三枚目なキャラですし、篠原遊馬は真面目ながらも少しひねくれている所がある青年、といった感じです。

一方でピッコロのマジュニアは完全な悪役ではないですが、悪役というポジションでしょう。
2018-09-20_042329
さらには「ONE PIECE」のエースや「北斗の拳」のシンとなると、哀愁の漂う男と言った感じでしょうか…
2018-09-20_043358
本当に幅広い役を演じられてきています!

これほどの経歴を持った古川登志夫さんが演じるウーリとは、どのように仕上がるのでしょうか?

古川登志夫さん@ウーリを妄想してみましょう!

◆古川登志夫さん演じるウーリとは!

2018-09-17_131812
今回アニメ46話にも登場したウーリですが、原作ではほぼ69話「友人」のみの登場となっています。

ウーリはレイス王家が継承してきた始祖の巨人を継承した継承者であり、その思想も強制的に継承させられた人物となっています。

その発言はほぼ145代フリッツ王である初代王の言葉に感じられ、初代王が背負っている罪に苦しめられているような内容のものが多いです。

そしてケニーとの「友人関係」が感じられる発言が、非常に魅力的な場面だと言えるでしょう!
2018-09-19_074610
「進撃の巨人」第69話「友人」より


この辺りは古川登志夫さんの演技が非常に楽しみですよね!\(^o^)/

エースのような感じというよりも、シンのような感じになるのか…

大御所の演技に期待ですよ!

ただ、その登場は次回のアニメ47話が最後の登場となるでしょう。

気になるのはこれほどの経歴を持った古川登志夫さんが、非常に登場が少ないウーリを演じられるということですね。
2018-09-20_042201
アニメでは原作以上に登場が多いと言うことでしょうか?

となると期待してしまうのが、ウーリのアニメオリジナル場面です。

もしかしたら、原作には無いアニメオリジナルのウーリのセリフやケニーとのやり取りが登場するのではないでしょうか?

ケニーとのオリジナルのやり取りというのは、非常にたまらない魅力がありますよね!

そしてもしウーリのオリジナルのセリフだとしたら、それはそれで145代フリッツ王の言葉となるので考察要素としてはこれまたたまらないですよ!

古川登志夫さんが演じるウーリには、何かあるのではないか?

大御所の演技とともに、アニメオリジナルを期待してしまう管理人アースでした!\(^o^)/

3期9話(46話)の動画あらすじ感想!
109話「導く者」あらすじ感想考察!
ケニー声優 山路和弘さんを紹介!


Sponsored Link

この考察記事を読まれた方には、こちらの記事にも進撃して頂いてます。

8 Responses to “【進撃の巨人】ウーリ声優 古川登志夫を紹介!大御所キャスティングの理由とは?”

  1. コダヌキオタヌ より:

     度々失礼致します。コダヌキでございます。
     古川さんの記事は個別に出るかなと期待していたので、
    嬉しいです。有難うございます。

     ウーリの声に聞き覚えがあるなとは思ったのですが、
    古川さんの名前を見た瞬間、「アタル~~!?」と叫び
    そうになりました(笑)。古川さんの声を聞いたのは、
    【パトレイバー2 the movie】以来です。あれは素晴
    らしかった。あの懐かしい声を再びしかも【進撃】で
    聞けるのは嬉しい限りです。とても七十代のお声では
    ないですね。三十代にしか聞こえません。

     古川さんのTwitterを初めて拝見しましたが、優しい
    お人柄が伝わってくるようでした。来週の放送が待ち
    遠しいですね。
     失礼致しました。

    • 管理人アース より:

      おお!パトレイバー好きなんですね!
      管理人アースはコミックとOVA、アニメ映画を当時映画館に観に行きました。
      零式の話でしたね。
      古川さんは、お人柄も温厚な感じで良いですよね!
      次回のウーリ、楽しみですよ!(*^^*)



      管理人アース

  2. あしゅけ より:

    古川登志夫さんといえば、
    諸星あたるとカイ・シデンの世代です(´ε`)
    カイとスパイの少女ミハルのエピソードが、ガンダムの中では一番好きです。戦争はアカンのですが、大切な人を失うことによって、それまでのわがままで気分屋な性格だったカイが成長していく姿は痛々しくも感動しました。
    進撃の巨人の中でも、マルコの死によって調査兵団入りを決めるジャン辺りがカイの姿と重なりますね(*´ω`*)

    • 管理人アース より:

      >マルコの死によって調査兵団入りを決めるジャン辺りがカイの姿と
      進撃も少年の成長を描く場面が多いですよね!
      評価の高い作品には「キャラクターの成長」というファクターが埋め込まれているように感じますよ!



      管理人アース

  3. モブリッティ より:

    古川さん、自分は子供の頃からファンだったので、今もこういう脇役で登場してくださることに感激です。
    戦闘メカザブングルのブルメの声とか言っても誰もわからないだろうな。。。
    ウーリは確かに短い出番ながらも大事なポジションだし、ひょっとして後々大事な回想シーンとかあるんだろうかと期待してしまいます。

    • 管理人アース より:

      >ひょっとして後々大事な回想シーンとかあるんだろうか
      こういうのありそうですよね!
      むっちゃ好きな展開です(*^^*)



      管理人アース

  4. 巴里の恋人 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    自分もあしゅけ様とほぼ同世代のような気がします。
    今でも氏が支配人を務めているラジオの「青山二丁目劇場」を毎週楽しく拝聴させてもらってます。

    古川さんももう70歳を超えているんですね。
    その割に声が若い事に驚かされます。

    古川さんのような大御所が抜擢された真相は分かりませんが、ウーリの美少年時代から晩年(?)期の2役を器用にこなせる数少ない声優さんだからなのではと考えます。

    ・・・しかし、ウーリのあの急激な老け込み具合は何かの伏線なんでしょうかね?
    始祖の巨人を宿しているエレンも同じようになるのかなぁ?なんてちょっぴり不安です。

    • 管理人アース より:

      ウーリの老け具合がアニメでも同じなのか、要チェックですね!



      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ