【進撃の巨人】アニメOVA「ミカサ外伝」ネタバレ感想考察!

26巻限定版にはOVA「ミカサ外伝」が収録されています。

分かり辛い小説版から一転、コミカライズ版「ミカサ外伝」では、かなり分かりやすい内容となっていました。

アニメ版ではどのような演出となっているのでしょうか?

そしてアニメ改変はあるのでしょうか?

ミカサファンの管理人アースとしては、かなり気になる作品なのですが!

OVA「ミカサ外伝」を見てみましょう!

Sponsored Link

◆26巻限定版OVA「ミカサ外伝」あらすじ!

2018-09-01_045440
「シガンシナ区決戦」編冒頭となる、72話の場面から始まります。

トロスト区にある巨人処刑台が稼働しており、壁上からウォールマリア奪還作戦に行くと思われる馬や兵士がリフトで降りていくのが確認できます。

その壁上にいるエレンを見つめるミカサから始まります。

ミカサはウォールマリアを奪還した後、エレンはどうするのだろうと考えます。

また自分たちを置いてどこかへ行ってしまうのではと不安がっています。

そこに青い蝶が登場します。

その蝶に驚くミカサ。

そこからミカサは幼少期を思い出します。
2018-09-01_050349
蝶がカマキリに捕食される場面を見つめるミカサ

雨が降り始め、母親から刺繍を教わる場面へと以降します。
2018-09-01_050432
この辺りは原作2巻の場面ですね。

原作通り、グリシャが来たと思ったミカサ父が扉を開けると盗賊が現れ、父は殺されます。

盗賊を見たミカサは、その後に展開するエレンが盗賊を殺す場面、マフラーを巻いてもらう場面、超大型巨人の出現、訓練兵団への入団、訓練兵団時代がフラッシュバックします!

そして場面は、トロスト区攻防戦に移ります。
2018-09-01_052035
泣いているアルミンからエレンが死亡した事を知らされる場面が展開します。

その後立体機動装置がガス欠となり、移動中に落ちるミカサ

そこに巨人が登場しますが、エレンを失ったミカサは無気力で動けません。
2018-09-01_052052
その時「もし、こんな現実が嫌ならもう一度やり直してみると良い」と、ミカサの声で聞こえます。

「あなたの望む場所から…」「その世界では様々な物事があなたの思い通りになるはずだ」「しかし、それでもあなたはエレンの死を止めることはできない」「なぜならエレンは…」と続きます。

そのまま暗転し、場面は蝶がカマキリに捕食される場面に移ります。

しかし蝶は捕まっていましたが、捕食される前にカマキリから逃げます。

雨が振り出し、グリシャがやって来たと思ったミカサ父は扉を開けます。
2018-09-01_052822
すると、盗賊はやって来ず、本当にグリシャが登場します。

続けてエレンが登場します。
2018-09-01_052859
初対面であいさつをし合うエレンとミカサ

雨が上がり、エレンとミカサは散歩に出かけます。
2018-09-01_053121
ミカサ母に子どもがいることをミカサに確認するエレン

その子どもはたぶん男の子だと母が言っていた、と伝えるミカサ

エレンは男の子だったら兵士になると良いな、と言い、自分の夢は調査兵団に入り外の世界に行くことだと語ります。

その時何かが聞こえ、そちらへ走り出すエレン、追いかけるミカサ

聞こえたのは野犬の声であり、原作ではミカサ父と母を殺した盗賊達が野犬に襲われ捕食されています。

やって来たエレンとミカサに襲いかかろうと近づいてくる野犬の群れ
2018-09-01_053536
怖がったままエレンの影に隠れているミカサにドクンっと鼓動が起こると、野犬達は去っていきます。

帰ったエレンとミカサは死体があったことだけを報告し、そのままエレンはシガンシナ区に帰ります。

その後も毎回のようにグリシャの往診に付いてきたエレンは、ミカサと親しくなっていきます。
2018-09-01_053733
そこでエレンはミカサにアルミンの話をし、外の世界を教えてくれたのはアルミンであり、いつか一緒に外の世界へ行くのだと嬉しそうに語ります。
2018-09-01_054130
そのように親しくなって行くエレンとミカサですが、次にエレンがミカサの家を訪れた時に顔中が傷だらけの状態でやって来ます。
2018-09-01_054143
シガンシナ区で外の世界について語るエレンは異端者扱いされ、暴力を振るわれたようです。

「やつらは腰抜けだ」とミカサに語るエレン
2018-09-01_054507
そんなエレンを見つめながら、エレンがさらに傷つくのではと心配するミカサ

「エレンと一緒にいたい」とミカサは願います。

場面は変わり、忘れていったグリシャの帽子をミカサがシガンシナ区に届ける事になります。
2018-09-01_054719
まさに願いが叶ったミカサ

シガンシナ区に到着すると、ちょうど調査兵団が壁外調査から帰って来るタイミングであり、凱旋を見に行くエレンとミカサ

調査兵団は壁外調査でボロボロとなっており、それを税金の無駄遣いだと一部の市民がつぶやきます。

その男性を棒で殴り、調査兵団をバカにするなと叫ぶエレン!

エレンはその男性に捕まり、ボロボロにされます!
2018-09-01_055000
それを見ているしかないミカサ
2018-09-01_055252
エレンはボロボロの状態で家に帰り寝込みます。

そこから月日が流れます。
2018-09-01_202443
ミカサは家の手伝いをしながら暮らしており、グリシャも数日おきに往診に訪れます。

しかし、エレンは付いて来ておらずグリシャ一人で訪れます。

ガッカリするミカサ
2018-09-01_202510
そして涙を流しながらエレンに会えるように祈るミカサ

すると、往診に来ていたグリシャがミカサ母が妊娠中毒症になったと告げます。

シガンシナ区にあるグリシャの家の近くに移るよう、ミカサ両親に提案します。

これにより、ミカサはエレンに会えることになり、願いが叶ったことになります。

自分の祈りのせいで母が妊娠中毒症になったと思い、涙しながら謝るミカサ
2018-09-01_202625
シガンシナ区に移ったミカサは、エレンになぜ会いに来なかったかを尋ねます。
2018-09-01_202901
調査兵団が解体され、シガンシナ区の門が塞がれたとエレンは話し出します。

しかし壁の外に出ることを諦めないエレンは、アルミンと気球を造っており、そのため忙しく会いにいけなかったと説明します。

そして3日後に行くと言うエレン

それを聞いたミカサは、一緒に連れて行ってと叫びます!
2018-09-01_202920
するとエレンはため息をつきながらも、ミカサに自分のマフラーを巻き、3日後の待ち合わせ場所と時間を告げます。
2018-09-01_202959
その時にマフラーを返せ、と言い別れます。

3日後の夜、ミカサは待ち合わせの場所に走ります。
2018-09-01_203422
あまり時間が無く、急いでいるよう。

焦りながら走るミカサですが、そこへいきなり腕を捕まれ止まります。
2018-09-01_203621
催眠術師で「鏡男」と称する男はミカサの腕を捕まえたまま、ミカサを催眠術で人殺しに仕立て上げると周りに言い放ちます。

ミカサは友達に会いに行かなければいけないので、手を離してくれと頼みます。

しかし鏡男は自分を殺さなければ行かせられない、とミカサに告げます。
2018-09-01_203659
そして「残念だけど間に合わない。エレンは君を置いていく」と続けます。

「エレンの死を受け入れられない君は、自らこの世界を作り出し迷い込んだ」「しかしどのような世界であろうとエレンの死は止めることはできない」「なぜならエレンはその体の中に死を抱え込んでいるからだ」「だからどれだけ彼を守ろうとしても、死は必ず彼を捕らえる」「あなたは私を殺して強くなり、元の世界に戻らなければいけない」

鏡男の声はいつの間にか、ミカサの声に変わっています。
2018-09-01_204842
そして時間が間に合わなくなり、ミカサは邪魔をする鏡男に向かい殺意が芽生えます。

ミカサのリミッター解除が起こる描写!
2018-09-01_205023
しかし大きな音が鳴り、ミカサは我に返り壁の上を見ます。

一瞬、超大型巨人の姿が見えたように感じますが、すぐに消えます。

そして目線を鏡男に戻すと、鏡男にはナイフが刺さり、血を流し倒れています!

しかし、すぐに鏡男は起き上がり、ナイフがマジック用であり全てトリックであったことを明かします。

それでもミカサが鏡男を刺した事実は変わらなく、催眠術が成功であったと周りの観客に説明します。
2018-09-01_205411
それを見ながら、ミカサはすぐに駆け出しエレンの元に走ります!

待ち合わせの場所に行くとアルミンが座っています。
2018-09-01_205617
ミカサだと気付いたアルミンは、気球が失敗に終わり、自分を助ける為にエレンが死亡したことを告げます。
2018-09-01_205704
それを聞いたミカサの表情は変わります。

そしてそのまま、トロスト区攻防戦に戻ります。
2018-09-01_205913
立ち向かってくる巨人にブレードで立ち向かおうとするミカサ

そのミカサをエレンゲリオンが助けます!
2018-09-01_210117
場面はシガンシナ区決戦編冒頭での壁上のエレンとミカサに戻ります。
2018-09-01_210136
ミカサは後ろ姿のエレンの見ながら、この後エレンがウォール・マリアを奪還し、全ての巨人を駆逐し海に到着すると思います。

そしてそれでもエレンは歩みを止めない、と予想します。

ただそれでも自分の願いはエレンの側にいたい、ただそれだけだと思いながらエレンに歩み寄り、終わります。
2018-09-01_210440

◆現在公開可能な情報!

2018-09-01_055344
Sponsored Link

連絡船
人類領域を繋ぐ船
川の上を張り渡された鋼索を伝って移動し、
旅客、貨物、兵団物資などを運搬している。
845年のシガンシナ区の襲撃時には、
多くの住民がこの連絡船でトロスト区まで避難した。
最大積載量は150tで動力は、
立体機動装置と同様圧縮ガスを使用している。

1巻から登場していますが、原作ではそれ以降活躍はしていませんね。

蒸気船が登場している原作では、今後連絡船が登場するのは厳しいかもですね(・_・;)

◆アニメ版「ミカサ外伝」の感想考察!

2018-09-01_045440
いや、素晴らしい!

もともとビジュアルノベルスとして誕生し、小説版となりコミカライズしている「ミカサ外伝」ですが、その度に分かりやすく改変されてきました。

特にコミカライズ版は非常に分かりやすく、かなり読みやすい内容となっていました。

上部の「全話ネタバレ考察まとめ!」からもコミカライズ「ミカサ外伝」の内容は見られますしミカサ外伝ネタバレ1話の考察感想まとめ!からも確認できますので見てみてください!

そこからも分かりますが、「ミカサ外伝」とはイフストーリーでありミカサ・ループ説の根幹を為す内容となっています。

まさに「エレンが死亡した世界をやり直す」という内容となっており、これが「東洋の一族」の能力なのではないか、と当初から当サイトでも考察していました。

特にコミカライズ版ではミカサには大きな「目的達成能力」があるような描写が多く登場しており、このOVAでも確認できます。

この辺りはコミカライズ版ネタバレ考察でも行っている考察ですので、見てみてください!

このOVAオリジナルのアニメ改変では、現在放送中でありseason3中で放送するであろうけれど、まだだいぶ先の原作72話「奪還作戦の夜」の場面から始まっています。

2クール目の放送かもしれないエレンとミカサ、アルミンの会話場面が登場し、ウォールマリア奪還作戦へと繰り出す調査兵団の場面から始まったというのは驚きました!

素晴らしい改変ですよね!

さらにラストでは「エレンはウォール・マリアを奪還」し、「全ての巨人を駆逐」し、「海にたどり着く」とミカサは言い切っています。

まだシガンシナ区奪還前の時点で!

これもスゴい思い切った改変ですよね!

完全にミカサはループでやり直しをしていて、さらにその記憶を持っている事になっています。

ミカサ・ループ信者の管理人アースとしてはたまらない改変ですが!

このミカサ外伝が原作に反映したら…(・_・;)

もう、たまんないですよね!\(^o^)/

そのような展開が起こるかは分からないですし、これから東洋の一族の展開がさらに起こるのは間違いないと思われますが、「ミカサ外伝」の内容は頭に入れて原作を追っていこうと思った管理人アースでした!

アニメOVA「アニ外伝ー前編ー」ネタバレ感想考察! 
【進撃!巨人中学校アニメネタバレ1話のあらすじ感想!】
【進撃の巨人ミカサ外伝ネタバレ1話の考察感想まとめ!】
【進撃の巨人ネタバレ全話まとめ】


Sponsored Link

13 Responses to “【進撃の巨人】アニメOVA「ミカサ外伝」ネタバレ感想考察!”

  1. オムオムジャンボ より:

    アースさんこんにちは!
    いやーやはりミカサ外伝は最高ですね!改変もたまりませんでした。
    そしてミカサ可愛い!!
    それに考察の材料になるような情報も多くありました。

    「あなたの望む場所から…」「その世界では様々な物事があなたの思い通りになるはずだ」「しかし、それでもあなたはエレンの死を止めることはできない」「なぜならエレンは…」
    「しかしどのような世界であろうとエレンの死は止めることはできない」「なぜならエレンはその体の中に死を抱え込んでいるからだ」「だからどれだけ彼を守ろうとしても、死は必ず彼を捕らえる」

    この発言からもうエレンが死ぬことはほぼ確定でしょう。
    まぁこの時の状況からの発言か、それとも未来のことかは分かりませんが、

    それと「思い通りになる」という発言も気になりますね、まるでミカサに「座標」が渡ったような言い方です。

    そもそもこの物語も走馬灯のように書かれていますが、普通走馬灯は人生を振り返るものです。なんだかこの物語はそれからズレているように感じます。
    個人的な考えではこの時のミカサは座標の「道」に紛れ込んだのではないでしょうか?
    ループというよりは正確には「道」を組み合わせて作ったシミュレーション物語というふうに感じました。

    そう考えると鏡男は座標管理者みたいに見えてきます。
    もしかしてこれが145代目の王でしょうか?それともユミル?それ以外なら大地の悪魔でしょうか?
    妄想が広がっていきます笑

    長文大変失礼致しました。

    • 管理人アース より:

      >まるでミカサに「座標」が渡ったような言い方です
      これ、気になりますよね!
      ただ管理人アースは「座標」というよりも東洋の一族独自の能力のようなイメージです。
      エルディア人限定とかではなく、世界全体をひっくり返すような能力に感じられます。
      それこそ世界をループさせているような…
      原作にどこまで反映するのか、むっちゃ注目ですね!(*^^*)



      管理人アース

  2. 青ねこ より:

    アース様、お久しぶりです。
     ミカサについては、進撃0巻以後に数回の連載(読み切りに近い内容?)が決まった時にはいなかったキャラで、その後に連載になりリヴァイなどと共に追加されたという経緯があったはずです(間違っていましたら失礼)つまり当初の「巨人と戦う話(簡単に言えば)」から「巨人の謎と世界(大ざっぱに言えば)」というように複雑化した物語の原因を担っているのでは?と私は考えています。
     物語の最初から、ミカサの発言にはループを想起させるものが複数あります。また、ミカサの先祖がパラディ島の壁の中に入った?囚われた?理由からして物語の謎の根本にかかわるとも想像できます。
     今ここでミカサ外伝を出してくるのは本筋関連のネタバレに近い事をして期待値を高めるとか、二次創作的コンテンツを作って売る営業的戦略(笑)の前振りなどとも考えられますが、物語そのものの性質として「ループ要素」があるので、そこからの派生では?と考えられます。
     私は単純な繰り返し/戻る、ループでは夢オチがっかりな感じだし、この話はそう簡単ではないと思っていて、ループに分類される結末としても「ループと●●で結果が〜」とか、「ループ発動、何回めかで解除、世界または民族が〜」といった締めになるのではと思っています。

    • 管理人アース より:

      ミカサはヒロインとして追加されたキャラですよね。
      0巻時点からはかなり変わっているので、ミカサも例外ではないかなと。
      結末はミカサが絡んだ終わり方だと嬉しいなと妄想しています。



      管理人アース

  3. 「鏡男」の存在感が半端ないのです。
    前述 オムオムジャンボ 殿が言われた、
    “座標管理者”というのが、言い得て妙だと
    思います。

    現代物理学の学説でも、ループで枝分かれ
    した世界が、元の世界に矛盾を及ぼさない
    ように、“管理者”のような作用が どこかで
    働くのではと考えられています。
    元の世界との矛盾を防ぐ “管理者”の役目と
    して「鏡男」が現れたのか?

    ちなみに、進撃の世界で西から太陽が昇る
    のも、現実世界と “鏡合わせ”といえます。
    それも「鏡男=管理者」の成せる業なのか?
    「鏡男」の存在は 深過ぎます。

  4. オムオムジャンボ より:

    二度目の投稿をお許しください。

    このミカサ外伝では調査兵団が解体され門も塞がれたという設定ですよね?
    これは単純に調査兵団が使えないからという理由ではなく「人類から壁外の興味をなくす」つまり初代王の壁内は滅亡するべきという思想によって起こったと思われます。

    逆に言えば今までは「「壁外に興味が向く状況」」だったと言えます。おかしいですよね?初代王の思想とはズレています。
    壁内に楽園を築くならば外と繋がる門は必要ないものです。そんなことをすればエレンや調査兵団のような壁内の常識とは外れた存在を生み出すことになります。

    記憶違いなら申し訳ないですが、壁は元々用意されていたという歴史がありましたよね、ここからも初代王が壁を作ったというのは間違った歴史と言えます。

    話が変わりますが、またエルディア人淘汰論の新たな考察が湧いてきました。今度は妄想ではなく考察なので結構自信があります。
    迷惑承知ですが少し書かせてもらいます。

    かなり昔ですが6話のエレンのセリフで「有害な獣を駆除した!!」「たまたま人と格好が似てただけだ!!」という発言を覚えていらっしゃいますか?

    今考えると巨人が人間だったという伏線に思えます。
    ですが問題はそこではありません。
    この発言…今の状況に言いかえると「有害なエルディア人(巨人)を駆除した!!」「たまたま人と格好が似てただけだ!!」という発言になります。
    まるでマーレ人と同じ発言です。これはグリシャも唖然ですね笑

    しかもこの発言からはエレンの考え方が出てます。
    つまりエレンは人と格好が同じ化け物ならどんな奴でも平気で駆除できるということです。
    今この条件に当てはまるのはエルディア人です。ここからもやはりエレンはエルディア人淘汰を目指していることにはなりませんかね?

    まぁ違うにせよ、最初の方の人物の発言は伏線が沢山あります。もう一度今の状況を頭に入れながら見てみると、発見が多いかもしれません。

    長文大変失礼致しました。

    • 管理人アース より:

      1,2巻に登場する場面、人物が物語の根幹に関わる伏線である展開が多いのは同感です!
      エレンの害獣発言にも何か伏線が絡んでいるかもですね!
      そこに巨人を絡めるのは面白いですよ!



      管理人アース

  5. アニメ シーズン3 ですが、いやー!
    今回も見応えありました。
    このところ “神回”が続いており、次回
    以降も ますます面白くなっていきます。

    また、この日は
    「ちびまる子ちゃん」
    「西郷どん」
    「この世界の片隅に」
    そして 「進撃の巨人」
    私の琴線に触れる作品が 旨い流れで
    放映され、至福の時でありました。

  6. いまごの庵 より:

    ミカサループ説が真だとすると、巨人の成り立ちはループし過ぎによる世界の歪みなのかもしれませんね(-_-;)
    145代フリッツ王の「巨人による人類の殲滅を受け入れる」という様な言はその事を知っていたからかもしれません。

    そして、ループする理由が「エレンとずっとラブラブしたいから」なんて理由だとすると
    レイス家始祖継承者達は「んなアホな理由で人類滅亡するなんて言えるかっボケ!」っと諦観した目をし、口を噤んでいたのかもしれません(笑)

    • 管理人アース より:

      ミカサのエレンに対する執着の理由は、生きる意味を与えてくれた的なものだったとしたら、これはアッカーマン血統の伏線ではなく東洋の一族伏線なのかなとも感じます。
      ミカサに関する伏線は、東洋なのかアッカーマンなのかの見分けがつきにくいですよね(;´Д`)



      管理人アース

  7. オムオムジャンボ より:

    気づいたことでもなんでもないですが、ちょっと面白いことが分かったので書かせてもらいます。

    船の燃料に氷瀑石が使われているという説明がありましたよね?
    ここから氷瀑石は現代でいう石油ぐらいの価値観だと思います。
    例えばこのミカサ外伝のアルミンが作った気球の燃料とか
    も氷瀑石だと思います。
    案外、壁内人類もよく使っているのかもしれません。


    それとミカサループについてちょっと面白いことを思いついたので少し書きます。

    ミカサのループの伏線は今までに沢山ありました。これは今一番有力な説です。
    確かミカサの東洋の血またはアッカーマンの血の能力によってループしているという内容でしたよね?

    私は逆にミカサに能力があるのではなく誰かの能力によってループまたはミカサに干渉していると考えます。

    現在座標や巨人の力を使えば未来の記憶を見たり、座標を発動したときほかの知的巨人を操ったり、記憶を改竄すること。つまり未来、過去、現在のエルディア人に干渉することができると思われます。

    私はミカサの頭痛や伏線になる発言は全て過去か未来の座標を持つ誰かによる干渉だと思います。
    だからミカサが願うと「座標を持つ未来か過去の誰か」がミカサの言う通りになるように操っているのではないでしょうか?
    もしかしてこれが鏡男でしょうか?
    妄想が広がります笑
    長文大変失礼致しました。

    • 管理人アース より:

      >ミカサに能力があるのではなく誰かの能力によってループまたはミカサに干渉している
      なるほどですね!
      となると、鏡男が原作にも登場するかもですね!
      これからの展開も楽しみです!(*^^*)



      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ