【進撃の巨人 ネタバレ】107話108話最新画バレ!「来客」あらすじ考察感想!

「進撃の巨人」第107話の内容が明らかとなりました!

106話では調査兵団がパラディ島に帰島し、謎となっていたパラディ島の3年間が明らかとなっていく展開となっていました。

それに続く107話では、さらに大きな展開が起き、さらにはここ数話の中では最も大きな伏線回収も登場しました!

とうとうあの伏線が回収される時が来た!

そしてまさかのヒストリアな展開も!

超注目すべき第107話の内容を見て行きましょう!

Sponsored Link

◆第107話「来客」あらすじ&内容!

2018-07-07_024450
「進撃の巨人」第107話「来客」より


ハンジ
「何してるの?」

第106話最後で鏡に向かい「戦え」「戦え」と言っていたエレンに、ハンジが声をかけます。

どうやら場所は牢屋のようです。

ハンジは牢の格子越しでエレンに声をかけます。


奔るエレンに

ハンジは…


声をかけられたエレンは沈黙したまま目線をハンジに向けます。

ハンジ
「鏡に向かって話しかけてたの?」

「ねぇ…」

返事をしないエレンに、続けて声をかけるハンジ

しかしエレンは再び前を向き、鏡を見ています。

睨みつけるように鏡を見るエレン


ハンジ
「鏡に映る自分に向かって」

「話しかけてたんだよね?」

「戦え戦えって…」

話続けるハンジに無視するエレン

ハンジ
「ね?」

「戦え戦えって言ってたんだよね?」

「戦え戦えって…二回」

さらに話しかけるハンジに沈黙のエレン

ハンジ
「何と戦うの?」

「戦え戦えって二回言ったってことは」

「二回戦あるのかな?」

ジッと前を向いたまま、ハンジに振り向かず無視するエレン

二人の間に沈黙が降ります。


ハンジ
「黙ってちゃわからないよ」

「普通そんな一人で喋ったりしないと思うから…」

「どういう状態なんだろうって」

「私は鏡に映る自分に話しかけたりしたことがないからさ」

返事をしないエレンに、再び話し出すハンジ

ハンジ
「その髪型かっこいいと思うよ私は!!」

「ちょっと乱れてる感じとか頑張って無造作に見えるような努力が伝わってくるし!!」

エレン
「何しに来たんですか!?」

ずっと話し続けるハンジに、いい加減キレるエレン!

手洗いに両手を付き俯き、ハンジに目線を合わせないまま叫ぶように言うエレン


ハンジ
「何って…」

「話しに来たんだよ」

「初めて会った時なんて一晩中巨人について語り明かしたじゃないか」

ハンジの話に表情が変わるエレン

ハンジ
「私の一方的な話を…」

「君は聞いてくれた…」

気持ちが揺らいでいるような目つきのエレン

ハンジ
「私は…確信してた」

「君がヒストリアを犠牲にすることは無いって…」

「二年前…」

「港で行ったあの日の歓迎式の日…」


突然話を変えるハンジ

場面は二年前に移ります。

調査兵団とイェレナ達が向き合って立っています。

調査兵団の中にはエレンとミカサの姿も


イェレナ
「君に船ごと担ぎ上げられて以来だ」

「これからよろしくね」

エレンに言い、握手を求めるため手を差し出すイェレナ

しかし、リヴァイ兵長が間に入り言います。


リヴァイ兵長
「いいや 今後もお前らとの接触は無い」

「顔を見せたのは最大限の譲歩だ」

イェレナに手を向け言うリヴァイ兵長

「エレンはイェレナ達と会わせない」という方向で調査兵団は動いているようです。

イェレナ
「それで十分さ」

「今日は めでたい日になる」

「港が完成して初めて」

「外国の要人を迎えるのだから」

リヴァイ兵長に拒否られても明るく言うイェレナ

パラディ島の完成した港に蒸気船が近付く描写

着岸した船から下船してくる人物を出迎えるイェレナ、ミカサ、リヴァイ兵長の描写


その人物の説明をイェレナがします。

イェレナ
「パラディ島にとって唯一の友好国となる」

「ヒィズル国」

多くの黒服の大男達を引き連れパラディ島に降り立つキヨミ様の描写

それをヒストリア女王が迎えます。


イェレナ
「その特使として来訪いただいたのは」

「キヨミ・アズマビト」

「他国と歴史的に強い結び付きを持つために一国の外交に多大な影響力を持つ」

「彼女は その一族の頭首だ」

ヒストリア女王とにこやかに握手をするキヨミ様

ミカサ
「…!」

「あの人…」

ミカサはキヨミ様の顔を見て驚きます。

そのミカサにイェレナは声をかけます。


イェレナ
「お母さんと似た顔立ちかな?」

「すべては話した通り」


ミカサの肩に手を置き説明するイェレナ

イェレナ
「君の血縁者に当たる方だよ」

イェレナの説明に驚くミカサ

ミカサの隣で一緒にイェレナの説明を聞く、ミカサのもう一方の血縁者リヴァイ・アッカーマン(笑)


場面は会議を行う一室へと移ります。

キヨミ様は持参したトランクから一枚の着物?を出し、ミカサに家紋を見せます。


キヨミ様
「この家紋に」

「見覚えはございませんか?」
2018-07-07_024537
「進撃の巨人」第107話「来客」より


Sponsored Link


その家紋を見て、まず見られないくらいの驚いた顔をするミカサ

ミカサ
「…!!」

汗をかき驚くミカサ

その横にいるエレンも驚いています。


三本の刀で「三つ組み筋違い」を形作っている家紋の描写
2017-10-07_203008
その家紋を見たミカサは右手首を握り逡巡します。

ミカサ
「これは…!!」

エレン
「見せるんだ ミカサ」

ミカサ
「!…でもこれは…」

「お母さんが秘密にしろって!!」
2018-07-07_024601
「進撃の巨人」第107話「来客」より


ちょっと恥ずかしげに紅い顔をしてエレンに言うミカサ

エレン
「?」

「子どもの頃 オレに見せただろ?」

お母さんからは秘密にしろと言われていたけれど、エレンには見せていたミカサ(笑)

だから恥ずかしそうな表情をしていたのでしょう!

続けて言うエレン

エレン
「その秘密は きっとこの日のためだ」

「さぁ…」

ミカサ
「…」

エレンに促され右手首に巻いてある包帯を剥がし出すミカサ

ペリエ

包帯を全て剥がし、キヨミ様に右手首を見せます。

それを見て驚くキヨミ様!


ミカサ
「この印は死んだ母の一族が受け継いできたものです」

「私も自分の子に託すよう言われました」
2018-07-07_024627
「進撃の巨人」第107話「来客」より


ミカサの右手首にはキヨミ様が見せた家紋と同じ刀の「三つ組み筋違い」の刺青が!

ミカサの右手首の刺青の話を聞いて、心を動かされたような表情のキヨミ様とその従者達

キヨミ様はミカサを優しく包み込むように両腕に触れます。


キヨミ様
「なんと…」

「けなげなことでしょうか…」

「およそ100年前」

「ヒィズル国はエルディア帝国の同盟国でした」

「アズマビト家の御祖にあたる我が国 将軍家子息はフリッツ王家と懇意にしており このパラディ島に逗留しておられたのです」

Sponsored Link


100年以上前の将軍家子息とフリッツ王が握手をする描写

キヨミ様
「そして『巨人大戦』後 ヒィズル国は敗戦国として立場を追われ…その混乱の最中」

「何があったのか定かではありませんが…」

「将軍家の忘れ形見は この島に取り残されたのです」

会議室の椅子に座り、語るキヨミ様

キヨミ様
「そして…」

「それから100年あまりが経ち…」

「この島で唯一 東洋の血を引くあなたとお会いすることが叶いました」

キヨミ様の話を緊張した面持ちで聞くミカサ

キヨミ様
「あなたは…」

「我々が失った一国の主の末裔」

「ヒィズル国の希望です」

キヨミ様の話を聞き、汗をかき困ったような、何とも言えない表情のミカサ

長い話を終えたキヨミ様は、出されていたティーカップを持ち、飲みます。

その頃、ミカサやエレン、ハンジたちは別室に移り、キヨミ様から聞いた話を踏まえ相談しています。

ハンジ
「アズマビトの話が本当なら」

「ミカサはヒィズルでは相当な権力を持つってことだよね?」

ミカサ
「私に聞かれましても…」

ハンジ
「国の一番偉い血筋の生き残りなんだろ?」

パラディ軍関係者
「そもそも『国』ってのが まだよくわからんな…」

憲兵幹部
「とにかくヒィズルが利用できるようなら何でもするんだ!」

軍関係者
「待て!これが敵の罠だったらどうする?」

「やはりイェレナ達の意見を聞くしか…」

「それこそ敵の思う壺だろう!!」

調査兵団以外の幹部たちは意見が割れ、ワチャワチャします。

そこでピクシス司令が収めるように口を開きます。

ピクシス司令
「ひとつ確かなことがある」

「我々は海で繋がる世界において」

「ヨチヨチ歩きの赤ん坊に過ぎんということじゃ」

「今は黙って耳を貸すのみとしよう」

「ほれ これ以上客人を待たして恥を重ねてはならんぞ」

隣で待っているキヨミ様がいる部屋に続く扉が開けられる描写

幹部達はそちらの部屋へ移動し始めます。

移動する前にヒストリアがミカサに声をかけます。


ヒストリア
「ねぇ その印 何でエレンだけには見せたの?」

ミカサ
「え…」

ヒストリア
「だって手首の包帯 誰にも見せなかったじゃない」

ミカサ
「これは…その」

ヒストリアの質問に困るミカサ

その二人のやり取りを見ていたエレンがヒストリアに言います。


エレン
「何か嬉しそうだな」

ヒストリア
「嬉しいんだよ」

エレンの質問に即答するヒストリア
2018-07-07_024649
「進撃の巨人」第107話「来客」より


Sponsored Link


ヒストリア
「私達は生まれのことで重い荷物を背負う者同士なんでしょ?」

ミカサ
「…」

ヒストリア
「ミカサが一緒ならこんなに頼もしい人いないよ」

嬉しそうにミカサの肩に手をかけグーパンチするヒストリア

呆れた表情でヒストリアを見るミカサ

その二人を嬉しそうな表情で見つめるエレン

再びキヨミ様と同じテーブルに着く兵団幹部達

真ん中でキヨミ様の正面に座るミカサ


キヨミ様はミカサに語り始めます。

キヨミ様
「私どもは貴方の元気な御姿が見れただけでも有難い思いでいっぱいです」

「ただ…今後のことにおきましては」

「これだけお見知りおきください」

「アズマビト家の者は いつでもあなたをお待ちしています」

ミカサ
「…はい」

キヨミ様の言葉にしばし間をおきながら返事をするミカサ

その表情からは、あまり気持ちが感じられません。

そんなミカサの表情をジッと見るキヨミ様の描写


キヨミ様
「本日は両国にとって歴史的な日です」

「そしてこの日を迎えられたのは」

「私達を引き合わせてくれた人物の存在が不可欠でした」

「私どもはパラディ島に残された将軍家末裔の情報を聞き入れ」

「情報の提供者であるジーク・イェーガーと密会しました」

火がたかれている、みすぼらしい空き家のような場所でジークと会うキヨミ様の描写

キヨミ様
「そこでミカサ様への仲介を条件に」

「ある取り計らいを承りましたことを報告させていただきます」

空き家でジークと話をするキヨミ様

ジーク
「私の母はフリッツ王家の生き残りでした」

「つまり私にも王家の血が流れています」

「この事実はマーレ軍に隠したまま」

「私は戦士長の座を務めてまいりました」

マーレ軍にも隠していた事実をキヨミ様に語るジーク

その真意をキヨミ様は尋ねます。


キヨミ様
「マーレに忠実なあなたがなぜ そのようなことを?」

少し間を空けてからジークは口を開きます。

ジーク
「私こそが物心つく頃より父の想いを受け継いだ」

「真の『エルディア復権派』だからです」

2018-07-07_024709
「進撃の巨人」第107話「来客」より


Sponsored Link


自分を「エルディア復権派」だと打ち明けるジークに、誰もが思う疑問をキヨミ様は質問します。

キヨミ様
「…しかし」

「あなたは」

ジーク
「えぇ…」

「父と母をマーレに売りました」

「当時七つだった私は マーレ当局の捜査が父の率いる復権派の足元にまで及んでいることをいち早く知りました」

「このままでは両親と同志復権派はもちろん 祖父母と私自身『楽園送り』は確実でした」

マーレ当局の捜査員が話し合うところを、扉越しに聞く7つのジークの描写

ジーク
「そこで私のとった行動は前述通りです」

扉を開き入室するジーク

ジーク
「両親は正しかった」

「しかし甘かった」

「誉れ高きエルディア帝国の復国は」

「あのお遊びグループで満足している連中では到底なし得ないのです」
2018-07-07_024726
「進撃の巨人」第107話「来客」より


真剣に語るジークの描写

ジーク
「私は両親を見限りマーレ軍で地位を手にした後」

「救うべきパラディ島を蹂躙しエルディア人を殺し続けました」

シガンシナ区決戦で調査兵団を蹂躙する獣の巨人の描写

ジーク
「マーレ軍による『始祖奪還計画』を成功させることがエルディア復権の手立てでしたから」

「なぜならマーレは私が王家の血を引く者であることを知らない」

ライベルとコーヒーを飲むジーク、背景には車力の巨人の描写

ジーク
「『王家の血を引く巨人』と『始祖の巨人』が接触すれば何が起きるのか」

「マーレは何も知らないわけです」

「あなたの祖国も…」

「今は まだ」

自分の右手を見ながらキヨミ様に語るジーク

ジッとジークを見つめ話を聞くキヨミ様

すっと目を閉じ、話し出します。


キヨミ様
「あたなの目論見通り私どもは将軍家末裔を求めています」

「しかしながらエルディア帝国の復活が世界に危機を及ぼすのであれば」

「それを見過ごすわけには行きません」

冷静にジークに語るキヨミ様

キヨミ様
「場合によってはこの密会をマーレに白状すべきでしょう」

「まことに残念ながら私どもが全員この場で死んでも結果は同じです」

ジーク
「もちろん承知していますよキヨミ様」

「アズマビトだけではなくヒィズル国にとって利益が生じなければ成立し得ない話です」

将軍家末裔のミカサの存在はアズマビト家にとっては意味があってもヒィズル国としては動くほどの利益にはならないと言うキヨミ様に、それに応じるジーク

そんなジークはカバンをあさり始めます。

ジーク
「まずは こちらをご覧ください」

「…よいしょ」

「ゴンゾウ」

カバンをあさるジーク

キヨミ様
「…それは」

ジークが出した物を見て驚いた顔をするキヨミ様

ジーク
「あれ?」

「マーレの機密案件でしたが…ご存知でしたか」

「この『立体機動装置』はパラディ島で開発された巨人を殺す兵器です。」

立体機動装置の動力部分を手に取り説明するジーク

Sponsored Link


ジーク
「これはマーレが管理しているものを持ち出したわけではございません」

「私が個人的に調達した物ですので ご安心を」

「こちらを差し上げます」

「しかし この兵器を動かすためには ある特殊な燃料が必要になります」

立体機動装置をキヨミ様に差し出しながら、説明を続けるジーク

ジーク
「それを彼らは『氷爆石』と呼んでいました」
2018-07-07_024751
「進撃の巨人」第107話「来客」より


「未だパラディ島以外では採掘されたことのない未知の地下資源ですが」

「遙か昔から この存在は囁かれていました」

「古代より巨人の王はパラディ島に巨大な穴を堀り そこに巨人の力で産み出した燃える石や光る石などの財宝を蓄えていると」

「わずかながらも その兵器に中にも『氷爆石』の痕跡が残っているでしょう」

部下の男がジークから立体機動装置を受け取るのを見ながらジークの話を聞くキヨミ様

ジーク
「パラディ島の人々はその地下資源の真価を知るよしもないでしょうが」

「あなたの国はそれがわかる」

「この情報は」

「ヒィズルとパラディ島を結びつけるはずです」

場面は調査兵団とキヨミ様が話し合っている会議室に戻ります。

キヨミ様
「彼をこの島に送還する計画に協力するなら」

「一度傾いた国家が大国に返り咲くほどの産業を手にするでしょうと…」

「そう提案してきたのです」

「まだ埋蔵量も調査したわけではございませんのにねぇ」

「ですが…もし」

「これが事実ならこの近代化の時代において金銀財宝に他ならぬ資源が眠っておられるのです」

「いえいえ これと私どもの財閥が事業の拡大に乗り出したこととは全く無関係ですので」

口元からよだれを垂らしながら語り続けるキヨミ様

ミカサの存在だけではなく、パラディ島の地下資源「氷爆石」の存在がキヨミ様の真の目的のようです!

キヨミ部下
「キヨミ様 お使い下さい」

部下からハンカチを受け取るキヨミ様
2018-07-07_024811
「進撃の巨人」第107話「来客」より


キヨミ様
「あらまぁ…お目汚し失礼致しました」

そんなキヨミの様子を見ながら思うミカサとハンジ

ミカサ
”私は だしに使われただけでは?”

ハンジ
”アズマビトは金の匂いに鋭いから交渉は上手くいくってイェレナが言ってたな”

ピクシス司令
”やはり儲け話も無しに この島に来る危険は侵せんというわけじゃな”

キヨミ様の真の狙いに気付くパラディ島のメンバーも

ヒストリア
「それで…ジーク・イェーガーとの取り計らいとは一体何でしょうか?」

ヒストリアの質問によだれを拭いていた口元がキリッと引き締まるキヨミ様

キヨミ様
「ご存知の通り ジーク・イェーガーは『秘策』があると主張しています」

「エルディア人と世界を救う『秘策』にはヒィズル国の介入が不可欠とのことです」

「それは『地鳴らし』でこの島を守るために必要な三つの過程の一つです」

机に置かれている3種類のプリントの描写

キヨミ様
「まず一つ目は『地鳴らし』の実験的活用」

「その力の一部を公開し 世界に『地鳴らし』の破壊力を見せつけるのです」

プリントを読むエレンの描写

キヨミ様
「二つ目がヒィズル国の介入です」

「『地鳴らし』が必要なくなるまで この島の軍事力を世界の水準まで底上げすることが目的となります」

配られたプリントを読むピクシス司令と軍幹部

キヨミ様
「最新兵器を導入することはそれほど困難なことではありません」

「しかし近代的な軍隊を設立するためには強固な国力の土台を築く必要があります」

「教育や経済に外交力…そして人口」

「この島と世界には約100年の隔たりがあります」

「その遅れを埋めるのに100年かかるわけではありませんが」

「50年は必要になるでしょう」

ヒストリア
「…!」

ヒストリアを見ながら語るキヨミ様

キヨミ様
「つまり50年は『地鳴らし』が島を守るため機能しなければならないのです」

「『始祖の巨人』の保有者と」

キヨミ様の話を聞くエレン

「『王家の血を引く巨人』その保有者 両者の継続的な維持」

キヨミ様の話を聞くヒストリア

キヨミ様
「これが三つ目の過程」

「ジークは『獣の巨人』を王家の血を引く者へと継承」

「『王家の血を引く者』は13年の任期を終えるまで」

「可能な限り子を増やすこと」

ヒストリアから目線を外し俯きテーブルを見ながら語るキヨミ様

表情が変わりヒストリアを見るミカサとエレン

目を瞑るキヨミ様

驚いた表情のピクシス、軍幹部と汗をかくハンジ


ハンジ
”50年で終わるだろうか…”

”いくら他の兵器が発達しても『地鳴らし』は強力な兵器だ…”

”それを手放すことができなければ継承者一族は暗殺の危険に晒され続け何世代にも亘り継承は繰り返されていく…”


”レイス家のように親から子へと…”

”何度も…”

”何度も…”


レイス家地下礼拝堂で、無垢の巨人へと巨人化能力が継承される描写

Sponsored Link


ハンジ
”今 私達が助かるためなら…”

”こんな解決不可能の問題を未来の子ども達に残していいのか?”


汗をかき、眉間にシワを寄せるハンジ

ハンジ
”いいわけがない”

”こんなことが許されるはずが無い…”

目を瞑り下を向いたままのヒストリアの描写

ハンジ
”…しかし”

ヒストリア
「わかりました」

目を瞑ったまま言うヒストリア

そして、顔をあげハッキリとヒストリアは語ります。
2018-07-07_024834
「進撃の巨人」第107話「来客」より


ヒストリア
「私は『獣の巨人』の継承を受け入れます」

「『地鳴らし』が我々の存続に不可欠である以上は」


ヒストリアをジッと見つめるキヨミ様

下を向いたままヒストリアの話を聞くピクシス司令と軍幹部

まっすぐヒストリアを見つめるイェレナ


ミカサ
「…ヒストリア」

汗をかき、思わず名前をつぶやくミカサの隣に座っていたエレンが立ち上がります。

ガタッ

エレン
「壁を破壊し蹂躙された挙句」

「家畜みてぇに子どもを産まされ殺されてやっと生きることが許されるって言うなら…」

「オレはジーク・イェーガーの計画は 到底受け入れられません」

テーブルに両手を付き、まっすぐにキヨミ様を見ながら言うエレン

エレン
「『地鳴らし』の維持に我々の命運を委ねるのは危険です」

「残された時間の限り あらゆる選択を模索するのが我々の取るべき最善策ではないでしょうか?」

「ヒストリアを犠牲にする以外の方法を探そう」と語るエレン

エレンの言葉を聞き、肩を震わせ涙がこみ上げるヒストリア

キヨミ様
「えぇ…まだ結論を急ぐ時ではないでしょう」

「我々も引き続きジーク・イェーガーとの仲介に協力いたします」

怒った表情で下を向いたままのエレン

エレンをジッと見つめる隣のハンジ


場面は地下牢にいるエレンと格子越しに話をするハンジに戻ります。

ハンジ
「別のやり方は」

「まだ見つかってなかった…」

「確かにジークの『任期』は迫っていたし」

「予想よりも早くマーレはパラディ島に進行計画を進めてきた」

「君と焦燥感を共にしたつもりだった」

ハンジは話を切り、牢屋の中のエレンを見つめます。

ハンジ
「でも君がなぜ単独行動に出て この島を危機に追い込んだのかがわからない」

「もうヒストリアは どうなってもよかったのかい?」

エレン
「オレは」

「『戦鎚の巨人』を食いました」

ハンジの質問に答えず、いきなり言うエレン

ハンジ
「…え?」

エレン
「この巨人の能力は地面から自在に硬質化を操り武器でも何でも生み出すわけです」

「厄介な相手でした」

「つまりどれだけ深く硬い地下にオレを幽閉しても無駄だってことです」

「オレはいつでも好きな時にここを出られる」

ハンジに目線を合わせ、言うエレン

驚いた表情のハンジ


エレン
「当然」

「始祖を持つオレを殺すこともできない」

「いくら脅したところで」

「ジークを殺すわけにもいかない」

「つまりハンジさん」

「あなたに何ができるって言うんですか?」


格子の近くに移動し、ハンジを見下ろすエレン

そして格子越しにハンジの胸ぐらを掴みます!


ガッチ

ハンジ
「うッ!?」

エレンに胸ぐらを掴まれたハンジは驚きます!

エレン
「教えてくださいよ ハンジさん」

「他のやり方があったら!!」

「教えてくださいよ!!」

2018-07-07_024857
「進撃の巨人」第107話「来客」より


Sponsored Link


顔を近づけ怒鳴りつけるエレン!

ハンジ
「う…!?」

汗をかきながらエレンの顔を見るハンジ

エレンの瞼の下からは、巨人化する際に出る巨人化痕が!!


ビキ

ビキ


ハンジはエレンに掴まれていた胸ぐらをバッと手で払い、振りほどきます!

ハンジ
「エレンのエッチ!!」

「未だ反抗期かよ バカ!!」

「…若者!!」

エレンの地下牢からバッと駆け出し離れるハンジ

若者!?

カッカッカっと階段を登り、バタンと扉を締めるハンジ

ハンジ
「エルヴィン…」

「あんたの唯一の失策だ…」

「何で私なんか団長にしたんだよ…」

一人愚痴るハンジ

場面は、サシャの墓に移ります。

一人座り込んでいるミカサ

2018-07-07_024916
「進撃の巨人」第107話「来客」より


そこに叫び声がします。

「オイ!!」

「お前マーレ人だろ!?」

「ここに何しに来やがった!?」

「マーレに殺されたエルディア人の埋葬に何の用だ!?」

シバキ

マーレとの戦いで死亡した人物の身内が、お墓に来たマーレ人に激昂し殴ったようです。

その場にいたジャンとコニーが、マーレ人をかばいます。


ジャン
「待ってください」

「こいつは俺たちで何とかしますんで!」

駆け寄るミカサ

マーレ人
「うう…」

ジャン
「ニコロ 大丈夫か?」

コニー
「お前どうやってここに来たんだ?」

マーレ人はどうやらニコロだったようです。

殴られたニコロは地面に這いつくばり、「クソッ」「何でだよ」と言っています。


ニコロ
「本当に…」

「サシャは死んだのか?」

顔をあげ、真っ青な顔でジャン達に聞くニコロ

ニコロ
「なぁ?」

「何で…」

「お前ら何やってたんだよ…」

ニコロの言葉を冷たい表情で黙って受け止めるジャン、コニー、ミカサ

3人に連れられ、サシャの墓にお参りするニコロ


ニコロ
「…飛行船に乗り込んできた少女に撃たれたって…?」

「は…」

「そんなバカな話があるかよ…」

サシャの墓に向かって話すニコロ

ミカサ
「ただの女の子じゃない」

「訓練されていた」

ニコロ
「…戦士候補生か」

ジャン
「俺の油断があった…」

「すまない…」

謝るなジャン

謝られたニコロは少し間をあけ、話します


ニコロ
「…」

「何で俺に謝る…?」

「俺は ただ…」

「飯を用意してただけだ」

悲しげな表情で、サシャの墓を見つめたまま答えるニコロ

そんなニコロの肩にスソっと手をかけるコニー


コニー
「あいつに…美味いもんいっぱい食わしてくれて」

「ありがとうな ニコロ」

真摯な表情でニコロに礼を言うコニー

ニコロ
「…お前はどうなんだよ コニー」

コニー
「…俺とサシャは」

「双子みてぇなもんだった」

「自分が半分 なくなっちまったみてぇだ…」
2018-07-07_024941
「進撃の巨人」第107話「来客」より


ニコロの肩に手をかけたまましゃがみ、一緒にサシャの墓を見つめるコニー

すると、ザッと誰かがサシャの墓に来ます。

その人達を見るジャンとミカサ


ミカサ
「あなたは…」
2018-07-07_050411
「進撃の巨人」第107話「来客」より


男性と女性、子どもがいます。

男性が被っていた帽子をとり、ジャン達にあいさつをします。


サシャ父
「娘が世話になったようやね…」

サシャの墓に跪き、泣く母と弟。

二人を後ろから抱きかかえるサシャ父

その家族を後ろから見ていたニコロは、3人に向かって言います


ニコロ
「あ…あの」

「私は捕虜のマーレ人ですが」

「料理人としての就労許可を持っています」

「娘さんは俺の料理を」

「…誰よりもうまそうに食べてくれました」

「だから…もしよかったら」

「俺の料理を食べに来てください!」

黙って聞いていたサシャ父ですが、言い終わったニコロを見てにっこりと笑いかけます。

サシャ父
「もちろん無料なんやろ?」

握手する二人

ニコロ
「あ…はい…」

場面はイェレナ、オニャンコポン達とピクシス司令達に移ります。

イェレナ
「マーレから奪ってきた巨人化の薬は」

「これで全てです」

箱にある数十個の巨人化液を見せながら説明するイェレナ

イェレナ
「しかし複製は困難でしょう」

「必要な器材も巨人化学の専門家も今回は奪えずじまいでしたから」

イェレナの後ろにはオニャンコポンを含め複数人のマーレ兵の仲間がいるようです。

しかし汗をかきながら周りを気にしています。


ピクシス司令
「いや これだけあれば十分であろう」

「本当に何と感謝を申し上げればよいことか…」

出された巨人化液を手にし、確認しながら述べるピクシス司令

後ろにはライフルを持った部下が数人控えています。


ピクシス司令
「諸君らに借りしかない無知な我々を希望へと導いてくれた」

「諸君ら有志を疑うことは悪魔の所業に等しくあろう」

ジッとイェレナを見つめながら語るピクシス司令

イェレナ
「この三年間」

「エルディア人の友人であることを証明してきたつもりでしたが…」

「残念です」

「私達が持ち込んだこの銃は」

「エルディア人に自由をもたらす銃なのに」

イェレナ達マーレ人達をかこみ、銃を向けている駐屯兵達

ピクシス司令
「虫のいい話ですまぬが」

「我々の弱さに しばしの間だけ目をつぶってくれぬか?」

「ジークに枷をかけぬわけには いかんのだ」

語るピクシス司令の横にはイェレナ達に銃を向ける部下がいます。

ピクシス司令の話を聞き、イェレナはうっすらを笑いながら答えます。


イェレナ
「構いませんよ ピクシス司令」

「すぐまた我々と食卓を囲む日が来ますから」

ピクシス司令
「その日が来ることを願っておるのは…」

「ワシらの方であろうぞ」

場面はリヴァイ兵長に連れられるジークに移ります。

馬車の荷台に乗ったジークは上を見上げながらつぶやきます。


ジーク
「俺のホテル…」

「これぇ?」

非常に大きな木々を見ながら声をあげるジーク

リヴァイ兵長
「何か不満でもあるのか?」

「これ以上 お前に相応しい宿はねぇよ」

馬に乗ったまま説明するリヴァイ兵長

リヴァイ兵長
「樹高80mの群生林からなる巨大樹の森だ」

「一人じゃ簡単に出られねぇし」

「手頃な岩もねぇ」

「何かをぶん投げることも満足には いかねぇだろう」

巨人化後のジーク対策でもあるようです。

ジーク
「立体機動装置で たくさん遊べそうだしな」
2018-07-07_025003
「進撃の巨人」第107話「来客」より


「しかし…これも世界中でここだけにしか無いものだぞ」

巨大樹の森を見ながら語るジーク

ジーク
「なぁ?リヴァイ兵長」

「ガビとファルコにも この雄大な自然を見せてやりたいんだがどうだ?」

リヴァイ兵長に、ガビとファルコも一緒に暮らしたいと願うジーク

リヴァイ兵長
「…ガキが気になるようだな」

真剣な表情のジーク

リヴァイ兵長
「ガキが雄大な自然を拝めるかどうかは」

「お前次第だ」

場面は牢屋に入れられ収容されているガビとファルコに移ります。

ファルコ
「ガビ!?」

「オイ!?」

「どうしたんだ!?」

ベッドに苦しそうに「フー」「フー」と息が荒いガビ

バタバタと、手に布団を握りしめ、のたうち回っています。


ファルコ
「オイ!?」

「しっかりしろ!!」


すると、外からガチャッと鍵を開け、心配した番兵入ってきます。

番兵
「何があった!?」

ギイイっと扉を開け入ってくる番兵

ファルコ
「き 急に苦しみだして!!」

番兵
「オイ嬢ちゃん」

「大丈夫か?」

ベッドで苦しんでいるガビに近寄る番兵

フーフーと息が荒いガビは、ギュッと毛布を握りしめています。

そして近付いてきた番兵の顎をゴツっと毛布を振り抜き殴りつけます!

2018-07-07_025026
「進撃の巨人」第107話「来客」より


Sponsored Link


完全に折れ曲がる番兵の首

ゴチンコ

口から血を吹き出し倒れます!

バッとベッドから起き上がるガビ!


ブン

ドコ

ドコ


さらに毛布で殴りつけるガビ!

ファルコが慌ててガビを止めます。


ファルコ
「ガビ!!」

「もうよせ!!」

殴りつけるのを止めた毛布の中から、レンガが一個出てきます。

ゴロリ

壁のレンガか一個欠損している描写

ガビ
「早くベッドの下に隠して!!」

意識がない番兵の体をベッドの下に移動しようとするガビ

ファルコ
「クソ…やりすぎだ!!」

言いながら番兵の体を押すファルコ

そのままガビとファルコは収容所から脱走します!

走りながら叫ぶファルコ


ファルコ
「ここから逃げてどうするってんだよ!?」

ガビ
「あのままだと殺されるでしょ!?」

ファルコ
「…あの人はお前を心配してたぞ…」

一緒の走りながら、必死に言うファルコ

ガビ
「悪魔を信じてどうするの!!」

「もうジークは信じられない!!」

「もう…」

「誰も…!!」

悲しげで必死な表情で叫びながら走るガビ

その後ろを追いかけるファルコ

場面はマーレに移ります。


目を覚ましたライナーの描写

ベッドで寝ている自分を確認し、起き上がるライナー

ポルコ
「悪い夢でも見たか?」
2018-07-07_025046
「進撃の巨人」第107話「来客」より


ベッドの近くで座りながらライナーに話かけるポルコ

手には瓶ビールらしきものが握られています。


ポルコ
「すべて夢ならよかったのにな」

瓶ビールをライナーに差し出しながら言うポルコ

隣のベッドにはピークが座っています。


ライナー
「…ガビとファルコの声が聞こえた」

「二人は…どこだ?」

汗をかきながら必死な表情で尋ねるライナー

場面はヒストリアに移ります。


広大な場所に建てられたロッジのような建物の庇の下でロッキングチェアに座っているヒストリア

帽子の男性
「中に入ろう」

「ヒストリア」

中から男性が出てきて座っているヒストリアに声をかけます。

呼ばれたヒストリアは男性に目線を移します。

2018-07-07_025108
「進撃の巨人」第107話「来客」より


帽子の男性
「もっと体をいたわらないと」

ヒストリアに近寄りながら言う男性

ロッキングチェアに座ったまま男性に体を向けるヒストリア

そのお腹は大きく妊娠している描写


生まれながらに背負う悲劇

連鎖への秒読みは始まっている…


108話に続く
Sponsored Link

◆諫山先生へ一問一答!!

2018-07-07_025210
「別冊少年マガジン」8月号より


Q、王家とアッカーマン家の二人から子供が生まれたらどちらの血が優先されますか?
A、それは普通に両方とも反映されると思います。

王家血統とアッカーマン家の血統に優性、劣性はないという答えですね!

これはまさに今回の話に関連していそうな…

いえ、アッカーマンは関係ないと思われますが!(・_・;)

そして今月の別冊マガジンには「進撃の巨人クオカプレゼント」が実施されています!


今月号はぜひ購入しなきゃですね!

Sponsored Link

さらに来月号には26巻きせかえカバーが!
2018-07-07_025504
「別冊少年マガジン」8月号より


これは来月号も絶対購入しなきゃですね!\(^o^)/

◆諫山先生巻末コメント!

2018-07-07_025229
「別冊少年マガジン」8月号より


原稿終わって日本対ポーランド観て、ストーリー構成に感心しました。

これは6月28日の試合で、負けたけれど決勝トーナメント出場を決めた試合ですね!

たしかにポーランドにとっても1勝となり、そのままの点差で負けても決勝トーナメントに出場できるというお互いWin-Winとなる珍しい展開の試合でした。

見方によっては見事なストーリー構成ですね(笑)
Sponsored Link

◆第107話「来客」の感想!

2018-07-07_024627
「進撃の巨人」第107話「来客」より


東洋の一族の回収が来た!!!

他にも様々な展開や回収がありましたが、今回最も大きかった展開はこれではないでしょうか?

ヒストリアファンにとっては最後の妊娠場面が最も衝撃でしょうし、ジャンやサシャ、コニーファンにとっては墓参り場面でしょうが、管理人アースにとっては東洋の一族回収場面が最も感動的でした。

2巻に登場した本当に初期の頃からの伏線であり、約8年越しくらいの回収ではないでしょうか?

これまでに数多くの伏線が貼られており、順番に回収される中、現在未回収の伏線の中でも最も大きな伏線は第1話タイトルである「二千年後の君へ」だと思っており、その次に来るのが「東洋の一族」の伏線だと考えていました。

それが回収された今回107話は、ミカサファンの管理人アースにとっては、とても感無量な展開でしたよ!

こうなって来ると、本当に最終話が近いのだなとも感じ、ちょっと寂しさも感じています。

もうひとつの感想として、以前の場面を思い起こさせる描写がいくつか登場していましたね!

冒頭の場面では
2018-07-07_024450
「進撃の巨人」第107話「来客」より


89話でのハンジが「進撃の巨人」というくだりを思い出しました。
2017-01-06_032257
「進撃の巨人」第89話「会議」より


今回はリヴァイ兵長がツッコんでくれませんでしたが!(泣)

そして起きたライナーに話しかける場面は、
2018-07-07_025046
「進撃の巨人」第107話「来客」より


93話での場面を思い出させられました!
2017-05-08_041359
「進撃の巨人」第93話「闇夜の列車」より


今回はポルコが喧嘩を売らず、逆にビールを差し出す場面となっていましたね!

この対比の場面同士が対比になっているように見えますよね!

今回も読み応えがある回となっていました!
Sponsored Link

◆第107話の伏線ポイント!


今回の考察ポイントは、このようになっています!

  • キヨミの再登場
  • ミカサの東洋の一族の伏線回収
  • 将軍家の忘れ形見が島に取り残された理由
  • ジークがグリシャとダイナを密告した謎の回収
  • 「立体機動装置」と、その動力「氷爆石」
  • エレンの巨人化痕
  • サシャの家族
  • 立体機動装置で遊ぶというジーク
  • 妊娠しているヒストリア
  • 今月の擬音 ペリエ ゴンゾウ シバキ
  • それでは順番に見て行きましょう!
    Sponsored Link

    ◆第107話のポイント考察!

    2018-07-07_024537
    「進撃の巨人」第107話「来客」より


    今回のメインキャラと言えるキヨミ様ですが、とうとう再登場となりました!

    98話にて初登場し99話にて祭事会場から退場した後、まったく登場がなかったキヨミ様ですが今回107話にて久々の登場となりました。

    そしてやはりミカサの「東洋の一族」の回収の立役者となり、「とうとう来たか!」という展開となっていました。

    この辺りの考察は99話考察!アズマビト家キヨミとは?ミカサとの関係を考察!にて考察していましたが、「ミカサの伏線を回収する人物である」という予想はまさにドンピシャでしたね!

    そして2巻第5話に伏線として登場した「ミカサの右手首の刺青」がとうとう回収される展開となりました!
    a32330a2
    「進撃の巨人」第5話「絶望の中で鈍く光る」より


    これに関しては東洋の一族の正体は?アッカーマン家と関係も?にて考察しており「東洋の一族の世界の歴史」が刻まれているのかなと考えていました。

    しかし、まさかの「家紋」という展開でしたね!
    2018-07-07_024627
    「進撃の巨人」第107話「来客」より


    これは当てられなかったですよ(;´Д`)

    ただキヨミ様が登場してからは、ミカサがヒィズル国の血統であり「その血統を証明するもの」が右手首に刻まれているのかなと感じてはいたので、ものすごく納得です!

    しかし当初の予想は大外れでしたね!

    悔しいですが、予想を超えてのすごく気持ちが良い展開でした!

    ただヒィズル国の謎としては「なぜ将軍家血統者がパラディ島に取り残されたのか」が今回登場しています。

    これは別記事にて考察したいですね!

    その後、これもけっこう大きな謎でしたが、ジークがグリシャとダイナを密告した理由が明らかとなりました!
    2016-11-08_034444
    「進撃の巨人」第87話「境界線」より


    両親を見限っての事と語っていましたが、この時にジークに寄り添って泣いていたメガネの男が誰なのかは未だ分かっていませんよね!

    この辺りも含め、まだジークは何かを隠しているように思えてしょうがないですよ!

    そして今回、ジークが立体機動装置を持ってきている描写が登場しました!

    「個人的に調達した立体機動装置」とジークは語っていましたが、これは「もしかしてミケの?」と思ってしまいます!
    kemono
    「進撃の巨人」第35話「獣の巨人」より


    細かいところですが、ミケの立体機動装置がヒィズル国のキヨミ様のところに渡ったと考えると、ちょっとドキドキしてしまいますよ!

    そしてまさかの「氷爆石」が登場しました!
    2018-07-07_024751
    「進撃の巨人」第107話「来客」より


    この氷爆石は立体機動装置を動かすエネルギーとなっており、この辺りは「Before the fall」にて説明がされています。
    2016-12-24_034131
    「Before the fall」36話より


    もともと小説版にて登場していた設定ですが、コミカライズ版でもおさえられています。

    Before the fallネタバレ36話「職人達の昔日」の感想考察!にてとりあげていますので見てみて下さい!

    そしてエレンがハンジの胸ぐらをつかみ怒鳴る場面で、傷も負っておらず巨人化しようともしていないのに顔に巨人化の痕が浮き上がる場面がありました。

    これはどういう意味なのでしょうか?

    別記事で考察したいと思っています!

    そして今回サシャの家族が登場しました!
    2018-07-07_050411
    「進撃の巨人」第107話「来客」より


    もともとサシャの父親は第36話にて、父親のみが登場していました。
    2015-06-19_035735
    「進撃の巨人」第36話「ただいま」より


    ここから死亡後に母親と姉弟が登場するとは驚きですよね!

    ニコロのくだりもそうですが、サシャ死亡展開を手厚く演出しようの諫山先生の気持ちが感じられますよ!

    108話でも、もしかしたらサシャ関係のくだりが登場するかもですね!(*^^*)

    そしてジークが「俺のホテル」に到着した際のリヴァイ兵長との会話で「立体機動でたくさん遊べそうだしな」とサラリと言い、それをスルーするリヴァイ兵長の場面がありました。
    2018-07-07_025003
    「進撃の巨人」第107話「来客」より


    これ、小さなコマかもですが見逃せないですよね!

    つまりジークは立体機動装置が扱え、それをリヴァイ兵長が知っているという事かなと受け取れます。

    やはり、この場面でジークは立体機動装置を使って脱出したのかもですね!
    2018-03-08_065322
    「進撃の巨人」第103話「強襲」より


    103話考察!獣の巨人@ジーク死亡か!?リヴァイとの関係を考察!でもジークは立体機動装置で脱出したのだろうと考察していますが、それの裏付けとなりそうなセリフですよ!

    としたら、ジークが立体機動装置を使用できることを知っていても当たり前ということになりますよね!

    これは要チェックポイントかなと感じますよ!

    そして最後のコマでヒストリアが妊娠している場面が登場しました!
    2018-07-07_025108
    「進撃の巨人」第107話「来客」より


    ハッキリ言って、これは驚愕の展開でした。

    もしかしたらと、うっすらと妄想はしていましたが…まさか本当に来るとは!

    そしてこのコマで登場している男性が、ヒストリアの子供の父親でしょうか?

    これが誰なのか?

    それともこの男性は関係なく、エレンの子供とか…(;´Д`)

    これは別記事にて考察したいですね!

    そして最後の考察ですが、今月も擬音が登場しました!

    まず、ミカサの「ペリエ」には笑えましたね!
    2018-07-07_050431
    「進撃の巨人」第107話「来客」より


    これはワインのペリエでしょうか?

    先月の諫山先生の巻末コメントでお酒の「キール」についてコメントされていましたが、ここでペリエが登場するということは…

    ワインがお好きなのかもですね!

    そしてジークがカバンを漁る場面で「ゴンゾウ」が登場し、ニコロが殴られる場面で「シバキ」が登場していました。

    ニコロが殴られての「シバキ」は、まさにシバかれている場面なので分かりますが、ジークの「ゴンゾウ」はどういう意味なのでしょうか?

    昔の刑事ドラマ「ゴンゾウ」のでしょうか?

    ちょっと分からないですね!

    今回もけっこう多くの考察ポイントがありましたよ!

    これから別記事の考察も楽しみです!\(^o^)/

    106話発表時点で107話の展開を予想していました!

    107話展開予想を自己検証してみます!
    Sponsored Link

    ◆107話展開予想を自己検証!

    2018-04-07_064836
    「進撃の巨人」第104話「勝者」より


    「パラディ島の3年間」展開から始まります。

    完成した港をハンジとアルミンが眺めています。


    アルミン
    「とうとう港が完成した。」

    「やはりマーレ工兵達の協力は大きかったですね。」

    ハンジ
    「ああ、これで他国との交易ができる」

    ハンジは本当に嬉しそう表情。

    そんなハンジにイェレナが声をかけます。


    イェレナ
    「交易ももちろん大事だが、まずはそことコンタクトを取らなければいけない。」

    「しかし世界でのパラディ島は、まさに悪魔の島」

    「港が出来ても交易をしようと決める国は、ほとんどないのが現状です。」

    気持ち俯きながら語るイェレナ

    そう説明されたアルミンは、イェレナに聞きます。


    アルミン
    「じゃあ、この港にはどの国の船も停泊しないってことかい?」

    「何のために造ったのか…」

    途方に暮れた表情のアルミン

    しかし、そのアルミンにオニャンコポンが答えます。


    オニャンコポン
    「いや、確かにパラディ島は世界の敵だが、一国だけ交易を持ってくれそうな国がある」

    人差し指をさし、「シー」っというような仕草で語るオニャンコポン

    ハンジ
    「そんな酔狂な国があるのかい?」

    「それはどこの国だい?」

    ハンジに聞かれ、ニコッと笑いながら言うオニャンコポン

    オニャンコポン
    「東洋の国 ヒィズル国です」

    場面は、現在に変わります。

    リヴァイ兵長に連れられてジークはどこかへ向かっています。
    2018-06-09_074930
    「進撃の巨人」第106話「義勇兵」より


    ジーク
    「約束通り、エレンのところに連れてってくれてるのかい?」

    リヴァイ兵長
    「いや、それはもっと後だ」

    「まずはお前の秘策が本当なのかどうか」

    「それが確かめられてからだ」

    その答えを聞いて、ため息をつくジーク

    ジーク
    「それじゃあ約束が違うと思うが…まぁ仕方ないか」

    「ところでアニちゃんは元気かい?」

    急に話題が変わり、返答にちょっと間が空くリヴァイ兵長

    リヴァイ兵長
    「アニ? あいつならまだ地下で水晶体に覆われ、固まったままだ」

    「4年間、変わっちゃいねぇ」

    「それがどうかしたのか?」

    その返答を聞き、うっすらと笑って答えるジーク

    ジーク
    「エレンと会わせてくれたら、アニを水晶体から出し従わせる事ができる」

    「それを実行したら、信用してもらえるんじゃないかい?」

    「こちらもエレンと会うという願いが叶うし、そっちも問題をひとつ解決できることになる」

    「いつ目を覚まし巨人化するのか分からないアニを従わせることができるのなら、悪い話じゃないだろう?」

    ジークの話を聞いた後も黙ったままのリヴァイ

    そしてゆっくりと口を開きます。


    リヴァイ兵長
    「そいつは…悪くない話だ」

    「ハンジに話してみよう」

    「入れ」

    そう言って調査兵団団長室のドアを開け、部屋に入るリヴァイとジーク

    107話では、こんな展開があるのではと予想します!

    ちなみにジークとリヴァイ兵長の会話は、「エレンとジークの始祖の巨人が発動すれば、アニの結晶を溶かすことができるのでは」とのkashuさんの考察コメントから予想しています!

    kashuさん!

    素晴らしい考察コメントをありがとうございました!


    107話でも、現在とパラディ島の3年間展開が交互に登場するのではと予想しました!

    では、パラディ島の3年間はどれくらい続くのでしょうか?

    考察してみましょう!

    予想ここまで!
    ➾唯一の交易を持ってくれる国がヒィズル国というのはドンピシャでしたね!

    けっこうイメージ通りの展開でした!
    Sponsored Link

    ◆「パラディ島の3年間」の展開はどれくらい続くのか?

    o0640064012905628376
    「進撃の巨人」第15話「個々」より


    106話で展開した「パラディ島の3年間」展開を見て、4巻第15話にて登場したエレン達の開拓地時代、訓練兵団時代への移行と似た展開の仕方だなと感じました。

    ここから4巻最終話18話まで訓練兵団時代が続き、そこから3年後の兵団決めの場面に戻るという展開となっていました。

    こうやって見ると「3年前」というのも今回と同じですね!(笑)

    これも諫山先生が計算して、そのようにしたのでしょうか?

    となると4巻のように、ぶっ続けで3年前の展開が続くという展開になる可能性もありますね!

    ただ、管理人アースは交互に登場するのではと予想しましたが…(;´Д`)

    3年前と現在の展開が交互に登場し、27巻最終話までそのように展開するのではと管理人アースは考えています。

    そこの展開でパラディ島の3年間で起こったこと、そして「エレンとジークとイェレナ」組と「ハンジとリヴァイ兵長とアルミン」組との対立が浮き彫りになっていく…みたいな展開が起こるのかなと妄想しています。

    ただ、ちょっとこの先の展開の仕方、描き方の予想は難しいですね!

    さてさて、どのような展開が続くのか?

    「パラディ島の3年間編」がこのまま続くのか?

    107話も見逃せないですね!\(^o^)/

    ➾予想ここまで!
    ➾3年前と現在が交互に来る展開は予想通りでしたね!

    今回はけっこうイメージ通りで予想は60点くらいかなと感じました!

    27巻最終話までこの展開になるのか?

    これからも要注目ですね!

    108話あらすじ!
    アニメseason3 OP「RED SWAN」を検証!巷の評判は?
    107話考察!ヒストリア妊娠とエレンの恋愛展開を検証!
    107話考察!氷爆石を検証!巨大樹の森、黒金竹との関係も!
    107話考察!時系列まとめ!ミカサとヒストリアのw妊娠はあるのか?
    107話考察!サシャの墓参り場面から家族と作者の思いを検証!
    107話考察!エレンの巨人化痕を検証!ハンジの王家血統説!?
    107話考察!「真のエルディア復権派」とは?ジークとフクロウの繋がりを検証!
    107話考察!エレン、ジーク、パラディ島の目的をまとめ検証!
    99話考察!アズマビト家キヨミとは?ミカサとの関係を考察!
    ミカサはジークを家族と認めるか検証!
    裏ジークの過去を検証!メガネの先代獣が関係か?
    106話「義勇兵」あらすじ感想考察!


    Sponsored Link

    252 Responses to “【進撃の巨人 ネタバレ】107話108話最新画バレ!「来客」あらすじ考察感想!”

    1. 第107話の前半は “キヨミ様回”であり、
      キヨミ様の存在感が 半端なかったです。
      是非、キヨミ様のクリアファイルも 欲しい
      と思いました。(笑)
      ただし、あのヨダレはいけません!!
      あれで、キヨミ様への興味が惹いて
      しまったのが残念です…

      ところで 今回は、パラディ側とマーレ側の
      “オールキャスト”が ほぼほぼ出揃った、
      大変珍しい回であり、じっくり読み応えが
      あると感じます。
      (加えて、懐かしい サシャパパも登場。
       先生は、彼の方言もちゃんと覚えていた
       (笑))

      ただ、そのオールキャストの中に、
      ザックレー総統と マガト隊長、この双方の
      総大将の姿がなかったのは何故なのか?
      背後で何を考えているのか、興味をそそら
      れます。

      • 管理人アース より:

        ザックレーは前回登場していましたが、今回は登場が無かったですね。
        会議にはいつも登場していたように思いましたが、今回は珍しいですね。



        管理人アース

    2. エト より:

      いつも楽しく拝見させていただいてます

      地下資源と巨大樹の森の地質がとても気になりました
      大地の悪魔と取引した場所はパラディ島に移り住む以前のことだと思いますが何か関連性ないですかね!?

      巨人科学のことに少し触れている場面もありましたし、巨人について解明される日が早く来て欲しいです

      最後にアースさんはループ説を唱えていらっしゃいますが、ミカサはエルディア人の血を引いていないですし、座標を通じて何かが起こらなそうですが、どの様にループが発動する場面がくるとお考えですか?
      これもとても気になっています

      • 管理人アース より:

        東洋の一族なので、たしかにミカサには道は通じていないでしょう。
        ただ、エルディア人の特徴である「道」「座標」は巨人化能力に繋がっているように感じます。
        もっというと「巨人になる」事に繋がっているような。
        これ自体が東洋の一族の産物なのではと考えています。
        つまり、大地の悪魔は東洋の一族であり、巨人化能力を生んだのも東洋の一族の力なのかなと。
        とすれば、東洋の一族のミカサも、座標も扱えそうですよね!



        管理人アース

        • エト より:

          >大地の悪魔が東洋の一族
          これは考えたことなかったです

          素晴らしい考察だと思います
          返信ありがとうございました

    3. ナノシーガ より:

      早い更新お疲れ様です!

      サシャの弟がサシャが助けた子供に似てる気がするのは僕だけでしょうか…

      • 管理人アース より:

        ああ、そう言われば確かにですね!
        となるとサシャ父があの後引き取ったのかもですね!
        面白い考察、ありがとうございます!



        管理人アース

    4. 馬来熊 より:

      ジークの「真のエルディア復権派」告白はソクゾク来ますね
      今までずっとなにを考えてるかわからなかったジークの真の目的がようやくハッキリしてきたことと
      あからさまに「この方向は間違ってるよ」と描写されていたエルディア復権派をバッサリ斬り捨て、しかしエルディア復権自体を斬ったのではないというのがまた

      コニーの双子発言も
      恋愛…… ではないんだよ、というさじ加減が進撃の巨人らしいですね

      • 管理人アース より:

        >たジークの真の目的がようやくハッキリしてきたこと
        まさにですね!
        ここはウソをついていないだろうと感じますよね!
        しかし、「何をもって復権」というのかは、分かりませんが!

        >恋愛…… ではないんだよ、
        でもニコロは恋でしたよね!
        たまんないですよ(泣)



        管理人アース

        • 馬来熊 より:

          「何をもって復権」
          これ今後の超重要ワードになりそうですね
          エルディアの歴史が明らかになった頃から
          「これはマーレの伝える歴史。果たして真相はどうだったのか…」という描写が幾度か見られました。
          グリシャも古文書を解読できてないとか、クルーガーがグリシャに話したこととか
          ジークの目指す復権はどんな形態なんでしょうね

          ……あれ? 「ようやくジークの考えがわかった!」と思ったら、それによって「肝心なことがわかってない」ことに気づいただけのような…

          ジークのことだから、今後
          「その通り、あんなお遊びグループじゃダメですよね! さぁジークさん、ホンモノを見せてやりましょうよ!」とついてきた人もバッサリ裏切りそうな…
          そして今後おそらくフロック君がそのポジション代表に就任しそうな予感がします
          数少ない(たぶん)フロックファンとして、ガツンとくる結末を望んでやみません

          • 管理人アース より:

            >グリシャも古文書を解読できてないとか
            この辺りも「お遊び」という意味合いに取れますよね!
            最終的にエルディア人全滅を示して「これが真のエルディア人の復権=解放だ!」という展開とか(・_・;)

            >今後おそらくフロック君がそのポジション代表に就任しそうな
            これからのフロックには要注目ですね!(笑)
            フロックとジークの絡み、見たいですよ!


            管理人アース

    5. さわしゅん より:

      キヨミ様のよだれ…
      その前の飲み物を飲む描写も合わせて、ジークの脊髄液を知らないうちに飲まされているのではって勘ぐってしまいました。
      もし主要キャラがジークの叫びで無垢の巨人化したら悲劇ですね。。

      • 管理人アース より:

        東洋の一族は巨人化できないので大丈夫でしょう!
        エルディア人はやばいですね!



        管理人アース

    6. ヒストリアが ミカサの腹に手を当てて
      いるのが、非常に気になります。
      ミカサもやっぱり アレで、「頼もしい」
      とは そういうことなのか?
      パラディ島は、羽の生えた
      “コウノトリ巨人”に 支配されている!?

    7. 久しぶりの巨人 より:

      いつも楽しく拝見させて頂いています。
      今回個人的に一番気になったのはヒストリアの妊娠です。
      それは王国は跡取り問題で揉めることがあたりまえだからです。
      彼女は王家の血筋でパラディ島の女王です。
      基本イギリスの様に君臨すれど統治せずでしょうが。
      彼女の配偶者と縁戚はそう考えるのかということです。
      彼女には親類はもういないように描かれています。
      つまり後ろ盾は調査兵団、民衆の支持と軍関係者との利害の一致のみです。
      危うい立場と言えます。
      そこへ彼女の立場を強固にするために貴族から王家の血筋を引いてる人間を連れてきて子供を産ませる。
      これがよくある考えかたです。
      もしくはヒイズル国からの政略結婚。
      どちらにしても政治との分離がきちんとできなければ外戚からの影響が少なからずありそうです。
      ヒストリアは獣の巨人を受け継ぐため13年後には
      死ぬ運命です。
      そのことを考えると子供が幼い場合は摂関政治の道に進むと考えられます。
      また巨人の継承は本人の身体能力が影響あることが示唆されているため身体能力の高い人物であることが望ましいです。
      また子供を複数産む必要などを、考えるとはたして相手は一人なのか必要なら複数用意されてる可能性もあると思います。
      少なくとも恋愛感情を伴うものは築けなかったと思います。
      エレン、ジークの可能性も考えましたが彼らを相手にするにはヒストリアの一番無防備な状態を晒すことになりほぼありえないかなと思いました。
      またヒストリアの妊娠の描写を見て過去にミカサの妊娠、出産の可能性もあるかもなと感じました。

      • 管理人アース より:

        ヒストリアの相手は気になりますね!
        これはゆっくり考察したいですよ!



        管理人アース

    8. あしゅけ より:

      ジークが立体機動を装着していて、獣のうなじから脱出したのだとすると、手足を切り落とされたのは、飛行船に乗り込んでから、勝手な行動を封じるためということになるのでしょうか?兵長はためらわないでやるでしょうし、ジークも承諾しているのだとしてもグロいですね(´д`)

      島への帰り道、ご飯を誰よりも楽しみにしていたサシャ、ニコロもサシャのために美味しい料理を沢山作って待っていたんだろうなと思うと悲しい(´;ω;`)

      身重(?)のヒストリアを気遣う謎の男は、言葉遣いだとアルミン、後ろ髪だとジャンぽいという気がしたのですが、どちらでもなく、それでいて彼女とは親しげ。
      無謀にも直感を信じれば、みんなの知っているヒストリアとは別人?もしかしたら別時代のヒストリアさんなのでは?表情も特にぼんやりとしている気がするので。
      なので、謎の男はまだレイス家と仲違いをする前、王家の血筋を守っていたアッカーマン?

      • 管理人アース より:

        >別時代のヒストリア
        これ面白いですね!
        たしかに、場面の描写は別時代と言われても信じられそうな感じでした!
        全くの新キャラが相手というのもありそうですよね!



        管理人アース

    9. マキ より:

      ヒストリアが妊娠していましたが
      お相手は誰でしょうね。
      個人的には新キャラだと思います。
      話しかけている人物がお相手だった場合
      何となく冷めた感じの様子だったので
      恋愛というより戦略結婚に近いような
      島の貴族とかそんなキャラではないですかね。

      • 管理人アース より:

        もしくはヒィズル人とか。
        新キャラの可能性が高そうですね!



        管理人アース

    10. 名も無き猫 より:

      ジークはなぜ、ミカサが東洋人の血を引いていることを知っていたのでしょうかね?

    11. 住吉夢物語 より:

      団長、最新話記事有難うございます。

      回想シーンは2年前になりましたね。現在との入れ込みで展開が予想よりはやいです。

      ゴンゾウはイタリア語のgonzoでしょうか。馬鹿、間抜け、騙されやすい人…等の意味で、英語のdupeに近いですかね。
      ジーク、キヨミ様、パラディ島の誰かが馬鹿で騙されているのでしょうか。
      もしくは狂気という意味もあるので、ジークかキヨミ様が狂気の人なのかもしれません。
      まさか「権蔵」ではないと思いますが…。

      • 管理人アース より:

        ゴンゾウ気になりますよね!
        「バカ」というのは場面にシックリ来ないですよね。
        難しいです(・_・;)



        管理人アース

    12. コダヌキオタヌ より:

       失礼します。コダヌキでございます。

       アースさん、更新お疲れさまです。
       気になったのが「財閥」という言葉です。アズマビト財閥?
      紋の意匠は違いますが戦前の三井か三菱がモデルでしょうか?
       財閥が存在するなら、ヒィズル国はマーレ国のように「党」
      による統治形態ではないようですね。何故楽園と交渉するのに
      ヒィズル国の外交関係者や国の代表ではなく財閥が来訪するの
      か?ヒィズル国の議会なり政治のトップは今回の件をどこまで
      把握しているのか?それともアズマビト財閥の独断専行か?
       それにキヨミ様、涎垂らすとか分かりやす過ぎる(笑)!「信用
      は商人の世界じゃ冗談言う時に使う言葉だ」と言ったリーブス
      会長に詰めが甘いと叱られますよ(笑)!

       氷瀑石についてBefore~を読んだ時に思ったのですが、メタン
      ハイドレートでしょうか。昔、写真を見た事がありまして、それ
      と似ています。「燃える氷」と言われるように、実物もドライ
      アイスが青い炎を上げているように見えました。

       失礼致しました。

      • 管理人アース より:

        >氷瀑石についてBefore~を読んだ時に思ったのですが、メタン
        ハイドレートでしょうか。

        やはり実物のモデルがありそうですし、そうかもですね。
        となると、キヨミ様は商才がありそうですね。
        お目が高い!



        管理人アース

    13. pointer より:

      アースさん、お疲れ様です。

      今回も色々ありましたがヒストリアの妊娠が最もショックでした。
      結局「いい子」クリスタに逆戻りとは。。。
      ロッド・レイスの時のように「血統書付きのガキ」
      を生まなければならなくなったのではないかと思えてなりません。

      • 管理人アース より:

        これ、結局ヒストリアが犠牲になったという意味になるのでしょうかね?
        ユミルも悲しみそうですよ(;´Д`)



        管理人アース

    14. リヴァイ大好き より:

       こんにちわ。
       ヒストリアのお相手に、せめてもの恋愛要素が欲しいとの気持ちから、既出の新聞記者さんを予想していましたが、多分、出自がつまびらかなお方なんでしょうね。
       エレンが、家畜みたいにって、叫んでましたが、皇族の1番大事な仕事の一つが子孫を残す事なので、気持ちはわかりますが、見当違いかなと思います。
       エレンの方向性は、ヒストリアに荷を背負わせない事のようなので、そうなると、やっぱりエレンが悪になって、全てを負うしかなくなるのかと感じました(エレンが原爆で、ヒストリアの家系が、原爆スイッチ)。
       でもお相手の方の雰囲気、若い時分のケニーに似てますね。まさかのアッカーマン登場?

      • 管理人アース より:

        >若い時分のケニーに似てますね
        同感ですし、何だかクルーガーにも感じました。
        新キャラでしょうか?
        むっちゃ気になりますよ!



        管理人アース

    15. 三笠 より:

      まだ本を読んでないのですが…
      アルミンは出てこないのでしょうか…?

    16. 紅き地と蒼き天を傍観する者 より:

      どうも、紅き地と蒼き天を傍観する者でございます。

      ようやくミカサの刺青の謎が解けましたね。しかもヒィズル国で言えばミカサはトップに君臨してもおかしくない血筋、ダシに使われてもおかしくはないですねぇ(ー ー;)

      ああそれと、ヒィズル国の方々の中に誰かと似ている人がいたのですが、お気づきになられたでしょうか?

      それにしても………やはり巨人の力は継承されなければ意味がないのですねぇ。ヒストリアが獣を継承したら、その子がヒストリアを喰い継承する、それが50年間÷13年で約3〜4回繰り返すことになりますね。その間、未来の子供たちは苦しむことになるのか…。こういう繰り返しを断ち切るには、やはり13年の壁を破るほかないでしょうが、どうすればいいものか……?まぁエレンは反抗期が健在のようですから、また頑張ってくれるでしょう。

      珍しくメインキャストが全員登場した貴重な回でしたが、重いなぁ(ー ー;)

      巨大樹の森は世界でもパラディ島だけらしいですが、それも金にならないでしょうかね?貴重なシロモノですよ?

      アズマビトの将軍の血筋がパラディ島に取り残されたのも気になりますよね。考えられる可能性としては、フリッツ家が将軍の子息でも人質にすることで、ヒィズル国の寝返りを防いだとかでしょうかね。ヒィズル国の将軍も頑張ったけど結局負けて、その後フリッツは壁に篭ったわけでしょうけど、その後もヒィズル国に縁を切られないようにするための釣り糸として、将軍の血縁者を使ってたんじゃありませんかね?いざ壁に篭ったとはいえ、マーレとかの情報もほしいし、味方が外にいないに越したこともないですからね(^_^;)

      さらにその後にはパラディ島に無垢の巨人が放され始め、ヒィズル国は泣く泣く同胞を諦めるハメになったのではないでしょうか?

      またお互い、考察を頑張っていきましょう、団長!

      • 紅き地と蒼き天を傍観する者 より:

        もしかしたら、始祖の記憶の改竄が効かない貴族連中も、アズマビト家みたいに戦争において味方になってもらいたい国の有力者の末裔なんじゃありませんかねある?

        カール・フリッツとタイバー家が結託して終わらせた戦争とはいえ、カールの前の代の王様が何してたかわかってないですからね。

        • 管理人アース より:

          カールの前の王様はカールに捕食されているかなと思われます。
          貴族連中はマーレ人かなと。
          ザックレーに言っていた「奴隷の血」というのが、そんな気にさせますよ!



          管理人アース

      • 管理人アース より:

        巨大樹も何かしらの伏線かもですね!
        無垢の巨人の登場の影響で、というのはありそうですね!



        管理人アース

    17. ズィィィク より:

      立体機動で遊べるっていうのは「仮に自分(ジーク)が裏切ってもお前(リヴァイ)が殺せるもんな」ってことかと思いました

    18. 双子座流星群 より:

      本格的な伏線回収でしたね。
      一点だけ。

      「立体機動装置でたくさん遊べそうだしな」というシークの台詞、英語(必ずしも正確な訳かどうかは分かりませんが」)では主語が「you」つまりリヴァイのようです。

      ジークが立体機動装置を使いこなせるというよりは、単純に「ジークの側は仮に巨人化しても得意の投擲を行うことはできず、監視するリヴァイの側は立体機動装置を存分に駆使できる」という状況を示しているだけであるように思います。

    19. 進撃3期楽しみ より:

      今回思ったのが、「ミカサエレンの家に行った頃からずっと腕に包帯を巻き付けていたのかよ!?」でしたw今までに腕に包帯を巻いている描写とかありましたっけ?
      キヨミ様がミカサをヒィズル国へ連れて行きたいと言い出したら、ミカサはどう思うのでしょうか?島を離れ、調査兵団の仲間たちと別れてしまい、なによりもエレンと会うことがなくなってしまいそうですよね…

      • 管理人アース より:

        ミカサは長袖が多いので、あまり目立ってなかったですね!
        ミカサが包帯を巻き付けていたのは第5話最後で母から刺青を彫られた後からでしょうから、まさにエレンの家に一緒に住むようになった日からしていることになりそうですね!




        管理人アース

    20. 進撃のかに座 より:

      ヒストリアのお腹の子がエレンの子供であるならば、
      「始祖の巨人」と「王家の血を引く者」の子供になるわけで、何か特別な力が宿りそうな気がします。

      そうすると「2000年後の君へ」はこの子のことではないだろうか?

      って単純な予想をしてみました。

    21. ヒョウ より:

      ヒストリアのお相手気になりますね。
      しかしながら獣の巨人を継いだ事も、子を産む事もかなり政略的に行われていることです。こうなると親は納得しても子は納得しないハズ…。

    22. きじねこ より:

      記事作成お疲れ様です。
      今回は予想通りヒイズル回でしたね。氷瀑石などの資源が目当てで、ヒイズルの要求通りにパラディ側が利用されればヒイズルが第二のマーレになりそうな気がします。地ならしを試験的に行うにしろ、軍隊を近代的にするにしろヒイズルの強い影響下に置かれそうです。一見いい人そうなキヨミ様は、ヴィリーをおだてて祭事をやらせていましたし、なかなか侮れませんから。

      • 管理人アース より:

        キヨミ様の真の狙いが別にある、という展開もありそうですね!
        ただウドを助けた時のキヨミ様を信じたいですよ!(・_・;)



        管理人アース

    23. 巴里の恋人 より:

      団長殿、いつも更新お疲れ様です。

      今回ジークの言っていた「真のエルディア復権派」はかつてグリシャが同志を煽っていた「島の悪魔どもから始祖を奪還し、本物の王家にお納めするのだ」の対比になっている気がしました。
      ジークはパラディ側も含めたエルディア帝国の再興を願っているんでしょう。

      その為にキヨミ様と接触し、パラディ島への働きかけを依頼したんでしょうね。
      キヨミ様には世界平和の橋渡し役を期待していたのですが、金と権力に目が無いただの強欲バァさんだったようでがっかりです。

      ・・・ただ、これで三巴の構造が見えてきたような気がします。

      地鳴らしを核兵器ばりにちらつかせて、長期計画で事を運びたいジーク。
      そうはさせずに対話で平和裏に解決したいパラディ(アルミン)
      同じく地鳴らしには反対だけど、戦わなければ勝てないと先を急ぐタカ派のエレン。

      もっとも、ここまで来てもジークの真意は分かりません。
      もしかすると巨大樹の森でリヴァイとのバトルがあるかもしれませんね。

      マーレと一戦を交える前に、エレンVS調査兵団と言う展開もあるかも。
      どうも105話の後半以降、物語が救いの無いイヤな方向に傾きかけているのが気になります。

      エレンが「家畜みたいに」と憤ったのは、クルーガーがダイナに対して言った言葉に繋がっているんでしょう。
      いくら国の為とは言え、巨人化するヒストリアは見たくありません。

      個人的には最後まで登場しないアニが、この争いを収めてくれる事に期待したいです。
      実はアニが王家の血統だった・・・なんて言うオチ付きで。

      • 管理人アース より:

        最後のヒストリア妊娠展開は驚きましたよね!
        相手もそうですが、この流れだとヒストリアを巨人化しジークを捕食させる流れになるのでしょうか?
        三つ巴考察ですが、エレンとジークの違いはヒストリアを巨人化させるかさせないか、だけのような感じがしてきました。
        もう少し、パラディ島の3年間でのエレンの変化を見たいですね!



        管理人アース

    24. 青い巨人 より:

      今回ジークの「真のエルディア復権派」発言がきましたが、そこで気になるのはジークとエレンクルーガーとの関です。ここも何か裏で繋がっていそうですね。

      • 管理人アース より:

        イェレナがクルーガーの娘という予想は、管理人アースの中ではまだ生きていますよ!
        この辺りからジークとクルーガーの関係も出てきそうですよね!



        管理人アース

    25. 巨人の惑星 より:

      巨大樹の森って

      悪魔の住処とか

      巨人のエネルギー源、道の元

      だったり・・

    26. 地下室の謎が知りたい より:

      いつもご苦労様です。
      何点か気になったことがあるので考察しました。

      ①ミケとジークが戦った時に「その武器はなんて言うですか?腰につけた飛び回るやつ」と聞いていますが、これを解釈すると「その資源はなんですか?腰につけた~」にもなります。
      マーレや世界が狙ってる資源ですが、どんな資源が解明されてるわけではないので聞いたのでしょう。
      そして、密談で氷爆石が登場しました。
      外伝で読者はわかっていましたが、原作では解明されてなかったのでミケとジークの戦いはこの時のための伏線であったんだなーと思いました。


      ②エルディア帝国の領土でもあるパラディ島に将軍家子息達が逗留することから経済的や技術的に発展していたのではないでしょうか?
      もし未開で荒れた島であれば将軍家の子息が逗留するはずがありません。
      街や港が栄え、交通網や教育が整ってる島で大陸では大戦が起きてる?かも知れないので島に留学もしくは栃木県日光市にある英国伊国ベルギーの大使館別荘なような国際避暑地などに逗留していたのかも知れません。

      しかし、敗戦国になりパラディ島に逃げたフリッツ王が不戦の契り及び大陸の逃亡者と島の住人を記憶改ざんしたことから改ざんできない東洋人が迫害され、少数で非力なことから島からの脱出できなくなってしまったのではないでしょうか?

      ③ヒストリアの妊娠の相手はエレンや新キャラなのかはわかりませんが、ヒストリアの顔が死んでるように見えます。
      これってエレンに裏切られたからなのではないでしょうか?
      家畜のように子供を産ませることに反対して涙まで流したのにエレンの単独行動のせいでパラディ島が世界の敵となりました。
      ヒストリアからしては子供が戦争に巻き込まれるのが確定となったと思ってるのではないでしょうか?

      ④ヒィルズ国と貿易が始まり、鎖国から開国への幕末明治のように見えますが、自分はちょっと江戸初期に見えます。
      長崎天草が世界遺産になって著者島崎晋氏の「ざんねんな日本史」のオランダのハッタリの記事がネットニュースで検索できます。
      これを読むと似てるなーと思いました。

      ピクシス司令が自分たちが世界をわかってないことをよちよち歩きの赤ん坊の例えましたが徳川幕閣も同じだなーと思います。
      オランダ側も莫大な利益を得ようとハッタリしたのと同様にヒィルズ国や財閥が利益を得たいために近づいてますし。

      迫害されたキリスタンも東洋人も似てますし、ポーランド戦を見てストーリー構成に関心した同様に世界遺産になった長崎天草なったことからタイムリーすぎてこの記事の本を読んでるのかなと妄想しました(笑)
      オランダの代表する魚はニシンですし。


      長文大変失礼致しました。
      アース団長様の感想が聞きたいです。

      • 管理人アース より:

        ①の立体機動装置伏線の回収という意味は、まさにですね!
        やはりあの立体機動装置はミケのだったのでしょう!
        そしてあのセリフは氷爆石の伏線だったのかもしれませんね!

        ③のヒストリアの表情に関しては同感です。
        無表情に感じますね。
        これがエレンに裏切られたと感じたからなのか、それとも子供の父のせいなのか…
        ただ少年誌でこの辺りをどこまで掘り下げるのかなとも感じます。
        「いい子クリスタに戻ったヒストリア」という展開になるのかもですが…

        ④の鎖国時代の日本とオランダの話は面白いですね!
        諫山先生も九州出身なので、この辺りも展開に影響しているかもですね!
        今後のパラディとヒィズルの関係も要注目ですね!



        管理人アース

    27. 今回は、進撃メンバーが ほぼほぼ
      “オールキャスト” で登場、と書いて
      しまいましたが、とんでもない!
      肝心な人物が居ないのを、見逃して
      いました。
      三笠 殿が すでにご指摘のように、
      アルミンが出てこないのです。
      そしてここから、重要な結論が思い
      浮かぶのです。

      そもそも、パラディ島の頭脳ともいう
      べき アルミンが、キヨミ様との会談と
      いう重要な席に出ていないのは、どう
      考えても おかしいのです。
      大勢の憲兵団や駐屯兵団の オッサン
      たちよりも、アルミンの方が どれだけ
      有能なことか。
      それに、あの好奇心旺盛なアルミンが、
      外国の要人の話に興味を示さない訳が
      ないのです。

      こうなった理由は 二つ-
      アルミンは 席から外されたのか、自ら
      出席を辞退したかです。
      前者の場合、キヨミ様やジークたちの
      深い陰謀を、アルミンが察知するのを
      イェレナが恐れて、アルミンを外したと
      思われます。

      また後者の場合、良からぬ謀略が降り
      かかる事をアルミンが予感し、避けたの
      ではないかと思います。
      アルミンは、重大な場面で 女装させら
      れたり、ゲスミンに変わったりと、過去に
      意外な役回りが回ってきています。

      今回も、超大胆予測ですが-
      “ヒストリアの子のパパ役”という、大変
      な役を任され、最後にご登場となったの
      ではないか?
      というのは、アルミンには 超大型巨人の
      継承という問題が ゆくゆく起きてきます。
      ので、子供は必要になってくる。
      あの言葉使いや 髪の色から、パパは
      アルミンという線も浮かんでくるのでは?

      ただし、アルミンが そうした前近代的な
      所業を選ぶのか? という疑問が残り
      ますが…

      • 管理人アース より:

        もしかしたらアルミンはずっとアニのところに…(;´Д`)



        管理人アース

    28. Tyrion より:

      考察というより、あんさんの漫画を見た感想やん笑

    29. ジイクピイク より:

      こんにちは、アース団長。
      いつもありがとうございますm(_ _)m

      既出かもですが、獣の巨人は継承した人に寄り姿や能力が変わるのかな、と思いました!
      ヒストリアさんが猿では可哀想です(T_T)
      白鳥のような羽のついたインスタ映えの巨人になるのでは?と思いました。

      • 管理人アース より:

        ヒストリアが獣を継承する展開が来るのかもですが、展開としては悲しいですが考察としてはかなり盛り上がりそうですね(・_・;)



        管理人アース

    30. コダヌキオタヌ より:

       二度目の続投を失礼します。コダヌキでございます。

       済みません、書き忘れていたので追加させて頂きました。
      先月号まで登場していた擬音の『カツオ』ですが、ミカサ
      が危惧していたように、アズマビト家によって彼女が
      『ダシ』に使われるという伏線だったのかもしれませんね。
      『オイ(追い)ガツオ』とも繋がります。
            カツオ→鰹節→オイガツオ→だし 
      という事だったのかと。

       何度も失礼いたしました。

      • 管理人アース より:

        面白いですね!
        全てが「ダシ」のためだったとしたら(笑)
        ゴンゾウはヒストリアの相手の名前とかだったらスゴいなとか思いました(笑)



        管理人アース

    31. 二度目の投稿 より:

      こんばんわ。まだ本を読めていない二度目の投稿です。
      個人的に一番の衝撃はヒストリアの妊娠だなぁと。数ある予想の一つでしたが、生々しくて。
      出産した後に獣を継承するつもりでしょうか。
      ところでジークは王家の血統の巨人の継続を条件としていましたが、始祖巨人の継承をどうするかは明らかになってませんでしたね。エレンも誰かに捕食させないと、時間稼出来ない訳ですがね。
      あと一つ。エレンの顔に巨人化の跡が出てたということは戦鎚の力で何かを出したという事では?
      と思いました。

      • 管理人アース より:

        >エレンも誰かに捕食させないと
        そうなんですよね。
        ただ前提としてヒストリアを巨人にしても良いなら、ヒストリアがエレンを捕食すれば最も早いですよね。
        これをジークが言わないのはやはり「兄弟愛」なのかなぁ・・・

        >エレンの顔に巨人化の跡が出てたということは戦鎚の力で何かを出した
        もしこの時に戦鎚の能力を使っているのならば、次回何か起こっているのかもですね!
        でもエレンは怪我をしている感じではなかったので、能力が使えたのかは疑問です。



        管理人アース

        • カツオ より:

          ヒストリアは始祖を継承できないですよ。不戦の契りに縛られてしまうから。

          王家が知性巨人になり、始祖の巨人と接触することが座標の鍵であり、始祖の巨人と王家の巨人はそれぞれ2人いないといけません。その条件が揃って初めて地均しという抑止力が生じます。そしてその抑止力を長期的に維持しようというのが、ジーク一派及びヒィズルの提案です。

          が、これがジークの真意ではないでしょう。

          ジークは自分の手でエルディアの呪われた歴史を終わらせようとしています。そのために、マーレの始祖奪還計画を強引に推し進め、パラディから考える余地を奪ったのです。今回の台詞から察するに、ジークが始祖奪還を急かしたことはパラディに知られていません。キヨミを介して提示した計画もあくまでパラディをのせるための建前。

          キヨミはただの強欲ババアで間違いないでしょう。ミカサに勘づかれるほどですし、ウドを救ったのも表面上の演出にすぎません。キヨミはあの後祭事で大量虐殺があることを知っており、自分はそのあとそそくさと撤退しました。本当にウドや子どもたちを救いたいなら、あの場から離れるよう指示するはずです。

          目先の面倒から目を背けただけですよ。そして今目先の欲に目を奪われ涎を垂らしている。ロクな死に方しないでしょうね

          • 管理人アース より:

            >不戦の契りに縛られてしまうから。
            仰る通りです。うっかりしていました(;´Д`)

            キヨミ様のポジション、これから要注意ですね!




            管理人アース

    32. リヴァイ料理長 より:

      こんばんは!
      考察ご苦労さまです。

      今回もなかなかの衝撃回でした。

      ジークは、恐らくキヨミ様も利用する気だと思います。
      ジークとキヨミ様の密会での、ジークの語り。
      エルディア復権派としながらもマーレ軍で地位を得て、エルディア人を殺し続けた。
      これは、なんだかクルーガーを思い出します。

      エレンとハンジさんの牢屋での会話から始まり、キヨミ様との会談の回想シーンを挟み、また牢屋へ戻って「別のやり方はまだ見つかってなかった」。
      会談の時と正反対のことをエレンはしでかしているので、エレンとジークの間で会談のあと、調査兵団の知らないところで大きな出来事があったと思います。

      そして、傷を作らずに巨人の力を使えそうなエレン。

      その後、銃を向けられるイェレナ達。

      既に仰っている方がいますが、マーレにとっても戦士達にとってもパラディ島にとっても救いようの無い展開になりそうな予感しかしません。
      最後のヒストリアも、妊娠していますがフリーダを思い起こさせる雰囲気があります。
      ヒストリアの妊娠はエレンが帰ってきてからそんなに時間は経っていないと思いますが、あの感じだと最低6ヶ月ぐらいかな?(もしかしたらもっとかも)と思います。

      今回で、かなり時間軸が飛んだり戻ったりしていて、分かりにくいので1度団長に整理して頂きたいです。

      また、この前チラッとアニが出てきましたが再びスルーされていてかなり長いことアニは謎に包まれています。
      これも、既に囁かれていますがアニが何か重要なカギを握っているのでは?とも思いました。

      • 管理人アース より:

        >アニが何か重要なカギを握っているのでは?
        何となくですが、今後アルミンとアニで何か展開が起こるような気がしますね!
        もしかしたら、現在のエレンの方向性が間違っていることを指摘し戻させるのはアニなのかもですね!



        管理人アース

    33. オニャンコファン より:

      こんばんわ。
      ヒストリア妊娠。マジですかね・・・
      お腹なんて服の下に何か入れれば大きくできるし、
      声をかけてた男が夫とも限らない。

      実は欺くためのフェイクでしたという結末もありえないですかねぇ・・・
      信じたくない願望からかもしれませんが。


      ところで王家の血を絶やさないのなら
      ジークの子を一般女性に産ませた方が効率よいでしょうに。
      ジークは巨大樹の森にジークハーレムつくればokなんじゃないと思ってしまいます。

      • 管理人アース より:

        >お腹なんて服の下に何か入れれば大きくできるし、
        >声をかけてた男が夫とも限らない。
        たしかに!
        次回108話冒頭で、お腹から枕を出すヒストリアが登場するかもです!(笑)

        >ジークハーレムつくればokなんじゃないと
        おそらくですが、今後レイス家のように王家一家がパラディ島を治めるとしたら、ジークよりもヒストリアの血統の方が求心力があるからかなと思われます!



        管理人アース

    34. PANDA より:

      最新話掲載&考察
      ありがとうございます!
      そしてお疲れ様でした

      今回もまた違った意味で
      激動ですね〜
      物凄い駆け足で物語をなぞっている感じ

      今回はお礼&感謝だけ伝えたかったのでこれにて。
      今夜は別マガを枕に、ゆっくりと良質な睡眠をとってくださいね╰(*´︶`*)╯
      団長が夢の中で進撃の世界に入れますように

      • 管理人アース より:

        ありがとうございます!
        昨日は8時間くらい一気に眠りました(笑)

        >物凄い駆け足で物語をなぞっている感じ
        全くの同感です。
        これまで管理人アースは「パラディ島3年間編」「東洋の一族編」「ジークとの最終決戦編」という感じで展開を予想していましたが、どうやら「3年間編」と「東洋の一族編」が同時に来ている感じなので、次は一気に最終決戦編になるのかもと感じています。
        もしくは「ライナーとの最終決戦編」「ジークとの最終決戦編」となるか…

        どちらにしろ、ちょっと急ぎ足で物語を進めようとしているなと感じますね!



        管理人アース

    35. 三笠 より:

      何度もすみません。
      こんな大事な話し合いにアルミンがいないことが不自然でなりません。
      思うにエレンゲリオンと交代で港を守っているのでは?と考えています。
      そして、刺青ですが、三つの刀?ということはヒィズルは3つの団体から成るのでしょうかね?
      アズマビト、アッカーマン、フリッツ?
      なのでしょうか?
      アズマビトは東人ですよね?
      アッカーマンは赤マン?
      フリッツは普通人?
      なんのことやらですみませんが、斜めに考察してみました。

      • 三笠 殿
        今回も いろいろ重要な事があった中、
        アルミンがそこに居ないのは、最大の
        謎だと思います。

        現時点なら、その理由が分かります。
        きっと、“アニ菩薩像”の前で 座禅瞑想
        しているのでしょう。
        しかし、キヨミ様がやって来た 2年前
        から ずっと座禅瞑想中なのか?
        それは有り得ないと思います。

        仰るような 港の警備とかは、オッサン
        たちに任せて、それよりもキヨミ様の話
        に参加することの方が、よっぽど大事
        だと思います。
        とにかく 大事な席では、エレン、ミカサ、
        アルミンの3人トリオは一緒に居たのに、
        アルミンが居ないのは どうにも謎です。
        また新たな謎を、作者がさり気なく吹っ
        かけてきたなという思いです。

      • 管理人アース より:

        アルミン不在は不自然ですよね。
        理由は分かりませんが、今後の何かの伏線かもですね!



        管理人アース

    36. ハンジ班志望 より:

      アースさんこんばんは!
      私はヒストリアの妊婦姿が1番衝撃でした!!

      そして、獣はヒストリアが継ぐつもりでも、憲兵やらまわりが産まれた子供に継がせそうに感じます。
      壁が壊される前から生きていて、王の素質もある女王、国に必要な人材であり、ツライですがエレンの言う通り、家畜のようにうまされる存在に。。。残酷すぎますが。

      擬音のペリエですが、ワインであるんですか?私は炭酸水のペリエが最初に浮かびました!

      エレンの傷もないのに巨人化痕がでたハンジさんとのシーンは、私は始祖の能力だと思いました。1番最初のペチンもそうでしたが、始祖は巨人化も人の姿のままでも能力がつかえて、道そのものなのかな、それに硬質化の戦鎚と自由のために戦う進撃も始祖のチカラで人のままでも能力を使えるのではないでしょうか。

      ミカサが将軍家の血縁なら、全て終わった後のミカサの帰る家になるのでしょうか。

      しかしアルミンが上をいく発想でいま何をしているのか気になります!次回アルミンとアニの回だといいなーと思っています。

      お疲れ様です!おやすみなさい。

      • 管理人アース より:

        >炭酸水のペリエが最初に浮かびました!
        スプライトみたなやつですよね!
        こちらもありますね!
        先月の巻末コメントからワインかなと連想しましたが、炭酸水の方もあるかもです!

        >次回アルミンとアニの回だといいなー
        本当ですね!
        今回女型が未登場だったので、本当に焦らすなと(笑)
        次回、アルミンと一緒に登場してくれたら嬉しいですよ!



        管理人アース

    37. 兵長の寝室掃除係 より:

      アース隊長、更新お疲れ様です。

      今回は考える事が山積み回ですね。
      それは後日に回すとして。
      今回一番心に残った言葉は、コニーがサシャを双子の片割れのようなものだったと言っていた事です。
      ずっと二人で馬鹿をやって皆を和ませてきましたもんね。
      死亡した後に家族が登場するメインキャラは実は初めてでしょうか?
      コニーの母親巨人はどうなったんでしょうね……。

      • 管理人アース より:

        >死亡した後に家族が登場するメインキャラは実は初めてでしょうか?
        ですね!
        アニメでは旧リヴァイ班メンバーの家族が登場したと思いますが、原作では初めてかなと。
        諫山先生のサシャへの気持ちを感じます(´;ω;`)


        管理人アース

    38. トーマス好き より:

      ハンジの何で私なんか団長にしたが気になりました。

      アルミンか誰かに団長を譲る伏線でしょうか。

      • 管理人アース より:

        これは愚痴みたいな独白でしょう!
        ハンジの辛い気持ちを感じますよ!



        管理人アース

    39. マミー より:

      グリシャがあの処刑場である堤防までやって来なければ進撃が壁内に侵入することはなかった点を考えると、
      密告時のジークとクルーガーは既になんらかの接点を持っていたのでは?と思えてなりません。

      個人的に気になるのは今後のファルコですね。
      初登場時の演出といい名前といい、作品のモチーフのひとつである「翼」を連想させるキャラクターであり、
      しかも飛行船に乗りパラディ側(「翼」=調査兵団)の手の内に来てしまいました。
      ガビとは違い一歩引いた目線で物事を観察でき、エルディア人を戦争から解放したいという信念もあるキャラクターですから今後調査兵団と手を組む可能性も十分あるかなと思っています。

      • 管理人アース より:

        ジークとクルーガーの接点は気になりますね!
        この二人はけっこう重なるので、あるかもです。

        ファルコの今後の展開は要注目だと思います!



        管理人アース

    40. 住吉夢物語 より:

      すみません。二度目の投稿です。
      とうとうヒィズル国が前面に出て来たので、頭の中で次々と妄想してしまいました。
      なので、ヒィズル国に関する言葉で連想ゲームを少し…。
      ①アズマビト→東人→吾妻鏡→蝦夷・毛人→清見(キヨミ)の関→清見寺→徳川家康(将軍)の手習い。
      ②東人→東漢氏→坂上田村麻呂(将軍)→清水寺(キヨミずでら)。
      ③三つ組筋違い(家紋)→木組が刀の考察→刀ではなく折りたたんだ傘→三つ傘→ミカサ。

      もう言葉の連想ゲームが止まらなくなりそうです。

      • 管理人アース より:

        三つ傘からのミカサは面白いですね!
        ただ、あの家紋が三つ組筋違いというのは単に管理人アースの考察ですので!
        もしかしたら、ネットで良く見かけたアップルかもです(・_・;)



        管理人アース

    41. 摩訶般若波羅蜜般若心経 より:

      アースさん早いな〜
      9日まで俺はネット断ちするつもりが見に来ちゃいました。
      ミカサが将軍家の末裔なのはある程度予想出来てましたが、キヨミ様が財閥と呼ばれてるのは予想外でしたね。
      ヒィズル国は偶にSFに出てくるような企業国家なんでしょうか?
      単純に「政財界の大物」と言う意味かも知れませんが。
      今月は多くのキャラに急展開で目が離せませんね、考察記事読むのが楽しみです。

      • 管理人アース より:

        >キヨミ様が財閥と呼ばれてるのは予想外
        これ、今後も何か展開に絡んでくるのかもですね。
        もしかしたら調査兵団の飛行船を提供したのは、アズマビト財閥かもですね!



        管理人アース

    42. 第4住宅 より:

      ヒィズルの将軍家子息のみがエルディアに取り残されたのならば、その子孫は純粋の東洋人でなくなります。ですが、私の記憶違いかもしれませんが、ミカサの母親は純粋な東洋人であるという話がどこかにありませんでしたでしょうか。

      また、自分の両親をお遊びグループと言ってのけるジークが素直にエルディア復権の夢を現在のパラディの政治体制やヒストリアを信じて託すというのは私には信じられません。やはり、彼の秘策は、彼らやヒィズルを騙して利用し自分の「任期」内に決着を付けるためのものだと思います。

      • 管理人アース より:

        「将軍家の忘れ形見は この島に取り残された」とあるので、一人だけかどうかは未確定ですね。
        純粋な東洋人というのは、ミカサの両親を殺した盗賊が言っていました。

        >彼の秘策は、彼らやヒィズルを騙して利用し自分の「任期」内に決着を付けるためのものだと
        同感ですね!
        ジークにはまだ何か真の狙いがありそうですよ!



        管理人アース

        • 第4住宅 より:

          団長様

          確かに、将軍の子息が一人で逗留するというのは考えにくいですね。身の回りの世話をする人も必要でしょうし、複数人居て、それが「東洋の一族」となっていったというほうがしっくり来ます。失礼しました。

    43. 考察初心者🔰 より:

      管理人様♪更新、ありがとうこざいます😊

      いや〜〜😅😅😅
      怒涛の展開すぎて…
      どこの場面の何を根拠に妄想を膨らまそうか😅

      ソコから悩んでる状況です😅

      個人的にはライナーの目覚める場面の妄想が、的中したのが嬉しかったですね〜✨

      そんな中で…
      やっぱり今後の展開で重要な鍵になるのはヒストリア妊娠❗️ですかね😱

      自分はエレンが強硬策を実行した背景は、ヒストリアをかつてのレイス家当主と同じ様にしようとする勢力(ザックレー❓ピクシス❓)への反発が直接の動機では❓

      と考えてます😀🙃😀🙃
      アルミンも…消極的ながら大局を見て❗️やむ無し❗️

      の意見なのかな❓
      とか妄想してます😆

    44. アルミン不在の謎に、一つの可能性が
      見えてきました。
      それは、ザックレーと共に ヒィズル国に
      行っていたのです。

      キヨミ様が ヒィズル国から来訪したのと
      引きかえに、パラディ島の全権である
      ザックレーのサポートとして、アルミンが
      ヒィズル国を訪れた。
      これは パラディ島とヒィズル国との 外交
      成立の一環として、有り得ることと思うの
      です。

      この時、アルミンは東洋の文化に触れ、
      座禅瞑想を学んだのだと思います。
      その他にも、東洋の文化から アルミンは
      影響を受けたと思われます。
      次回、アルミンから見た ヒィズル国の姿
      が描かれる。 そんな期待もできるのでは
      ないかと思います。

    45. 久しぶりの巨人 より:

      考察ではなく感想ですがたぶんまだ恋愛感情について自覚の少ないコニーにとって家族に関する情の方が重いと感じていました。
      コニーがサシャのことを双子と言ったのは個人的には恋愛感情よりも強い繋がりを感じました。
      コニーにとって半身をもぎ取られたに等しい表現だったと思います。
      サシャは感情面でマーレとの架け橋に一番なれたと思います。 
      そのサシャを喪ったというのはコニーだけの問題ではなくなったなと思いました。

    46. 恥垢種 より:

      アース団長、107話更新ありがとうございます。
      やはり、エレンはヒストリアを犠牲にすることに反対だったんですね。
      しかし、代案が出されることなく、時間が浪費され、仕方なく行動に出たというところでしょう。
      それが、ハンジに対する怒りの態度だし、あれの半分は代案を出せない自分に向けての苛立ちと見ます。決して純粋なタカ派とは言えないですね。
      そして、エレンの行動をヒキガネにして、(要はパラディもジーク案の方に舵を切った)ヒストリアはエルディア人の為に、自らを子を産むマシーンとして、犠牲になっているのでしょう。この後には、獣を引き継ぐ役割も残っていますが、元々、自殺願望のある彼女としては、任期が13年は望むところかもしれないですね。
      あー、お相手は私も、貴族家から充てがわれてると見ています。特に愛情は必要無いので、国民が納得できる相手と言う意味で。
      さて、ジーク-ヒィズル路線どおりに進むのでしょうか?
      まだまだ、パラディも疑心暗鬼だし、ガビは暴れるし、ジークも単純にヒストリアに継承させるか、わからないし。エレンの「戦え」(諸外国と、パラディ幹部と、どっちも?その他と)もわからないし、まだまだ、読めないですね。

      • A-11 より:

        > あー、お相手は私も、貴族家から充てがわれてると見ています。特に愛情は必要無いので、国民が納得できる相手と言う意味で。
        問題は、現エルディア王国は革命によって前政権から交代した体制だと言うことです。
        すなわち、身分制度が前政権からひっくり返っています。
        例えば、前政権での「貴族」は現政権ではザックレー総統の芸術作品の材料にしかならない大罪人です。
        女王陛下に見せることすら憚られるでしょう。
        逆に「現政権に於ける、出自がつまびらかなお方」とは、前政権では体制を転覆しようと企むテロ組織のことです。例えば、偶々革命で命拾いした死刑囚・故エルヴィン率いる反逆組織・調査兵団とか。

        すなわち「現政権での貴族」とはザックレー率いる兵団のことであり、その中でも精強で知られ、革命の発端となった調査兵団は貴族中の貴族となります。
        女王陛下の婿は、この貴族の鑑である調査兵団から選ばれているはずです。
        シガンシナ区奪還戦で調査兵団は8人に減っているので、あのフロックが陛下の婿上位5人に入っていることになります。

        まあ、「王家の血を引く巨人」がらみで陛下を泣かせ、政略問題を使わずにヒストリアの心を窃盗済みっぽいエレンも調査兵団です。
        なので、フロックの出る幕はないはずですが…。

    47. ジャン・ラーメン・キリシュタイン より:

      アース様 考察お疲れ様です。

      ジャン・ラーメン・キリシュタインでございます。


      107話でエレンがヒストリアが巨人化することに強く反対するシーンを見て、97話のエレンとファルコが病院で話すシーンを思い出しました。

      ファルコがガビに恋心を抱いていることをエレンが察して「それは女の子か?」と言ったのは、恋愛に鈍感なエレンにしてはらしくない言葉だと感じたのを覚えています。

      これはエレンが実はヒストリアに恋心を抱いていて、ファルコも同じではないかと思ったからではないでしょうか。

      それとも恋心があるかないかとは別に、女の子を守りたいという部分に共感したからでしょうか。


      どちらにしてもミカサが黙っていないような気がしますよ、、、!笑

    48. モブリッティ より:

      アースさん、最新話の考察をありがとうございます!
      ジークの計画が見えてきましたが、まだ鵜呑みにしちゃダメそうですね。
      ジークがどんなに賢かったとしても、7歳の子が両親を含めたエルディア復権派を独断でバッサリ切り捨てられるとはとても思えないです。
      メンタルサポートも含めて誰かが「君は何がなんでも生き残らなければいけない王家の末裔なんだ」と囁いていたと予想します。
      また、ジークの考える復権には、彼の考える理想のもとに切り捨てられるものが沢山ありそうです。
      そのへんの本音はリヴァイが吐かせてくれるのでは・・・と期待します。
      あと、誰か王家の血を引く人間が巨人にならなければ地ならしの発動要件を維持できないので、ジークかヒストリアが子作りをするという予想はしていましたが、ヒストリアでしたか・・・。
      100%政略よりはいっそ相手がエレンだったらまだマシなのと、ヒストリア妊娠がきっかけでエレンが自分の寿命のあるうちにパラディ島から脅威を排除したいと焦って行動したというなら、若いなぁ、と思いながらも主人公だなぁ、と納得できなくもないのですが、これまた希望的観測に終わっちゃうかな。
      ヒストリアには最後は幸せになって欲しいです。

    49. 二度目の投稿 より:

      こんにちわ。度々すみません。
      ハンジとエレンの会話。
      エレンが島を飛び出したのは、案外ヒストリアの妊娠かもと思いました。
      ヒストリアがエレンには本心を話した。
      「本当は巨人にもなりたくないし、エレンの子供を産みたかった。でも女王として、仕方なかった」と。
      そうすると島を出たのは5〜8ケ月前?ちょうど戦争終局でワチャワチャしてた時で、タイミング的にも合うかなと。
      しかし、
      今のエレンの状態は戦鎚もしくは3体目の捕食の影響だと思ってます。顔の巨人化跡も力を使ったというより、スティグマの類かもですね。
      だんだん「人」を維持できなくなるのでは?と怖くなります。そしてそれはジークの誤算の一つでもある。
      最後にハンジの「エッチ!」発言は笑いましたね。女らしさなど見せた事がなく男と間違われるキャラなのに、やっぱ女なんだ!って(笑)

    50. 耳鳥さい より:

      もしかしたら関係ない話かもしれませんが、

      97話でファルコとエレンが会話するシーンで、「ガビをマーレの戦士にさせたくない」というファルコの発言から

      エレンが「その優秀な候補生は女の子か?」と聞いたシーンがあり、あの恋愛感情にニブいエレンがついに、、、というようなフリがありましたが

      今回の回想から、エレンはヒストリアが獣の巨人を継承する提案に反対していたことがわかりました。

      ファルコ
      -ガビを巨人にさせたくない

      エレン
      -ヒストリアを巨人にさせたくない

      と対比になってるため

      エレンに「その優秀な候補生は女の子か?」と発言させたのかなと思いました。

      ファルコみたいにエレンがヒストリアに恋愛感情があるのかはわかりませんが。

      • 管理人アース より:

        この予想、けっこう見られますね!
        ちょっと別記事で考察したいですよ!


        管理人アース

    51. ズィーク より:

      今回もお疲れ様です!

      さて、今回ミカサの右腕の証とヒィズル国の関係性について分かりました。まさか将軍様のボンボン家系だったとは(笑)

      アッカーマン家=ヒィズル国の民だとするなら、以前ウーリがケニーに対して言ったアッカーマン家への仕打ちについて明らかになりましたね!

      始祖側と同盟を組んでいたヒィズル国を世界的な敗戦国としてしまったことと始祖の洗脳が効かないが故の迫害がその仕打ちなのでしょうか。

      そして、アッカーマン家に対して始祖の洗脳が効かないのにも納得ができました。エルディア人ではないヒィズル国の民は巨人になれず、結果として洗脳が効かなかったのでしょう。アルミンに巨人を継承する時候補者にリヴァイやミカサが挙がらなくて良かったですね(笑)。

    52. 兵長の寝室掃除係 より:

      ヒストリアは子どもが男でも女でも、名前を「ユミル」にしそうだなと……ふと思いました。

    53. ひょっとこ巨人 より:

      いつも楽しく拝見しております。

      牢でのエレンの巨人化の痕は、地下深くに幽閉されている結晶化アニを、戦鎚の巨人の武器で壊すためじゃないかと。

      時系列がややこしい今話ですが、アルミンが全く出て来ないのは、キヨミ様来訪時はご指摘のあったザックレー総統とヒィズル国に行っていたっぽく、そしてハンジとエレンが牢で会話している時は、ヒィズル国で教えてもらった座禅をしながら戦鎚の巨人の能力も継承したエレン巨人、この時は戦鎚の巨人の武器を待っていて、結晶化アニの結晶を壊す段取りではないかな、と妄想。

      伏線を回収しつつ、新たな疑問・伏線を配置していく様こそ、進撃の巨人の絶大に面白いところです!

    54. ケール より:

      アース様、初めまして。ケーゼと申します。いつも楽しみに記事、拝読しております。
      私は今回、恋愛展開について驚きの連続であり、アース様のお考えをききたいと感じました。

      一つ目は、エレンのヒストリアに対する気持ちです。ジークの計画は受け入れられないと述べた後、うつむいているエレンですが、私には初見時、頬を少し赤らめ、きまりが悪そうに照れている?ように見え、かなり驚きました。そして、その横顔をしっかりと見るハンジ。それがハンジの言う「確信」であり、エレンがヒストリアを犠牲にすることはないと考えた理由ではないかと思うのです。エレンが彼女に片思いしていれば、ガビを鎧にしたくないファルコの気持ち(恋心)を理解したことにも納得いきます。

      二つ目、対するヒストリアの気持ちですが、ミカサに印をエレンにだけ見せたことを問う場面で、ミカサのエレンへの片思いを理解し、からかっているように見えました。仲の良い女の子同士の恋バナのような。つまり、ヒストリアにエレンへの恋心はないように感じました。
      一方のミカサは「家族だから」と答えてもいいのに困るということは、それ以上の気持ちがあるのでは?と思います。幼いミカサが、エレンとの温かい家庭を築く未来を無意識に想像し、見せたのではないか…と妄想します。
      本編の展開に直接関係ないことかもしれませんが、三人の思いの行方が気になります。大変長々と失礼しました。

      • 管理人アース より:

        >頬を少し赤らめ、きまりが悪そうに照れている?ように見え、かなり驚きました。
        言われて見返してみると、そのようにも見えますね。
        やはり、恋愛感情から…なのでしょうか?(・_・;)

        これ、別記事で考察したいですよ!



        管理人アース

    55. 双子座流星群 より:

      今回はヒストリアが悲劇のヒロインですね。
      「お姫様仲間」(ミカサ)の出現をあれほど喜んだ直後に突きつけられた運命の要求。
      「強欲ババア」と酷評(もっとも私もあの「涎」には幻滅しましたが)されたキヨミ様も、さすがに不憫で目をそらしていました。

      ヒストリアの妊娠は、結局パラディ側には代案がなく、ジーク・キヨミ提案の線に従って事態が進んでいることを示しているのでしょう。
      子どもの父親ですが、ピークたちを落とし穴に落とした「顎髭マーレ兵」の際に見られたように、読者の皆さんには既知のキャラを代入しようとするバイアスがあるようです。
      単純にヒストリアに声をかけた男性が夫君であり、兵団上層部の眼鏡にかなった(=無難な)貴族の御曹司があてがわれた、と見るのが自然でしょう。
      彼には台詞に見られる程度の優しさを示すことはできても、運命の苛酷さに対する絶望感からヒストリアを救うほどの力(愛)はない、といったところでしょうか。

      ヒストリアの自己犠牲は後続世代のため、ということになりますが、エレンが主人公である以上、少なくとも彼の寿命の間にすべての物語が完結する筈なので、なおさら彼女が気の毒です。
      また、どなたかご指摘のとおり、おそらくジークも自分の寿命のうちに決着をつける積もりかもしれません。
      だとすると、ジーク・キヨミ提案の第一段階、すなわち「地鳴らしの実験的活用」で巨人化したジークとエレンとが最初に接触した時点で何かが起こるのでしょう。
      ジークにはパラディにもキヨミ様にもまだ明かしていない秘密(切り札)がある可能性があります。
      おそらくピクシスやリヴァイはそれを警戒しており、次回あたり「巨大樹ホテル」でリヴァイがジークにその辺を尋問・追及するのかもしれません。

      あと気になるのは「野に放たれたガビ」です。
      「高い戦闘能力とただの子どもとしての外見」のもつ危険さは「僕の地球を守って」の「小林輪」を連想します。
      ガビは自分のそうした利点を十分に知っており、スラバ要塞の時も今回の脱獄の時もこれを利用しています。
      おそらく今後正真正銘の「悪魔的な所行」を重ねるのではないかと危惧します。
      無論「良心」であるファルコがついてはいるのですが、とても制御できないでしょう。
      それでも、彼女に「回心」―自分の悪魔性を直視する瞬間―がおとずれるのではないか、との予感もあります。
      その時は「自殺」などという形で安易に逃げないで欲しいと今から思っております。

      • 管理人アース より:

        >高い戦闘能力とただの子どもとしての外見」のもつ危険さは「僕の地球を守って」の「小林輪」を連想
        これ、笑ってしまいました(笑)
        たしかに言われてみれば…となると調査兵団産のミクロ役が相手になるのか(笑)
        ガビの今後の動き、気になりますね!



        管理人アース

    56. ライナーはきっと俺たちの仲間に帰ってくる より:

      今回も、怒涛の回収回でしたね。
      サシャの墓参りするニコロには泣けました。

      ところで、ジークがまだ隠ていることの一つに、「巨人化学の副産物アッカーマン」がありますよ!

      もしかすると、アッカーマンの力を封じ込める方法とかがあったりして!!

      その機会をうかがっているように思えてなりません。

      そして、物語の終わりの近さも感じられて寂しいです。

    57. ぷちゃこ より:

      王家の血筋の子が欲しいのなら、ヒストリアに産ませるよりも、ジークの子どもを作った方が、はるかに効率がいいと思うのですが。

      • 管理人アース より:

        おそらくこの中から次代の王が選ばれると思われるので、そう考えるとジークの子供よりもヒストリアの子供の方が求心力があるからかなと妄想します。



        管理人アース

    58. 普通の東洋人。 より:

      最後の場面でヒストリアに声をかけた男性、私も新聞記者のピュレ君かと思いました。
      貴族など、壁内の名のある家柄の方々は

      • 管理人アース より:

        >私も新聞記者のピュレ君かと
        たしかに後ろ姿が似ていますよね。
        正義感は強いですが・・・もしそうならスゴい展開ですよね!



        管理人アース

    59. 皆さん、第107話に熱くなり過ぎて、
      大事なことを お忘れでないですか?
      そう、本日(正しくは 9日 0時10分)
      NHKにて、劇場版アニメ
      「自由の翼」が放映されます。
      熱い展開に酔いしれましょう。

    60. 普通の東洋人。 より:

      途中で送信してしまいました(◎-◎;)
      内地の実力者たちは、ほとんどエルディア人以外の民族だったはずなので、一介のサラリーマン(?)だとしても、エルディア人であれば特に問題ないのでは。
      ライナーのように父親がマーレ人でも、エルディア人の特徴を受け継ぐという事実は知られていないですし。
      そしてハンジさん…「エッチ」って言葉久しぶりに聞きました。 諫山先生は本当に31歳なんでしょうか、時々昭和のセンスらしき匂いが…(,,・д・)

    61. 久しぶりの巨人 より:

      そういえば嘘予告でヒストリアが羽の生えた巨人になってたので獣の巨人を継承して選べるなら可能性がありますね。
      羽をつけた理由が運命からの逃避とかだったら切ないなと感じました。
      そうするとコニーとミカサにも可能性が出てしまいますが。
      あとヒストリアが子供を犠牲にする運命を強要されることに対してエレンが怒った理由は命がけで子供を守ったカルラの思いが根底にあるのではないでしょうか。

    62. seesawの巨人 より:

      こんにちは。いつも団長始め、皆様の鋭い考察に唸らされております。「ゴンゾウ」ですが、単純に「鬼瓦権造」で、ジークの髭面が鬼瓦権造みたいと言う事では?と考察(?)しました。

      これからも、団長他皆様の
      鋭い考察を期待しております!!!

    63. りゔたん より:

      お疲れ様です。
      こちらでは御無沙汰いたしております。

      最後の1コマに絶叫しそうになりましたが、長年の伏線回収等今月も既に頭を抱えております^^;

      今回回収された伏線は特に感慨深いものがありますが、毎月新しい謎が…既出もあるでしょうが、その点ご容赦を。

      ・ヒィズル国&キヨミ様
      何故敗戦国となり、国際的な立場が弱くなったヒィズル国にヴィリーは礼節を持って接していたのか。
      107話(団長の記事)を読んで、島での出来事を共有しているから、という可能性を思いつきました。
      国内情勢に関しては、将軍が国主を兼ねていたのか、アズマビト一族が国の大部分を占めているのか、国内に対抗勢力がいるのか、100年経っていても何故ミカサを欲しがるのか等、非常に気になります。

      ・ヒストリア
      獣を継承する理由を考えてみましたが、ジークからの記憶継承を確実にしたい、という程度の理由しか思いつきませんでした。
      もしかしたら、巨人化するか、子供を産むかの選択があったのかもしれませんね。
      ヒストリアに獣は…と思っています(ヒストリアの子供ならいいのか、というわけではありませんが)
      ヒストリアがミカサの腕に抱きつき嬉しそうにしているシーンは、ヒストリアのプレッシャーがさりげなく描かれていて、冠する者の背負う重さと孤独を感じました。

      ジークの話からですが、氷瀑石(資源)の事をマーレはずっと知っていたという事ですが…大地の悪魔、かつてのマーレかもしれませんね。
      その資源を得る為に巨人を創ったのではないか、とか。
      地鳴らしで50年の時間を稼いだとしても、100年進んだ文明を持つ外界はまた50年文明を進めるのではないでしょうか。
      そこからも、ジークは任期内に全てに決着をつけるつもりだと考えます。

      • 管理人アース より:

        >もしかしたら、巨人化するか、子供を産むかの選択があったのかも
        王家の血統の巨人継承者を50年維持するためなので、巨人化能力者となり13年の寿命になったとしても子供は作れるので、これもアリかもですね。

        >ジークは任期内に全てに決着をつけるつもりだと
        管理人アースも同感です!



        管理人アース

    64. knight より:

      ストーリーには直接関係ないですが、効果音の「ゴチンコ」には笑わせていただきました。ゴチンコは「魔方陣グルグル」に登場したチョイ役のオッサンの名前です。諫山先生がこのキャラをご存じなのか、たまたま効果音が一致したのかはわかりませんが…。

      • 管理人アース より:

        >ゴチンコは「魔方陣グルグル」に登場したチョイ役のオッサンの名前です
        おお、そうなんですね!
        おそらくここから来ているのでしょう!チョイ役ですし(笑)
        情報ありがとうございます!



        管理人アース

    65. ミドルフィンガー より:

      お疲れ様です!

      え、全然わかんないんですけど最後の男ってLOST GIRLS2巻に出てくる鏡男じゃないですかね?
      頭のやつ帽子じゃなくて仮面じゃね?ww

    66. ミドルフィンガー より:

      2度も申し訳ないです
      鏡男の「自分の属する場所に帰るんだ」からこいつはヒィズル国の人だと考えられますね。

      そして、鏡男は本当に催眠術師でこの物語(Lost Girls)はループじゃなくて催眠だったりして。
      あくまでも可能性ですけどね
      自分はループ信者なんでw

    67. ひざ より:

      ヒストリアが妊娠したと知ったら、ライナーとユミル発狂ですね(笑)

    68. ポテト より:

      単行本派のため画像初見の印象なのですが、最後のヒストリアが表情故かアニに見えてしまいました…
      男性がアルミンにも見えてしまって…。
      ヒストリアが、本当にこんなことになっているのならユミルも辛すぎますね。

      • 管理人アース より:

        ユミルの「胸を張って生きろ」に反する展開と考えると、ユミルがいたら怒るかな、と思いますね。



        管理人アース

    69. pp-Man より:

      巨人化痕の謎

      エレンが12巻で、始祖の力を発動した時に巨人化痕は消えていたのに発動タイミングで巨人化痕が復活、これは漫画だけではなくアニメでも同じく描写されていて、巨人化痕が出るときの状況をまとめると、
      ・巨人化時
      ・座標(叫び)発動時
      ・107話のハンジとの口論(脅し)

      1つ目に関しては他の能力者同様、うなじから切り離される時の痕のように感じますが、不可解なのが2つ目。
      巨人化していないのに(おそらく)うなじから引き離した痕がある事、

      2つ目の事例からあの痕は巨人化能力者が、巨人の能力(※巨人化以外を含む)を発動する時に出てくるものと思われる

      ※人間体での硬質化(発動可能か不明)や叫びの能力、

      しかし、ジークは月光の巨人を作成する時(92話)に巨人化痕が出ていなかった
      エレンは「始祖の巨人」を所持し、ジークは「王家の血を引き継いでいる」この点に差異が出ていると思われる。
      今回のハンジとの口論の際に現れたのはセリフ的に「巨人化してやろうか!?」的な脅しのニュアンスで捉えられるが、「叫び」発動時も出ているのでもしかしたら他の能力を隠し持ってる可能性もあり、
      始祖の巨人の能力は

      ・他の巨人を操る
      ・一定の種族(明言されてる箇所無しおそらくユミルの民)の記憶改竄
      ・思想継承

      などありますが、限定的にであったとしても巨人を操る能力を発動できたのであれば他の能力を発動できる可能性ももちろん含めているでしょう。

      あの場合なら記憶改竄なんかでハンジを黙らせるとかも手ですが、王家がいないので発動はできなかったのでまぁ、「巨人化してやるぞ!?」のニュアンスで合ってるでしょう

      そして、次に不可解なのが巨人の能力によって巨人化痕が違う事、あれはうなじから引き剥がされたときの痕(と思われる)ので、普通に考えたらみんな同じ形になるはずですが、鎧ならギザギザ…みたいなエレンとはちがう形になっています、それにライナー達は顔の形が巨人化時にその巨人体の顔のパーツのようになっています

      ライナー→顎が角ばってる
      ポルコ→曲線のやつ
      ベルトルト→筋肉むき出し筋の部分まで同じ形状

      だとしたらエレンはなぜ通常のように肉から離された痕みたいになってるだけなんでしょうか、そりゃエレンの巨人は顔の見た目が歯が二段階になってる以外は通常の巨人と同じなので特徴はありませんが、だとしたら毛が生えてる「獣」のジークがエレンと同じ模様で、「エレンと同じく特徴のない巨人体」のユミルがエレンとはちがう細かい模様になっているのが謎です
      ジークの件からして血縁関係とも考えられますが、ウーリも同じでした

      エレンが継承していた「始祖」の3代前の継承者のウーリは上記に書いたとおりケニーと出会った時にエレンと同じ模様を持っており、「進撃」の2代前のクルーガーもエレン(イェーガー)と同じ模様でした、ではエレンの今の模様は「始祖」と「進撃」どちらが反映されているのでしょうか他の巨人の上位に立つ「始祖」だと思います個人的には


      ・ちがう巨人「始祖」「進撃」「獣」が同じ模様の理由

      ・同じ「顎」でもポルコとユミルで違う理由

      ・「獣」は外見的特徴があるのにもかかわらずなぜエレンと同じなのか

      ・そもそもなぜ巨人体の顔と似せた形状になる個体があるのか

      そして最初に書いた
      ・巨人化痕がどういった時に出るのか

      これが個人的に思う巨人化痕の謎です。
      「耳の形」と同じくらい興味深いです

      • 管理人アース より:

        >巨人化痕がどういった時に出るのか
        これ、また考察したいですよ!



        管理人アース

    70. 女神親衛隊 より:

      もしヒストリアが子供に「ユミル」って名付けたらと妄想するとたまらない気持ちになります

      • 管理人アース より:

        このコメントいくつら見られますが、たまんないですね(泣)



        管理人アース

    71. myki より:

      既出だったらすみません、ミカサのお父さんがアッカーマンの血筋なのでしょうか?
      調査兵団に入っていたらかなりの能力を発揮していたでしょうね。

      ミカサもキヨミ様から子作りマシーンを推奨される展開になったら嫌だなあ…。

      • 管理人アース より:

        ミカサのお父さんがアッカーマンですよ。
        ミカサの姓からも分かりますね。




        管理人アース

    72. 水車力の魚人 より:

      家紋のくだりにリヴァイが血縁者って書いてますけど、兵長は東洋の血族ではないですよ

    73. ガロワ より:

      いつも興味深く読ませて頂いてます。
      地下牢でエレンに胸ぐらをつかまれたハンジが「エレンのエッチ」と言ってます。
      「ハンジは女性」という事です確定でしょうか!

      • 管理人アース より:

        そうですね❗
        当サイトではハンジ女性は確定で記事にしています❗




        管理人アース

    74. リヴァイ大好き より:

       こんにちわ。
       今回(ここでのネタバレを見ただけですが)わたしが一番衝撃的だったのは、ミカサが王族の子孫だったことです。
       エレンが巨人化したばかりの頃、ミカサを攻撃したことがありました。
       なぜだろう?ずっと疑問に思っていましたが、もしかしたら、「道」を通じて、ヒイズル国が、エルディア人にとって、最も危険な国だとエレンが知ったかもしれない。しかもミカサは、王族の末裔。なので、巨人を駆逐する事しか頭になかったエレンなのに、本能的にミカサを攻撃したのではないかなと感じました。
       そうなると、王族を最後の1人(ミカサの母)になるまで弾圧した経緯も納得できます。
       「同盟」危険ですね。マーレのマガト隊長とジークが通じているのも明らかだと思いますし、相変わらずパラディは孤立しているんだと寒気がします。
       エレンは、知性巨人を3体も体に宿しているので、今では、それらを通じて、誰よりも今までの戦いの歴史を知っているはずです。
       19歳。重荷を背負って、どう決着をつけるのか。 サシャの戦死を区切りとして、ますます重い展開が続くと思うと辛いですね。

      • 管理人アース より:

        ミカサの将軍家血統設定から、新たな展開が起こりそうですよね❗
        ジークとマガトは怖いですね💦




        管理人アース

    75. リヴァイ大好き より:

       何度もすみません。
       ミカサが王族であるなら、最初に記載したように、王族は子孫を残す責務があると思っています。
       親から子への負の連鎖をとめる。というか、自分の意思で未来を切り開く。というのも主題の一つかと思いますので、ミカサがどう出るのか(キヨミさまとしては、ミカサをヒイズルに連れ帰るのは、箔がつくことなので、連れ帰りたいでしょうし)も楽しみです。
       個人的には、パラディに残り、エレンの子をひっそりと育てるミカサが見たいです。
       「いってらっしゃい」我が子を自由に育てているミカサと、それを独身を通しているジャンが見守っている。なんかのラスト希望です。

    76. いっしー。 より:

      だんちょ、うぷありがとうございます。

      リヴァイは東洋には関係ないのではないでしょうか?
      リヴァイとミカサはアッカーマン血統で同じはずなので、リヴァイは関係ないと思います
      ケニーの妹を妊娠させた男が東洋血族なら別ですが。

      • 管理人アース より:

        これ、紛らわしい表現でしたかね?
        「もう一方の血統者」は「ミカサのもう一方の血統アッカーマンであるリヴァイ」という意味での表現だったのですが( ̄▽ ̄;)



        管理人アース

    77. モブリッティ より:

      唐突にすみません、ヒィズル国の現状ですが、将軍の忘れ形見がパラディに留まったまま、キヨミ様の一族が鎌倉時代の北条家みたいなポジションで摂政として政治を仕切っていた、という予想をしてます。
      今すぐミカサに帰国を促すことはないにしても、今後ヒィズル国が参戦する場合には、ミカサを祭り上げることを企てているのかも…。

      • 管理人アース より:

        ミカサの将軍家血統がどのような展開を生むのか気になっていますよ❗


        管理人アース

    78. ちぎれた付箋 より:

      更新お疲れ様です!

      今回パラディ島にしかないと明らかになった氷瀑石と巨大樹。この2つは関係がありそうですね。そしてそのことを知っていたジークが巨大樹の森に幽閉…
      こうなると予想されるのはジークが地下資源に関する主導権を握りヒィズル国を出し抜く展開ですかね。
      その後の展開は…わかりませんw

      • 管理人アース より:

        黒金竹も絡むかもですね。
        もともと巨人がなぜ誕生したのか❗
        これに絡んで来るかもですよ✨



        管理人アース

    79. 義勇兵007 より:

      ジークについては、同胞であるエルディア人はもちろん、同僚であるピーク達の命でさえ気にしてない様子なので、人間性に欠けると考えていました。そして、人間性に欠けるというと、アルミンの「目的を達成するために人間性さえ捨て去る覚悟が必要・・・」(うろ覚え)というセリフを思い出します。主にエルヴィンについてのセリフだったと思いますが、ジークとの戦いによってエルヴィンが死亡し、このセリフの主体がジークに変わったということなのかもしれません。
      ジークは実はサイコパスなんじゃないかとも考えていたので、今回若干安心しましたwいや、まだわかりませんが。

      • 管理人アース より:

        ジークの本性は、今回見えたように感じますが、まだ分かりませんよね。
        今後のジークも、まだまだ要注意ですよ❗



        管理人アース

    80. ガチバタ より:

      初投稿です。
      張り巡られた伏線が徐々に回収され、最終回が近づいていることが実感できますね。
      着地点をどうするのか、ラスボス的存在を誰にするのか、話が進めば進むほど予想できなくなってきました。そこで、ずっと気になっていることがあります。
      それは、ロッド・レイスが舐めた「サイキョウノキョジン」の脊髄液。
      今後、追い詰められたマーレの誰かがサイキョウノキョジンの脊髄液を取り込み、最強最大の無知性巨人が現れ、世界を蹂躙し、そいつがラスボス的存在になるのではないかと予想いや妄想しました。
      感想いただければ幸いです。

      • 管理人アース より:

        だれかがサイキョウノキョジンを舐めて、ビッグサイズの知性巨人が誕生したらスゴいですね!



        管理人アース

    81. 恥垢種 より:

      アース団長、お疲れ様です。
      気になるのは、やはりジークの動向です。7歳のガキが復権派の活動を「お遊び」と断じるには無理があるように思います。やはり、クルーガーの手引きがあったのでは?と考えます。復権派には、グリシャ達の組織の末端分子と、それを支援する組織や友好国ヒィズルに分かれており、類が支援組織などに及ぶの防ぐ為に末端を破壊したのだろうと思います。そうでないと、今、ヒィズルと接触できている説明がつきません。クルーガーから「戦士」を目指し「始祖」奪還を達成すること、そして、成功後はヒィズルと接触し「エルディア」復権を実行することなど、教え込まれたのだろうと思います。ただ、グリシャがパラディに渡ったのは知っていたかどうか不明ですね。ライナー達から「進撃」と思われるエレンの情報を聞いて、初めて知ったかもしれないですね。
      そうすると、クルーガーは「始祖」奪還作戦を2方向から立案実行したことになりますね。どちらかが、失敗しても、もう一方が成功するということでしょうか?策士ですね。実際はどちらも順調にいって、激突となった訳ですが。ただ、最終的な方向性は当事者同士によるので、どう転ぶかは見えないですよね。
      あと、ヒストリアの相手は、貴族家の可能性は捨てられないですね。クーデターで地位が逆転しているというご意見もあるようですが、貴族家を全て排除してないと書いてますよね。現政府に協力的ならば、税制で優遇し差別化を図っているとしてますから。ザックレーの餌食になっているのは、非協力的かつ前王政の中枢で恩恵を受けていた貴族(恐らくマーレ人)でしょ。私としては、別に調査兵団、憲兵団、や駐屯兵団の幹部などから選ばれても構いませんが、身分差を超えるには、恋愛感情があってこそと思いますので、そうでないなら、血筋で決めてしまうのが手っ取り早いのでは?と思います。政治ですもん。理由付けするなら、ヒストリアの孤児救済活動に、最も資金援助した貴族家というのが、一番スッキリするのでは、と思います。そういうストーリーを作れば国民は大喜びでは。
      長々失礼しました。

      • 管理人アース より:

        ヒストリアの相手が誰なのかは明日の記事で考察していますが、政治が絡んでいるのは間違いないでしょうね。
        ジークとクルーガーは、どこかで絡んでいそうですよね!


        管理人アース

    82. 古参の兵士 より:

      アースさん更新有り難うございます。

      ずっとエレンを見てきましたが今のエレンは何かおかしいですね。もともと持ってた強い意志が間違った方向に向かってしまったようです。

      彼をもとに戻せるのはアニだけのような気がします。
      アニ対エレンがもう一度起きてまたアニが勝ちエレンを止めてくたらなんだか感動を覚えます。

      • 管理人アース より:

        エレンを修正するのがアニだったら最高ですね!
        その展開、見たいですよ!



        管理人アース

    83. さあまば より:

      ミカサの印は結局ただの「王族の印」ということなんでしょうかね。印と頭痛は無関係、と。
      頭痛はアッカーマンがらみなんでしょうか。

      巨人化の薬がパラディで複製困難といっていますがレイス家ではこの100年間13年ごとの継承時に必要だったはずです。レイス家には器材があり専門家がいたのか(今どうしているのか?無くなったのか)、100年分くらいは持ち込んでいたのか(都合良すぎ?)、そうでなければマーレなどから定期的に入手していたということですよね。

      • 管理人アース より:

        レイス家地下礼拝堂でロッドが持ってきたカバンには大量の巨人化注射があったので、大量に仕入れていたのかもですね。



        管理人アース

    84. みたらし より:

      更新ありがとうございます。

      アースさん、「始祖の巨人」と「王家の血統を持つ巨人」が出会ったら何が起こるかについて、新たな考察はありませんか。107話を見て、読者が思っている予想をはるかに超えることが起こる様な気がしてならないです。ジークが自由に自分の想いで色々なことをやれるようになるのでしょうか。
      今回は、イェレナのピクシス司令への発言を見て、「ジークがあなた方の記憶を改竄するから、またすぐに一緒に食卓を囲めるようになりますよ」と言っている様な気がしてなりませんでした(汗汗)
      あと、ジークは自分こそが真の復権派だと言い、親を売り、パラディ島の人間を殺しまくっていることが、やはり、私にはあまり性質の良い人間には感じられませんでした。ジークは実は初めから、元々パラディ島にいるエルディア人を、新たなエルディア帝国の一員として見るつもりが無かったから、大量虐殺したり、村人を巨人化させたりすることに躊躇が無かったのですよね?楽しそうに殺していましたし。声優も、悪役の多い子安武人さんですし、やはりアースさんの考察通り、エレンとは対立するのでしょうか。なんか、パラディ島乗っ取り計画を遂行して自分の色に染めようとしている感じがして嫌です。
      ヒストリアがエレンの意見に涙する場面は、グリシャの発言にダイナが涙する場面が思い出されて、この二人が一緒になったらいいなと思っていたのですが、闇の表情で妊娠しているヒストリアが最後に出てきてガックリしました(涙)もうヒストリアは幸せになっていいと思っていたのに。

      更新を楽しみにしています。
      ありがとうございました。

    85. ヒストリア王政支持者 より:

      ヒストリアの子供の父親はエレンだと思います。
      もともとエレンとヒストリアは、ロッド・レイスとの戦いを経て、ミカサが嫉妬するほど心を通わせていました。またウォール・マリア奪還後の御前会議では「ヒストリアを犠牲にする勇気がない」とエレンは言っていました。おそらく王政革命後、エレンはヒストリアに思いを徐々に寄せていったのではないでしょうか?

      2年前のヒズル国との会談で、エレンがヒストリアを見つめているところと、獣の巨人継承問題でエレンが激昂したところをハンジが怪しんでいます。そして現在、ハンジが地下牢でエレンに胸ぐらをつかまれたときに「エッチ!」と言っていましたが、ハンジはエレンがヒストリアの妊娠に何らかの形で‪関わっていることを疑っている上での発言ではないかと思います。

      おそらくエレンはヒストリアに好意を寄せており、さらにジークの任期満了が迫っている中で
      彼女の政略的な結婚が現実味を増していき、焦ったエレンは激情に身を任せてヒストリアを妊娠させ、レベリオに潜入し戦争を始めたというのが真相かと。つまりエレンの暴走は、ヒストリアと生まれてくる子供のためということになります。ヒストリアとの子供に獣の巨人を継承させれば、ヒストリアが犠牲になることはありません(ただ赤ん坊が巨人を継承できるかどうかは疑問ですが)。レベリオではファルコがガビを犠牲にしたくないと言った時、エレンは彼に共感している素ぶりを見せていましたが、これはエレン自身の心情に重ね合わせたからではないかと。

      ヒストリアの絶望的な表情から察するに、合意の上での子作りではなかったのでしょう。ヒストリアが政略結婚で無理やり子供を産まされたという意見がありますが、私はあり得ないと考えています。第1に、ヒストリアにはすでに王家の人間としての自覚があります。世継ぎを生むのは王家の使命であり、ヒストリアも王位継承の際に覚悟を決めているはずです。実際にヒストリアはジークとキヨミ・アズマビトから提案された獣の巨人継承と子供を産み続けることを、決然と承諾しています。

      第2に政略結婚であったとしても、会議で相手の婿を決めるはずです。ハンジ団長やザックレー総統、ピクシス司令などが、ヒストリアが嫌いな王配(女王の婿)候補を強要するとは考えにくいです。最終的な決定権はヒストリア女王にあるはずです。以上から、ヒストリアが兵団から意に沿わない結婚を強要されることはないと考えています。

      最後に、ヒストリアの隣の男性は何者なのか?
      私は(痩せた)フレーゲル・リーブスの後ろ姿に似ていると思いました。2人は王宮ではなく、どこかの別荘に住んでいるように見えます。おそらく妊娠したヒストリアを一時的に保護するようハンジに頼まれたのではないでしょうか?フレーゲルは王政打倒に貢献し、ハンジからの信頼が厚い人物です。フレーゲルもヒストリアに想いを寄せていたので、女王への忠誠心が高いはずで、女王の妊娠を国民に暴露することはけっしてないと思います。

      またこの男性がヒストリアの夫という説もありますが、これもあり得ないと思います。なぜならもしこの男性がヒストリアの子供の父親であれば、107話前半のハンジのエレンに関する回想と地下牢でのやり取りを挿入する必要がないからです(エレンが謎の男性を裏で手をまわして妊娠させたなら別ですが。でもこれだと、エレンの動機がわかりません)。

      ヒストリア女王陛下の妊娠疑惑が間違っていたらと心から願っています。妊娠が本当でも、また元気な女王陛下のお姿を心よりお待ちしております。

      • 管理人アース より:

        エレンが相手という考察、説得力を感じますしまた同感です。
        二人が思いを寄せ合っていたと、管理人アースも察します。
        そこからヒストリアの相手がエレンなのか?
        これは難しいところですね!
        108話で明らかになるのか分かりませんが、要注意ですね!



        管理人アース

    86. やまぐち より:

      こんにちは!
      王家の血を引くものを増やすという目的で考えると、わざわざヒストリアに残りの13年で子供をたくさん産ませようとせずに、ジークに色んな女性を孕ませさせたほうが効率的なはずです。僕がハンジの立場でたれば正当な王家であるヒストリアの一族は巨人化させずに、13年周期に寄らない安定的な政治運営を行ってもらいます。一方で、ジークの血をひくもの達をたくさん作り、その者たちを分家として定め、その分家達の中で獣の巨人と超大型巨人を引き継でいかせます。こうすることで候補者の数を増やせるうえに、分家の数が多ければ多いほど暗殺のリスクを減らすこともできるためより安全です。何故今回の話のなかではそういう選択肢が出てこなかったのか不思議です。

      • 管理人アース より:

        やはりその継承者がパラディを統べる一家になるからかなと。


        管理人アース

    87. リヴァイに掃除機を見せたい より:

      初めまして。いつも拝見させていただいています。  質問なんですが、ヒストリアの子供が獣を継承せずにジークが他の女性キャラとの間に王家の血筋を授かってその子に獣を継承させても始祖発動の材料になりますよね?ヒストリアの獣は見たくないし、王家繁栄のために子作りをさせられるのも可愛そうで、ユミルも悲しみそうです。そして産まれてきて生涯、兵団に利用される運命になるヒストリアの子供が不憫だなと思いました。長文すいません。

      • 管理人アース より:

        管理人アースはリヴァイにルンバを見せたい(笑)

        やはり獣を継承する人物がパラディ島を統べる事になるからかなと。
        現在もジークを信用することでこの計画が成り立っていますが、そのジークの子供まで信用できるのかどうか?
        信用できない人物に地鳴らしを任せることになるのか?
        そんな感じかなと思っています。



        管理人アース

    88. ヒョウ より:

      二度目の投稿です。
      ジークの目的とヒストリアの獣継承が控えている事を踏まえてマーレ編読み直すと面白いですね。

      ヒストリアの獣継承をする前に地鳴らし試運転するわけですがこの時点で世界はエルディア人を迫害するでしょう。特に鎧、顎、車力はマーレにとっては危険な存在になるのでその前に始祖の力でパラディ島へ避難、またはジークが説得するかと思います。
      マーレ編でのライナーの説得は割と本気で仲間にしに行ったのでしょう。
      説得の効かないタイバーは最初から殺すつもりだったのでしょう。
      あと収容所は世界各国にあるようでこの辺りどうするつもりなのか気になります。

      上にもありましたが
      ファルコがガビを鎧にしたくないと言うのは、
      エレンがヒストリアを獣にしたくないと言うのとかなり重なります。
      となればエレンが獣を食ってしまう可能性が出てきます。
      そもそもヒストリアを知性巨人にするのには別に何の巨人を食わせても同じの様な気もしますがわざわざ獣の継承を指定しているのには違和感があります。

      牢屋でハンジに何故あんな暴挙に出たのか聞かれた際、
      オレは戦鎚の巨人を食いましたと言いました、あれは力を得たと言う意味でヒストリアを巨人にしなくてもパラディを守れる力が欲しかったのでしょう。

      • 管理人アース より:

        >ヒストリアを巨人にしなくてもパラディを守れる力が欲しかったのでしょう。
        なるほどですね!
        エレンの目的もジーク並に分からないところがあるので、この辺りも気になりますね!


        管理人アース

    89. ヒストリア王政支持派 より:

      何度もすみません。

      エレン父親説に関してなのですが、25巻巻末の「進撃のスクールカースト」で、ヒストリアがライナーとユミルたちにエレンを指さして、「私、あいつにひどいことをされた」と言っています。このときの意地悪ヒストリアと、107話終盤のヒストリアの目つき(精神状態)が何となく似ているような気がします。やはりヒストリアの妊娠には、エレンが何らかの形でかかわっているのではないかと考えられます。

      さらにこのスクールカーストでのヒストリアの告発に、ライナー、ユミル、ベルトルト、ヒッチ、マルロが登場しています。本編でおそらくヒストリアはライナー、(ユミルの後継者である)ポルコ・ガリアードが属するマーレ、(ベルトルトの後継者である)アルミンが所属する調査兵団、マルロ(すでに死亡)・ヒッチが所属する憲兵団を味方につけて、始祖の巨人を持つエレンに対抗していく展開を予想することも可能だと思います。

      • 管理人アース より:

        王政編並の内紛展開が起きるかもですね!
        成長した104期達が揉める展開は見たくないですが、成長過程で描く必要があるのかもですね!



        管理人アース

    90. あつこん より:

      おまけマンガで104期生が巨人化していましたが、
      まさかアルミンに続きヒストリアまで…
      もしヒストリアが継承することになったらやっぱり羽根が生えるのでしょうか。笑

      そしてマーレとエルディアはドイツとユダヤ人みたいだなーとずっと思っておりましたが、更に日本と同盟って!

      今回なかなかの衝撃回ですね〜 面白い。

      • 管理人アース より:

        ヒストリアが獣を継承する展開が起こるのか起きないのか?
        これ、予想が難しいですよね!
        ただ、実際ジークは継承させるつもりは無いと思っています!



        管理人アース

    91. つぇる より:

      こんにちは!
      今回、ヒストリアの子供が生まれることがわかりましたがこの子供が2000年後の君なのではないでしょうか。
      9つの巨人全てを集めたエレンを継承させる、、、。
      そんな展開を期待してしまいます。

      • 管理人アース より:

        あるかもですが、王家血統が始祖を継承したら不戦の契が発動するので、これは無いかもと思いますよ!



        管理人アース

    92. 恥垢種 より:

      アース団長、お疲れ様です。
      皆さま、おっしゃるとおり、ヒストリアに産めよ、増やせよ、は合理的ではないですよね。ジークに女をあてがい、産めよ、増やせよと、種馬のように1年働いてもらう方が、合理的ですよね。あっというまに、王家が増えますよ。それと、なぜ、ジークは家庭を持って子をなしていないのか?疑問ですよね。意図的にそうしている可能性がありますね。やはり、彼はエルディア人の淘汰を目論んでるのでは?と、疑ってしまいますね。
      あと、巨人化薬って、意外に生産できないんですね。巨人の脊髄液ということなので、9つ巨人より巨大注射で抜き取ればいいと思うのですが、難しいのですかね。マーレが楽園送り、軍事利用で大量に生産しているので、
      結構、簡単だと思ってましたよ。
      あと、ヒストリアのお相手は、私を含め、皆さま、妄想を膨らませていますね。なかなか楽しいですね。私は貴族家ではと書きましたが、もう少し書くと、政治力が殆どない家柄ということです。現政権にとって、やはり、王家は政治的力を持つわけで、それと、元々、政治力を持った人間、もしくは家系が結託・結婚するのは、政治的バランスを崩される恐れがあるわけで、非常に危険です。そこで、政治力を失っていて、現政権に従順な貴族はうってつけだと思うわけです。当然、どこの馬の骨かわからんような人間との結婚は国民が納得しないでしょうし。
      あと、サシャの墓参りのあの子供はサシャが助けた女の子ではないですか?

      • 管理人アース より:

        >あと、サシャの墓参りのあの子供はサシャが助けた女の子ではないですか?
        これ、ナノシーガさんからのコメントでもありましたね!
        そうかもです!



        管理人アース

    93. 名無し より:

      キヨミ様が立体起動装置を知っていたっぽい描写が気になります。もし知っていたのなら、すでにパラディ島側に内通者がいるということですね。特に兵器について知っているのであれば、軍や調査兵団に内通者がいても不思議ではないし、キヨミ様の目的も含めてきな臭い展開になりそうです。
      それと、以前ジークがパラディ島から敗走するとき、エレンに「救い出してやる」と言っていたのがずっと引っかかっています。何から救い出すのか・・・パラディ島から?エルディア人から?いずれにしてもエレンを救いたいと思っているのは間違いないです。
      ひょっとして地ならしを発動させ、世界を滅亡させるのがジークの本当の目的だったり?

      • 管理人アース より:

        地鳴らしを発動し、エルディア人を全滅させるのが目的かなと考えています❗



        管理人アース

    94. 菅野美穂 より:

      ヒストリアは今回エレンの独断(暴走)ににより妊娠させられてしまったのでさぞかし失望してることでしょう
      エレンが守ってくれると思って泣いてたのにね
      妊娠はエレンの意図してるとこかは分かりません
      打つ手なしでジークの提案に乗ったか、戦って勝つことによりヒストリアは要らないことを証明したかったかは分かりませんが、ハンジの嫌味にもありますように結果的にエレンの行動でヒストリアが犠牲になってしまったと思います。(エレンがいなくなったことにより上層部がジークの提案を受けざるを得なくなったとか)
      パラディ島はエレンに対し大きく信頼を失ってるので今後エレンの暴走に歯止めがきかなくなってくるでしょうか
      そこでガビとファルコの出番ですね
      ガビもかなり好戦的ですが、負の連鎖を断ち切るにはガビが変わるしかない
      兵に追われた二人をヒストリアが匿う展開があるような気がします
      最初は拒絶するも現地のエルディア人の優しさに触れ少しずつ変わって行くと予想
      ここまでガビを引っ張ってるんですからね(笑)何かし
      ら変化がほしいです。
      エレンができなかったことをしてほしいですね

      • 管理人アース より:

        ガビは何かしらの成長はあるかなと❗
        ヒストリアが匿う展開、ありそうですね❗



        管理人アース

    95. ヒストリアの腹が膨らんでいるのは妊娠ではなく太ったんだと現実逃避したい より:

      107話の話とは全く関係ないんですけど、1巻の現在公開可能な情報で壁から城壁都市が突出している理由は巨人の的を城壁都市に絞り、壁が破られた際にすぐに対応するためと書かれているんですが、壁を造ったカールフリッツがエルディアの滅亡を受け入れているのにどうして壁が破られた際に対応をすぐにするための城壁都市を造ったのでしょうか?

      • 管理人アース より:

        無垢の巨人に滅ぼされるのは本望ではないのでしょう。
        楽園を築きたかったのでしょうし。
        ただマーレに攻められたら受け入れる、ということなのかなと。


        管理人アース

    96. ヒストリアの腹が膨らんでいるのは妊娠ではなく太ったんだと現実逃避したい より:

      ジークの発言から氷爆石がパラディ島意外では採掘出来ないことや巨大樹の森の巨木がパラディ島特有の物だとわかりましたが、本編には一切出てこず6巻の現在公開可能な情報にしか出てこなかった酵母も何かあると思います。ウォールシーナでしか生産できないとか、人の頭ほどの大きさがあるなど。酵母が大きいのと巨大樹の森の樹が異常に大きいのは関係があるのではと思いました。 
      ところでアース団長はNHKの自由の翼は見ました?映像の立体機動や巨大樹の森での進撃vs女型は大迫力でした。ストヘス区での女型捕獲時に漫画には無い演出でエレンが炎を纒っていましたけど団長殿はどう考えていますか?よくあれが進撃の能力という意見を目にしますが。他にもエレンの、俺はこの世のすべてを破壊するという漫画にはなかった台詞が、エレンがレベリオ収容区で世界の要人を虐殺し世界に宣戦布告をする事の伏線みたいになっているのが凄いと思いました。これを映画館で観たかった(T_T)

      • 管理人アース より:

        酵母、ありましたね❗
        もう忘れていました(笑)

        管理人アースは映画はDVDで持っています。
        上手くまとめられていますよね❗


        管理人アース

    97. Nori より:

      いつもお疲れ様です!

      アースさんに考えをお伺いしたいのですが

      駐屯兵がイェレナ達に銃を向けたシーンにて
       1.これは普段からマーレに不信を抱く駐屯兵らの単独行為と思いますか?
       2.イェレナの「すぐまた食卓を囲う日が来る」の意図はどうお考えですか?

      • 管理人アース より:

        ジークを信用できないピクシス司令の指示でしょう。
        ハンジに話を通しているのかは分かりませんね。

        食卓を囲む、はジークによりすぐに信頼されるだろうとの予測でしょうか?
        なんにしろ、ジークへの信頼は強いですね。



        管理人アース

    98. 超小型巨人 より:

      最後のヒストリアの表情が本当にかわいそうですね。「自分のために生きようよ!」とユミルに言っていたのに島の未来に自分を犠牲にしてしまった…。あのセリフが好きだっただけに現状は残念です。
      あの男は誰なのでしょうか。格好はマーレ人っぽいと思いました。
      あの妊娠した子が2000年前に送られる展開があるかも。パラディは敗戦濃厚となり、過去にパラディの未来を託す。そして2000年後の君へ…。
      だとしたら悲しいですね;_;

      • 管理人アース より:

        帽子の男性は服装からすると記者のピュレに似ている気がしますが・・・ちょっと分かりませんよね。
        ヒストリアの相手がこの男性なのかから気になりますよ❗



        管理人アース

    99. 超小型巨人 より:

      連投失礼します!
      ヒストリアの子が「ユミル」と名づけられたら胸熱だなぁと同時に過去送りの可能性がありそう。
      107話を見て、本当に怪しいのはイェレナなのではと思い始めました。ジークと同じく仲間のフリをしてパラディを潰すことも目論んでいそうです。だとするとジークも利用されている側になりますね。考えが止まりませ・・・ん!

    100. 1.6m級奇行種 より:

      顎の能力があればヴィリーの妹の水晶を割れたようにアニを水晶から出せる、けど肝心の顎は結局奪えなかったからアニを出すことは出来ない。っていうふうに思っていたんですけど、ジークとエレンが始祖を発動させればアニを出す事が出来ると思いました。始祖は全ての巨人を操れるのでアニの水晶=女型の力も、きっと思い通りに出来てアニを出すこともできますよね?

      • 管理人アース より:

        始祖が発動すれば可能でしょう❗
        戦鎚を覆っていた水晶体を発動しても、アニの水晶体は砕けないかな?と思ったりしています。



        管理人アース

    101. わかめ より:

      はじめまして。初めて書き込み致します。今月号は色々な意味で衝撃でしたね。

      各所から非難されそうですが
      ヒストリアの子どもの父親はリヴァイという可能性はありませんでしょうか?

      根拠としては
      一問一答に王家×アッカーマンは両方の能力を受け継ぐとあったこと→アッカーマンは始祖の記憶操作を受けないので不戦の契りを無効化できる可能性がある?

      ヒストリアを女王にしたのはリヴァイ→汚れ役が必要ならばやるという思想を持っていた。今回もその延長?

      ヒストリア家畜化の条件を提示した時にリヴァイがいない→ヒストリアに子どもを産ませることに対する考え方が明らかになっていない。

      ただこの場合リヴァイがジークの案に乗るということになりますが、今回同時に対案が無かったことが提示されていたのであり得なくはないかなと。

      管理人様の考察も楽しみにしております。

      • 管理人アース より:

        一問一答から予想するとありえる展開ですよね。
        ただ獣の巨人を継承することを考えたらエルディア人が濃いよなとも思ったりしています。



        管理人アース

    102. ヒス より:

      ヒストリアの旦那がエレンやアルミンという意見が多々見られますが、私は違うと思います。

      マーレでの戦いの後にヒストリアのお腹がだいたい6ヶ月だとして6か月前にエレンとそういうことをしていたのならエレンはマーレと戦おうとしないと思います。

      仮にヒストリアの子供がエレンとの愛の結晶だったとしてもヒストリアはあんな悲しいかおをしませんし

      アルミンとの子供という可能性もほとんどないと思います。

      もしあの子供の親がアルミンならパラディに帰った後すぐにヒストリアのもとへ戻ったと思います。

      アニのもとにはよらずに。

      「お腹にさわるから」と心配してるなら尚更です。


      子供の父親はきっと他国の地位の高い男性だと思います。

      ヒストリアがいたところには壁がなかったので

      ヒィズルかどこかの国と友好的な関係を築くために結婚したのではないでしょうか。

      それで、子孫を増やすためにシタと‥‥。

      なので、ヒストリアが他の国にいる(予想)ときにパラディにいた人たちはパパ候補から除外されるんじゃないでしょうか?

      • 管理人アース より:

        他国にいるならばヒィズル国の可能性が高いですね。
        ただエレンがヒストリアと自分の子供を守るために暴走した可能性もあるかもです。
        彼なりの作戦があって動いたかも、と。



        管理人アース

    103. 赤子継承推奨派 より:

      ヒストリアのお腹ポッコンで、思考が止まってしまいました。ライナーが、見たらその場でヘナヘナとへたり込んでしまうでしょうし、ユミルだったら、何やってんだオマエ!と怒鳴りそうです。

      まず、私の頭に浮かんだのは、キヨミ様は、偽者ではないかということです。ウドを助けた毅然としたキヨミ様、死を覚悟して演説に臨むヴィリーを励ましたキヨミ様には、一国を代表する要人の品というものがありました。今回のキヨミ様には、そんなものは、全然ありません。別人だと思います。ミカサだってあんな下品なオバハンから、同族よと言われたら嫌じゃないですかね。

      あとアルミンが、いなかったのは、なんか病気か体調不良だったのでは。

    104. jun より:

      ヒストリアは父親のことより、生まれてくる子供の行く末を憂いて悲しい目をしていると思うのですが・・・父親は諫山先生のことですから、何かしらフラグなり立てていると信じたいですね

    105. 蒼雪 より:

      今月号は解決された伏線が多すぎてかえって混乱していたりします。
      ようやく、ジークが持ち出した立体機動装置が出てきましたね。今までのジークの戦いの場面で、なぜこの装置を使わなかったのか、頭の片隅の疑問には思っていたのですが今月号で納得しました。使いこなせればジークにも戦力になり得た装置ですが、ある程度の訓練も必要ですし、そもそもガスがなくては使えませんものね。あのガス、あんなに特殊な物質だったとは。
      それにしても、エレンが本当はしたくないことを無理矢理しようとしているというのがわかってきました。今月号の始まりの場面、見ようによっては多重人格みたいでしたから。
      他に方法があるなら、というのは、いろんな物語での悲劇の前の常套句なのですが…。これ以上、何が…。

      • 管理人アース より:

        ヒストリアや他国のエルディア人を犠牲にする方法以外の方法があるなら、という意味なのでしょうが、たまんないですよね(泣)



        管理人アース

    106. お米兵団 より:

      いつも楽しく見させていただいております
      エレンの暴走モードが気になっております
      戦鎚の巨人を得たエレンはアニをも食える状態になっている気がしています ヒストリアなどエレンのトリガーが引かれて暴走すると女型まで狙う展開はないでしょうか

      場合によってはアニを守るアルミンやミカサ対エレンの対決という構図を妄想しています 進撃の巨人はグリシャもそうだったように侵食されると精神的に暴走状態になってしまうような気がしています
      ミカサにトドメをさされるような展開にならなければ良いのですが

      • 管理人アース より:

        エレンの成長過程を描いているのだと感じますが、これ以上ミカサ、アルミンと揉めて欲しくないですよ(泣)


        管理人アース

    107. 1.6m級奇行種 より:

      復権派が楽園送りになるとき眼鏡を掛けていて泣いている男はジークの前の獣の継承者だと思います。あの男の眼鏡はジークの物に酷似しています。そして94話の戦士候補生時代のジークは眼鏡を掛けていませんが、既にジークが獣を継承している95話のパラディ島作戦についてマガトがライナー達に話しているときには眼鏡を掛けているので、復権派が楽園送りになったときに泣いていた男は獣の前身でジークがその男から獣を継承したときに形見的な物としてもらったのではないでしょうか?  

      • 管理人アース より:

        となると、あの時に泣き縋っていたのはジークの気持ちを察して・・・という事ですかね?
        そう考えるとジークの事をけっこう気に入っていたのかもですね!



        管理人アース

    108. lesmills より:

      107話を読んでの個人的な考察ポイントですが..

      100年以上前の将軍家子息とフリッツ王が握手をする描写背景の柱は
      戦槌の巨人の能力による柱か?
      ⇒この邂逅シーンの場所も港に見えますね。上部にある黒いのは煙に見えるので蒸気船?

      キヨミ様の「この島で唯一東洋の血を引くあなた」発言
      なぜもう一人の東洋人血筋の兵長には反応しなかったか?
      ⇒将軍家血筋を探しているという話自体がミカサの推測通りただのダシにしてる話であれば
      本来の目的は事業化拡大のためリヴァイには特に反応しない


      アズマビト家の祖先がヒィズル将軍家であれば
      アズマビト家も将軍家の血筋でないのか?

      上記に関連して
      なぜアズマビト家も将軍家血筋を探しているのか?
      エルディア王家の血筋のように、将軍家血筋によるスーパーアッカーマン的なものでもあるのか?
      ⇒アズマビト家は将軍家血筋で水戸家のような分家的存在。
      次期将軍家後継者として、かつての直径血筋のミカサを掲げたいという政治的目論見があるように思えますが
      将軍家血筋を探してる話自体。事業拡大話の建前の可能性あり(ジーク密会回想シーン自体が架空)


      イェレナ達を脅しマーレから巨人化の薬を奪わせたピクシス司令
      目的は「ジークに枷をかける」為?

      ⇒巨人化薬の利用用途は無垢の巨人の作成
      ただそのまま無垢の巨人を作成しても逆にジークに操られ、枷をかけるどころ加勢してしまう
      他の用途としては、9つの巨人継承のために無垢の巨人を作るもあるが
      ファルコとガビを無垢の巨人化させるぞとジークを脅すため?
      ジークの影響の及ばない、離れたところで無垢巨人化させる?

      • 管理人アース より:

        リヴァイ兵長は東洋の一族の血統ではないと思われます。

        >アズマビト家の祖先がヒィズル将軍家であれば、アズマビト家も将軍家の血筋でないのか?
        そうだと思われます。
        つまり、キヨミ様とミカサは遠い親戚になるのかもですね!

        >ジークに枷をかける
        これはイェレナ達を人質にとり、ジークをコントロールできるようにする、という意味かなと。

        巨人化注射液は、13年ごとの巨人継承のために必要だったのでしょう。
        始祖と獣を継承させていかなければ地鳴らし計画が不可能になりますし、超大型も継承させるのにも注射は必要なので。
        ピクシスはヒストリアを犠牲にしてでもパラディ島を守る事に一切のためらいもなさそうですね!



        管理人アース

    109. lesmills より:

      兵長は東洋の血筋ではなくアッカーマンでしたね。。。失礼いたしました。

      • 管理人アース より:

        ですね!
        でももしかしたら父親が…なんてことは無いでしょうね…(・_・;)



        管理人アース

    110. ツクシ より:

      エレンが二年間の間で豹変した点、「戦え戦え」と二回繰り返して独り言を呟いていた点から、この二年の間にエレンに宿る進撃の巨人の記憶がもう一段階進んだ可能性を感じました

      牢の中で「進撃の巨人」と言っていた時はまだ前任者であるグリシャの記憶と人格の一部がよみがっていただけでしたので、グリシャをマーレに売り払ったジークを信用出来ず、レイス家への感情もある事から、エレン自身の意思と相まってヒストリアを庇う方向で動いていましたが、
      この二年の間でグリシャの更に前任者であるクルーガーの記憶にまでアクセス出来るようになり、価値観が変わったのではないでしょうか?
      エルディア復権派のフクロウであったクルーガーであれば、幼いジークがグリシャたちを密告した背景を知っていて理解も示しているでしょうし、もしかしたらあれはクルーガーの入れ知恵だったのかも
      「戦え戦え」と二回言っているのは、グリシャとエレン、二人の後任者の意識への語りかけであると見なすことも出来るような気がします

      • 管理人アース より:

        >更に前任者であるクルーガーの記憶にまでアクセス出来るようになり、価値観が変わったのでは
        明らかにエレンは変わりましたよね。
        これがクルーガーの記憶継承からの変貌なのか…
        エレン変貌の展開が明らかになるのが待ち遠しいですよ!



        管理人アース

    111. 進撃の読者 より:

      いつも考察記事ありがとうございます
      今回の回を読んで、ジーク含めお互いの立場が明らかになればなるほどなんだかよくわからなくなってしってしまっています

      1.時間が限られているなら、ヒストリアが産むよりジークの子供とした方が成功率が高くリスクも低いのでは、、、この時代の妊娠出産時の胎児死亡率とか、新生児死亡率とか、母の合併症とか、、、、汗
      →ジークの子だとマーレ側からの洗脳というリスクとその子が本当に任務(巨人化後の寿命等含む)を果たしてくれるかも不透明だから、ということ???

      2.実際問題、地ならしは一度見せるだけで相当な抑止力になるので、ジークから継承しなくてもアルミンから継承したって、もしくは継承したとアナウンスしておいて別の人が継承していたってよいのでは?
      →情報統制にそんなに不安が?

      3.ジークは王家の血を引く者の巨人化+始祖の巨人で力を発動できるといつ知った?
      →100歩譲ってもパラディ島から戻ってきて知ったとかじゃないと、、、はじめからわかっていたなら、最初のパラディ島潜入時にすでに寝返ってしまえばよかったのに、、、ピークとかをマーレに戻さなければジークが寝返ったとバレないんじゃ?単にジーク戦死で片付くのでは。マーレ国内なら身の危険があってもパラディ島に潜入してしまえばそのまま亡命できたんじゃ。。。
      ジークの行動の整合性が取れなすぎるのでやっぱりパラディ島を後にひけないところまで追い込んででも自身の要求を押し通したかったのか?とも思います
      しかしそのジークの要求ってなんなんだろう。
      マーレ国内のエルディア人のこと?
      とにかく整合性がとれなくて、????となっていました。

      4.物語的に、ヒストリアが悲劇の女神になりました。では青年誌であってもそれあり?ってなると思うので始祖+王家巨人で継承し続ける、ことがendにはならないんじゃないかなとふんわりとですが、感じています。人権団体からなんか飛んできそう笑な展開w

      作者の先生との対談が「将棋の渡辺くん」3巻に載っていて、多分マガジンの既出の内容だとは思うのですがラストが決まっていて帰納法的にそこに向かっている、ということでした。
      どんな風にまとめる予定なのか楽しみです

      • 進撃の読者 より:

        対談は2016.9の別冊マガジン掲載のものですね、追記です

      • 管理人アース より:

        2はジークの寿命は世界的に知られているでしょうし、獣がどうなったのかはどちらにしろ明らかにしなければいけないことになるかなと。
        アルミンから1年以内に継承することは、任期的にちょっとしないのではと思われるかなと。

        3はやはり祖父母の安否が気になったのでしょう。
        マーレ軍にバレると思ったのでは?
        ライナーから座標発動時の状況を聞き、実際にエレンと会って王家の血を引く者の巨人化+始祖の巨人で力を発動できると思ったのかなと。
        後は王家血統者が巨人を継承し、道から情報がとか…(・_・;)
        確定できないですが…

        ラストがどうなるか、今からドキドキですよ!



        管理人アース

    112. 進撃の巨人にやられっぱなし より:

      アース団長、お久しぶりです。
      怒涛の展開ですね。
      ヒストリアのお相手は誰か?悩むところですが、夫は別のあてがわれた良い家柄のもしくは階級の高い人であり、婚約中(結婚直前もしくは結婚後)に、ヒストリアとエレンが密会し、「誰かのものになる前に(家畜になる前に)、好きな人と結ばれたい」というヒストリア思いから、自然とその流れになり、懐妊という流れではないでしょうか?古今から小説、ドラマによくある流れですが。 
      密会というか、エレンがマーレに単独乗り込むことを決めた報告をヒストリアにしに言った際に自然とそういう流れになったのかなと思います。 エレンからそうなったというより、ヒストリアの思いから自然とそうなったような気がします。
      でも、それは夫(婚約者)に対する不貞であり、ミカサに対する友情の裏切り行為であり、国に対する不貞でもあるので、ヒストリアは暗い表情になっているのではないでしょうか。残虐行為に対しての憂いもあると思います。
      ハンジの「ヒストリアがどうなってもよかったの?」「エレンのエッチ」はこのことを言っているのではないのでしょうか? そして「確信していたはずだった」のに・・・・につながるのでは?

      でも少年漫画にこの流れはありなのか?というとないような気もしますが、個人的願望です。 ヒストリアが家畜になる前に好きな人と・・・たとえ一夜の一時でも・・・・・。いい子をやめ自分の気持ちに正直に人間らしくしたのではないでしょうか?これは世間では不貞になるかもしれませんが、国家の犠牲になり家畜になり巨人になり死にゆく女王の最初で最後の、ユミルが言った「自分の気持ちに正直に胸をはって生ろよ」をした瞬間では? 

      • 管理人アース より:

        >ハンジの「ヒストリアがどうなってもよかったの?」「エレンのエッチ」はこのことを言っているのではないのでしょうか? そして「確信していたはずだった」のに・・・・につながるのでは?
        そうですね。
        たまんない展開ですね!
        この展開はありそうですよ!

        いい子にならず自分を押し通すためにエレンと結ばれる展開があるのか?
        ミカサファンの管理人アースにとっては…ちょっとキツイ展開ですが、ありそうですね!


        管理人アース

    113. 進撃の巨人にやられっぱなし より:

      追加です。

      そして、ジークですが、死にゆく前にいずれイェレナとの間に子供をもうける展開になるのではと思います。
      あと11ヶ月の生存なら、もしかしたら子供の顔を見ることができるかもしれませんね。 リヴァイからの監視がとけ、森から帰り、イェレナの拘束が溶けたらになりますが。早くしないと時間がない!

      • 管理人アース より:

        イェレナとジーク!
        これは考えたことがなかったですよ!
        要注目ですね!



        管理人アース

    114. ギラ より:

      アースさん お疲れ様です。

      今回の107話は、腑に落ちない点がいくつもありました。
      そもそも、ジークの秘策である「地ならし発動」ですが
      それを稼働させる為には「不戦の誓い」の解除が必須条件のはずです。
      それについて、語られないまま、さも「地ならし」が発動できるような
      雰囲気で話が進んでいる事が気持ち悪いです。

      獣の巨人に、始祖の巨人が触れれば、本当に不戦の契りの呪いは
      解除されるんでしょうか?

      そもそも不戦の契りの制約は、壁の中に居たレイス家血統のヒストリアには有効なのは歴史的に見ても明らかですが、壁の外に居たダイナフリッツ系系統のジークには有効なのか
      その点もはっきりしていません。

      また、不戦の契りに関して、戦鎚の巨人がどう絡んでいるのかも明らかになっておりません。
      今回、エレンが戦鎚の巨人を食った事が、不戦の契りの解除にどう関わってくるのか?
      あるいは、戦鎚の巨人はそもそも不戦の契りやその制約解除には関係しないのか?
      ここら辺が非常に気になりますし、ここら辺の不戦の誓いの制約解除の話が出ないまま
      「地ならし発動」の秘策の話が出てストーリーが進行しているのが気持ち悪いです。

      • 管理人アース より:

        管理人アースは戦鎚と不戦の契は関係ないと思っています。
        ダイナ巨人で可能だったからと言ってジーク@獣の巨人てま可能とは、たしかに限らないですよね!
        この辺りは実験しなければですが・・・
        エレンの発言でジークの作戦は信用できる感じになっているのが怖いですね❗



        管理人アース

    115. 1.6m級奇行種 より:

      エレンとジークは壁外からも壁内からも嫌われようとしているのではと思いました。ジークは、地ならしをさせる=パラディ島が世界からの侵略を受けないようにしました。しかしその地ならし発動をキヨミやイェレナを通じてパラディ島に提案したジーク自身が中東連合との戦争後のマーレ軍での会議の際にカルヴィ元帥に、パラディ島作戦を今すぐ再開しようと提案しました。これは矛盾してると思いました。そしてエレンは最初はジークの秘策に反対しましたが、結局単独でジークの提案に乗りマーレに潜入しました。これは、ジークの秘策意外の方法が無くて仕方なかったからと解釈できますが、パラディ島側に許可をもらわずに祭事で世界のお偉いさんを虐殺することで、世界とその世界から侵略される事になってしまったパラディ島から自ら進んで恨まれようとしているとも解釈できると思います。そして、壁外世界と壁内から恨まれることによって、ジークとエレンはパラディ島と世界の双方を地獄に陥れる悪魔とみなされ、パラディ島と世界が自分たちを殺すために一つになると考えているのでしょう。ピークは自分とポルコを落とし穴に落とした人物がジーク信奉者のイェレナだと気づいておりそれを頭のキレるマガトに話したのでマーレ側もジークが裏切ったと気づいて、ジークも壁外から恨まれるでしょうし。

      • 管理人アース より:

        ジークが裏切ったのはピークからも分かりそうですよね。
        マーレ側の動きも気になりますよ!



        管理人アース

    116. りり より:

      初めまして!
      いつも楽しく見させていただいてます!!
      皆様の考察に脱帽するばかりですが
      今回、あれ???と思ったことがありまして
      コメントさせて頂きます!!(*´ω`*)

      ガビの髪型がかなり
      ミカサに似ているので、
      1巻冒頭の「行ってらっしゃい、エレン 」

      • りり より:

        途中で切れてしまいました!

        行ってらっしゃい、エレン

        と言ったのはガビ説が思い浮かびました!
        ガビなら巨人を継承出来ますし
        (話の流れ的になんかしらの巨人は継承しそう…)
        それなら道を通って過去のエレンが
        未来のガビのビジョンを見ることも
        可能なのかな!?と思いました!

        • 管理人アース より:

          いってらっしゃい、がガビだったらひっくり返りますね❗
          ただあり得る展開ではあるので、頭に入れておきますよ❗




          管理人アース

    117. k, より:

      この流れ全てを仕込んだのはアルミン

    118. ミジンコ より:

      こんにちは!お疲れ様です!
      いつも楽しく記事を読ませて頂いてます!

      ここではいろんな方の色んな意見が見れるので本当に楽しいです!

      既出だと思いますが、もし、ヒストリアが獣の巨人を受け継ぐ場合、「猿の巨人」になるんでしょうかね? ジークのは誰が見ても猿の巨人ですが、本来は獣の巨人ですよね。確か幼い頃の回想で獣の巨人に似たおもちゃをジークが持ってましたね。

      ずっと前の嘘予告であった翼の生えたクリスタ巨人と、マーレ上層部の発言にあった「翼のある巨人はいなかったか?」がなんとなくひっかかり、もしヒストリアが巨人になるとしたら本当に翼が生えてたり・・・?したら面白いなと思ってコメントさせて頂きました! 

      巨人の体はおどろく程軽いとあったので、翼がはえていれば飛べるのでは・・・?戦鎚の巨人のように翼を作ることができたら・・・本当の「自由の翼」ですよね。
      でも翼の生えた獣って…なんでしょう?ペガサスくらいしか思いつきません・・・(^_^;) 
      けれど、憲兵団の紋章がユニコーンなので、有り得なくはないのでしょうか・・・!!

      「他よりデカいだけマシの巨人」が神々しい巨人になって空を飛んだら神の威光としか思えませんね…。

      突拍子もない思い付きですが、諌山先生こそ突拍子もない事の連続ばかりなので、ファンも負けじといきましょう!!

      最近とても暑いので、お体には十分お気をつけて過ごされてください! 

      • 管理人アース より:

        ヒストリアが獣の巨人を継承した容姿についての考察ですね。
        これ、たまにコメントでも見かけ、やはり翼を持った巨人という意見が多いですね❗
        巻末ウソ予告からの予想ですが、管理人アースはもしそのまま翼巨人となったらウソ予告では無くなってしまうのではと思いますよ❗(笑
        ただこれだけ多く翼巨人の予想コメントを見るとあり得る展開なのかなとおもえてきますが( ̄▽ ̄;)
        今後のヒストリアには、本当に要注意ですね❗


        管理人アース

    119. かりおか より:

      初めましてアース様
      いつも楽しみに拝見させて頂いてます。

      巨大樹の森についてですが
      世界にここにしかないと言ってます。
      それはもしかしたら
      地鳴らしに必要な大量の無垢の巨人が巨大樹の森の下に埋まってるからではないでしょうか
      座標の力により動けぬまま巨大樹の森の養分として今は眠ってる無垢の巨人達が…

      • 管理人アース より:

        面白いですね❗
        管理人アースは、この地で巨人が誕生した証拠なのかなと思っています。
        記事下の氷爆石を検証!のリンク先記事で考察していますので見てみてください!



        管理人アース

    120. 無垢の巨人 より:

      いつも更新ありがとうございます。楽しく拝見しています。
      最近話とは関係ないのですが気になることがあったのでコメントさせてください。

      ベルトルトの「誰か僕らを見つけてくれ」はアルミンのセリフなのではないでしょうか?
      クルーガーが後にグリシャが言うこととなる「ミカサやアルミン みんなを救いたいなら」というセリフを発言した時と同じ様に道を通じてアルミンの意思がベルトルトに伝わった様に思えます。
      アルミンもベルトルトと似た状況のとき誰か僕らを〜というセリフを言う場面があるのではと考えました。
      また、一人称が”僕”という共通点があるという点が偶然とは思えないです。
      これから先、アルミンが 誰か僕らを見つけてくれ と言って伏線回収されるのを期待してしまいます。

    121. ヒョウ より:

      3度目です。
      エレンが暴走したという見方が強いですが私は違うと思います。
      エレンとライナーが対比になっているとすれば
      ライナーの狙いが始祖だったように、エレンの狙いはタイバーだったのでしょう。
      事実上、マーレのトップはタイバーです。
      タイバー家は滅多に姿を見せる事なく、ジークからの情報でも実態を掴めていなかったのだと思います。
      それこそライナー編のレイス家の様な立場です。

      タイバーが祭事を行う時…。
      狙いはここしか無かったのでしょう。それを逃したら次からはいつになるか分かりませんし、宣戦布告されてしまえばパラディに危害が及びます。
      タイバーは狙い易い場を設け
      そこに大勢の人を集め、襲撃の犠牲者をあえて増やす事で世界の目をパラディに向けさせたのです。
      つまりエレンはタイバーに間接的にハメられているのです。あの場の襲撃は「仕方なかった」のでしょう。
      不特定多数の現場で戦鎚の正体や攻撃方法も分からず戦うしか無かったのでしょう。
      そこで民間人を巻き込む事でアルミンやミカサと食い違ったのだと思われます。

      個人的な結論としては、
      エレンとパラディ側の仲違いを起こす程、タイバー家は策士だったのだと思います。

      • 管理人アース より:

        ヴィリーが策士だったというのは同感ですね!
        そしてエレンが戦鎚目的だったのも同感ですよ!
        タイバー家を潰せばマーレは瓦解すると考えたのもありえます。
        「暴走」とは言え、そのような計算があっての行動だと思われますね!



        管理人アース

    122. とおりすがり より:

      もし仮にミカサがフリッツ王の記憶操作の力の及ばない東洋の血筋で、同時に本来フリッツ王の思想に支配される王家の血筋でもあるとすればいろいろ面白い想像ができるかも知れませんね。
      始祖の力を発動してエレンを過去になんてことまで出来るかも(笑)

      • 管理人アース より:

        両方の良いところを取る展開になるように思えます。
        ループ能力に繋がる展開にもなりそうですね!



        管理人アース

    123. おわんこぽん より:

      帽子の男はザックレーかピクシスの孫なんじゃね?

      • 管理人アース より:

        あるかもですね!
        未登場だけれど、これまで登場している人物の血縁者、という展開はありそうです!



        管理人アース

    124. K より:

      別にヒストリアが妊娠しなくても、ジークが子供をつくればいいのでは。

      • 管理人アース より:

        ジークの子ども達を王家として受け入れられないのかもしれないですね!



        管理人アース

    125. くくり より:

      こんばんは。いつもサイトの更新を楽しみにしています。
      初めてコメントいたします。

      ヒストリアの妊娠は度肝を抜かれましたが、「2000年後の君へ」のタイトル伏線をキレイに回収する因子として、ヒストリアの子供を指しているのかなと思っています。

      そんなわけで、既にコメントで出ているように、ヒストリアとエレンの子供ではないかと推測しています。

      エレンとヒストリアの関係は、真リヴァイ班結成後の流れから、徐々に絡みが多くなってきており、ミカサ&アルミンとの距離の出方は、おそらくエレンがヒストリアを妊娠させた後、一人強行でマーレに潜入した行為が原因ではないかと。

      エレンが公にわかるようにヒストリアのパートナーになったのかどうか不明ですが、おそらくエレンが、キヨミとの会談でジークの策を聞い後、ヒストリアと密談する機会があったんだろうと推測します。

      ジークはエルディア帝国の復活を望んでいますが、エレンはそうではなく、すべての巨人を駆逐して自由を取り戻すことが目的だったはず。

      エレンの現状の行動の意味は、ジークと接触し座標を発動した後、最終的にエレンはすべての巨人を食って、ヒストリアとの子供を巨人化させ、自分を食わせて、巨人の力をまとめる気なんじゃないでしょうか?

      ヒストリアとエレンの子供なら、王族巨人です。そこに9巨人の力が集約され、ユミル・フリッツと同じ状態の人物が誕生するわけです。(しかも不戦の契のおまけつき)

      子供にその後の選択は委ねるという事になり、エレンの「すべての巨人を駆逐して自由になる」事を果たすラストなんじゃないかなと妄想してしまいます。

      マーレやパラディに居るエルディア人達をどの様にまとめるのかは、ちょっと謎ですが、すべてのエルディア人は、まるでエヴァの人類補完計画のように、ある意味一つになるんでないかと思います。

      • 管理人アース より:

        エレンがアルミンまでを捕食し、9つの巨人を集約した後眠りに付くのですかね?
        アニみたいに眠ったらユミルの呪いからも解放されるのでしょうか?
        となれば、最もキレイな終わり方になるかもですね!



        管理人アース

    126. くくり より:

      1つ前のコメントの追記

      誤字脱字が多い文章だったですが、ヒストリア&エレンの子にヒストリアが「ユミル」と名付けて9巨人を継承させるとなると、色々な伏線がキレイにまとまる気がしています。

      ヒストリアが死んだ目になっているのは、子供を憂いてかな?と思います。エレンが「いい子」でなくなったヒストリアに好意を抱いて、子を産ませ続ける未来を回避する為に、自分との子に未来を託す。

      結果的に父と同じ事を自分の子供にする事になりますが、自分らしく生きようとするヒストリアへのせめてもの愛(+自分やクルーガーの意思やエルディアの歴史)を尊重した上での今回の行動なのかなと。ジークの余命も含め。

      ハンジに対する、「じゃぁ、どうすればよかったんですか!」

      のセリフも回収できますし。

      それと、ヒストリアとエレンがパートナーになっていると、ミカサがマーレから撤退する際、マフラーを巻いていない事に納得。ミカサはあくまでもエレンの家族としての位置なのですよね。

      作者さんが、「幼馴染たちとエレンはいずれ袂を分かつ」ような発言をしていた記憶があるのですが、アルミンはいずれエレン(もしくはヒストリアとエレンの子供)に食われ、ミカサは東の国に戻って見守る展開になるのかなと、勝手に妄想します。

      • くくり より:

        アースさんコメントありがとうございます。

        今、ふと思いついたんですが、もしかして、エレン(もしくはヒストリアの子)が9巨人をまとめて、パラディ島の何処かに存在する「大地の悪魔」に力を返す展開も有り得そうですね。

        ヒストリアの子ユミルは、巨人に縛られない、はじめての新生エルディア人の王になる。

        ヒストリア・レイス(人種 歴史子さん:しかし直訳するとすごい名前だ・・・)は、諸々を集約して、新生エルディアの聖母となるわけですね。

        「進撃の巨人」っていうタイトルの通り、自由を求めて戦った進撃の巨人のラストストーリーのお話なのかもしれないですよね。

        (あ、でもハッピーエンドにはならないっていう作者のお話もあったような・・・

        • 管理人アース より:

          ハッピーエンドになるかならないかは、現在でも諫山先生は迷っているみたいなコメントもありますので、分かりませんね!
          9つにまとめて大地の悪魔に返還という展開もあると思いますよ!



          管理人アース

    127. くくり より:

      「じゃぁ、どうすればよかったんですか!」
      じゃなくて、

      「他のやり方があったら教えてくださいよ!」

      っていうセリフの回収でしたね。(汗

      ヒストリアの側にいた帽子の男は、結婚相手とか婚約相手ではなく、以前出てきた若い男性の記者ではないかと、自分も思います。

      もしかして軍にも旧貴族にも属さない、文化人の立場として、女王の側に置かれているのかな?

      • 管理人アース より:

        >アルミンはいずれエレン(もしくはヒストリアとエレンの子供)に食われ、ミカサは東の国に戻って見守る展開になるのかな
        ヒィズル国にミカサが転居するという予想ですね。
        「いってらっしゃい エレン」にも繋がるかもですね!
        たしかにキレイに収まるかもなので、あるかもですね!



        管理人アース

    128. はなはな より:

      巨人化してないのに跡ができる場面は、グリシャが始祖の巨人を奪還する場面でもありました。

      敵意を抱いたとき、もしくは味方を守ろうするときに出てくるのかと考察してみました。

      • 管理人アース より:

        その場面って63話では無いですかね?
        ここでは巨人化跡は描写されていないですが、他の場面ですか?



        管理人アース

    コメントを残す

    このページの先頭へ