あらすじ&感想

進撃の巨人ネタバレ72話「奪還作戦の夜」の考察まとめ

別冊マガジン9月号にて進撃の巨人72話「奪還作戦の夜」が発表されました!

シガンシナ区決戦が開始しライナー、ベルトルトの登場と盛り上がる展開となっています!

◆第72話「奪還作戦の夜」の見どころ&感想!!

2015-08-07_231801

「進撃の巨人」第72話「奪還作戦の夜」より

読み終わって真っ先に思ったことは「コニーのラカゴ村訪問の話はスルーかよ!」です(笑)

70話でのコニーのラカゴ村に帰るという話はミスリードだったのですね。

しかもキース教官訪問にエルヴィンが同行しなかった理由の説明も何も無しです。

おそらくシガンシナ区決戦の準備で忙しかったということでしょう。

そして、展開が早いな~とも思いました。

もう今年はライナー、ベルトルト、獣の巨人は登場しないのではないかと思っていましたが、次回でウォール・マリアのシガンシナ区入り口まで辿り着く位の勢いで話が進んでいますね!

今回の「奪還作戦の夜」というタイトルを見て第3話「解散式の夜」のタイトルを思い出したら作中で第3話のシーンが出て来て驚きました!

諫山先生の粋な伏線タイトルだったんですね(笑)

これは完全にやられました!(^_^;)

エレンとジャンの殴り合いのシーンは良かったですね~(^-^)

「ケンカするほど仲がいい」とはこのシーンのことなのだと思いました!

最後に登場したイケメンベルトルトとライナーが次回からの盛り上がりを期待させますね!

食堂での104期生のシーンとエルヴィンとリヴァイの会話のシーンは見どころでした!

◆第72話の伏線と「伏線らしき」ポイントまとめ!

第72話の伏線はこのようになっています。

  • キースが憧れだったハンジ
  • 「私が立ち会わなければならない」というエルヴィン
  • アルミンの「それだけじゃないよ」の続き
  • 奪還作戦出発のアルミンとミカサの位置
  • それではそれぞれ見て行きましょう!

    ◆72話の伏線考察!

    2015-08-07_223747

    「進撃の巨人」第72話「奪還作戦の夜」より

    キース教官にハンジが憧れていたと判明しました!

    これは伏線というよりも「伏線の回収」という意味で取り上げました。

    71話でキース教官に食って掛かったハンジは異常ではないかと思うほど激昂していました。

    【ハンジのなぜ怒ったのか考察!】で考察したほどです。

    その理由は今回判明したハンジがキース教官に憧れていたという事実で納得できますね。

    カルラに対する嫉妬と一時期は憧れていたキースに対する失望も71話の激昂の理由なのでしょう。

    71話のハンジの激昂の理由をさりげなく説明している「伏線回収」となっていますね。

    エルヴィンがリヴァイに対して言った「私が立ち会わなければならない」という言葉は不自然ではありませんか?

    文章の意味としては「私が」ではなく「私は」ではないでしょうか?

    もし、「私が」で正しいとしたらどういう意味なのでしょうか?

    エルヴィンにはまだ隠されている過去、使命があるのでしょうか?

    例えば記憶改竄の歴史にもエルヴィンの先祖が関わっているので、真実が明らかになる時も自分が立ち会わなければいけないとか…

    「私が」ですと、どういても公的な意味で「立ち会うべきだ」のような意味に取れるように思えます。

    考え過ぎかもしれませんが、伏線の可能性もあります!

    第70話でアルミンは「…悪夢だけでは無いよ、きっと…壁の向こう側にあるものは…」と呟き、「え…」っとエレンが聞き返しましたが、ジャンの話でうやむやになっていました。

    この続きが意味深で 【アルミンの正体についての考察】で考察もしたほどでした(笑)

    今回の「それだけじゃないよ」の続きで意味が分かりましたね。

    70話でも単純に外の世界のエピソードを言い、エレンを元気づけるつもりだったようです。

    このアルミンの「それだけじゃないよ」は伏線ではなく「伏線回収」として取り上げました!

    アルミンの壁外の話に以前ほど食いつかなくなったエレンの反応も気になります。

    シガンシナ区決戦でエレンの完全復活が見られることを期待しましょう!

    最後に奪還作戦に出発した時の画を見てみましょう。

    この画です。
    2015-08-09_061102

    「進撃の巨人」第72話「奪還作戦の夜」より

    次にコミックス5巻の表紙です。
    5

    「進撃の巨人」第5巻表紙より

    構図が良く似ていますよね。

    エレンに至っては全く同じです(笑)

    5巻の表紙でオルオとペトラがいるポジションにアルミンとミカサがいます。

    これは死亡フラグではないでしょうか?

    オルオとペトラが女型の巨人に殺されたように、近い将来獣の巨人にアルミンとミカサが殺されるというフラグではないでしょうか?

    さすがにアルミンとミカサの死亡フラグは作者のミスリードだと思いますが…(-_-;)

    今後の展開も見逃せないようです!(^O^)!

    【進撃の巨人18巻の発売日12月9日まで抑えるべき考察まとめ!】
    【進撃の巨人ネタバレ73話の展開あらすじは?ライナー達と激突展開も】
    【進撃の巨人ネタバレの72話あらすじを予想!!エルヴィンに死亡フラグも!】
    【進撃の巨人ネタバレ71話確定と画バレから伏線を考察!】
    【進撃の巨人LOSTGIRLSネタバレ1話(アニ外伝)の考察まとめ!】

    アニメやマンガが見放題
    進撃の巨人を無料で楽しむ方法

    進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

    今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

    初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

    U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

    評判&口コミ公式ページ

    \無料キャンペーンあり/

    VODランキングはコチラ

    ↑タップでコスパ比較↑

    POSTED COMMENT

    1. kichipochan より:

      はじめまして。超初心者です、どうぞよろしくお願いします。
      これまでの漫画を全て読んでいない状態でアニメを観たりしているための混乱を解消するのに、
      すごくすごく参考にさせて頂いています。
      たまたまこの記事を今日読んで、アースさんが「おかしいのでは、伏線かも?」と仰っている部分について、思ったことがあるのでコメントさせてください。
      エルビンの「私が」のクダリです。
      この物語の全体の流れではなく、エルヴィンという人に焦点を絞って見ると、彼は、
      「小さな自分が愚かで浅はかだったために自分の父親を憲兵による暗殺に追い込んだ」という思いに、
      子供の頃からずっと心のほとんどしべ手を支配され、
      自分にとっての父親と言うばかりでなくおそらくは他の家族にとっても大切で掛け替えのない存在であったであろう、何の罪も無い父を、
      自分の思慮の浅さのために死なせてしまったことに対する強い罪悪感を根拠にして、
      生きる道を決めてきた人であると思うのです。
      父の死が真実に近付いたための口封じであったという疑念が確信へと変わるとともに、
      暗殺を行った存在を晒し出し自分の手で裁く、というところまでが
      自分が命をかけて成し遂げるべき自分の人生の目的であると、強く思うようになっていったのではないかと感じます。
      エルヴィンが死の特攻の前に「父との夢」と表現しているために、
      単なる「知りたい」という野心や、父との温かい思い出のような方向性のものであった印象が強く出てしまっているように思いますが、
      「父との夢」という言葉は本当に父と一緒に見ていた夢ではないんですよね。
      父の死後にエルヴィンが作り出した、自分を救うための表現なのかなと感じます。
      エルヴィンは父親や家族に対する罪悪感で壮絶な苦しみを抱え続けていたのではないでしょうか。
      だからこそ、自分「が」真実を見極め裁きを下し、父に償わなければならないのだ、という気持ちなのではないでしょうか。
      兵士という立場としての言葉ではなく、一個人、父親を死なせてしまった息子としての、「わたしが」ではないかなと。
      このときのリヴァイはまるで愛の告白をするようですよね(@´゚艸`)
      小さいから無理でしょうが壁ドンでもしそうな勢いですね。
      そのリヴァイに動かされて本音が少し出せたんだろうと思いました。
      ここではリヴァイに「父との夢」という理由があるのだと説明してはいませんが、このセリフは本音の一部なんだと思います。
      でもこのときのリヴァイには、それはまだ分かっていなかったのでしょうね。

      長々と失礼しました。

      • 管理人アース より:

        リヴァイにとっても珍しい本音を吐露する部分なので、熱い場面ですよね!
        エルヴィンとリヴァイのかけがえのない展開だと、今振り返っても思いますよ(*^^*)

        管理人アース

    2. サキタ より:

      エルヴィンたちが他兵団幹部に挨拶をしている場面でエルヴィンだけ手が逆なのは何か理由があるんでしょうか?

    3. 名無しの巨人 より:

      既出そして何年越しの記事にコメント申し訳ありません。

      エルヴィンがウォールマリア最終奪還作戦開始!
      進めえええ!と馬を走らせている時、
      エルヴィンの後ろに肩くらいの髪の長さの黒髪の男性?が描かれています。
      一瞬エレンかなと思ったのですが、馬を走らせている時のエレンは前髪があります。
      その男性は前髪が風でオールバックになっています。
      リヴァイとも違うようです。
      あれは誰なのでしょうか。
      2コマ使ってしっかり描かれています。
      そしてそれは壁外に出た時の少し成長したエレンにも似ている気が。
      ここは無関係なのでしょうが、この人物が誰なのか気になって夜も眠れません。笑

      もしご存知でしたら返信をお待ちしております。
      お忙しいところお手数ですが宜しくお願いします。

      • 管理人アース より:

        たしかにくっきりと描けれており、エレンっぽいですね。
        ただ、これが誰なのかは分かりません。
        モブキャラではないでしょうか?

        管理人アース

        • 名無しの巨人 より:

          返信ありがとうございます!

          モブキャラなんでしょうか。
          意味のない登場はさせないような気もしますよね。
          これから出てくるのかな。
          この人物をどこかで気にしつつこれからの展開を楽しもうと思います。
          ありがとうございました。

          • 管理人アース より:

            >これから出てくるのかな。
            この時のシガンシナ区決戦は、エレン達9人しか生き残っていないことになっているので、おそらくは死亡しているでしょう。
            もしかしたら、アニメでは何か演出されるかもしれないので、3期アニメにて要注目ですね!

            またよろしくです!

            管理人アース

    4. ごく普通の奇行種 より:

      アース団長は間違っていると考えているようですが、今回のハンジのセリフはグリシャが壁ドンの後にレイス家に行ったことの裏付けになっていますよ。最初の会議のシーンです

      • 管理人アース より:

        ごく普通の奇行種さん!

        コメントありがとうございます!

        >グリシャが壁ドンの後にレイス家に行ったことの裏付けになっています
        公式ガイドブック「Answers」の記事を読んだ時に、真っ先にこのハンジのセリフを思い出しました。
        むしろ、このハンジのセリフから「Answers」の記事が書かれたのでしょう。
        となると、グリシャの行動は「二つ上の街に診療」→「道中か、そこでシガンシナ区陥落を知る」→「シーナでレイス家襲撃」→「トロスト区へ移動」→「エレンに捕食される」となりますね。
        最後のエレンに捕食されたのは、71話の画から夜だったのが分かります。
        これは、何日後の夜だったのでしょう?(・_・;)
        こうなって来ると、「Answers」の記事は正しいということになるでしょう!
        記事更新しなければです!

        またコメントください!
        よろしくです!

        管理人アース

    5. ニャル より:

      どうも!
      上のコメント見て刺繍と言えば…
      刺繍がアッカーマン家に伝わってるのなら、リヴァイとかもあったりして?
      でも、リヴァイは地下街に住んでいたのならお父さんとか居ない=伝わっていないかもしれませんね?
      また、関係ないコメントですみません><;

      • 管理人アース より:

        ニャルさん!

        コメントありがとうございます!
        刺繍、刺青は東洋の一族に伝わるものであり、アッカーマン一族とは関係ないですよ!
        また何かありましたら、コメントください!
        よろしくです!

        管理人アース

    6. ロザ より:

      はじめまして!
      わかりやすいまとめと考察、参考になります!
      この回のくだりは今まで急ピッチで強烈な展開が続いていたのと、直後に重要な作戦が控えているのとで、嵐の静けさという印象を受けます。
      アルミンの本についての話ですが、「見たい」だとか「目」とかの描写がやたらと多い気がします……
      流石に管理人さんのおっしゃる通り、アルミカサの死亡フラグはない気がしますが……

      目が潰れて失明とか、片目になってしまわないかなぁ……そしたら、いつか海を前にしても見れなくなっちゃうんじゃないかなぁと、アルミンのフラグについて考えてしまいます!
      これからも考察楽しみにしてます!

      • 管理人アース より:

        ロザさん!

        コメントありがとうございます!

        >わかりやすいまとめと考察、参考になります!
        ありがとうございます!励みになります!

        >嵐の静けさという印象を受けます。
        そうですね。まさに嵐の前の静けさだと思います(笑)
        73話では作戦決行しますが、やはりまだまだ静かな感じです。
        これは何か「溜め」を感じますね。
        何かとんでもない展開が起きる前の「タメ」です。
        そのように感じさせる展開は次の展開のハードルを高くしてしまいます!

        そうさせている作者は次によほどの展開を用意しているのではないでしょうか!?

        >そしたら、いつか海を前にしても見れなくなっちゃうんじゃないかなぁと、アルミンのフラグについて考えてしまいます!
        これくらいの展開が用意されていると思われます!

        これからも面白い考察を書いていくので、また良かったらコメントください!

        管理人アース

    7. Flügel der Freiheit より:

      キース訪問にエルヴィンが同行しなかったのは、おそらく、キースとは確執があったので会いにくかったからではないかと感じます。もしもキースの話をエルヴィンが聞いていたら…。雰囲気は非常に悪くなっていたと想像してしまいます。

      ましてや、キースがエルヴィンの前で、「本当のことを言うと、私はあんたに劣等感を抱いていた。」などと言えば、ハンジは悔し涙を流したかもしれませんね…。エルヴィン自身が訪問しなかったのは、不幸中の幸いだと思います。

      キースはおそらく、非常にプライドの高い人物であり、その裏返しとして、エルヴィンに劣等感を抱いていたのだと思います。キースは、正直な気持ちとしては、エルヴィンをもっと信頼したかったのかもしれませんが、プライドが邪魔して、結果的に確執が起こってしまったのではないかと思います。

      それにしても、アースさんの仰る通り、ハンジがキースに憧れていたというのは、衝撃的なことですね!この「憧れ」というのは、おそらく恋愛感情も含まれると思います。

      ハンジの恋愛に関していうならば、モブリットがいるので何も心配する必要はないでしょう!末永く仲良くしてほしいものです(笑)

      • 管理人アース より:

        Flügel der Freiheitさん

        コメントありがとうございます!

        >ハンジの恋愛に関していうならば、モブリットがいるので何も心配する必要はないでしょう!末永く仲良くしてほしいものです(笑)
        モブリットには頑張って欲しいですよね(笑)
        彼ならハンジと上手くやっていってくれそうです(笑)

        【進撃の巨人ネタバレ73話確定最新画バレ!「はじまりの街」のあらすじまとめ!】もよろしくです!

        今回の展開はほぼ予想通りでしたが、来月は難しいですね(・_・;)
        ライナーとベルトルトがどのように仕掛けてくるのか…
        難しいですがワクワクします!

        またよろしくお願いします!

        管理人アース

    8. エレン より:

      アルミンがエレンに壁の外の話をしているとき、リヴァイだけでなくミカサも下を向いています。そのところからアッカーマン一族には外の秘密をなにか知っているのでは?と個人的に思いました笑
      五巻との構図が同じなのがびっくりしたんですが、もしかしたら今度はエレンも巨人化しリヴァイもいるところで戦闘開始で始まるという、今までとの違いを出しているのかも?と思いました笑

      • エレン より:

        あ、ミカサはまた2人にしかわからない話してるって言ってましたね笑
        失礼しました

      • 管理人アース より:

        エレンさん!

        コメントありがとうございます!

        ミカサには必ず何かが起こるのは間違いないです!
        右手首の刺青が関係してくることは間違いないですが、それはもう少し先でしょうね。
        【進撃の巨人の東洋の一族の正体は?アッカーマン家と関係も?】ミカサのこれからの展開はこんな感じだと思われます!

        エレンゲリオンとリヴァイのタッグでの戦いという予想は面白いですね!
        ついでにミカサも入ったシーンがあったらたまらないです(笑)

        またコメントよろしくお願いします!

        管理人アース

    管理人アース へ返信する コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です