【進撃の巨人】ネタバレ127話128話展開予想!ヒストリア登場示唆からキヨミ様も?

展開が一気に加速したように感じられた126話「矜持」でしたが、その加速から本当に最終話が近いのだなと感じられました。

「真っ逆さまに落ちていく滝壺に近づくに連れて加速する川の流れ」を思わせる物語の展開、と管理人アースには感じられました。

まさに支流から本流に合流し、まっすぐ滝に向かっていく様が見られましたよね!

では、さらに滝壺に近づくであろう127話は、どのような展開となるのでしょうか?

そこには流れを緩める岩のような障害物が登場するのか?

それとも流れを加速させる支流が、さらに合流するのか?

127話の展開を予想してみましょう!

Sponsored Link

◆127話展開予想!

2015-11-24_062440
ライナーと合流したコニー達。

そのまま打ち合わせ通りに巨大樹の森「ジークのホテル」に移動します。

そこでハンジ、マガト達と合流するコニー達。

合流したライナーとアニを確認するジャン。


ジャン
「…生きていたか」

気不味い沈黙。

ジャンやコニーの顔を見れないライナー


その様子を見て声をかけるアルミン。

アルミン
「ジャン、コニー。気持ちは分かるが今は仲違いしている場合じゃない。」

「それに僕には分かる。ライナーも苦しんでいたんだ。」

「戦士と兵士の間で…分裂してしまうくらい」

ベルトルトの記憶を持つアルミンに言われ、何とも言えない表情になるコニーとジャン。

アニ
「私が言う事ではないけれどアルミンの言う通り」

「今は世界を滅ぼすとか訳の分かんない事を実行している生き急ぎ野郎を、何とかするのが先決」

超大型巨人が進行している方角を見つめながら、最もな事を言うアニ

そんな104期達の会話を聞いていたハンジが、前に出てまとめます。


ハンジ
「その通りだ。エレンがとんでもない計画を実行してしまった。」

「世界にとっては安楽死計画とやらよりもタチが悪いかもしれない」

「で、みんなの意見を聞きたいけど」

104期たちを見渡し、一度言葉を切るハンジ

ハンジ
「エレンがこの計画を実行したのは、我々パラディ島の人々を考えてのことだろう」

「特に君たち、同期の未来を考えてのことだ」

「それでも…」

「彼を止めに行くのかい?」

シガンシナで生死を共にした部下たち一人ひとりを見つめながら質問するハンジ

アルミンが口を開きます。


アルミン
「はい。もちろんです」

「僕たちにしか、止められないかもしれない」

ジャン
「あいつを止めるなんて事はそりゃ、不可能かもしれないが」

「ぶん殴るくらいしなきゃ、気持ちが収まらねぇよ。」

コニーと目を交わしながらつぶやくジャン。

沈黙のまま、頷くミカサ。

マフラーはしていないよう。

それらの答えを聞いているリヴァイ。


リヴァイ
「どうやら決まったようだな」

「で、どうする団長。」

「あいつを止める方法はあるのか?」

ハンジに目線を移し問うリヴァイ

ハンジ
「ああ」

「だがその前に、我々の意志が固まった以上、これを進言しなければいけないだろう」

言葉を切って、皆に目線を向けるハンジ

ハンジ
「我らが女王陛下に」

同期を想い世界のために動く104期

しかしそこに嘘つきフロックは全く無い…(・_・;)


128話につづく

◆舞台は大陸へ向かうのか?それともパラディ島で終わるのか?

2016-02-27_075413
キヨミ様が用意し「何かあったらすぐに私達の船までお逃げなさい」とミカサに言ったヒィズルの船の存在から、舞台は海の向こうに移るだろう、と管理人アースは予想していました。

そして126話で大量に用意していた食料と武器から、やはり海を渡る展開になるのかなとさらに確信を深めました。

しかしここからどうやって海を渡るのだろう、とちょっと考えあぐねています。

126話最後のコニーのセリフから、相手はエレンになりそうです。

となると、パラディ島にいるであろうエレンと戦う事になるようにも感じます。

それともこれからエレンは大陸を渡るのでしょうか?

今回ハンジがエレノサウルスを確認しているので、まだパラディ島にいると思われますが…

それともたとえば127話で、キヨミ様が登場し「地鳴らしを止める方法がヒィズルにはある」みたいな展開があるのかもしれませんね。

もしパラディ島で終わるとしたら、あの船と飛行艇はミスリードとなりますが…

ミスリードではないように管理人アースは感じていますが!

やはり管理人アースは舞台は大陸に渡ると予想しますよ!

この辺りも含め、127話の展開を見なければですね!\(^o^)/

126話考察!リヴァイ兵長の傷包帯から座標でエレンと会話したか検証!
126話考察!歯磨きハンジとピークの会話から巨人化できないのか検証!
126話考察!ジーク死亡?ハンジの始祖が取り込んだ説を検証!
126話考察!夜ジャン部屋に映る影の正体から端折られた場面を妄想!
126話考察!イェレナを条件にしたマガトの真意を予想!
126話考察!リヴァイの指欠損とピークフィンガーから目的達成できるか検証!
126話考察!「ミカサはどこだ」発言はフロックかエレンか検証!
126話考察!窓に映っていた影はキースか検証!
126話考察!コニーへのアルミンの大博打は計算か勇者か検証!
最新話から最終回までのまとめ!結末から伏線・考察を全網羅
126話「矜持」あらすじ感想考察!


Sponsored Link

21 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ127話128話展開予想!ヒストリア登場示唆からキヨミ様も?”

  1. ユミル・イェーガー より:

    団長 記事更新お疲れ様です。

    126話の展開速度を見ると あと8話(2巻)もあり得るかなと 何とも言えない複雑な心境です。。。
    32巻の1話目となる127話は 30巻119話が衝撃のエレン首チョンパから道への展開に繋がったように 物語がさらに大きく進む回になりそうな気がします。
    ジークの所在、マガトの真意とイェレナの素性、キヨミ様の動向、ヒストリアの状況など次々に明らかとなり、更には「ミカサは…どこだ?」と人影の人物の衝撃の正体が…!!
    104期も揃い、9つの巨人も揃い、マーレ&パラディ&ヒィズルの主要人物とイェレナ&オニャンコポンも揃い、最終決戦に向けて残りのピースは『ミカサの秘密』のみ!!
    「ミカサは…どこだ?」は「ミカサの秘密」を知る人物のセリフだと踏んでいます!
    127話は、団長が待ち望んだ「東洋の一族編」の入り口になるかも?
    ちょっと短い東洋の一族編になりそうですが…( ´艸`)

    • 管理人アース より:

      >127話は、団長が待ち望んだ「東洋の一族編」の入り口になるかも?
      ちょい短くても十分嬉しいです!(笑)
      エレンが登場したらひっくり返りますが、無いかなぁ(・_・;)


      管理人アース

      • ユミル・イェーガー より:

        エレンの可能性もあると思いますよ!!
        諌山センセのことだし…
        正体判明までいろいろ妄想できちゃいますね(笑)

  2. あいうえおんおん より:

    あの謎の人物の正体ってキースなのでは?

  3. アニとアルミンたちの再会が 偶然過ぎると
    いわれます。
    が、そこには ヒッチの手回しがあったと
    思います。

    ヒッチは 並ぶのに時間がかかっている事から、
    けっこう前から この場所にいたといえます。
    そして アルミンたちをそこで見かけたのだと
    思います。

    そこでヒッチは アニをアルミンたちが座り
    そうな席に着かせ、自分は邪魔にならない
    ように後から現れるという、粋な計らいを
    したと思うのです。

    また、アニの手紙に 偶然アルミン、コニーと
    合いと書いてあって、ヒッチがそこで驚かな
    いのが不自然なのです。
    普通は驚くはずなのに、そのまま読んでいる
    という事は、アルミンたちが現れたのを知っ
    ていたと思われるのです。
    ともあれ、アルミンたちとアニの合流を追って
    ヒッチもこの後、仲間に加わる期待が持てる
    と思います。

  4. 二度目の投稿 より:

    フロックの「ミカサは,,,』発言の一コマはフロックだと思います。
    他の誰かが声をかけているのであれば、吹き出しだけ描いて、フロックがその人物を見上げるような描き方になるでは?と思ったからです。
    104期生が集結する中、その対比として、一人ぼっちである事を認識し、落ち込んで視線を下げた
    ワンシーンだと思います。
    大外れだったらごめんなさいです。

  5. ニ度目の投稿 より:

    Twitterでフロックに投票しました。案外エレンという意見が多いですね。
    エレンなら顔に巨人痕があるはずです

    • 管理人アース より:

      たしかに巨人化痕は確認できませんね。
      ただ現在のエレンならそのような現象がある可能性も…
      また別記事にて考察しますね!


      管理人アース

  6. HN忘れた より:

    「地鳴しを止める方法がヒィズルにはある」としたら・・・

    スサノオノミコトのヤマタノオロチ退治の伝説でしょうか。

    十拳剣や天叢雲剣のようなファイナルウェポンが登場したりして・・・
    って、それはないか。

    • 井筒孝庵 より:

      HN忘れたさん、こんばんは。

      ファイナルウェポン、十挙剣/十束剣のお話、とても興味を惹かれてしまったので、別トピック(窓の影の人物)にて、想像を交えて使わせて頂きました。事後にて恐縮ですが、御礼申し上げます。引き続き、宜しくお願いいたしますm(__)m

      ーーーーーーーーー

  7. 井筒孝庵 より:

    こんにちは。

    戦士x兵士の合流、104期生の再合流は、記憶によると第115話「支え」でのラストシーンでのピーク登場で話題に上っていましたが、(当時はジーク神と兵長の安否が専らの話題でしたが(笑 )

    あれから連載期間/読者時間で1年を経過していて、合流までに随分と時間がかかっているような気がしますが、作中時間ではたったの1日なんですよね(´∀`*)

    ・・・

    フロック、ピンチ( ̄▽ ̄;)

    ジャンとミカサの離脱、ルイーゼの再起不能等の描写は、イェーガー派の戦力が崩壊しているに等しいことを示しているのでしょう。

    実戦の戦力の塊として、スルマらの新兵にせよ、実態としてイェーガー派から離れキース派を形成しているに等しいし、義勇兵にせよ、イェレナを失うことを免れていて、面従腹背で直ぐには手向かわずとも、離反する動機に加え機会が整ってきている。

    一般に「統治」という場合の能力の「源泉」は、組織力・財力・カリスマの3つ、「手段」は、威嚇・報償・条件付けの3つですが、(出所:「権力の解剖」、ガルブレイス、日経)

    フロック/イェーガー派の統治能力は、急速に失われていて、入れ替わって、戦士x兵士のそれが急上昇。

    ・ 筆頭は、なんと言っても兵長。比類なきカリスマと威嚇権力の行使能力。

    ・ 戦士x兵士の側には、マガト・イェレナ・ミカサを合わせてカリスマが4人、ハンジ・ピーク・アルミンの参謀/ブレーンが3人、そして知性巨人が5体(´∀`*)

    ・・・

    窓際の影の人物は、平凡ですがキース教官かな。傍観者から当事者へのキース長官の成長。

    想像として、その夜にハンジが城内に潜入、キース教官と再会して作戦会議・・決別したかに見えた師弟の再会のシーンを後日に待望(´∀`*)

    ーーーーーーーーーー

    • 管理人アース より:

      ハンジとキースの再会、良いですね!
      見たいですよ(*^^*)



      管理人アース

  8. 団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    確かにパラディ島で巨人達の行進を食い止めるつもりなら、ミカサ達があれだけの武器や食料を用意するのはおかしいです。
    ただ、ここで全員が島を離れる展開になるとしても、フロックがこのままおとなしく引き下がるとも思えません。

    民衆達もエレン信者のようになっているので、このあたりはまだ一悶着ありそうです。
    もしも戦場がパラディ島になると仮定した場合、ミカサがエレンを置き去りにして単独でヒィズル国に行くと言う展開はどうかと思いますね。
    もっと絶望的な状況に陥った時にキヨミ様から「ヒィズルに行けばエレン封じの秘策を授ける」みたいな言葉が出れば、その可能性もあるのかなぁとは思います。

    冒頭は104期生達とハンジさん達が合流して、お互いの意思を再確認と言う流れになりそうですね。
    ヒストリアの居所はナイルが確認しますと言ったまま明かされていないなので、このあたりも気になるところです。

    そして一点だけ気になっているのですが、ジークが始祖の巨人に取り込まれていると言うのは、ハンジさんの推測通りで回収と言う事になるんですかね?
    まさかイェーガー兄弟のヒュージョンが実現するなんてびっくりです(笑)

    • 管理人アース より:

      >ハンジさんの推測通りで回収と言う事になるんですかね?
      おそらくです。
      これまでハンジ、アルミン、リヴァイ、エルヴィンは間違えたことがないのでおそらくはこのまま回収ということになるかなと。
      エレノサウルスの中で二人が指を突き合わせているかもですね(笑)



      管理人アース

  9. ツクシ より:

    フロックは今の章に入ってから劇的に立場が変わり、モブ的位置から物語を動かす側になりましたが、それでもまだキャラクターの濃さ、太さで考えるとレギュラー陣よりも格下であるように思えてなりません
    強権を振るえる立場になり、ジャンやミカサに対しても物怖じせず対等以上の物言いをしていますが、私にはどうしてもフロックが彼らと対峙し、対等に渡り合うビジョンが思い浮かびません

    ところで窓際からアニらを見下ろす人影についてですが、私はあれはキース団長だと予想しているのですが、もしあれがキース団長だった場合、エレンがマーレに進撃し、それを追うようにして兵団、マーレの戦士、104期生、義勇兵、ガビファルコら主要な面々がパラディ島から去っていってしまった時、パラディ島の、特にシガンシナ区にはキース団長とフロックぐらいしか名有りキャラは残らないのではないかと考えられますよね

    ここで思ったのですが、キース団長とフロックって実は対になっている存在なのではないか?とここに来て今更ながら思い至る事となりました
    ジャンやミカサらと対等に感じられないフロックも何故だかキース団長とは対の存在として対比される事にしっくりきます

    まず二人の共通点として、どちらも自らが選ばれし者ではない事を自覚している点が挙げられます
    どちらも選ばれし者であるイェーガー親子から多大な影響を受けて人生観が変わってしまった経緯がある事も重要かと思います
    また無能な自分だけが生き残った事に負い目を感じ、自分の命に意味を見いだそうと必死なところも似ているのではないかと思います

    次に対比点ですが、改革を望む若き兵士と旧態依然な老兵という年齢的な点と、それに付随する価値観の差
    しかし実はこれは対比点ではなく、実は共通点なのではないかとも思いました。
    つまり二人は同じタイプの人間であり、二人と立場の違いは単に昔と今の比較でしかないのではないかという事です
    フロックは昔のキースにそっくりであり、フロックがそのまま年を取るとキースのようになるという感じですね
    フロックが執拗にキースを否定しようとするのも、自分が無価値な老兵と同じである事を認めたくないからなのかな?たんて思います

    そしてその枯れた老兵キースに残された最後の役目は、自分と同じ境遇に落ち、今なお道を見失っているフロックに引導を渡し、正しい道に引き戻す事なのかな、なんて思いましたがどうでしょう?

    • 管理人アース より:

      フロックもキースも「自分は特別ではない」というコンプレックスを持った人物という共通点がありますよね。
      この辺りをオーバーラップさせた展開が登場するかもですね!
      素晴らしい考察をありがとうございます!



      管理人アース

  10. 小さな巨人里中ファン より:

    ヒストリア女王、早く出てきてほしいのですが、一方でこれまであまりにいい子だったせいで、今回も期待通りに動いてくれるのか逆に不安に思ったりもして……。と言うよりも、たまには我欲に振り回されるヒストリアがいてもいいんじゃないか、彼女のせいで解決(?)までの道が遠回りになってしまう、なんて展開もあっていいんじゃないか、なんて思ってしまうのです。個人的に守りたい対象ができたことでもありますし。
    (いや、それによって連載終了が先延ばしになって欲しいっていう私の我欲が言わせるのかも……)。

  11. ユミル・イェーガー より:

    こんにちは。

    窓の影の人物 「ミカサは…どこだ?」の人物
    皆さんの考察盛り上がってますねぇ。。。
    127話以降の展開に関わる伏線ですからね。
    毎回次号が気になって気になってしょうがないこの最終局面!!
    ヒストリアの13ページ目での出産!
    名前は「ユミル」!
    二千年後の君へは「人としてどう生きてゆきますか?」というお題!
    「お前は自由だ」が答えではなく問いかけに感じるエンディング!
    ブレずに期待しながら待ってます!!!

  12. Adbent より:

    主要人物が一気に集合し更に怒濤の展開になりそうですね。リヴァイがもう起き上がっているということは、近々立ち回りが見れそうです。指の怪我に関しては、ブレードを逆手持ちにするので薬指、小指側に力を込めているのではないかと思います。なので、さほど戦闘力は低下しないかと。あの独特のカップの持ち方も含めて伏線だったのかもしれませんね。

    • 管理人アース より:

      >あの独特のカップの持ち方も含めて伏線だった
      なるほど!
      これmまた見直して確認しなきゃですよ!
      ありがとうございます!



      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ