あらすじ&感想

【進撃の巨人 ネタバレ】84話最新の画バレ「白夜」考察あらすじ感想!

21巻2話目となる第84話ですが、エルヴィンとアルミンをめぐる、リヴァイとエレン&ミカサは、どうなるのでしょうか?

まさかのアッカーマン対決が実現となる展開となりました!

さらにハンジが加入し、ハンジはもちろんエルヴィンを助けるという判断を!

アルミンとエルヴィンのどちらかを助けるという展開の決着は、いったいどうなるのでしょうか?

84話も最後まで見逃せない展開となっています!

それでは内容を見て行きましょう!

◆第84話「白夜」あらすじ&内容!

2016-08-08_035455

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

リヴァイ
「お前ら…」

「自分で何をやっているのか…」

「わかっているのか?」

屋根の上には、黒焦げになったアルミン、四肢を削がれたベルトルト、瀕死のエルヴィンと側には新兵、そして、エレンとリヴァイ、その後ろにはブレードを抜いたミカサがいます。

リヴァイは、何とか ひとつしかない巨人化注射をアルミンに使用させようとしているエレンとミカサに向けて言います。

リヴァイ
「エルヴィンを」

「調査兵団団長を」

「見殺しにしろと言ってるんだぞ?」

ひとつしかない巨人化注射をアルミンに使用すると言うことは、エルヴィンを見殺しにすることになります。

リヴァイの言う通り、それはあり得ない事でしょう。

「ゼェ ゼェ」と息の荒い、寝ているエルヴィンの描写

その言葉を聞きながらも涙を浮かべ、納得できないようなエレンとミカサの表情。
2016-08-08_035517

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

リヴァイ
「時間が無い」

「邪魔をするな」

しかし、そのリヴァイの言葉を聞いたエレンは、ガシっとリヴァイが持っている巨人化注射を奪おうと、掴みます!

上官に反抗する、新兵エレン!(・_・;)

グググっとリヴァイから、力ずくで奪おうとするエレン
2016-08-08_035532

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

リヴァイ
「エレン…」

「私情を捨てろ」

エレンを諭そうとする兵長リヴァイ

エレン
「私情を捨てろ?」

「さっき…注射をすぐに渡さなかったのは何なんですか?」

涙を浮かべたまま、言い返すエレン

その後ろでは「ヒュー ヒュー」と浅い呼吸をしながら寝ているコゲミン

リヴァイ
「…エルヴィンが生きている」

「その可能性が頭にあったからだ」

前話83話で、巨人化注射を出す時に、もたついていた事が故意であることを認めるリヴァイ。

エレン
「フロックが瀕死の団長を運んで来るなんて…」

「まったくの予想外だったはずです」

注射を出すのが遅かったのは、リヴァイの私情だろうと言うエレン

リヴァイ
「その通りだが」

「ここにエルヴィンが現れた以上」

「エルヴィンに使う」

あくまで冷静に対応するリヴァイ

そして、エルヴィンに使用することを譲らないというリヴァイの返答に、絶望の表情を浮かべるエレン

掴んでいた巨人化注射に力を込め、エレンは力ずくで巨人化注射を奪おうとします!

すると、エレンの顔面にリヴァイの裏拳が入ります!
2016-08-08_035558

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

バキ!っと歯が折れ、二本の歯が吹っ飛ぶ描写!

審議所でもエレンの歯を折っているリヴァイは、エレンの歯が気に入らないのかもです(笑)

歯とともに、エレンも吹っ飛びます!

後ろで見ていて、表情が変わるミカサ!

ものすごいジャンプ力で、ヒョウのようにリヴァイに襲いかかります!

そしてそのままリヴァイを押し倒し、ブレードを首元に向けます!

フロック
「オイ!!」

真っ青になり、ミカサに声をかける新兵フロック

リヴァイは「ッ!!」と、ミカサに押し倒されたまま、何もできないようです!

ミカサは右手でブレードをリヴァイの首に押し当て、左手で巨人化注射を持っているリヴァイの右手首を掴んでいます。
2016-08-08_035619

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

ミシ、ミシっとリヴァイの右手首の骨にプレッシャーがかかっている描写

リヴァイは掴まれているミカサの手を、払えないようです。

ミカサ
“…力が…弱まってる!?”

いつものリヴァイのパワーでは無いと気付くミカサ

リヴァイはミカサに全く敵わず、「…ッ!!」と為す術がないようです。

ミカサ
“力づくで 奪える…”

涙を浮かべながら、決心するミカサ!

そんなミカサに、押し倒されたまま言うリヴァイ

リヴァイ
「お前らもわかっているハズだ」

「エルヴィンの力無しに人類は巨人に勝てないと」

フロック
「…そうだよ ミカサ…」

「もうやめろ こんな馬鹿なマネ…」

ミカサは諭そうとするフロックに、鬼のような表情で睨みつけます。

フロック
「う…」

何も言えなくフロック(・_・;)

オオオオオオオオオ

殴られたエレンは吹っ飛んで屋根の端で倒れていましたが、そのままの姿勢でリヴァイに言います。
2016-08-08_035646

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

エレン
「…ア…」

「アルミンがいなくたって…」

「無理だ…」

ミカサ
「エレン!!」

倒れたままのエレンを、心配した表情で名前を呼ぶミカサ

エレン
「アルミンがいなきゃ…」

「勝てない…」

「だって…」

「そうだったでしょ…?」

エレンはグググっと起き上がりながら、リヴァイに言い続けます。
2016-08-08_035704

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

エレン
「トロスト区を岩で塞いで守ることができたのも…」

「アニの正体を見抜いたのも…」

「夜間に…進行することを思いついたのもアルミンだ」

「潜んでいたライナーを暴き出したのも…」

「ベルトルトを倒すことができたのも全部…アルミンの力だ!!」

朝日をバックに、ライナーが潜んでいた壁の中を探すことを提言するアルミンの描写

言い続けるエレンの言葉を黙って聞くミカサとリヴァイ

エレン
「人類を救うのはオレでも団長でもない!!」

「アルミンだ!!」

「そうだろミカサ!?」
2016-08-08_035726

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

エレンは涙を流しながら、訴えます!

その言葉を聞いたミカサは、リヴァイが持っている巨人化注射にガッと手をかけ、リヴァイに言います。

ミカサ
「渡してください」

グググっと力を込めるミカサ

リヴァイ
「ッ…!!」

リヴァイは答えられません。

見かねたフロックがミカサとリヴァイに近付き、言います。
2016-08-08_035754

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

フロック
「…人類を救うのは」

「エルヴィン団長だ!!」

ミカサ
「黙ってて」

グググっと力を込めて、巨人化注射を奪おうとしているミカサ

フロック
「ッ…!!」

「黙ってられるか…」

男を見せるフロック!(^^)

フロック
「お前らばっかりが辛いと思うなよな」

「まだ知らないだろうけど」

「あの壁の向こう側に生きてる兵士は もう誰もいねぇ…」
2016-08-08_035815

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

フロックは、壁を指差し説明を始めます。

フロック
「『獣の巨人』に」

「みんな殺されたんだ」

フロックの言葉に、目を見開くエレン

フロック
「遠くから飛んでくる石つぶてに」

「みんな…グチャグチャにされた」

涙を浮かべたまま、フロックの言葉を聞くミカサ

フロック
「誰も助からないと思った…」

「でもエルヴィン団長だけは違った」

「あの状況で獣の喉笛に食らいつく算段を立て」

「…実行した」

「俺達新兵の…命を囮にしてな」

「すべてはリヴァイ兵長が獣を奇襲するためだ」

獣の巨人に向かって特攻をかける新兵達の描写

フロック
「みんな作戦通りバラバラに砕けたよ」
2016-08-08_035833

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

「ゴードンも」

「サンドラも」

「マルロも…」

「みんな…自分の死が誇らしいとか思う暇も無かっただろうな…」

「みんなが最後に感じたことは…」

「きっと…恐怖だけだ…」

石つぶて攻撃を受ける直前のマルロとフロックの描写

フロック
「…まだ息のあるエルヴィン団長を見つけた時は…」

「とどめを刺そうとした…」
2016-08-08_035850

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

地面に倒れ伏しているエルヴィンに、ブレードを向けているフロックの描写

フロックの話を聞き入り、動きを止めているリヴァイ、ミカサ、エレン

フロック
「でも…」

「それじゃ 生ぬるいと思った…」

「この人には まだ地獄が必要なんじゃないかって…」

エルヴィンにブレード向けたまま止まっているフロックの描写

フロックの話を聞いて、驚いた表情のリヴァイ

フロック
「…そして わかったんだ」

エルヴィンに止めを刺そうとしたままの状態で、襲ってくる無知性巨人を倒し続けるリヴァイに気付くフロックの描写

フロック
「巨人を滅ぼすことができるのは」

「悪魔だ!!」
2016-08-08_035906

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

「悪魔を再び蘇らせる…」

「それが俺の使命だったんだ!!」

「それが おめおめ生き残っちまった…」

「俺の意味なんだよ!!」

リヴァイ
「…」

フロックの熱弁に、何か思う所があるようなリヴァイの表情

フロック
「だから!!」

「邪魔するなよおおお」
2016-08-08_035924

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

言いながら、ダッとミカサに向けてダッシュする、フロック!

フロックの動きを見て、「!!」っとフロックに向け、ブレード構えるミカサ

リヴァイ
「よせ!!」

ミカサを止めるリヴァイ!

そこへ、ドオっとミカサに後ろから抱きつき、止める人物が現れます!!

2016-08-08_035937

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

リヴァイ
「ハンジ!!」

ズザザザと そのままミカサをリヴァイから引き剥がすハンジ!

そこに、今到着したらしいジャンとコニー

コニーの背には、依然意識を失っているらしいサシャが背負われています。

ジャン
「オイ…」

「うそだろ…」

「こんなの…」

ジャンは青ざめた表情で言います。

コニー
「そんな…」

コニーも、青ざめています。

コゲミン、ベルトルト、エルヴィンと、意識を失っている3人の描写

ヒョオオオオオオオ

ハンジ
「…」

「何ってことだ…」

ハンジもミカサを後ろから抑えたまま、青ざめた表情をしています。

ミカサから解放されたリヴァイは、巨人化注射の箱をパカッ開け、出します。

そして、エルヴィンを見るリヴァイ
2016-08-08_035955

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

それを見たミカサは、涙を流し号泣します!

ミカサ
「うわああああああああ」

ハンジ
「ミカサ!!」

「私達にはエルヴィンがまだ必要なんだ!!」

「調査兵団は ほぼ壊滅状態!!」

「団長まで死んだとなれば…!!」

「人類は象徴を失う!!」

「あの壁の中で希望の灯火を絶やしてはならないんだよ!!」

ミカサ
「それはアルミンだってぇ…できる」
2016-08-08_040025

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

涙を流しながら、言い返すミカサ

ハンジの言っている意味は分かっているのでしょうが、それでもアルミンを助けたいという気持ちだけで言い返しているように見えます。

ハンジ
「確かにアルミンは逸材だ…」

「だが我々の戦いは これからもずっと続くんだ!!」

「まだエルヴィンの経験と統率力が-」
2016-08-08_040042

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

ミカサは後ろで羽交い締めにしながら説得を続けるハンジの右手首を掴み、力を込めます!

ビキっとハンジの手首から嫌な音がします…

ハンジ
「クッ!!」

ミカサが力を込め続けているのか、ビキっとさらに音が…

ハンジ
「ッ…」

「…」

痛みにこらえながら、ハンジはミカサの深い悲しみの気持ちを察したようで、話す内容を変えます。

ハンジ
「私にも…生き返らせたい人がいる」

「何百人も…」

これまでとは違うハンジの話に、涙を流したまま耳を傾けるミカサ

ハンジ
「調査兵団に入った時から」

「別れの日々だ」
2016-08-08_040059

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

第78話でのベルトルト@超大型巨人の巨人化攻撃の時に、爆発に巻き込まれそうになったハンジを後ろから押し、井戸に向けて投げ飛ばすモブリットの描写

井戸に向かって落ちていくハンジが見た、最後のモブリットの表情が-
2016-08-08_040111

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

ちょっとたまらない表情です。

そして、ベルトルト@超大型巨人化攻撃により、壊滅したシガンシナ区の真ん中で、井戸から出てくるハンジの描写

この時のハンジの左目は、負傷しています。

そして、ハンジの話は続きます。

ハンジ
「でも… わかっているだろ?」

「誰にだっていつかは 別れる日が来るって」

「とてもじゃないけど 受け入れられないよ」
2016-08-08_040132

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

「正気を保つことさえままならない…」

「辛い…」

「辛いよ」

「わかってる」

「…それでも 前に進まなきゃいけない…」

ハンジの話を聞き、エレン、リヴァイ、フロック、コニー、ジャン達は、それぞれ思う所があり、下を向きます。

そして、ハンジは話ながら、後ろからミカサを抱きしめます。

後ろから包まれるように抱きしめられたミカサは、ハンジの顔を見ます。

涙を流したまま、動きが止まるミカサ
2016-08-08_040151

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

ミカサは、リヴァイが持っている注射を見ます。

そして幼少時代、エレンとアルミンと共に遊ぶミカサの描写

その思い出を断ち切るように、ミカサは目を閉じます。

しかし、まだ諦めきれないエレンは、ガシっとリヴァイ兵長の右足を掴みます。

エレン
「…兵長」
2016-08-08_040206

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

「海って…」

「知って…ますか?」

エレンの言葉を聞いて、注射を持ったままエレンを見やるリヴァイ

エレン
「いくら見渡しても地平線の果てまで続く…」

「巨大な…湖のことです」

「しかも…そのすべてが」

「塩水でできているって…」

「アルミンが言うんです」

フロック
「オイ!!」

「もう やめろよ」
2016-08-08_040225

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

フロックが、エレンを後ろから掴み、ガッと押さえつけます!

それでも言い続けるエレン!

エレン
「この壁の向こうにある海を…」

「いつか見に行こうって…」

フロックにズズズっと引きずられ離されながらも、言い続けるエレン

エレン
「でもそんな…ガキの頃の夢は」

「オレはとっくに忘れてて…」

「母さんの仇とか…」

「巨人を殺すこととか…」

「何かを憎むことしか頭になくて…」

エレンの言葉を聞き入るハンジ、ミカサ、ジャン

エレン
「でもコイツは違うんです…」

「アルミンは戦うだけじゃない」

寝転がっているコゲミンを見るエレン

エレン
「夢を見ている!!」

エレンの言葉を聞き、目を伏せるリヴァイ

何かを決心したようです。

リヴァイ
「全員ここから離れろ!!」
2016-08-08_040242

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

「ここで確実にベルトルトをエルヴィンに食わせる!!」

ベルトルトの後ろ首を掴み、リヴァイは皆に指示します!

ハンジ
「さぁ 行こうミカサ」

力尽きたようなミカサの体を起こしながら言うハンジ

ジャン
「クソ…」

「クソ…」

悔しそうに言うジャン

ただ、それは何も出来ない自分に向けて言っているように見えます。

コニー
「アルミン…」

「またな…」

サシャを背負いながら、涙を流して言うコニー

ハッキリと分からない表情ですが、無念そうです。

エレンはフロックに抱き抱えられ、立体機動装置で屋根から移動させられます。

エレン
「あぁ…」

強制的に移動させられながらも、諦めきれないエレンは、アルミンに手を伸ばします…

コゲミンのアップ描写

涙を流し、手を伸ばすエレンの描写
2016-08-08_040259

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

場面は、屋根の上に残っているリヴァイの回想シーンとなります。
2016-08-08_040315

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

第72話「奪還作戦の夜」で、アルミンがエレンに必死に話をしており、扉の後ろでその話をリヴァイが聞いている場面の描写

アルミン
“地平線まで すべて塩水!!”

“そこにしか住めない魚もいるんだ!!”

“エレンは まだ疑っているんだろ!?”

“絶対あるんだから!見てろよ!”

エレン
“しょうがねぇ”

嬉しそうに夢を語るアルミンの表情を、扉の向こうから盗み見るリヴァイの描写

リヴァイは手足を削がれたベルトルトをズズズっと引きずり移動しながら、今度はエルヴィンとの会話を思い出します。
2016-08-08_040327

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

リヴァイ
“お前の夢ってのが叶ったら…その後はどうする?”

エルヴィン
“…それは わからない”

“叶えてみないことにはな”

第70話での会話ですね。

リヴァイは、これまでのエルヴィンとの会話を思い出しているようです。

エルヴィン
“俺は…このまま…地下室に行きたい…”

リヴァイ
「どいつもこいつも…」

「ガキみてぇに…」

「わめき散らしやがって…」
2016-08-08_040340

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

気持ち、悲しげな表情で一人ごちるリヴァイ

続いてケニーの言葉を思い出すリヴァイ

ケニー
“みんな何かに酔っ払ってねぇと”

“やってらんなかったんだな…”

今度はケニーの死に際の言葉を思い出し、グッと目に力がこもるリヴァイの表情

ベルトルトをゴロっと置いてから、エルヴィンの元へ行き、リヴァイはしゃがみます。

エルヴィンの腕を取り、巨人化注射を刺すリヴァイ
2016-08-08_040355

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

刺したまま目を瞑り、再び目を開け、焦げミン見やり、ケニーの言葉が頭に浮かびます。

ケニー
“みんな…何かの奴隷だった…”

“あいつでさえも…”

するとエルヴィンが、バッと注射を刺していた腕を払います!

リヴァイ
「!!」

驚くリヴァイ!

エルヴィン
「先生…」

「…に…いないって…」

「…やって調べたんですか?」
2016-08-08_040415

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

エルヴィンは目をつむったまましゃべっており、寝言を言っているようです。

子供の頃、教師である父に質問をしたシーンでしょう。

しかし、リヴァイには意味が分かりません。

リヴァイ
「…エルヴィン?」

意識が戻ったのかと思い、声をかけるリヴァイ

しかし、エルヴィンは意識を失ったまま「ゼェゼェ」と荒い呼吸をしたまま、答えません。

そんなエルヴィンを見ながら、リヴァイはエルヴィンとの会話を再び思い出します。

リヴァイ
“夢を諦めて死んでくれ”

“新兵達を地獄に導け”

“「獣の巨人」は”

“俺が仕留める”

そこに、69話でのケニーの死に際の顔が登場します。

ドン!っと巨人化注射をリヴァイに託すケニーの場面

そして、清々しい表情でリヴァイに感謝の言葉を言うエルヴィン

エルヴィン
「リヴァイ…」

「ありがとう」
2016-08-08_040437

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

エルヴィンに引導を渡した後に、リヴァイはお礼を言われていたようですね。

そして、眠っているベルトルトが目を覚ます場面に移ります。

2016-08-08_040453

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

ベルトルトの周りで響くバキバキという音に、ベルトルトに意識が戻ります。

目を開けると、巨人がベルトルトの近くの屋根を砕いています。

一瞬、意味が理解できないベルトルト

ベルトルト
「…??」

「え??」

そんなベルトルトをガシっと巨人が掴みます!

ベルトルト
「ッ!!」

掴んだベルトルトを持ち上げ、口に運ぶ巨人!

オオオオオオオオオ

ベルトルト
「うあああああああああ」
2016-08-08_040514

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

巨人に捕まったベルトルトは、側にエレン、ミカサ、ジャン達がいることに気付きます。

ベルトルト
「!!」

「み みんなあああぁ」

「助けてぇぇええええ」
2016-08-08_040537

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

涙を流し、必死に助けを求めるベルトルト

しかし、涙を流し、巨人に喰われる所を眺めている みんなの表情を見て、ベルトルトは何かを悟ります。

ベルトルト
「あ・・・・」

巨人がベルトルトを口に入れます!

ベルトルト
「あああああああああああああああ」

「アニ!!」

「ライナァアアア」
2016-08-08_040547

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

最後の断末魔で、仲間の名前を呼ぶベルトルト!

しかし、巨人の歯がパッキっとベルトルトの頭を砕くと「ッ-」とベルトルトは声を出せなくなります。

そのままパキパキとベルトルトを食べる巨人

捕食されるベルトルトから距離を置いた場所に、リヴァイと新兵、ハンジがいます。
2016-08-08_040607

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

フロック
「兵長…」

「どうして…ですか?」

少し、新兵を見やるリヴァイ

リヴァイ
「…こいつを」

「許してやってくれないか?」

寝転がったままのエルヴィンを見ながら、話すリヴァイ

つまり、ベルトルトを捕食した巨人はエルヴィンではなく、アルミンだったようです!

新兵は「なぜ団長であるエルヴィンではなく、アルミンを巨人化させたのか」という意味で、リヴァイに質問をしたようです。

リヴァイは話を続けます。
2016-08-08_040621

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

リヴァイ
「こいつは悪魔になるしかなかった」

「それを望んだのは俺達だ…」

「その上…一度は地獄から解放されたこいつを…」

「再び地獄に呼ぼ戻そうとした…」

「お前と同じだ」

驚くフロックの描写

リヴァイ
「だがもう…休ませてやらなねぇと…」

優しげな表情でエルヴィンを見るリヴァイ

リヴァイ達から離れた場所で、ドオオっとベルトルトを捕食したアルミン巨人が倒れる描写

リヴァイ
「エルヴィン…」

「獣を仕留める約束だが…」

「まだ先になりそうだ」

エルヴィンの側で、話しかけるリヴァイ
2016-08-08_040638

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

ハンジはエルヴィンの首を触り、エルヴィンの瞳孔が開いているか、確認します。

ハンジ
「…もう 死んだよ」

少し、間を開けてから答えるリヴァイ

リヴァイ
「…そうか」
2016-08-08_040648

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

言いながら、リヴァイは倒れるアルミン巨人に、立体機動で駆けつける104期生を見ます。

巨人のうなじから、出てくるアルミンの描写

コゲコゲから綺麗になったアルミンを抱き、涙を流すエレン、ミカサ、コニー、ジャンの描写
2016-08-08_040659

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

調査兵団の魂は-

受け継がれてこそ輝き続ける

85話につづく

◆別マガ9月号!諫山先生の一問一答!

2016-08-08_041547

「別冊マガジン9月号」より

Q、リヴァイは兵長は紅茶を飲む時は、お砂糖やミルクを入れますか?
A、砂糖などは貴重品なので、兵長といえどストレートで飲みます。

リヴァイは紅茶をストレートで愛飲しているようです。

それも、兵長っぽいですよね!(^^)

ちなみに、別マガ今月号の表紙は、睨み合うエレンとリヴァイでした!
2016-08-08_041604

「別冊マガジン9月号 表紙」より

むちゃくちゃ迫力のある表紙となっています!

付録には、20巻表紙のレジャーシートが付いています!

現在の夏休み中にも、利用できそうです!(*^^*)

◆第84話「白夜」の感想!

2016-08-08_035532

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

エルヴィンとアルミンを巡る争いは、残された調査兵団メンバーの、それぞれの気持ちをぶつけ合う熱い展開となりました!

まず、印象の残ったのはミカサのシーンです。
2016-08-08_040025

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

キレたミカサを見たのは久しぶりですし、ミカサがあれだけ気持ちを吐き出すシーンも、珍しいのではないでしょうか?

これは、エレンを止めきれなかったリヴァイの説得でも感じられましたが、リヴァイはあくまで「調査兵団団長を見捨てるのか」「エルヴィンの力無しに、巨人には勝てない」と正論でエレンを説き伏せようとしました。

そのように言われたエレンはリヴァイ兵長も私情でエルヴィン団長を選んでいるのではと、納得出来ません。

そう言われたリヴァイは、それでもエルヴィンが人類に必要だから選んでいるのだと言い切ります。

つまり、正論では、エレンを止めることは出来なかったのです。

ここからリヴァイがエレンを殴り、ミカサはキレて力ずくでリヴァイを押し倒します。

そこへハンジが駆けつけ止めますが、やはりハンジも正論でミカサを説得しようとします。

そんなミカサを最終的に止めたのは、調査兵団の行く末や壁内の希望云々の説得ではなく、大事な人を失ったハンジの独白でした。

「私にも生き返らせたい人がいる」という、ハンジ個人の本音が感じられる言葉でした。

ここでのモブリットのシーンは泣けました(泣)
2016-08-08_040111

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

このように、ミカサの気持ちを察し、上官としてではなく一個人として話しかけるハンジを見て、カリスマ性に富んだエルヴィンとはまた違った次期調査兵団団長像が見られたと思いました。

素晴らしい、名シーンでした!

そして、ギリギリまでエルヴィンに巨人化注射を使用しようとしたリヴァイが、変更してアルミンに使用させたキッカケは、引導を渡したエルヴィンにお礼を言われていた場面でした。
2016-08-08_040437

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

「ありがとう リヴァイ」という言葉から、これまで悪魔のような作戦を実行し、地獄の思いをしているエルヴィンが、引導を渡した自分に感謝をしてくれたとリヴァイは思い、エルヴィンを救うこと止め、夢を持ち語るアルミンに使用することを決断した、と思われます。

このような決断をしたリヴァイの判断基準も、やはり「個人的感情」であり「私情」でしょう。

調査兵団という人類の未来、希望を託されている彼らですが、やはり人間であり、公に心臓を捧げている者達だからこそ、最終的に尊ぶ事は「気持ち」なのだなと感じた84話でした。

リヴァイとハンジ、二人の言動からはこれまで多くの死を乗り越えて来ながらも、いや乗り越えてきたからこそ本当に大事なものは「気持ち」だと認識していることが分かりましたよね。

そして、今回のタイトルは「白夜」でした。

白夜とは、真夜中になっても太陽が沈まない現象を意味し、南極や北極に近い地方で、夏に起きます。

84話ではエルヴィンが死亡し、アルミンが助かりました。

調査兵団の、これまでの太陽がエルヴィンであり、これからはアルミンになるという事を「白夜」というタイトルから感じられますね。

まさに調査兵団の「太陽は沈まない」のでしょう!

素晴らしいタイトルです!

ちなみに、今回のリヴァイに殴られたエレンの歯が取れた場面は、第19話にて、リヴァイに蹴られて歯が取れた場面を思い出されました、

そして、殴られた後に屋根の端に吹っ飛ばされたエレンの姿勢が、アニメ5話のエレンの姿勢と同じように見えるのは、何か意味があるのでしょうか?
2016-08-08_032305-horz

意味が無いのかもしれませんが、韻を踏むような場面をチョコチョコと入れる「進撃の巨人」には、本当に楽しませてくれますよね!

それでは、今回の考察を始めたいと思います!

◆第84話の伏線と「伏線らしき」ポイントまとめ!

第84話のポイントはこのようになっています。

  • エルヴィンを運んできた新兵の名はフロック
  • 弱まっているリヴァイの力
  • モブリット死亡確定
  • アルミンの夢を聞いていたリヴァイ
  • エルヴィンの寝言
  • 巨人化能力を得たアルミン
  • 夢を叶えられず死亡したエルヴィン
  • 前話に続き、盛りだくさんとなっています!

    それではそれぞれ見て行きましょう!

    ◆ポイントから見る伏線考察!

    2016-08-08_035906

    「進撃の巨人」第84話「白夜」より

    生き残った新兵の名前が、フロックであることが判明しました。

    「名も無き兵士」から生き残り、名のある兵士となりましたね!(笑)

    意味は「思わぬ幸運」「まぐれ」だと「生き残れなかった兵士」さんからコメントにていただきました!

    生き残れなかった兵士さん!

    ありがとうございます!

    フロックは、再登場してから大活躍しています!

    これで彼の役割は一区切り付いたように思いますが、これからもレギュラーとし活躍するのでしょうか?

    あと役割があるとしたら、ヒッチにマルロの勇敢な最後を報告することかと思いますが…

    フロックには、まだ要注目かもですね!

    そして、今回気になったのは、リヴァイの弱まった力です。
    2016-08-08_035619

    「進撃の巨人」第84話「白夜」より

    リヴァイが死亡フラグが立った真相は?では、ケニーの死によって、リヴァイのリミッター解除が解けているのではないかと考察しました。

    獣の巨人を仕留めるリヴァイからは、全くリミッター解除が解けていることを感じられませんでしたが、76話辺りから続く息切れと、今回明らかになった「弱まったリヴァイの力」からは、何かの伏線なのではないかと勘ぐってしまいます。

    ただの疲労かもしれませんが、この後のリヴァイには要注目ですね!

    第78話「光臨」にて、ハンジを守って死亡したのではないかと予想されていたモブリットですが、今回ハンジの回想シーンにて詳細が明らかになりました。
    2016-08-08_040059

    「進撃の巨人」第84話「白夜」より

    井戸に避難させたとは予想出来ませんでしたが、ハンジに尽くし逝ったモブリットは、最後までカッコ良かったですね!

    全くモブではない、モブリット・バーナーの最後でした!

    そして、エルヴィンに注射を打とうとする際に、第72話「奪還作戦の夜」でのリヴァイが扉越しにアルミンの話を聞いていた場面を思い出していました。
    2016-08-08_040315

    「進撃の巨人」第84話「白夜」より

    第72話で、この会話をリヴァイが聞いていると言う事実が、どのような意味を持つのかと思わましたが、ここでアルミンに注射を打つという要素になるという意味だったようです!

    素晴らしい伏線となっていました!

    そして意識を失い、眠っているエルヴィンが寝言を言う場面が登場しました。
    2016-08-08_040415

    「進撃の巨人」第84話「白夜」より

    これは、教師である父に生徒であるエルヴィンが授業中した質問であり、その後のエルヴィンの生きる道を決定付ける言葉でしょう。

    この言葉は、「先生、記録にいっさい無いっていうのに、どうやって調べたんですか?」でしょうか?

    このような重要なセリフを、こんな場面で寝言として言わせる諫山先生の演出が、憎らしいです!(*^^*)

    そして、予想はしていましたがアルミンの巨人化展開が起きましたね!
    2016-08-08_040659

    「進撃の巨人」第84話「白夜」より

    11巻巻末ウソ予告にて巨人化していることから、アルミンの巨人化はないのではと一部では予想されていましたが、アルミンの巨人化展開が起きました!
    011

    「進撃の巨人」第11巻巻末より

    となると今後、ミカサの腹筋巨人化、ヒストリアの翼付き巨人化が起きる可能性が、あるかもですね!(笑)

    アルミンはベルトルトを捕食して巨人化能力者となりましたが、気になるのは「容姿」「記憶の継承」です。

    容姿は「超大型巨人」になるのか、「記憶」は、ベルトルトの記憶を継承しているのかです。

    まず、容姿についてですが、ここで参考に出来るデーターとしては、やはりユミルのマルセル捕食@知性巨人化ですね。
    2015-09-11_174814

    「進撃の巨人」第40話「ユミル」より

    ユミルはマルセルを捕食しても、無知性巨人時の容姿のままでした。

    もちろんマルセルの巨人が容姿に特徴の無い「フツウノキョジン」だったのかもしれないので確定は出来ませんが、捕食した巨人の容姿の特徴を継承しない可能性が高いと思われます。

    さらに気になるのは、「アルミンがベルトルトの記憶の継承をしているのか」ですね。

    これはかなり気になります!

    捕食した者の記憶を継承するのでは、と考えられるようになったのは、エレンがグリシャの記憶、フリーダの記憶をフラッシュバックで思い出す場面がしばしば起きているからです。

    とくにグリシャの記憶を思い出し、キース教官とグリシャが知り合いだったと判明していることからも、エレンはグリシャの記憶はかなり覚えています。

    しかし、それは壁ドン後の記憶だけであり、それ以前の記憶は思い出していません。

    そしてフリーダの記憶に関しては、第53話での一回だけです。
    2015-10-04_043759

    「進撃の巨人第53話「狼煙」より

    フリーダの記憶を思い出した理由は謎ですが、グリシャの記憶を思い出したのは62話でロッド・レイスとヒストリアによって背中を触れられた影響からでしょう。

    この事から、アルミンがベルトルトの記憶を継承して覚えており、思い出すことはかなり厳しいのではないかと考えられます。

    思い出すとしても、かなり先の展開になるのではないかと考えられます。

    そして、今回とうとうエルヴィン死亡という展開となりました!
    2016-08-08_040638

    「進撃の巨人」第84話「白夜」より

    管理人アースは、グリシャの地下室まではたどり着くのでは、と予想していましたが…夢を叶えられず死亡となりました。

    今後指揮を取るのはハンジとなるのでしょうが、モブリットも失っているハンジはかなり厳しい状況で重い責任を負うことになります。

    今回のエルヴィンとアルミンを表すであろうタイトル「白夜」からも、アルミンの存在が大きくなるのだろうと予想されます。

    もしかしたら、ハンジの補佐としてのモブリットの役割が、部分的にしろアルミンに移行するかもしれませんね。

    これからのアルミンとハンジの活躍を、期待してしまいますね!

    ただ、これからも今までのハンジの通り、突っ走って欲しいです!

    では、83話時点で予想していた84話展開予想を、自己検証して行きます!

    ◆84話展開予想を、自己検証!

    2016-05-07_035050

    「進撃の巨人」第81話「約束」より

    84話は、このように展開予想をしていました!

    まずはリヴァイの回想シーンから始まると予想します。

    83話のコメントで多かったのですが、リヴァイのマリア側で展開したであろう、巨人との戦闘シーンが全く描かれておらず、ガスとブレードをどのようにして補い、シガンシナ区まで辿り着いたのかが分かっていません。

    84話冒頭では、リヴァイがシガンシナ区まで辿り着いた過程が、回想シーンによって明らかになるでしょう。

    81話の続きでリヴァイは、ジークを追いかけようと、向かってくる巨人を次々と倒しますが、最後のブレードがとうとうボロボロになり、替刃が尽きてしまいます。

    そこで生き残りを探している新兵と会い、ブレードを譲り受けます。
    2016-05-07_035126

    「進撃の巨人」第81話「約束」より
    その時リヴァイは、新兵にエルヴィンが死亡しているのかどうかを、確かめてくれと頼みます。

    さらに、もし生きているなら、ジークを追いかけている自分のところへ連れて来てくれと、僅かな希望を付け加えます。

    これは、83話で到着した新兵が「やっと追いついた」という言葉と、それを受けたリヴァイの表情から予想しました。
    2016-07-08_035949

    「進撃の巨人」第83話「大鉈」より
    さらに、リヴァイがエレンに「アルミンを巨人にするために、注射を出してください」と言っても、グズグズとして、なかなか出さず、出した時も渋々出しているように見えました。
    2016-07-09_184131

    「進撃の巨人」第83話「大鉈」より

    2016-07-09_184242

    「進撃の巨人」第83話「大鉈」より
    これは、「もしかしたら新兵がエルヴィンを連れてくるかも」という僅かな希望をリヴァイが持っていたからではないでしょうか?

    新兵がエルヴィンを連れてきた時のリヴァイの表情が、「新兵が連れて来ているということは、その背にいるのはエルヴィンか? ダメ元で頼んだが、本当に生きているとは!」という表情に見えたのです。
    2016-07-09_184739

    「進撃の巨人」第83話「大鉈」より
    このように、リヴァイがシガンシナ区に到着するまでを補完するため、冒頭ではリヴァイの回想シーンが入り、その後、場面は意識不明のエルヴィンとアルミンと共にいるリヴァイに移ります。

    その後ろには、ブレードを抜いたミカサが涙目で対峙しています。
    2016-07-08_040146

    「進撃の巨人」第83話「大鉈」より
    二人はしばし、睨み合います。

    リヴァイ
    「ミカサ、お前はそれが、どういう意味なのか分かっているのか?」

    ミカサ
    「…」

    リヴァイ
    「アルミンを助けたい気持ちは分かる…俺も同じだ。」

    「だが兵団、人類の未来を考えれば、団長であるエルヴィンを選ぶことが正しい選択だ。」

    「それでもお前は、アルミンを助ける方を選ぶのか?」

    「その為に俺に刃を向けるのか?」

    「それが、お前の選択か?」

    ミカサはリヴァイの言葉を黙って聞き、そのまま、動きません。

    しかし、呼吸は荒く、尋常ではない汗をかいています。

    二人を黙って見ているエレン。

    そして、意識のないエルヴィン、アルミン、ベルトルト

    そこに、ハンジ、ジャン達が合流します。

    リヴァイにブレードを向けているミカサに気付き、驚くハンジ達。

    しかし、瀕死のエルヴィンと、焦げミン、さらに四肢をもがれ、意識を失っているベルトルトを見て、察します。

    ジャン
    「それは、アルミンか?」

    ジャンの質問に、固い表情で頷くエレン

    ハンジ
    「巨人化注射をどちらに使用するかで刃傷沙汰っていうのは、知ったら助かった方も喜ばないんじゃないかな?」

    「だいたい、どちらか一人というならエルヴィンに注射を使用するのが正常な判断だろう?」

    その言葉を聞いたエレンとミカサは、ビクッと震えます。

    しばし、訪れる沈黙…

    その時、意識を失っていたエルヴィンが、「ゲホゲホッ」っと咳をし、意識が戻ります。

    ハンジ
    「エルヴィン!」

    「ゼェゼェ」と喘ぎながらも、話しだすエルヴィン。

    エルヴィン
    「注射はアルレルトに使え、リヴァイ…」

    驚き、そして何かを察したような表情のリヴァイ

    リヴァイ
    「その指示は聞けぇねな エルヴィン…この注射の使用する判断は、俺に任されたはずだ」

    少し、震えるような声で答えるリヴァイ

    しかし、その後の答えも察しているかのようでもあります。

    エルヴィン
    「新兵達を地獄に送った時点で俺は… あの作戦に心臓を捧げた」

    「さらにここで、アルレルトの命を絶ってまで生き残ったら、今も見ている心臓を捧げて散っていった部下たちに申し訳がない…」

    「私の最後の命令だ 聞いてくれリヴァイ」

    かなり苦しそうに話すエルヴィンは、ここで黙ります。

    聞いているリヴァイの表情も苦しそうです。

    しかし、諦めたように項垂れ、答えるリヴァイ

    リヴァイ
    「わかった…お前の判断を信じよう、エルヴィン」

    その言葉を聞いて、安心した表情のエルヴィン

    しかし、その後に続いた言葉は、奇策家エルヴィンらしく、驚かされるものでした。

    エルヴィン
    「では、直ちにアルレルトに注射を打ち、ベルトルトを捕食させろ」

    「そして、グリシャ・イェガーの地下室へ向かうんだ。」

    「もしかしたらそこには…今の私が助かる方法があるかもしれない」

    「これが私の…今作戦 最後の賭けだ…」

    そのまま血の気を失い、真っ青になった顔で意識を失うエルヴィン。

    指示通りに、アルミンとベルトルトの元へ向かうリヴァイ、エレン達。

    場面は、レイス家の巨人化継承の儀式のように拘束されたベルトルトと、そのすぐ横に寝かされたアルミンがいる場所に移ります。

    屋根から地面に降ろされ、広いスペースにベルトルトとアルミン、その横には巨人化注射を持ったリヴァイがいます。

    周りを警戒する、エレン、ミカサ、ジャン、ハンジ達。

    リヴァイが巨人化注射を取り出し、アルミンの肩に刺し、84話は終わります。

    このように、84話は予想します!

    予想ここまで!!

    ■検証結果その1
    アルミン巨人化という展開は当たっていましたね!

    ただ、エルヴィンがリヴァイを諭すのではなく、リヴァイ自身の判断で思い直すという展開は外れました。

    ◆「シガンシナ区決戦編」残りの展開を予想!

    2016-07-08_040203

    「進撃の巨人」第83話「大鉈」より

    今年の正月に公開した記事管理人アースからの新年のご挨拶!で予想したように、83話で「このまま獣の巨人はいったん退却」という展開になるでしょう。

    そして、予想通り地下室に行く展開になると思います。

    シガンシナ区決戦編の展開を検証!では、シガンシナ区決戦編は「85話から88話で終わる」と予想しています。

    これを踏まえ予想すると、次回84話でアルミン巨人化、そのあとプラスアルファの展開があり、85話で地下室到着、中身の判明という展開になるかなと思います。

    86話では、壁内への撤退、エピソードといった感じでしょうか?

    本当にシガンシナ区決戦編も佳境に入って来ましたね!

    残り数話であろう、シガンシナ区決戦編の展開が楽しみです!\(^o^)/

    予想ここまで!!

    ■検証結果その2
    ジーク戦士長が撤退したのかは、確認出来ませんでした。

    ただ、流れから行くと、85話で地下室へという予想は当たりそうですね!

    今回の予想は60点くらいでしょうか?

    ハンジ達合流、アルミン巨人化という展開が当てられたのは、嬉しいです!

    85話の予想も、当てたいですね!

    【注目!】
    85話あらすじ!

    ジーク戦士長の正体と役割や今後の展開を考察!
    進撃の巨人2016年考察まとめ!
    リヴァイが死んだとの噂は弱くなったからか検証!
    公式ガイドブック「Answers」ネタバレ考察内容まとめ!
    84話ネタバレ考察!エルヴィンのうわ言を考察!
    84話ネタバレ考察!アルミン巨人の容姿と記憶の継承があるのかを検証!
    進撃の巨人ネタバレ21巻最新刊あらすじ感想と考察まとめ!
    83話ネタバレ考察!ユミルの手紙を考察!
    83話ネタバレ考察!ミカサの頭痛を検証!
    進撃の巨人ネタバレシガンシナ区決戦編の展開を検証!

    アニメやマンガが見放題
    進撃の巨人を無料で楽しむ方法

    進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

    今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

    初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

    U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

    評判&口コミ公式ページ

    \無料キャンペーンあり/

    VODランキングはコチラ

    ↑タップでコスパ比較↑

    POSTED COMMENT

    1. りゔたん より:

      団長、更新お疲れ様です。
      今月号も凄い展開ですね^^;

      新兵フロックが団長をリヴァイの元まで連れて来た理由…怨恨、と言うのでしょうか。
      エルヴィンを生還させることにより、更なる苦しみを与えようとした反面、エルヴィンなしに人類に勝利はないと感じていたのでしょうか。
      絶対的な恐怖(死)を身近に感じたことにより、何かに憑りつかれている感がありますが、今後の活躍(?)を期待したいです。

      エルヴィンは死の直前、自身の根源ともいえるあの時に返っていたようです。
      (壁内に巨人がいないって誰がどうやって確認したのですか、とかですかね?)
      ただ、リヴァイとハンジにとって、エルヴィンの死が穏やかなものであった事が唯一の救いだったのではないでしょうか。
      脈をとり、瞳孔を確認しエルヴィンの死を確かめたハンジの静かな顔と、リヴァイの一言が、とても重く感じます。
      リヴァイの選択はエルヴィンに死をもたらしましたが、同時に地獄からの、悪魔としての役割からの解放でもあるのではないでしょうか。

      調査兵団を取り巻く環境は、エレンの出現により、激しく変化しています。
      (それを裏付ける一端として、4年で9割と言われていた死亡率、この数カ月の死亡率はそれに匹敵するのではないでしょうか)

      ハンジがミカサを制止する際、これからもずっと続くからエルヴィンが必要、という事でしたが、それは…エルヴィンを失った今、終幕が近いということかもしれませんね。
      今月は…仲間同士で争う、地獄の鎌が蓋を開けた様相で、それはもしかしたら、壁外で繰り広げられていた人同士の争いの再現だったのかもしれません。

      本誌歴の浅い俺には今までで一番の衝撃で、幹部組に肩入れしていたのだな、と思いました^^;

      アッカーマン対決は、リヴァイ自身の燃料切れ (?)とエルヴィンの生存を確認できたことで緊張の糸が切れ、ミカサにおし負けた、と推測いたします。
      (リミッター解除なしに、十分な補給もないままあの数の巨人を倒すのは難しいのではないでしょうか)

      アルミン@知性巨人ですが、ベルトルトの記憶の継承はない、と思います。
      エレンの記憶保持につきましては、フリーダとグリシャが初代王の意識という共通のハードディスクを宿した事が原因と思われます。
      エレンが持っているグリシャ視点の記憶は、グリシャが初代王を保有している間のものだけであり、それ以前のグリシャの記憶をエレンが受け継いだ描写はありません。
      継承者だったフリーダがグリシャの姿を見ているので、地下礼拝堂でのグリシャの姿の記憶があると思われます。
      ただ、巨大樹の森でのユミルの、あいつらの境遇を知っているのは私だけ(だったかな?)というセリフから、断片的なものが残る可能性も捨てきれません。

      今はまだ衝撃が強すぎて幹部組(モブリット含むTT)への扱いを含め、冷静になれません。

      乱文乱筆、失礼いたしました。

      • 管理人アース より:

        りゔたんさん!

        コメントありがとうございます!

        >自身の根源ともいえるあの時に返っていたようです。
        このシーンは最高でしたね!
        「先生、記録にいっさい無いっていうのに、どうやって調べたんですか?」
        と管理人アースは、妄想しています。
        どのような文言にしろ、あの教室で父にした質問であることは間違いないでしょう!

        >何かに憑りつかれている感がありますが、
        「悪魔」という言葉からも、本当に何かに取り憑かれているようでした。
        これからの活躍は分かりませんが、ヒッチにマルロの勇敢な最後を報せて欲しいです。

        記憶の継承に関して、なるほどと思いました。
        管理人アースも、継承は無いと思っています。

        これまでは展開でリヴァイの判断が叩かれたり、おそらく今回の展開ですとエレンやミカサが叩かれるのではないかと感じられます。
        それも分かりますが、やはり「公の為に心臓を捧げる」彼らの最後の判断基準が「私情」であるという展開を管理人アースは評価します。
        その一方でタイトルが「白夜」であり、エルヴィンの死亡→アルミンの生存を俯瞰的に表現しているところも素晴らしいなと。
        この作者の個人個人の感情を丁寧に描きながら、同時に長い歴史の中での個人の死が、いかに自然で当たり前の事であるかを表している演出の仕方も素晴らしいと感じています。
        ひとつの話を、個人個人で色々な受け取り方が出来るのも、それだけキャラクターが描かれている証拠でもありますし、本当に感心します。
        素晴らしい作品ですよね!

        またコメントください!
        よろしくです!

        管理人アース

    2. ピッケル より:

      夜遅くに更新お疲れ様です^^
      ホント、アースさんの記事は色とか形状とかでセリフとか思考が分かりやすくて助かります(*^-^*)

      84話ですけど、今回の新兵有能すぎですよねエルヴィンを担いで来たり、兵長に刃向かってるミカサやエレンを止めたりなど、男前ですよね(笑)

      エルヴィンが最後、
      「先生…にいないって…やって調べたんですか…」
      ていう寝言なんだったのでしょうか?
      王政の事か、外の世界についてか、気になるところです。。

      • 管理人アース より:

        ピッケルさん!

        コメントありがとうございます!

        >「先生…にいないって…やって調べたんですか…」
        ていう寝言なんだったのでしょうか?
        これは、ポイント考察部分で、追加考察していますので、見てみてください!
        おそらくは、自分の将来を決めた、父親への質問でしょう!

        またコメントください!
        よろしくです!

        管理人アース

    3. ベルトルト大好き より:

      アースさん、更新お疲れ様です。2回目の投稿です(・∀・)ゞ笑
      今までの謎か明らかになる84話でしたね。モブリットの死の真相…感動しました。
      私の次話の予想はこうです。ここで、ハンジがユミルの手紙を読むのではないでしょうか?中身を改めてから的なことを言ってたので、見ることになると予想します。そしてその手紙を見た後、地下室、もしかするとライナー達のところへ行くかもしれないですね。第一、ウォール・マリアは奪還してないのですから。今から安全な場所へ戻って報告するならば、「超大型巨人は倒しましたがエルヴィン団長は死亡、ここにいる人(エレン達)のみ生き残り、その他調査兵は死亡しました」と言う展開は望ましくありません。最初にあれだけ歓迎されていたので、必ず、奪還成功しました!と報告したいのではないでしょうか?今、生き残っているエレンやリヴァイ達だけでも、何か倒せる気がします。エレンの巨人化(体力があれば…)アルミンの巨人化(役たたないかも…笑)リヴァイとミカサの戦闘力、ハンジの作戦立案で鎧と獣を討ち取る展開を希望します!笑
      生きて帰って、作戦成功してほしいですしね。
      また1ヶ月も待たないといけないので、次の話が楽しみでなりません。個人的に好きだったベルトルトが今回死んでしまったのは悲しいです…。
      長くなりました。ごめんなさい!笑
      とにかく、次話の考察もよろしくお願いします!

      • 管理人アース より:

        ベルトルト大好きさん!

        コメントありがとうございます!

        >ライナー達のところへ行くかもしれないですね。
        これはどうでしょうね。
        まず、ガスの残りが少ないというのは、致命的かもです。
        あとは、リヴァイの体力の問題もありますし…
        管理人アースは、次話は、地下室に行くと予想しています。

        またコメントください!
        よろしくです!

        管理人アース

    4. より:

      かつての仲間を食ってまで生き残ったことを知ったアルミンが今まで通りでいられるかどうか…自責の念で使い物にならなくなるなんて展開はやめてくれよ…?

      • 管理人アース より:

        桜さん!

        コメントありがとうございます!

        >自責の念で使い物にならなくなるなんて展開はやめてくれよ…?
        苦しむ展開はあるかもです。
        ただ、それも仲間によって、救われていくのではと。

        またコメントください!
        よろしくです!

        管理人アース

    5. 深海魚 より:

      アースさん‼️こんばんは。
      今話はとても感動しました。特にミカサとハンジのやりとりは、本心をさらけ出しており、とても素晴らしかったです。進撃の巨人の中で一番好きなシーンとなりました。

      今話の一番のポイントである、エルヴィンのセリフですが、僕は「先生、壁内に巨人がいないってどうやって調べたんですか❓」だと思います。理由としては、エルヴィンが質問した時にエルヴィン父が説明していた絵が、人が壁内に入っていった絵だったからです。
      しかし、エルヴィンは無念ですね…夢も叶わず地下室に行くこともできず…なんとかリヴァイ達には地下室に行ってほしいのですが。

      そのためにはジークとポチを倒さなければ、地下室到達は困難でしょう。ジークが巨人化できないとはいえ、ポチの機動力、身体能力は驚異です。やはりハンジ指揮のもとリヴァイ、ミカサを中心に戦うことになるかと思います。しかしリヴァイのパワーダウン、ハンジの腕など不安要素はたくさんあります。もう1つの樽と木箱の中身も不明ですし…来話が楽しみです。

      長々と失礼しました。

      • 管理人アース より:

        深海魚さん!

        コメントありがとうございます!

        >「先生、壁内に巨人がいないってどうやって調べたんですか❓」
        この意見多いですね!
        「先生、記録はないっていうのに、どうやって調べたのですか?」と管理人アースは考えています。
        どちらにしろ、記憶改ざんという仮説を知るキッカケとなった場面という意味では、同じですが!

        次回、ジーク撤退、地下室へゴー!という展開になると予想しています!

        またコメントください!
        よろしくです!

        管理人アース

    6. トロスト区議会議員 より:

      アースさん、連続コメントになりますが失礼致します!

      私だけかもしれませんが、今回の話しは「進撃の巨人っぽくないな」と感じており、なぜかなと考えていました。

      一つは先ほどのコメントさせて頂いた「進撃の巨人らしからぬ期待を裏切らない展開」、もう一つは他の何人かの方があげている「各キャラの感情の吐露(特にミカサが感情的になるのは非常に「ぽくないです」)」だと思います。

      もう一つ思ったのは、今回の話しはほとんど「一つの屋根の上」で進んでいることです。
      最終的には、アルミン・ベルトル、104期、リヴァイ・ハンジ・フロックの3つの屋根になりますが、いずれにせよ、これだけ空間的に狭い範囲で1話を費やすことは今まで無かったと思います。

      単なる感想になってしまいましたが、これだけ普段とは違う内容にしているということは、おそらく入念に内容を(おそらく当初から)練っていた結果なんでしょう。
      当然最初の構想とは異なる部分や軌道修正もあるはずですが、これだけ話しが進んで惰性にならず話しをまとめているのは「諌山先生さすが!」としか言いようがないです。

      • 管理人アース より:

        トロスト区議会議員さん!

        コメントありがとうございます!

        >く入念に内容を(おそらく当初から)練っていた結果なんでしょう。
        これは、そうだと思いますね!
        エルヴィン死亡、アルミン巨人化という大きな展開があったこの回は、前々から決めていた展開だと思いますし、狭い空間での展開もそう思わせますね!

        またコメントください!
        よろしくです!

        管理人アース

    7. にこ より:

      アース団長様

      どうしてもどうしても『白夜』という題が腑に落ちないのです。
      太陽が沈んまない夜のように調査兵団が続いて行く事なのでしょうか?
      なんか違うような気がして仕方がないのです。

      前にアース団長が太陽の向きの事を書かれていた調査がありました。
      なんかそこに絡めているような気もするのです。
      それから昔、小説に『白夜行』という天使と悪魔のような、太陽と月のような恐ろしい小説がありました。
      なんかその小説を思い出してしまいました。
      『悪魔』という言葉は悪魔の末裔を思い出すし、残酷な世界にも通じる感じがして、白夜という言葉の裏にもっと深いものがある気がします。

      毎回、進撃の巨人の「題」に右往左往してしまうのはわたしだけでしょうか( ´艸`)

      それからエルヴィンの最後の言葉
      「先生、壁の外に巨人がいないってどうやって調べたんですか?」
      これ面白くないですか?究極のコペルニクス的転回ですよね。
      これなら海にも巨人を倒しながら出なくても行ける・・・

      次回、ジークさんがまた出て来るか?地下室に行くのか?アルミンの目が見えるか見えないか?凄く楽しみです(≧◇≦)

      • 管理人アース より:

        にこさん!

        コメントありがとうございます!

        >小説に『白夜行』という
        東野圭吾さんの長編ですよね。
        管理人アースも読みました。
        確かに「悪魔」のような男が登場しましたね。

        >太陽が沈んまない夜のように調査兵団が
        ここでの調査兵団は、壁内の希望という意味で使っています。
        なので、「沈まない太陽のように続く壁内人類の希望」という意味かなと。
        「西から昇る太陽」と絡めて考えるのも、面白いかもですね!

        またコメントください!
        よろしくです!

        管理人アース

    8. たかよし より:

      いやぁ、感激、脱帽です。僕もアルミンの巨人化は無いと考察していた一人なので、
      外れて悔しいと言うよりも、諫山先生にとってはストーリーを考えて話しを進めているのでは無く、既に出来上がっている話しを淡々と進めているのではと感じてしまいました。それほどに全く違和感が無く納得のいく内容だったと思います!あと、ジークがライナーに「能力を譲ってもらう」みたいな事を言っていたと思うのですが、アルミンに超大型は引き継がれないのでしょうか?超大型は能力ではないかもしれないですが。とにかく、先の展開が堪らなく楽しみでこれからも僕のまだ小さい子供〔小2、年長、3歳〕と一緒に毎日考察します!!

      • 管理人アース より:

        たかよしさん!

        コメントありがとうございます!

        >アルミンに超大型は引き継がれないのでしょうか?
        これ、分からないですよね!
        コメントでもかなり多く登場している謎ですが、アルミンが超大型になるのか、ならないのかは半々という感じです。

        >僕のまだ小さい子供〔小2、年長、3歳〕と一緒に毎日考察します!!
        これはこれで、楽しそうです!(笑)

        またコメントください!
        よろしくです!

        管理人アース

    9. kurara より:

      今回もまたいい話でしたね!ベルトルトが好きだったので残念なんですが…泣
      でも、次が気になります!私の予想ですが、ここでハンジがユミルの手紙を見るのではないでしょうか?中身を改めてから的なことを言ってたので。それを踏まえて地下室、もしくは獣と鎧を追うかもしれません。ウォール・マリア奪還はまだなので…。第一、その2人がどこにいるのかも分かりませんしね。エレンとジークについても気になります。諫山先生は、細かなところに謎の秘密を入れてたりしますよね…笑
      今後も期待です!そして、またコメントさせていただきますね!

      • 管理人アース より:

        kuraraさん!

        コメントありがとうございます!

        >ユミルの手紙を見るのではないでしょうか
        これ、どこで公開するのでしょうね?
        管理人アースは、壁内に戻ってからかなと思っています。
        ヒストリアが読む時に、読者にも分かるのかなと。

        エレンとジークも気になりますよね。
        これは、地下室である程度分かったりするのか…

        またコメントください!
        よろしくです!

        管理人アース

    10. トロスト区議会議員 より:

      アースさん更新お疲れ様です!

      いい意味で読者の期待を裏切るのが進撃の巨人ですが、今回については、読者の期待通りの、少年誌の王道のような展開だったと思います。
      それでいて、今までの伏線の回収もされ、各キャラの思いも十分に伝わってきて、さすが諌山先生だなぁと感じました。

      個人的にはリヴァイがエルヴィンを生き返らせようとするここ最近の展開には違和感を感じていましたが、それも今回の「ありがとうリヴァイ」でスッキリしました。私はリヴァイがエルヴィンに注射を打たなかった理由は「夢を諦めて死んでくれ」という約束を守った、と解釈しています(一方で、アルミンやエレンの「海を見る」という約束を守ってほしい、という思いもあると思いますが)。

      気になるのはアルミンにどの程度ベルトルトの記憶が継承されているかですが、今のアルミンの状態は、グリシャを食べた直後のエレン(普通の人間が注射打たれて無知巨人化したけど知性巨人を食べてもとに戻った)と同じなんですよね。
      なので、記憶については帰還後にヒストリアに触れて断片的に思い出す程度(ただしそれは物語上重要なものだと思いますが)だと思います。

      今回はあまり物語上の謎解きはありませんでしたが、来月地下室に行き、再来月に帰還することで、この世界の状況がかなりわかって来るのではと期待しています。

      • 管理人アース より:

        トロスト区議会議員さん!

        コメントありがとうございます!

        >「ありがとうリヴァイ」でスッキリしました。
        同じくです!
        あのセリフは、本当に上手いですよ!
        「オレの地獄を終わらせてくれて、ありがとう」
        「オレを調査兵団団長として終わらせてくれて、ありがとう」という意味に感じられますよね。
        そこから、アルミンに巨人化注射を使用したのは、彼を地下室に行くために調査兵団を率いて来た、「私情の団長」ではなく、「歴史に名を残す、カリスマ調査兵団団長」として終わらせたのでしょう。
        本当に、素晴らしい演出だと感じます!

        >帰還後にヒストリアに触れて断片的に思い出す程度
        ありそうですね!
        アルミンの背中を触れて、ビリ!みたいな(*^^*)

        またコメントください!
        よろしくです!

        管理人アース

    わ た し で す にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です