あらすじ&感想

【進撃の巨人 ネタバレ】114話115話「唯一の救い」最新あらすじ考察まとめ!

114話「唯一の救い」の内容が明らかとなりました!

「ジークの過去が登場するのではないか?」と展開予想をしていましたが、実際はどのような内容となったのでしょうか?

ネット上では「リヴァイ死亡」というワードが飛び交っていますが、本当にそのような展開となったのでしょうか?

そして、気になる「ジークの真意」は!?

読んでいくと、ずっと謎となった事実が明らかになる展開が!!!

まずは114話のあらすじ内容を見て行き、内容を考察して行きましょう!

◆114話「唯一の救い」あらすじ概略!

2019-02-08_033136

「別冊少年マガジン」3月号より

114話は「ジークの少年時代」から始まります。

ジークの少年時代

2016-10-07_033205

「進撃の巨人」第86話「あの日」より

グリシャに抱かれた幼いジークが、エルディア復権を説かれている場面から始まります。

マーレ人からヒドい差別を受けるグリシャとダイナの描写。

少年ジークにエルディア復権を託すように、グリシャはジークに語りかけ、場面は変わります。

少し成長したジークは、戦士候補生となります。

しかし、104期生時代のアルミンのように、皆と比べ体力的に劣っている様子。

訓練に付いて行けず、一人取り残されています。

この頃から戦士候補生担当だったマガトから「気概が見受けられない」と評価されます。

家に帰ったジークは、両親であるグリシャとダイナからは「マーレの歴史はウソである」と教えられます。

二人がエルディア復権派の活動をしている間は祖父母に預けれ、そこでは「マーレの教育」を受けます。

そのようなジークは、全てを捧げて取り組むほどに戦士候補生の訓練に集中出来ない様子。

ジークは劣等生として、戦士候補生の皆から取り残されていきます。

訓練を見に来たグリシャとダイナは、ジークの劣等生ぶりを知ります。

ショックを受けるグリシャ

「到底、戦士(巨人継承者)にはなれない」と嘆き、ジークはそれを聞きます。

ジークはグリシャから見放されたと感じますが、自分が戦士になれず巨人が継承できなければ「エルディア復権派」の活動が停止し、無事に生きては行けると考えます。

しかし、マーレ治安当局がエルディア復権派の活動をマークしている事に気付きます。

クサヴァーさんとの出会い

2019-01-08_053828

「進撃の巨人」第113話「暴悪」より

戦士候補生の訓練を見学するクサヴァーは、戦士候補生の中で一人取り残されている、劣等生ジークを気に留めます。

訓練から取り残されションボリしているジークに、キャッチボールを誘うクサヴァーさん。

ジークの投げるボールを褒めます。

嬉しそうなジーク。

「獣の巨人」継承者であるクサヴァーは、同時に巨人学の研究者でもあり、キャッチボールをしながらジークに巨人学も施します。

キャッチボールを通しクサヴァーさんと交流を深めていくジーク。

しかし、マーレ治安当局がグリシャとダイナをマークしている事を知り両親にさりげなく活動をすることを止めようとしますが、グリシャに逆ギレされ落ち込んでしまいます。

心を通わせていたクサヴァーに、ジークは全てを打ち明けます。

このままではジークが、両親とともに「楽園送り」にされてしまうことにショックを受けるクサヴァー。

断腸の思いで、両親を告発することを勧めます。

両親を楽園送りにすることで祖父母とともに助かったジークは成長し、クサヴァーは13年の任期を迎える時期となります。

獣の巨人の継承者となるまでに成長したジーク。

キャッチボールをしながら、クサヴァーから「始祖の巨人の力の持ち主は、記憶だけではなくユミルの民の体の構造も変える事ができる」と知ります。

ジークは、マーレの始祖奪還計画を実行し始祖の巨人をマーレから奪い、ユミルの民が子どもができなくなるようにし、世界から巨人を消滅させるとクサヴァーさんに誓います。

リヴァイとジーク

2019-01-08_053802

「進撃の巨人」第113話「暴悪」より

場面は、リヴァイが御者となる馬車に乗り移動するジークに移ります。

「唯一の…救い」「エルディアの…安楽死」とつぶやくジーク

これまで展開していた「ジークの過去」が、ジークの回想であったことが分かります。

ジークに、これからお前を巨人に捕食させる、と伝えるリヴァイ。

それを聞いたジークは自らの体に突き刺さった雷槍の信管を抜き、爆発させます!

真っ二つになり、吹っ飛ぶジーク!

同時に吹き飛ばされるリヴァイ!

河が流れている方向にリヴァイが飛ばされる描写があり、終わります。

慈悲深き男が

エルディア人の

命を奪う…

115話につづく

◆諫山先生へ一問一答!!

2019-02-08_164254

「別冊マガジン」3月号より

Q、兵長は銃の腕前も最強レベルですか?
A、何だかできちゃうんですが、銃は武器としてあまり信頼しておらず、刃物に信頼を置いているみたいです。

113話で雷槍を使ったリヴァイ兵長ですが、やはりブレードの方が似合いますよね!\(^o^)/

そこにはブレードへの信頼があるようですよ!

◆諫山先生巻末コメント!

ラッキーチャームというシリアルを日本で流行らせた人になりたい。

意味が分からなかったのですが、こちらの輸入お菓子の「ラッキーチャーム」ブランドの事かなと調べたら分かりました!
2019-02-08_021212

こちらは「マシュマロ入りオーツ麦シリアル」という種類のようですが、けっこう美味しいようです!

アメリカでは牛乳をかけ、朝食とかで食べるようですね!

試したくなりましたよ!\(^o^)/

◆114話「唯一の救い」の感想!

2016-01-08_031652

「進撃の巨人」第77話「彼らが見た世界」より

「やはりジークの目的はエルディア人の死滅だったか」というのが、読後の率直な感想です。

コメントで見た考察で「地鳴らしではなく座標発動で別の能力が発動し、エルディア人を全滅させるのが目的では」との予想がありましたが、この方はまさにドンピシャでしたね!

となると、やはりエレンとジークが接触し「座標・始祖の巨人」が発動した場合、ジークが主導権を握れるのでしょうか?

そうなると、この時のアルミンの予想は外れる事になりますが…
2018-08-08_060030

「進撃の巨人」第108話「正論」より

それともエレンがジークと同じ「エルディア人死滅」が「唯一の救い」だと思っているのか…

この辺り、気になりますね!

ただ、今回の話を読んで「ジークの『唯一の救い』はクサヴァーさんの存在だったのでは?」と感じましたよ。

グリシャとダイナの考えと祖父母の考えの間で揺れ、劣等生となったジークを認め、安らぎを与えてくれた存在…

ジークにとっては、本当に「唯一の救い」だったのではと感じました!

ただ、「生まれてこなければ良かった」という考えをジークと共感させたのはどうかなと思いましたが…

それでもジークにとって、「唯一の救い」だったのだろうなと感じました!

エレンにとっての「唯一の救い」となるのは「ジークではなく104期生」という展開になることを願っていますが!

そのような展開を早く見たい!と思っています\(^o^)/

最後にリヴァイ兵長が吹っ飛んだ展開も、気になりますね!

自分でジャンプし爆発を避けたのかなとも見えましたが…

その先に河があったので、そこから流されヒストリアの家の近くに…なんて展開は無いですかね?

それともハンジ達と合流?

ここから先は、考察に回さないとですね!

◆第114話の伏線ポイント!

今回の考察ポイントは、このようになっています!

  • 1200年前の「ラーゴ」の惨劇
  • トム・クサヴァー
  • 始祖の巨人の能力
  • ジークの真意とエルディアの安楽死
  • 今月の効果音
  • それでは順番に見て行きましょう!

    ◆第114話のポイント考察!

    2017-04-03_035941

    ジークがグリシャ父からマーレの歴史を学んでいる場面の描写がありました。

    そこに登場した「ラーゴの惨劇」もそうですし「モンテの惨害」や「「ヴァレの惨禍」というワードには驚かされましたが、その教科書の描写には驚かされました!

    アニメseason2EDに登場した描写とそっくりでしたよね!

    アニメseason2EDについてはアニメseason2 OPとED動画を検証!にて考察しているので、見てみてください!

    となると、あのseason2EDはマーレの教科書の内容という事になるのでしょうか?

    あの、3人に少女の場面も…?
    2017-04-03_035812

    この辺りは別記事にて徹底検証したいですね!

    そして今回、クサヴァーさんの名前が「トム・クサヴァー」であることが判明しました!
    2019-01-08_053850

    「進撃の巨人」第113話「暴悪」より

    クサヴァーさんが獣の巨人の前継承者であり、巨人学の研究者であり、もともとはマーレ人として生活していた事が分かりました。

    これだけで、かなり色々な事が妄想できますよね!

    ずっと名称だけで登場していない「巨人化学研究学会」の研究員なのか?

    クルーガーをマーレ人としてもぐりこませた医者だったのか?
    2016-12-08_041125

    「進撃の巨人」第88話「進撃の巨人」より

    これはかなりのキーマンですよね!

    トム・クサヴァーについては、これも別記事で考察しなきゃですよ!

    そして今回「始祖の巨人」の新たな能力が判明しました!
    2016-10-07_032549

    「進撃の巨人」第86話「あの日」より

    「ユミルの民」の体の構造も変えてしまう、というとんでもない能力が明らかとなりました!

    「記憶改ざん」に「9つの巨人を操れる」でもかなりの能力となっていましたが…

    体の構造までも操れるとなると、「始祖の巨人」はユミルの民にとって無敵もいいところですよね!

    これも別記事で考察したいです!

    さらに今回最も大きな事実として、ジークの真意が「ユミルの民死滅」であることが分かりました!
    2017-05-11_203158

    「進撃の巨人」第77話「彼らが見た世界」より

    これは93話考察!ジークの真の目的を考察!でも考察していましたが、「やはり!」という感じでしたね!

    ジークの「エルディアを救う=エルディアの安楽死」という破滅思想は予想通りな感じでしたが、問題は「エレンも同調しているのか?」という点にあると思います。

    これも別記事で考察したいですね!

    さて、最後の考察となりましたが「今月の効果音コーナー」ですね(笑)

    初めてのキャッチボール場面で「パシリ」「パンツ」が登場しました。

    「パシリ」は、前回113話でも登場しましたよね!
    2019-01-08_061206

    「進撃の巨人」第113話「暴悪」より

    これは今後もちょっと登場が続くかもですね!(笑)

    「パンツ」も今後登場するのでしょうか?(笑)

    今後も要チェックですね!

    そして2回目のキャッチボールシーンで「パンチ」が登場しました。

    何も意味が無いと思いますが、諫山先生は効果音で遊ぶなぁ、と感じますね(笑)

    そして意味が分からない言葉ですが、同じくキャッチボールシーンの効果音で「パアシイ」というワードが2回登場しています。

    馬の「パアシイ厩舎」の事でしょうか?

    ちょっと分かりませんね!

    クサヴァーさんとジークの真意についての別記事考察が楽しみだな、と感じた114話考察でしたよ!\(^o^)/

    113話発表時点で114話展開予想をしていました。

    自己検証してみます!

    ◆第114話展開予想を自己検証!

    2019-01-08_053802

    「進撃の巨人」第113話「暴悪」より

    リヴァイ兵長が走らせる馬車にて寝転がる、ジークから始まります。

    膝上からはリヴァイ兵長に斬られたために、蒸気を発しているジーク

    ドドドドドド

    走り続ける馬車の荷台で、冷たい無表情な兵長を朧げに確認しながらも気を失いかけるジークは、クサヴァーさんとの出会いを思い出します。

    ジーク
    ”俺も・・・”

    ”昔は無表情な少年だった”

    無表情な幼少期のジークに、ニコヤカに語りかける若きクサヴァーさん

    クサヴァー
    「君が今回戦士候補生になったジーク・イェーガー君だね」

    「私はクサヴァーだ」

    「よろしくね」

    握手を求めるクサヴァーさん

    しかし、無表情で無反応なジークは手を差し出しますが、目線は合わせません。

    ジーク
    ”エルディアを救う王として両親に教え込まれた俺は”

    ”マーレ側の人間に心を許すことができなかった”

    ”そんな俺に人に心を許す事を教えてくれたのが、クサヴァーさんだった”

    ”俺にキャッチボールを教えてくれたのもクサヴァーさんだったし”
    2019-01-08_053828

    「進撃の巨人」第113話「暴悪」より

    ”エルディアの歴史を教えてくれたのもクサヴァーさんだった”

    エルディアの歴史が書かれた本を見せながら、ジークに語るクサヴァーさんの描写

    どうやらマーレ側の歴史書を見せながら、エルディアの真の歴史を語っている様子。

    ジーク
    ”エルディア復権にとって、いかに自身の血統が重要かを知った俺は”

    ”自分の身の安全のために父と母をマーレに売った”

    両親を告発する少年ジークの描写

    そのジークに涙を流しながら寄り添うクサヴァー
    2016-11-12_203058

    「進撃の巨人」第87話「境界線」より

    どうやらジークが告発した原因に、自分が教え込んだエルディアの歴史があり、そこからジークが王家血統だとクサヴァーは気付いたよう。

    クサヴァーはジークという存在の重要さを知り、さらにダイナという王家血統者をマーレに売るキッカケを作った罪の大きさを感じ、ジークにフリッツ王家の歴史をできる限り教え込みます。

    そしてマガト隊長に、自身の獣の巨人の継承者にジークを推薦します。

    無垢の巨人となり、クサヴァーを捕食するジーク

    人間に戻ったジークは、残されたクサヴァーの眼鏡を拾い上げます。

    場面は、リヴァイ兵長と馬車に乗っている現在に戻ります。

    馬車を停めるリヴァイ兵長
    2019-01-08_061229

    「進撃の巨人」第113話「暴悪」より

    ジークの両手両足をさらに切断し、馬車を降ります。

    リヴァイ兵長
    「ちょっと待ってろ」

    馬車を停めた前にある家に入るリヴァイ兵長

    リヴァイ兵長
    「おい、いるか?」

    玄関の前で誰かを呼ぶリヴァイ兵長

    中から長身で帽子を被った男が登場します。

    帽子の男
    「これはリヴァイ兵長」

    「どうされました?血だらけじゃないですか?」

    リヴァイ兵長
    「そんな事はどうでもいい」

    「ヒストリアはいるか?」

    すると奥から登場するお腹の大きなヒストリア
    2018-07-07_025108

    「進撃の巨人」第107話「来客」より

    ヒストリア
    「兵長・・・」

    114話では、このような展開が起こるのではと予想します!

    予想ここまで!

    ⇨「ジークの過去」の展開は、ほとんど予想通りでしたね!

    かなりの的中で、むっちゃ嬉しいです!\(^o^)/

    ◆ジーク過去話の展開予想!

    2016-10-07_033136

    「進撃の巨人」第86話「あの日」より

    114話展開予想では、ジークの過去が時系列順で、一気に登場する感じで予想しました。

    しかし、ジークの過去は断続的に、数話をまたいで描かれるかもとも思っています。

    イメージとしては、こんな感じの事柄を3,4話に分けて登場するのでは、と考えています。

  • グリシャ・ダイナの元での幼少期時代の思い
  • 戦士候補生となりグリシャとダイナを密告するまでの経緯とクサヴァーさんとの出会い
  • クサヴァーさんを捕食し獣の巨人を継承した後のイェレナとの出会い
  • シガンシナ区でのエレンとの出会い、義勇兵設立の経緯
  • 28巻最終話である114話にグリシャの幼少時代やクサヴァーさんとの出会いが登場し、29巻中で「ジークの過去話」が、さらに盛り込まれるかなと!

    同時に現在のパラディ島の展開も進みながら、並行して登場すると考えています!

    ちょうどライナー、ベルトルト、アニの過去話が登場した23巻、24巻や「パラディの3年間」が登場した26巻や27巻のイメージですね!
    2017-07-06_042331

    「進撃の巨人」第95話「嘘つき」より

    さて、こんな展開が登場するのか?

    114話の発表が楽しみですよ!\(^o^)/

    予想ここまで!

    ⇨思っていたよりかは、ジークの過去の描写が多かったですね。

    次回以降も「ジークの過去」が登場するのか?

    ちょっと微妙だなと感じています(汗)

    ただ、今回の予想は90点くらいですね!

    けっこう当たっていましたよ!\(^o^)/

    ちょっと難しいと感じますが、次回115話も当てたいです!

    115話あらすじ!
    ミカサの頬の傷を徹底検証!宿主が関係か?
    アッカーマンは進撃から生まれたか検証!リミッター解除も由来?
    進撃の能力を検証!巨人大戦7つの巨人誕生の歴史の真相とは?
    845年の謎を検証!
    114話考察!始祖の新しい能力とは!進撃も比較検証!
    114話考察!エレンの目的と方法を検証!
    114話考察!ジークの目的まとめ!
    114話考察!600年前の流行り病を検証!
    114話考察!効果擬音「パアシイ」を検証!
    リヴァイが死亡確定するのか114話から検証!
    114話考察!ラーゴの惨劇は事実か?アニメ2期EDから検証!
    113話「暴悪」あらすじ感想考察!

    アニメやマンガが見放題
    進撃の巨人を無料で楽しむ方法

    進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

    今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

    初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

    U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

    評判&口コミ公式ページ

    \無料キャンペーンあり/

    VODランキングはコチラ

    ↑タップでコスパ比較↑

    POSTED COMMENT

    1. 寒がりさん より:

      こんにちわ!強いショックで変なテンションになってしまいましたが、自分なりに状況を冷静にみてみました。
      リヴァイの吹っ飛ぶ軌道に疑問を感じました。爆風は横と上にきます。ジークは体内で爆発が起こってるので体が上に持ち上げられて吹っ飛ぶのはまあ理解できます。でもリヴァイの方は?
      リヴァイが荷台に乗った状態で爆風を受けると、横からの爆風で上には飛ばないと思うんです。最低でも膝丈以上はあるであろう荷台の縁に引っ掛かって、上半身がのけ反り、そのままの高さのまま遠くに吹っ飛ぶ感じになると思いませんか?破壊された荷台の縁ごと風に押されて地面に投げ出されるのが自然じゃないか?と思うのです。
      あの高さの軌道だと、リヴァイは明らかに荷台の縁の高さから飛ばされてますよね?ゾワッときたすぐあとに左足を荷台の縁に掛けているので、爆風と同時に荷台からジャンプしてるなら、あの高さまで飛ぶのは辻褄が合います。
      自分も物差しを持って左足を軸にマガジン5冊分を踏み台にして後ろ上方向にジャンプしてみたら、反動で右手は体に密着し右足は曲げた状態になりました。曲げて体に密着した状態の腕は爆風でちぎれにくいと何かで読んだ覚えがあります。加えて通常の人間より筋肉や骨も強化されたアッカーマンです。そう簡単には四肢はもげない気がします。それに腕や足が宙を飛んでるようには見えませんし、あの空中のアングルでは、足は90度以上かなり伸ばしてないと体に隠れて見えないのが普通です。右手も体に寄せていたら見えなくて当然です。
      四肢欠損ではなく雷槍の破片が腕や太股に刺さって血の筋を引いているんじゃないでしょうか?
      リヴァイの意識があるかどうか、そこら辺も気になるところです。

      • 管理人アース より:

        >左足を荷台の縁に掛けているので、爆風と同時に荷台からジャンプしてるなら、あの高さまで飛ぶのは辻褄が合います。
        自ら飛んだのではと管理人アースも感じました。
        リヴァイ重傷かもですが、助かっていると思いますし思いたいです!

        管理人アース

    2. 名無しさん  より:

      いつも考察楽しみにしています。

      始祖による体の性質の変更についてです。道を通じて巨人の肉体が供給されていることを考えると、記憶の改竄も脳組織の供給の応用であるとすれば、体の性質や構造に変化をもたらせることに納得してしまいました。

      知性巨人についても、目的に応じる分だけ肉体を発現すること、個体差はあれども急激な硬質化ができること、顔上半分が吹き飛んだライナーの中枢神経系移動のくだりなど、そのあたりが関係している気がします。

      始祖はユミルの民全員の、知性巨人は本人の性質、構造を変えることができそう…?

      道の供給源には何があるのか、ユミルが接触したとされる何かは何なのか、登場人物が選択する道と共に解き明かされる謎が楽しみです(^_^)

      • 管理人アース より:

        >道の供給源には何があるのか、
        サーバーがある?みたいな(笑)
        小説版「リング」を思い出しました。パソコン内の世界みたいなオチは無いと思いますが…

        管理人アース

    3. ななし より:

      こんにちわ。
      感想です。

      私もリヴァイは川に流されていくのではないかと考えてました。
      死なないでほしいです。

      エレンの基本的な考え方は、人は生まれながらに自由であるということと巨人を駆逐することなので、ジークの考え方と似て非なるものかなと感じてます。

      初期にエレンは巨人を駆逐すると言い、リヴァイは巨人を絶滅させると仲間に誓っています。
      ジークによってこれが実現するのか、エレンなのかリヴァイなのか、次号以降も楽しみですね!

      • 管理人アース より:

        巨人が駆逐され絶滅させる事がユミルの民が絶滅することに繋がるとしても、エレンは同調するのか…?
        これは否定して欲しいですよ!
        エレンの真意が気になります!

        管理人アース

    4. Lay より:

      初めてコメントします。

      エレンが「安楽死」に同調していることはないと思います。ヒストリアが妊娠しているので。
      お腹の大きさから見て、エレンのマーレ潜入直後に妊娠した可能性もあり、エレンは現時点ではヒストリアの妊娠を知らないかもしれませんが、知ったら、仮に今は「安楽死」に賛同していたとしても考えを変えるはずです。

      そして、113話の「ピクッ」巨人ですが、私はリヴァイではなくイェーガー派と訓令兵を襲うと思います。
      今さら巨人討伐の訓練なんて、とキースを見下していた訓練兵の元に巨人が現れたら皮肉ですよね。
      イェーガー派も巨人討伐経験がある兵士はいないので(フロックも戦闘らしい戦闘はしていない)、対応ができないのを目の当たりにして、訓練兵の気持ちにも動きがあると多少スカッとします笑

      いつもアース団長の鋭い考察を楽しみにしています^ ^

      • 管理人アース より:

        管理人アースもエレンが安楽死に同調していて欲しくないと思っています。
        ただヒストリアの妊娠を知ってもその子は生まれるので、考えが変わるかは分からないかなと。
        その子が子どもを作る事が出来なくなる…いや、やはり考えが変わるかもですね。

        >113話の「ピクッ」巨人ですが、私はリヴァイではなくイェーガー派と訓令兵を襲うと思います。
        今回114話を読み、ピク巨人は瀕死のジークを助けるかなと妄想しました。
        明日、予想を公開しますので、また見てみてください!

        管理人アース

        • Lay より:

          お返事ありがとうございます!
          言葉足らずでしたので、補足です。

          ユミルの民の体の構造。変えるとあったので、巨人の体のように生殖器を無くしてしまうのかな、と思ったのです。
          そうすると現在妊娠中の子どもも死んでしまうか、悪くすれば母体もろとも死んでしまうのではないか、と。
          その場合、エレンは絶対にヒストリアを犠牲にする選択はしないので、考えを変えるのではないかと予想しました。

          でも残酷なことが起こるのが進撃の巨人なので、「安楽死」を起こし、ヒストリアを失くしてエレン呆然、ということも起こりそうで怖いです。

          「ピクッ」巨人の考察、楽しみです!!

          • 管理人アース より:

            >巨人の体のように生殖器を無くしてしまうのかな、と
            なるほど!
            これ、ありそうですね!
            その展開が起こるのかどうか、起こった時にショックで倒れないようにこれから考察したいですよ!(笑)

            管理人アース

    5. ブッフバルト より:

      こんにちは、いつも考察楽しみにしています。
      ジークの目的がエルディア人の絶滅としても、どうも腹落ちしないのは、同胞を楽しんで殺戮するには激しく憎しみがないと成り立たないように思えるのですが、使命として絶滅させるにしても、憐れみどころか、楽しんでる事です。別の理由があるのでしょうか

      • 管理人アース より:

        >使命として絶滅させるにしても、憐れみどころか、楽しんでる事です
        そういう描写がありましたね!
        アニにもありましたし。
        強い力を持つと、その力に酔いしれるというイメージでしょうか?
        サネスが言ったような。
        今回の描写がジークの真意だと管理人アースは捉えています。

        管理人アース

    6. 恥垢種 より:

      アース団長、今回も衝撃的ですね。
      「ジークの正体みたり、安楽死」って感じですか?これも衝撃でしたが、あらかた、予想がついてた部分もあるので、少しインパクトは小さいかもですね。それよりも、「始祖の巨人」は「ユミルの民の体の構造を変えられる」という方が衝撃的というか、もう驚愕でしたね。これって、もう「神」ですよね。もし、「ユミルの民」の混血が進み、全人類がユミルの民の混血になれば、全人類を思い通りにできるわけですからね。そして、キーワードが出ていますね。「始祖の巨人の持ち主は」となっていることですね。額面どおり、受け取ればエレンになりますね。そして、エレンは本心から「安楽死」に同意したのでしょうか?私はそうは思いませんね。私は、「体の構造」の話を聞いた時に、エレンは思いついたと妄想します。それは「全てのユミルの民の道を塞げばいい」と、「巨人の力」は道を通ってやってくるのだから、「道を塞げばいい」と、そして、「始祖の巨人」の力を使えば、不可逆的だった「無垢の巨人」も元に戻せるのではないか、とも思いますね。
      しかし、諌山先生はとんでもない切り札を切ってきましたね。これは、ユミルの民に「鳥になれ」と言えば鳥になるということでしょ。「爆氷石」もこの力を使ったのでしょうか?「体の構造」だけでなく、「土」を「燃料」に変える力もあるということでしょうか?いやいや、これはもう「神」誕生ですね。
      一つ気になるのは、イェーガー派です。彼らは自分達の絶滅のため、必死のパッチで奮闘してるのでしょうか?やはり、体よく騙されてるのでしょうね。義勇兵も
      しかし、こんな力がありながら、100年前の王は本当に逃げ出したのでしょうか

      • 管理人アース より:

        >一つ気になるのは、イェーガー派です。彼らは自分達の絶滅のため、必死のパッチで奮闘してるのでしょうか?やはり、体よく騙されてるのでしょうね。
        イェレナに踊らされているように感じますね。
        イェレナがどのようにジークに信奉者になったのかの、エピソードが見たいですよ!

        >「爆氷石」もこの力を使ったのでしょうか?
        おそらくユミルの民にのみの力かなと感じるので、石や燃料は無理かなと。
        もしかしたら「氷爆石を生み出す硬質化能力を持った巨人」を生み出したかもですが。

        >こんな力がありながら、100年前の王は本当に逃げ出したのでしょうか
        争いがイヤになった、というイメージですよね。
        後は罪の意識とか。

        仰る通り、エレンの真意が気になりますね!
        体の構造が変えられるのであれば巨人を人間に戻せそうですし、子どもの誕生をなくすよりも「巨人になれない体」に変えた方がより前向きな気もします。
        エレンの真意、早く知りたいですよ!(*^^*)

        管理人アース

    7. てち推し より:

      アッカーマン家が巨人科学の副産物みたいなやつなので、手足が吹っ飛んでもまた生えてくるのではないでしょうか?また考察お願いします!

      • 管理人アース より:

        もしアッカーマンの回復力がそこまでなら、ミカサの頬の傷も回復しそうですよね。
        たぶん、そこまでではないのではと思います。
        女型の巨人でのリヴァイの怪我も、そこそこ回復までに時間がかかっていましたし。

        管理人アース

    8. 欠饅個 より:

      パラディ島から離れている収容区のエルディア人の体も子供が埋めないようにできるのですかね?

      • 管理人アース より:

        王家血統+始祖ならできそうですよね!
        3重の壁の巨人も同じ理屈で作ったのでしょうから、距離はあまり関係なさそうですよ。

        管理人アース

    9. より:

      アースさんこんにちは
      114話のリヴァイについてなのですが、元々リヴァイは北欧神話のトールを元としていると言われていますよね。
      ここでトールは最後相打ちという結果で死亡していますね。そして今回はリヴァイとジーク両者とも雷槍の餌食になりましたね。
      さらに、トールは死ぬ前に9歩歩いた後死亡したと言われています。なのでリヴァイも即死はしていなく(確実に重傷ではあるが)何か回想シーンなどを少々挟んでから生涯を閉じるのではないか。と予想してみました。以上です^^

      • 管理人アース より:

        なるほどですね!
        リヴァイの重傷展開、ありそうですがリヴァイ兵長には最後の最後までカッコよく登場していて欲しいですね!

        管理人アース

    10. 心臓を捧げられない小市民 より:

      ジークがエルディア人の死滅を願うようになったのは理解できますが、それ以外にも本当は解決方法があるのでは?と思いたい気持ちがあります。

      そもそも、ユミルの民という概念自体幻想という可能性はゼロではないのでは?

      本当は誰でも巨人になれるとしたら、どうでしょうか。ライナーもマーレ人との混血のようですし。

      マーレとしては「エルディア人しか巨人になれない」としたほうが便利だから、そう信じさせているとか。

      という可能性はないのかな?と思ってしまいました。さすがに無理ですかね…

      • 管理人アース より:

        >ユミルの民という概念自体幻想という可能性はゼロではないのでは?
        そうですね。
        ただ、エルディア人以外の東洋の一族やマーレ人は「始祖の巨人」の記憶改ざんの影響を受けないというのは本当なのではと思われるので、「巨人化できない」もそうなのかなと思われます。
        それでもエレンに「全てをひっくり返す裏技」を期待しちゃいますね!

        管理人アース

      • ゆきの より:

        古代ムー大陸アトランティスにはオリファルコンなる鉱石があり、落とし所かな?島が海に沈みます!

    管理人アース にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です