キングダムのネタバレ考察

【キングダム】ネタバレ644話「桃泉殿」あらすじ感想考察!

キングダム644話の内容が明らかとなりました!

李牧投獄から斬首になる、という展開だった643話からどのような展開となるのか?

重傷でも李牧を助ける、と叫ぶカイネの動きはどうなったか?

645話のネタバレ考察を見て行きましょう!\(^o^)/

【VOD】アニメ視聴におすすめの動画配信サービスを比較【評判&口コミ】 動画を視聴できるサービスは数多く存在していてどれを選べばいいのか悩みますよね。 しかし、多くの比較サイトでは広告報...

◆キングダム644話「桃泉殿」あらすじ!

趙の悼襄王家臣である郭開から、李牧斬首が決定したと発表される場面から始まります。

明日「雷還広場」にて斬首となる、と、李牧に告げる郭開。

続けて郭開は「何か言い残す事はあるか?」と李牧に聞きます。

投獄され斬首を言い渡される李牧。

それでも自分の死亡後に秦が攻めて来た際の、防衛戦略を郭開に説明します。

さらに「カイネたちに愚かな真似はしないようにと伝えてくれ」と続けます。

明日、斬首される李牧の遺言になるであろう、最後の言葉を聞く郭開。

しかし全く取り合わなさそうな様子。

場面は、趙王悼襄王に李牧斬首を取りやめてもらおうと直訴する趙の太子 嘉に移ります。

父である趙王に、涙を流し斬首取りやめを直訴します。

しかし全く聞く耳を持たない悼襄王。

太子 嘉の耳をかじり取り「失せろ」と、吐き捨てます。

いっぽう王都邯鄲では舜水樹やカイネ達。

李牧が投獄されている地下牢を見つけられないまま、斬首の日を迎えることになります。

明日、斬首される「雷還広場」に現れた李牧をそのまま救い出そう、と算段する舜水樹たち。

とんでもない人数で守りは固められてると分かっていながらも、決死隊で李牧を救うと決めます。

カイネはその決死隊メンバーに入れてくれ、と泣きながら叫びます。

「もちろんそのつもりだ」と、カイネに答える舜水樹。

場面は、悼襄王の憩いの場である風呂場「桃泉殿」に移ります。

酒を飲み、少年達に囲まれながら湯に浸かる悼襄王。

しかし体調不良なのか、酒を吐き倒れてしまいます。

倒れたまま胸を押さえ、苦しむ悼襄王。

医師を呼んでくれ、と少年たちに悼襄王は命令しますが、全く動かない様子の少年たち。

その様子に気付き、「貴様ら」とつぶやき涙を流します。

血と涙に濡れ歪む、悼襄王の顔。

そのまま動かない少年たちに看取られ絶命し、終わります。

◆キングダム644話感想考察!

李牧斬首の前日夜に悼襄王死亡!

予想通りの展開でしたが、ほぼ1話割いて悼襄王死亡が描かれましたね!

最後に愛すべき少年たちに看取られて本当に良かったね、と感じましたが(笑)

無表情からクスクス笑い出す少年たちは、不気味でした(・_・;)

次回で悼襄王を失った郭開は李牧斬首を思いとどまり、中止にするでしょう。

すぐに解放されるかは分かりませんが、とりあえず斬首は無くなる展開になるだろうと思われます。

さて、気になった考察ポイントは二つです。

「悼襄王が呼んだ英書記官」と「悼襄王に浮き出た血管描写」です。

それぞれ見て行きましょう!

悼襄王が呼んだ英書記官

李牧の斬首を取りやめるよう直訴する太子 嘉の耳をかじり取った悼襄王。

太子 嘉が退室した後に悼襄王は「英書記官」を呼んでいます。

英書記官がどのようなポジションかは分かりませんが、書記官という事は公文書を記録する係なのかな、とイメージします。

そして今回悼襄王が死亡しているため、おそらくですが「遺言」を残したのだろうと察せられます。

史記によると、死亡した悼襄王の後を継ぐのは暗君と称される弟の太子遷です。

息子である太子嘉ではありません。

ここからも英書記官を呼んだのは、李牧斬首を取りやめるよう直訴する太子嘉に王を継がせるのではなく、弟の太子遷に継ぐという遺言を残し書記官に記させた、という伏線なのだろうと予想できます!

李牧斬首が取りやめになったのは嬉しい展開ですが、次に太子嘉が継ぐのを心待ちにしていた李牧としては悲しい展開が待っているのかな、と察せられます。

悼襄王に浮きでた血管描写

次に気になったのが、死亡した悼襄王の全身に浮き出た血管が描かれているところです。

悼襄王は、これまでにも体が弱いという伏線が貼られていました。

キングダム48巻でも「病がちな俺は、その頃にはとっくに寿命で『いって』おるわ」「『後のこと』など知ったことか」と李牧に語っています。

なので、今回の死亡も病気であり寿命だと思われます。

しかしいっぽうで、全身に描かれている浮き出た血管は何なのでしょうか?

合従軍編28巻で、韓の毒で死亡した張唐将軍の描写とかなり似ています。

つまり悼襄王は毒で死亡したのでは、と思わせられるのです。

ワインっぽい酒を吐きながら死亡しているところもそうですし、それをついでいた少年たちが苦しむ悼襄王を見ながらクスクス笑っているところからも「毒を盛ったのでは?」と想像してしまいます。

死因が病気なのか、毒なのか?

どちらとも取れる描写ですよね!

どちらとも取れるところが、気になりました!(・_・;)

さて、今回は悼襄王が死亡した事により李牧斬首が取りやめられるだろう、と予想できる展開となりましたね。

次に展開するのは「呂不韋服毒自殺」になるのでしょうか?

645話も楽しみですよ!

数日前に644話展開予想をしていました!

自己検証してみます!

【キングダムネタバレ考察】アースが伏線&未解明の謎を徹底研究!今一番アツい漫画「キングダム」のネタバレ考察をします!最新話の展開を史実を元に予想、キャラクターの伏線や史実からの予想、魅力的なキャラクターたちを深掘り考察していきます!...

◆キングダム644話展開予想を自己検証!

年号内容
紀元前236年王翦が楊端和、桓騎を従え「鄴」を攻め落とす←現在最新話
235年呂不韋服毒自殺・趙王悼襄王死亡
234年平陽の戦い:桓齮VS扈輒で桓齮勝利。扈輒を討ち取られる。
233年肥下の戦い:李牧VS桓齮 桓齮敗れ死亡?
230年韓滅亡
229年趙の李牧死亡
228年趙滅亡

鄴を攻め落とした秦は、これからもしばらく趙に進軍していきます。

そして鄴を攻め落とした翌年、紀元前235年に呂不韋と趙の悼襄王が死亡します。

この辺りがこれから展開していくと思われますが、どのように描かれるのかが気になるところです。

643話では趙に攻めていく飛信隊と投獄されている李牧を救おうと動くカイネの両方が描かれていましたが、644話では趙側がメインに描かれるのでは、とイメージします。

史実通り、悼襄王はしばらくして死亡するでしょう。

「後の事など知った事か」という発言もあり、「体が弱い」という伏線も貼られています。

おそらく、病気で死亡退場するのではないでしょうか?

そこから投獄から李牧が解放される展開になるのでは、と思われます。

この辺りが、カイネと舜水樹の李牧解放の為に動いている展開と合わせて644話で登場するのでは、と予想します。

李牧がいない間は勝てていた秦が、李牧が解放された事を知り動揺が走る場面が描かれたりするのでは、とイメージします。

644話では悼襄王死亡からの李牧解放が描かれるのでは、と予想しました!

そのような展開が登場するのか?

18日(木)ヤンジャン発売日が楽しみですよ!\(^o^)/

予想ここまで!

→まさに予想通りな展開でした!

100点かなと!\(^o^)/

次の645話予想も当てたいです!

アース
アース
悼襄王の死亡描写と呂不韋服毒自殺の描写は、対比っぽく描かれるような予感。
【キングダム最新話ネタバレ】659話までの確定あらすじ&伏線の考察【全話まとめ】キングダムの最新話「647話648話」の確定ネタバレあらすじ感想を毎週木曜日に更新!全話のストーリーとみどころ、伏線を網羅して解説しています。...
キングダムアニメ最新話のフル動画が配信中!
キングダムアニメが配信中

現在U-NEXTでキングダムのアニメシーズン3の最新話4話まで配信されています!

U-NEXTならキングダムのシーズン1、シーズン2、シーズン3が全て無料で視聴できます!

シーズン3のアニメ再開の2021年春までにイッキ観しちゃいましょう!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

\無料キャンペーンあり/

U-NEXT公式ページ

↑タップでコスパ比較↑

POSTED COMMENT

  1. ユミル・イェーガー より:

    こんにちは。
    一先ず李牧の処刑は免れそうですね。

    私は信が「李」の性を名乗るきっかけは、李牧の最後の言葉によって李牧の意志を受け継ぐ気持ちで「李」を名乗ると予想していました。「戦いの中で敗れ死んでいった者の意志も背負って戦っている」のが飛信隊であり信であるからです。まぁ今回は漂の意志を継ぐかたちで「李」を名乗ることになりましたが。
    李牧の意志を継いだ「李」ではなかったことで、李牧生存展開が広がってきました。史実では229年には李牧死亡ですが、同時期に姿を消す司馬尚(司馬憲)の名を借りて李牧が生き残ると妄想予想してます。原作で司馬尚が謎のベールに包まれたまま描かれているのは、その伏線だと読んでいます。たぶん顔も似ていて、政と漂のパターンで入れ替わると思います。
    その時、もし李牧が、信は「李」を名乗っているということを知ったとしたら、信に自分の意志を繋げて、心おきなく「李」の性を捨てることでしょう。

    • >信が「李」の性を名乗るきっかけは、李牧の最後の言葉によって李牧の意志を受け継ぐ気持ちで「李」を名乗ると予想
      なるほど!
      たしかに李信と李は李牧の李ですね!
      まさかの「すもも」からという展開でしたが(笑)
      司馬尚も顔は登場していないので、李牧なりかわり展開は不可能ではないですよね。
      これも要チェックします!\(^o^)/

      管理人アース

  2. 騰@天下の大将軍 より:

    個人的には桓騎が扈チョウ将軍にボロ勝ちして李牧いないとやっぱヤバいなみたいな展開かなと思ってます。趙王はカイネや舜水樹の諫言を素直に受ける人間に見えませんし。最後のチャンスだと言って桓騎に李牧を当てて勝利を収め、その流れで司馬尚と共に王翦・羌カイ・李信らと戦って…といった流れですかね。王翦VS司馬尚、李信VS李牧の展開だとめっちゃアツいと思います😆李信の本能で李牧の戦術を打ち破って欲しいです

    • >王翦VS司馬尚、李信VS李牧の展開だとめっちゃアツいと思います
      これ良いですね!
      司馬尚って、まだちゃんと顔が登場してなかったですよね。
      色々な意味で楽しみです!(*^^*)

      管理人アース

  3. ユミル・イェーガー より:

    こんにちは。

    李牧の死亡退場はもったいなさすぎます!
    史実での229年以降は、名を変え、物語の最後まで生き続ける というフィクション展開を期待しています!!

    • >名を変え、物語の最後まで生き続ける というフィクション展開
      これスゴイです!(笑)
      でもそれくらい退場は惜しいキャラですよね(;´Д`)

      管理人アース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です