【進撃の巨人】ネタバレ115話116話展開予想!「ピクッ」が登場か?

ジークの真意が明らかとなった衝撃の114話ですが、115話ではどのような展開が待っているのでしょうか?

誰もが気になっているであろう、リヴァイ兵長とジークのその後の展開はあるのでしょうか?

「ピクッ」の回収展開が起こるのでは、と予想しました!

見てみましょう!\(^o^)/

Sponsored Link

◆115話展開予想!

2019-02-08_115314
「進撃の巨人」第114話「唯一の救い」より


114話最後にて雷槍により、真っ二つになったジークの描写から始まります。

キャッチボールをしながら聞いた、クサヴァーさんの巨人学を思い出すジーク。
2019-02-08_115514
「進撃の巨人」第114話「唯一の救い」より


クサヴァー
”捕食された巨人継承者は、次の継承者に能力とともに記憶が継承される”

”継承された者が記憶を思い出す現象には、血縁関係が大きく作用することは分かっているが”

”捕食された者の記憶は、間違いなく継承者の中で生き続ける。”

”すなわち、その人格も継承者の中で生きる事になる”

”つまり…私から巨人を継承した者がどのように生きていくのか…継承者を通して見れるはずだ”

”ジーク…僕は君の中で見ているよ”

”君が…世界を救う様を”

”ユミルの民を…解放する景色を”


上半身だけになり、吹っ飛ぶジーク

クサヴァーさんの言葉を思い出し、歯を噛み締めます。


ジーク
”見てるか?クサヴァーさん”

”頼むから見ててくれ…そして力を貸してくれ!”
2019-02-08_115416
「進撃の巨人」第114話「唯一の救い」より


ドサっと地面に叩きつけられるジーク

グッタリとし、半身だけになったジークは動けない様子

それでも切断面からは蒸気が発されており、生きてはいるよう。

ふっ飛ばされたリヴァイは、そのまま川に落ちます。

2019-02-08_115353
「進撃の巨人」第114話「唯一の救い」より


ジャンボオオ

さすがにダメージが大きかったリヴァイ兵長は、そのまま流されていくようです。

川に浮かんだまま、流されるリヴァイ兵長の描写

それを地面で横たわったまま、認識するジーク


ジーク
”さすがにヤツも動けないだろう。そのまま遠くまで流されていってくれ”

”しかし、このままでは俺も動けないし…ジリ貧だが”

”まだアイツは回復してこないのか?”


何かを待っているジークの描写

すると、遠くからドスンドスンと巨人の足音がします。


なんと、石つぶてにされた巨人が復活しジークに走り寄ってきます。
2019-01-08_053512
「進撃の巨人」第113話「暴悪」より


ジーク
”石つぶてにする際、うなじは避けていたからな”

”良かった。来てくれたか”

ホッとするジーク

ジーク
「俺を乗せてシガンシナ区まで行くんだ!」

巨人に指示し、そのまま泣きながら走る巨人の掌に乗せられ、移動するジーク
2019-01-08_053427
「進撃の巨人」第113話「暴悪」より


エレンの待つシガンシナ区に向かうようです。

このような展開が起こるのでは、と予想します!

◆今後の展開は?

2019-02-08_115314
「進撃の巨人」第114話「唯一の救い」より


114話で大きく展開したのは、「ジークがリヴァイから逃げられた」という事でしょう。

ここから、どのように展開していくのでしょうか?

気になるのは、「フロック達イェーガー派とハンジ」がジークの勾留地に向かっている事です。

ジークと出会う事になるのでしょうか?

そしてリヴァイ兵長も気になります。
2019-02-08_115353
「進撃の巨人」第114話「唯一の救い」より


「川に流される」はもちろん予想ですが、死亡はしていないでしょう!

今後、リヴァイにどのような展開が起こるのか?

管理人アースは「ヒストリア宅に到着する」と予想します!
2018-07-07_025108
「進撃の巨人」第107話「来客」より


この辺りは予想ではなく、ほぼ妄想ですが!(笑)

115話…

そろそろライナーやピークちゃん達が見たいです!(*^^*)

114話「唯一の救い」最新あらすじ考察まとめ!
114話考察!600年前の流行り病を検証!
114話考察!効果擬音「パアシイ」を検証!
リヴァイが死亡確定するのか114話から検証!
114話考察!ラーゴの惨劇は事実か?アニメ2期EDから検証!


Sponsored Link

38 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ115話116話展開予想!「ピクッ」が登場か?”

  1. longe より:

    リヴァイはどうなったんでしょうね。
    さすがに命を落としてはいないでしょうが、負傷はしているかな…

  2. 巴里の恋人 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    まさかあそこまでジーク祭りに尺が割かれ、話が一気に進むとは思ってもいませんでした。
    クサヴァーさんから獣を継承しパラディに上陸するまで祭りは続きそうな気もしていますが、こんなに早くジークの真意が明かされてしまうと115話もジーク祭りが続くかはビミョーですね。

    個人的には兵長の安否やハンジさん達の動向の方が気掛かりです。
    兵長が川に転落して流されるのは間違い無さそうですが、ヒストリアが川で洗濯している事に期待します。

  3. ギラ より:

    アースさん お疲れ様です。

    とにもかくにも
    リヴァイ兵長が心配でたまりません。
    あの至近距離で雷槍の爆破を受けたら
    少なくとも無傷では済まないでしょう。
    指や片腕、片足あるいは顔面も爆風とやけどで
    酷い状態になっている可能性が高いですね。

    それにしても、リヴァイ兵長は迂闊だったと思う。
    爆弾(雷槍)と爆弾のスイッチをジークに渡していたのですから。
    しかも死なず再生可能な相手に。
    本当なら、抑止力としてあの状態にして、起爆の信管は抜いておいて不発弾のフェイク雷槍にしておくべきだったと思います。
    いざジークが自爆しようとしても不発弾となるように。

    それにしてもジークのエルディア人全員を安楽死(子孫を残せないという種の滅亡)という思想にはがっかりしました。
    このエルディア人にとって不条理な世界を、エルディア人が生きていけるようになんとか変えようとするのではなく、それは諦め、エルディア人が子孫を残せずこの世界から居なくなる事で、世界を巨人から救い、エルディア人もこの不条理な世界から生まれないようにして救ってやるという自己中心的な結論で動いていたとは。

    まだ、グリシャやダイナの様に、エルディア人を生かす事と、世界の不条理を正そうとするスタンスの方が諦めておらず希望があり好きです。

    ジークの思想は、この世界が悪いのでは無く、生まれた事が悪いという絶望の前提に立っています。
    だから、エルディア種を全滅させる事で救ってやるという自己都合な詭弁であり逃げであり、まるでカルト宗教の集団自殺思想の様です。

    はたして、エレンもこの絶望と諦めの前提に立って集団自殺を望んでいるスタンスなのかを見守りたいと思います。

    • 管理人アース より:

      エレンの真意が気になりますよね。
      ジークにとってのクサヴァーさんが、死滅思想にも重なったのが不味かったですよね( ̄▽ ̄;)



      管理人アース

  4. 寒がりさん より:

    リヴァイがヒストリア宅付近に流れ着く展開になったら面白いですね(笑)桃太郎を想像してしまいました。リヴァイが仮に重症だったら、川に流されたら血が流れ続けて死んじゃいますよね。だから命に別状はない程度の怪我と爆風による全身打撲で済んでると願いたいです。多少火傷もしているでしょうが。
    すぐ手当てしないと危険な状態だとしたら、上の理由から川に流されずにいると思います。巨人化を免れた連絡伝達係りの出番でしょうか?雨で暗い中、フロックたちがくるか疑問ですし、彼らは明るくなってから来そうなので。 
    ジークは胴体が真っ二つになった状態で意識はあるんでしょうか?足を輪切りにされた時は気を失っているので、意識保ってれとは思えないです。
    ピク巨人の回復スピードと時間経過具合からすると、雨が止んだ朝方にフロックらが森に到着、全回復のピク巨人と遭遇、パニックを利用してハンジが自由の身になる。そして荷馬車の跡を追いかけ、回復途中で転がったままのジークと大破した荷馬車を発見する。森で拾ったメガネをジークに渡したことでジークが話してくれるようになり、事態を把握する……。
    このような展開になるのかなと想像しました。メガネの民の心を開かせるのは同じメガネの民だろうと思いまして(笑)
    ヒストリアの家はマリア内なのでしょうか?ローゼの方かなと勝手に思ってましたが、シーナの外れも有りえそうですよね。

    • 管理人アース より:

      ハンジとジークが出会う展開は良いですね!
      ヒストリア宅がどの辺りなのかは分かりませんよね。
      リヴァイと出会う為に位置を確定していなかったことを願います!



      管理人アース

  5. モブリッティ より:

    こんにちは!アースさん。
    予想、ありがとうございます。

    リヴァイはジークを誰に食べさせる予定だったのでしょうね?
    それによって現在地や次に誰と合流するかが違いそうですね。
    たぶんリヴァイはハンジさんと相談してプランBを用意していたと思います。
    誰か(もしくはどこか)に巨人化薬をこっそり隠して持たせてあって、まずはそこを目指していたのでしょう。
    緊急の最悪の事態を予想していたならヒストリアが持っている可能性はありますね。
    ヒストリアの出産を待つまでの繋ぎで信用できるエルディア人にいったん獣の能力を預けるというプランもあったのでは、と予想しています。

    あと、今はジークも体が真っ二つなので自力では動けず、誰かに拾ってもらうとしても回復には数日はかかるのでは、と思います。

    104期生に起死回生のチャンスがあるとしたら、ハンジとキースとピクシス司令の動きだと予想します。
    ジークの完全回復&フロック達との合流よりそちらが先なら、スカッとする展開が期待できそうな気がしています。
    特にピクシス司令はジークに何かを謀られたことに既に気付いていて、巨人発生の情報を入手したら、状況を悟って捨て身でフロック達に抵抗するものと予想します。

    このところ夜明け前の一番暗くて寒い時期、という印象の話が続いていて、ストーリーとしては面白いですが、なかなかヘビーですね-_-;
    そろそろ誰かボケてくれないかな?
    リヴァイが大きな桃につかまりながら流されて、川下でおばあさんに拾い上げてもらうとか。

    • 管理人アース より:

      >今はジークも体が真っ二つなので自力では動けず、誰かに拾ってもらうとしても回復には数日はかかるのでは、
      そうなんですが、シガンシナ区決戦の時もリヴァイにボロボロにされても巨人を操っていたのでシガンシナ区に行けば叫びでピクシス司令とかを巨人化できますよね。
      この展開が来るのではと思えて怖い…(;´Д`)



      管理人アース

  6. モブリッティ より:

    ああごめんなさ。
    桃太郎予想が他の人とかぶってしまいました。^o^;

    あと、ジークの野望を打ち砕くのはヒストリアが産む赤ちゃんの存在では、と予想します。
    赤子継承で9つの巨人の力がその子に集約されちゃうとか。

  7. 物語は、もはや巨人レベルではなく、
    “遺伝子書き換え 組み換え”という先端科学
    が根源にあるようです。
    巨人や壁は、様々な人体改造の一つに過ぎ
    ないのだと思います。

    さらに大きなテーマなのが、始祖ユミルが
    そんな悪魔の先端科学に 手を染めてしまっ
    た理由です。
    恐らく私の予想では、始祖ユミルも 幼い
    ジークと同じ境遇だったのではないか?
    始祖ユミルの頃も、世界はどうしようも
    なく乱れ、こっちから見れば あっちが悪い、
    しかし、あっちから見れば こっちが悪い。

    何を信じて良いのか 分からない状況に追い
    込まれ、その結果、始祖ユミルは 悪魔の
    先端技術こそが 唯一信じられる道だと思い
    込んでいったのではないか。
    これは、ジークがエルディア人の安楽死に
    行き着いた経緯と似ていると思うのです。

    大きく観れば、始祖ユミルが始めたことを、
    ジークが締めくくる という事ではないかと
    思います。
    なれど、現在 始祖の力を有するエレンが、
    果たして “別の道” を模索できるのか?
    それが物語の焦点になって来ているように
    思います。

    • 管理人アース より:

      始祖ユミルは力が欲しかったのかなと感じています。
      そして最後はエレンが締めくくるのかな、とも。
      最後のひとコマはエレンが次世代の子に「自由だ」と言っているような気がします。
      次世代の子は、ループした幼少エレンかもしれませんが。




      管理人アース

  8. リヴァイ大好き より:

    こんばんわ。

    巴里の恋人さんもみなさんもお上手。

    つい笑っちまいました。

    兵長ごめん。

  9. なり より:

    ご無沙汰しております、なりでございます。今回は衝撃的でしたね。物理的にも。リヴァイの安否ですが、流石に死にはしていないと思われますが、腕や足の欠損はあるかもしれないと私は見ています。異変に気付きちょっと早く逃げようとしたように見えますが、ミカサ達が逃げられた時はザックレーの部屋の壁を隔てた場所で爆心地からやや距離がありましたが、リヴァイの場合は数メートルも無かったようですから。ジークの足をまた切り刻もうと自ら近づいたでしょうし、例え数瞬早く飛び退いたとしても無傷では済まされないのではと感じました。色んなことを背負って、逃げずに戦い続け、親友(宿主?)エルヴィンすら作戦成功のために死んでくれと言い放ったリヴァイです。その彼にとって絶望する程の最も残酷な仕打ちとは何か?と考えると、死ぬことよりも生きているのに戦えない、自分で動けないことだと思うのです。進撃の世界は残酷です。もし今回リヴァイにも「その時」がやって来たならば、そう言う自由(生きるために自らの意志で戦い続けること)を行えなくなる身体になってしまうことではないかなと。もしそれが正しいならば、あのリヴァイですら残った四肢で地面を叩き悔し涙を流し絶叫、号泣する展開もあるのではないかと。部位に関しては頭はフードが手前側に見えているので顔、また左手左足は無事かなと思うのですが、見えていない右手右足がどうなっているのかが気になっております。単に体に隠れて奥にあるだけ(絵ではよくある表現かと)なのか、それとも無くなってしまったのか。どこまで飛ばされるのでしょうね。地面なら激突でもげなかった部位も危険ですし(最悪首の骨が折れるかも知れない)、川に落ちるなら出血が止まらず死んでしまうでしょうし。もしこれで楽々受け身をとって五体満足だったならばリヴァイすげぇ!人類最強はやっばり伊達じゃなかった!!となるのですが、果たして…。

    あともう一つ。信管を抜いておけば…と言うご意見を拝見しましたが、あの時のリヴァイに限ってはその判断は彼の頭にはなかったのではないかなと思いました。と言うのも、森での戦いを制した今のリヴァイにとってヒゲ面(ジーク)は部下を殺さなければならなかった憎しみをぶつける相手でありエルヴィンの仇で、真意の読めないたぬきオヤジ(ジークはまだ30手前なのに…ですよね?)です。その相手を思う存分恨みを晴らし、痛ぶる機会が今まさに訪れている訳で。だから足も嬉々として切り刻んでいたのでしょう。表情には出していませんでしたが、内心ジークへの残虐行為を楽しんでいた可能性も。少しでも怒りを鎮めるために。その精神状態で信管を予め抜くと言う考えは流石のリヴァイでも、出てこなかったのではないでしょうか。まさかジークが自爆するとは夢にも思わなかったのでは。「俺を部下をあんなにしやがったこのクソ野郎に、そこまでの度胸があるとは思えねぇ」などと侮っていたかも知れません。人は激しい怒りと憎悪を抱くと冷静な判断を下しづらくなるのでしょう。リヴァイも人間ですから、ジークの覚悟を見誤っていた。その隙を突かれた形になってしまったのではないかと。

    • 管理人アース より:

      >リヴァイですら残った四肢で地面を叩き悔し涙を流し絶叫、号泣する展開もあるのではないかと
      リヴァイ兵長の最期の展開への伏線ならば、そうなるかもですが…
      諫山先生がどのようなリヴァイの最期を思い描いているのか?
      気になりますよ!



      管理人アース

  10. longe より:

    エレンの思想はあくまで「巨人を駆逐してやる。一匹残らず。」のはずで、それはいろいろなことを知った今でも変わらない不変のものだと思います。そう考えると、ジークの思想には一応一致しているようにも思います。だからこそ志を同じくしていると言うことで共闘状態なのだと。

    ただし、今後ジークのやろうとしていることと完全一致というわけでも無く、エレンはエレンの思惑があるのだとおもいます。子孫を残せなくなるところまではするつもりは無く、始祖の封印とか考えてそう。

    • 管理人アース より:

      >始祖の封印とか考えてそう。
      そうですね!
      最後の最後で翻しそうな気がします!



      管理人アース

  11. ムンクの巨人 より:

    少年漫画においてすべての「少年」は思い悩んで、他人の助けを得て、様々な解をみつけていくものです。今回明らかになったのは、ジークは「汚い大人」の側ではなく、彼もまた問題を抱える少年だということだと思います。

    ジークの「極端な自己否定」は若年者に見られる特徴的な傾向のひとつで、大局的な「大人の思想」というよりは個人のトラウマに基づいた個人的な思い込みです。これは明らかに破滅的で間違っているため、矯正され、癒やされる余地のあるものだと思います。

    対して、これまでエレンの中に「生まれてきてゴメンナサイ」的な思想を感じたことはないので、もしジークに洗脳されているのでなければ、内心ひそかに「非エルディア人絶滅」を狙っているのではないかと・・。道を通じて全エルディア人に戦闘に有利な特性を付け加えて、心理的には敵対心を煽るような。こっちのほうがよっぽど迷惑ですがw
    この困った兄弟をサポートするのは周りの人達の役目です。その強さを持ち合わせているのはサシャ亡き今、ヒストリアとアルミンくらいでしょうか。。
    これまで答えをみつけて安らかに退場したのはケニーくらいなので、望み薄かもしれませんが。。

    • 管理人アース より:

      >ヒストリアとアルミンくらいでしょうか。。
      管理人アースはヒストリアに激昂してエレンを矯正して欲しいですよ!(泣)



      管理人アース

  12. 桃太郎の昔話が 密かな話題のようですがー
    実はあのお話、桃から桃太郎が生まれたのでは
    ないようです。
    おじいさんと おばあさんが、川から流れて来た
    大きな桃を食べた結果、二人は若返ってしまい
    ました。
    そして 若返った二人から生まれたのが、桃太郎
    だというのが真相のようです。
    (「チコちゃんに叱られる」より)

    そこで重要なのが、この川です。
    この川には、桃のような 若返り=体の復元
    となるアイテムがあり、リヴァイはそれに
    よって助かる かも?
    巴里の恋人 殿、モブリッティ 殿、寒がりさん
    殿の ご発案に補足させていただきました。

    ついでに ボケを一つ
    バシャガスバクハツ

    • 管理人アース より:

      川に流れてリヴァイ兵長が助かる、という展開を妄想しますよ!



      管理人アース

  13. ニッグ より:

    リヴァイは多分死ぬんだろうけど今まで以上の大暴れをして華麗に散ってほしい

  14. 河童巻き より:

    114話の管理人さんの予想かなり当たってましたね!
    114話ではジークの真の目的が判明しました。

    一方ジーク絡みの伏線はまだまだ残ってます。
    ・ピクシス司令を始めジークの脊髄液を飲んだ兵士住民が多数存在する。その動向。
    ・同じくジークの脊髄液を飲んだファルコ。その動向。
    ・ジークと合流待ちするエレンの動向。ジークがいないと地ならしできない。

    ジークがエレンと合流したときエルディアの全壁が崩壊し超大型巨人が100万体現れる想像を絶する惨事がありそうな予感がしています。

    • 管理人アース より:

      そうですね。まだまだ伏線は残っています。
      ガビとファルコ、さらにサシャファミリーも一緒にいることが気になります。
      まだまだ嫌な予感がしますよ(・_・;)



      管理人アース

  15. 井筒孝庵 より:

    こんばんは。

    次回115話では、同様に113話での再生した少女巨人(ピクッ)によるジークの回収という形でのエピソードが織り込まれるだろうと思います。

    たぶん、クサヴァーさんの遺品の眼鏡をしっかり回収して。

    一方で、リヴァイもジークも派手に爆発に巻き込まれているので、二人が物語に本格的に戻ってくるのはしばらく先で(ジークが全治数日、リヴァイが全治数週間か)、

    物語は、1)ハンジ達、旧調査兵団メンバーやイェーガー派の動向、2)潜入しているピークやライナー達の動向、等にエピソードの焦点が移り、いよいよ、104期生達が再び相見えるという展開にも期待しています。

    それと、

    一時期に自暴自棄(生きるのが嫌)になったエレンを立ち直らせたのがヒストリアであり、そこは最終目的を巡るエレンとジークの根底的な価値を分ける要素でもあり、

    最終局目で決定的な役割を担うであろうヒストリアの登場(妊娠判明以来)にも期待しています。

    マーレ側/世界連合側の戦略的利益からすると、最大の脅威は地鳴らしであり、それを阻止するには王家の血筋を断つこと(ジークとヒストリアの暗殺)が最重要のミッションとなるはずなので、

    先立ってパラディ島に潜行しているピークやライナー達、マーレ戦士の一行が、ジークとヒストリアの捜索に動いていておかしくないし、

    また、自暴自棄(生きるのが嫌)から立ち直っているライナーが、もしもヒストリアと再会した時にどう決断するのかに興味津々です。

    表向きのミッションが暗殺であっても、そうすることはあり得ず、自滅が真意のジークと同調することもあり得ず、

    ヒストリアを媒介に、エルディア人の救済ということでエレンと同調すること、

    兵士と戦士とでいったん袂を分かった104期生が、(巨人を倒すでも敵国を倒すでもない)新たな目標に向け、再び団結し呪われし運命に立ち向かう、

    そんな展開に期待したいっす(*^^*)

    ーーーーーーーーーーーー





    ーーーーーーーーーーーー

    • 管理人アース より:

      良いですね!
      管理人アースもそろそろピークやライナーを見たいな、と思っています❗



      管理人アース

  16. ちえこ・キルシュタイン より:

    こんばんは(^-^) アース団長お疲れ様です。
    兵長って、極端に体脂肪率少なそうですよね。筋肉質なので体重重い設定だから、もし川に落ちちゃったら、沈まないか心配です。手足も気になりますね。イェレナが持ってきた注射打ったら再生しないでしょうか? アッカーマンは一応巨人ですしね。(^^)

  17. テラ より:

    アース団長お疲れ様です!
    いやー今回はへこみました。
    幼いジークへの精神的虐待の描写は覚悟していたにもかかわらず胸が詰まる思いでした。
    そしてそんな父親失格なグリシャのことを
    祖父は自分が厳しかったからだと自分を責めて精神を病んだんですよね。
    親も子も心の傷の地獄をさまよい続ける世界で
    クルーガーの言う「人を愛せ」をグリシャは壁内で実行できたことで、カルラに愛されて育ったエレンがついに皆に希望をもたらすことができたという結末が良いなぁと思いました。

    ジークの生まれたことが間違いだという思想を聞かされて、「生まれてきただけでえらい」エレンが「胸張って生きる」ヒストリアにこっそり相談持ち掛けてて、ジークの計画絶対阻止と全く別な作戦に賭ける決断したと思いたいです。
    そしてその為の計画に基づいて今の二人の仰天行動があるのだと信じたい。

    それにしてもイェレナの、二人の兄弟が世界を変えるのを間近で見たいとは
    一体何を言ってるんでしょうか。
    エルディア人安楽死計画を知ってての言葉とはとても思えない希望にあふれた顔でしたが。

    • 管理人アース より:

      イェレナが分かんないですよね。
      巨人が滅亡するところが見たいのか、ジークに騙されているのか( ̄▽ ̄;)
      イェーガーに最も踊らされているのはイェレナかもですね( ̄▽ ̄;)



      管理人アース

  18. 住吉夢物語 より:

    団長、記事有難うございます。

    効果音「パアシイ」で検索してたら、こんなものを見つけました。
    ……………
    「あれは何の塔ですか」
    「あれは沈黙の塔です」
    「車で塔の中へ運ぶのは何ですか」
    「死骸です」
    「何の死骸ですか」
    「パアシイ族の死骸です」
    :
    「誰が殺しますか」
    「仲間同士で殺すのです」
    …………森鴎外 「沈黙の塔」より

    やはり、エルディア人は仲間同士で殺し合うのでしょうか。
    エレンvsジーク、ハンジ&104期生vsフロック&イエガー派。
    その為にアッカーマンのリヴァイは一時的に場外なのでしょうね。
    誰もが現状を憂いていて、改革、新しい道を進もうとしている。

    ……………
    どこの国いつの世でも、新しい道を歩いて行く人の背後には、必ず反動者の群がいて隙を窺っている。
    そしてある機会に起って迫害を加える。
    ……………森鴎外「沈黙の塔」より

    寒い夜だからか、登場人物に哀しみが見えて、感傷的になってしまいました。

    • 管理人アース より:

      おお!
      素晴らしい考察、ありがとうございます!
      これ、別記事で使わせてもらいますね!
      たまんない予想ですね(泣)



      管理人アース

  19. sukekiyo より:

    こんにちは。

    更新ありがとうございます。
    今回はコメント欄までゆっくり読むことができました。

    毎回次回の予想が難しい展開ですがジーク、リヴァイ共に生きているというのは私も同じ予想をしています。

    リヴァイも咄嗟に受け身をとったとはいえ爆撃の影響で怪我はしていそうです。まさか自身で持っていたブレードの刃部分が爆発の衝撃に巻き込まれて折れて身体に刺さったり?…なんて嫌な想像をしてしまいました。

    雨でおそらく川は増水しているので川に落下したらそのまま流されそうなのも皆さんと同じ予想です。

    ただ、ジークが捨て身の自爆をする前リヴァイは馬車でどこに向かって走っていたんでしょうね。一旦無垢の巨人を確保する為イェーガー派がどこにいるのか探そうにもリヴァイは知らないでしょうし、自身の部下は不本意にも殺してしまうことになり連絡手段がありません。無垢がいないままヒストリア邸に向かっていたとは考えにくいのですが、シガンシナ方面に向かっていたのか逆方面だったのかによっても予想がだいぶ変わります。

    また川が進行方向に対してどちらに向かって流れていたのかも気になりますね。

    爆発した際のコマで馬は無事?なように見えました。荷台は壊れビックリした馬が走って逃げて兵団の誰かしらの元にたどり着くかも知れません。そこで巨大樹の森で異変が起きたことを察知して動きがあるかも知れないです。前回顎だけになったピク巨人が回復してジークを回収してエレンとの待ち合わせ場所まで向かうのかも知れませんね。


    しかしリヴァイはいつもあと一歩のところまで追い詰めるのに敵を逃がしてしまいますよね。ジークも頭は良いので警戒はしていたはずなのに…

    リヴァイ推しとしては毎回寿命が縮みそうです。
    最期とか考えたくないですね💦

    • 管理人アース より:

      リヴァイの最期の場面予想記事を先程公開しました( ̄▽ ̄;)
      考えたくないですが、いつか来るだろうと予想しています。



      管理人アース

      • sukekiyo より:

        こんばんは。
        予想記事読ませて頂きました。

        いつかはくるだろうな…と覚悟していますがその日がきたら泣きそうです😢

        • 管理人アース より:

          エルヴィン以上の見せ場を作ってくれるのではと思いますが、やはりショックは大きいですよね(・_・;)
          残りの104期生を含め、ハンジ、リヴァイの誰が退場しても泣きそうです(;´Д`)



          管理人アース

  20. 巴里の恋人 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    今頃気付いたのですが、ひそかに今月の効果音まで入れていたのですね(笑)
    兵長がジャンの母ちゃんに助けられたら、まさにネ申の領域ですよ。

    • 管理人アース より:

      ジャンボォォに反応していただきありがとうございます!(*^^*)
      ここでジャンボォ・ママが登場したらビックリですね(笑)



      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ