【進撃の巨人】ネタバレ113話114話展開予想!ピクシス巨人化か!?

112話では、30名の調査兵が巨人化し、巨大樹から降ってくるという展開が起きました。

リヴァイ兵長の前に降り注ぐ兵士達は、圧巻でしたよね!

さて、この後どのような展開となるのでしょうか?

ジークは逃げ切れるのか?

それともシガンシナ区決戦のように、リヴァイ兵長が追いつくのか?

そして、まさかのピクシス巨人登場を予想!

113話展開予想を見てみましょう!

Sponsored Link

◆113話展開予想!

2018-12-06_063447
「進撃の巨人」112話「無知」より


112話の続き、巨人が降り注ぐ巨大樹の森から始まります。

先程まで部下だった者達が巨人にされ、立ち尽くすリヴァイ


リヴァイ兵長
”クッ…いつの間に巨人化液を…”

あまりの出来事にリヴァイは固まっています。

しかし、目の前にいる巨人達がムックリと起き上がり、リヴァイの前に立ちはだかります。

リヴァイを掴もうと、向かってくる巨大な手

そこで初めて動き、かわすリヴァイ

立体機動のアンカーを巨大樹に刺し、移動するリヴァイ


リヴァイ
「てめえ!!クソ髭野郎!」

「このまま逃げられると思うなよ!!」


立体機動で移動しながらジークに向かって叫ぶリヴァイ

走って逃げている為、かなり速度が襲いジーク

リヴァイとの距離は、みるみる縮まっていきます。


リヴァイ兵長
”逃がすか!クソ野郎!”

”切り刻んでやる!”


部下を巨人にされた怒りとエルヴィンとの夢を叶えるため、ジークにまっしぐらに迫るリヴァイ

ジャキっとブレードを逆手に持ち、ジークに迫ります!

しかしその時、リヴァイの後方で叫び声がきこえます。


調査兵
「うわあああ!!!」

なんと、巨人化していない人間のままの調査兵が5,6名いるようです。

新兵のため、突然の巨人発生に対応できず捕まっている様子


それを確認し、踵を返し巨人の群れに戻り助けに行くリヴァイ

そんなリヴァイを見たジークは、やはり、という表情をします。


ジーク
「ワインが飲めない奴だっているだろうとは思ったが、やはりいたか。」

「そしてリヴァイ。お前は仲間を見捨てる事ができない。」

「そういう奴だって事は、この1ヶ月見ていて分かったよ。」

「そして、ここに装備がそろっている事もな」

簡単に作られている小屋があり、そこに整備されている立体機動装置を装備するジーク

カチャ

カチョ


ジーク
「4年前にシガンシナ区でライナーとベルトルトに教えてもらって以来だが…」

そう言いながら、巨大樹にアンカーを刺すジーク

カツオ

ジーク
「逃げながら使い方は思い出すだろう」

「じゃあな。ボス」

そのまま あっという間に巨大樹の奥へと逃げようとするジーク

それを部下を助けるために巨人を削ぎながら確認するリヴァイ


リヴァイ兵長
”あのクソ野郎が!!!!”

しかし、群がっている巨人を倒すために動けないリヴァイ

助けた部下も巨人に捕まった際に負傷しているため、巨人に向かう事はできない様子


リヴァイは襲ってくる巨人を相手にしながら、ジークを取り逃がすことを覚悟し出した頃に、ジークの元に向かっていたピクシス司令率いる駐屯兵団が到着します。

ピクシス司令
「巨人が巨大樹に沸いておるわい。懐かしいのう」

目を細めながら語るピクシス

ピクシス司令
「なぜ巨人が沸いたかは分からんが…」

「リヴァイ兵長に加わるぞ!」

駐屯兵達に向け命令するピクシス!

リヴァイ兵長は立体機動装置で遠ざかるジークとの距離を確認し、駐屯兵が加わる事で追いつけると判断します。

リヴァイ兵長
”まだ間に合う。”

”野郎、追いつき後ろから切り刻んでやる!”


ギラっと目を光らせるリヴァイ

と、そこで突然ジークが止まります。

振り向き、リヴァイ側を見ます


リヴァイ兵長
「!」

「まさか!」

ジーク
「うおおおおお!」
2018-12-08_211629
「進撃の巨人」第112話「無知」より


再び叫ぶジーク!

すると、駐屯兵の一部が発光し、巨人化します!


アンカ
「!!」

「司令!」


アンカの横で発光巨人化するピクシス!

駐屯兵団でも上官クラスの数名がレストランでニコロ・ワインを飲んでいた模様

ピクシス巨人は隣にいるアンカにゆっくりと手を伸ばします。

2017-05-21_030904
おしめを替えてくれると思ったのか?

このような展開が起こるのでは、と予想します!
Sponsored Link

◆新章は「ジーク&エレンVS調査兵団&マーレ軍」か!?

2018-10-15_061129
111話考察!パラディの3年間からジーク任期までを検証!でも予想しましたが、いずれ「地鳴らし実験」が行われ、そこにマガト隊長率いるマーレ軍が攻め込み「マーレ軍との再戦」が展開するのではと考えています。

今回のイェーガー派による調査兵団拘束展開には驚きましたが、まずは「イェーガー派VS調査兵団」という展開となりそうですね!

どのように転ぶか、色々な展開が考えられますが結局は「地鳴らし実験」は行われ、そこにマーレ軍がなだれ込むのではないかなと妄想します。

そしてもしかしたら、マーレ軍がなだれ込む前に「対ジーク&イェーガー派」という利害が一致し、調査兵団とマーレ軍が手を組む展開もあるかなとか思ったります。

特に今回112話を読み、アルミンとライナーは何だか手を組みそうだな、なんて感じました。

そんな展開が起こったら熱いですよね!(*^^*)

112話考察!宿主の意味とは?
112話考察!アルミンは操られている?イェレナの関与を予想!
112話考察!エレンのアッカーマン習性秘話を検証!
112話考察!ミカサの頭痛はアッカーマンの抵抗か検証!
112話「無知」あらすじ考察感想!


Sponsored Link

この考察記事を読まれた方には、こちらの記事にも進撃して頂いてます。

59 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ113話114話展開予想!ピクシス巨人化か!?”

  1. ねぎまくん より:

    団長!!
    いつも考察お疲れ様です!

    ピクシス巨人化説、有り得なくはなさそうですね汗

    そうなるとオニャンコポンとハンジが対談してたとき、そばでリンゴをかじってた駐屯兵(?)もワインを飲んでるように見えましたが、もうしかしたらハンジたちも危ないかもですね。

    では!

  2. ヒストリア王政支持派 より:

    アルミンとライナーが手を組んで、共闘してほしいです。しかしハンジ団長ら一行はイェーガー派に拘束されてしまい、戦士隊と交渉するのは難しいのではないでしょうか?

    ハンジ団長率いる調査兵団とマーレの戦士隊がどう接触し同盟を組むのか、考察していただきたいです。

    • 管理人アース より:

      >ハンジ団長率いる調査兵団とマーレの戦士隊がどう接触し同盟を組むのか
      この辺りは本当に難しいですね。
      もしかしたら、今回のエレン達3人の会話を聞いたガビがライナーやピークとどこかで接触できるかもしれません。
      そこで調査兵団内の分裂を聞き、マーレ側も対ジーク処理を重きにおき、調査兵団と手を組む事を考えるかもです。
      パラディ島内を調査していたピークが地鳴らし実験を知り、ジークを叩く為に動き、そこで調査兵団と同調するかもですし。
      様々考えられますが、妄想のような感じでちょっと展開予想は難しいですねm(_ _)m



      管理人アース

  3. より:

    ピクシスが巨人化すると壁内の兵団に権威とかが失われてしまうので流石にそれはないと信じたいがまずはフロックに天誅があっさりと下るのてはと思います。

  4. 進撃の染岡 より:

    イェーガー派vs調査兵団&マーレ軍、ありかもしれません!それにヒィズル軍やリコ達駐屯兵団が参加してくる展開が来て欲しいです!

  5. あしゅけ より:

    わたしはピクシス指令は非エルディア人ではないかと思っているので、ジークの脊髄液入ワインを飲もうが、叫びを聞かされようが、巨人化はしないのだろうなと思っています。
    アンカたち腹心の部下たちにも、「マーレのワインは、決して飲むでないぞ」と言い含めていそうですから、巨人化は免れて、無事逃げおおせて欲しいと期待しています。

    ピークだけでなく、ライナーとポルコも島に潜入しているとしたら、フロックたちに捕まっているハンジたちを隙を見て助けるのは彼らマーレ組しかいないのかな。

    • 管理人アース より:

      >ハンジたちを隙を見て助けるのは彼らマーレ組しかいないのかな。
      これ、ありそうですよね!
      ガビとの接触展開も見たいですよ!(*^^*)



      管理人アース

  6. maSumi より:

    記事お疲れ様でした。
    寒さが増しましたが、風邪ぶり返さないようお気をつけ下さいね(^_^)

    私も112話を読んで、やっぱりピクシス巨人化が起こるのではないかと思いました。
    兵長はラガコ村の住民が巨人化した件でショックを受けていましたが、間近な人間の巨人化をどう迎え撃つのかも気になりますね。

    あの強烈なシーンに同行し、一緒に連行されたガビの心境の変化と役割。
    ファルコはどこに居るのかも気になります。

    『カツオ』www(≧∀≦)

    • 管理人アース より:

      >ファルコはどこに居るのかも
      エレンが連れて行っていないですかね?
      エレンはファルコを「良いやつ」だと言っていたので、この言葉を信じたいです(・_・;)



      管理人アース

  7. リヴァイ大好き より:

    こんばんわ。

    兵長が立体起動で巨人を倒す雄姿は見たいですけど、巨人も自分の部下なので、兵長には殺せないんじゃないかと。

    ピクシブ爺ちゃんはお酒大好きなので、わたしも爺ちゃんのことが気になってました。

    爺ちゃんの計略がエレン側に悟られた段階で、爺ちゃんの役目ももしかして終わってしまったんじゃなかろうかと心配しています。

    嫌な見せ場に使われそう。

    ナイルはどうだろう。

    ハラハラですが、兵長に頑張ってもらうしかない!



    裏切られたと思い込んでいるアルミンとライナーたちが手を組むのもありかもですね。

    どこで出てくるんだろうライナーとピークちゃん!たち。

    • 管理人アース より:

      ライナーとピークが登場し、アニとの再会展開も見たいですよ!(*^^*)



      管理人アース

  8. sukekiyo より:

    こんばんは。

    112話ショックのあまり思考が停止しています😢

    巨人化されたのが部下なだけでなく、ワインを飲めず一部人の姿のまま巨人に捕まりリヴァイがすぐさまジークを追えないところまで予想されるとは素晴らしい展開予想です。

    本当にありそうなのが怖いですね。

    私もここはジークが逃げる為に足留めしようと叫んだのだと思いますが、加勢した駐屯兵まで巨人にされたらいくらリヴァイでもたまったものじゃないですね…。ピクシスが巨人化はありそうです。前回ザックレーが退場し、パラディ側の命運を指揮するのはもはやピクシスしかいないとアルミンに言わせた時点で「ああ、これ死亡フラグ🚩きたな」と思ってしまいました。

    なんとなくここから古参兵士がバタバタ消えていきそうな予感がします。エレン達がジークの元にたどり着いた時は地獄絵図になっていそうです。

    • 管理人アース より:

      >ピクシスしかいないとアルミンに言わせた時点で「ああ、これ死亡フラグ🚩きたな」
      同感ですね。
      憲兵団ローグがワインを飲んでいるのは間違いないので、ナイルも…と予想できますし、憲兵団、駐屯兵団はほぼ巨人化で退場していくのかもと考えています。
      そう考えるとジークは壁内に行くことになりそうだなと。
      ここは逃げ切りますよね!(;´Д`)
      今後、さらに大混乱な展開が待っていそうで怖いですよ(´;ω;`)



      管理人アース

  9. 3足歩行の巨人 より:

    「ジーク&エレンVS調査兵団&マーレ軍」の展開は自分も考えていました!
    ただマーレ戦士の意向は一貫して始祖の奪還(地鳴らしの排除)にあり、パラディ島の資源はマーレ国に収める方針でいます。
    調査兵団としてもエレン&ジークはともかく、地鳴らしの鍵である始祖を失うわけにはいかないので、簡単には共闘とはいかないように思います。
    逆に考えると兵団と戦士が共闘せざるを得ない状況となるのは、エレンとジークが地鳴らしで世界を滅ぼそうとした時ではないでしょうか?
    とはいえエレンもジークも世界滅亡が最終目標ではないでしょうから、周りを欺きつつエルディア人復権のための策を考えている筈です。つまるところ、もうしばらく読者はエレンに騙されそうです…
    乱文長文失礼しました。皆様の更なる考察に期待しています!

    • 管理人アース より:

      >兵団と戦士が共闘せざるを得ない状況となるのは、エレンとジークが地鳴らしで世界を滅ぼそうとした時
      良く分かりますし、この展開は熱いですよね!
      このタイミングがどのような時なのか?
      その時にエレンはどのような反応を見せるか?
      楽しみですよね!(*^^*)


      管理人アース

  10. てち推し より:

    113話考察



    多くの調査兵が巨人となって、降ってくる。それにすぐさま対応し、立体機動で木の上に乗るリヴァイ。

    ジーク「お前ら!リヴァイを囲め!」ジークの言う通りにする巨人たち。

    リヴァイ「クソ野郎が!よくも俺の部下を!切り刻んでやる!」襲いかかろうとするリヴァイ。

    ジーク「まあ待てよボス。よく見ろよ。お前の周りには巨人が囲んでいる。俺の叫びで、お前に襲いかかる。いくらお前でも無理があるんじゃないか?」

    リヴァイ「ふざけやがって!お前の狙いは一体なんなんだ!」

    ジーク「だから何回も言ってんだろうが。さっさとエレンに会わせろ。お前に合わせる気があるなら、お前を襲ったりはしない。どうするかは、お前次第だ。」


    このようなジークがリヴァイに交渉を持ち掛けるような展開があるのではないでしょうか?また考察お願いします。

  11. 二度目の投稿 より:

    リヴァイなら走って逃げるジークを捉えるのは容易いと思ってましたが、酒が飲めない兵士がいたかもしれませんね。
    少なくも伝令の兵士は巨人化しないですよね。
    団長の考察に平伏します。
    間違いなくジークは逃げ延びるのでしょう。
    兵団、もしくは伝令の馬を使うと思います。
    気になるのは逃げたその先ですね。
    どうやってフロック達と合流するのか?はわかりませんが、地鳴らし実験を行うにはシガンシナ区の外側の壁近くに行く必要があります。
    かつて決戦の場となったその場所でライナー達とぶつかる可能性がありますね。

    • 管理人アース より:

      シガンシナ区で合流となるのですかね?
      この辺りは、またゆっくり別記事で考察したいですよ!



      管理人アース

  12. 二度目の投稿 より:

    続投すみません。
    ひょっとしてジークは島内に向けて発動しようとしてるのでは?と思い
    怖くなりました。

    • 管理人アース より:

      この後壁内に移動しローグを真っ先に巨人化させるでしょう(笑)
      ナイル・ドークにとっては笑い事ではないでしょうが。



      管理人アース

  13. 巴里の恋人 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    あわわわわ・・・なんと言う大胆予想。
    ・・・しかし、112話当ててますからね。

    ピクシスがアンカをパクリですか?
    自分の予想と全く真逆です。

    ・・・ただ、正直言って今回のピクシスの決断には失望したし、これで役目が終わったのかとも考えています。
    兵長が見限るくらいですからね。

    その一方でワインを飲めない部下がいる展開は、救いがあって素晴らしい予想だと感服させられました。
    こうなれば兵長も倒されずに済みますね。

    本当に113話の予想は怖過ぎて、したくないと言うのが本音です。
    特にエレンとミカサの絡みは見たくないです。

    • 管理人アース より:

      エレンとミカサ、アルミン絡みの展開予想は難しいですよね。
      ただ、なぜシガンシナ区なのかが非常に気になっています。
      この辺りからちょっと考察したいなとは思っていますが、間違いなく難しいだろうなと感じています。



      管理人アース

  14. 長ネギ より:

    更新お疲れ様です。

    「アルミンがライナーと手を組みそうだ」という考察を読んで、ユミルがベルトルト達の下に戻ったのは、マルセルの記憶でベルトルトの叫び声を聞いたからなのだろうなと改めて思いました。

    記憶の影響って、実は想像以上にすごい影響を与えるのでしょうね。

    そう考えると、エレンはジークと会っている時、父親の気持ちがかなり湧いてくるのではないでしょうか。

    112話以降のアースさんの考察が楽しみです。

    今回の考察もありがとうござます!

  15. おおぞらバード より:

    兵団巨人のコロニー落とし!
    これをやってしまっては、もう実験
    どころではない。
    パラディ島をも、敵に回したような
    ものです。

    ジーク、イェレナ、イェーガ-派は、
    世界のどこにも 居場所が無くなります。
    こうなれば、ジークとエレンは 壁の巨人
    を動かし、彼らの強権を打ち立てるしか
    ありません。

    しかし、巨人の恐怖で 世界を支配する
    時代は長続きせず、そこからエンディング
    に繋がっていくのではと、長期予測をして
    おります。

    • 管理人アース より:

      頑張れ!マーレ軍!というスゴい展開を妄想しちゃいました(;´Д`)


      管理人アース

  16. おおぞらバード より:

    ファンタジーを一席―
    可愛い教え子たちが 巨人にされた
    事を知ったキースは、怒り心頭!!
    急ぎ、巨大樹の森へと向かう。
    鬼の形相でジークを見つけ出し、驚く
    ジークに 頭突きを幾度も食らわす!
    ジークは撃沈し、うなじを削がれて
    ジークらの野望は潰える。
    エレンも キースの頭突きで目が覚め、
    物語は一気に終焉へ。
    決着を着けたのは、キースの頭突き!
    物語はキースで始まり、キースで終わる
    のだった。(終劇)

  17. ちぃはる より:

    リヴァイ兵長が心配でなりません!!が、この危機を脱し、俺たちにこれだけの犠牲を払わせておいてテメェらの望むものはなんなんだ的に、ジークエレンと真っ向対決に向かって欲しいっ。

    島の内外事情を理解したライナーとガビの合流、アニの目覚め、ゲスミン再始動…などなどマーレ(の一部)との共闘を期待したいです。ファルコは無事に回復して欲しいです。このまま終わるキャラではない、マーレ潜伏時代のエレンを知ってるファルコだからこそ語れるものがあると信じたいです。

    ピークは賢いけれど、パラディを攻めに来てるだけなのか、ジーク個人への制裁なのか…ピークと遭遇して焦るジークも見てみたい。今までの行動をなんて言い訳?するのかと。

    制圧すべきは巨人の力そのものだとエレンが考えているのであれば、エレン自身は破滅への道をひとり突き進んでいきそうですね。サシャ死亡の時もそうでしたが、人類の永続のためなら多少の犠牲は致し方ないと考えてるきらいもあるかもななんて考えていました。

    エレンのミカサとアルミンへの暴言は、2人をあえて遠ざけて結果的に彼らを守るためと信じたい…けど、アルミンも巨人の力あるしなぁ。アルミンは道連れになっちゃうのかしら。一旦人に与えた巨人の力をするっと取り出す方法があればいいのに。
    東洋の一族の血清を巨人持ちに注射したら、巨人の力が中和されて消滅するとか、ないですかねぇ。

  18. 眠い より:

    アンカが巨人化して司令が食われるかもしれないですよね。超絶美人の巨人になら食われてもいいと以前言ってましたし

    • 管理人アース より:

      満足気に捕食され、ピクシス伏線回収展開もありそうですね!



      管理人アース

  19. 進撃の臣 より:

    エレンとアルミンが対立する、と、どこかで聞いたのですが、この事みたいですね
    もしかすると、女型、超大型、鎧のトリオが共闘する流れもあるかもしれませんね

  20. 暁の偽善者 より:

    衝撃の回でした。
    情熱大陸はこのタイミングしかなかったのでは、と思います。

    エレンがループではなく、ミカサが刺青で紡ぐ永遠の人生なのでは。
    そのミカサをエレン(進撃)が自由へと解放する物語がメインテーマなのでは。

    主要3人のうちアルミン(ある民)だけが素性が明らかではないです。ある民はミカサを智で護る民なのでは。

    繰り返すミカサのDNA人生、それを護るアルミン、そして、時代毎に現れるnewエレン(進撃)。今回の周回でついに、始祖も戦鎚も手に入れ過去を知り、最もミカサの解放に近づいた。そして、最後は。

    二人を知らないはずのクルーガーが、”ミカサやアルミン、みんなを救いたいなら”と言うのは、これで辻褄が合います。グリシャと全く同じセリフです。みんななので他にもいると思います。

    だから、エレンとってはミカサの解放が第一優先です。ミカサを欺いても、ジークと組んでも、アルミンに憎まれても、です。

    ”お前は自由だ”は、エレンがnewミカサに言い聞かせているのではないでしょうか。

    • 管理人アース より:

      非常に面白い考察ですね!
      ありがとうございます!m(_ _)m
      けっこう衝撃でした!



      管理人アース

  21. 恥垢種 より:

    アース団長、ピクシスの巨人化、私も同意です。酒好きですし、飲まない訳がないですね。
    そして、兵団が巨人化薬で誰かを巨人化して、エレンを食わそうとするシーンもありそうですが、兵団に渡された巨人化薬は偽物でしょう。あっさり、頓挫とみます。リヴァイの計画もお釈迦です。
    あと、一番恐ろしいのは、壁内でジークが叫ぶことですね。壁内が阿鼻叫喚の地獄になりますね。フロックはニヤケてましたが、自分の家族、血縁者を地獄に落とすことになるのが、わかってるのでしょうか?それとも、既に避難させてるのか?
    ファルコは巨人化して継承は既定路線になった気がしますね。

    • 管理人アース より:

      >ファルコは巨人化して継承は既定路線になった気がしますね。
      ここ、気になりますよね!
      既定路線に見えますが、まだ半半に感じている管理人アースです。




      管理人アース

  22. 超小型巨人(1.7m級) より:

    色々衝撃的すぎる回でしたが・・・
    ジークとイェレナの保険はワイン以外にもありそうな気がしています。
    巨人化薬なんてまさにそう。
    巨人化薬を所持している事が兵団に知らればいずれ取り上げられる事はイェレナは予想していたはず。
    ならばそこに罠を仕掛けておいてもおかしくはない。
    あの巨人化薬もジークの脊髄液入り。
    ジークかエレンか、他の巨人か・・・
    誰かを喰わせようと注射した瞬間、ジークの奴隷と成り果てるんじゃないでしょうか。

  23. PANDA より:

    ネタバレ&新考察ありがとうございます!
    急に寒くなってきて、
    頭が頭痛です←

    あれほど切れ者のピクシスが
    謎の相手のお酒を口にしますかね?
    ピクシスと言えば、
    まだ出てきていない伏線
    「美女の巨人がいれば…」
    みたいなセリフが気になります。
    なので、私は巨人化した
    アンカに食われるの方に1票です
    「うむ…。お前ほどの美人になら食われてもよかろう」
    みたいな…

    話変わります
    エレンの大問題発言
    ずっとお前が嫌いだった
    というセリフ

    私はやっぱりかー
    と思いました。
    だってエレンってば、
    ずっとミカサには冷たかったし、態度悪かったじゃないですか
    普通にしてる時はそうでもなかったけど、
    ミカサがエレンを守ろうとしている時には、エレンの態度はメチャメチャ悪かったですよ
    そして、ちょっと反れますけど、諫山先生が梶さんに演技指導をしたという、
    エレン→ヒストリアへのセリフのあたり、
    この一連の流れも、ミカサ嫌いっていう伏線の一環だったのではとも思っています。
    (ヒストリアがいい子をやめ、精神的に自由になったことに好感をしめした

    不自由なやつは嫌い)


    それと、アルミンへのセリフ
    二言目には話し合おう
    ってやつ、これも伏線なのかなと。
    だって、生きてるベルトルトに話し合おうと持ちかけたのはアルミンで、
    ベルトルトの思考に支配されてから出てきたセリフではないと思います。
    影響を与えたのは、むしろ
    マルコ。
    人から人への思いは、巨人を介さなくても
    脈々と受け継がれるという
    証なのかなと思いました。

    本気で明日もまた寒そうです。
    本当にお体ご自愛くださいね?

    • 管理人アース より:

      アンカによるピクシス補食、ありそうな気がしてきています( ̄▽ ̄;)
      ワインを飲んでいそうなのはピクシスですけど(*゜Q゜*)

      エレンとミカサ、アルミンの展開が気になりますよ❗



      管理人アース

  24. きのこ より:

    こんにちは!
    113話の予想見させてもらいました
    ピクシスが巨人化も有り得ますよね!
    フロック達が知っていたのでエレンの始祖に否定的な高官は飲まされてると思うのでピクシスの当てはまるかと
    あとは基本的には調査兵団は飲まされてなさそうですよね。サシャが死んだ時に泣いてたようにエレンは完全に人の心がないとは言えないので
    まあなんにせよ次が楽しみですよね!
    僕自身としてはエレンとアルミン達があのきまずいなかどうするのか気になります

  25. ほやじマズダ より:

    エレンが最近暴走して、ジークを探しているのはジークがなにか企んでるのを感づいていたからではないでしょうか?

  26. ギラ より:

    アースさん お疲れ様です。

    アースサンが 擬音まで予想するとは・・
    思わずニヤリとしてしまいましたよ。

    ただリヴァイは命と使命の優先順位はシビアに理解していると思うので、巨大樹の森で巨人になりそこねた新兵の命の救出とジークを討つ事の選択では間違いなく、ジークを討つ選択をすると思いますよ。

    けどアースさんの考察は読んでて劇的でわくわくしました。

    クライマックスへ向けてかなりドタバタと混乱してきましたが、世界中の読者の気持ちをエグる諌山先生は本当に凄いなと思っています。

    • 管理人アース より:

      >巨大樹の森で巨人になりそこねた新兵の命の救出とジークを討つ事の選択では間違いなく、ジークを討つ選択をすると思いますよ。
      なるほど!
      管理人アースの中のリヴァイ兵長だと救出に向かう一択なんですよね。
      ギラさんの考察コメントはけっこう長い間読ませていただきやり取りさせてもらっていますが…
      リヴァイ兵長の選択で違いが出るとは!(驚)
      これだから「進撃の考察」は止められないですよね!
      本当に面白いですよ!
      このような展開が起きリヴァイ兵長にジークと仲間の選択展開が起こるかは分かりませんが、113話はいろいろな楽しみが待っていそうです!(*^^*)



      管理人アース

  27. もこみ より:

    私はマーレ襲撃前も後も、エレンがジークを信用、操られてるとは到底思えないんですよね。
    ですから、リヴァイの生死問わず弟にあっさりパクっとされてもおかしくないかなと。
    そして作品の象徴?でもある超大型ことアルミンとミカサに最期を託す展開を期待しています。

  28. 進撃ふぁん より:

    考察お疲れ様です
    この後のリヴァイの展開については、ジークがシガンシナに行くためには立体機動装置と馬が必要ですね。ですがリヴァイはもし全員巨人化したとしても巨大樹の森では倒してしまうと思います。そしてリヴァイはそのまま全速力で(ガスと刃を補充せず)追いかけます。ジークは巨大樹をぬけ平地にたどり着きます。そこでエレンと合流し平地でリヴァイを迎え撃ちます。さすがに人類最強といえど、獣を倒したのは奇襲ですし、エレンと獣が二人でリヴァイにかかればさすがに死ぬのかと。(リヴァイを殺すのが目的ではなくてもそこでエレンとジークが会うことになりますよね。これでエレン派の目的は達成されます。このあと何をするのかは分かりませんが。)
    ハンジら調査兵団はフロックらエレン派に拘束され、無力化されます。

    まあここまで113話まで行かなくとも、こういう展開もあるのかな?と思いましたがそれではなぜエレンはミカサとアルミンにあのようなことを言ったのか?それが引っかかる点です。いくらか考えてみます。
    長文失礼しました。このような考え方もあると是非読んでいただきたいです。

    • 管理人アース より:

      リヴァイ死亡予想もネット上でチラホラ見られますね。
      エレンの手でリヴァイ死亡は見たくないけれど…残酷なのであるかもですね(;´Д`)



      管理人アース

      • 進撃ふぁん より:

        返信ありがとうございます!
        エレンが、ミカサにガキの頃から嫌いだった、と言っていることからこれからは嫌いじゃないと思いたいものです。。。。多分違いますが
        なんにせよエレン、ミカサ、アルミンがいい形で終わるよう願っています

  29. 井筒孝庵 より:

    こんばんは。

    巨人を無に帰することを信条とする(自称)イェーガー派からすると、目が点(・・;)の肩身の狭い急展開っす(>__<)

    隔離したり拘束したりしている敵方からの振る舞い酒にホイホイ乗るのは、規律としてどうかと思いますが、(自分はホイホイ乗ってしまう方だけど(^^; )

    ピクシス司令が慎重で乗らないとしても、皆がワインをしたためてしまっている状況からすると、

    団員の方のご指摘にもあるように、美女の巨人に捕食されてしまうのかも。

    ただ、

    仮にですが、「ヒトを無知性巨人にできるが、逆に元のヒトに戻すこともできる」と、嘘でもジークが言い放ってしまうと、

    リヴァイ兵長といえども、打つ手なしで、

    全員が遠巻きに地鳴らしを静観することを余儀なくされるでしょう。

    脊髄液入りのワインは、たとえそうでなくとも抑止効果は絶大でしたが、

    抑止せずに早々とその巨人化のカードを切ってきたことに驚きを感じるところですが、

    個人的には心理戦的に一捻りを期待しているので、巨人化できるだけではない、という展開を所望しています。(その場合、100年前かそれ以上前に凍結サレテイル幾百万の壁の巨人も救済されるだろうから。身近なところではコニー母も。)

  30. マミー より:

    個人的にはピクシス巨人化は無いと踏んでいます。
    猜疑心が強そうですし、酒瓶を持ち歩いているのが伏線になっていて、マーレワインを勧められてものらりくらりと自前の酒を飲んだり飲むフリをしてやり過ごしていた…なんてことはないかなぁ?と考えています。
    物語序盤でエレンがピクシスに勧められた酒を吐いてしまうシーンがありましたが、あれが暗喩になっていたとしたら物凄いロングパスでの伏線回収ですね(笑)

    • 管理人アース より:

      >暗喩になっていたとしたら物凄いロングパスでの伏線回収ですね(笑)
      懐かしい!(笑)
      ただあれはアニメオリジナルだったはずなので、もしその場面が登場したら諫山先生のアニメへのリスペクトからかもですね!(*^^*)


      管理人アース

  31. 沼の子 より:

    はじめまして。

    いつも考察楽しく読ませていただいております。

    最後リヴァイ兵長が巨人に囲まれそうになっていますが、ワインを飲まなかった新兵がいても、ジークの叫びの直前に悪魔と呼ばれたエルヴィン団長を思い出しているので、命の優先順位と、目の前の数人より大局を見ることを思い出しているのではないかと考えていました。
    なのでリヴァイ兵長はうっかりやられたりはしないと信じたいです。(兵長が大好きなので)

    ところで、ベルトルトがマーレ軍の参謀役だとエレンが言っていましたが、ベルトルさんはそんなに偉かったのでしょうか。
    それとも、ベルトルトの前の記憶の人たちを指しているのでしょうか。
    もし考察あれば教えていただけると嬉しいです。

    • 管理人アース より:

      >ベルトルトがマーレ軍の参謀役だとエレンが言っていましたが、ベルトルさんはそんなに偉かったのでしょうか。
      これはアルミンの事を指しています。
      「調査兵団の参謀役なのに、敵兵であるベルトルトの記憶でやられている」という意味の発言ですね!

      管理人アースもリヴァイ兵長にはもっと登場して欲しいので、うっかりやられたりはしないと信じています!



      管理人アース

  32. 超大型アルミン より:

    いつも考察を楽しく拝見しています!ありがとうございますm(__)m

    さて、進撃の巨人には13の数字に意味があるとさまざまな方がおっしゃってるようです。
    当方も漏れなく13の倍数の話数に何かメッセージみたいなものはないかな?と単行本を見返しました。
    下記はその共通点(らしきもの)です。

    13話「傷」
    巨人化エレンVSミカサ
    26話「好都合な道を」
    エレンVSリヴァイ班
    39話「兵士」
    ベルトルトVS兵士ライナー
    52話「クリスタ・レンズ」
    クリスタVSヒストリア(内面の対決)
    65話「夢と呪い」
    ケニーVSロッド・レイス
    ヒストリアVSエレン
    78話「光臨」
    ゲスミンVSベルトルト
    ミカサVSベルトルト
    91話「海の向こう側」
    巨人VS兵器
    (鎧の継承者として)ガビVSファルコ
    104話「勝者」 
    エレンVSライナーマン
    117話、130話「?」
    ?VS?

    無理矢理感が、否めません(笑)
    しかしいろんな側面で考察を行うのも視点が広がって面白いかもしれませんね。

    そもそも13の倍数話にミカサの頭痛のズキズキのヒントが隠されてないかなと探ってみたのがきっかけでした。

  33. Izatonareba より:

    最後には巨人学会と巨人のメカニズムの全貌は暴かれるのでしょうか?
    ナチス(マーレ)とエルディア(ユダヤ)の歴史からするとまだ相当な犠牲が出てからどのような形で解放されるのか本当に楽しみです。

    • 管理人アース より:

      巨人のメカニズムがどこまで明らかになるのかは難しいとこですよね。
      現在でもかなり明かされていると感じますが、これ以上はどうでしょうか?
      ただ巨人学会の登場はあるかもですね!



      管理人アース

  34. たろす より:

    エレンがおかしくなったのは、マーレの巨人を食べたからでしょうね〜

    エレン&ジークvs調査兵団&マーレ兵も思いましたが、
    ジークとエレンがそれぞれマーレと調査兵団に戻って、ジークが「さぁ、あの時の決着を付けようか。」なんて展開も頭をよぎりました。

    • 管理人アース より:

      エレンの変化が自覚的なのか無自覚なのかだけでも知りたいですよ!



      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ