【進撃の巨人 ネタバレ】110話111話最新画バレ!「偽り者」あらすじ考察感想!

27巻最終話となる110話の内容が明らかとなりました!

ガビとファルコの展開、ニコロのレストラン、キヨミ様と地鳴らし実験、エレンとミカサとアルミンの話し合いなど様々な伏線が散りばめられた109話となっていましが、110話はどのような展開となっているのでしょうか?

109話には登場しなかった、気になるリヴァイ兵長とジークの展開も登場していました!

そこでは驚きの事実が!

さらにザックレー総統が!?

衝撃のパラディ島展開が次々と!

110話の内容を見て行きましょう!

Sponsored Link

◆第110話「偽り者」あらすじ&内容!

2018-10-09_061048
「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


どこかの村にガスが撒かれる描写から始まります。

「ガス兵器というものだ」

「そいつは風上から霧のように広がり」

「その村を覆い尽くした」

ジーク
「俺の脊髄液を含んだガスだ」

ガスマスクをした兵がガスを撒いている描写

その兵の後ろにはジークと車力の巨人がいます。

ジッとガスを撒いている兵を見ている車力とジーク

ジークが語る

あの日…。


ジーク
「そのガスをわずかでも吸った『ユミルの民』は…」

「その直後に体が硬直し体の自由は奪われ意識を失う」

村中にガスが蔓延し、口を押え倒れる人々の描写

ジーク
「詳しい仕組みは教えられていないが…」

「ほんの僅かでも俺の脊髄液が体内に侵入した『ユミルの民』は巨人の力の送り先となる座標が刻み込まれる」

「後は俺が命令を下すだけで『道』を通じて巨人の力が座標に送り込まれる』

ジークが大きく息を吸い込み、叫ぶ描写

ガスが蔓延したラガコ村が強く発光する描写

ジーク
「その巨人は俺の『獣の巨人』を介した道で繋がっている」

「だから俺の意思が介入し俺の命令通りに動く巨人となる」

ラガコ村の人々が巨人化する描写

コニー母巨人の描写も
2018-10-09_070505
「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


リヴァイ
「『その村』じゃない」

「『ラガコ村』だ」

「お前が皆殺しにしたエルディア人の村の名前だ 覚えておけクソ髭」

厳しい表情でジークにツッコむリヴァイ兵長

そのリヴァイ兵長の言葉に、同じく厳しい表情で返すジーク

ジーク
「あぁ…俺だってできることなら避けたかった…」

「だがやらなければ…」

「俺の真意はエルディア復権にあるとマーレにバレて この島に希望をもたらすことは叶わなかっただろう」

場面は、ジークとリヴァイ兵長がいる巨大樹の森です。

焚き火をはさみ、向かい合って座るジークとリヴァイ兵長

ジーク
「ーって同じ話をこの島に上陸してすぐに話したよな?」

「なぜ同じ話を何度も聞き返す?」

どうやらリヴァイ兵長は、何度もジークにラガコ村の巨人化について尋ねているようです。

何度も説明させる理由を答えるリヴァイ兵長


リヴァイ
「お前が耳カスほどの罪悪感を感じちゃいねぇことがよくわかる」

「本当にエルディアを救うつもりなのか知らねぇが」

「当の人命に興味がねぇことは確かだ」

ジークに何度も説明させることで、ラガコ村の住民の人々に対する罪悪感が感じられないことを確認していたのだと説明するリヴァイ兵長

ものすごくジークを睨んで説明します。

そのリヴァイ兵長にツッコむジーク

2018-10-09_070522
「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


ジーク
「お前モテねぇだろ」

「勝手に人の気持ちをわかった気になるなよ」

かなりキツイツッコミをするジーク(笑)

リヴァイ兵長
「わかるさ…」

「…モテたことくらい…ある」

自信なさげに答えるリヴァイ兵長(笑)

一番人気のモテモテのはずですが!(笑)


ジーク
「あぁそうかい それで」

「俺とエレンが会って 実験を開始するのはいつだ?」

質問を切り替え、一番の目的である「地鳴らし実験」について聞くジーク

リヴァイ兵長
「決めるのは俺じゃねぇ」

「本部の命令を待っている」

ジーク
「…いつまでも時間があると思っているなら それは間違いだと伝えろ」

気持ち笑いながら俯いて言うジーク

そのジークの表情をジッと見て答えるリヴァイ兵長

リヴァイ兵長
「それだけは同じ意見だ」

場面はピクシスとイェレナに移ります。
2018-10-09_061118
「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


バルコニーに出て、テーブルを挟んで話し合うピクシスとイェレナ

イェレナ
「私はあの日 エレンに会いに行きました」

イェレナの言葉に、ちょっと驚いた感じのピクシスの表情

ピクシス
「…ほう」

イェレナ
「今まで隠していたことを謝ります」

「これでは義勇兵が拘束されるのも無理がありません」

俯きながら謝罪を口にするイェレナ

ピクシス
「…またえらく しおらしいのお」

「して…エレンと忍び会い」

「ジークの計画に打ちなびくよう 説得したというわけかの?」

イェレナ
「そのようなことはしていませんが」

「…私は焦っていた」

「仕方のないことですが…あなた方は世界を知らない」

「このまま結論を先送りにする日々を続けていけば…」

「エルディアは手遅れになると」

「その危機感を感じていたのはエレンも同じでした」

「私達が問題解決に向け 思いを共にするまでそう時間は掛からなかった」

エレンを訪ね、密会するイェレナの描写

ピクシス
「それでエレン自らマーレ中枢に潜伏し兵団を動かすよう助言なさったか?」

エレンの単独行動がイェレナ主導なのかを確認するピクシス

相変わらず切れ味鋭いピクシスの尋問


イェレナ
「そんなことは言ってません」

「ただ…兵政権にはっぱをかける必要があるとは申しました」

エレンの単独行動を決定したのは自分ではない、と返すイェレナ

ピクシス
「そのようなことなら兵団に直接怒鳴り込めばよろしかろう」

「危険を冒してまで密会するからには 具体性のある取り決めを交わすものじゃろ?」

はっぱをかけただけではないだろう?とツッコむピクシス

イェレナ
「仰る通り敵国『元マーレ兵』と『始祖』を会わせることは危険を伴う行為です」

「公の場であっても 我々は彼との面会を申し出ることすら叶わない立場でした」

ピクシス
「なるほど…義勇兵の不信を恐れたが」

「それでも密談に踏み切った甲斐もあり」

「エレンの誘導に成功しジークが望んだ通りの結果を得たわけじゃな?」

あくまでもエレンをジークの望み通りに単独行動をさせる誘導したことを認めさせようとするピクシス

イェレナ
「そんなことでは意味がありません!」

「私は ただエレン・イェーガーに私を知ってほしかっただけで…」

2018-10-09_061138
「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


急に声を荒げ、感情的に言うイェレナ

しばし沈黙が降ります。

隣に立つ、アンカと目を交わすピクシス


少し気まずげな表情をし、再び話し出すイェレナ

イェレナ
「いえ…我々にとってエレンの持つ『始祖』はマーレを打ち砕く望みなのです」

「ジークが我々にその希望を見せてくれたように」

「エレン・イェーガー自身に主体的な思想があることを私は求めました」

コップを持ち、思い出しながら話をしているようなイェレナ

イェレナ
「彼は…我々が望んだ通り マーレに大損害を与えました…」

「いえ…」

「彼は想像以上です…」

「マーレ市民に多数の被害が出たことは残念ですが…」

「醜悪なるマーレ軍高官は一掃された」

「彼はたった一人で我々を先導して やり遂げました」

「我々を長年苦しめてきたマーレに天罰を下したのです」

イェレナの話を黙って聞くピクシスの描写

イェレナ
「それほどの器の持ち主である彼が」

「『始祖の巨人』を宿しているという事実」

表情が見えない、エレンの描写

イェレナ
「ピクシス司令」

「今我々が目にしているものが何かおわかりですか?」

「ここにいる我々は」

「歴史が変わる瞬間に立ち会っているのです」

イェレナを見つめるピクシスの描写

イェレナ
「二人の兄弟によって世界は生まれ変わります」

「私はそれを彼らの近くで見ていたいだけなのです」

ピクシス
「…」

「つまり…エレンと密会した真の目的は」

「好奇心にあると?」

イェレナの話を聞き終わったピクシスは聞きます。

その質問に少し考えてから答えるイェレナ

Sponsored Link


イェレナ
「…そうなります」

「他の義勇兵は私が密会したことを誰も知りません」

「フロックを仲介役に引き込んだのは 私が彼に危機意識を煽ったからです」

「すべては私の軽率な行為に他なりません」

フロックを誘導した事は認めるイェレナ

イェレナ
「私があなた方を欺いたのは紛れもない事実」

「首をくくられても自業自得です」

「ですが私の行動のすべては」

「エルディアを思ってのことです」

ピクシス司令をまっすぐ見て答えるイェレナ

そこにっとテーブルにノートを叩きつけるアンカ

そのままアンカは、ピクシスとイェレナの間の席に座ります。

ピクシス
「ワシもそう信じたい」

「エレンと交わした会話のすべてをお聞かせ願おう」

アンカはその会話を記録しようと、ノートを広げペンを取ります。

ピクシス
「上手い嘘のつき方を知っとるか?」

「時折り事実を交ぜて喋ることじゃ」

目をつむり額に指をかけイェレナに言うピクシス

ピクシスを見つめるイェレナ

場面はオニャンコポンとハンジに移ります。

オニャンコポンは、トランプをシャッフルしています。

オニャンコポン
「この期に及んで我々を疑うなんて」

「正直失望しましたよ!」

汗をかきながら言うオニャンコポン

ハンジとテーブルを挟んで座るオニャンコポン

テーブルにはティーカップとお菓子も見えます。
2018-10-09_061154
「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


オニャンコポン
「ハンジさん!」

「俺達は共に命を懸けてマーレと戦ったんですよ!?」

「今更ジークさんがマーレの二重スパイであるとでも言うつもりですか!?」

オニャンコポンからの叱責に、下を向き小さくなるハンジ

オニャンコポン
「それに今こんな所に兵を割く余裕なんてあるんですか?」

オニャンコポンを見張りしている駐屯兵が座り込み、リンゴを齧っている描写

オニャンコポン
「俺達は仲間でしょう?」

「この三年間 共に汗を流して培った鉄道も貿易も この島を豊かにしたはずです!」

「俺達はエルディアに尽くして…」

「その結果が人質とは…」

言いながらため息をつくオニャンコポン

ハンジはますます小さくなっていきます。

ハンジ
「弁解の余地も無いよ…」

「すまないけど もう少しの間 耐えてほしい…」

ハンジの言葉に、さらにため息をつくオニャンコポン

オニャンコポン
「はぁ…これからって時に…」

ハンジ
「…そうだよねオニャンコポン」

「10ヶ月前の鉄道開通式から こんなことになるとは」

オニャンコポン
「まったくですよ!」

「皆でエルディアの未来を誓い合ったのに…」

と、さらに言おうとするオニャンコポンにハンジはテーブルを乗り上げオニャンコポンに顔を近付けます!

ズズズ

オニャンコポン
「ッ!?」

「…な」

「何ですか…?」

急に近付いてきたハンジに驚くオニャンコポン

そのハンジの表情は青ざめ汗をかいています。

オニャンコポン
「え…?」

「イェレナが…」

「エレンと密会したことを認めた…?」

「本当ですか…?」

ハンジ
「本当だよ」

「本当に知らなかった?」

汗をかきながら聞き返すハンジ

オニャンコポン
「し 知りませんでしたよ本当に!!」

ハンジ
「…うん」

「本当に知らなかったように見える…」

「私にはね」

オニャンコポンがイェレナとエレンの密会を本当に知らなかったようだと確認し、椅子に戻るハンジ

ギッシ

オニャンコポン
「…イェレナが…」

イェレナの単独行動を聞き、気持ちショックを受けているオニャンコポンの描写

それを見つめるハンジ

ハンジ
「イェレナがそんなことをするわけ無いとは言わないんだね」

「彼女なら やりかねないと思っているから?」

オニャンコポンの反応を見て質問するハンジ

オニャンコポン
「…!」

「…そんなことは…」

視線を逸し、否定しようとするオニャンコポン

それに被せながらハンジは続けます。

ハンジ
「順序は正しくないが 君達義勇兵を拘束しなくてはならない理由ができた」

「イェレナについて知っていることは すべて話すんだ」

「我々の今後のためにも…」

ハンジの言葉を聞き、しばし間を空けるオニャンコポン

そこから、イェレナについて語り始めます。

Sponsored Link


オニャンコポン
「知っての通り我々義勇兵を組織したのはイェレナです」

「ジークさんの『秘策』を旗印にしてマーレ兵の中から反マーレ派を集めたわけですから」

「…最初は互いに疑心暗鬼になり 上手くまとまらなかった…」

「その度にイェレナはマーレに銃を向け」

「自ら手を汚すことでジークや組織への忠義を俺達に示してきました」

命乞いをするマーレ兵の額に銃口を向けるイェレナの描写

オニャンコポン
「寝食を共にした友であっても こちらを疑ったマーレ人はすべて事故死として葬った…」

「俺達もそれがマーレに奪われた祖国のためだと信じることで乗り切ったんです」

オニャンコポンや義勇兵の前で命乞いをするマーレ兵の額を、銃で撃ち抜くイェレナの描写

オニャンコポン
「俺には彼女が密会した理由はわかりません…」

「俺達は最初から底の知れないイェレナの背中を追いかけるのみでしたから…」

汗をかきながらハンジに説明するオニャンコポン

そのオニャンコポンのイェレナの話を聞いて、ハンジがすぐに反応します。

ハンジ
「…変だな」

オニャンコポン
「え?」

ハンジ
「そこまでマーレ人に容赦がなかったイェレナが」

「この島ではマーレ人を捕虜にして極力殺さないように努めた」

「むしろ捕虜に仕事をさせたりして ある程度の自由を与えている」

自分達を疑ったマーレ人に容赦が無かったイェレナの変化に、違和感を覚えるハンジ

オニャンコポン
「ええ…確かに以前の彼女からすれば寛大ですが」

「俺達は彼女なりのマーレ人への贖罪意識の表れだと理解しました」

「…ここはマーレ本土ではなく島ですし」

パラディ島ではマーレ人に優しくなってもおかしくはない、と説明するオニャンコポン

ハンジ
「んん…」

「でも…」

「イェレナは兵政権に反発してまでマーレ兵の人権を譲らなかった」

「あれほど義勇兵が疑われないように神経を使った彼女が」
2018-10-09_061211
「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


「そこだけは…」

審議所で兵政権にマーレ人の人権保護を訴えるイェレナの描写

ハンジの言葉を聞き、黙り込むオニャンコポン

オニャンコポン
「…」

しばし考えてから、ハンジは何かを決めます。

ハンジ
「…よし」

「私について来てくれ オニャンコポン」

オニャンコポン
「え…?」

「ここから出るってことですか…?」

ハンジ
「私が話をつけるから 行くよオニャンコポン」

オニャンコポン
「えぇ…何かイヤなんですが…」

座っていた椅子から立ち上がり、オニャンコポンを促すハンジ

オニャンコポンを見張っている駐屯兵が齧っていたリンゴが完食されている描写

硬質化で覆われているアニの所に、アルミンが訪れている場面に移ります。

アニの顔に手で触れようとしているアルミン
2018-10-09_070426
「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


「コラァアアアア!!」
2018-10-09_061357
「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


突然後ろから叫ばれるアルミン!!

ものすごく驚くアルミンの描写

ビクウエン

ヒッチ
「お客さん その子はお触り厳禁なんですけど」

先ほど叫ぶ際に使った丸めた新聞紙を持ったまま、アルミンにツッコむヒッチ(笑)

アルミン
「ー違うんだ ヒッチ!!」

「これは…!!」

「巨人の記憶っていうのは接触がきっかけになることが多くあって…!!」

「本当に実際にそうなんだ!!」


「何か重大な情報が手に入るかもしれなくて やましいことを考えてたわけじゃー」

「ないんだよ!!」


青ざめ、むっちゃ汗をかきながら言い訳をするアルミン(笑)

しかしヒッチには通じませんw
2018-10-09_061414
「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


ヒッチ
「そりゃあ男の子だもん」

「アニの重大な情報が気になるのもわかるわ」

アニを指さしながらアルミンに言うヒッチ(笑)

アルミン
「うぐぎぎ…」

「僕が…悪かったから」

「入場禁止だけはどうか…」

涙を浮かべ懇願するアルミン

ヒッチ
「そんなことしないっての」

「アニも話し相手が私だけじゃ退屈でしょ?」

丸めた新聞をアルミンの口にあて、アニを見ながら話すヒッチ

ヒッチ
「まったくあんたは」

「寝てるだけなのに何でモテるのさ」

アニに優しげな目線を送りながら言うヒッチ

場面は地上に上がります。

話をしながら移動するヒッチとアルミン


ヒッチ
「あの子に熱を上げるのもいいけど」

「世間がどうなってんのか わかってる?」

アルミン
「うん…」

アニに熱を上げている事を認めるアルミン(笑)

ヒッチ
「これ読んで」

渡された新聞を読むアルミン

アルミン
「!…」

「『兵団が権力に個室するあまりエレン・イェーガーを不当に拘束」…』

「『義勇兵を裏切り利益を独占か』…」

「兵団への疑念が過熱していってる…」

ヒッチ
「兵団は民衆が満足いく回答を何も言ってくれないしね」

「そりゃあ 無理もないわ」

キチンと説明しない兵団に疑念が過熱してもしょうがないと言うヒッチ

アルミン
「…かと言ってジークの存在や『地鳴らし』の件を明かすわけにはいかない…」

「早く…僕らでエレンの真意を確かめないと…」

エレン、ミカサ、アルミンの3人の話し合いを早急にしなければと思うアルミン

すると、周りで走り出す兵士達が見えます。


バタ

バタ


そちらを見やるアルミンとヒッチ

すると、本部の入り口に多くの民衆が押し寄せて叫んでいます!

2018-10-09_061432
「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


民衆
「エレンを解放しろお!!」

「エルディアを救えるのはエレンだけだ!!」

「食い殺された国民の無念を晴らせるのはエレン・イェーガーだけだ!!」

「新生エルディア帝国はエレン・イェーガーあってのものだああ!!」

本部に向け叫ぶ民衆たち!

持っているプラカードには「バンザイ エルディア」と書かれています。


民衆
「エルディア人はマーレの被害者だ!!」

「世界の歴史はマーレの作り話だ!!」

「エレン無しでの兵団に何ができるって言うんだ!?」

「マーレ人を皆殺しにしろ!!」

「エレンを国民に返せえ!!」

多くの民衆の叫びを見たアルミンは、あまりの事態に青ざめます。

アルミン
「これは…」

ヒッチ
「兵団支部全域を民衆が取り囲んでいるんだって…」

同じく汗をかき青ざめているヒッチ

そこに他の兵士がヒッチに声をかけます。

憲兵
「ヒッチ!手を貸してくれ!」

ヒッチ
「うげぇ 仕事が増える…」

嫌そうな顔のヒッチ

そこにミカサが駆けてきます。


ミカサ
「アルミン」

アルミン
「よかった 無事にこれたんだね」

民衆に取り囲まれた本部にミカサが来れた事に安心するアルミン

ミカサ
「あ」

「調査兵団の新兵…」

「あの子達が何で本部に…?」

民衆に対応しようと走っている憲兵の中を逆走して走る調査兵団の新兵を見付け、不審に思うミカサ

アルミン
「…」

ミカサ
「行こう アルミン」

「ようやくもらった時間を無駄にできない」

二人は本部に入り、一つの部屋をノックします。

コンコン

アルミン
「失礼します」

ザックレー総統の部屋に入室するアルミンとミカサ

アルミン
「ザックレー総統」

「本日はご多忙の中 お時間をいただき感謝致します」

窓の外を見ているザックレー総統に敬礼し、あいさつをするアルミンとミカサ

Sponsored Link


ザックレー総統
「こちらこそ こんな日にすまない」

「最初の申し出から ずいぶん時間が経ってしまった」

取り囲む民衆を見ながら答えるザックレー総統

エレンと3人で話し合うアルミンの申し出から、けっこうな時間が経ってしまった事を詫びるザックレー

ザックレー総統
「かけたまえ」

「シガンシナの英雄よ」

ザックレーの机をはさみ、アルミンとミカサは椅子に腰掛けます。

ザックレー総統
「ハンジは相変わらず飛び回っているらしいな」

アルミン
「はい…確かめないといけないことがあると」

ザックレー総統
「あぁ…義勇兵を一人連れ回すことを許可したが…」

厳しい表情になるザックレー総統

ザックレー総統
「君達とエレンを面会させることはできない」
2018-10-09_061450
「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


バッサリとアルミンとミカサに言い渡すザックレー

アルミン、ミカサ
「…!!」

アルミン
「…」

「どうしてでしょうか?」

汗をかきながら質問するアルミン

ザックレー総統
「義勇兵とエレンの接触が明らかになったからだ」

「エレンは10ヶ月前から義勇兵と密会していたことをひた隠しにして今回のマーレ強襲撃に及んだ」

「現在は密会の首謀者や関わった者への調査が続いている」

「少し前なら君達の提案を受け入れられたかもしれないが…」

「エレンは今回の発覚を受けて以降 黙秘したままだ」

「彼が単独で過ごしたマーレでの時間についても 依然として空白のまま」

地下牢で兵から質問を受けているが黙秘をしているエレンの描写

ザックレー総統
「当然今の状態のまま『実験』を行うわけにはいかない」

「これは義勇兵から我々兵政権に対する重大な主権の侵害だ」

「…おそらく」

「エレンはジークに操られていると…我々は見ている」


ザックレーの話に驚き青ざめ沈黙するアルミンとミカサ

ザックレー総統
「他ならぬ君達だから話したが…」

「くれぐれも内密に頼む」

アルミン
「エレンが…」

「そんな…」

言葉が続かないアルミン

青ざめ汗をかきながらも、ミカサが聞きます。


ミカサ
「エレンは どうなりますか?」

答えないザックレー総統

沈黙のアルミン

表情が厳しくなるミカサ

すると、チラっとザックレー総統の目線が逸れます。

ミカサ、アルミン
「!」

すると、そこには手足を拘束する装置が付いている椅子があります。

ザックレー総統の芸術品を完成させた椅子ですね!

しかし、それが何かは分からないミカサが質問します。
2018-10-09_061611
「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


ミカサ
「アレは…何ですか?」

ザックレー総統
「何でもない」

「置き場に困ったものを 先ほど新兵に運んでもらったものだ」

アルミン
「…」

「しかし…総統!」

「エレンが黙秘するのでしたら 尚のこと彼を幼少期から知る僕達二人がお役に立てるのではないでしょうか!?」

「確実にエレンから真意を聞き出せるとは申しませんが…試して損はしないはずです!」

必死にザックレー総統に食い下がるアルミン

それを見つめるミカサ

しかし、ザックレー総統の決定は覆りません

ザックレー総統
「…事態は より慎重を期す」

「話は以上だ」

冷たい目線のザックレー総統

アルミンとミカサは部屋から出されます。

バタン

アルミン
「…」

ミカサ
「…なぜ?」

「アルミンの言う通り損は無いはずなのに」

「どうしてダメなの!?」

エレンと3人で話し合う事の許可が出ない事に納得できないミカサ

周りに聞かれないように、小声で話をしています。

アルミン
「…考えられるとしたら…」

「兵政権は既に…エレンを見限っているのかもしれない…」

汗をかきながら、話をするミカサとアルミン

そこを3名の憲兵がアルミンとミカサを通り過ぎ、ザックレー総統の部屋をノックします。

コンコン

憲兵
「失礼します」

ガチャッ

部屋に入る3名

バタンと閉められた扉を見るミカサとアルミン

3名の憲兵が入るのを見たアルミンが口を開きます。


アルミン
「もし…そうだとしたら」

「『始祖』の継承者選びも始まってる」

ミカサ
「あの部屋の会話を聞いてくる」

厳しい表情となったミカサが、ザックレー総統の部屋に戻ろうとします。

そのミカサを止めるアルミン

アルミン
「…!!」

「待ってよ ミカサ」

グイっとミカサの腕を掴み止めるアルミン

ミカサ
「大丈夫 バレないようにできる」

アルミン
「まだそうだと決まったわけじゃないだろ?」

「今 兵規違反を犯しちゃまずいよ」

ミカサ
「いいえ 状況がこうなった以上 兵団の方針をいち早く知る必要がある!」

「何があっても 私はエレンをー」

言い合うミカサとアルミン

しかし、そこでミカサが何かを察知します!

ゾワッ

いきなり吹っ飛ぶザックレー総統の部屋

アルミンを抱きかかえ、飛ぶミカサ!
2018-10-09_070448
「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


ドオオオオオ

Sponsored Link


爆発するザックレー総統室!
2018-10-09_062425
「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


驚き、民衆に対応していた憲兵が、後ろの本部を見やります。

部屋の窓から吹っ飛び、落ちてくるザックレー総統!

そのまま地面に叩きつけられ、ヒッチの真ん前に落ちてきます!

顔がもげ、上半身の左半分だけになったザックレー総統の描写

煙が充満した廊下で、ミカサはアルミンに声をかけます。

ミカサ
「アルミン!!」

「怪我は!?」

アルミン
「だ 大丈夫!?」

ゴオオオオ

ザックレー総統の部屋から煙が出続けています。

アルミン
「何…!?」

「何が…」

「ゴホッ」

むせて声が出ないアルミン

ミカサ
「ここから離れよう」

外に出るミカサとアルミンは、ヒッチと合流します。

「けが人はいるか!?」

「火を消せ!!」

燃え続けるザックレー総統の部屋

外ではかなり混乱が見られます。


ヒッチ
「あんた達 無事なの!?」

走ってくるミカサとアルミンを見て、声をかけるヒッチ

ミカサ
「総統は!?」

地面に寝転がるザックレー総統の遺体を見て、思わず聞くミカサ

ヒッチ
「見ての通りだけど…」

「他には誰がいたの!?」

「一体何があったの!?」

ヒッチに聞かれるミカサとアルミンですが、青ざめたまま答えられません。

ミカサ
「…わからない」

すると、外から様子を見ていた民衆から声が上がります。

民衆
「心臓を捧げよ!!」

思わず民衆側を振り返るミカサ、アルミン、ヒッチ

民衆
「俺達の怒りが届いたんだ!!」

「俺も戦うぞ!!」

「私も!!」

「新生エルディア帝国に勝利をもたらすために!!」


「心臓を捧げよ!!」

叫び始める民衆!

ザックレー総統の遺体に兵服をかけた憲兵も気まずそうに民衆を見ます。


民衆
「心臓を捧げよ!!」

「心臓を捧げよ!!」

2018-10-09_062504
「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


おおおおおおおっと大きくなる民衆たちの声

圧倒されるミカサ、アルミン、ヒッチ達

場面は夜となり、本部の一室に移ります。

憲兵ローグが状況をまとめ説明しています。
2018-10-09_062526
「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


Sponsored Link


ローグ
「ザックレー総統の私物である『特注椅子』 これに爆弾が仕掛けられたと見ている」

「総統を含む4名の兵士が犠牲になった」

「犯人も」

「その目的も」

「不明」

暗い厳しい表情でオニャンコポンを見るローグ

それを察知したハンジが説明します。

ハンジ
「彼なら一日中 私といたし義勇兵は全員軟禁中だ」

ローグ
「では他に考えられる勢力は?」

ローグがハンジに聞いているところで、アルミンが言います。

アルミン
「…あの椅子は」

「新兵に運ばせたと」

「総統は申しておりました…」

汗をかきながら言うアルミン

隣で黙って聞いているミカサも汗をかいています。

ナイル師団長
「…どこの新兵だ?」

どの兵団の新兵かを聞くナイル師団長

アルミン
「…総統は新兵とだけ仰っていましたが…」

「…しかし」

「僕とミカサは総統の部屋を訪れる数分前に…」

「本部から走り去る新兵を見ました…」

「調査兵団です」

それを聞いて顔色が変わる他兵団兵士達

汗をかき、黙り込むアルミン、ミカサ、ハンジ、オニャンコポン

ナイル師団長
「調査兵団と言えば…エレンの情報を外に漏らして懲罰を受ける者共がいると聞いたが…」

「まさかー」

フロック達の事をナイルが話そうとしていると、部屋の扉が強く開けられます。

バン

兵士
「緊急事態です!!」
2018-10-09_062550
「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


「エレン・イェーガーが」

「地下牢から脱走しました!!」


兵士の報告に驚き真っ青になるミカサ、アルミン、ハンジ

兵士
「巨人の力を発動させ一瞬で抜け穴を穿ち そこから逃走した後!!」

「穴を塞ぎ追跡から逃れました!!」

地下牢の壁が硬質化で塞がれている描写

オオオオオオオオオオオ

ナイル
「兵を総動員して捜索だ!!」

憲兵
「了解!!」

慌てて指示を出すナイルと走り出す憲兵

青ざめて動けないミカサ
2018-10-09_062610
「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


ミカサ
「アルミン…」

「一体何が起こっているの?」

ミカサに聞かれたアルミンも青ざめています。

場面は地下牢から脱走したエレンに移ります。

ザッ

ザッ

ザッ

2018-10-09_062641
「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


目の周りには薄っすらと巨人化の跡が見えるエレン

歩いているエレンの先には、数人の人が見えます。

エレン
「多いな」

「何人いる?」

人影を見て尋ねるエレン

フロック
「ここにいる者以外にも俺達の味方はもっといる」

「俺達を懲罰房から逃がし」

「今日ここで落ち合うようお前に伝えた看守も皆 兵団内に潜んでいる」

説明するフロックの後ろには、ルイーゼ、ホルガー、ヴィムの顔も見えます。

フロック
「ダリス・ザックレーを爆弾で吹き飛ばした者もいる」

「兵政権がお前の『始祖』を都合のいい奴に継承させるよう進めたからだ」

「このエルディア帝国を救える奴は」

「お前しかいないのにな」

「エレン・イェーガー」

エレンに上着を渡すフロック

それをフロックから受け取るエレン


ムンズ
2018-10-09_062748
「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


朝日が昇るのを見ながら上着を着るエレン
2018-10-09_062705
「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


Sponsored Link


エレン
「ジークの居場所を特定する」

「それだけだ」

歩き出すエレン

その後ろに控えるフロック達

場面はミカサ、アルミン、ハンジ、オニャンコポンに移ります。

馬車に乗り、どこかへ移動しようとしているようです。

壁に向かっているよう

ガガガガガ

アルミン
「大丈夫だよ ミカサ…」

「エレンなら わかってくれる」

「話し合えば きっと…わかってくれる」

俯きながら、自分に言い聞かせるようにつぶやくアルミン

青ざめ、表情が固まっているミカサ

ハンジは何かを考えているよう

ガガガガっとハンジ達が乗った馬車が走り去った描写

走り去った馬車を見ていた住民が話をしています。

住民
「朝っぱらから兵団の奴等 騒々しいな…」

そのようにつぶやく住民の後ろには噴水があり、その縁に女性が腰掛けています。

フードをかぶったまま、新聞を読んでいる女性

読んでいる新聞の見出しが「エレンモトムコエタスウ」と読み取れ、読んでいる女性の目線を上げた顔がピークであると分かり、終わります。
2018-10-09_062725
「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


内紛、そして

外敵が訪れる。


111話につづく
Sponsored Link

◆諫山先生へ一問一答!!

2018-10-09_062831
「別冊マガジン」11月号より


Q、エレンはライナー達は、巨人化中は痛覚はあるのでしょうか?
A、巨人の体へのダメージは感じませんが、自分の体に直接だと痛みを感じます。

この質問を読み、真っ先に思い出したのはアルミンがエレンゲリンの中のエレンを起こす時に、3巻13話でブレードを突き刺した場面でした!

あの時のエレンは、痛みでエレンゲリオンが反応していましたよね!

そして今回別マガ11月号では、27巻限定版の内容が明らかとなっていました!
2018-10-09_062811
「別冊マガジン」11月号より


「365日 日めくりカレンダー」付き!

これは嬉しいですよね!

1,800円(税別)も限定版としては悪くない価格かなと!

要チェックですよ!\(^o^)/

◆諫山先生巻末コメント!

アニメ3期前半、最高でした!
とりあえずお疲れさまです!

台風で一週ずれましたが、本当に最高でしたよね!

season3後半の情報が気になっています!
Sponsored Link

◆第110話「偽り者」の感想!

2018-10-09_062705
「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


読み終わり、まず「全ての状況の説明は終わり、物語が動き出した!」と感じました。

前回109話では見えなかったリヴァイとジークの状況も冒頭にて登場し、二人の会話が見え、「とりあえず二人はコミュニケーションを取っているんだな」と分かりました。

ガビとファルコとブラウス家、そこに合流するであろうニコロ

急襲すると言っていたライナーの通り、最後に既にパラディ島にいることが分かったマーレ軍
2018-10-09_062725
「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


エレンと合流したフロックとルイーゼ達新兵

ピクシスとイェレナ
2018-10-09_061118
「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


ハンジ達調査兵団と104期生達

硬質化したままのアニ

忘れてはいけない、ヒストリアの妊娠

このような物語のファクターが全て提示され終わり、ここから物語が進んでいくように見えます。

最後にエレンの脱走展開が登場し、物語が動き始めたように見えますよね!

そして既にピークがパラディ島に潜伏しているのが分かり、読後はむっちゃドキドキでしたよ!

27巻最後の回らしい、気になる終わり方だなと感じました(*^^*)

タイトルも前回の「導く者」と対比されているような「偽り者」となっていました。

さて、この「偽り者」で真っ先に思いつくのはイェレナですね!
2018-10-09_061138
「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


ただ、今回の展開では冒頭のジークのラガコ村の話やザックレー総統死亡、さらにはエレンの脱走など、もっと大きな見どころがあったように感じます。

その中でもタイトルをイェレナを指すものにするのかな、と違和感を覚えました。

これ、他にも意味があるのではないでしょうか?

例えば「偽り者」はイェレナだけではない、とか(・_・;)

となると、ジークの説明が「偽り」なのか?

ジークの「時間があると思っているならそれは間違い」という発言が偽りだったら怖いな、と思ったりもしました(;´Д`)

さらにはオニャンコポンが偽り者だったら嫌だな、とか(泣)

今回も色々と考えさせられる展開でしたね!(*^^*)

◆第110話の伏線ポイント!


今回の考察ポイントは、このようになっています!

  • ラガコ村の巨人化方法の回収
  • マーレ人に寛大になったイェレナ
  • 変わらないヒッチとアルミン
  • 死亡したザックレー総統
  • 最後に登場したピーク
  • 今月の効果音

  • それでは順番に見て行きましょう!
    Sponsored Link

    ◆第110話のポイント考察!

    2018-10-09_061048
    「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


    まず、いきなり冒頭がジークによるラガコ村の巨人化の話から始まっていた事には驚かされましたよね!

    ラガコ村の巨人化方法はこれまでも考察して来ましたが、管理人アースは井戸にジークの脊髄液を混入させたのではと予想していました。

    その他にもジークとピークが医者に扮し予防接種と称して村人全員に注射したのでは、という考察もネット上で見かけたりしましたが、まさかのガス攻撃という回収がされました。

    予想は外れましたが、キチンと回収されるところが嬉しいですよね!

    そして登場はしていませんでしたが、この時にピークも一緒だったという事も明らかになっています。

    ラガコ村巨人化からシガンシナ区決戦まで2ヶ月以上の間があったはずですが、ラガコ村襲撃時からずっとパラディ島にいた可能性も出てきましたね!

    そしてこの時から木箱等の荷物を背負っている事も確定しました!

    この辺りも含め、今回のラガコ村巨人化回収は別記事にて考察したいです!(^o^)

    このような大きな回収もありながら、今回は気になる伏線もはられていました。

    イェレナのマーレ人に対する気持ちです。
    2018-10-09_061211
    「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


    もともとはマーレ人に対し厳しかったイェレナが、パラディ島では非常に寛大になっていたというのは何かの伏線ですよね!

    これは別記事にて考察しなきゃですが、もしかしたらイェレナ自身マーレ人という展開もあるのかなと感じました。

    直感ですが!

    このような重苦しい展開がありながらも、変わらないアルミンとヒッチのやり取りは嬉しかったですよ!
    2018-10-09_070426
    「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


    しかし、アルミンがアニに好意を抱いている事が確定したことには驚きました!

    ベルトルトの感情の影響なのか、それとももともとアルミンにアニへの好意があったのか?など色々考察できますが、これも今後の展開の為の何かの伏線っぽいですよね!

    要チェックです!

    そして驚きの展開では、ザックレー総統の死亡展開ですね!
    2018-10-09_062425
    「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


    まさかの「特注の椅子」に仕掛けられた爆弾による死亡という展開となっていましたが、まさに因果応報という展開となっていました。

    現在放送中のseason3でも登場した、ザックレーの芸術品にて使用されていた椅子による死亡展開というのは、諫山先生らしい回収のされかたでした。

    計算された素晴らしい展開ですよね!\(^o^)/

    そして最後に登場したピークには、「え?もう!?」と展開の早さに驚かされましたよ!
    2018-10-09_062725
    「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


    脱走したエレンからも、ここから早い展開で物語が動き出すように感じられますね!

    そして気になるのはピークの目的です。

    間違いなくジークを探しているのだろうと察せられますが、それよりも「エレン狙い」なのかなとも察せられます。

    やはり新聞の「エレン求む声多数」という文字から「エレン求む」がピークの目的を表わしている伏線にもなっているのかなと!

    こういうのも諫山先生らしい伏線ですよね!

    そして今月も登場しました!効果音!

    ビクウエンは、すぐに「鼻腔炎」と漢字変換できたのですが、なぜここで鼻腔炎なのか…(・_・;)
    2018-10-09_061357
    「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


    諫山先生が鼻風邪なのか、心配になりました!(;´Д`)

    そしてまさかの「ムンズ」には笑いました!
    2018-10-09_062748
    「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


    これ、14巻第57話でのエルヴィンの効果音ですよね!(笑)
    2018-10-09_082200
    「進撃の巨人」第57話「切り裂きケニー」より


    まさかの「ムンズ再来」に大笑いしました!(笑)

    今回も楽しい効果音でした!(*^^*)

    さて、次回はどの場面から始まるのか?

    エレンからか、それともガビとファルコからか?

    それともマーレから?(;´Д`)

    111話が早くも待ちきれない管理人アースでした!(*^^*)
    Sponsored Link

    ◆110話展開予想を自己検証!

    2018-08-16_073926
    「進撃の巨人」第108話「正論」より


    場面は地下牢に収容されているエレンから始まります。

    ベッドに座りジッと一点を見つめているエレン

    そこにハンジが現れます。


    ハンジ
    「気分はどうだい?エレン」

    「いつでも地下から出られる君がここにいてくれることに感謝するよ」

    つとめてニコヤカにエレンに話しかけるハンジ

    エレンは目線だけハンジに向け、答えます。


    エレン
    「ここから出るのは簡単ですよ。ハンジさん」

    「ただ、それではお互いが困るでしょう?」

    「世界に向けて『地鳴らし』を見せつける計画が…」

    そのまま黙り込むエレン

    終始、面倒くさそうに話している感じ


    ハンジ
    「そうだね、エレン。それでも協力に感謝するよ」

    「その『地鳴らし』に関して気になっていることがあるんだ」

    「たしかに君は王家のダイナ巨人に接触した時に始祖の巨人が発動し操った」

    「しかしそれはダイナ巨人が無垢の巨人だったからじゃないのか?」

    「今度接触する王家血統のジークは知性を持った9つの巨人のひとつ、獣の巨人だ」

    「逆に君が媒介となり、逆にジークに操られる事はないのかい?」

    「アルミンはそこのところを気にしていなかったが…」

    「私は気になるんだ」

    困ったような表情でエレンに疑問をぶつけるハンジ

    そこには様々な不安が混ざっている様子です。

    少し間を空けてからエレンは口を開きます。


    エレン
    「たしかにそれはやってみなくては分からないかもしれない」

    「でも、ジークに主導権が行ったからといって、何か困る事はありますか?」

    目線に力がこもり、声が強くなるエレン

    エレン
    「もともとこの地鳴らしは、ジークが考え生み出した計画だ」

    「その計画の主導権が生み出したジークに移ったとしても自然なことじゃないですか?」

    「それが不安なら」

    「違う方法を考えてくださいよ!!!」

    最後は我慢出来ないように吠えるエレン!

    ハンジは何も言い返せず、黙り込みます。

    そこに、誰かが地下に降りてきた様子。


    アルミン
    「ハンジさん。すみませんが3人で話をさせてもらえませんか?」

    「エレンと…」

    話しかけられ、そちらを見やるハンジ

    そこにはアルミンとミカサがいます。


    アルミン
    「エレンが僕達調査兵団にとって味方なのか?」

    「今でも仲間なのか?」

    「3人だけで話し合って確かめたいんです」

    アルミンの決死の表情を見て頷くハンジ

    そしてエレンを見つめるミカサ

    アルミンとミカサを無表情で見るエレン

    このような展開が起こるのではと予想します!


    予想ここまで!
    →ハンジが確認する相手はオニャンコポンで、エレン達3人の話し合いはありませんでした!

    今回の展開は読めませんでしたよ!(泣)

    Sponsored Link

    ◆27巻最終話としての終わり方に注目!

    2018-06-08_070946
    「進撃の巨人」第106話「義勇兵」より


    第110話は12月発売となる27巻の最終話となる回になります。

    これまでを見てもコミックス最終話は「キリとなる展開」であったり「続きが非常に気になる終わり方」となっている事が多く見受けられます。

    となると、110話もそのような展開が見られるのではと予想できます。

    現在そのような展開が登場するとしたら、「ヒストリア妊娠展開」「アニ再登場展開」「エレンとミカサ、アルミンの展開」辺りが来るかなと思い、このように予想しました。

    このような展開が110話で起こるのか?

    非常に予想が難しい展開となっていますが、ここはかするくらいはしたいな、と願っている管理人アースでした!\(^o^)/

    予想ここまで!
    →アニ再登場は登場しましたが、新たな展開となっていました!

    今回の予想は20点くらいでしょうか?

    「キリとなる展開」と「続きが非常に気になる終わり方」は当たっていたかなと感じました!(*^^*)

    さて、新たなる章の予感がする110話でしたが、111話の予想は当てられるか?

    難しそうですが当てたいですよ!\(^o^)/

    111話あらすじ!
    ハリウッド版実写映画化決定!監督は『IT/イット』なアンディ・ムスキエティ氏!
    110話考察!ガビとファルコの血統から予想!
    110話考察!アルアニ展開を検証!ベルトルトの気持ちが反映か?
    110話考察!タイトル「偽り者」の意味を考察!
    110話考察!エレンは操られている?ジークガスから検証!
    110話考察!イェレナがクルーガーの娘からエレンとの会話を予想!
    フロック・フォルスター 声優 小野賢章を紹介!
    110話考察!ザックレー死亡は確定か?替え玉説を検証!
    110話考察!シガンシナ区決戦までの77日間を妄想!
    110話考察!ピークのパラディ潜入を検証!
    110話考察!イェレナとマーレの関係を考察!
    109話「導く者」あらすじ感想考察!


    Sponsored Link

    162 Responses to “【進撃の巨人 ネタバレ】110話111話最新画バレ!「偽り者」あらすじ考察感想!”

    1. 管理人アース より:

      シガンシナ区での地鳴らし実験展開が怖いですよ!
      一気に最終章へ突入しそうな感じが…(;´Д`)



      管理人アース

    2. おおぞらバード より:

      今回も色々あり過ぎて…
      一つ言えるのは、総統の死は 相当にショック。
      そう遠くないうちに パラディ島は分裂?
      (そうとうネタでした。)

    3. 進撃の虚人 より:

      ラカゴ村の巨人化方法はガスだったとは。。。
      予想の斜め上をいかれます。

      対エルディア人には
      恐ろしい兵器ですね

      • 管理人アース より:

        斜め上でキチンと回収されるのは、本当にスゴいですよ❗



        管理人アース

    4. みか より:

      地ならしの練習をした時とマーレの襲撃が重なったらと妄想してしまいました…

      今期は1クールで終わるのかって色んなサイトで言われてるんですが、2クールじゃないんでしょうか❓
      公式で海までって言ってたのにどうなんだろうと心配になってしまいました。

      • 管理人アース より:

        分割1クールみたいな話を良く聞きます。続けてではなく、来年持ち越しのようですね。
        来週の奪還作戦放送後に何かしらの発表があれかなと思われますよ❗




        管理人アース

    5. レイ より:

      アース団長
      今月もお疲れ様です。

      今回ようやく、ラガコ村の手口が明かされましたね。
      まさかガスの散布だったとは…。
      ただ、少しでも摂取すれば意識を失うという性質上、 兵団全員既にジーク液を盛られている、ということはなさそうですね。ジークが嘘を言っていなければですが。

      それにしても、「巨人化薬は空気に触れるとすぐ蒸発する」前提まで崩れるとは…。王家の血は例外が多過ぎて、とんだ考察泣かせです(泣)

      • 管理人アース より:

        巨人化液が空気に触れると蒸発というのもマーレ軍がそのように加工したのかもしれませんね。
        情報漏洩を防ぐために。
        恐るべしマーレ軍ですよ❗( ̄▽ ̄;)




        管理人アース

        • 馬来熊 より:

          巨人化薬をガス兵器にしてみたけど、すぐに蒸発してしまうから効果範囲は狭い
          なのか
          蒸発しても吸えばなんとかなるものなのか……
          後者ならハンジたちが初めて巨人化薬を調べて「あけるとすぐ蒸発してしまう」とわかったとき、うっかり吸わなくて良かったですね
          それにしても、ラガコ村の時他の戦士もいたのは意外です
          てっきりジークとピークが二人でやったものかと思ってました
          シガンシナ決戦の時に車力の巨人が背負ってた荷物が何なのかもそのうちわかるんでしょうか

          • 管理人アース より:

            >シガンシナ決戦の時に車力の巨人が背負ってた荷物が何なのかも
            これも別記事で考察したいですよ!



            管理人アース

          • A-11 より:

            蒸発を防ぐ仕組みをマーレが開発したのかもしれません。
            液体や個体なのに、霧や粉末にして空中に漂わせることで、毒ガスと同じような使い方のできる兵器があるようです。
            そして、「もしもそれがアヒルの様に歩き、アヒルの様に鳴くのなら、それはアヒルである」の格言どおり、融点ですら195℃の
            アダムサイト – Wikipedia
            は「無力化『ガス』」として扱われているようです。
            当然沸点は195℃より上ですから、こんな熱いガスを吹きつけられたら…という使い方ではないようです。
            ラガコ村の「ガス」も、脊髄液の蒸発を遅らせる溶剤に脊髄液を溶かしたものを、霧状にして散布した液体なのかもしれません。
            このあたりはマーレの軍事機密でしょうから、ジークも詳細を知らず「ガス兵器」とダックタイピングしたのでしょう。

        • レイ より:

          未だ姿を現さない巨人学会といい、マーレ自体も底が知れませんよね。

          もう何を考えてるのか分かるのはコニーくらいになってきましたよ(笑)

          • 管理人アース より:

            たしかに(笑)
            本当に先の展開も予想しづらい、難しい展開になって来たなと感じますよ( ̄▽ ̄;)





            管理人アース

    6. 恥垢種 より:

      アース団長、早々の更新、お疲れ様です。
      今回は、かなり衝撃的な展開ですね。まず、兵団は分裂していることと、しかも、エレン側は決して少数派では無さそうで、組織化され潜伏しており、しかも中枢幹部も含まれそうだというですね。始祖をエレンから奪う情報など、秘中の秘のハズが漏れてますよね。
      次に気になるのは、ザックレーのエレンは操られてる発言です。これは、冒頭のガスによる巨人化とリンクしていて、これで、エレンは操られてるのかな、と感じました。
      そして、タイトルの偽り者ですね。誰が偽り者なのか?
      これは、ピクシスが言うように、時より事実を混ぜながら、都合のいい嘘をついてるのでしょう。そして、ジークとイェレナの企みは、まだ、わからないですね。ダブルスパイ説も払拭できてないし。
      しかし、脱獄、ザックレー暗殺と、もう、エレン達は引き返せなくなりましたね。これはリヴァイとバトルも辞さないということですね。
      潜伏した戦士達もいるし、次号以降も目が離せないですね。

      • 管理人アース より:

        >ザックレーのエレンは操られてる発言です。これは、冒頭のガスによる巨人化とリンクしていて、これで、エレンは操られてるのかな、と感じました。
        面白いですね!
        これ、また別記事で考察したいです!(^o^)



        管理人アース

    7. あしゅけ より:

      イェレナの真っ黒い瞳に時々光が差す時、真実を語っているのですかね。

      わたしは汚れつちまつたゲスミンなので、
      総統があの会話のやりとりの途中、チラッと椅子に目を遣った時に、
      ミカサのように純粋にあれは何?と思うことなく、
      エレン…まさか…あの椅子で芸術品にされたの…?と、一瞬ですが思い巡らせてしまいました(>へ<)

      フロックたちに力を貸している軍内部にいる偽り者、ある程度の力を持っているはずと考えるとピクシス指令かなと思っています。
      ピクシスの言葉遣いは登場当初から「おじいちゃん的」な喋りで、他の誰とも似ていないなぁと思っていたのですが、サシャのお父さんの訛りと少し似ている気がします。両者には他にも共通する関係があるのではないかなと思っています。

    8. knight より:

      なんと、ザックレー暗殺までやってしまうとは…。エレンが指示したかどうかはわかりませんが、兵団はそう判断するでしょう。
      これで、アルミン・ミカサ以外の兵団員(リヴァイ、ハンジ、ピクシス、ジャン等)は、エレン処刑&他の者に継承、というように気持ちが傾くのではないでしょうか。

      フロック一派もかなり規模が大きいようなので、フロック一派VS兵団の様相を呈して来ると思います。そして、そこに、ジーク、義勇兵、潜入しているマーレ軍、ファルコ達がどう絡むか。また、ミカサ・アルミンは止む無く兵団に同調するか、あるいは…。
      様々な人物の思惑がそれぞれ食い違っているので、本当に混とんとしてきましたね。

    9. 井筒孝庵 より:

      こんにちは。

      意表を突く怒涛の展開に参った(*_*)

      ピクシス司令の尋問で、イェレナの策謀ではなく、エレンの「自由意志」が確認できて、大団円への急展開の予感。(大団円は「呪縛からの解放」かな)

      誰かが仕組むというより、状況が生き物のように動いてしまっているというのも急展開の予感に。

      3兵団を束ねるザックレー総統がああなってしまうと、エレンの立場が悪くなってしまうのは当然として、

      混沌状態。← “いったい何が起こっているの?”@ミカサのまんま

      (混沌→自由度の再編成→呪縛から解放された新たな秩序の獲得? )

      地鳴らし(地均し)も、エレン脱出で、練習をかっ飛ばしていきなり本番の様相(^^;

      アルミンとヒッチの絡みに笑えました(*^^*)

    10. 耳鳥さい より:

      110話来ましたね!!

      考察ポイントはたくさんありますが、とりあえずラガコ村の巨人化の方法がガスであること、そしてジークの脊髄液が微量でも入ると、直後に体の自由を失うという点には驚きました!

      ということは、以前から考察ポイントにあげられていたワインにジークの脊髄液が入っているかもしれない説はなさそうですよね。
      飲んで、体内に入ればすでに効果が出ていそうなものですから。

      しかしタイトルが「偽り者」だったため、まだわかりませんね。
      あのジークのラガコ村巨人化の方法そのものが嘘である可能性もあるかもしれませんしね。

      • 管理人アース より:

        >しかしタイトルが「偽り者」だったため、まだわかりませんね。
        そのとおりで、もしこれがジークだったらと思うと怖いですよ!(;´Д`)



        管理人アース

        • 進撃の沖縄人 より:

          ジークが「真のエルディア復権派」と言っている事がそもそも怪しいですよね。僕は地鳴らしはエルディア人の自爆装置だと思っています。壁の巨人は内側を向いていたので…エレンはジークに発破をかけられているだけで、事態はジークの思い通りに進んでると思っています。

    11. ミジンコ より:

      お疲れ様です。

      ピークちゃんパラディ島に来てましたね! ジークとの再会時にはいつもの「さすがピークちゃん」がまた見れそうですね!あのセリフ好きなので楽しみです。

      役割は全然無関係ですがフロックとフクロウって何となく文字が似てますね・・・。

      ミカサとエレンの関係ですが、今までずっと男女だと思ってたのですが、どちらかと言うと母親と息子って感じですね。
      ミカサのエレンへの気持ち態度対応は我が子を必死で守ろうとする母親の様な気がします。母は子どものために何でもしますし強くなり、時には鬼にもなれますしね。
      物語冒頭の「いってらっしゃいエレン」は母親目線かなと思いました。

    12. みや より:

      ラガコ村壊滅のやり方→本当
      脊髄液が体内に入った直後に硬直→嘘

      かな。
      こうなるとジークの雄叫びの有効距離が気になってくる。島全土で一斉にワイン飲んでた奴を巨人化できるんだろうか?

      • 管理人アース より:

        >島全土で一斉にワイン飲んでた奴を巨人化できるんだろうか?
        3重の壁が始祖の叫びで可能だったのならば、島中に叫びが有効という展開もありそうですよね!
        …恐ろしい(;´Д`)



        管理人アース

    13. プリンの巨人 より:

      お久しぶりです。
      団長お疲れさまです。

      怒濤の展開すぎて…
      頭が追い付かない部分が多々ありましたw
      どうなっちゃうんでしょう。
      イェレナ自身がマーレの二重スパイだったりするのでしょうか。

      1つ疑問に思ったのは
      例えばエレンがジークに操られているとしたら、あのガス兵器が関係しているのでしょうか。脊髄液さえ取り込ませれば、巨人化能力者すら操れたり、なにか特別な作用をもたらしたりするのかなと。

      • 管理人アース より:

        >エレンがジークに操られているとしたら、あのガス兵器が関係しているのでしょうか。脊髄液さえ取り込ませれば、巨人化能力者すら操れたり、なにか特別な作用をもたらしたりするのかなと。
        この展開もあるのでしょうかね?
        エレンが操られているのかも考察したいです!



        管理人アース

    14. にこ より:

      おおぞらバードさん

      window10を使っていますが、私はすごく使いやすいです。(進撃の巨人の器)
      クラウド(進撃の巨人の道)もいいです。

      でもこれも見方が変われば常にウイルスや個人情報流失に怯えている感は拭いきれません。

      私はXPが苦手でした。
      そんな人も多いと思います。

      パソコンやスマホやタブレットももっと違ったものに進化するんじゃないかなって思います。

      そんなことを感じなが、進撃の巨人にも当てはまるかもと感じました。

      所詮巨人は、人類のエゴの犠牲となっているだけかもと思いました。

      武器としてはXPみたいなものでしょうか?
      そういわれるとXP はかわいそうです。
      巨人もかわいそうです。

    15. ガイ先生 より:

      アース団長、更新お疲れ様です。
      このタイミングでラカゴ村住民を巨人化させた方法が明らかとなり、ザックレー総統は「エレンは操られているかも」と危惧する場面があったのは何か関係があるんじゃないかと思いました。
      もし、ジークの脊髄液ガスをエレン達巨人化能力者が吸ったら……??
      巨人化能力者に対しては、叫んで巨人化させることや身動きを封じることは出来ませんが、「洗脳」という形で操る事はできるのかもしれません。
      エレンはどこかのタイミングでガスを吸わされ、「道」を通してジークの意思や指示が流れ込み、操られている…という考えが浮かびました。
      細かいところを突っ込まれると反論できませんが、可能性としてはあるんじゃないかなと思います。

      • 管理人アース より:

        エレンが操られているのかは、また考察したいです!
        「道を通じて」という展開を考えると…ありそうな感じかもですね!



        管理人アース

    16. にこ より:

      飛行船から落とされる人間がガスマスクを付けている意味が今わかりました。

      そういうことか!

      それからミカサが爆発を感知したことは頭痛と何か関係があるのかも。

      アルミンやエレンなど巨人を守るためのの懐刀としてのアッカーマンの血かもしれませんね。

      ピークがいるということは、ライナーもポッコもいるということ。
      それはつまりエルディアにすべての巨人が揃った!ってことですよね。

      わわわ。

      それと何なんですか、あのピークの意味ありげな目。
      不気味すぎます。
      何かの伏線ですかね。

      エレンに渡された服も気になります。

      今回は沢山の伏線をまたまたばら蒔かれた感じがします。

    17. にこ より:

      ザックレーが死んだのって物凄く大変なことなんじゃないんですか~。

    18. リヴァイ大好き より:

      こんにちわ。
      アルミンの成すすべがわからず、硬質化したアニに癒しを求めている(様に見える)のが、辛いですね。読者よりもアルミンの方が混乱の極みにいるような感じです。

      だけど聡いアルミン。答えをその内出してくれるんでしょうね。

      兵長の勘でいくと、ジークは人でなしなのか?ガビたちを心配する様子の観察からは、本当は逆の事を兵長は思っているような気がします。

      イェレナ。狂信者ですね。
      ピクシスの爺ちゃんの方が上を行きそうで安心です。

      ひさかたぶりの登場ピークちゃん。最初見た時兵長の女装?って思いました。

      ピークちゃん、ジークに騙されたようでしたが、エレンと会った時のジークのセリフを聞いている立場からして、やっぱりジークから何か伝言でも預かっているんじゃないのかな?そうじゃないと解せない。

      エレン。洗脳はされていないと思う。ただ思う所はある。それが何なのか、ですけどね。
      ジークの考えと全く同じなら、もっと正攻法で行くと思うので、まるで違うか、一部同意を確認しに行くのか。

      ジークのとこには兵長がいるんだけど、どうする気だろう。

      兵長交えての話し合い?


      兵長。「わかった2人で話しろ」って2人にしそう。

      うーん。

      • 管理人アース より:

        >兵長交えての話し合い?
        この辺りの展開もむっちゃ気になりますよ!



        管理人アース

    19. 進撃の専業主婦 より:

      アース団長はじめまして。
      いつも楽しく考察を読ませていただいております。

      今回あまりにも不可解に感じた部分があったので初めて書き込ませていただきました。

      ザックレー総統の遺体ですが上半身の右肩部分から右手までが千切れています。
      しかしミカサ、アルミンと会話をしていた時は拷問椅子はザックレー総統の左側にありました。
      爆発した時の吹き飛び方を見ても、ザックレー総統は窓を見るために振り返っていたわけでもなさそうです。

      本当に椅子に爆弾が仕掛けられていたなら身体の左側の方が重傷になるのでは…。

      本当の偽り者はザックレー総統なのかもしれないと思っています。

      • 管理人アース より:

        >本当の偽り者はザックレー総統なのかもしれない
        これ、読んだ時震えました!
        で、遺体場面の描写を見返したのですが、どう見てもザックレー総統に見えるんですよね。
        ふと思いついたのは「特注の椅子」に座った時に爆発したのかな?とか。
        となると、下半身が無くなっているのも頷けるのかなと。
        もちろん、頭を上にして座ったということなのですが…
        妄想が広がる…(・_・;)




        管理人アース

    20. 巴里の恋人 より:

      団長殿、いつも更新お疲れ様です。

      いやはや・・・衝撃の展開に驚かされました。
      最初にあの芸術作品のシーンを見た時から、この人はロクな最期を遂げないだろうとは思っていましたが、まさかザックレーがこうも呆気無く退場してしまうとは。

      今回も同時多発的に色々な事が起きたので、何について考察して良いのやら悩みます。
      なので話題を一点に絞ります。

      今回はやたらとピクシスとイェレナの会話にページが割かれていましたね。
      イェレナは単なるジークシンパの一義勇兵だと思っていましたが、今後の展開に大きく関わってくる重要人物なのかもと思えてきました。

      なんと言うか、ジークの意思とは別の目的で動いているような気がするんです。
      ジークに色々教えられているのかもしれませんが、一介の義勇兵にしては始祖の巨人への関心が強過ぎるのも怪しい。

      パラディに来てからマーレ人の人権保護を訴えたのも、彼女自身に疑いの目が向かないようにする為の演出だったのかもしれません。
      地鳴らしや記憶改竄以外に始祖の力で出来る事がまだあるのかもしれませんが、今の時点ではまだ全てが見えてきませんね。

      その一方でパラディとマーレが争う事で漁夫の利を得るのは誰かと考えればヒィズル国辺りが妥当な線でしょうか。
      イェレナがヒィズル国が送り込んだ三重スパイだったりしたら面白いかも。

      最後になりましたが、エレンに胸ぐらを掴まれて以来、ハンジ団長も苦悩が絶えませんね。
      オニャンコポンが第二のモブリットになってくれる事を願って止みません。

      • 管理人アース より:

        >イェレナがヒィズル国が送り込んだ三重スパイだったりしたら面白いかも。
        これ、面白いですね!
        また考察したいです!(^o^)



        管理人アース

    21. 次列三・伝達 より:

      団長、更新ありがとうございます☆

      とりあえず私が最初に疑問を感じたのはタイトルの「偽り者」です。

      「導く者」に対するタイトルなら「偽る者」が妥当では無いかと思いました。

      偽る者なら、何かしらの目標の為に“わざと嘘をつく者”です。

      しかし「偽り者」だと、何かしらの目標の為に“嘘をつかなければならない者”と読み取れます!

      感情的になったイェレナ然り、無表情のエレン然り…今回の全ての者が該当するのでは無いのでしょうか。

      “嘘をつかなければならない=本当は嘘をつきたくは無い”のが本当の心象の表れですね。

      皆さんのコメント通り様々な展開が散りばめられた状態なので、一つ一つ丁寧に考察して行きたいと思います☆

      やっぱりアルミンの記憶に関するセリフが一番きになりますね〜♫

      • 管理人アース より:

        >アルミンの記憶に関するセリフが一番きになりますね〜♫
        これが言い訳ではなく伏線だったらスゴいですよね!(笑)




        管理人アース

    22. オムオムジャンボ より:

      こんにちはアースさん!

      自分の「壁内で反乱が起きて収集がつかなくなり、その混乱の中でピーク達が奇襲を仕掛ける」という予想が当たっていたのでちょっと嬉しいです笑

      それにしても壁内はとんでもなく混乱していますね。
      情報量が多くてこっちも混乱してしまいます笑
      一旦情報を整理した方がいいですね。

      まずエレンですね。
      現在エレンは始祖が他のものに継承されることを恐れて脱走しています。ジークに会いにいくということですので、始祖の力を発動する気でしょう。
      少し疑問なのですが、エレンが脱走した理由はなんなのでしょうか?単純にエルディア人を救いたいのなら他の人間に継承させてもいいはずです。エレンしかできないことがあるのでしょうか?それとも救う気がないのでしょうか?

      次はイェレナですね。
      今回イェレナは真意を語っているようでした。
      ですが、どこからどこまでが真実かも分かりませんね。
      「時折真実を織り交ぜることじゃ」というセリフもありますので嘘も紛れていると思います。
      これは妄想ですが、イェレナも脱走するのではないでしょうか?やはりイェレナがやすやす捕まったというのは未だに信じられません。
      兵の中に調査兵団がいるかもしれませんし、ありえそうです。
      仮に脱走するならピクシス司令は殺されるでしょうね…
      少なくともまだ何かイェレナにはありそうです。

      次はジーク達ですね。
      今回は登場しているシーンは少なかったですが、とても重要な事実がありましたね!
      ジークがエルディア人を殺すのに罪悪感を持っていないということです。

      前々から予想はしていましたが、まさか本当にその可能性があるとは…また予想が当たったようで嬉しいです笑
      なんだかまたエルディア淘汰説を唱えたくなってきました笑

      あとリヴァイ兵長も現在危険な状態ですね。
      エレン信奉者(現在エレンを支持している人をエレン信奉者と呼ぶことにします)の大半は調査兵団だと分かっています。
      ジークを監視している人達は調査兵団ですので、ジークを解放するでしょう。
      となると、リヴァイ兵長はジーク達に狙われることになります。
      調査兵団&ジークvsリヴァイ兵長という展開がありそうです。
      前にコーヒーの記事で予想したように、飲み物に睡眠薬が入れてある可能性もありますが、ジークが立体起動装置を使う伏線もありますので、やはり戦いが起こると思います。

      ピーク達も気になりますね。
      ピークが来ているということは、ポッコもライナーも既に上陸しているでしょう。

      ピーク達の任務は王家のジークとヒストリアを殺すか、エレンから始祖を奪還することだと思います。
      現在は情報を集めているようですが、やはりジークとの接触はあるでしょう。

      アルミンとミカサは今後、脱走後のエレンと接触することを目指すでしょう。

      つまり現在エレンとピーク達はジークと接触しに行き、そのエレンをアルミンとミカサが追っているみたいな状態ですね。
      これが当たったらエレン.ジーク.調査兵団vsリヴァイ.アルミン.ミカサ.104期vsピーク達みたいな展開になるのでしょうか笑

      長文大変失礼しました。

      • 管理人アース より:

        >「壁内で反乱が起きて収集がつかなくなり、その混乱の中でピーク達が奇襲を仕掛ける」
        言われていましたね!
        ピーク達という表現も、ドンピシャで当たりましたね!(*^^*)
        スゴいです!

        >エレン.ジーク.調査兵団vsリヴァイ.アルミン.ミカサ.104期vsピーク達
        これも起きそうで怖いですが、ミカサはエレンに付きそうな…(;´Д`)
        まだまだ先は読みづらいですね!




        管理人アース

    23. 超大型アルミン推し より:

      おそらく裏切ったエレンとエレンを支持する調査兵団、義勇兵、
      何かを知った上で動いているように見えるイェレナ、
      それを調べるハンジとオニャンコポン、
      おそらく真実だけを語っては居ないジークとそれに気付いているリヴァイ、
      エレンを敵と見ている政府(殺されたザックレー含む)、
      妊娠したヒストリア、
      エレンを信じるアルミン、ミカサ、
      エレンを信じられなくなったジャン、コニー、
      まだ目覚めないアニ、
      襲撃しに来たライナー・ピーク・ガリアードたち、
      もう居ないサシャの元に向かうガビとファルコ、
      そしてヒィズルの国、

      ざっと思い出せる限り、これだけの陣営がそれぞれの思惑で動いてるわけですが、改めて凄いと思います。
      これらすべての陣営が物語の上で一つにまとまると思うとワクワクが止まりませんね。

      以下、自分の妄想です。

      王家の血を引いた巨人は実は未来を知ってしまうんじゃないか?と思うんです。
      王家の血を引いてないクルーガーでも未来がちらっと見えたわけですし。
      ジークは未来を知っていて、その上でただ一つの正解のために動いている。
      イェレナはジークを信奉してるのでそれを信じ、エレンやフロックに伝えた。
      その「未来」は一通りではないけど、エルディアを復権するには壁が地獄にならなくてはいけない理由があるのではないかなと思います。
      レイス家の始祖を継承した人たちがあんな変貌を遂げるのがこれまで説明された「不戦の契り」だけ言うのは何か引っかかりますし、何かもっとすごいものが見えてしまったんじゃないかと思います。

      • 管理人アース より:

        >これらすべての陣営が物語の上で一つにまとまると思うと
        そうなんですよね!
        どのように集約されるのか…ドキドキですよ!(*^^*)

        >何かもっとすごいものが見えてしまったんじゃないか
        145代フリッツ王、カール・フリッツの描写を見たいですよね!



        管理人アース

    24. オムオムジャンボ より:

      今後の展開予想が多すぎるので、大雑把に書いていきます。


      ・ジークと接触
      ・始祖を発動
      ・ミカサ.アルミンと決別
      ・リヴァイ兵長と接触
      ・イェレナと接触


      ・脱走
      ・ピクシスを殺すまたは仲間にする
      ・信奉者を連れエレンのもとに向かう


      ・脱走
      ・リヴァイ兵長と戦闘
      ・ファルコ達と接触
      ・ピーク達と接触


      ・104期と接触
      ・エレンと接触
      ・エレンと戦闘
      ・ガビと接触
      ・ヒストリアと接触

      結婚できないことが判明


      ・ガリアードにより救出
      ・始祖の力により目覚める
      ・アルミンと接触
      ・ライナー達と接触


      ・民衆によるクーデター
      ・ハンジが拷問される
      ・調査兵団分裂


      ・ジークやエレンと戦闘
      ・調査兵団と戦闘
      ・コーヒーで鬱になる

      とりあえず考えられる可能性は全て書きました。
      これらが当たるとは思っていませんが、どちらにしろ現在伏線がとても多い状況です。
      これをどうやってまとめるのか楽しみですね!

    25. オムオムジャンボ より:

      今後の展開予想が多すぎるので、大雑把に書いていきます。

      「エレン」
      ・ジークと接触
      ・始祖を発動
      ・ミカサ.アルミンと決別
      ・リヴァイ兵長と接触
      ・イェレナと接触

      「イェレナ」
      ・脱走
      ・ピクシスを殺すまたは仲間にする
      ・信奉者を連れエレンのもとに向かう

      「ジーク」
      ・脱走
      ・リヴァイ兵長と戦闘
      ・ファルコ達と接触
      ・ピーク達と接触

      「ライナー」
      ・104期と接触
      ・エレンと接触
      ・エレンと戦闘
      ・ガビと接触
      ・ヒストリアと接触

      結婚できないことが判明

      「アニ」
      ・ガリアードにより救出
      ・始祖の力により目覚める
      ・アルミンと接触
      ・ライナー達と接触

      「ハンジ&調査兵団&民衆」
      ・民衆によるクーデター
      ・ハンジが拷問される
      ・調査兵団分裂

      「リヴァイ」
      ・ジークやエレンと戦闘
      ・調査兵団と戦闘
      ・コーヒーで鬱になる

      とりあえず考えられる可能性は全て書きました。
      これらが当たるとは思っていませんが、どちらにしろ現在伏線がとても多い状況です。
      これをどうやってまとめるのか楽しみですね!

      送信をミスしてしまいました

      • 管理人アース より:

        展開予想まとめありがとうございます!
        ほぼ同じ予想&妄想です(笑)
        一点、アニがポルコにより救出されるというのが違うかなぁ。
        アニの展開を読むのは難しいですが!
        むっちゃ楽しみです!(*^^*)



        管理人アース

    26. 兵長の寝室掃除係 より:

      アース団長、更新お疲れ様でした&お久しぶりです。

      ラガコ村の真実、ようやく回収されましたね。
      ずっと気になっていたので、心残りが一つ消えました。
      ガス噴霧でも効果があるというのは凄いですよね。

      フロックもすっかりエレン信者になってしましましたね。
      シガンシナ決戦の時、エルヴィンを担いで来ただけの役で終わるかと思いましたが、とんでもない伏兵でした。

      兵長のモテていた事もある点については、掃除係として問い質したいところでもあります(笑)

      それにしても、朝陽を見るエレンが死亡フラグ全開で悲しくなりました。
      個人的には、エレンはジークに操られているなんて事はないと思うのですが……。

      • 管理人アース より:

        フロックの展開は本当に驚きですよね!
        エレンが信奉者達をどのように扱うのか気になるところです。
        ジークに操られているのかどうかは、五分五分な感じですかね?(;´Д`)



        管理人アース

    27. コダヌキオタヌ より:

       失礼致します。コダヌキでございます。
       更新と考察、お疲れ様です。先程110話を読了しました。

       ガス兵器!その手があったか~~!巨人化薬は酸素に
      暴露されると蒸発すると思い込んでいた私の頭は、戦槌を
      振り下ろされたような衝撃を受けました!
       フリッツ王家の血を引くジークの脊髄液だからこそガス
      兵器へ応用出来たのなら、王家とは縁も所縁も無い巨人化
      能力者の脊髄液ではガス化出来ないのでしょうか。フリッ
      ツ家の血を“半分”しか引いていないジークの脊髄液ですら
      あの汎用性を発揮するのであれば、100%フリッツ家の血
      を持つ『始祖』が操作する『無垢』は、知性巨人に近い
      能力を発揮するかもしれません。怖いです。

       そして皆さんの考察が素晴らしいです!後出しのようで
      心苦しいのですが、私も進撃の専業主婦さんと同じ考えで
      す。鼻が吹き飛ぶのはまだしも、窓に背を向けた状態で
      右腕が欠損するのは確かに不自然です。ザックレーは、ミ
      カサとアルミンの注意を向けさせるようにして例の椅子を
      チラ見しています。爆発物を椅子とは別の場所にザック
      レー本人が仕掛けた可能性すらあり得ます。門前で騒ぐ
      市民に、調査兵団が兵団のトップを打倒してくれたと思わ
      せるように、とか。ヒィズル国と内通していたザックレー
      の覚悟の自死だったのでは、とまで妄想しました。
       諌山先生は以前、東洋(恐らくヒィズル)は現在の私達が
      知るそれとは違うとインタビューで仰っていました。あの
      騒ぐ市民達の中にヒィズル人が紛れ込み、彼らを煽動する
      のも可能かもしれません。イェレナ同様エルディア人との
      外見的相違がなければ、845年以前から潜入は可能です。
      たとえば、北部から侵入するとか。

       これ以上妄想が進むとかなりの長文になるので、これに
      て失礼いたします。主婦のコダヌキからでした。

      • 管理人アース より:

        ヒィズルの存在が不気味ですよね。
        全てが(エレンの変貌さえも)ヒィズルが絡んでいるようにも想像できますし…
        今後のヒィズルには要注目ですね!



        管理人アース

    28. モブリッティ より:

      エレンのダークヒーローぶりが激しい。。。
      ここまで来ると、もう、生き残ってのエンドが考えられなくなってきて(もともと寿命がある設定ではありますが)、なんだか悲しくなってきました。
      正直ジークの説明は信用しません。
      偽り者はイェレナとジークが中心で、それ以外にも兵団に潜んで内乱を企てている一派を指すものと考えています。

      自分はもともとニコロはイェレナと何かの交換条件で協力体制を敷いていると考えていましたが、今回その疑念を深くしました。
      パラディ島に来て捕虜になった時から繋がっていたと思うのですが、ワインを持ってきた時のあの暗い表情は、今自分がやっていることに対してネガティブな気持ちを深めていたのかもしれない・・・という気がしてきました。

      そして、予想どおりピークが来ていたことにちょっと嬉しくなりました。
      ピークだったら、もうちょっと時間があればこの内紛を利用する手立てを考えそうですが、今回は人捜しが精一杯かな?

      次回ありそうなイベントは、ニコロのお店でサシャ父&ガビファルコとハンジ&オニャンコが鉢合わせか!?・・・と予想します。
      さらにそこに偶然ピークが通りすがる・・・までは流石にないか(笑)

      • 管理人アース より:

        ピーク達がどのように絡むのか、かな~り楽しみですよ!(*^^*)



        管理人アース

    29. わんわん より:

      皆さんの考察にうなりっぱなしです。
      今回の話の感想を単純にひとつだけ。

      最後にピークちゃんが登場したときの高揚感はまるで物語の主人公の様。
      今のエレンは少年漫画の主人公としてはマイナス,これからどのように盛り返していくのか心配しながらも楽しみ!

    30. 親戚の巨人 より:

      イェレナがマーレ人捕虜を処刑せず寛大に扱うよう求めた理由は、マーレ人捕虜にまだ役割があるからでしょう。
      レストランに配属されてジークエキス入りのワインをばらまいた疑いと整合します。
      体内にいれたらすぐに気を失うという新情報とは矛盾しますが、イェレナの態度を説明するにはこれが一番自然であり、新情報がフェイクなのではないかと考えています

    31. miyavim より:

       エレンはサードインパクトを起こすのか❔
      団長お疲れ様です。ジークが碇ゲンドウに
      見えて仕方ありません。キャラもエヴァとの
      類似点を考えると今後の考察に役に立ちそうですね
       ミサトさんは、ハンジでしょうかw
      ぜひ今後考察お願いします””

    32. 二度目の投稿投稿 より:

      こんばんは。団長。
      ピークちゃん来たぁー!って、今回はなんともセリフが多い回でしたねぇ。。
      そのセリフの中で目に止まったのは冒頭のガス兵器の説明にてジークが「詳しい仕組みは教えられてない」と言ってるところです。
      「知らない」ではなく、です。
      ここで誰から?と思いますよね。
      座標の詳しい説明からすると、この「誰」は巨人化学会かな?と一瞬思いました。
      が。。。その右側のページ、下のコマでジークの横に書かれた大きな目は四足歩行巨人のものですよね。
      これが気になりました!
      この流れからすると、このジークの力を教えたのはピークかなと。
      ひょっとしてピークは巨人化学会の一員かもしれませんよ。
      いつかは学会が登場すると思われてましたが、はまるシーンが長らく想像できませんでした。
      ピークが一員なら最後に登場したのも、納得な訳です。
      最後に偽り者とは嘘をついてるという意味ではなく、偽物を指す場合もあります。
      つまり、ピークは集われた戦士ではなく、送り込まれた戦士?
      ここまで来ると自己陶酔ですかね(笑)
      ではでは。

    33. 古参の兵士 より:

      アースさんこんばんわ

      今100話~110話を読見返しているのですが、エレンを変えてしまったものはヴィリーなのではないかと思うのです。

      エレンは、海を見たとき敵がなんなのか迷いが生じました。それを確かめにマーレに行き結果色々なものを見て、自分が何をなすべきか考えている時に不幸なことにマーレが敵である事を再認識してしまったのです。ヴィリーの宣戦布告ちょい前のエレンの悲しげな顔が本心なのではないでしょうか

      現在は迷いなく自分にとっての敵を駆逐するために動いている。もしかしたら、敵を倒すためにジークを利用しているつもりなのかも知れませんね。

      まとめるとエレンは、ヴィリーのせいで敵を倒すことに対して吹っ切れてしまった。と私は今のエレンの心理状況を考えます

    34. ムンクの巨人 より:

      今回、座標と巨人化についての説明が語られていたので、スッキリしました。
      【Step1】脊髄液が体内に侵入した『ユミルの民』は巨人の力の送り先となる座標が刻み込まれる
      【Step2】脊髄液がジークのものなら、ジークが命令を下すだけで『道』を通じて巨人の力が座標に送り込まれる
      【Step3】その巨人はジークの『獣の巨人』を介した道で繋がっているので、ジークの意思が介入し、命令通りに動く巨人となる

      要するに、脊髄液摂取により「座標」が刻まれたユミルの民には、巨人の力が送付されると。それが獣経由なら獣のコントロール下になり、始祖は座標の原点?を持ってるから、全巨人は始祖のコントロール下になると・・。

      ・・・いや、やっぱりイマイチわかりません(笑)。

      • 管理人アース より:

        以前エレンが説明していた「座標」と今回の「座標」の意味が同じなのかどうか、また考察しようかなと思っています!



        管理人アース

    35. 進撃の虚人 より:

      ジークを特定するという言葉が気になって仕方なくなりました。
      会いに行くという表現が普通のように感じますが。
      場所さえ分かれば、エレンは目的を達成できるのでしょうか?

      ジークという人格が
      道を経由して時空や場所を移動してしまうとかで
      正体を特定するというような意味でしょうか?

      • 管理人アース より:

        「会いに行く」と同義で捉えていたので、ご指摘されて違和感を覚えました(・_・;)
        フロック達にやらせる、という意味なのかもと思ったりしました。




        管理人アース

    36. なるみ より:

      はじめて書き込みさせて頂きます

      この作品に「座標」という単語が度々出てくるかと

      思いますが、僕の中ではこの座標が意味するのは

      物理学でいう所のブロック宇宙論に基づいた設定では

      と考えています。時間の流れと言うのは無く

      現在も未来も過去も全ては単なる座標なので

      未来の記憶に過去のクルーガーがアクセスできたとしても

      それは巨人の特殊能力であれば納得がいきます。

      参考URLをウエブサイトの所に記載しました

      既に考察済みでしたら、すみません

      • 管理人アース より:

        座標はエレンが88話で説明していた意味だと考えています。
        今回の「座標」は、もしかしたらまた違った意味合いかもですね!



        管理人アース

    37. 住吉夢物語 より:

      団長、最新話記事の更新有難うございます。

      今話は考える事が多過ぎて整理がつきません。
      今後の団長の考察記事に沿ってゆっくり考えて行きます。

      今回はタイトルの「偽り者」について感じた事をコメントします。

      素直に読むと、どう見ても「偽り者」はイェレナとジークです。でもそれが怪しい…。
      騙されているのはピクシスとリヴァイになりますが、この2人を騙すのは難しく、又今後の展開も見え難いです。

      なので、これまでの経緯から、調査、謎解き、対策を行う者としてハンジとアルミンに注目します。
      ハンジは走り廻って調査した様なので、この混乱の謎解きはアルミンではと考えます。
      ではアルミンと接触したのは?
      ミカサを除けば、ヒッチとザックレーです。
      私の妄想ではヒッチとザックレーが「偽り者」です。

      ヒッチはマルロの死以降、対マーレ強硬派になり、フロック達の思想に引き込まれ情報漏洩し、頭脳派のアルミンを警戒して監視しているのかもです。

      ザックレーは反乱分子を炙り出す為、ワザと爆死した様に見せかけたのかもしれません。
      総統室から秘密の脱出口で抜け出し、キヨミ様に保護されているかもです。(キヨミ様を出迎えた時にこの雲隠れの計画を伝えていた?)

      かなり強引な妄想ですが、やはり1番騙されて踊らされているのは、我々読者のようです。

    38. ひいずる より:

      今回は本当に衝撃の展開でした!思わずコメントせずにいられないくらい…

      今回までで、次の大きな展開での主要登場人物の立ち位置というか立場が明確になった気がします。

      私の予想としては、エレン対リヴァイ兵長はあるかと思います。
      そしてそこでリヴァイ兵長のこの物語での「役割」も終わってしまうのではないかとビクビクしているのですが…
      この物語は役割が終わると退場ですから、、、

      リヴァイ兵長は110話で命を軽んじない立場を明確にしています。ジークにとっては名もない村でも、その村には名前があり一人一人名前のある人々が住んでいるのだと。
      したがってマーレでエレンが起こした無差別テロを許していない筈。
      エレンはジークを探しに行く展開ですよね。
      エレンがジークのもとにたどり着いた時、リヴァイ兵長とも決別の時なのでは、、
      もしくはジークからエレンを守る(もしくは洗脳を解く?)ために犠牲になる展開も考えられるのですが。考えすぎかもしれないです。

      ミカサと兵長は記憶の改竄が効かないというところも今後の展開で大きな意味がありそうですし。

      110私のタイトル「偽り者」は、表面上はジーク、イェレナの事かと思いきやモテたと偽った兵長、死んだと偽ったザックレー総統、もしくはエレンのことかも…と色々考えてしまいます。

      来月が待ち遠しいです!

      いつも楽しく拝読しています。これからも楽しみにしています!

    39. 進撃の染岡 より:

      いつも最新話ネタバレありがとうございます。
      私は、ザックレーと一緒に死んだ3人の憲兵もエレン派だったと思います。
      もし特注の椅子に爆弾が仕掛けられていたのならば、誰かがその爆弾を起爆させなければいけません。
      パラディ島やマーレにも時限爆弾の技術はあると思いませんし…
      そこのところ考察よろしくお願いします!

      • 管理人アース より:

        >死んだ3人の憲兵もエレン派だったと
        これも気になるところですよね!
        どうやって起爆したのか…難しいですがまた考察できたらなと思っています!



        管理人アース

    40. ペクリン より:

      はじめまして
      いつも楽しく拝見させていただいております

      やはり怪しいのはジークですね
      エレンはあえてジークとの直接対決のために話に乗っているようにも思います
      また表情にも覚悟を感じるものを感じました

      やはりラスボスはジークでエレン・リバイvsジークの対決がありそうな気がします
      というより読者としてみたいですね^_^

      街中ではミカサvsピーク
      アルミンがアニの心を溶かして女型が味方になっちゃうみたいなことも予想しています

      またよろしくお願いします(*´∀`*)

    41. おっさん より:

      いつも更新楽しみにしています。

      アニメでエレンが両親の愛を受け止めた感動エピソード直後だったので、闇堕ちしたような目つきのエレンが見ていて辛かったです。でも、きっと闇落ちではなく、アルミンとミカサを守るための狙い(地ならしは失敗すると確信して別の手段を追っている等)があると信じています。

      今回、「座標」という概念がかなり明らかになりましたね。座標は操る側の力を指すのかと思っていましたが、なんとなく言葉がしっくりこなかった。そうじゃなく、操られる側の情報が座標で、「道」は指定された座標へつながって、力や情報が送り込まれる、と。

      エレンが初めて座標の力を発揮したときを見ると、座標を組み込む瞬間だけ王家との接触が必要で、一度道がつながってしまえば(少なくとも短時間は)、非接触でも命令が届くという仕組みなんですね。まさに対象を特定する情報が座標、ようやく言葉がしっくり来ました。

      そして始祖の巨人の力は、任意の巨人(エルディア人)の座標を捉え、道をつなぎ、力や記憶を送り込むこと。力や肉体の送信元はナゾ。「有機生物の起源」から来るのでしょうか? 大地の悪魔からでしょうか?

      エレンの鋭い瞳と敵意が、政治的な相手ではなく、根源的な悪魔の狙いに向いていることを祈りつつ、今後も楽しみです。

      • 管理人アース より:

        >始祖の巨人の力は、任意の巨人(エルディア人)の座標を捉え、道をつなぎ、力や記憶を送り込むこと。力や肉体の送信元はナゾ。「有機生物の起源」から来るのでしょうか? 大地の悪魔からでしょうか?
        「座標」は全ての「道」が交わるところ、とエレンが説明していたので、それを刻み込めるのが王家血統の脊髄液、という事でしょうか?
        その脊髄液が無くとも任意で座標を刻み込めるのが「始祖」…ということになるのか・・・
        また考察したいですよ!(^o^)



        管理人アース

    42. A-11 より:

      友人からもらったPentiumMのノートパソコンで見ている者です。
      譲り受けた時からOSはLinux系に換装されていて(私から友人への影響)、その後に私が入れ替えたOSもLinux系です。
      Linux系は製造元が沢山あるので、どこかの製造元がOSサポートを切っても乗り換え先がいくらでもあり、数多の製造元の中には古いマシン用に特化した物を作っている所もあります。
      何といっても、最悪の場合、自分が製造元になって好き勝手できる自由があります。恐らく、常に自由を求めて戦ってきた進撃の巨人の継承者のパソコンには、現在Linux系が入っているはずだと私は確信しています。

    43. 進撃のティリヒ より:

      「偽り者」というタイトルについて、聖書のヨハネ書簡の反キリストとは何かを定義する箇所で「偽り者とは誰であるか。イエスのキリストであることを否定する者ではないか。父と御子とを否定する者は反キリストである。(2章22節)」ってあるのですが、エレンが救世主(メシア=キリスト)であることを否定するものたち(ザックれーとか)にも「偽り者」ってタイトルが掛かってそうですね。深読みしすぎかもしれませんが。

    44. おおぞらバード より:

      ひとつ、大きな疑問があります。
      それは、マーレ兵が ガスマスクを
      付けている事です。

      あのガスは 「ユミルの民」以外では
      どんな影響が出るのでしょう?
      思えば、ユミルの民ではないマーレ兵
      には、ガスの影響が出ないのでは?
      なのに、あのような厳重なガスマスクを
      被るという事は、マーレ人にも影響が
      出るという事なのでは??

      もしかすると、あのガスは ユミルの民に
      限らず、全人類に影響が出る!
      となれば、これは戦慄の展開です。
      まさか、全人類が巨人化!?
      は、薄いとは思いますが、わずかに吸った
      だけで体の自由が奪われる、サリン並みに
      恐ろしいガス兵器とも考えられます。

      ジークは これを使うのを避けたかったが、
      使わざるを得なかった。
      その背後には、ピークの巨大な眼が睨んで
      いる。 これは意味深です。

      もし、ピークが あのガス兵器を持ち込み、
      島内にばら撒いたらどうなるか!?
      地鳴らし以前に、戦慄の状況となるのは必至!
      ジークとリヴァイが 実験を急ぐ理由には、
      ガス兵器の脅威もあると感じます。

      • 管理人アース より:

        あのマーレ兵もエルディア兵なのかなと思っています!
        やはり前線に出されるのはエルディア人兵なのかなと。

        パラディ島でのガス兵器攻撃は想像したくないですね(;´Д`)



        管理人アース

      • つんつん♪ より:

        パンツァー隊ではないでしょうか?

        • もろたろう より:

          ガス兵器撒いていたのは、まさかのコルトとポルコ…なんて…(だとしたら、もっと判別しやすいように描く…か…。)

    45. HOTARU より:

      こんばんは!
      いつも考察まとめありがとうございます!

      あの…

      【イェレナ ドイツ語】で
      検索したらペディキュアに
      こう記載してあったんですが…

      イェレナ→エレナ→変形語の中に【エレン】と読むこともできるそうです。

      あと、
      総統が殺される前にアルミンとミアカに
      【エレンがジークに操られてる】って言ってましたが…

      その話と、110話の冒頭のジークの骨髄液ガスの話。
      関係あったり?

      と、言うか…
      ジークのガスがあればその気になったらジークにはエルディア人を操ることも…簡単な話になっちゃいますねぇ。

      イェーガー
      イェレナ

      なんか名前似てますね。

      イェレナの二人の兄弟の結末を見たいだのって話もすごく上から目線?

      ん~、もしや、
      イェレナも巨人の王家??

      太陽の神って意味でしたっけ?太陽って…
      エレンが月?影?

      今や、ジークより、他の人より104期生より、出番がメイン級ですよね。

      エレン→南スラブ圏ではイェレナと呼ぶらしいです。

      気になるなぁ~南かぁ

      • おおぞらバード より:

        HOTARU 殿
        今回のエピソードで、イェレナが クルーガーと
        血縁という線が強まったと思います。
        先ず、ご指摘通り 名前が エレン・クルーガーと
        似ています。
        それに、マーレへの忠誠を立てながら、密かに
        時には非常な方法で 義勇兵を組織する手法など、
        フクロウそのものです。

        イェレナは クルーガーの記録などから、グリシャ
        を知り、その息子であるエレンに好奇心を抱いて
        いたのではと思います。

    46. HOTARU より:

      そうだ!
      すみません。

      ジークと、エレンの話をしているピクシスに対して

      イェレナの台詞で
      『エレンに私を知ってほしかっただけで…』

      って、まるでジークは結構どうでも良くて、エレンに自分を知ってほしくてジークを利用したのよ!

      と、深読みしすぎですが、
      イェレナの『エレンに私を知って…』って台詞が、ただのエレンが希望とかそんな感じじゃなくて、、

      自分もエレンと深く関係があるのよ、ただの人間じゃないのよ系統の台詞にか聞こえなくて。

      すごく引っ掛かりました。

      来月まで待ってもまだまだ答えは先な感じでしょうね~気になる~

      • 管理人アース より:

        イェレナの考察ありがとうございます!
        ものすごく参考になりました❗
        また考察したいですよ❗\(^^)/




        管理人アース

    47. おおぞらバード より:

      遠大な妄想をひとつ。
      「傍観者」で思い出したのですが、以前
      パラディ島で 原因不明の病気が流行った
      ことがあります。
      もしかすると この時、マーレから何者かが
      侵入し、ガス兵器を撒いたのではないか?

      けれど、グリシャが その治療法を見出します。
      もしかすると グリシャは、マーレ時代に この
      ガスに関わる研究もしていたのではないか?
      となると、グリシャの記憶から、ガス兵器に
      対抗する策が エレンに伝わるかもしれません。
      アニメ放送がタイムリーなので、その可能性も
      無きにしも非ず?

    48. おおぞらバード より:

      今月の効果音をひとつ。
      アルミンのアニへの お触りが
      見つかった時の音が、
      「ビクウエン(鼻腔炎)」
      花粉症の季節ではありませんが、
      温暖化の影響で、秋にも注意が
      必要だとか。

    49. Wing より:

      もうそろそろアニちゃんが目覚めそう……(もう何度も言ってるけど笑)

    50. 進撃の凡人 より:

      団長記事お疲れ様です!
      今回は怒涛の展開そのものでドキがムネムネしました!(´∀`)

      ハンジとオニャンコポンが会話してる時にりんごを食べていた兵士の描写がありましたが、リンゴはラテン語で邪悪なという意味もあるみたいなので、あれを見るとやはり不吉な予感がしてしまいます。😭
      或いは、りんごを食べ尽くした描写だったので不吉なことが握りつぶされこれから何か良い方向へ向かっていくことの示唆…?
      とにかく妙に不気味でした。。
      ps.オニャンコポンは偽り者で無いと信じてる、!信じたい;;;;

      • 管理人アース より:

        オニャンコポンはポスト・モブリットだと信じています!(*^^*)



        管理人アース

    51. 進撃の凡人 より:

      団長、コメント連投しつれいします!もうひとつ気になった点がありました。
      ヒッチに止められた時のアルミンのビビり方が若干ベルトルトっぽいって思いました。
      とするとエレンの中にもクルーガーの何かが混じってる?
      妄想が膨らみます。

      • 管理人アース より:

        アルミンにベルトルトっぽさは気になりますよね!
        アニへの気持ちも…また考察したいです!



        管理人アース

    52. リヴァイ大好き より:

      こんにちわ。

      わたしは今のところジークが真のエルディア人復権派と名乗っていることに偽りは無いと思っています。

      世界情勢からも、自分の寿命から考えても時間は無い。だから早い所エルディア人を1つにまとめる。或いは、世界を1つにまとめる。

      だけど歴史を鑑みれば、早急に事を起こすのには無理がある。

      キイになるのは、ヒストリアとエレン。そして民衆。

      民衆の暴動と、それを諫め、束ねるヒストリアと犠牲のエレン。

      やっぱ、そう思っちゃうな。

      • 管理人アース より:

        民衆の暴動を止めるヒストリアの展開があったら熱いですよ!(*^^*)



        管理人アース

    53. 進撃の個人 より:

      いつも更新ありがとうございます。
      みなさんのコメントを拝見してもう突っ込むところがないというくらい盛りだくさんですね。

      個人的な引っ掛かりを2点(もはや重箱の隅レベルですみません)

      ・ザックレーが芸術品製造椅子をちらっと見たシーンです。ミカサやアルミンに新兵に運ばせた、と言ってそのあとに爆発。何かできすぎてませんか?
      なぜ新兵にこのタイミングで運ばせたのか?
      しかも分裂していると分かっている調査兵団に?爆弾は時限式?もしそうならザックレーは異変に気づいていて早々にミカサとアルミンを部屋の外に出した?
      何となく違和感を感じるシーンでした。

      ・ピークちゃんが既に潜入していた件です。
      どうやって潜入したのでしょうか?港には兵団(おそらく駐屯兵団あたり)が見張っているはずですし、単独潜入なら沖遠くから夜に紛れて泳いで上陸?上陸後は夜に巨人化後走ったのでしょうか?兵団もしくはマーレ人の誰かが手引きを。。。ニコロか???実はジークから何か言付かっていて義勇兵の手引き?
      もしくはピークちゃんならそのくらいのこと簡単なだけかも知れません。

      • 管理人アース より:

        >ピークちゃんが既に潜入していた件です。どうやって潜入したのでしょうか?
        同感です。これは気になっていますよ!



        管理人アース

    54. 最澄 より:

      お久しぶりです。最澄です。

      今月もいろんな伏線がありますね、、。

      私的に気になったところなんですが
      まずイェレナ。団長もポイント考察で仰っているマーレ人を必死に生かした訳。
      オニャンコポンも語っている二重スパイではないでしょうか?
      本話最後のシーンピークが登場しましたが、ピークは捕虜マーレ兵と接触すると思います(その過程でガビ達にも?)そしてマーレ兵の反乱が、、、それを見越したイェレナの策なのではないでしょうか。偽り者おっかない、、(震)

      そして大きく情報が進展した座標!
      ジークの話的に、九つの巨人ごとに座標があるように感じました。
      そして座標とは一種の染色体ではないかと。有機生物の起源、奇行種も染色体異常と繋がりがあるように思います。

      またコメントさせていただきます。

      • 管理人アース より:

        >そして大きく情報が進展した座標!
        Tweetも昨日見させてもらいました!
        また考察したいです!(*^^*)



        管理人アース

    55. お塩 より:

      更新ありがとうございます!
      どこもかしこもバタバタし始めてドキドキが止まりません!
      兵長のモテたことくらいある発言のときの暗い表情は、いじけてるのかと思ったんですけど、
      よくよく考えたらペトラのことを思い浮かべて落ち込んでるのかな…と切なくなりました(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

      • 管理人アース より:

        >ペトラのことを思い浮かべて落ち込んでるのかな…と
        たしかにペトラにはもてていたと自覚していたかもしれません。
        それを思い出し暗くなっていたとしたら…切ない…(;´Д`)



        管理人アース

    56. 普通の東洋人。 より:

      アース様、最新話、更新お疲れさまです。
      …これまでは敵はほぼ外部からの脅威であったものが、調査兵団の内部から災いの種が蠢いてきましたね。 戦う意味の根底からの変質…どこか「うすら寒い」感じたことのない危うさと怖さを感じました。 単刀直入に疑問を2つ。
      ①イェレナの思惑は? 世界を地鳴らしで滅ぼし、ジークによって壁内人類の記憶がもし改竄された後、それまでの歴史や社会システムを忘れた大多数を統治する立場の人間が一定数は必要ですよね。 145代フリッツ王のように、口をつぐむ代わりに、マーレ人捕虜たちに地位を与え、イェレナたちが新たな支配階級となる?
      パラディ島の住民は再び壁に何も知らぬまま閉じ込められるけれども、イェレナはそれが本気で「エルディアのため」と信じていそうです。
      ②なぜ最近エレンちょくちょく半裸? 他に気になる方はいませんか(笑) 私だけ?
      ジークもシガンシナ区で鎧ライナーや調査兵団と戦った時、半裸でしたね~。 大きな戦いの時には『道』からの巨人の組織や情報を感受しやすくしている? パラディ島の土地特有の『パワー』らしきものをチャージしている? 理由があるとは思いますが…。
      『単にパラディ島の方が暑いから』『兄弟で暑がり』『諫山先生のサービスカット』ではないですよね。 サービスならリヴァイ兵長の方が、需要と反響が…こんなオチでスミマセン😅

      • 管理人アース より:

        >イェレナたちが新たな支配階級となる?
        ジーク(獣の継承者)を王にしてその側近になるのがイェレナの目的?
        これもあるかもですね!

        >なぜ最近エレンちょくちょく半裸?
        これ、考えたことなかったです(笑)
        地下牢に入れられた時点で半裸だったのでそうなっているのでしょう!
        今後のエレンの半裸には注意してみます(笑)



        管理人アース

    57. つんつん♪ より:

      ラガコ村巨人化についてまだ謎な事。

      ・コニーの母は何故不完全な巨人だったのか?
      (吸ったガスの量が少なかった?
      元々壁内にいた他の民族とのハーフだった?)

      ・カヤの母を襲った巨人は何故ジークの命令通りに動かなかったのか?
      (ミケさんに食いついた巨人も一度ジークの動くなの命令を破って動いているし、ちょっと目を話すと勝手に動く事が有る?
      やっぱりジークの命令だった?
      コニーの母同様、不完全な状態だった?
      諫山先生がどうしても「ただいま」を描きたかったww?)


      ラガコ村巨人化からシガンシナク決戦まで2ヶ月以上あるのにピーク達全員がずっといたというのは考えにくいと思います。

      ・マーレも他国への睨みをきかせる必要がある為、それほど長期間は巨人が留守にする状態に出来ない
      ・ユミルをそれほど長くただ拘束しても下手すると気が変わって逃げられる可能性がある
      ・シガンシナ区決戦時にライナーは既にユミルから手紙を「預かった」状態であった
      ・ラガコ村以外に巨人化した村についての追及が無い
      (シガンシナ区決戦時にジークが巨人化させたのはマーレから連れてきたエルディア人)

      かと言って
      ・マーレ側で送り込んだ四人の戦士のうち帰れたのはライナーだけ
      という記載もあるので、

      ピークがユミルを連れて帰り、ポルコに継承、軍への報告、必要な数の巨人化用兵士の補充をし、ポルコにマーレの守りを任せて戻る。
      残ったライベル、ジークで待っている間に「アニちゃん救出」か「始祖奪還」かをかけて戦う

      このような流れかな~、と思いました。
      p(^^)q


      それにしても、
      兵長がモテると「偽った」のであれば
      →自分はモテないと思っている?
      →ペトラの気持ちに気付いていない?
      →エレン並みの鈍感w???

      なのですかねぇ~?
      (*^ー^)ノ♪

      • 管理人アース より:

        >兵長がモテると「偽った」のであれば
        これは全く無いですよね!(笑)
        絶対モテるし!

        >マーレ側で送り込んだ四人の戦士のうち帰れたのはライナーだけ
        これは確かに要チェックですね!



        管理人アース

        • つんつん♪ より:

          アース様
          お返事ありがとうございますm(__)m

          読み返したら、カヤの村
          (他、周辺の村々)の襲撃はジークの命令でしたね。
          ブラウス厩舎の子供達は四年前に親を亡くしたと記載が在りました。
          σ( ̄∇ ̄;)

          大変失礼致しました。
          m(__)m

          とするとジークはラガコ村で巨人作成、一部を除いて
          「近くの村を適当に襲ってこい」
          と、四方八方に行かせ、
          夜になってから呼び戻した
          という事ですよね。
          →距離が離れていても、多方向でも一度に多数操れる

          ジーク、恐るべしですね。
          σ( ̄∇ ̄;)

          • 管理人アース より:

            ジークがどれくらい細かく指示を出せるのかは分かりませんが、ミケを捕食した巨人が指示通りに動かなかった場面があるので、もしかしたら強制力はそれほどでもないのかもと思っていたりします。
            これから明らかになるジークの力が楽しみです!



            管理人アース

    58. オムオムジャンボ より:

      アニがポルコによって救出されるというのが説明不足でした、すみません。

      ポルコはマーレ編にて戦鎚の巨人の水晶体を噛み砕いています。
      あれは顎の巨人の能力の一つでしょう。おそらく顎以外の巨人ではあの水晶体は壊さないはずです。(エレンの発言から)

      現在アニも水晶体で眠っている状態なので、仮に救出されるのならポルコの能力によって水晶体が破壊され目覚めるか、座標で操られ自らの意思で水晶体から出てくるかの二択だと思うのです。

      少なくとも現在アニは条件さえ揃えば目覚めることができる状態です。近々復活するかもしれませんね!!


      それともう一つ、
      ジークの脊髄液のガスはエルディア人に対して強力すぎませんか?
      ガス弾をエルディア人に投げれば一瞬で巨人になります。
      なんだかチートですね…

      最後に一つ、
      エレンの巨人化痕ですが、あれは巨人の力を生身で使うと発生するものだったのです
      ね!
      よくよく考えれば、戦鎚も一種生身で巨人を操っていました。
      …となると、ハンジさん相手にエレンは巨人の能力を発動させようとしたということでしょうか…恐ろしいですね…

      • 管理人アース より:

        >アニがポルコによって救出されるというのが説明不足
        なるほど!この展開もあるかもですね!

        >ハンジさん相手にエレンは巨人の能力を発動させようとしたということでしょうか…
        そうなりますね(・_・;)
        これは…考えるとひどいですね(;´Д`)


        管理人アース

    59. 蒼雪 より:

      騒ぐ群衆の中にロイさんらしい人がいましたね。もしかしたら最後にピークちゃんが読んでいた新聞には彼の手による記事もあるのでしょうか。
      同じニュースでも報道のされ方でだいぶイメージがかわります。前にも歯切れの悪いハンジさんをピュレさんと門前取材でしていますし、民への影響はありそうですね。

      • 管理人アース より:

        >騒ぐ群衆の中にロイさんらしい人がいましたね
        騒がずに記事を書いている人ですよね。
        ロイさんかな、と思いながらも自信が無かったので記載できませんでした(・_・;)

        民衆と兵団の溝がどのようにして埋まるのか、これも気になるところですよ!



        管理人アース

    60. 着物の巨人 より:

      アースさんおつかれさまです。

      タイトルの偽り者に関して、イェレナだけでなくエレンも言えると思います。
      それは多分、フロック達には偽って新生エルディア帝国の復権とは異なる目的をジークとともに企てているような気がします。

      • 管理人アース より:

        >フロック達には偽って新生エルディア帝国の復権とは異なる目的をジークとともに企てているような気が
        エレンってどこまでフロックと話しているのか分かりませんよね。
        勝手にフロックたちがエレンを持ち上げ担ぎ上げているだけのようにも感じられますよ!(・_・;)



        管理人アース

    61. コロダイ より:

      「ラガコ村の巨人化はガス散布ではないか〜」といぜん投稿したことがあり、初めて考察当たって胸いっぱいのコロダイです(笑)

      飛行艇について整理してみたいと思います。
      エルディア 飛行艇1
      マーレ 飛行艇>1
      ヒイズル 氷瀑石爆撃機1

      各勢力飛行手段を持っています。なので地ならしの発動後、空中に避難する展開になると予想します!

      オニャンコポンはエルディア唯一の飛行士ですし、エルディア側というかハンジに付くとおもいます。

      • 管理人アース より:

        >「ラガコ村の巨人化はガス散布ではないか〜」といぜん投稿したことがあり、初めて考察当たって胸いっぱいアースさん

        2017年4月19日 2:34 AM
        いつもお疲れさまです!
        ラガコ村での巨人化ですが、ガス状の巨人化薬をジークが散布して、村人に吸わせた可能性があるかなと思いました!
        コロダイ

        これですね!
        92話考察!ジークの叫びの力から「座標」を検証!に書かれていました!
        スゴイですね!
        ドンピシャじゃないですか!
        おめでとうございます!

        地ならし展開が起こった時の描写も気になりますよ!



        管理人アース

    62. みけ より:

      初めて投稿させていただきます。
      おおぞらバードさんと同じくガスマスクをつけたマーレ兵が気になりました。
      帽子のラインは白がエルディア黒がマーレですよね!!

      偽り者とは「マーレ人は実は記憶改竄されたエルディア人」と考えてみました。
      1700年間民族浄化が起こっていて一度マーレはなくなっててもおかしくないと…
      88話
      マーレ人は毛すら残っていないと、クルーガーが言っていたので…

      へーロスがアッカーマンだった場合マーレ人では無いし。
      もう純粋なマーレ人なんて少数しか居ないのではないかと思いました。
      イェレナの言う醜悪な軍幹部だけがホントのマーレ人とか?

      だからマーレの市民に同情的で幹部に辛辣
      イェレナがクルーガー身内ならそんな考えも有り得るのかと。

      エレンと兵団の考えの違いは
      「パラディ島を守りたい」兵団と
      クルーガーの目を通して「エルディア人を守りたい」エレンの違いで終着点が違うのかなと思いました。

      • 管理人アース より:

        >イェレナの言う醜悪な軍幹部だけがホントのマーレ人とか?
        >偽り者とは「マーレ人は実は記憶改竄されたエルディア人」
        この展開があったら全てがひっくり返りますね!
        う~ん、チェックしておかなきゃですよ!



        管理人アース

    63. ロボロん より:

      更新お疲れ様です!
      今回、長々と続いた状況説明を終え。
      遂に物語が最終章に向け本格的に動き出しましたね!
      芸術品と共に吹き飛ばされたザックレー。
      真実と嘘疑惑のジーク一派。
      疑念と動乱の調査兵団、ミカサ、アルミン。
      そして洗脳されているのか彼の本意か、
      再び信徒を連れ行動を起こすエレン。
      更にピークと。
      次回が楽しみで仕方がありません笑!
      個人的に言葉がアレですけど、脱獄したエレンの姿は少し
      新興宗教の教祖の様に見えました笑
      これから暫くはジーク一派が不安要素として残り続けるんでしょうね…
      ジークの目的。行きつく先は全く読めません…
      でもちょっと妄想したのが
      先の考察コメントにもありましたが
      イェレナが何かしらの術でエレンを知り何かしら特別な感情を抱いているとは思います。そのトクベツな感情の行く先が、
      エレンが好き過ぎてエレンと一体化したい。見たいな思想だったりして…。
      どの道誰もが確固たる目的、思想の元動いている中、
      動揺と疑念が隠しきれない幼馴染組(ミカサとアルミン)は
      エレンに理解を示すのかはたまた決裂するのか気になる所ですね!

      • 管理人アース より:

        本当に様々な要素が同時進行で動き出しており先が読めませんよ❗
        次回が今からドキドキです❗


        管理人アース

    64. 審議の祭典 より:

      お疲れ様です。
      私は、リヴァイ兵長が心配です。
      もしも、作者の中でリヴァイの「役目」が終わっているのだとしたら。
      それか、エレンを含むエレン信奉者がリヴァイ、ジークに合流した時点で役目が終わってしまい、退場になってしまうんじゃないかと。
      もちろん、リヴァイ兵長は人類最強の兵士だし、獣の巨人と一騎打ちの時も圧倒的な力を見せましたが、エレンとジークを相手にしたら危ないのかなと。
      こんなにも人気があるリヴァイ兵長があっさり死んでしまうのは想像出来ないですが、今後の展開を考えると死なせたりすることもあるんじゃないかと思います。
      管理人者様は、リヴァイ兵長は死んでしまうと思われますか?

      • 管理人アース より:

        リヴァイ兵長も最後には死亡展開があるかなと思っております。
        ただ、もう少し先かなと。
        例えば32、33巻あたりくらいに死亡とかイメージしています。



        管理人アース

    65. 夢見る夢子 より:

      リヴァイ兵長はエレンとジークと戦って死んで、ハンジは拷問死しそう。
      ピクシスは分からないけれど、ジャンはフロックあたりに後ろから殺されそう。
      となると、リヴァイ側は全員死んで、エレン信奉者vsマーレ軍みたいになると思うのですが、どうでしょうか。

      • 管理人アース より:

        ミカサ、アルミンは死亡せずにエレンの目を覚ましてくれるのではと信じています。




        管理人アース

    66. ゴリラ より:

      かつてアルミンが語った「何かを変えることができるのは何かを捨てることができるもの」
      エレンはこの境地に辿り着いたものと考えます
      またジークの目的はエルディア人の根絶であると考えています
      106話の会議でジークの目的は「秘策」を用いて、「エルディア人の問題」を解決する、「世界」を救うことだと判明しました
      「世界」をエルディア人を取り巻く環境だとすれば、「秘策」であるとされる地ならしを発動させ「エルディア人の生存権に関する問題」の解決が出来ます
      しかし「世界」がエルディア人を除く人類の大多数なら話は変わります
      「エルディア人という巨人になる怪物の問題」に
      怯える「世界」を救うために「秘策」を用いて問題を解決する
      前者であればエルディア人の平和、後者であればエルディア人を除く人類の平和を望んでいることになります
      また、滅びることでエルディア人が救われると考えている可能性もあります
      エレンとジークがそれぞれ違う救いを考えていることも考えられますが、エレンの考えが前者の場合「サシャ」や「ザックレー 」などの少数を切り捨て「エルディア人」という大多数を救い、後者の場合「エルディア人」という少数を切り捨て、「世界」という大多数を救うことになります
      エレンやジークの救いが正しいかどうかは判断できませんが、進撃の巨人の1つのテーマであろう「何かを変えることが出来るのは何かを捨てることが出来るもの」に当てはまらない「今の」ハンジやアルミン、リヴァイでは何も変えることはできないでしょう
      長文失礼しました

      • 管理人アース より:

        「人が人類よりも尊いなら」というクーデター後のエルヴィンの名言を思い出しました。
        同時に「死んだ方がよっぽど楽に見える」という懐かしいザックレーの返しも(・_・;)
        エレンとジークの目的が同じなのか、そこも気になりますよ!



        管理人アース

    67. 訓練兵いちねんせい より:

      団長おつかれさまです!
      アース調査兵団の活動が活発でなによりです。団長やみなさんの考察が深くて素晴らしくて感動しています。

      私は偽り者はアルミンなのではと思いました。
      ミカサやザックレーの目をどうごまかせたのかわかりませんが、ザックレー死亡の爆弾を作動させたのもアルミンではないでしょうか。アニに会いに行っていたのは、「何かを変えるために大事なものを捨てることができる人」になることを決めたからなのではと思いました。
      110話の最後にピークが登場したのは、パラディ島の賢人アルミンに対比するマーレ側の賢い頭を持つ人を示すためかもと…。2人とも、数々の危機を機転の利く頭で救ってきたからです。
      ただ、アルミンがなぜ偽り者としての行動を起こすのかまでは想像できませんでした。訓練兵の想像力はここまでです。キース教官に頭突きしてもらってもっと深く考察できるようになりたいです。

      今後も団長とアース調査兵団のご活躍を楽しみにしてます!

      • 訓練兵いちねんせい より:

        すみません補足です(^_^;)
        すでにアルミンはゲスミンとなり大事なことを捨てたことがありましたね。
        しかし110話でのアルミンは、やはり何かの決意を心に秘めてアニに会いに来たのかなと思いました。
        何度も失礼しました!

        • 管理人アース より:

          偽り者が誰を指しているのか、また考察記事をアップするつもりです!
          この辺りの考察、楽しみですよ!(*^^*)



          管理人アース

    68. オムオムジャンボ より:

      こんにちはアースさん!!
      今回新たな妄想が浮かんだので評価お願いします笑

      ライナー達はどうやって上陸をしたのでしょうか?
      私はヒィズル国が協力をしたと考えています。

      ライナー達がいつ上陸したのかは分かりませんが、時間的にはザックレーが壁内に戻るのと同時にライナー達も潜入を始めていると思います。

      これがアズマビトの付き人として潜入するのならば、壁内に入ることは容易でしょう。
      他のマーレ兵も容易く潜入可能です。
      可能性としてはありえると思います。
      マーレと「協力するなら壁内が滅亡した後、壁内の資源は全て提供する」みたいな密約をしていても不思議ではありません。

      少なくともヒィズル国にはまだ何かあると私は予想します。

      • 管理人アース より:

        ヒィズル国が今後どのようなポジションになるのかは気を付けなきゃですね!



        管理人アース

    69. 148期生 より:

      管理人さんはじめまして。
      いつも楽しく拝見しています。
      流れが開国、明治維新、日露戦争?満州事変?、226事件、515事件迄きましたね。
      お次はなんでしょうか?
      ヒイズル国はアメリカでしょうか?日米修好通商条約の様な条約を結んでいませんでしたっけ?
      515事件は失敗に終わりますが首謀者は民衆の圧力に屈して裁かれてませんね。
      なんやかんやの後日中戦争が置きますが
      中国がマーレって感じでしょうか?
      そして太平洋戦争に突入ですねヒイズル国との戦いまで行ってしまうのでしょうか?
      パラディ島編以降ずっと近代史をなぞっていますね。
      なかなか読みごたえがあって楽しいです。

      • 管理人アース より:

        そういう見方はしていなかったので新鮮ですよ❗
        ありがとうございましす❗(*^^*)



        管理人アース

    70. 未来予想図 より:

      色々見えてきましたね~

      恐らく地鳴しの実験をしようとした時に
      マーレからの襲撃にあってしまう。

      だから早くと言ったんだみたいな感じで
      内輪もめが収集が付かない状態になり
      話が一気に進んでしまう事になるのでしょうね

      僕は結局正しい戦争なんて
      どこにもないという事を
      先生は表現したいのだろうと思っています。

      なので、マーレもパラディもなくなり
      こういう出来事があったから
      互いが互いに平和の心をもってという
      流れで終わるのだろうと個人的には
      思っている所です。

      • 管理人アース より:

        良い終わり方ですね(*^^*)
        同時に世界は残酷だ、というメッセージも込められそうな気も( ̄▽ ̄;)




        管理人アース

    71. 暴食のサシャ より:

      今月号を見る限り、無垢の巨人の見た目や大きさは単純に個性っぽいですね。
      巨人化薬の種類や量や接種の仕方で変わるのかなと思ってましたが関係なさそうです。
      自立できない無垢の巨人も個性なんでしょうか。コニーの母ちゃんが特別理由があったようにはみえませんよね。
      ジークがエルヴィンたちを追い詰めるために巨人化させた無垢巨人は大きさがそれなりに揃ってたのは何故なのか?やろうと思えば大きさを指定する方法があるのか?うーん謎ですね。
      サシャの村に現れた巨人がいるかなと思いましたがいなかったですね。

      • 管理人アース より:

        ジークの脊髄液の摂取量によってサイズか変わるのかなとは思いました。今回は偶然の摂取量で変わったかもですね。
        コニー母巨人はどこか体の調子が悪くて寝たきりだったのかなとか妄想しています。



        管理人アース

    72. オムオムジャンボ より:

      今回でエレンが操られているという可能性が高くなってきました。
      どうやって操っているのでましょうね?
      仮にエレンが操られているのなら、操れるのは無垢の巨人だけではないかもしれませんね!!
      となると、マーレ潜入の際にエレンはジークの脊髄液を摂取させられたということでしょうか…
      そう考えると、エレンも被害者ですね…

      • 管理人アース より:

        もし操られているならマーレ単独潜入でのジークとの接触時かなと思われますが、どちらかというと否定的に考えています。
        この辺りは難しいですよね!



        管理人アース

    73. 停滞の凡人 より:

      考察拝見させてもらいました。

      アルミンがベルトルトに影響を受けているのは確かにあると思います。
      なぜならばアルミンの「意志」のゆらぎには甘さというか揺らぎが見えるからです。

      倫理的には確かにマーレ編以降のアルミンの言う通り「話し合い」などで解決するというのは理想だと思います、しかし初期から見ている読者としては進撃の世界はそんな「優しい世界」ではないし、何より幼なじみ三人がそんな選択をすることは考えられなかった。
      ギャグっぽい感じで誤魔化してはいますが、ついには壁内人類の敵であるアニに気があるかのような表現まで…

      大人になって成長したといえばそうかもしれませんが、どちらかというと変わってしまったのは「何かを変えることができるのは…」と強い思いと悟りを持っていたはずのアルミンで、むしろエレンは「巨人を駆逐する」という初志(自らとエルディア人全体を含めてという意味に変わったかもしれませんが)を貫いているように見えます。

      • 管理人アース より:

        面白い対比での見方ですね!
        アルミンにベルトルト感は感じますよ!





        管理人アース

    74. もっさん より:

      こんばんは。
      いつも楽しく拝見しております。

      ジークの時間がない発言に対しての、リウ゛ァイ兵長の同意が少し気になります。
      以前から、無敵の疲れ知らずだった兵長が息切れを起こしていたりなどの描写を含め、
      なにか兵長の体のリミットも迫っているのではないのかなぁと……
      それがアッカーマンの強さリミットなのか、例えばなにか病を抱えている的なものなのかはわかりませんが、
      兵長自体の時間がない、にもあの台詞はかかっているんじゃないかと思います。

    75. ポルポルコ より:

      ふと思ったのですが、ピークはガス吸って平気なのかなと。

    76. アースさんこんにちわ より:

      偽りの者考察読みました。
      イェレナは怪しいですよね。自分はエレンの事も指しているのではないかと思っています。本来の目的を隠してリーダーやっている様に思えたので。
      エレンの目的って何だろうって考えた時に、道の力で継承者達の意思に干渉する事が狙いじゃないかと思っています。9体の巨人の力を集約する事で、初代のユミル・フリッツと意識を繋げられるとか。ならすべての発端である大地の悪魔との契約を破棄させ、巨人も壁もない世界を再構築することも可能ではないかと。そういう意味での作者さんのおっしゃるループネタなら、これからエレンはなりふり構わず巨人の集約に奔走するでしょうから、どんどん人が死に大戦争になってバッドエンド一直線な様で怖いです。

      • 管理人アース より:

        この展開の最後にはアルミンを補食するエレン展開が待っているんですよね(泣)
        見たくないです(泣)





        管理人アース

    77. いらくま より:

      エレンの性格の件ですが、エレンが変わったのでなく、父グリシャやクルーガーの断固たる意思がエレンに影響を与えているのではないだろうか。座標が初めて発動した時の「何も成長していないな」や鏡に向かって「戦え!」はクルーガー辺りの意思がエレンに力を与えているのではないのか。
      アルミンが最近アニのそばにいるのはベルトルトの影響が知らずに出ているのではないか?

    78. るか より:

      既出でしたらすみません。イェレナとエレンて同じ名前由来な気がしませんか?どっちもヘレナ?

    79. やまた より:

      毎月考察読ませていただいてます。

      最近アニメをみたり漫画を読み返したりしてふと思ったのですが、エレンが行動する動機、目的って、なんなんですかね?
      最初の頃は調査兵団に憧れ、その理由は「家畜のような生活なんて嫌だ」という風に自由への憧れでした。アルミンの外の世界の話にも同調はしていましたが、奪還作戦前の前祝いではアルミンの外の世界の話に心なしか同調しきっていない様子でした。
      そして最近の進撃の巨人。完全に外の世界を知り、アルミンの言っていた「外の世界を見る」というのも一応は達成されました。
      ここでエレンは、マーレで大虐殺をし、壁の中でも味方に牙を向き脱走するまでになりました。
      もうエレンの目的が僕にはわかりません。仲間を想っているのならば、少なくともアルミンやミカサになにか話すはずですし、最愛の友とまで言える二人に何も言わず単独行動するのは、エレンらしいといえばエレンらしいですが、あまりにもひどいです。
      「自由」が目的なのが変わっていないのであれば、エレンは本当にエルディア人以外の、エレン達を敵視している人間全員を殺すまで止まらないのでしょうかね。

      この線を追っていくと、最後はまともに話を聞かない暴走したエレンを、アルミンやミカサ、リヴァイが殺す展開にまでなるのかなと思いました。

      アース管理人はどう考えていますか?

      • 管理人アース より:

        エレンの今の考えは分かりませんよね。
        ただ、操られているなら訳ではないと思います。
        何かしらの理由があり、いずれ明らかになるのかなと❗
        イェレナとジークが絡んでいるのは間違いないとかのと考えています❗


        管理人アース

    80. 新兵① より:

      こんにちわ。いつも楽しく拝見させていただいてます。管理人アース様の、え?!そこまで掘りさげるっ?!という妥協しない考察の大ファンでございます。

      私なりにひとつ思ったことがあるので、コメントさせていただきます。とんちんかんだったらごめんなさい_:(´ཀ`」 ∠):_

      「偽り者」
      この偽りとは、何かって考えたんですけど、もしかしたらジークやエレン、イェレナはエルディア人救済のために動いているのではなく、むしろ逆で、エルディア人を終わらせるために動いているのではないかと。巨人そのものを歴史から駆逐するのではないのだろうかと思いました。

      そう思うと、ジークのラガコ村への思い入れがないこと(駆逐目的)の説明がつきます。そして何かを感じているリヴァイが何度も話を聞き、真意を確かめようとしているのも納得。
      「お前が耳カスほどの罪悪感を感じちゃいねぇことがよくわかる」
      「本当にエルディアを救うつもりなのか知らねぇが」も、意味深に読めます。

      そして、イェレナのマーレ人への対応の変化。
      パラディ島へマーレ人を連れてくることが目的だったのではないでしょうか。エルディア人を全て排除したあと、連れてきた義勇兵たちがキーマンとなり世界と繋がるために重要なのではないでしょうか。だから、何としてでも彼らの人権を守る必要があった。むしろ、マーレ人に容赦なく対応しなければならなかったのは、彼らをパラディ島へ導くためなのではないかと。

      進撃の巨人のテーマは
      「巨人を駆逐すること。この世界から一匹残らず。」です。

      そして、エレンたちは、最後のエルディアにならねばなりません。ただ、それと地ならし、そして2000年後の君へにどう繋がるのかはまだまだ分かりませんが。

      • 管理人アース より:

        面白いですね❗
        エルディア人全滅展開はジークが考えていそうに感じますよ!



        管理人アース

    81. 新兵① より:

      連投すみません:( ;´꒳`;):
      書き忘れが。。

      イェレナの気持ちを知って欲しかった!という思い、
      エルディア人の為という発言。
      これらも全て繋がります。

      よろしくお願いします。

    82. 小鹿のキッツ より:

      壁の巨人は壁の外側ではなく内側を向いている。それは壁外の外敵から守るためではなく壁内の人類が暴走したときは真っ先に壁内人類を消滅させるため。という考察が気に入っているのですが、アースさんどう思いますか。今のパラディ島内は暴走しつつあるのがとても心配です

      • 管理人アース より:

        その考察も分かりますよ!
        管理人アースはシーナは内側でマリアは外向きかなと妄想しています😃



        管理人アース

    83. やまた より:

      考察面白かったです。今回の「偽り者」ですが、なぜ「偽る者」じゃないのでしょうね。
      この回で「偽る」人のことではなく、今までの進撃の巨人全体で、なにか偽り続けてきた人がいたのではないのでしょうか。エレンやジークがそもそもエルディア人を全滅させようと動いてる説や、グリシャやイェーガー達にも偽りがあったのでは・・・?という説。いろいろと嘘と思えるところも見ることがあります。
      管理人はどうお思いですか?

    84. 予見者 より:

      エレンが義勇兵と接触し始めたのが10ヶ月前と言う事は、少なくともヒストリアが妊娠する前の事であり、エレンがマーレに潜入したのはヒストリアが懐妊した以降の可能性もある。
      そして今回の話で、家族であるミカサやアルミンと半ば決別の可能性を暗示している事から、エレンの行動はヒストリアへの個人的な思い故というのもあり得ると思う。

      ヒストリアの子供の父親が作中で語られた通りのモブか、それ以外の誰かに関わらず、エレンの動機はヒストリアのためというのも多分に含まれるのではないか。
      もちろんミカサとアルミン含むエルディア全体のためもあるのだろうが。

      • 管理人アース より:

        エレンとヒストリアの恋愛展開も捨てがたいですよね。
        エレンの行動がヒストリアの為、という展開もまだ起こり得るかなとも感じています。



        管理人アース

    85. 暴食のサシャ より:

      最後のコマのピークちゃんが読んでる新聞に凄く分かりやすいエルディア語が書いてありますね。
      文章の頭は読めないですがエイユウエレンモトムコエタスウでしょうか。
      情報収集のほとんどが新聞便りっぽいので、国民を洗脳するには新聞が1番効果ありそうです。
      フロック達が新聞記者に情報を流したんだと思われますが、これもイェレナの策略の1つなんでしょうね。

      • 管理人アース より:

        その通りかなと。
        考察部分にも書きましたが、「イェレナの目的」を表わしているのであれば、これは面白い展開になるかもですね!



        管理人アース

    86. 紅茶猫 より:

      いつも楽しく読ませていただいております。
      次号の発売も目前ですがコメントを書いてみます。

      最近、進撃を最初から読み返していて思ったのですが「偽り者」はエレンだと考えます。

      何故ならエレンの目標は「すべての巨人を駆逐する」ことだからです。
      「すべて」には、ジークやライナーだけでなく、自身も含まれているのではないでしょうか。


      今回の「ジークの居場所を特定する」という言葉も、「ジークの居場所を特定して、
      地ならしの目標地点にする」という意味かと思いました。
      ここで重要なのは、ジークを殺害するのではなく、獣の巨人の力を取り込む、
      というか、最終目標はすべての巨人の力を自身に取り込むことなのではと思うのです。


      ・無垢の巨人にするための条件は「エルディア人が知性巨人の脊髄液を体内に取り込むこと」
       今号ではジークの場合しか出てきていませんでしたが、レイスが巨人化した時に出てきた
       「ヨロイ ブラウン」表記のものがあることから、他の知性巨人の脊髄液でも可能と思われます。

      ・知性巨人になるための条件は「①無垢の巨人が生きている知性巨人の脊髄を取り込むこと」
       「②知性巨人が死亡した場合、その力の行き先はランダム」


      上記2つの条件があるなら、エレンが「すべての巨人の力を取り込んだ後、硬質化」してしまえば
      硬質化を破壊する顎の巨人の力はエレンが取り込んでいる → 硬質化は破壊できない →
      エレンは他者から殺害されないし死亡もしない → 知性巨人の脊髄液がないから無垢の巨人も発生しない →
      エレンが死亡しないからランダム継承もない → 知性巨人も無垢巨人もいなくなる

      ということになるのではと考えました。

      エルディアが他の国から目の仇にされているのは、巨人の力があるからです。
      その巨人の力を全てなくしてしまえば、少しは世界も平和になるかもしれません。

      ただ、これを実行するためには、エレンはアルミンも捕食しなくてはならない……と思うと、
      エレンは自身をアルミンに捕食させる方を選んだのかもしれません。
      だから、自分と調査兵団が敵対するような行動を取っているのかな、と今書きながら思いました。
      (捕食されれば記憶が継承されるので、エレンの考えはアルミンにも伝わるし)

    87. ムックの巨人 より:

      ワインの秘密が完全に明かされる回と同時に出る単行本で憲兵団がワイン飲んでるって、なかなかやりますね作者さん。

    コメントを残す

    このページの先頭へ