【進撃の巨人】ネタバレ109話考察!サシャ父の「訛り」を検証!ブラウス家マーレ人説はある?

109話「導く者」ではミカサの頭痛という大きな伏線が2年以上ぶりに登場していました。

さらにはエレンの変化がイェレナとの接触からとピクシス司令から明らかとなり、大きな謎となっていたエレンに関する情報も登場していました。

そんな中でも地味に登場していた伏線が「サシャ父の南方マーレの訛り」です。

コマの端に登場した小さなガビが感じた事柄ですが、コメントでは多くの考察が書き込まれています。

サシャ父の南方マーレの訛りには、どのような伏線が仕掛けられているのでしょうか?

そこからどのような展開が?

ブラウス家マーレ人説はある!?

考察してみましょう!

Sponsored Link

◆サシャ父の南方マーレの訛りについての考察コメントを紹介!

2018-09-12_080643
「進撃の巨人」第109話「導く者」より


109話では、河原で出会った少女によりサシャ父の家に導かれたガビとファルコが、サシャ父と出会います。

その場面でサシャ父の方言を聞き、ガビは「南方マーレの訛り?」と思います。

この場面は初見時、サシャ父の方言を聞き、「やっぱりサシャ父の家だったか!」「ではあの少女は、やっぱりサシャが巨人から助けた子か!」と、読者のほとんどが感じた場面のはずです。

そのため、ガビの「南方マーレの訛り」というセリフは、サシャ父の登場に紛れて気にならなかったのではないでしょうか?

むしろ諫山先生がそのように演出し、このガビのセリフを目立たなくしようとしていたようにも感じます。

となると、むしろガビのこのセリフには、何かしらの重要な伏線が含まれているではないか、と思えますよね!

ではこのガビのセリフには、どのような伏線が隠されているのでしょうか?

コメントの中から、いくつか見て行きましょう!

まずはmiyavimさんのコメントからです。

サシャが訛りを、隠そうとしていたのは、マーレ人とさとられないため❓と勘ぐってしまいました。そういえばサシャ一族スパイ説ありましたよね。

やはりサシャ父の訛りはマーレ人である伏線だと、まずは考えますよね!

これは十分にあり得ると思えます!

さらにサシャ・スパイ説!

懐かしいです!(´;ω;`)

当サイトでもこれは考察していましたが、どちらかというと「王政側」「ライベルアニ側」ではないかという考察でしたね。

最終的には命を落とすまで調査兵団に尽くしたサシャだったので、これは無いと考えて良いでしょう!

サシャ・スパイ説についてはサシャスパイ説を考察!サシャの正体は王政側の人間?にて考察していますので、見てみて下さい!

ただいっぽうで、サシャ父の訛りだけではマーレ人と言い切れないのでは、と考えるコメントもあります。

sukekiyoさんは、コメントで別の解釈を披露してくれています。

今あるマーレ国の土地も含めて元は広大なエルディア帝国であり、元々その訛りもエルディアの土地に根付いたものだったのではないかと思いました。

現在のマーレがある広大な土地には、もともとエルディア帝国があったのではという考察ですね。

これは動物好きの巨人PEACEorFREEさん「サシャの一族が大陸にいた頃は、その「南方マーレ」に住んでいたということになるのでは」とコメントしてくれています。

たしかに25巻99話にて、ヴィリーはかつてのエルディア帝国は「現在の人類が三度絶滅しても足りないほど」の命を奪い、マーレに対し「エルディア人の殲滅を願うのであれば受け入れる」と初代王が思うほどマーレに対し酷い事をしていた、と語っています。

そう考えると、もともと現在のマーレをかつてエルディア帝国が支配していたということは間違いないでしょう!

その南方にサシャの一族であるブラウス一族が住んでいたと考えてもおかしくはないですし、そう考えれば話し方が南方マーレであってもブラウス一族がマーレ人であるとは言い切れませんよね!

二度目の投稿投稿さんもコメントで

南方マーレに住むエルディア人が島に移り住んでもおかしくはないですよね。
例えばブラウン家も南方出身で、実はブラウス家と親戚だった!とか。

と考察しています。

ライナーの姓ブラウンとブラウスが似ているところからサシャとライナーが親戚だったという考察も面白いですが!

となると、ガビとサシャは遠い親戚になり…と、さらなるドラマが予想できますね!

同時に「ヨロイ・ブラウン」の注射も実は「ヨロイ・ブラウス」だったのでは、という考察もコメントで派生していました!

この辺りは非常に面白いですが、今回の考察から離れてしまいますので、この辺りで止めておきます(笑)

サシャ父の訛りから「ブラウス家がマーレ人だとは言い切れない」とまで考察できました!

ここでHibinchoさんからのコメントを見てみましょう!

9巻でサシャ父が「我々一族も狩をやめ、森を明け渡すべきなんかもしれん」
サシャは「私達はご先祖様に生き方を教えてもらって生きてきた」と言っています。

後出しジャンケンぽいですが、前から違和感あったんですよね。100年前に記憶がリセットされてるのに、一族とかご先祖様というのはおかしいのではと…。
作者が筆を滑らせただけかと思っていましたが、サシャはエルディア人ではなかったのに思い込みで殺してしまったという、カビの新たな葛藤を生み出すための超ロングパスの伏線だったのではないでしょうか。

やはりブラウス家はマーレ人だったのでは、という考察です。

「私達はご先祖様に生き方を教えてもらって生きてきた」というセリフは、たしかに記憶改ざんを否定しているように感じますよね!

さらに「南方マーレの訛り」と言われると、やはりブラウス家はマーレ人だったのではと!

もしサシャがマーレ人だったとなれば、殺した相手が「穢れた悪魔」ではないと知ったガビは…という展開にも発展しそうです。

みなさん!

本当に多くのコメントをありがとうございます!


現段階では、ブラウス家がマーレ人とも、南方マーレからパラディ島へ渡ったエルディア人とも展開できそうですが、管理人アースはサシャはマーレ人だったのでは、と考察します!

これはHibinchoさんの「ブラウス家が記憶改ざんを受けていない」という考察もそうですし、訛りから他人種という展開が他でもあるのでは、と思ったからです。

ここからかなり飛びますが、エレンの母カルラについて考察してみましょう!


◆エレン母カルラの訛りには意味があるのか?

2015-09-27_042254
「進撃の巨人」第50話「叫び」より


東洋の一族の伏線回収が起こり、かなりの謎が明らかとなっていますが、未だ謎なのはカルラの出自です。

最後まで何事も無くスルーしていくのかもしれませんが、「伝染病が起こったのは、グリシャがカルラの血統を調べるキッカケとするためだった」のではと今でも管理人アースは密かに考えています。

そしてカルラの出自展開が起こるのではと考えている理由はもうひとつあり、それが12巻第50話でのカルラのセリフです。

この時の「ケンカしてきてから」という言い方がずっと気になっていました。

当時は「サシャと同郷」という伏線であり「サシャ・スパイ説」から「カルラが王政側か故郷側だった、という展開があるかも」と妄想していました。

現在となってはそれは無いと分かりますが今回の考察を踏まえ、カルラの方言からもしかしたらエルディア人ではなく違う血統であり、それを知ったグリシャは結婚を決めた…みたいな展開もあるのかなと妄想しています!

ライナーがエルディア人であることからハーフでもエレンの巨人化は可能なので、この展開が起こる可能性はありますよね!

今回の考察で、サシャはマーレ人でありカルラもエルディア人では無いかも、という展開を予想できました!

そこからガビやエレンがどのように展開していくのか?

楽しみですよ!\(^o^)/

109話「導く者」あらすじ考察感想!
110話展開あらすじ!
109話考察!ミカサの頭痛の意味を検証!


Sponsored Link

25 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ109話考察!サシャ父の「訛り」を検証!ブラウス家マーレ人説はある?”

  1. 住吉夢物語 より:

    団長、新考察記事有難うございます。

    私はブラウス家はエルディアでもマーレでもなく、イェレナやオニャンコポン達と同様にマーレの近隣国がルーツと妄想しています。
    マーレ人ならばエルディア語を話し、訛りも少ないのではと考えているからです。

    エルディア帝国下の大陸の南方で、狩猟を主に生活をしていた人達が、100年前に他のエルディア人と共にパラディ島にやって来たのではと考えています。
    おそらくその後、その地域はマーレに占領され、現在はマーレの一部になっていると思われます。

    言語は通常は都市部に居たり、人との交流で訛りがなくなるのですが、ブラウス家は島でも狩猟で生活し、他との交流が少なかったので訛りが抜けなかったのではないでしょうか。
    また王家の記憶改竄が及んでいない可能性が高いですが、東洋の一族やアッカーマンの様に王家周辺にいた一族ではないので、迫害を免れたのではと妄想しています。

    今後、サシャ父から先祖の昔話が語られ、ガビ達に心理的な影響を与える伏線かもです。

    • 管理人アース より:

      たしかにマーレの近隣国の方がマーレ人よりもシックリと来そうですね!
      サシャがエルディア人ではなかった、と分かった時のガビがどうなるのか気になりますよ!



      管理人アース

  2. おおぞらバード より:

    サシャがマーレ人だとしたら、サシャ父の
    言った事や、サシャが訛りを直そうとした
    ことなど、つじつまが合います。

    ところが、一つ不可解な事があります。
    それは、こたびのマーレとの戦いに参戦し、
    マーレ人を躊躇なく殺しまくっていること
    です。
    いくら任務とはいえ、同胞であるマーレ人を
    殺す事に、少しは ためらいが出るものでは
    ないか?
    けれど、パンツァー隊に一番槍を入れ、車力
    を無力化し、パラディ島の勝利に大きく貢献
    しています。

    また 最期は、ガビの銃弾から 皆を守るように
    盾となって死んだように見えるのです。
    そして 死ぬ間際の言葉にも、「ご飯は…
    まだですか…?」と 訛りが出てきません。
    ここは 本能的に、訛りが出るのが普通と思い
    ます。

    これらの事から言えるのは、
    サシャは 自身がマーレ人と知りながら、
    エルディア人を助け、エルディア人以上に
    エルディア人になろうとしたのではないか?

    このような サシャの民族の垣根を超えた姿を
    知らされ、ガビの頑なな心にも 変化が訪れる
    のではないか? そんなドラマが待っていると
    期待をするのです。

    • 管理人アース より:

      サシャ自身は自分がマーレ人だと知らなかったのかも、と思っています。
      この辺りも気になるところですね!



      管理人アース

  3. Juice より:

    ブラウス家が実はマーレ人だった説はありそうですねー。諌山先生は今度はガビを徹底的に追いつめるつもりなのかも。
    ただ、少なくともサシャはそのことを知らなかったと思います。一年前の回想でエレンの巨人は自分が継承すると言っていますし。
    サシャの両親はいつか話そうと思っていたのかもしれません。それは叶わなくなりましたけど、ひょっとしたらニコロのレストランに行った時に打ち明けるなんて展開があるんじゃないかと。
    そこでニコロもガビも人種差別の無意味さを思い知る事になるのかもしれませんね。
    いずれにせよ、わざわざこういう描写をしたというのは何か意味があるんだろうと思います。

  4. 二度目の投稿投稿 より:

    こんばんは。団長。
    ようやく涼しくなってきましたね。
    秋の夜長は考察し放題ですな(笑)
    ふと、思ったのですが、今のマーレ国領土は殆どがかつてのエルディア国領土だったと。
    とするとですよ。現マーレ人の多くはエルディア人という事になりませんか?少なくともかなりの割合でエルディア人の血が混ざってると思うのですが、何を基準に収容したのですかね?
    旧エルディア国の人を全て収容区に集めるのは無理がありそうです。
    話が逸れましたが、ブラウス家とブラウン家は親戚だったという展開は結構ありえると思いますよ。

    • 管理人アース より:

      ヨロイ・ブラウスだったら、何かスゴい展開になりそうですよね!(・_・;)



      管理人アース

  5. 次列三・伝達 より:

    団長、新考察記事ありがとうございます☆

    「ブラウス家はマーレ人か?」についてですが、私は「他人種エルディア人」だと思っています。

    エレンのマーレ強襲時のマーレの支配地域はこちらの世界のアフリカ全土から中東まででした。
    中東地域はマーレ編初期に戦闘中だった「対中東連合」を征服してからの支配地域です。
    ウドの翻訳からみられる異なる言語や、初めて巨人と遭遇しシェルショック症状の中東連合軍捕虜の有様から、中東地域は非エルディア人であった事は明白でした。

    中東地域を征服する前のマーレの戦争は「壁の中の少年」でジークとみられる少年が、「もうすぐ南との…」と明らかに“南方マーレと争っている”事を発言しています。

    この結果から南方マーレ地域はライナー達が子供だった頃にマーレ支配下になったと分かり、ジーク任期からみて15年程前に占領されたと推測出来ます。

    またガビが「南方マーレの訛り?」と疑問を呈しているのは、南方マーレがマーレに占領されて未だ日が浅く標準語になっていない為と解釈出来ます。
    また「?」=確信が持てない事から、現在の南方マーレ訛りは標準語化されており、100年前に移住したとみられるブラウス家の訛りはガビに分からなかったと推測出来ます。

    従って、エルディア帝国時代にパラディ島に移住したブラウス家はマーレ人ではなく、移住した=エルディア帝国支配下地域である為、また記憶改竄が無かった=エルディア人では無い為、「他人種エルディア人」だったと答えたいです。


    「南方マーレ訛り」について地理からのアプローチした見解です。

    パラディ島はアフリカ大陸のモザンビーク対岸にあるマダガスカル島がモデルであるとなっていますよね。

    進撃の巨人の世界では、こちらの世界とは鏡合わせの世界観であり、実際にマーレやパラディ島の地図は「上下反転、左右反転」となっています。

    となると「南方マーレ」はこちらの世界では「北アフリカ」となります。

    中東地域の場合は同じ場所であり、原作にも登場した「スラバ要塞」はイラクの「バスラ」であり、ガビ達の収容区「レベリオ」は西アフリカの「リベリア」であり、スラバ要塞からの丸一日以上の列車移動からみて間違い無いと思います。

    その東には「アクラが首都のガーナ」があり、進撃世界に合わせれば、祭事のあったレベリオ収容区の西方の位置となります。

    では「南方マーレはどこか?」

    すみません…さすがに分かりませんでした。

    ですがサシャにヒントがありました!
    サシャが死ぬ前に唯一仲良くなれたマーレ人はニコロでした。

    こちらの世界の西アフリカにあるセネガルに「ニョコロ・コバ国立公園」がありました☆

    南方マーレには未だ謎が沢山ありますが、ニコロ=サシャラインは今後も注目したいと思います☆

    ちなみにモザンビーク郊外には「クルーガー国立公園」がありました☆

    これからも地理からのアプローチはしてみたいと思います☆

    • 管理人アース より:

      ブラウス家が他人種エルディア人という考察、素晴らしいですよ!
      こちらの記事の、もともとの考察の軸が「サシャ父の記憶改ざんが見られない発言」だったので、マーレ人ではない可能性は十分にありますね!
      今後のサシャ父の発言、要注目ですね!



      管理人アース

      • おおぞらバード より:

        次列三・伝達 殿 が仰ったように、
        若ジークが言った「南との戦争」が 気に
        なっていました。
        南との戦いに目途がついた後に、ライナー
        達が パラディ島に壁ドンを仕掛けたよう
        です。

        そもそも マーレは、周りを敵に囲まれた
        状況で、南にも 敵国の一つがあったので
        しょう。
        となると、南方マーレとは 地域名であり、
        そこには “南マーレ国”という独立国家が
        あるのではないか?
        例えば、エルディアの支配が終わってから
        マーレの南方地域に、独立運動が起きたの
        かもしれません。
        今後の「南の国」の動きも楽しみになって
        きました。

        • 管理人アース より:

          南方マーレという別の国という展開は面白いですね!
          ブラウス家の謎がどんどん大きくなる展開があるかもです!



          管理人アース

  6. オムオムジャンボ より:

    アースさんお疲れ様です!
    ブラウス家がマーレ人かもしれないというのは面白い情報ですよね!

    問題はブラウス家が「たまたま」壁内にいるかどうかだと思います。
    仮に「たまたま」壁内にいるのだとしたら、ブラウス家以外にマーレ人はいないでしょう。
    しかし理由があって壁内に移住してきたのなら、ブラウス家以外にもマーレ人がいる可能性があります。
    もしかしたら記憶改竄を受けない人間は全員マーレ人かもしれませんね。

    王都にいた幹部達は記憶改竄を受けない人間でした。記憶改竄が効かない条件がエルディア人の血が混ざっているかいないかだとすると、王都の人間はマーレ人か他の民族の人間と子供を作っていたということになりますね。

    しかし、壁内にマーレ人や他の民族の人間が少ないとすると近い血で子供を作るので異形の子供が産まれることになります。
    普通ならそれは避けるはずなので、ここからも壁内に純血のマーレ人が多くいると言えます。
    もしかしたらそのためにブラウス家は連れてこられたのかもしれませんね。


    長文大変失礼しました。

    • 管理人アース より:

      ザックレーの芸術品となった王政幹部は間違いなくエルディア人ではありませんでした。
      ザックレーに対し「奴隷の血」という発言からも分かりますしピクシスが「彼らは記憶改ざんの影響を受けない」と言っているので間違いないでしょう。
      マーレ人かどうかは分からないですが、壁内にはブラウス家以外にもエルディア人以外の人物がいるのは間違いなさそうです。



      管理人アース

  7. 動物好きの巨人PEACEorFREE より:

    どうも、動物好きの巨人PEACEorFREEでございます。

    今回の記事で私のコメントを使ってくださるとは、思ってもみませんでしたよ。サシャの亡骸に向かって泣くミカサといい、なんかそういうところに目が向くようになったのですよね、なぜか。

    サシャがマーレ人とは、私は思えません。

    壁内人類のうち、エルディア人の血筋でない者の一族は(口止めも兼ねて)皆壁の王から特別階級を与えられ、貴族となっていたはずです。サシャの一族がマーレ人の血筋なら、当然特別階級の貴族であるはずです。

    しかし、サシャの一族は狩猟民、貴族ではありません。またアッカーマン爺さんも、王政に背を向けた血族はアッカーマン家と東洋の一族の2つって言ってましたし、やはりマーレ、さらに言えばエルディア人以外の血族ではないと思うのです。

    2つの家より前に王政に背を向けた家があったとしてもおかしくはありませんが、それならそれで迫害を受けたはずです。

    「南方マーレの訛り」や「カルラの訛り」は気になりますよね。さりげない何気ない伏線が一番厄介ですね(ー ー;)

    また考えてみます、それではまた。

    • 管理人アース より:

      他人種エルディア人という展開かもですね!
      今回はコメントを使わせてもらいました!
      ありがとうございます!



      管理人アース

  8. オムオムジャンボ より:

    そういえば壁外の情報はどうやって処分されたのでしょうか?
    処分しようとすれば、必ずそれを拒むものが出てくるはずですよね?
    ただ王都が命令をするだけなら、アルミンが本を持っていたように、地下街の闇マーケットとかで出回っていそうですよね。
    じゃあどうやって処分したのかということになるのですが、座標を使ったのではないでしょうか?
    エルディア人を操り処分すれば壁内から本などの情報源は消滅します。

    仮に座標を使って処分したのなら、アルミンの本は何なのでしょうか?
    これはアルミンの先祖がエルディア人ではない、ということになるのではないでしょうか?

    妄想が広がってしまいます笑

    • 管理人アース より:

      この辺りの展開はまだ明らかになっていませんよね。
      アルミンの祖父の本も回収があるのか?
      気になりますよ!



      管理人アース

      • おおぞらバード より:

        オムオムジャンボ 殿 が仰られた
        壁外の情報ですが、これは根源的に
        重要な問題と思います。

        恐らく重要なものは 処分されずに、
        地下洞窟深くに埋蔵されているのでは
        ないか。
        あるいは、レイス家跡地には “地下室”
        があり、そこに重要情報が埋まっている
        かもしれません。
        私が再三言うように、レイス家跡地の
        発掘調査を進めてほしいと思います。

        • 管理人アース より:

          今後、記憶かいざんの経緯が明らかになれば分かるかもですね!



          管理人アース

  9. 恥垢種 より:

    アース団長、お疲れさまです。
    ブラウス家=マーレ人説ですか、面白いですね。私は「南方マーレ訛り」=「南方エルディア訛り」と同じと考えてました。大陸の覇権は「マーレ」⇒「エルディア」(2000年間)⇒「マーレ」(100年間)と、支配者の看板が変わっただけなので、現在は「南方マーレ」と呼ぶが、エルディア帝国時は「南方エルディア」と呼んでたのだろうと妄想してました。
    マーレ人説の問題は、「記憶の改竄」が効かない民なので、貴族や政権中枢で無い者がパラディに来るのは、バレると迫害を受ける可能性があり、かなりのリスクがあるということですね。所謂、モグリで紛れこんだので、家系内で、過去の書物は勿論、記憶も封印するような掟を作らないと、口を滑らせると根絶やしです。確かに「ご先祖様」発言は怪しい発言ではありますが、近い過去の「ご先祖」ではと、見ています。
    とはいえ、モグリの非エルディア人がいないのか?といえば、いるのではないかと、思います。理由は、どなたかが言ってる、発禁書物などの存在です。これは、「ユミルの民」は改竄でコントロールされる為、島への移動時に持ち込みはできないハズです。が、存在するということは「モグリの非エルディア人」が持ち込んでいる。と考えれば辻褄が合うような気がします。元々、エルディア人に肯定的な人が付いて来てるハズですから、もう、今では混血が進んでると思いますけど。
    ということで、「ブラウス家の出自=非エルディア人」説は、あると思います。(純血ではないかもしれませんが)
    長々失礼しました。

    • 管理人アース より:

      >「ブラウス家の出自=非エルディア人」説は、あると思います。
      もしかしたらアルミンの祖父も混血なエルディア人だったのかもですね!



      管理人アース

  10. オムオムジャンボ より:

    私は壁内にマーレ人はいると予想しますが、なるべくその展開は避けてほしいですね。

    仮にライナーがそのことを知ったら本当に壊れてしまうと思います。
    マーレ人を救うためにマーレ人を殺してきたなんて残酷すぎますよね。

    仮にそんな展開になったら一体何とライナーは戦ってきたのでしょうか、もうライナーが可哀想で可哀想で…
    本当にそれだけは避けてほしいと思います。

    • 管理人アース より:

      >ライナーがそのことを知ったら本当に壊れてしまうと思います
      壁内王政を仕切っていたのがエルディア人ではなく、他人種系エルディア人であることはライナーは認識しています。
      これは96話でライナー自身が語っているので、間違いないでしょう。
      2017-08-08_022020

      「進撃の巨人」第96話「希望の扉」より


      この時あまり落ち込んでいない所から、やはり読者が知らない歴史をライナーは知っているのかなと感じられますね。



      管理人アース

  11. 暴食のサシャ より:

    消え去った設定だと思いますが、5話でコニーがアルミンに「このままじゃいけねぇ」って言ってましたね。
    江戸っ子なの?と当時思った記憶があります。
    地方の狩猟民族は訛ってるんだろうなあと考えてましたが、コニーの村はヒィズル国の方言でだったのかもしれません。

    • 管理人アース より:

      >「このままじゃいけねぇ」
      これ、たしかに「てやんでぇ」みたいな言葉ですよね!
      方言にも聞こえますね!



      管理人アース

動物好きの巨人PEACEorFREE にコメントする

このページの先頭へ