【進撃の巨人】ネタバレ106話考察!ジークの条件を検証!橋渡しされる友好国とは?

ジークの「要求」や「目的」、「秘策」について様々な考察を行ってきた当サイトですが、同じく今回登場した「ジークの条件」については考察していませんでした。

106話にて提示されたジークの条件からは、何が見えるでしょうか?

そこで提示された友好国とは、やはりあの国なのでしょうか?

今回のジークの条件を考察していくと、オニャンポコンの「あれ」に繋がっている事が分かりました!

見て行きましょう!

Sponsored Link

◆ジークが出した条件を検証!

2018-06-09_045057
「進撃の巨人」第106話「義勇兵」より


106話にてイェレナとオニャンポコンがパラディ島に上陸した経緯が明らかとなり、ジークの要求と条件が提示されました。

ジークの要求については106話考察!ジークの「秘策」は地鳴らしなのか?にて考察しましたが、条件についての考察はこれまで行っていませんでした。

ここでその「条件」について考察してみましょう!

ジークの条件は「パラディ島の安全を保障」「武器を始めとする最新技術の提供」
2018-06-30_040817
「進撃の巨人」第106話「義勇兵」より


「友好国との橋渡し」
2018-06-30_040853
「進撃の巨人」第106話「義勇兵」より


「マーレに対する情報工作等々の支援」となっていました。
2018-06-30_040917
「進撃の巨人」第106話「義勇兵」より


この条件は、この時のパラディ側において必要なものばかりですよね!

そしてこの条件を飲んだパラディ側は、実際にジークから見返りを受けています。

「パラディ島の安全保障」は、32隻の調査船団が鹵獲された事で分かりますし
2017-05-08_041055
「進撃の巨人」第93話「闇夜の列車」より


「最新技術の提供」は、今回106話でも受けている事が分かります。
2018-06-14_070155
「進撃の巨人」第93話「闇夜の列車」より


「マーレに対する情報工作等々の支援」はジークが行っていたのでしょうし、パラディ島を再び攻めようとジークが持っていた事により「祭事」が行われたのでしょうから、パラディ側の急襲もジークの情報工作により叶ったという見方も出来ますよね!
2017-05-08_040323
「進撃の巨人」第93話「闇夜の列車」より


パラディ島に攻め入るために世界への語り手としてタイバー家が登場し祭事が行われた訳ですから、そのようにも受け取れます。

ここから、ジークが提示した条件がキチンと叶えられていた事が分かりますよね!

叶えられているのかどうかが分かっていないのは、「友好国との橋渡し」だけとなっています。

ただ、3年前の展開でそれが叶えられているのではと思わせる描写は、106話にて登場しています。

オニャンコポンが「港」を造る事を提案し、それが完成しつつあるという展開が106話にて起こりました。
2018-06-30_051332
「進撃の巨人」第106話「義勇兵」より


これって「友好国との橋渡し」繋がりますよね!

この港から「友好国」との国交が生まれるという展開が、これから登場すると思われます。

つまり、ジークは全ての条件を叶えたのだろうと予想できます。

これだけの条件を出し全て叶えたのですから、ジークがいかにパラディ島に来てエレンと会いたかったのかが窺えますよね!

この辺りは106話考察!ジークの「秘策」は地鳴らしなのか?にて考察しているのでここでは触れませんが、気になるのはこの「友好国」です。

106話以降に完成したのであろう港を介し、パラディ島が3年間の間に友好国と国交を持った事はまず間違いないでしょう!

この友好国は、どこなのでしょうか?

考察を続けます!

◆友好国からの展開を予想!

2018-06-30_053137
「進撃の巨人」第98話「よかったな」より


まず、間違いなくヒィズル国だと思われますよね!

98話に初登場したヒィズル国のキヨミ様は、世界中では当たり前となっているエルディア人に対する差別的感情を持っていませんでした。

もともと持っていなかったのかもしれないですが、完成した港を介しパラディ島と国交を持っていたとしたら、これは当たり前の事であり、その伏線としてこのような登場の仕方をしたのかもしれませんよね!
2018-02-10_211254
「進撃の巨人」第98話「よかったな」より


そして99話で急襲されることを知っていたかのように祭事会場から離れるキヨミ様からも、パラディ島と国交があるのではと察せられます。

この辺りからも友好国はヒィズル国なのではと予想できますよね!

となると、107話以降でパラディ島の港からキヨミ様が登場する展開があるかもですね!

さらに東洋の国であることから、ミカサの東洋の一族と関係があり、もしかしたらミカサの先祖はヒィズル国の出自かもしれませんね!

この辺りの展開予想については99話考察!アズマビト家キヨミとは?ミカサとの関係を考察!にて考察していますので見てみてください!

ジークの条件である橋渡しされる友好国はヒィズル国なのか?

そこからミカサの血統である東洋の一族へと繋がっていくのか?

回収が楽しみです!\(^o^)/

106話考察!ジークの「秘策」は地鳴らしなのか?目的を検証!
106話考察!ミカサは妊娠している?
106話考察!ニコロ料理人を検証!
106話考察!義勇兵の意味からイェレナを検証!ウォール教登場か?


Sponsored Link

4 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ106話考察!ジークの条件を検証!橋渡しされる友好国とは?”

  1. パラディ島が “鎖国状態” となったのは、
    145代フリッツ王が島に逃げ込んでから。
    100年そこそこの間なのです。

    では、それ以前はどうだったのか?
    エルディア人は、かつて世界を支配していたと
    あるのです。
    ので、パラディ島も エルディアの支配下にあり、
    世界との交易があったはずなのです。
    つまり 100年以上前には、パラディ島には
    世界各地の民族が住んでいたと考えられる
    のです。
    例えば、ミカサの母親の “東洋の一族”など
    その名残りと思われます。

    つまり、古くからパラディ島は 世界に知られて
    いたが、145代フリッツ王が移り住み、マーレ
    から巨人が送り込まれたため、交易が出来なく
    なってしまった。
    これが 真相なのではないかと思うのです。

    そう考えると、世界各所にパラディ島の伝承
    が残っていると思うのです。
    ヒィズル国に限らず、かつてはパラディ島と
    交易のあった世界の国々が、友好国となって
    いく可能性があると思います。

    • 馬来熊 より:

      おおぞらバードさん
      伝承どころか、パラディ島から外国に来たけど帰れなくなって、そのまま外国の収容所送りになった人とかいそうですね

      • 馬来熊 殿
        まるで あの拉致事件のような…
        巨人化能力を調べるために、生体
        実験されたとか。(恐)

        ただ、パラディ島が“悪魔の棲む島”
        と蔑まされたのは、ここ100年ほどの
        事に過ぎないのではないか?
        それ以前の歴史をひも解けば、融和
        への道も開けるのではないかと思い
        ます。
        その時、パラディ島政権の外交手腕が
        大いに試されるでしょう。

    • 管理人アース より:

      そうかもですね!
      エレンが壁を塞ぐ際に使った大岩の文字とかもそれを表しているのか表していないのか(・_・;)
      ウトガルド城の大砲も巨人用ではないでしょうし、人同士の戦いに使ったのでしょうから、逆に言うと戦争もあったかもですし。
      145代フリッツ王前のパラディ島の歴史も面白そうですね!



      管理人アース

おおぞらバード にコメントする

このページの先頭へ