超大型巨人の正体はベルトルトフーバーの理由は?アニと関係も!

第42話「兵士」にて「進撃の巨人」の代表的なキャラクターである「超大型巨人」の正体がベルトルトであることが判明しました。
地味な存在であるベルトルトが「超大型巨人」の正体だと分かった時は驚きでした!

今回は超大型巨人の正体であるベルトルト・フーバーについて考察してみましょう!

Sponsored Link


◆「腰巾着野郎」ベルトルト・フーバーとは?

46_03
「進撃の巨人」第46話「開口」より


無口で目立たない存在なベルトルトですが訓練兵団を3番目の成績で卒業している優秀な兵士でした。
ただ意志が弱く第16話「必要」で
「僕には…自分の意志が無い」「羨ましいよ…自分の命より大事なものがあって…」とエレンとアルミンを羨ましがる発言をしています。
ベルトルトは常にライナーの影に隠れ流されて生きているように見え、第46話でエレンが言ったように「腰巾着野郎」というニックネームがピッタリな存在です。

そんな自分の意志が無いというベルトルトが怒りを見せた場面があります。


◆第49話「突撃」でのベルトルトの叫び!「悪魔の末裔が!!」

f8ae915e76154419162880ce2ba4a950_400
「進撃の巨人」第49話「突撃」より


第49話にてエレンを救うためにアルミンは「アニを置いていくの?」「アニなら今…極北のユトピア地区の地下深くで拷問を受けているよ」とベルトルトに嘘をつきます。
その嘘に騙されベルトルトは「悪魔の末裔が!!」「根絶やしにしてやる!!」と怒りを露わにしています。
この「悪魔の末裔が!!」という言葉の意味や発言の理由についてはいろいろなサイトでいろいろな考察が行われています。
しかしここではベルトルトの怒りについて考察します。

Sponsored Link


ベルトルトがアニの事が好きなのは第47話にてライナーから指摘があり明らかになっています。
「自分の意志が無い」ベルトルトがあれだけ怒りを露わにして我を忘れアルミンの策略に引っかかってしまうという事はかなりアニに惚れ込んでいるのでしょう。
そうなると後々ベルトルトがアニを救出に来る可能性があるのではないかと思われます。

もしベルトルトとライナーがアニを救出に来るのならば極北のユトピア地区に攻めこむのではないでしょうか?
もちろんアルミンの策略で嘘の場所を言っているのでしょうからそこにはアニはいないですし二人が攻めこむことを予め計算しているでしょう。
そして警護もしっかりしているでしょう。
そうなると二人は捕まってしまうのでしょうか?


どのような展開にしろライナー、ベルトルトがまた活躍する場面を見たいですね。

【進撃の巨人ネタバレ70話考察!獣の巨人とライナー達の関係は?】
【進撃の巨人のベルトルトが超大型巨人の伏線を検証!!】


Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ