超大型巨人の正体はベルトルトフーバーの理由は?アニと関係も!

ベルトルトの再登場を考察!を追加しました!

第42話「兵士」にて「進撃の巨人」の代表的なキャラクターである「超大型巨人」の正体がベルトルトであることが判明しました。

地味な存在であるベルトルトが「超大型巨人」の正体だと分かった時は、驚きでした!

今回は、超大型巨人の正体であるベルトルト・フーバーについて考察してみましょう!

Sponsored Link

◆「腰巾着野郎」ベルトルト・フーバーとは?

46_03
「進撃の巨人」第46話「開口」より


無口で目立たない存在なベルトルトですが、訓練兵団を3番目の成績で卒業している優秀な兵士でした。

ただ意志が弱く第16話「必要」で「僕には…自分の意志が無い」「羨ましいよ…自分の命より大事なものがあって…」と、エレンとアルミンを羨ましがる発言をしています。

ベルトルトは、常にライナーの影に隠れ流されて生きているように見え、第46話でエレンが言ったように「腰巾着野郎」というニックネームがピッタリな存在です。

そんな自分の意志が無いというベルトルトが、怒りを見せた場面があります。


◆第49話「突撃」でのベルトルトの叫び!「悪魔の末裔が!!」

f8ae915e76154419162880ce2ba4a950_400
「進撃の巨人」第49話「突撃」より


第49話にて、エレンを救うためにアルミンは「アニを置いていくの?」「アニなら今…極北のユトピア地区の地下深くで拷問を受けているよ」とベルトルトに嘘をつきます。

その嘘に騙されベルトルトは「悪魔の末裔が!!」「根絶やしにしてやる!!」と、怒りを露わにしています。

この「悪魔の末裔が!!」という言葉の意味や発言の理由については、いろいろなサイトでいろいろな考察が行われています。

しかし、ここではベルトルトの怒りについて考察してみます。

Sponsored Link


ベルトルトが、アニの事が好きな事は、第47話にてライナーから指摘があり明らかになっています。

「自分の意志が無い」ベルトルトがあれだけ怒りを露わにして我を忘れ、アルミンの策略に引っかかってしまうという事は、かなりアニに惚れ込んでいるのでしょう。

そうなると後々、ベルトルトがアニを救出に来る可能性があるのではないかと思われます。

もし、ベルトルトとライナーがアニを救出に来るのならば極北のユトピア地区に攻めこむのではないでしょうか?

もちろんアルミンの策略で嘘の場所を言っているのでしょうから、そこにはアニはいないですし、二人が攻めこむことを予め計算しているでしょう。

そして、警護もしっかりしているでしょう。

そうなると二人が捕まるという展開が起こるのでしょうか?

どのような展開にしろ、ライナー、ベルトルトがまた活躍する場面を見たいですね。

◆ベルトルト再登場を考察!

2015-12-24_055403
ここまでは2年前の3月に書いた記事でしたが、ベルトルトがアニ救出にユトピア地区に攻め込むという展開はなく、84話「白夜」にてアルミンに捕食されるという展開となりました。

役割が終わった登場人物は死亡する展開が多い「進撃の巨人」ですが、ベルトルトも役割は終わったのでしょうか?

ここで、ベルトルトに残されている伏線や謎を振り返ってみましょう!

まずパッと思い付くのは第16話で話していたベルトルトの「故郷」についてです。

この時ベルトルトは、マリア南東の山奥の村出身であり、巨人に襲われウォール・シーナに逃げたと語っています。
mado
「進撃の巨人」第16話「必要」より


もちろんベルトルト自身が超大型巨人の正体であるため、この話は嘘だと思われますが、ここで登場した巨人が何なのか、ベルトルトの妄想の巨人なのか、全てが全くの嘘なのかどうかは分かっていません。

そして、先の考察でも触れていた「悪魔の末裔が!」という発言も、壁内人類の正体であったエルディア人の過去に行ったとされる人類浄化が原因だったのではないかと今では分かりますが、巨人化できるベルトルト自身もエルディア人のはずなので、この発言は違和感を拭えません。
2015-12-24_081946
「進撃の巨人」第49話「突撃」より


77話ではライナーもアニに対し「穢れた民族」と言っており、同じエルディア人であるライナーとベルトルトが、なぜ壁内人類やアニに対しこのような発言をしたのかは分かっていません。
2016-01-14_052922
「進撃の巨人】第77話「彼らが見た世界」より


さらに、「悪魔の末裔が!」と同じくベルトルトの代表的な伏線発言である、第48話での「誰か僕らを見つけてくれ」も、全てのユミルの民に繋がっている「道」に関する発言だと分かります。
o0480058912661332829
「進撃の巨人」第48話「誰か」より


おそらくこの「誰か」は過去か未来のユミルの民、もしくは超大型巨人継承者を指していると考えられますが、まだ確定はできませんよね。

このように、故郷、人種、「誰か見つけてくれ」など、ベルトルトにはまだ回収されていないいくつかの伏線が残っています。

ここから、ベルトルトにはまだ再登場する可能性が残されていると管理人アースは考えます。

では、どのように再登場を果たすでしょうか?

可能性が高いのは、「ライナーの回想シーン」でしょう。

ライナーは再びエレン達の前に表れ、再対決すると思われます。

その時に83話でのハンジとの会話のように、エレンやアルミンと会話をする場面が登場するのではないでしょうか?
2016-07-08_035144
「進撃の巨人」第83話「大鉈」より


その会話で、自分の過去を踏まえベルトルトの過去、アニとの関係などが明かされる展開があるのではと予想できます。

その説明のシーンで、ベルトルトが登場するのではと思われます。

次に可能性があるのがアニの回想シーンですね。
sd86
目覚めたアニから、ライナーとベルトルトとの関係、二人の過去について語られる場面が登場するのではとも考えられます。

その説明のシーンで、ライナーとベルトルトが登場する可能性があると思われます。

もしかしたら、アルミンがベルトルトの記憶を思い出す場面で登場するかもしれませんが、管理人アース自身の希望もありますが、ライナーかアニの口から語られるベルトルトを見たく、このように予想します!(笑)

まだまだ、ベルトルトには再登場する可能性があると予想しました!

このまま登場ナシとするには、もったいないキャラですよね!

アニメ2期のベルトルトとともに、原作での再登場、見たいです!\(^o^)/

【進撃の巨人ネタバレ70話考察!獣の巨人とライナー達の関係は?】
【進撃の巨人のベルトルトが超大型巨人の伏線を検証!!】


Sponsored Link

22 Responses to “超大型巨人の正体はベルトルトフーバーの理由は?アニと関係も!”

  1. コンロガス より:

    アース隊長こんにちは!

    ベルトルトの「悪魔の末裔」発言、ライナーの「悪の民族」「穢れた民族」発言の真意については、91話のガビの「エルディア人の運命を背負い、私達を苦しめるあの島の悪魔共を皆殺しにする覚悟だ」「そしてこの世界に残るのは善良なエルディア人だけだとこの戦いに勝って世界に証明する」という発言が既にヒントというか答えになっていると思いますよ。

    • 管理人アース より:

      コンロガスさん!

      コメントありがとうございます!

      ああ、そうですね!
      これ、91話を反映していなかったです(・_・;)
      ただ、「壁内エルディア人をマーレ@エルディア人が、なぜそこまで憎むのか」は気になりますね。
      「悪魔」ってよっぽどですよね(・_・;)

      またよろしくです!


      管理人アース

  2. いでみゃ より:

    そもそもマーレ側は国内に隔離しているエルディア人に対して都合の良い教育を施しているものと思います。
    すなわち、基本的にエルディア人は悪であるという洗脳です。

    過去に(本当かどうかは別として)あんなにも悪いことをしてきた民族だから
    虐げられて当たり前と教え込まれています。
    これはグリシャの両親を見ても明らかです。

    こうして育ったエルディア人は、エルディア人でいる以上幸せを望めません
    そこでマーレ側は餌を用意します
    戦士候補募集の際にマーレに協力するエルディア人は名誉マーレ人にしてやるという特典があったと思います

    つまり、マーレに従うエルディア人は良いエルディア人
    従わないエルディア人は悪いエルディア人という構図です
    これはマーレが巨人の力を制御するのに絶対に必要な要素なのでしょう
    マーレに絶対的な忠誠心を示す知性巨人の育成です

    この洗脳を受けてきたライナー、ベルトルト、アニですから
    悪いエルディア人に同情する事は即ち、良いエルディア人でいられなくなる事になります
    だからこそ「良いエルディア人であることを証明して見せろ」という発言につながるものと思います

    実のところマーレ人も純粋にエルディア人を憎んでいるのか疑問が残ります
    マーレ人自身もそのように教育されてしまっているからです
    現実の世界でもユダヤ人に対するホロコーストなど、本当に人と人との関わり合いで差別心が働いたというより
    国策としてそのように仕向けられていたという背景は無視できません

    知性巨人に絶対的な忠誠心を植え付けるための施策が
    全て悪い方向に回って、今の形に落ち着いているのではないかと思います。

    • 管理人アース より:

      いでみゃさん!

      コメントありがとうございます!

      マーレの洗脳が、壁内人類を悪魔と思わせている原因という考察ですね。

      面白いですね!

      確かにこれはかなりあり得る展開かなと思われます。
      しかし、これをどうやって回収するのかですね。
      やはり、誰かの記憶か…

      回収展開が楽しみですね!


      またよろしくです!



      管理人アース

  3. アースさん、こんばんは。

    いでみゃさんの言う通りであればライナーが42話で正体を明かす時の「バカな奴らに囲まれて暮らしたせい」「俺たちはガキで何一つ知らなかった」「こんな奴らがいるなんて知らずにいれば」とのセリフの回収にもなりますね!

    あと、一つ疑問を見つけてしまいました。
    同じ42話でライベルアニの身辺調査で3人とも壁内に戸籍があるような事をハンジが言っています。
    3人が壁内に元々いたのか(だから話に聞いていた獣を初めて見て目を輝やかせていたのか)、他に戸籍改ざん部隊がいたのか、謎が増えてしまいました(笑)

    • 管理人アース より:

      キース(傍観者)さん!

      コメントありがとうございます!

      >戸籍改ざん部隊がいたのか、謎が増えてしまいました(笑)
      これ、アニ父ではないかなぁと思っていますよ。
      アニは壁内人類である可能性が、どうしても捨てきれないです。

      またよろしくです!


      管理人アース

  4. 玉無しの巨人 より:

    …コレは…(ㆀ˘・з・˘)回収されるでしょうか?

    私も在ると嬉しいんですが…

    ライベルアニの過去や出会い等はきっと描いてくれると思えますが…

    マーレの教育については、グリシャ幼少時に描かれてますから、グロスとのやりとり辺り同様?( ヒトの持つ醜い憎悪や蔑みとか? )
    作者は敢えて描きたくはなさそうに想えて ( 辛そう… )
    本音は「進撃の巨人」らしく描きあげて戴きたいモノなのですが…(^_^;)a

    現実世界でも、思想までコントロールされる様は隣国で実際に行われて居りますが、切ない事ですね…

    • 管理人アース より:

      玉無しの巨人さん!

      コメントありがとうございます!

      >…コレは…(ㆀ˘・з・˘)回収されるでしょうか?
      回収して欲しいと思っている読者は多いと思いますよ。
      管理人アースもその一人ですが(笑)

      ライベルアニの過去は、どこかで触れられると思います!

      またよろしくです!


      管理人アース

  5. いでみゃ より:

    回収はアニを取っ掛かりにするのではないかと思います

    アニの回想で父が間違っていたと懺悔していました
    アニの父は何処かでマーレ人とエルディア人と壁内エルディア人の関係性を知ってしまったのではないかと思います

    良いエルディア人になって悪いエルディア人を駆逐することを目指したのに
    実はマーレ人の手のひらで同胞同士で殺し合うよう仕向けられていた
    そんなことを知ってしまったら選択を間違ったと懺悔もしたくなるでしょう

    時すでに遅く、戦士候補に出したアニはがっちり洗脳済み
    下手を打てばジークに裏切られたグリシャの二の舞のため
    それ以上の行動、アニにマーレに騙されていると伝えることは出来なかったものと思います

    でもこの懺悔が結果的にアニに違和感を与える切っ掛けになり
    洗脳が解ける糸口になるのではないかと思います
    マーレか父かどっちが正しいのかわからなくなった的な感じで
    仲間になるというより情報を包み隠さずハンジ辺りに伝えて
    リタイアしてしまいそうな気がします


    まあ長々と書いてしまいましたが
    ベルトルトの集落が巨人に襲われた回想や、見つけてくれ発言は確かに謎ですね
    実はライナー、ベルトルト、アニは
    パラディ島の南端とかにマーレからは自治区みたいな位置付けで
    住まわされていたエルディア人だったりして

    • 管理人アース より:

      いでみゃさん!

      コメントありがとうございます!

      >実はライナー、ベルトルト、アニはパラディ島の南端とかにマーレからは自治区みたいな
      ナラカ的な考察ですよね。
      これ、ありそうな気がします。
      ただ、アニは壁内人類かもと思っていますし、ライベルとは違ったポジションなのかなとも。

      >マーレか父かどっちが正しいのかわからなくなった的な感じで
      こんな展開見てみたいですね!
      ジークからエレンへの「救い出してやる」発言も含め、マーレとパラディはお互いに「お前は洗脳されている」とぶつけ合いそうな感じですね。

      またよろしくです!


      管理人アース

  6. tomo より:

    ベルトルトの
    「お願いだ、誰か僕らを見つけてくれ」は
    ベルトルトの心の中の葛藤だと思いました。

    今月話でガビも、壁中人類を
    嫌っていましたが、ガビもエルディア人、
    ベルトルトもエルディア人、
    そして壁中人類もエルディア人です。
    ベルトルトたちは マーレ人の解釈により、エルディア人は悪だ、特に壁中人類は悪だと教え込まれ、
    名誉のために壁内に侵入しましたが、そもそも同じ民族同士争うのはおかしい、
    と思っていたかも知れません。

    そして自分の故郷を守るためにはマーレ人の言う通りに動き、同じエルディア人を 
    滅亡させるという理不尽さに気づいていたのではないでしょうか。
    だから、自分を見失っている自分たちに
    「誰か僕らを見つけてくれ」という言葉が出てきたんだと思います。

    • 管理人アース より:

      tomoさん!

      コメントありがとうございます!

      >自分を見失っている自分たちに「誰か僕らを見つけてくれ」という言葉が
      面白です!
      これ、新しい考察ですね。
      なんか「誰か僕らの居場所を見つけてくれ」という意味にも思えてきました。

      >自分の故郷を守るためにはマーレ人の言う通りに動き、
      この考察のイメージだと、マーレ内のエルディア人収容区みたいな場所になりますかね?

      またよろしくです!


      管理人アース

  7. Hal より:

    いつも更新楽しみにしてます。

    16話の巨人は獣の巨人に見えなくもないので
    もしそうだとすると全くの妄想でもないと
    思います。

    • 管理人アース より:

      Halさん!

      コメントありがとうございます!

      ああ、獣の巨人にも見えますかね?
      う~ん、そのように解釈すれば場所は嘘をついたかもですが、画は真実かもですね!

      またよろしくです!


      管理人アース

  8. いでみゃ より:

    ベルトルトの「誰か僕らを見つけてくれ」発言ですが
    その周囲のコマも気になります。

    ベルトルトが
    「けど・・・誰か・・・・・・頼む・・・誰か・・・お願いだ・・・・・・
     誰か僕らを見つけてくれ・・・」
    を言っている間、フォーカスはユミルに当たっています。
    そしてベルトルトの発言を聞くうちにユミルが何かしら意を決して行くような描写がされています。

    ユミルはこの発言に何を感じ取ったのでしょうか?

    その後、エレンに座標の力が宿っていることを確認し
    クリスタを壁内に残し、自らはライナー、ベルトルトと共に行く道を選びます
    そして12巻で加筆された女神発言です

    ベルトルトの発言でマーレ国内で迫害されているエルディア人を思い出し
    エルディア人を救済する女神として祀り上げられていた
    (虚像だったとは言え)自分の使命を全うしたように感じます
    なので「女神様もそんなに悪い気分じゃないね」という清々しい気分になれたのでしょう


    ですがこの時のユミルとベルトルトは何かズレがあるように感じます
    ユミルはそう解釈したけれどベルトルトの真意は違うのではないかということです

    「僕」ではなく「僕ら」という表現がとても気になります
    「僕ら」はライナー、ベルトルトの事なのでしょうか?

    実は壁の中に埋まっている超大型巨人の事を指しているのではないかと思います

    壁の中の超大型巨人は硬質化もできるため、鎧と超大型のハイブリッドなのではないかと思います
    エレンが飲んだ硬質化能力を付与する液体が壁内にあったことからも
    何かしら鎧と超大型を量産する手段が確立されていたのではないかと考えられます

    鎧と超大型のオリジナルから見れば悪魔の所業だったのでしょう
    それを昔々、マーレが研究所等からオリジナルを救出したことで
    マーレに絶対的な忠誠を誓う切っ掛けとなったのではないでしょうか

    ・昔々に鎧と超大型から盛大に恨まれるようなことを過去の王はやらかしており
     鎧と超大型から恨まれるいわれはある
     引き籠るための壁づくりに便利だから意思に反して王の力で無理矢理
     研究対象のモルモットにされてしまったものと思います

    ・ただし、今の知性巨人のマーレへの忠誠は基本的にマーレの洗脳の賜物である
     鎧、超大型の取り込みに成功した経験から
     王を悪だと教え込み、それをマーレが救済したという構図を作ることで
     知性巨人に絶対的な忠誠を誓わせる方式を採用した
     知性巨人は13年周期で交代ですから、親マーレの教育を施したエルディア人に
     継承させることでその力を制御し続けられます

    ・しかしその教育が行き過ぎて、いつしかマーレ人もその思想に取り込まれ
     今のような、もはや民族浄化に近い行為までするようになってしまった
     その行為を正当化するため、エルディア人が先にやったんだと言い張っている

    こんな妄想をしています

    鎧、超大型の記憶には王によって壁にされた自分のクローンを救いたい
    そんな思いが強く込められているのではないでしょうか
    そこをマーレにうまいこと利用されているのではないかと思います

    • 管理人アース より:

      いでみゃさん!

      コメントありがとうございます!

      ベルトルトの発言の意味からは、やはり色々な可能性が考えられますよね。
      しかし、この後に必ず回収される伏線であると思っています。

      >壁の中に埋まっている超大型巨人の事を指しているのではないかと
      ですね。
      管理人アースもそのように感じます。
      その発言の後にユミルがフォーカスされているのは、ユミルもフーバー一族?の事情を知っていたからではないでしょうか?
      この発言の意味を考える妄想は、本当に広がりますよ!

      またよろしくです!


      管理人アース

  9. いでみゃ より:

    自分はユミルは何も知らず自己完結の勘違いしていると考えています

    当時の話を見直すと、ユミルとライナー、ベルトルトはお互いにお互いがどこまで知っているのか分かっておらず、探り合っています

    また、エレンが座標の力を発動したのを確認してから
    「そうか、だから必死こいてエレンを」とやっと理解したように
    ユミルはマルセルの記憶にアクセスできておらず
    ライナー、ベルトルトの意図を全く汲み取れていません

    その後、ユミル、ライナー、ベルトルトは逃げ延びた先の壁の上で話をしていますが
    どうもユミルとライナー、ベルトルトがかみ合っていない感じがします

    ユミルは「手土産ないと帰れないだろ」と言いますが
    ライナーは一呼吸置いた後、故郷に戻った場合の話をします
    でも実際にはライナー、ベルトルトはジークと合流し故郷には戻っていません

    ベルトルトはなぜ自分を助けてくれたのかと問い
    ユミルは二人の境遇を知っているし私も同じだったと言います
    でもこれはエルディア人がマーレ国内で迫害されているのを知っている
    というレベルの薄い話ではないかと思います

    ユミルは過去に孤児から何らかの宗教の偶像に仕立て上げられ
    マーレ当局によって捕まり楽園送りになった過去を持っています

    ライナー、ベルトルトも恐らくは戦士募集に手を上げた
    マーレ国内で迫害されていたエルディア人だと思います
    この点は迫害されているエルディア人という意味でユミルと同じですが
    戦士教育を受けて(恐らくは)使命に燃えて侵攻してきた点はユミルと決定的に違います

    なのでこの時点でもユミルは分かった気になっているだけで
    迫害はまだ続いていて人質でも取られて嫌々壁内に侵攻してきたんだろう
    くらいに考えているのではないかと思います
    でないと「女神様もそんなに悪い気分じゃないね」に繋がらないと思います

    もし「フーバー一族?の境遇」レベルの深刻な話を知っていたとすれば
    自分が犠牲になるくらいではどうにもならない=助けられないので
    「女神様もそんなに悪い気分じゃないね」とは思えないでしょう

    • 管理人アース より:

      いでみゃさん!

      コメントありがとうございます!

      >ユミルは何も知らず自己完結の勘違いしていると
      たしかに、ユミルの手紙からも、それほど深い意味を知っている感じではなかったですね。
      ただ、「お前の声が聞こえちまったから」という言葉を深読みすると…って感じですね(^^)

      またよろしくです!


      管理人アース

  10. 地下室の謎が知りたい より:

    現在のアニのポジションは意外と重要な位置にいますよね。
    マーレ側の巨人戦力が現知りうる段階で4体。
    エレン側の巨人戦力が2体及びアニ捕縛状態。
    均衡していますね。今後アニはどのような形で巨人化能力がどちらの戦力になるのか?

    さらにベルトルトが悪魔の末裔とエレン達に言うのに、仲間なのにライナーから穢れた民族扱いされると言う違いがある部分。そして、父の謎。やはりナラカが関わるのか(笑)

    ましてやベルトルトを捕食したアルミンも居ますので、アニとの会話が楽しみですね。

    • 管理人アース より:

      地下室の謎が知りたいさん!

      コメントありがとうございます!

      >アルミンも居ますので、アニとの会話が楽しみですね。
      これ、見たいですよね!
      通常のアルミンとアニとの会話だけでも楽しみです(笑)
      ナラカ登場は熱望です(笑)

      またよろしくです!


      管理人アース

  11. ato より:

    以前このサイトのどこかの考察でも書きましたがベルトルトの言う「僕ら」というのはマーレ側のエルディア人を指していると考えています。ベルトルトのこの発言のタイミングではエレンら璧中人類は壁の外にエルディア人がいることを知らなかったというか正確に言うと、マーレという国がありその領内にエルディア人が住んでいるという情報がなかった事が鍵だと思います。
    「悪魔の末裔が!」という発言は、璧中人類と同じ民族ではあるが自分たちを苦しめている奴らというくくり方をしているだけだと思います。何故悪魔の末裔だと考えているかはマーレの洗脳によるものかもしれませんがなんだか少し違う気もします。洗脳されているのかどうかは分かりませんがベルトルトは世界の歴史の捉え方はマーレ人と同じ感じはしますよね。
    最後に。長々と話した割には他の方の考察(「僕ら」とは壁の中の巨人という考察等)が正解な気もしてしまうので私の考察は頭の片隅にでも入れておいてもらえたらなと思います。記憶違いがありましたらすみません。

    • 管理人アース より:

      atoさん!

      コメントありがとうございます!

      >「僕ら」というのはマーレ側のエルディア人を
      覚えていますよ!
      たしかにあり得るかなと思いますね。
      ユミルがその言葉に心を打たれている場面もありますし、ユミルの素性が分かっている今となってはマーレ側のエルディア人という展開もあるかもです。
      ただ、そうなると「誰か」とはどのような人を指しているのかが気になりますね。

      またよろしくです!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ