進撃の巨人のソウダって何?演じるピエール瀧の役割を検証!

「進撃の巨人」実写映画で登場するオリジナルキャラクター「ソウダ」とはどのような役どころなのでしょうか?

演じるピエール瀧さんとともに検証してみましょう!


Sponsored Link


◆ソウダ役 ピエール瀧さんとは?

300x
ピエール瀧さんは静岡県出身の48才のミュージシャンであり俳優です。その他にもマルチタレントとしても活動しており、声優、ナレーターとしても活躍し、その活躍は多岐に渡っています。

テクノバンド「電気グルーヴ」のメンバーで「楽器の弾けないミュージシャン」と公言して活動していましたが実際はDJとしても活躍しています。

最近では俳優としての活躍が目立っており2013年には第56回ブルーリボン賞助演男優賞を受賞しています。今月25日公開の「寄生獣 完結編」にも三木役として登場する予定で、その演技力は折り紙つきとなっています。


◆ソウダ役としてのピエール瀧さんの役割を検証!

news_xlarge_taki
では、ピエール瀧さん演じる「ソウダ」とはどのような役なのでしょうか?ソウダは「―嘆きの先導者―」とされておりキャッチフレーズは「未来を、繋げ」となっっています。


ポスターを見ると肩には駐屯兵団員を表すバラの紋章があります。「未来を、繋げ」というキャッチフレーズと駐屯兵団員ということからソウダは原作での「ハンネス」役なのではないかと思われます。

Sponsored Link


ただ「―嘆きの先導者―」の意味が不明です。原作のハンネスには「先導者」という言葉は似合わないですし、どちらかと言うと「理解者」という役割を担ったキャラクターでした。

ただ「未来を、繋げ」と「嘆きの」という言葉から劇中で死んでしまうキャラクターなのだろうな、と思われます。ハンネスも原作ではエレンとミカサの未来を繋ぐために死にました。

この「ソウダ」も、未来を繋ぐために死ぬキャラクターなのではないでしょう!

そう考えるとやはり原作のハンネスのような役割を担ったキャラクターなのかもしれません。

ピエール瀧さんは身長179cmでガッチリしています。ハンネスのように「理解者」でありエレンやミカサが「頼れる人」の役なのかもしれません!!

【進撃の巨人の実写映画のネタバレ考察!】
【進撃の巨人ドラマ反撃の狼煙1話ネタバレ!反撃の幕開けのあらすじ!】
【ドラマ進撃の巨人反撃の狼煙2話ネタバレ!希望の弓矢のあらすじ!】
【進撃の巨人ドラマ反撃の狼煙3話ネタバレ!自由への旅立ちのあらすじ!】


Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ