進撃の巨人の映画でエレン役は妥当?実写版での評価は?

先日、実写映画版「進撃の巨人」の予告動画が公開され、映像を待ち望んでいた管理人アースは胸を高鳴らせながら見ました。

短い時間の中でも高いクオリティーと原作イメージを損なわない世界観を感じることができたというのが感想です。映像の中にはチラチラと登場人物も写っており主演である三浦春馬さんも確認出来ました。

果たして、エレン役が三浦春馬さんというのは妥当なのでしょうか?

また、評判はどうなのでしょうか?

ここで検証してみましょう!!

Sponsored Link


◆エレン役三浦春馬さんってどんな人?

haruma

三浦春馬さんの誕生日は4月5日ということで…


そう、2015年4月5日で25歳を迎えるのです!


まだ25才だったのか!?と思うのですが、それもそのはずでデビューが6才の時に連続テレビ小説「あぐり」で子役デビューしており、その後何十本もの作品に登場しているベテランの俳優なのです。

2008年には、「ブラッディ・マンデイ」で連続ドラマ初主演を果たし、2014年に自ら提案企画したドラマ「僕のいた時間」で主演し、第51回ギャラクシー賞 個人賞を受賞しています。常に第一線で活躍しており演技力も申し分ない俳優です。

ネット上でも「演技が上手い」との評判は見ますが「下手」という書き込みはほとんど見られません。

Sponsored Link


◆エレン役は三浦春馬さんは本当に妥当なのか?

o0640090413304876006

たまたまなのですが連続ドラマ初主演を果たした「ブラッディ・マンデイ」とドラマ「僕のいた時間」を管理人アースは全て見ております。おそらく演技力は若手俳優の中では一番だと感じていますし、ネットでの評判で同じような書き込みも確認出来ます。

エレン役が妥当かどうかというのも「ブラッディ・マンデイ」では何度もピンチや裏切りにあっても挫けずに向かっていく役柄は今回のエレン役にも被ります。

「僕のいた時間」では「筋萎縮性側索硬化症」の青年を演じていますが、診断された時の絶望感、それを受け容れそれでも生きることを選ぶ役はエレンを彷彿とさせます。そしてこの二つの役柄を見事に演じ切っていました。

演技力と実績から言ってエレン役は三浦春馬さんが「妥当」というより「彼以外にいない」のではないでしょうか?

爽やかでシャープな顔立ちもエレンのイメージにピッタリです。8月公開の「春馬・イエーガー」が楽しみでなりません!!

【進撃の巨人の実写映画のネタバレ考察!】
【進撃の巨人ドラマ反撃の狼煙1話ネタバレ!反撃の幕開けのあらすじ!】
【ドラマ進撃の巨人反撃の狼煙2話ネタバレ!希望の弓矢のあらすじ!】
【進撃の巨人ドラマ反撃の狼煙3話ネタバレ!自由への旅立ちのあらすじ!】


Sponsored Link

2 Responses to “進撃の巨人の映画でエレン役は妥当?実写版での評価は?”

  1. そうま より:

    僕は実際に見ましたがエレンがひあなの胸を触るシーンがありました…

    • 管理人アース より:

      そうまさん!

      コメントありがとうございます!

      ありましたね~(笑)
      しかし、あれはヒアナがエレンに触らせたような感じでしたね!(笑)
      その後すぐに食べられちゃましたが・・・(ー_ー;)

      【進撃の巨人の実写映画のネタバレ考察!】で映画の感想も書いているので良かったら見てください!

      またコメントよろしくお願いします!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ