進撃の巨人サシャスパイ説を考察!サシャの正体は王政側の人間?

「今後のサシャの役割を考察!」を追加、更新しました!

当サイトでは、前に第67話の最後の場面でサシャの食欲が無いというシーンで、何かの伏線ではないかと話しました。

そして、以前からある「サシャのスパイ説」を踏まえサシャの正体を考察してみましょう!

Sponsored Link


◆「サシャスパイ説」を検証!!

2015-06-03_153312
「進撃の巨人」第21話「開門」より


もともと「サシャスパイ説」が生まれた最初のきっかけは、第21話「開門」の最初のシーンで捕獲した巨人ソニー、ビーンを殺した、犯人探しの場面です。

憲兵団員に立体機動装置の使用の時期を聞かれ、答えるサシャの顔には汗が見えます。

そして、思わせぶりなコマ割りでワザワザ一コマ分サシャの顔のアップに割いています。

このシーンにより、当時はサシャがソニー、ビーン殺しの犯人だと思われていました。

今となってはアニが女型の巨人の正体と分かっており、ソニー、ビーン殺しもアニが犯人だというのが定説です。

しかしアニやライナー、ベルトルトと共犯かもしれないという可能性は、今でも残っています。

その他では、サシャというよりはサシャの父親です。

第53話でハンジによるエレンの巨人化実験で「ヤツらにどこかで見られていることは覚悟しないと…」というコマです。

この「ヤツら」を指している、猟民の格好をして監視をしているのは憲兵団ということなのでしょうが、どう見ても第36話に出て来たサシャの父親の服装と重なります。

帽子に関してはサシャの父親がしていた物と同じですし、ましてや禁猟区なのになぜ憲兵団は猟民の格好をして監視するのでしょうか?

あの監視をしていたのがサシャの父親ならばサシャも王政側の人間という可能性は高くなります。

そうなるとサシャは王政側のスパイということになります。

Sponsored Link


◆サシャの正体とは!?

2015-06-03_153937
「進撃の巨人」第67話「オルブド区外壁」より


サシャの父親が王政側の人間であり、サシャ自身も王政側の人間でスパイであるならば、第67話でロッド・レイスが巨人化した超超大型巨人が来るのを待っている場面で、食欲を無くし汗をかいているのは理解できます。


ただ、サシャはアニやライナー達やケニー・アッカーマンのように積極的な敵、スパイではないように見えます。

スパイという立場でも、エレンたち調査兵団の不利益になるような動きは見られません。

おそらく何かの理由で仕方なく情報を送っているくらいの活動をしているかもしれない、というところでしょう。

しかし第68話で、王政のトップであるロッド・レイスは死にました。

もしサシャが王政側のスパイであったならば、何らかの動きが見られるでしょう。

ただ私情が大きく入っているかもしれませんが、コニーとサシャがバカなやりとりをしている場面はホントに楽しいシーンだと感じるので、サシャにはスパイではなく天然のおバカキャラであって欲しいと思います^^;

そんな期待を込めながら今後の展開も見守りたいです(^^ゞ

◆今後のサシャの役割を考察!

2015-12-03_135420
ここまでは2年前の4月に書いた記事となっていますが、読み返すと非常に懐かしいです!

ありましたね、サシャ・スパイ説!(笑)

現在91話まで進んでおり、それまでのシガンシナ区決戦でサシャは鎧の巨人に雷槍で立ち向かい、重症を負っています。
2016-06-08_025801
「進撃の巨人」第82話「勇者」より


この戦いぶりからサシャは、ライベルジーク側でもないでしょうし、間違いなく調査兵団の一員と言えるでしょう!

サシャはスパイではない、と言い切れると思います。

それではスパイではない今後のサシャには、どのような役割が考えられるでしょうか?

91話時点で、シガンシナ区決戦から4年が経っています。

壁内側の世界は描かれていませんが、9名にまで減った調査兵団も増員され、再構築されているでしょう。

その編成では、エレン達の後輩に当たる訓練兵団105期生、106期生の新兵も入団していることと思われます。

そんな時に、サシャは数少ない先輩女性調査兵としての役割があるのではないでしょうか?

9名までに減った調査兵団で、女性兵士はハンジ、ミカサ、サシャの3名となっています。

ハンジは団長ですし、ミカサはあの性格なので、新兵の面倒をみることは、なかなか難しいでしょう(・_・;)

ここでクリスタがいれば最高ですが、やはり女王にそのような役割は担わせないでしょう。

そこで、女性新兵の面倒を見る先輩調査兵を考えた時、サシャしかいないのではないでしょうか?

数少ない巨人との戦闘経験を持つサシャは、新兵からは憧れられる、そして面倒見の良い先輩兵士となっているという展開がありそうな気がします!

場を和ませるおバカキャラという役割だけではなく、新兵の面倒を見る先輩兵士としての役割も、今後のサシャにはあるのではと予想できますよね!

今後のサシャの活躍が期待できますよ!

再登場が楽しみです!\(^o^)/

【進撃の巨人17巻のネタバレ内容まとめ!サシャの正体が判明する?】
【ドラマ進撃の巨人反撃の狼煙2話ネタバレ!希望の弓矢のあらすじ!】


Sponsored Link

27 Responses to “進撃の巨人サシャスパイ説を考察!サシャの正体は王政側の人間?”

  1. 一般人 より:

    もしサシャがスパイならライナーみたいにエレンらと一緒に生活する中で仲間という感情が芽生えて、いざスパイとしての役目をしようとしたときにできなくなったと考えるのが妥当でしょうね

    まぁスパイであるならベルトルトみたいにあんまり目立つことは避けると思うので初日の芋でスパイの可能性はほぼ0になると思いますけどね

    • 管理人アース より:

      一般人さん!

      コメントありがとうございます!

      >初日の芋でスパイの可能性はほぼ0になると思いますけどね
      なるほど!
      たしかにスパイの身なら初日にあんなことして目を付けられるようなことはしないですよね!
      もっともな考察ですね!

      最新話までサシャがスパイか未だ分かっていませんが
      このまま104期生の仲間として行くのかもしれません。

      またコメントよろしくお願いします!


      管理人アース

  2. Arisa より:

    サシャにはライナーたち側だったり、王政の人だったってのはやめてほしい!
    サシャはサシャでいてほしいし、コニーとずっとバカをやっててほしい!!

    • 管理人アース より:

      Arisaさん!

      コメントありがとうございます!

      >コニーとずっとバカをやっててほしい!!
      ですね!
      ここまで来ると、サシャスパイ説は無いと思いますよ!
      現在最新話でのウォール・マリア奪還作戦でも、それらしい動きはありませんし!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  3. ヨーソロ より:

    サシャのあのおバカキャラは天然だと信じたいな。
    でも、サシャが王政側でもずっと大好きだよ!(^^)!

    • 管理人アース より:

      ヨーソロさん!

      コメントありがとうございます!

      かなりのサシャファンのようですね!(笑)
      ここまで来ると、スパイではないと思いたいですよね!
      今でも、意識不明の重体になっていますが、そこまで兵団に心臓を捧げているのですから…

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  4. と、思わせておいて、いきなりの
    カミングアウトとか…(笑)
    サシャは巨人化やアッカーマン
    ではなくても、何とかの一族の
    ような気がするのですが…?

  5. 168cmの巨人 より:

    サシャはサムエルを己の危険を犯してまでも救いに行きましたからね(^^)面倒見の良い先輩兵士になれそうですよね!後輩新人兵士の為に奮闘しそう!

  6. 進撃してやる より:

    アースさんお疲れ様です。
    先輩女性兵士ですか、ペトラやナナバみたいな感じですかね。二人ともだいぶ前に退場しているのにそんな感じがしませんね。アニメの影響もあると思いますが

    サシャは和やかに見れますから今後の活躍にも期待ですね。やるときはやる子ですし!

    以上です

  7. レイ より:

    ちょっと(?)抜けた所もある可愛らしい先輩として親しまれてそうですね!
    そして、言語力の残念なミカサと後輩(特に女子)との間を繋ぐ翻訳係としても活躍してくれそうです(笑)

  8. 男型の巨人 より:

    こんばんはアース様。
    いつも楽しく見させてもらっています。
    第57回壁外調査?で帰還した時に写っていた子供達は後に調査兵団に入るという伏線でしょうか?

    • 管理人アース より:

      面白いですね!
      そんな展開があったら良いですが、どうでしょうか?
      あるかもですね!


      管理人アース

  9. マイティ より:

    こんばんは。僕としては、サシャは一回諫山氏に殺されかけた(つまり用済み)ので、話を分かりやすくする役はあっても、ストーリーに大きく関わることはないのではないでしょうか。今回のも「サシャの食欲が無くなるほど壮絶な戦いだった」と示しただけなのではとそのまま解釈してます。

  10. アニの 叫びの力を見破ったり、
    ウォール・ローゼ内に発生した
    巨人を予感したりと、サシャの
    この野性的能力は 侮ることが
    できないと思います。
    これからもその能力を発揮し、
    活躍してほしいものです。

  11. あきたけ より:

    いつも楽しく拝見しています。
    ありがとうございます。

    このマンガは不要な人物は出てこないので
    サシャがこれまで生き残っているのも
    相当の理由があると思います。

    22巻でサシャがりんごを食べているコマが
    わざわざ書かれているので

    サシャは
    9番目の巨人
    新の王家(フリッツ家)の血統
    と思っています。

    コニーが生き残っているのは
    最終的に母親を無垢の巨人から
    人間に元に戻す話を書くためでしょうね。

    ジャンは…読者目線の語り手かな。

  12. 馬来熊 より:

    調査兵団の生き残りは9人って
    事務作業の人とかいなかったのかな… なんて思った覚えが
    “兵”団とはいえ給与計算とか、資産管理する人がいそうなのに
    まぁ、そういう人をカウントしない戦闘要員が9人ってことなんでしょうけどね

    先輩になったサシャ、楽しみですねぇ
    弓使いの後輩ができてたりして

  13. 壁の巨人 より:

    「ヨロイ」の瓶を「ヨロイ・ブラウス」と仮定したときに、ブラウス家には何かあるのか?との考えから想像してみました。

    ヨロイの成分を摂取したエレンは壁を造れるようになりました。この能力は145代フリッツ王が三重の壁を作った時に使用された能力と一致するように思えます。

    私は145代フリッツ王の巨人と、壁を築いた力は別であると思っていますので、この壁を築いた力が「ヨロイ」の巨人の力だと推測します。


    なので、かつて巨人化能力を持ち、レイス家と共に壁を作った家系がブラウス家の血統。
    こう仮定すると、サシャスパイ説があったように、サシャは何か知っているのか?との疑問が。

    サシャの印象的なエピソードと言えば、第36話「ただいま」の回ですよね。
    そこで交わされているサシャ父との会話。

    サシャ父は一見「少人数の狩猟民族の立場」から自分たちが生活する環境を語っているように見えますが、
    「そりゃなぁ…
    我々は世界に生かしてもらっとるからなぁ…」
    のセリフ以降を、壁の外(パラディ島の外)の世界を知ってる人物のセリフとして読んでみると。

    サシャ(壁外の事を知らない普通の人)のセリフはそのまま受け取ると現在の境遇(=少数狩猟民族として狭い森の恩恵で生きている)からくる発言ですが、
    「よそ者に受けた恩なんか無い」
    「私達にゃ私達の生き方がある」
    「誰にもそれを邪魔できる理由はない」
    は、外の世界を知らない壁内人類が何かの脅威(巨人)にさらされた時にこう考え、その脅威を排除しようとする姿勢と重なる。
    それを受けたサシャ父のセリフは、壁外の事も知っている上で、
    「そうか、それもいいやろ」
    「一生この森(壁)の中で自分や同族の価値観で生きていくんも」
    「けどな…それと心中する覚悟はあるんか?」
    →世界の事を知らず、何があっても理由も分からないままに滅びる覚悟はあるか?
    「私の考えはこうだ
    伝統(壁内での生活)を捨ててでも一族とともに未来を生きたい」

    サシャ父のセリフは普通に一狩猟民族の生き方を我が子に説いただけでも男前なセリフだなあと思いますが、このように考えるとさらに深いな、と勝手に深読みしています。

    また、王政から「対価を支払う代わりに馬を育てろ…」と言われていることが、ただの少数(弱小?)狩猟民族にしてはかなり優遇された扱いに感じました。
    強制立ち退きでもおかしくないのに、と思う私は王政に反発しすぎ?(笑)

    進撃の世界に出てくる印象的な「父と子の関係」のエピソードに、グリシャ・ジーク・アニ・エレン・サシャがあると思われます。

    グリシャ→(収容区の)壁の外に自由を求めて出るも、父からはとんでもないと洗脳じみた説教をされる

    ジーク→「王家の血を引く子」「エルディア復権の希望」として扱われ、『ジーク自身と向き合ったことは一度もなかった』

    アニ→詳細は不明だが、「俺が間違っていた」と最終的には『アニ自身と向き合って、アニの味方とはっきりと伝える』

    エレン→(ジークの時の反省もあってか)自由にさせ、エレンが自ら外の世界へ興味(調査兵団への入団希望)を示したときに地下室の秘密を教えようとした。(しかし『やむを得ない事情で強制的に巨人の力を引き継がせる事になった』)

    サシャ→サシャ父は自分の考えは言っているが、『森を出て他者と向き合う』事を望み、サシャ自身の目で様々な事を見て学び、考え、生きていく事を望んでいる。

    サシャスパイ説が生まれるきっかけとなった事の一つに、思わせぶりなコマが多いのもあったかと思います。
    これはサシャなりに一生懸命考えてる事のあらわれなのかな、と解釈しました。

    「ヨロイ・ブラウス」説の信憑性はともかく、父親から変な思想(笑)を押しつけられないで育ったサシャ。
    自分でしっかりと見て考えて、ついに辿り着いたグリシャノートで世界の事を知り(第89話の「会議」で一人病室で林檎=知恵の実=世界の真実を知った事の暗喩と解釈)、そこからまた考え、他の父子関係のキャラとの対比も含め、これからどう活躍していくのか楽しみに思っています。

    • 管理人アース より:

      良いですね!
      ヨロイ・ブラウス説!
      かなりオリジナリティー溢れる説だと感じます。
      壁を作った能力はヨロイであろうと思いますが、超大型というのも引っ掛かりますよね。
      座標を使えば無垢の巨人を超大型にし、硬質化を使えるように出来るのでしょうか?

      あと、前回のコメントでの獣は歴代リーダーだから年齢が上なのではという考察、ありがとうございました!
      コルトを見ても納得ですよね?
      これ、間違いないと思いますよ!


      またよろしくです!



      管理人アース

      • 壁の巨人 より:

        考察楽しんで頂けたようで嬉しく思います(^^)
        毎度長文になってしまい心苦しく思ってますが、丁寧にコメント頂いてありがとうございます。

        はい。コルトの件からも年齢問題は間違いないかな、と思っています。

        壁作り、私も大量の無垢超大型をどうしたのかが上手く考察できないんですよね。
        巨人化薬を大量に持ち運んでいたとは思えないですし。

        今ふと思ったのが、パラディ島移住時に超大型の能力者も一緒に来て、
        どうにかして超大型を大量作成→何らかの理由で赤子継承で大陸に戻った→マーレの手に落ちた。
        とかどうでしょう?
        ベルトルトの性格を参考にすれば、主体性が無く(笑)、始祖に付いて来いとか言われたらついて行きそうですし。
        壁内のレイス家が所持していた薬も
        サイキョウ=超大型
        ヨロイ=壁
        とすれば、この二体+始祖が初期にパラディ島に来た巨人なのかも。

        • 管理人アース より:

          超大型巨人がパラディ島移住時に同行したというのは、難しいところですね。
          パラディ島に移住時点で145代フリッツ王は巨人大戦に負けて引きこもったのかなと思われます。
          ということは超大型巨人能力者もその時点で7つの巨人に取り込まれていたのではと察せられます。
          もちろんこれはマーレの歴史なので、もしかしたら違うのかもしれませんが…
          しかし、超大型巨人能力者が絡まないと、あの大量の壁の巨人を生むのは確かに難しい気がしますね。
          ここは、悩みどころです…(・_・;)

          またよろしくです!


          管理人アース

          • 壁の巨人 より:

            その辺の歴史が難しいですよね。

            私は145代フリッツ王が移住を決意した理由が、マーレの内部工作の一環かも?と思ってます。

            ①移住(マーレの内部工作)
            ②始祖の抑止力がなくなり、それまでも争いの絶えなかった巨人同士の争いが始まる(内部工作がもたらした内戦でエルディアが弱体化)
            ③マーレが最終的に7つの巨人を手にする

            という流れかなと。
            詳しく考察してないので矛盾があるかもですが(^^)
            現段階では、巨人大戦って言葉だけ聞くと長期間続いた感じがするんですけど、意外と短期決戦でその間にマーレが巨人の力をかっ攫った可能性があるのかな?と思ってます。

          • 管理人アース より:

            年表考察!ジークの誕生時期を検証!で考察していますが、巨人大戦が起こり6年後に壁に籠もっています。
            この考察が正しければですが、巨人大戦が起こってから壁に籠もっていますね。
            もちろん、この辺りもグリシャ父の説明=マーレ側の歴史が元になっている部分があるので、確定できませんが。

            またよろしくです!


            管理人アース

  14. 壁の巨人 より:

    ああ、なるほど。
    年表確認しましたが、私も年表は間違ってないと思いますよ。
    サシャの考察とかけ離れてしまったので、最後に一つだけ失礼します。
    移住(=巨人大戦開始)から数年後(年表を元にするとそれこそ6年後)に壁を築き籠もったと推察していたので上記のような投稿になりました。
    サシャ考察と関係無い話題が長くなってしまい、本当に失礼いたしましたm(_ _)m

    • 管理人アース より:

      いえいえ、ありがとうございます!
      ヨロイ・ブラウス展開、頭に入れておきますね!

      またよろしくです!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ