進撃の巨人ネタバレの69話のあらすじは?サシャの父親が獣の巨人?

別冊少年マガジン5月号にて「進撃の巨人」第68話「壁の王」が掲載されました。

現在この第68話が最新話ですが第69話の展開を予想してみましょう!!

Sponsored Link


◆「進撃の巨人」第69話のネタバレ展開予想!!

IMG_6037.JPG
「進撃の巨人」第57話「切り裂きケニー」より


第68話にてロッド・レイスの超超大型巨人を倒しひとまずの区切りが付きました。この後はエルヴィン団長が計画していた「ヒストリア即位」作戦を進めて行くと思われます。

民衆の支持を得るためにまずはエレンの硬質化能力を使いウォール・マリアの壁の穴を塞ぎシガンシナ区奪還を優先するでしょう。奪還後にエレンの家の地下室に行きグリシャの残した資料を見る事になると思われます。

ここで気になるのはエレンの硬質化能力はこれからも巨人化すれば出来るようになっているのでしょうか?それとも「ヨロイ」の薬を飲まなければ出来ないのでしょうか?

もうひとつはケニーたち中央憲兵団の今後です。ロッド・レイスがいなくなった今、ケニー達はどうしているのでしょうか?
「この世界を盤上からひっくり返すっていうケニーの夢」はまだ続いているのでしょうか?

それはウォール・マリアの壁の穴を塞ぐエルヴィン達と敵対することになるのでしょうか?敵対して再びケニーとリヴァイ兵長の一騎打ち…なんて展開もあるかもですね。

この辺りが第69話の話になると思われます。


Sponsored Link


◆第67話「オルブド区外壁」にて出たサシャの伏線

2015-06-15_191950
「進撃の巨人」第15話「個々」より

第67話にてオルブド区外壁の上でのサシャ達104期生たちの会話でサシャから「食欲が無くて…」というセリフがありました。ジャンの「さっきまで散々人殺しまくってたっせいかもな」という言葉でサシャの食欲不振の話は消えましたが食欲の塊だったサシャからは考えられないセリフです。

ロッド・レイスの超超大型巨人を待ち受ける状況だった事から考えてもサシャは何かを隠しているのではないかと思われます。「サシャの父親が獣の巨人正体説」やドラマ3部作で「サシャ編」というサシャの生い立ちがテーマのドラマがある事でもサシャには何かがあるように思えて仕方がありません。

もともとサシャが9巻で死ぬ予定だったところを作者諫山創先生が「一見カッコいいけれど、死ぬのはここじゃない。もっとふさわしい場所があるんじゃないか」と思いサシャは死なずに現在にいたるという事が明らかになっており、役割が終わった登場人物をあっさりと死なすことも分かっています。

つまりサシャにはまだ役割があるので生き残っているということです。その役割とは何なのでしょうか?

もしかしたらサシャにはとてつもない秘密があるのではないでしょうか?第69話でサシャに動きがないとも限りません。

頭の隅に「サシャの役割」を残しておいた方が良いかもしれませんね。

追記:69話が確定しました!


さてさて、69話の内容が確定しました!

→ 69話のネタバレと感想まとめ!


まさかまさかの展開で、リヴァイとケニーの過去編が描かれており、そして、ケニーの最後にあんなことになってしまうとは…。

69話で衝撃の展開が待っていますが、こちらもぜひご覧ください!

→ リヴァイが死亡フラグの真相は?


Sponsored Link

この考察記事を読まれた方には、こちらの記事にも進撃して頂いてます。

コメントを残す

このページの先頭へ