進撃の巨人エルヴィンの正体は?父の仮説の証明って何?

「エルヴィン団長の正体はリヴァイ兵長が決めたのかを考察!」を追加更新しました!

第2回キャラクター人気投票でリヴァイ兵士長に次ぐ2位という大人気のエルヴィン団長ですが、あまりに切れ者過ぎて正体を怪しんでしまう事があります。

ここでエルヴィン団長の正体を検証してみましょう!

Sponsored Link


◆エルヴィン団長の目的とは?

409c0e37e7f394ee0b59bf49d5a8a168
「進撃の巨人」第55話「痛み」より


言わずと知れたエルヴィン団長は、調査兵団団長です。

調査兵団に入った目的は、第55話のピクシス司令との会話で出て来ます。

そこでは「107年前に人類は王によって統治しやすいように記憶を改ざんされた」という父の仮説を証明することが、エルヴィンの人生の使命になったと語っています。

第62話ではエルヴィンの迷いと本音とが見て取れます。

クーデターを成功させたザックレー総統との会話で「人よりも…人類が尊いなら…」王政に全てを託すべきだったのではないか、と話しており、あまりの責任の重さにエルヴィンの迷いが見えます。

その後のザックレー総統との会話で自分が最も優先するべきことを思い出し、「私には夢があります」「子供の頃からの夢です」と教師である父に質問をしている回想シーンが描かれており、自分の使命は父の記憶改ざんの仮説を証明することだと吹っ切れたように見えます。

Sponsored Link


◆エルヴィン団長の正体は?

2015-05-23_083205
「進撃の巨人」第62話「罪」より


数々の作戦を考え指揮し実行するエルヴィン団長のカリスマ性と切れすぎる頭脳には、時に裏があるのではないかと勘ぐってしまいます。

裏を勘ぐられ過ぎ「エルヴィン黒幕説」という説まで、ネット上では出回っています。

しかし、そんなエルヴィンでも幼かったとはいえ自分の発言のせいで父を失った悲しみは一生消えず、エルヴィンを苦しめていることが察せられます。

達成しても父は帰ってきませんが、その苦しみを薄めるには「父の仮説の証明」くらいしかエルヴィンに出来ることは無いのでしょう。

なので、第55話と第62話でエルヴィンが語った「父の仮説の証明」という夢は本当の気持ちなのだと思われます。

しかしそのために実行したクーデターは、あまりにも重い決断を強いられました。

成功した後にエルヴィンが語った「人よりも…人類が尊いなら…」発言からも、エルヴィンの苦しみが感じられます。

その発言を受けてザックレー総統が「君の使命は相変わらず辛いな」「死んだ方がはるかに楽に見える」と返している程です。このエルヴィンを見ると裏があるとは思えず、本当に人類全体の未来を考え動いているように見えます。

このような姿が、人気投票2位を得るのでしょう!

エルヴィンの正体は「人類の未来を考え父の仇を討つ」カリスマ団長なのだと管理人アースは考えます!!

◆エルヴィン団長の正体はリヴァイ兵長が決めたのか考察!

2015-12-08_024554
「進撃の巨人」第76話「雷槍」より


ここまでは2年前の5月に書いた記事でしたが、当時エルヴィンについてはいろいろ考察していました。

特にエルヴィンの正体に関しては、死亡したシガンシナ区決戦の最後の最後まで謎であり、死亡する場面まで考察され続けてきました。

彼の本当の目的は、彼自身が第80話「名も無き兵士」でリヴァイに語ったように父親の仮設の答え合わせをする事であり、彼の正体は、その為の世界の真相を求める「個人的な目的の為に戦ってきた」団長でした。
2016-04-08_033307
「進撃の巨人」第80話「名も無き兵士」より


その個人的な目的が調査兵団団長の目的と一致していたため、彼はその頭脳をフルに活かされ活躍したため、稀代の名団長としてその名を歴史に残すであろうと察せられます。

ただエルヴィンが第80話での最後の選択で使命を捨て、個人的な目的に走り、一人でグリシャの地下室に行っていたらどうだったでしょうか?

獣の巨人に追い詰められた調査兵団を見捨て、あのまま地下室に行っていたら…

名団長のまま、その生涯を終える事はできなかったでしょう。

その後には獣の巨人にエレンを連れ去られ、壁内は絶体絶命になったと思われます。

そうならなかったのは、リヴァイがこの時に、「夢を諦めて死んでくれ」と、ハッキリとエルヴィンに告げたからだと考えられます。
2016-04-08_033415
「進撃の巨人」第80話「名も無き兵士」より


この言葉だけを取ると、とんでもなく酷い言葉を投げかけているように感じられます。

ましてや上官に対してであり、そのように考えたら、とんでもない発言です!

しかし、この言葉が個人的な目的に走ろうとし迷っていたエルヴィンに決断をさせました。

最後まで「名団長」として生涯を終える決断をさせたと察せられます。

そしてこの決断が、エルヴィンが「答え合わせ」が出来ないまま死亡するルートへ向かう、ひとつの大きな選択となりました。

そのため、彼の真の目的であった答え合わせをすることは叶わず、死亡してしまう展開となりました。

しかし、エルヴィンにこの決断をさせたリヴァイの言葉をエルヴィンは「助かった」と思わせ感謝している事は84話での、リヴァイに言われた後にエルヴィンが言った「ありがとう」で分かります。
2016-08-08_040437
「進撃の巨人」第84話「白夜」より


エルヴィンも、自分が最後まで公に心臓を捧げた名団長としての自分を保ちたいと思っていたのでしょう。

その気持を後押しし、叶えてくれたリヴァイへの感謝の気持ちから自然に出た、感謝の言葉だと感じられますよね!

そして、団長である以上終わらない地獄から救ってくれた、とも感じたと思われます。

エルヴィンの正体は「個人的な目的の為に戦ってきた」団長でしょう。

しかし、その行動は最後まで公に心臓を捧げた「名団長」であり、そうさせたのは最後まで彼の右腕であったリヴァイ兵長だと分かりますよね!

エルヴィン団長の正体は、「リヴァイ兵長の支えによって「稀代の名調査兵団長」であり続けられた、素晴らしい団長だった」と分かった考察でした!\(^o^)/

【進撃の巨人ミケが最期死んだ真相!原作再登場はエルヴィンとの過去編?】
【エルヴィンの腕は再生するのか検証!巨人化する?】
【進撃の巨人のエルヴィンとリヴァイの過去は?】


Sponsored Link

この考察記事を読まれた方には、こちらの記事にも進撃して頂いてます。

16 Responses to “進撃の巨人エルヴィンの正体は?父の仮説の証明って何?”

  1. 馬来熊 より:

    その流れがあって、「こいつを許してやってくれないか」が本当の名場面になるわけですね

  2. ソフィ より:

    リヴァイはエルヴィンに引導を渡したあの時に、エルヴィンの地獄を丸ごと引き受けたということなのでしょうね。
    エルヴィンの運命を決定した重さ、猿を討ち取る誓いの重さとも絡み合ったリヴァイだけの地獄を強い意志で乗り越えていくリヴァイの行く末を見届けたいです。
    途中で作ったキャラとは思えないほど作品を動かすキャラになりましたね。

    • 管理人アース より:

      十分主人公を張れるキャラですし、エレン以上にキャラが固まっていますよね(笑)

      これからのリヴァイに期待です!


      管理人アース

  3. ジョン より:

    ヤバイです。泣けてきましたよ。エルヴィンもリヴァイもカッコ良すぎですね。こんなキャラ他に見た事ないですね。改めて凄い漫画ですね。

    • 管理人アース より:

      この作品の魅力が伏線だけではないという事が分かりますよね!

      またよろしくです!


      管理人アース

  4. 進撃のkingmonkey より:

    こんにちは。

    ジークとエルヴィンは、理由は違うかもしれないけど、親を売ったもの同士、何か境遇が似てますね。

    • 管理人アース より:

      ああ、面白い見方ですね。
      故意か他意なくかは別にして、二人ともそうですね。
      何か意味があるのでしょうか…?
      これからもジークはそういう意味でも要注意ですね!

      またよろしくです!



      管理人アース

  5. 進撃の個人 より:

    アース様、いつもありがとうございます。

    熱い!熱すぎる!ウォールマリア奪還作戦だけでなく、エレン奪還作戦、王政クーデターすべてにおいてエルヴィン団長が主役だと思ってます。

    アルミンとエルヴィンのどちらに注射を打つのかのとき、個人的にはエルヴィン推しでした。最後に無意識で子供の頃にした質問を言うシーンとリヴァイに「ありがとう」と言うシーンは号泣しました。
    でも最後に選んだのはリヴァイであり、リヴァイだからこそ読者も納得したのではないでしょうか。
    諌山先生にはホント頭上がりません。

    今回は考察ではなく感想でした(-.-;)

    • 管理人アース より:

      全くの同感ですよ‼
      この作品の素晴らしいのは考察だけではなく、熱い感動シーンが多々ある所ですよね!
      エルヴィンの最後は神回ですよ!

      またよろしくです!


      管理人アース

  6. あるれると より:

    エルヴィン死亡は読者もかなりショックですよね。
    しかもアルミンとどちかしか生き残れないなんて‥‥。
    どっちも好きだった私はハラハラしながら読んでましたが、その傍あっさり亡くなってしまったベルトルトさん‥‥。(涙)
    エルヴィン、まだ30代という若さで頭の回転が早く、判断力に優れ、非情さを持った人間、少年漫画とは思えない魅力的なキャラクターでした。
    特に、身内に非常にはなれないエレンとは対照的なキャラクターだと思います。
    フロックには自己中と言われちゃってましたが(笑)
    シガンシナ区の決戦から4年、生き残ったアルミンや敵全部ぶっ殺せば発言していたエレンなど、壁内側がどっなったか本当に楽しみです。
    考察でなくて感想ですみません。

    • 管理人アース より:

      エルヴィン死亡記事にはどうしても考察ではなく感想になりますよね( ̄▽ ̄;)
      それだけショッキングな展開だったと思います。
      逆に言えばそれだけ魅力的な展開だったのかなと!

      またよろしくです!


      管理人アース

  7. Rana より:

    私は、全くの個人的な意見ですが、少しだけ違った読み取り方をしました。

    聡明なエルヴィンは、人類の勝利のためにすべきことが兵士達を道連れにして自分が筆頭に立ち、命を捨てて獣の巨人に対峙することだと頭では分かっていた。けれども子どもの頃からの夢、父親の仮説の答え合わせを実現できる地下室を間近に、最後の最後で心で諦め切れないでいた。
    それを長年の戦友であり腹心の右腕でもあるリヴァイが、「諦めろ」、それがお前の進む道だ、と後押ししてくれた。
    その、自分では分かっていても決断仕切れなかった奥底の弱さや心の機微を言わずとも理解してくれたリヴァイに対して、「ありがとう」と言った。

    と思いました。団長としての周りの評価や立場を守るというよりは、夢を断ち切るためにリヴァイにこの話をしたのかなと思いました。エルヴィンは、リヴァイが「諦めろ」と言ってくれるのを期待(または確信)していたのではないかと。

    いずれにしてもエルヴィンとリヴァイの絆を感じさせてくれる名シーンですよね!!

    • 管理人アース より:

      エルヴィンの「ありがとう」をどう捉えるかは色々な見方があると思います。
      それだけこの場面が奥深いと言うことかなと。
      最高な場面ですよね!

      またよろしくです!


      管理人アース

  8. 第80話 名も無き兵士より
    「人は いずれ死ぬ。
     ならば 人生には意味が無いのか?
     死んだ仲間も そうなのか。
     あの兵士達も 無意味だったのか?

     いや違う!!
     あの兵士に 意味を与えるのは 我々だ!!
     あの勇敢な死者を、哀れな死者を、
     思う事ができるのは、生者である我々だ!!

     我々はここで死に、次の生者に意味を宅す!!
     それこそ唯一、この残酷な世界に 抗う術
     なのだ!!」

    エルヴィンの名演説です。
    エルヴィンといえば、切れ者の戦略家という
    印象でしたが、この言葉は 崇高な哲学者の
    言葉のように胸に刺さります。

    この名演説は、人生訓としても 超一級では
    ないかと思います。

    • 管理人アース より:

      素晴らしい神シーンですよね!
      数ある名場面の中でもトップクラスかと!

      またよろしくです!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ