進撃の巨人エルヴィンの正体は?父の仮説の証明って何?

第2回キャラクター人気投票でリヴァイ兵士長に次ぐ2位という大人気のエルヴィン団長ですが、あまりに切れ者過ぎて正体を怪しんでしまう事があります。

ここでエルヴィン団長の正体を検証してみましょう!

Sponsored Link


◆エルヴィン団長の目的とは?

409c0e37e7f394ee0b59bf49d5a8a168
「進撃の巨人」第55話「痛み」より


言わずと知れたエルヴィン団長は、調査兵団団長です。

調査兵団に入った目的は、第55話のピクシス司令との会話で出て来ます。

そこでは「107年前に人類は王によって統治しやすいように記憶を改ざんされた」という父の仮説を証明することが、エルヴィンの人生の使命になったと語っています。

第62話ではエルヴィンの迷いと本音とが見て取れます。

クーデターを成功させたザックレー総統との会話で「人よりも…人類が尊いなら…」王政に全てを託すべきだったのではないか、と話しており、あまりの責任の重さにエルヴィンの迷いが見えます。

その後のザックレー総統との会話で自分が最も優先するべきことを思い出し、「私には夢があります」「子供の頃からの夢です」と教師である父に質問をしている回想シーンが描かれており、自分の使命は父の記憶改ざんの仮説を証明することだと吹っ切れたように見えます。

Sponsored Link


◆エルヴィン団長の正体は?

2015-05-23_083205
「進撃の巨人」第62話「罪」より


数々の作戦を考え指揮し実行するエルヴィン団長のカリスマ性と切れすぎる頭脳には、時に裏があるのではないかと勘ぐってしまいます。

裏を勘ぐられ過ぎ「エルヴィン黒幕説」という説まで、ネット上では出回っています。

しかし、そんなエルヴィンでも幼かったとはいえ自分の発言のせいで父を失った悲しみは一生消えず、エルヴィンを苦しめていることが察せられます。

達成しても父は帰ってきませんが、その苦しみを薄めるには「父の仮説の証明」くらいしかエルヴィンに出来ることは無いのでしょう。

なので、第55話と第62話でエルヴィンが語った「父の仮説の証明」という夢は本当の気持ちなのだと思われます。

しかしそのために実行したクーデターは、あまりにも重い決断を強いられました。

成功した後にエルヴィンが語った「人よりも…人類が尊いなら…」発言からも、エルヴィンの苦しみが感じられます。

その発言を受けてザックレー総統が「君の使命は相変わらず辛いな」「死んだ方がはるかに楽に見える」と返している程です。このエルヴィンを見ると裏があるとは思えず、本当に人類全体の未来を考え動いているように見えます。

このような姿が、人気投票2位を得るのでしょう!

エルヴィンの正体は「人類の未来を考え父の仇を討つ」カリスマ団長なのだと管理人アースは考えます!!

【進撃の巨人ミケが最期死んだ真相!原作再登場はエルヴィンとの過去編?】
【エルヴィンの腕は再生するのか検証!巨人化する?】
【進撃の巨人のエルヴィンとリヴァイの過去は?】


Sponsored Link

この考察記事を読まれた方には、こちらの記事にも進撃して頂いてます。

コメントを残す

このページの先頭へ