ナイルドーク師団長は最終的な目的は?

ナイルドーク師団長は憲兵団師団長という立場です。

最後に登場シーンである第62話では新聞記者たちに対し真の王家の存在について説明していました。

ここでこれからのナイルドーク師団長について考察し最終的にどうなるかを検証してみましょう!

Sponsored Link


◆ナイル・ドーク師団長とは?

ナイル・ドーク
「進撃の巨人」第19話「まだ目を見れない」より

ナイル・ドーク師団長は第19話のエレンの裁判のシーンにて初登場します。

巨人化出来るエレンの人体を調べてから処分するという提案をしますがエルヴィン団長とリヴァイ兵士長の機転によりエレンは調査兵団預りになり助かります。第53話にてナイル・ドーク師団長とエルヴィン団長が訓練兵時代の同期だと分かります。さらにナイル・ドーク師団長には直に三人目の子どもが生まれる予定で妻マリーはエルヴィン団長も惚れていたと告白しています。

第62話ではナイル・ドーク師団長が新聞記者たちに対しフリッツ王家へのクーデターが兵団組織による統治が目的ではないと兵団の正当性を訴える広報係を行っているシーンが出て来ます。これまでの登場で分かるのは、ナイル・ドーク師団長は兵団の中でも最も位が上である憲兵団のトップであるにも関わらず、エルヴィン調査兵団団長と駐屯兵団トップであるピクシス司令と比べても見劣りするポジションにいるのが分かります。

Sponsored Link


◆ナイル・ドーク師団長は最終的にどうなるのか!?

e6dd1208
「進撃の巨人」第31話「微笑み」より

憲兵団は調査兵団と駐屯兵団と比べ、王家に最も近い兵団であり訓練兵の中でも上位の者しか入団できない兵団です。しかし、それは最も巨人から遠い内地勤務になることを意味しており実際の憲兵団員は怠けて腐っているのが第31話で描かれています。

しかし、それは所属している憲兵団員のせいではなく組織の仕組みのせいではないのかとアニの話から憲兵団員マルロが思い直している場面も出て来ます。

そこでは腐っている憲兵団員は「普通の人間」なのだとアニは言っていました。その普通の人間の集まりである憲兵団のトップなのがナイル・ドーク師団長であり、まさにこの師団長は「普通の人間」として登場しています。

ナイル・ドーク師団長の役割はエルヴィン団長のカリスマ性を引き立たせるためなのだと思われます。そのためナイル・ドーク師団長の登場シーンはエルヴィン団長との会話のシーンがほとんどを占めています。そして今後その役目は少なくなってくるのでしょう。

エルヴィン団長のカリスマ性はすでに確立していますし、役目は残り少ないのではないでしょうか?

役目が無くなった登場人物はあっさり巨人に食われて死んでしまうことがこの作品の特徴となっています。いきなり死亡してしまうナイル・ドーク師団長の場面が描かれることが近々あっても不思議ではないような気がします。

【進撃の巨人ネタバレ19話の考察!「まだ目が見れない」の伏線ポイントまとめ!】
【進撃の巨人5巻ネタバレ考察まとめ!】


Sponsored Link

この考察記事を読まれた方には、こちらの記事にも進撃して頂いてます。

コメントを残す

このページの先頭へ