エレンイエガーの過去まとめ!ミカサ外伝のネタバレも!

昨年12月に『小説 進撃の巨人 LOST GIRLS』が発売されました。
もともとBlu-ray Disc3巻の初回限定特典として収録されたビジュアル・ノベルディスク「ミカサ外伝」「アニ外伝」を脚本家・瀬古浩司氏にて小説化されたものです。
今回はエレンとミカサの出会いを描いた「ミカサ外伝」から「エレンの過去」を考察してみます。

Sponsored Link


◆「ミカサ外伝」のとは?

d1719-534-785942-1

「ミカサ外伝」はエレンとミカサの出会いを描いた作品でありミカサ視点で話が進んで行きます。
ミカサから見たエレンが描かれておりどのようにしてミカサがエレンに好意を持っていったのかも読み取れるようになっています。

本編「進撃の巨人」では第6話「少女が見た世界」にて強盗から助けてもらいエレンにマフラーを巻いてもらったのが出会いとなっていますが「ミカサ外伝」では違います。
イフストーリーというかパラレルというか、本編とのリンクも読み取れる話にはなっているのですが内容はかなり変わっています。

では「ミカサ外伝」から「エレンの過去」を考えてみましょう。


◆エレンの気性には理由がある!?

erenyuugai
「進撃の巨人」第6話「少女が見た世界」より


本編「進撃の巨人」でも分かるようにエレンの気性はかなり荒いです。
9才にして人を殺し「有害な獣を駆除した!!たまたま人と格好が似てただけだ!!」と言ってのけています。明らかにかなり異常です。

このエレンの気性の考察は以前からネットでも取り上げられ「エレンはシガンシナ区生まれではなく壁外から来たのではないか?」などの意見も出ています。
確かにシガンシナ区「育ち」ではあるがシガンシナ区「生まれ」という説明はどこにもありません。

Sponsored Link


「ミカサ外伝」にもエレンがどこの生まれなのか説明はありません。
「ミカサ外伝」はイフストーリーなので本編と違い強盗も出て来きませんし、出て来ないのでミカサのリミッター解除もありません。

ですが、エレンの気性の荒さは健在です。ミカサと出会った頃から何かに苛立っており、本人曰く「大きな力」に抵抗しているようです。
この「大きな力」が何なのか説明はありませんがエレンを服従させようとしている力のようです。
「ミカサ外伝」では調査兵団が無くなりエレンは入団できません。

しかしアルミンと飛行機を作り壁外へ脱出しようとします。この気性の荒さは本編のエレンと共通するところで、本編のエレンも何かに良く苛立っておりジャンともそれで何度も衝突しています。

これはイフストーリーであり、それによってループ説を色濃くさせる内容になっている「ミカサ外伝」でのエレンも同じなので、やはりエレンには気性を荒くさせる「何か」が過去にあったとしか思いません。
その理由は現在もまだ理由は明らかになっていませんがこれからの物語の進行により明らかになって行くのではないでしょうか?

このエレンの「気性の荒さ」には理由があり必要性があるような気がしてなりません。

【進撃の巨人LOSTGIRLSネタバレ1話(アニ外伝)の考察まとめ!】
【ミカサの結婚相手はエレンになるか検証!】


Sponsored Link

2 Responses to “エレンイエガーの過去まとめ!ミカサ外伝のネタバレも!”

  1. 進撃のにゃい\( 'ω' )/ より:

    エレンイエガーになっていますよ

    • 管理人アース より:

      進撃のにゃい\( ‘ω’ )/さん!

      コメントありがとうございます!

      ご指摘ありがとうございます!
      タイトルは、こんな感じにしたかったので(笑)

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ