進撃の巨人の知性巨人の正体は耳の形から巨人の出身が分かる?

「『戦鎚の巨人』の耳の形から巨人の耳を再考察!」を追加更新しました!

当初は超大型巨人とエレンしか確認出来なかった知性巨人ですが、話の展開が進むに連れ、女型の巨人や鎧の巨人、獣の巨人など多くの知性巨人が登場しました。

ここで知性巨人の「耳の形」が違うことに着目し、考察してみたいと思います。

Sponsored Link

◆知性巨人の「耳の形」には種類がある!?

150409_04-1024x733
「進撃の巨人」第68話「壁の王」より


今まで登場してきた知性巨人は「エレン巨人」「超大型巨人ベルトルト」「鎧の巨人ライナー」「女型の巨人アニ」「ユミル巨人」「獣の巨人」「グリシャ巨人」「フリーダ巨人」です。

それと知性か無知性か確認出来ませんが「超超大型巨人」も含めましょう。

これらの知性巨人の耳の形を見てみましょう!

知性巨人の耳は「尖っている耳」と普通の丸い「尖っていない耳」とがあります。

分類してみます。



尖っている耳…「エレン巨人」「ユミル巨人」「獣の巨人」「グリシャ巨人」
尖っていない耳…「超大型巨人ベルトルト」「鎧の巨人ライナー」「女型の巨人アニ」「フリーダ巨人」「超超大型巨人」


このように分けられます。これには何か意味があるのでしょうか?


◆耳の形は「出身地」を表しているのか?

鎧の巨人-horz
「進撃の巨人」第63話、第29話、第42話より


ベルトルトとライナーは「故郷に帰る」という目的で壁内人類を攻撃していました。

つまり二人は同郷です。

アニも同じ仲間だった訳ですから、同郷の可能性が高いです。

この三人は「尖っていない耳」です。

ここから耳の形は、出身地を表している可能性があると思われます。

では「尖っている耳」の方を見てみましょう。
尖ってる-horz
「進撃の巨人」第35話、第63話、第8話、第47話より


エレンとグリシャは親子ですので同じ形で当たり前でしょう。

そして獣の巨人とユミルが同じ尖った耳の形というのは、どういう意味でしょうか?

ユミルの出身地はおそらく壁外だと思われ、獣の巨人も壁外から来た可能性が高いです。

そうなって来ると気になるのが、グリシャの出身地です。

グリシャはシガンシナ区に住んでいましたが謎の多い人物で、もしかしたら壁外から来ていた可能性もあります。

そうなるとその息子エレンも壁外人類の血族となります。

やはり耳の形は「出身地」を表しているのかもしれません。

残りの「フリーダ巨人」と「超超大型巨人」は「尖っていない耳」です。この二人は王家であるレイス家の人間です。
フリーダ-horz
「進撃の巨人」第63話「鎖」、第68話「壁の王」より


ベルトルトやライナーとレイス家が「同じ出身地」とはどういう意味なのでしょう?

もしかしたらレイス家とライナー達は「同じ血族」なのでしょうか?

無知性巨人は全て「尖っていない耳」なので「尖っていない耳」には意味がなく「尖っている耳」の巨人には何かしら理由があるということかもしれません。

まだ「耳の形」に意味があるかどうかは分かっていません。しかし第68話での「超超大型巨人」の顔の描写はハッキリと描かれてはいなかったのに尖っていない耳だけはハッキリと描かれていました。

やはり何か意味があるのではないでしょうか?

今後の展開で明らかになっていくと思われますが、耳の形には注意が必要です!

◆巨人の耳の形を再考察!

2017-03-29_042850
「進撃の巨人」第75話「ふたつの戦局」より


ここまでは、2年前の4月に書いた記事となっています。

この記事には思い入れがあり、ここから当サイトの考察の軸のひとつである「巨人耳の形には意味がある」という考察誕生となりました。

当時から2年経った現在では、知性巨人の存在が9つ存在する「9つの巨人」であり、継承した者は13年で死亡する「ユミルの呪い」など、巨人に関する情報がかなり明らかとなっていますが、それでも「巨人の耳の形」が何を表しているのかは分かっていません。

ここでは「出身地」と考察していた、ライナーやベルトルト、ジークの出身地が大陸マーレであろうことも、ほぼ確定して良いと思いますし、血統も巨人化できる人種は「エルディア人」であることも分かっています。

つまり、耳の形は血統を表している訳ではないと考えられます。

ただ、ユミルは分かりませんが、「エレン、グリシャ、ジーク」は、3名とも血がつながっているので、どうしても「血統」でくくりたくなりますよね?

しかし、ユミルが「尖った耳」である以上、血統ではないでしょう。

それでは、何を表しているのでしょうか?

ちょっとまとめてみましょう。

耳が尖っている巨人能力者
エレン、グリシャ、ジーク、ユミル

耳が尖っていない巨人化能力者
ライナー、ベルトルト、アニ、フリーダ、ウーリ、四足歩行型(ピーク?)

ちなみに、ほとんどの無知性巨人は「尖っていない耳」となっています。

つまり、エレン、グリシャ、ジーク、ユミルが特別なのだと言えるでしょう。

ユミルの素性が分かっていない間は、「ユミル・フリッツ直系の血統者」かなと考えていましたが、第89話にてユミルの素性が分かり、これは違うであろう事が察せられます。

では、この耳の形は何なのでしょうか?

ジークは分かりませんが、これって「自由を求めた者」で括れるのではと考えられませんか?

エレンは、もちろん自由を求めています。
2017-02-08_065330
「進撃の巨人」第90話「壁の向こう側へ」より


グリシャも少年時代にフェイと壁を超え、飛行船を見に行きました。
2016-10-07_032309
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


これが、グリシャの今後を決めた選択と言っても良いでしょう。

この選択がどれだけ大きかったのかは、クルーガーのこの言葉からも察せられます。
2016-12-08_042026
「進撃の巨人」第88話「進撃の巨人」より


そしてまた、ユミルも自由を求め、自由を感じた一人だと言えます。
2017-01-06_032910
「進撃の巨人」第89話「会議」より


ジークの目的は「呪われた歴史に終止符を打つ」事と分かっていますが、実際の本音は分かりません。

そして、逆に「耳が尖っていない側」のメンバーの目的は、ちょっと「自由を求めている」という感じではないように感じますね。

このような考察から、92話まで進んだ現在からは、巨人の耳の形は「血統」ではなく、「意志」を表しているのではないかと考察できました!

ある意味、こちらの展開のが嬉しいですよね!\(^o^)/

この伏線、回収してほしいです!(^^)

◆101話「戦鎚の巨人」の耳の形から「巨人の耳」を再考察!

2018-01-14_195217
「進撃の巨人」第101話「戦鎚」より


管理人アースが当サイト「進撃の考察」で思い入れのある題材には「キース教官の正体」「サシャ・スパイ説」「西から昇る太陽の考察」「ミカサ・ループ説」とこの「巨人の耳の形の考察」です。

「サシャ・スパイ説」は破綻しているので、あと答え合わせが残っているのは「ミカサ・ループ説」とこの「巨人の耳の形の考察」です。

「ミカサ・ループ説」は物語の本当に最後の最後に回収されるのかどうかという考察なので、答え合わせはまだ先だと思われますが、この「巨人の耳の形」の伏線はどうなのでしょう?

回収されるのかどうか、正直101話を読むまで疑問視していました。

もう、回収されないのかもしれないと・・・

ただ、今回101話の「戦鎚の巨人」がエレンゲリオンにワンパンを喰らう場面を見て、「これはやはり回収されるのではないか!?」一気に期待が高まりました!

戦鎚の巨人は101話考察!戦鎚の容姿と能力を検証!でも触れていますが、かなり独特な容姿をしています。

このワンパンを喰らう場面以降は、マスクを被ったようなヴィジュアルとなっており、耳は隠され見えなくなっています。
2018-01-14_170225
「進撃の巨人」第101話「戦鎚」より


つまりこの場面は、巨人化が完成する前なので耳が見えたという事なのでしょう。

ただ逆に言えば、完成形が耳が隠されたヴィジュアルとなっているのであれば、「最初からそのように描写していても良かったのではないか?」と思えるのです。

もっと言うと、「わざわざ耳の形を見せるためにこのような描写にしたのでは?」と感じたのです。

これ、「巨人の耳の伏線は、今でも生きている」というメッセージにも見えますよね!

そして同時に「戦鎚の巨人の耳が尖っていない」と伝える為の描写とも受け取れます!

これまでの考察では「自由を求めている者の巨人の耳は尖っている」という結論となっていました。

そして今回の戦鎚の巨人の正体の女性は、間違いなく自由を求めているタイプではありませんでした。
2018-01-09_040802
「進撃の巨人」第101話「戦鎚」より


今のところ、この考察は破綻していませんね!

まとめておきましょう!
耳が尖っている巨人能力者
エレン、グリシャ、ジーク、ユミル

耳が尖っていない巨人化能力者
ライナー、ベルトルト、アニ、フリーダ、ウーリ、ピーク、戦鎚の女性

今気になっているのは、ユミル巨人を継承したポルコ巨人ですね。
2017-03-08_032756
「進撃の巨人」第91話「海の向こう側」より


この巨人の耳の形が「尖っていない」となれば、継承者により耳の形が変わるということに証明になり「自由を求めている者」の巨人の耳が尖るという可能性が高くなります。

さらに、「ジークの目的」が「自由」であれば、これも巨人の耳が尖っている意味に繋がるかもしれません。

この考察は物語の展開に大きく関わる事はないかもしれませんが、今回の「戦鎚の巨人」の耳の描写から「何か意味があるのでは!?」と感じましたし、「まだ回収される展開があるかも!」と感じた管理人アースでした!

今後も巨人の耳の形には要チェックです!(^^)

【進撃の巨人ネタバレ70話考察!獣の巨人とライナー達の関係は?】
【猿の巨人が最強の巨人!獣の巨人の実力とその強さを検証!】


Sponsored Link

61 Responses to “進撃の巨人の知性巨人の正体は耳の形から巨人の出身が分かる?”

  1. はちゃちゃ より:

    耳の尖った巨人は、獣の巨人ではないでしょうか?
    ユミル→鮫      エレン→狼
    グリシャ→山羊   ジーク→言うまでもなく猿


    あと2巻のぶどう弾がでてきた時、耳か尖った巨人がいます!(2ページ目一番上のコマの一番左)

    • 管理人アース より:

      はちゃちゃさん!

      コメントありがとうございます!

      これらの動物は北欧神話に対応しているということでしょうか?

      狼とヤギが出てきたような気がしますが、サメと猿は登場しているのかな?
      それとも他に何かしらの獣になる理由があるのでしょうか?

      >あと2巻のぶどう弾がでてきた時、耳か尖った巨人がいます!
      確認しました!
      なんかエレンゲっぽい巨人ですね!
      情報ありがとうございます!
      この巨人には何か意味があるのだろうか?(笑)

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  2. 千里 より:

    はじめまして。

    当記事では耳の形に注目して分類を行っていますが、もう一つわかりやすい分類基準があると思います。

    それは、皮膚の有無です。

    知性巨人で皮膚ないのは超大型、鎧、女型の三種だけです。

    ここで二つの仮説を立ててみました。

    1.耳の形の違いは巨人化能力の由来が壁内か壁外かの違い
    2.皮膚の有無は巨人化能力と使用者の適合率で決まる。

    1の仮説に従うとエレン、ユミルは劈開由来の巨人化能力、ライナー、ベルトルト、アニは壁内由来の巨人化能力ということになります。

    エレンについては説明がつきます。グリシャは劈開出身者だからです。管理人さんはジークとグリシャは兄弟か親子だと言っていましたが、例えそうでないにしても巨人化能力の由来は同じという線は濃厚ですね。

    一方ライナー、ベルトルト、アニについては疑問が残ります。壁を壊しにきたはずの戦士がなぜ壁内の巨人化能力を持っているのか?ジークは劈外由来なのに……
    私はこの疑問について「ライナー質の巨人化能力はレイス家が隠し持っていた巨人化薬をジークあるいは別の戦士が壁内に潜入し、こっそり盗みとったものをライナーたちが流用した」と考えています。レイス家の「記憶」や「座標」はともかく、巨人化薬自体は色々ストックしていたような描写があります。(フリーダさんの鞄に色々入ってましたからね)
    この仮説が正しければ次の2の仮説も成り立つ気がします。

    では2の仮説の検証にうつりましょう

    適合率と皮膚の有無。この仮説が正しければ、ライナーたち三人だけが適合率が低いということになりますが、この三人の巨人化能力が「強奪された薬」によって与えられたものだと考えると、適合率が低いのも納得出来る気がします。

    ところで、自分で言っておいてアレですが「適合率」とは何でしょうかね? あの三人はエレン等の有皮膚巨人に比べて戦力的に劣るわけではありませんし……。
    もしかしたら適合率が低いと身体に悪影響とかあるのかもしれません。ライナーが「老い先短い殺人鬼」とか言ってましたし……。

    私の仮説は以上です。

    先ほど思いついた適当な仮説ですが、管理人さんはどう考えますでしょうか?

    • 管理人アース より:

      千里さん!

      コメントありがとうございます!

      >壁を壊しにきたはずの戦士がなぜ壁内の巨人化能力を持っているのか?
      耳の形が出身の違いを表しているのであれば、ライベルアニは壁内人類の子孫だと思われるので辻褄が合います。
      壁内から盗んだ巨人化能力というのは、ちょっと厳しいかもですね!
      間違いなく巨人化能力の扱いは、壁外人類のが長けているので。

      >「適合率」とは何でしょうかね?
      エヴァゲリのシンクロ率みたいな物ですね!
      確かにロッド・レイスの超超大型巨人は内蔵が見えるくらい皮膚がありませんでした!
      適合率がかなり低かったということでしょうか?
      これはちょっと面白い説ですね!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

      • 千里 より:

        千里です。コメント返しありがとうございます。
        少し気になった点があります。

        >間違いなく巨人化能力の扱いは劈開人類のほうが長けているので。

        これについては少し疑問です。元々エレンが巨人化するまで、劈内で巨人を扱っていたのはレイス家の一族でした。そしてレイス家が引き継いでいる技術は必ずしも壁外に劣るもとではないと思います。
        ウーリは部分的に自分の手を巨人化していましたし、直後のロッドとの会話から一般人に対する記憶干渉のノウハウも持っていたと考えられます。フリーだがグリシャに敗れたのは『経験不足』によるものであり、壁内の技術が劣っていたわけではないと思われます。とすると、五年前まで壁を築き民を統制した初代王の技術は脈々と受け継がれていたのではないでしょうか。

        ただ、フリーダの力がグリシャに奪われたことで正当な後継者が途絶え、技術の伝承も途絶えたということを考えれば、『現在は』劈外に劣る状況でしょうね。

        ……とはいっても『盗んだ』という仮説はまるで根拠がないのでやっぱり強引すぎるかなあ、とも思っています。

        • 管理人アース より:

          千里さん!

          コメントありがとうございます!

          >『現在は』劈外に劣る状況でしょうね。
          かなり読み込めれていることが感じられます!
          スゴイですね!
          実は前回「間違いなく巨人化能力の扱いは…」と返信してからウーリの事を思い出し、同じように思っていました。
          ただ、仰るとおり現在は間違いなく壁外人類の方が長けているのは間違いないので…と思っていたところです(笑)

          >……とはいっても『盗んだ』という仮説はまるで根拠がないので
          ここですよね!
          ただ、ライベルアニ三名の巨人化能力がレイス家の巨人化注射から得た物と考えた場合思い付くのは

          1、もともと巨人化注射はグリシャ、ジークの出身地である、壁外のどこかの地域で開発された。
          2、それをレイス家初代王が「座標」とともに盗み出奔。
          3、その巨人化注射と座標を取り返しに来たのがグリシャ。しかし壁内の暮らしを見てそこで暮らす事を決意。
          4、ジーク戦士長はレイス初代王に盗まれずに残っていた3つの巨人化注射を使いライベルアニを育て、自らが座標を取り返しに来た。

          こう考えればライベルアニの巨人化能力がレイス家と同じであることが説明出来ます。
          つまり、レイス家が盗んだ巨人化注射は100年以上前の能力であり、ジーク戦士長の獣の能力はその後進化した巨人化能力であるということです。
          もちろん、この仮説には穴が多々あるので、あしからずですが…(・_・;)

          またコメントください!
          よろしくです!


          管理人アース

  3. より:

    耳がとがっている、尖っていないは、レイス家の力をてにいれて思想に服従させられるか否かなのではないでしょうか!
    エレンは座標を手に入れてもあの反抗心で服従させられないので、尖った耳は服従させられない人間、丸い耳は服従させられる人間なのではないでしょうか!

    • 管理人アース より:

      蒼さん!

      コメントありがとうございます!

      >思想に服従させられるか否かなのではないでしょうか!
      となると、ユミルも服従していなかったということになりますね!
      う~ん、これは面白い考察です!
      新しいですね!
      参考にさせていただきます!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  4. 玉無しの巨人 より:

    耳尖り族の現在の考察は?

    こんにちはアー様

    あちきが初めてのこちらのサイトで目から鱗が落ちた考察がこの考察でした…

    アー様の民族分け、血筋分け、とても感心して居りました…が

    最近色々回収されて来て、ユミルの民、エルディア国、マーレ国、等
    微妙に成って来ましたねぇ…

    それで今想うのは、やはり「大地の悪魔」風貌から的な感じがぁ?です。
    巨人化時の想い?悪魔的?ってゆーか…
    破壊的思想がもたらす風貌なのかなぁ……?と

    ナントモ苦しいトコで…
    現時点でのアー様の「耳尖り族」の考察を伺いたいなぁ…?と

    御時間が許されましたらぁ?よろしくお願いします。m(_ _)m

    • 管理人アース より:

      玉無しの巨人さん!

      コメントありがとうございます!

      ユミルがユミル・フリッツの血統なのかは分からなくなりました。
      なので血統ではないのかもしれませんね。
      完全に妄想ですが、「自由を求める巨人」の耳が尖るのかなとか…
      思い付きですが。

      またよろしくです!


      管理人アース

      • 玉無しの巨人 より:

        ありがとうございますm(_ _)m

        頑張って考察のサポートのカケラでも見つけたく思いまする……( ̄^ ̄)ゞ

      • 玉無しの巨人 より:

        こだわる玉無し!

        尖り耳族またも考察しました!
        アー様の種族、血統の付け所が見事過ぎてやはり拭えません。

        という事で……お馴染みの愚かなる妄想考察

        尖り耳族=純血のユミルの民、としました。

        この世界での混血人て、はっきりしてるのは、

        ①ミカサ=東洋の一族+アッカーマンくらい



        ②そして、クルーガーの言う、民族浄化 ( とか言う事は混血でも巨人化可能と思えるのが自然 ) 辺りと「ダイナの血統なら子を産まされる」辺りからで、

        【 大地の悪魔 】からの
        原初の巨人、ユミル・フリッツ。言い換えれば「ユミルの民」に与えられし巨人化の力であり
        エルディア内にでさえ、「ユミルの民」は始め少数の民族だったとかでぇ……

        実際は、9つの巨人に分ける頃に巨人化出来る様に混血によって民を増やした!
        「ユミルの民」としては、繁栄にも繋がるから?
        当初は、巨人力の延命や開拓等が建て前であったが、「無垢の巨人」の軍事的利用。

        ライベルアニ、レイス家でさえ純血の「ユミルの民」では無くなってるから、丸耳族!

        純血の【 大地の悪魔 】から巨人の力を得た「ユミルの民」の血脈のみが、悪魔耳の尖り耳族っ!

        ってのはどう!?(苦笑)by サシャ

        and、妄想するしかないのですがぁ……
        戦士達のあの目的達成意識が、洗脳によるものだけぢゃないとは思うのですが、
        ライベルアニと、ジークのソレはチョット違う様にぃ?……気になって待ち遠しいです。

        • 管理人アース より:

          玉無しの巨人さん!

          コメントありがとうございます!

          >ライベルアニと、ジークのソレはチョット違う様にぃ?
          そうなんですよね。
          ジークがエレンに言った「お前は父親に洗脳されている」が何を指すのか?
          単純に考えればマーレに洗脳されていると考えられますが…
          ジークだけは何か違う目的を持っていそうな気がしますね。
          「呪われた歴史に終止符を打つ」からは、王家血統で巨人の力を得ている者の使命感を感じます。

          またよろしくです!


          管理人アース

  5. 玉無しの巨人 より:

    ユミルの尖り耳の改変は……

    アー様の尖り耳の考察に眼から鱗が落ちた私には、ちょっとショッキングですね…

    当初はどんな設定が考えられていたのか……?

    とっても気になります……

    アー様の考察通りだったのだは?と(笑)

    それとも…………?

    当初からユミルは孤児でしかなかった…?

    もっと重要な人物の様に思ってただけにちょっと悔しい……感じです。

    ライベルを助けたのも…同情や義侠心からだけなのでしょうか……?

    ガリアードも登場して、もうユミルが掘り下げられる事は無いのでしょうか?

    牙、爪、同様に、尖り耳も事無しにされてしまうのか ……?

    何処かのサイトで、「尖り耳なんてただのデザインの違いでしょ!」と、在りましたが…

    屈した様で…悔しいですね………

    • 管理人アース より:

      まだユミルが登場する可能性がゼロだとは考えていません。
      ガリアードがヒストリアと出会ってユミルの記憶がフラッシュバックして…とか無いかなと思っています。
      そして、尖った耳に関しても、やはり何かあるのではと考えてしまいますね。
      最後最後まで、分かりませんよ!\(^o^)/

      またよろしくです!


      管理人アース

      • 玉無しの巨人 より:

        GWも日々の更新 ( 行進 ) お疲れ様ですm(_ _)m

        考察も諦めない!?御姿勢

        アー様(^人^)ついて行きます♫

        次回の「戦士」も全くもって見逃せませんですね!?(笑)

        • 管理人アース より:

          ライナーのカミングアウトシーンは、諫山先生も最も楽しみにしており、監督ともけっこう話されていたようなので、その辺りは注目ですよね!

          またよろしくです!


          管理人アース

  6. 玉無しの巨人 より:

    30話では、わざとらしいくらい、ユミル巨人の耳が隠れてましたが、見える部分ではあきらかに丸耳でした、32話以降もイヤらしくチェックしてやりたいと思う玉無しですが(笑)

    ユミル巨人を棚上げとして

    ・尖り耳=エレン巨人 、グリシャ巨人、獣の巨人、「大地の悪魔」?

    ・微妙な尖り耳=クルーガー巨人、ダイナ巨人?

    辺りですよね?

    新たなるアー様の御考察いつかお聞かせ下さいませm(_ _)m

    思考中の玉無し……
    王家の血族由来だとしたら…ダイナ、エレン、獣、=OKですが、グリシャ、クルーガーは変ですよね?
    &、丸耳フリーダは、フリッツ ( 王家 )≠レイスとなる?…(´-`).。oO

  7. 初投稿 より:

    ジークは親の支配から開放された。自分の人生をあゆむために。 拙い考えですが私の予想です

    • 管理人アース より:

      ああ、良いですね!
      面白い考察です!
      やはり耳の形には、何かありそうですよね!


      管理人アース

  8. 通りすがりの新参者 より:

    私も初投稿さまと同じく、
    ジークは親の洗脳からの解放(自由)じゃないかなと思います。

    すでに考察されてるのかも知れませんが、二期EDの洞窟?室内?で、巨人から逃げる人々の先頭の窓から逃がされようとしてる子供って、たぶんジークですよね?

    その直後に体が大きく頭の小さい黒い巨人が動かずに立ってますが、
    体のバランス的にジークっぽいな、と根拠は弱いですがそう感じました。

    考察楽しみにしております!
    また更新よろしくお願いします!

    • 管理人アース より:

      EDの巨人が海から侵攻してくる場面や、そこから逃げる人々はおそらくエルディア帝国時代の話かなと管理人アースは考えているので、登場する子どもはジークとは違うのではと思っています。
      あくまで、管理人アースの予想ですが。
      じゃあ、あの子どもは何?と尋ねられても答えられませんが(;´Д`)

      EDが何を表しているのかは、原作の展開で分かると思います!
      またよろしくです!


      管理人アース

  9. 進撃してやる より:

    アースさん考察お疲れ様です。
    こういった考察は考えれば考えれるほどわからなくなってくる泥沼ですねw

    耳の形は意思を表しているというのはさすがの目も付けどころだと思いました。私にもそれくらいの考察力があればいいのですが…
    しかし、気になるのがユミルが自由を感じたのは無知性にさせられてマルセルを食べた後だったことです。無知性状態での耳の形はわからないですけど変化するのでしょうかね?まあ、硬質化ができるようになるくらいなので耳の形くらい変わっても驚きませんが

    ですが、他の可能性を考えてもしっくりこないんですよねw
    「血統」ではなく「純血」なのかなとも考えましたがフリーダとウーリの説明がつきませんし、ユミルついては親が不明なのでまだ何とかできそうですが(大勢の孤児の中でユミルの名を与えられたのも偶然ではないのかも)

    そうなってくると条件は一つではなく複数あることも視野に入れた方がいいのかもしれませんね。
    「王家にかかわる(血統or体液接種)」+「自由への意思」とか…都合よすぎですかね

    以上です。長文失礼しました。

    • 管理人アース より:

      条件が複数となると、手に負えなくなりそうです( ̄▽ ̄;)
      しかし、そう考えないと説明付かなさそうですね。

      またよろしくです!


      管理人アース

  10. 新人 より:

    よく見たらマルセル食う前のユミルって耳丸くないですか?

    • 管理人アース より:

      どうですかね?
      2015-09-11_174814

      「進撃の巨人」第40話「ユミル」より


      管理人アースには、どちらかというと尖っているように見えますが。
      知性巨人化した後のが尖っていますかね?

      またよろしくです!


      管理人アース

  11. にこ より:

    アース団長様
    お久し振りです。
    場面が大陸側になってから、思考回路が停止していまして久し振りのコメントです。
    その間にポルトガルとドイツに行っていました。
    ポルトガルのレガレイラの回廊は進撃の地下空間みたいでしたし、ドイツの城壁は進撃の壁のようでした。

    アニメが始まってもうワクワクドキドキです。
    さっきライナーとベルトルトが巨人になる所をドキがむねむねで見ました。

    ところで、耳の事ですが継承からして3種類の巨人にあることがわかります。
    さっきアニメのエンディングで3人の子供が泣きながら臓物と食べていたのと繋がったのでコメントします。
    耳の尖がりはあの3人の子供に由来するのではないでしょうか?

    原始ユミルの子供達かもしれませんね。
    他の巨人たちと違って純粋な、原始ユミルの血が濃いというか・・・

    それから、9体目の巨人が出ていないのですが、やはりアッカーマンが族かなって思います。
    小さな巨人です。

    ピントがずれていてすみません。

    • 管理人アース より:

      にこさん、おひさしぶりです。
      かなりおひさしぶりな感じですね(笑)

      >その間にポルトガルとドイツに行っていました。
      おお、そうだったのですね!
      当サイトもけっこう外国からのアクセスもあり、ヨーロッパ、アメリカの方々にも見ていただいているようです。
      たまにコメントもいただいていますよ。

      >耳の尖がりはあの3人の子供に由来するのではないでしょうか?
      この考察はできなかったですね!
      スゴイ考察ですよ!
      となると、「進撃の巨人」「獣の巨人」「顎巨人」が3人の少女から派生した巨人ということになりますね!
      これ、面白いですね!
      この考察も頭に残しながら、これからの展開を見ていきますよ!

      またよろしくです!


      管理人アース

  12. いち訓練兵 より:

    いつも楽しく読ませていただいております。
    最新93話やアニメ等の考察、さぞご多忙をお過ごしと思われ、大変お疲れ様です。

    1つ引っ掛かることがあります。サンプルの数が少ないのですが耳のかたちはグリシャ親子やウーリとフリーダの血縁間などで同じことから遺伝すると思われます。
    ジークやダイナ巨人は王家血族ですので、もう1つの王家であるレイス家と耳のかたちが同じでも良いと思うのですが、どうでしょうか?
    既出ではありますが、耳のかたちはユミルの民の血、純血か否か、または濃いか薄いかで決まっているような気がしています。そう考えるとレイス家は何かありそうな気がするのですが。
    これだけ書き分けているのですから伏線ですよね。

    • 管理人アース より:

      これだけ書き分けているのですから…は、全く同感ですよ!
      ただ、イマイチピンと来る理由が思い浮かびませんね。

      93話、アニメ記事で今日はかなり忙しかったです。
      というか、93話の内容が凄すぎでした(笑)

      またよろしくです!


      管理人アース

  13. あしゅけ より:

    エレンをまず無知性巨人にするために打った脊髄液がグリシャのもので、その前のグリシャが無知性巨人になった際の脊髄液はクルーガーのものでと、脊髄液由来で尖り耳が継承されているのではないかなと思いましたが、ジークの俺の無知性巨人たちは見る限り全員通常耳のようなので、マーレに恭順(マーレの戦士や収容区内のエルディア人)なら普通耳、アンチマーレ(ユミルの民であることに誇りを持っているエルディア人)だと尖り耳と、シンプルに分けられるのかなと。

    • 管理人アース より:

      よく分かります。
      となると、レイス家由来の巨人が丸い普通の耳というのが気になります。
      ウーリもフリーダもマーレに恭順だったのでしょうか?
      ちょっとシックリ来ないかなと。

      またよろしくです!


      管理人アース

      • あしゅけ より:

        八か月越しの返信です。
        ウーリもフリーダも、レイス家(カールフリッツの末裔)は、ヴィリー・タイバーの演説を聞く分には、マーレに対して恭順だったのだと思います。恭順というか、マーレの人々に対して罪悪感を強く持っていた。そのための不戦の契りだったわけですから。
        で、やはりレイス家とタイバー家は壁や海を隔てながらも、何かしら密に連絡を取り合っていたように思います。
        ロッドの鞄に入っていた「ヨロイ・ブラウン」他のバイアルも、マーレの巨人化学研究所から、新しい巨人継承者たちの脊髄液だから、いざという時は使ってねと、渡されていたものなのではないでしょうか。
        あのグリシャとフェイが憧れたマーレの飛行船が夜の闇の中を飛んできて、レイス家の広大な敷地に降りてくる図なんかドキドキしますね(*´ω`*)

        • 管理人アース より:

          レイス家とマーレ側(今だとタイバー家)の連絡展開はけっこう前から予想されているのを見たことがあります。
          アニメ冒頭の鳥が「伝書鳩だったのでは」とか(笑)
          これもけっこう面白い考察だと思いますよ!
          これがあったら「ヨロイ・ブラウン」も繋がりますが・・・どうですかね?
          もしタイバーとレイスがやり取りをしていたら、グリシャ@進撃の壁の侵入をもう少し早く対処できたのではとも思いますが・・・
          これもどの時点でマーレが察知したのかも分からないので、何とも言えないかもですね!
          この辺りの回収、楽しみですよ!


          管理人アース

  14. 青ねこ より:

    気になることをいくつか。

     12巻にあるライナーの「座標を1番持っちゃいけないのはエレン」発言は「進撃の巨人」が座標=始祖の能力を持ってはいけない、ということかと思いました。

     1話で巨人に食べられたと思われる調査兵団の一人が「モーゼス・ブラウン」であったこと、そしてその時の森にいた巨人(モーゼスを食べた)はその後にどうなったのか。

     エレンは注射による最初の巨人化から尖り耳ですが、あの2列の歯並びも特別だと思うのです。他にあの歯並びの巨人はいません。赤子継承で他に1体を持っている証拠ではと思います。

    • 管理人アース より:

      >「進撃の巨人」が座標=始祖の能力を持ってはいけない、ということかと思いました。
      これ、面白いですね!
      ここからどう発展していくか…

      またよろしくです!


      管理人アース

  15. ふみすけ より:

    マリア、ローゼ、シーナの3人がユミルフリッツの肉を食べ産まれたのが進撃、獣、顎の3体。
    ユミルフリッツは悪魔と直接契約してるのでその特徴を3体は色濃く継承している
    …とかですかね。

    アダムとイヴみたいな感じで、肝を食べた事で獣は唯一の知恵を、進撃が膂力を…みたいな妄想は浮かびますがまだまだまとめ切れる段階ではないですね

    • 管理人アース より:

      ですね。
      マリア・ローゼ・シーナの回収はかなり最後の方だと思います。
      もう少し情報が欲しいですよね!

      またよろしくです!


      管理人アース

  16. おちゃ より:

    アースさんこんばんは!

    耳考察、大好きなんです!笑

    私が考えている尖った耳考察は、

    ①進撃、顎、獣の知性巨人は誰が継承しても尖った耳である

    ※エレン@無垢時はこの考察では無視する

    これは、既に皆さんのコメントにもありましたが、私も同じように考えてました。グリシャ@進撃、エレン@進撃が尖り耳であったことから考えました!

    また、145代目王と始祖が不戦の契りを交わした~との言葉のように、度々9つの巨人はそれぞれ意思があり、保持者とは別に存在しているような節があるので、それぞれ固有の外見を持っていて、それが道を通って各保持者に送られてくるのかなと考えました。

    今後、クルーガー@進撃、ガリアード@顎、コルト@獣の耳が尖っている描写があれば、はっきりしそうです!

    ②イェーガー家は尖り耳である

    こちらは、ユミル以外、エレン、グリシャ、ジークが全員イェーガー家の人間であることから考えました。こちらの考察だと、エレン@無垢が尖り耳であったことも説明がつきます。

    また、ユミルは名字が判明していないので、ユミルがイェーガーという展開の可能性も僅かながらあると思いました。

    こちらは、今後グリシャの進撃継承時、ジークの獣継承時の回想の描写があればはっきりするかなと思います!

    大地の悪魔の挿絵が尖り耳だったことから、どちらの考察も原初の巨人が絡んできそうです。

    ①だった場合は進撃、顎、獣の3巨人が原初の巨人と深い関わりがある、②の場合は、イェーガー家が原初の巨人と繋がりがあるというように。


    必ず尖り耳には何かしら理由があるといいなと思います!

    • 管理人アース より:

      ユミル・イェーガー、良いですね!

      耳の回収、本当にあって欲しいですよ。

      またよろしくです!


      管理人アース

  17. おっけい より:

    意思で変わるのであれば、きっと、アルミンの超大型も耳が尖ってるんでしょうね、
    そうなると、ベルトルトの超大型か、アルミンの超大型か、わかりやすくなりますね笑

  18. 考察初心者🔰 より:

    管理人様♪更新ありがとうございます😊

    耳の考察からは離れてしまうんですが…
    巨人の分類❗️との観点から自分の妄想を書かせて下さいm(_ _)m

    皆さまも考察されている様にあの2期EDの映像で始祖の周りにいる三体の巨人は始祖ユミルの3人の娘だと思うんですけれど…

    どの巨人がそれに該当するのか❓色々と意見が分かれていますよね😅

    自分も今回、戦鎚が喋った事でより一層、混乱してます😅

    喋れるで括ると戦鎚、獣、車力になっちゃうんですよね😅

    一方、ビジュアルや無垢をコントロールする能力から女型は絶対に入ってくる❗️

    とも思うんですが…

    そこで…9つの巨人は本来の継承家が継いだ場合は喋れたのではと仮説を立てて見たんですが❓

    となると車力のピークの存在が❓❓❓
    てな感じになってしまいます😅

    管理人様♪耳同様、こちらの考察もお願い致しますm(_ _)m

    • 管理人アース より:

      始祖の下にいる3体の巨人が3人の娘というのは難しいかもですね。
      ユミル・フリッツが死亡してから3人の娘に巨人の力が継承されていると思うので、同時に存在することは無いかなと。
      でも巨人の考察は、面白いですよね!



      管理人アース

      • 考察初心者🔰 より:

        管理人様♪返信ありがとうございます😊

        そうなんですよね😅
        4人娘ならスンナリ行くんですけど…

        ソコが引っ掛かりポイントですね😅

        どこで読んだのか忘れてしまいましたが始祖とその周りを囲む3体が始祖ユミルに最も近い巨人でその他6体はソコから派生した個体❗️

        てな感じの考察をされてる方がいたのですが…

        自分もその線で妄想を重ねてるんですが…

        どれもシックリきません(T_T)

        耳の形状で考えても正当な始祖の継承者❗️フリーダ巨人は丸耳ですもんね😅

        始祖プラス3体について…
        これからもめげずに妄想を重ねます😅

        • 考察初心者🔰 より:

          6体じゃ無くて5体ですね😅

          失礼しましたm(_ _)m

        • 管理人アース より:

          9つの巨人はユミル・フリッツから分かれたとあるので、最初から9つになっていたのかなと管理人アースは感じています。
          ただ、その形状、能力はユミルのどの部位を捕食したので変わっているのかなと。
          この辺りは北欧神話を踏まえているのかもしれないなと妄想しております。
          作品内で確定するのが楽しみですね!\(^o^)/


          管理人アース

  19. 考察初心者🔰 より:

    連投失礼しますm(_ _)m

    スイマセン❗️上の自分の投稿の捕捉をさせて下さい😅

    自分は巨人大戦前に知性巨人を世襲で継承していた家は…

    王家と濃厚な血縁関係があったのでは❓
    と考えています✨

    だから…王家の血を引くジークは普通に喋れるに分類しました😆

    ピークだけが謎ですね😅

  20. 妄想を捧げよ! より:

    アース隊長


    耳の考察記事、拝読させて頂きました!と言いますか、ROMってる時から読ませていただいてました笑


    耳の描き分けって、結構重要だと思っていて(作画担当への支持を含め)、特別な意味がなければ指示もないわけです。と妄想します。


    ですので、諌山先生には耳の形状についてのルールはキチンと持ち合わせていると思われます。謎が解明する時に、ちゃんと読者に『そうかー!』と理解してもらえるように持っていくと妄想します^ ^


    また一から読み直さないとっていう気持ちです!

  21. 普通の東洋人。 より:

    始祖ユミルに3人の娘がいたように、その娘さんたちにも3人のお子さんがいたとして…。
    始祖ユミル➡シーナローゼマリア➡孫の代までは『遺体の臓物と脊髄液を一緒に食べる』直接的な方法で継承、受け継いだ子供の数だけ、別々の個性を持つ巨人が誕生した。 『始祖』➡『獣』➡『進撃や顎』などの形で、耳の形や話せる能力、他の巨人を呼べる能力などが出現したり遺伝したり。 
    それ以降の継承者は『脊髄液を注射などで直接摂取後に捕食』に変わり、継承した巨人以外の要素が入り込む余地が無くなり、9体の巨人が誕生!
    …と安易に思ったのですが、よく考えると、じゃあ『始祖の巨人』はどの娘さんが継承したんだという…2期EDの上側の3体の意味が余計にわからなくなったというオチで…。 ほんとにもう他の団員さんと比べて、全く戦力にならない考察でスミマセン…(-_-;)

    • 管理人アース より:

      >『始祖の巨人』はどの娘さんが継承したんだ
      やはり最初の3人の娘のウチの「シーナ」が継承したのかなと妄想します。
      で、ローゼとマリアが例えば「戦鎚」と「女型」とか…
      もしかしたら「進撃」と「女型」かもですが。
      この辺りは完全に妄想です(;´Д`)


      管理人アース

  22. sora より:

    以前から気になっていることがあります。
    9つの巨人とありますが。
    本当に9つなんですかね?
    9つならなんで超大型巨人が何千もいて壁になっているんでしょうか?
    発見されているのが9つだからと理由も拭いきれないよつに思います。
    戦鎚の容姿は確かに特徴的やと思います。
    頭から首にかけてなにかを被っているように見えますし、それが皮膚なのかもしれません。
    もし皮膚の上から鎚と同じように土から硬質化したよう防具をつけているということでしょうか。考えもできませんか?
    まだマンガですので、肌の色などがわからないので、憶測するぎる話ではあるのですか、もしかすると全身を土からの硬質化したようなものをまとっているかもしれませんし、頭から首までなのかもしれませんね。
    私はアニはエレンに補食されているのでは?、という思いがなぜか非常に高いのです。
    エレンが女の子の気持ちをわかっていたり、ファイティングポーズがアニに似ていたり、最終的にはエレンが知性巨人全てを集めるではないかとも少し思っております。

  23. U1 より:

    初めてコメントさせていいだきます。

    耳の考察面白いですね。
    隊長さんの考察からすると、ライナーが次に巨人化する時はもしかしたら尖っているかもですね。
    うん!そうであって欲しいです(笑)

    • 管理人アース より:

      >ライナーが次に巨人化する時はもしかしたら尖っているかも
      これ、良いですね!
      ライナーが自由を求める…泣ける展開ですよ!(*^^*)


      管理人アース

  24. たやけー より:

    いつも考察楽しみにしてます。
    この前に考察されていましたが、もしかしたら捕食以外の継承方法があるのではないのでしょうか?
    捕食による継承・・・尖り耳
    捕食以外の継承・・・丸耳
    エレン グリシャ(多分) ユミル は捕食による継承を行い、マーレ側の ライナー ベルトルト アニ 戦鎚 ピーク 王家の フリーダ は捕食以外の継承を行ったのではないでしょうか?
    しかし、この考察ではジークが尖り耳である理由の説明がつきません。
    穴がある考察ですが、どうでしょうか?

    • 管理人アース より:

      面白いですね!
      ただ、丸耳のフリーダの継承が叔父であるウーリを捕食してであることが確定しているので厳しいかなと。
      この伏線になりかしらの回収があることを期待していますよ!


      管理人アース

  25. 名無しのカオナシ より:

    こんばんは。
    以前にもこのサイト内でコメントしたのですが、そのときのネームを失念いたしました故、新ネームで失礼します。

    耳の形ですが、
    やはり血筋ではないでしょうか?
    ある家で代々継いでいる知性巨人を、その血筋の者が継げば(つまり正統継承すれば)丸耳に、
    別の血筋の者が奪うなりして継げば尖耳になるのではないかと。
    (正統継承とは以下のような考えです。
    市川団十郎=成田屋、尾上菊五郎=音羽屋、鎧=ブラウン、戦鎚=タイバー・・・ただし、女系血筋も含む継承をにらんでいるので、姓がそのまま巨人の種類に対応するわけではないと考えます。)

    正統継承すれば代々継いできた者の記憶が鮮明に思い出され、知性巨人としての能力もうまく発揮できるのではないでしょうか?

    そして獣の巨人を代々継いでいた家は断絶したか、“驚異の子”にその能力を与えたいマーレ軍部の思惑があったかでジークが継承することになった、とは考えられないでしょうか?
    進撃に関しては、その巨人の性格上、そういう家が過去に存在していたのかどうか微妙そうですが。

    マーレの国内において、エルディア人を収容区に閉じ込めるのは単なる差別だけではなく、知性巨人の正統な継承者一族が離散しないように囲い込むため、という狙いもあったりするかもですね。
    (その方が、最も適切な候補生の目星をつけやすくなるじゃないですか)




    今後、下記2点が揃えば、この仮説を証明できそうな気がします。

    ○ガリアード家が顎の正統継承家であり、なおかつポルコ巨人が丸耳であると確認できること。
    ○アルミンの超大型が尖耳で登場すること。

    • 管理人アース より:

      おお、これ素晴らしいですね!
      となると、アニとライナー、ベルトルトも戦士候補生と言われながらも実は正統継承家ということですね!
      素晴らしいですよ!
      面白い考察、ありがとうございます!


      管理人アース

  26. 二度目の投稿 より:

    こんばんは。二度目の投稿です。
    他の考察にアニパパこそが協力者では?と書きましたが、名無しのカオナシさんの投稿を見て、続きをこちらで。。
    ダイナの説明で、対戦前は巨人を管理する8つの家どうしの争いが絶えなかったとありました。
    つまり、マーレが征服する前は、フリッツやタイバー家のように特定の家が管理していた訳ですね。
    マーレが征服した時に力を取り上げられた元所有者は反マーレにならないよう捕獲や抹殺され、生き延びた人達が、地下に潜り、フクロウ支援者団体となったと仮定すると、女型を管理していた家系もいた可能性がありますよね。
    その家系こそがレオンハート家の祖先もしくは親戚筋であり、偶然にもアニが継承する事になったとか?
    う〜〜ん。捻り過ぎですかね(笑)

    • 管理人アース より:

      巨人のそれぞれの継承家はあったかもしれませんね。
      もしかしたら、ライベルアニ、マルセルやポルコ、ピークもそうだったのかも、とも考えています。
      最近そう考えてきました。


      管理人アース

  27. にこ より:

    上の方々の意見にへぇ~なるほどと思ってしまいました。

    正統な継承家が尖り耳だと思っていたからです。

    ユミル様とかイエーガー兄弟とか3人は巨人の三姉妹の巨人の継承者なのかなあと思っていました。

    ミスリードだったのかな?

    • 管理人アース より:

      レイス家がフリッツ家である事が確定した時点でユミル様はミスリードと言っても良いかもしれませんね。
      もし耳の形状が血統を表しているのならば、レイス巨人が丸耳の時点で正統継承者という事になるので。
      ポルコ巨人が丸耳なのか尖り耳なのかが、ものすごく気になりますよ!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ