北欧神話の巨人スルトは進撃の巨人に登場する?

「進撃の巨人」と北欧神話にはいろいろな共通点がありネット上でも取り上げられています。

ここで北欧神話に登場する巨人スルトが「進撃の巨人」に登場するのか考察してみましょう!

Sponsored Link


◆北欧神話「巨人スルト」とは?

250px-The_giant_with_the_flaming_sword_by_Dollman
北欧神話に登場する巨人スルトは世界の南に存在する炎の国ムスペルヘイムの入り口を守る番人であり、名前は「黒」という意味を持ちます。炎の剣を持っており神と巨人との戦いに最後まで生き残り世界を焼きつくしたとされています。このような役割のキャラクターは今後「進撃の巨人」に出てくるのでしょうか?

それともすでに出て来ているのでしょうか?


◆「進撃の巨人」に巨人スルトは出てくるのでしょうか?

o0640085312477044680
巨人スルトは赤黒い姿をしており炎で世界を焼きつくす役割を担っている巨人です。このような姿と役割を担ったキャラクターが現在の「進撃の巨人」に登場しているでしょうか?

神話に出てくる巨人スルトの絵を見るとヒゲを上半身裸で剣を振り上げています。この姿だけで思い浮かべるのは第63話にて登場した巨人化したグリシャの姿です。

Sponsored Link


巨人化したフリーダと戦うグリシャ巨人のヒゲを生やした姿はスルトにそっくりです。ただ、それは姿だけであり「炎」とも「世界を焼きつくす」にも関連がありません。


では他にそのようなキャラクターがいるのでしょうか?


赤黒くて炎をイメージする巨人と言うと第66話にて登場した「超超大型巨人」です。

近くに生えていた木々を燃やしながら移動する超超大型巨人は赤黒い姿をしており、まさにスルトのイメージではないでしょうか?この超超大型巨人は第68話にてエルヴィンの作戦により倒されていまいましたが「最も戦いに向いた巨人」とはとても思えなく、本来の能力を出しきっていなかったと思われます。

ここからは想像ですが今後他の登場人物が超超大型巨人に巨人化するのではないでしょうか?その登場人物こそ「世界を焼きつくす」巨人スルトの役割を担った巨人だと思われます。

北欧神話では巨人スルトが世界を焼き尽くした後に生き残った一組の男女が新しい平和な世界を作っていくとなっています。この一組の男女がエレンとミカサだったら良いなと管理人アースは思ったりしています(*^_^*)

【北欧神話のラグナロクって一体何?進撃の巨人の結末に影響も】
【北欧神話のモックルカールヴィは進撃の巨人に登場する?】


Sponsored Link

この考察記事を読まれた方には、こちらの記事にも進撃して頂いてます。

4 Responses to “北欧神話の巨人スルトは進撃の巨人に登場する?”

  1. かるめモツニ より:

    どうもです、火の国の巨人・スルトについての捕捉を少し…
    神話で原初巨人ユミルと彼を養う雌牛が生まれた裂け目(後に人間の住まう土地、ユミルの血肉で形作られてまつ毛の柵に囲まれた、ミッドガルドになる場所です。アース神族の住まうアスガルドは、ミッドガルドの中でも更に高い場所にあり、虹を渡るか空を飛べないとたどり着けません。天上に届く高さの土地に城壁を巡らせてあり、その中にアース神族や彼らに降ったヴァン神族の住まいなどがあります)の南にある火の国の番人…彼は炎の魔剣レーヴァテイン(普段は彼の妻が管理していて、9つの鍵のついた箱に仕舞ってあります)を引っ提げて、他の巨人族同様、同胞のムスッペル巨人族を率いて最終戦争ラグナロクに参戦、最後は彼の投げた「炎の剣」によってすべてが焼き尽くされて終わります。
    実際に戦争に終止符を打ったのは彼ではなく、彼が戦場へ投げ込んだ「炎の剣」です。
    …ここで気になるのが、アニメ版進撃の巨人OP「紅蓮の弓矢」内にある歌詞…ドイツ語の語りが入るのですが、その中に”あの日の少年は黒い剣を手に取るだろう”という内容の文が入っているのです…
    そして、日本語の歌詞の部分には「自由を求む”エレン(あの日の少年)”」…黒い剣が炎の魔剣なのか、それを手に取る”あの日の少年”は、主人公のエレンなのか、はてまた別の登場人物なのか、それは明記されていないので謎ですが、なんだか意味深です。ただ少なくとも「最終戦争終結の鍵を握っているのはエレンである」という暗喩にもとれます…少々考えすぎでしょうか(汗

    • 管理人アース より:

      かるめモツニさん!

      コメントありがとうございます!

      >ただ少なくとも「最終戦争終結の鍵を握っているのはエレンである」という暗喩にもとれます…少々考えすぎでしょうか(汗
      いやいや面白いですね!
      エレンの事だろうと思いますが、「黒い剣」が何を指しているのかも面白いですね。
      これが「座標」なのか「世界の記憶」なのか、またはそれ以外なのか…
      謎が謎を呼ぶ感じです(・_・;)
      でも、やはり主人公のエレンが最後のキーになりそうですね!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  2. かるめモツニ より:

    どうもです、ちょっと久々に…さる巨人、ジークの岩石降らし攻撃を見て…火の巨人の国「ムスペルヘイム」を、参考にしたんでは?と、モヤモヤ考え続けてます。
    現代にも似たような兵器があって、それを参考に描写したと諌山先生のインタビューにありましたが…
    火の国、ムスッペル巨人族の国からは、常にあのような岩が燃えながら周囲へ飛び散り、降り注いでいると神話にあったので…ジーク戦士長の攻撃方法は、この描写を元ネタにしたのかなと…

    • 管理人アース より:

      かるめモツニさん!

      コメントありがとうございます!

      >ムスッペル巨人族の国からは、常にあのような岩が燃えながら周囲へ飛び散り、降り注いでいると神話にあった
      ありましたね!
      ここからあの石つぶて攻撃が生まれたのでしょうか?
      面白い考察です!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ