進撃の巨人の実写版ヒアナとは?水崎綾女の役割について検証!

「進撃の巨人」実写映画とドラマに登場するオリジナルキャラクター「ヒアナ」。

どのような役割を担っているキャラクターなのでしょうか?役を演じる水崎綾女とともにヒアナについて検証してみましょう!

Sponsored Link


◆「進撃の巨人」ヒアナ役水崎綾女さんとは?

300x300x8c0799501c9cb236ef30f9179d0f976f.jpg.pagespeed.ic.35H8vQj104
水崎綾女さんは兵庫県神戸市出身で25才のタレントであり女優です。もともとグラビアアイドルとバラエティーを中心に活躍していましたが2007年「キューティーハニー THE LIVE」にて青いキューティーハニー「早乙女ミキ」役で出演した頃から女優としての仕事が中心になっています。

2013年公開の映画「ユダ -Judas-」では主演に抜擢されており、この時に初のベッドシーンを披露しています。この映画のためにダイエットをしており1ヶ月で10キロの減量に成功しています。これはかなりの減量でストイックな一面を持っていると感じさせます。

深夜バラエティー番組「三竹占い』(テレビ朝日系)では水着姿になり鍛え上げられた腹筋を披露しています。またサバゲー女としての一面も持っておりサバイバルゲーム雑誌に良く登場しています。迷彩服を来てライフルを持っているスタイルはかなり似合っており調査兵団員としての格好も似合うだろうなと管理人アースは思いました(笑)

Sponsored Link


2012年「特命戦隊ゴーバスターズ」で敵役エスケイプとしてレギュラー出演しているのでアクションシーンを数多く演じており、「キューティーハニー THE LIVE」でも青色キューティーハニーとしてアクションシーンを演じています。

アクション女優としても実績があり、この辺りがヒアナ役に繋がっているのかもしれません。鍛えあげられた腹筋も「進撃の巨人」のイメージにも合っているかもです(笑)


◆「進撃の巨人」実写映画とドラマのヒアナ役の役割とは!?

CF-RZflUUAEv_Bl
記者会見でヒアナ役の水崎さんは、「シングルマザーという役どころ。本編ではおとなしいけど、今回の『フクシ・リル編』では2人に母としてアドバイスしています」と説明しています。

ヒアナは「シングルマザー」という役どころなのですね。キャッチフレーズで「愛を、抱け」とあるので子どもを抱くと掛けているのだと思われます。フクシ&リルは「愛を表現する役割」であるようにヒアナは「母性を表現する役割」のようですね。


ドラマのみに出てくるキャラクターで平岡祐太さんが演じるイズルがいますが映画では死んでいるので出演がないのだと想像できます。ヒアナのシングルマザーという設定はイズルが夫だったのかなとも想像できますね。これはドラマと映画を見なければいけません!


水崎さんは「諫山先生にも『原作を超えて楽しい作品になっているね』とおっしゃっていただいたので私もすごく楽しみです」と映画・ドラマの完成に期待を寄せているコメントを出しています。

管理人アースもすごく楽しみです!!

【追記】

まさかヒアナが前編であんなことをしてあんなことになるとは思いもしませんでした!!
↓の【実写映画ネタバレ考察】をぜひご覧ください!

【進撃の巨人の実写映画のネタバレ考察!】
【進撃の巨人ドラマ反撃の狼煙1話ネタバレ!反撃の幕開けのあらすじ!】
【ドラマ進撃の巨人反撃の狼煙2話ネタバレ!希望の弓矢のあらすじ!】
【進撃の巨人ドラマ反撃の狼煙3話ネタバレ!自由への旅立ちのあらすじ!】


Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ