進撃の巨人ハンジが死亡の真相は?

4月9日に発売された「進撃の巨人」16巻収録の第64話「歓迎会」にてハンジ・ゾエが中央憲兵団の対人立体機動装置のアンカーで肩を射たれ柱に叩きつけられました。

ハンジは死んでしまったような描写ですが、果たして死んでしまったのでしょうか?

ここでこのシーンを検証してみましょう!

Sponsored Link


◆第64話「歓迎会」での中央憲兵団との戦い

2015-06-07_040329
「進撃の巨人」第64話「歓迎会」より


第64話でレイス領地礼拝堂の地下で「ハンジ及びリヴァイ班」とケニー・アッカーマンの部下たち中央憲兵団が激突しました。

中央憲兵団は35名ほどいましたがハンジとアルミンの煙を使った作戦で中央憲兵団を混乱させ、なおかつリヴァイ兵士長とミカサの圧倒的な攻撃力でリヴァイ班が有利に戦いを進めていました。ケニーの筆頭女部下に「これでは全滅する」と思わせるまで中央憲兵団を追い込みましたが、この筆頭女部下が機転を効かせ全滅を免れます。

ハンジを狙いワザと散弾を2発打ち弾切れだと思わせハンジに攻撃をさせます。

攻めてきたハンジに弾ではなくアンカーを打ち込み、そのまま柱に叩きつけました。倒れこんだハンジにリヴァイ班は動きが止まり中央憲兵団はその隙に撤退します。


ワザとハンジ一人を狙ったこの攻撃には筆頭女部下の機転が感じられました。

Sponsored Link


◆ハンジ攻撃に隠された中央憲兵団筆頭女部下の機転!

snk4_zps7525cd2f
「進撃の巨人」第64話「歓迎会」より

全滅寸前まで追い込まれていた中央憲兵団の窮地を脱出させるためにはリヴァイ班に「穴を開ける」しかありませんでした。

ハンジにワザとトドメを刺さずに重体の状態で仲間の前に出し動きを封じる作戦は実際の戦法でも使われている有効な作戦です。

ケニーの筆頭女部下はミカサの攻撃をかわす所や、この戦法からも分かるように只者ではないようです。この作戦により中央憲兵団は全滅を免れ後退することが出来ました。

そしてハンジは重体のようでしたが第67話ではエルヴィンに「オーイ、エルヴィン」と手を降っていましたし、元気なようでした。ヒヤッとする場面でしたが元気なハンジの姿が見えたので、まだまだハンジには役割があるということのようです。

やはりハンジには「巨人の謎を解く」事が役割なのでしょう。

これからもハンジの活躍にますます期待です!

【アルミンが死亡の真相!】
【ミカサが死亡の真相!】


Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ