進撃の巨人のアニがエレンを連れ去った真の目的は?

第29話「鉄槌」にて女型の巨人であるアニはエレンを奪い去ろうとしました。
リヴァイ兵士長とミカサが奪い返さなければどこか(ライナーとベルトルトの故郷?)へ連れて行かれていたでしょう。
女型の巨人アニがエレンをさらおうとしたのは第22話から始まり一度失敗しながらも第34話に拘束されるまで実に13話に渡ってエレンを狙っていました。
なぜここまでエレンを連れ去ろうとするのでしょうか?

その目的を考えることはライナー、ベルトルト達の目的を考察することに繋がります。
ここでアニ達がエレンを連れ去ろうとする目的を考察してみましょう。

Sponsored Link


◆アニ、ライナー、ベルトルトの役割

26a3c503-s

「超大型巨人」であるベルトルトが壁にある扉を破壊しアニが巨人を引き連れてくる役割を担っているようです。
もう一人のユミルに食べられたマルセルとライナーはどんな役割なのかは分かりませんが対巨人との戦闘も考えられていたのかもしれません。
ライナーの「鎧の巨人」は戦闘力が高くユミルの巨人は動きが素早いという特徴がありました。
アニも対巨人との戦闘を前提にした動きが確認されています。

巨人化したエレンの頭を蹴りで潰しうなじの部分を食べエレンを口に入れ奪い去るという動きは、もともと巨人化した人間と戦いをうなじから奪い去る方法を考えていたようにも見えます。

このメンバーは壁内にいる巨人化出来る人間を連れ去ることを前提に組まれたパーティーのように思えます。

Sponsored Link


◆アニ、ライナー、ベルトルト達の目的とは?

23989163

さきほどの話の通り3人の目的は「壁内にいる巨人化出来る人間を連れ去る事」です。
それはアルミンが第27話にて「もし彼らが壁の破壊よりも重視する何かがあの時に起こったのだとしたらそれはエレンが巨人になって暴れまわったこと以外には考えにくい…」と話しています。
つまり目的である「巨人化出来る人間」エレンを見つけたので壁の破壊を中止したのです。
おそらくもともと3人は王都にいる王家もしくはレイス家を目指していたのではないかと思われます。
壁内にいる人間で巨人化出来るのはレイス家の人間だけであり同時に巨人化出来る人間は「座標」を持っている可能性が高いと思っていたのではないでしょうか?
つまり3人の目的は「座標」を持っている人間を連れ去るこという事です。
その証拠に第57話にてハンジからライナーがエレンを他の巨人に食べさせようと投げつけてきたことについて話ししています。
ハンジの言うとおりライナーは巨人化出来る能力と「座標」を他の巨人に食べさせ移行させようとしていたのだと思われます。
そしてその後に人間になった状態で連れ去るつもりだったのでしょう。
しかし「座標」が発動したエレンに逆に追い込まれてしまったので失敗してしまいました。

まだ謎が多い3人ですがけっこう好きです。
これからまた話に戻ってきてくれるのを楽しみに待っています。

【進撃の巨人LOSTGIRLSネタバレ1話(アニ外伝)の考察まとめ!】
【進撃の巨人のアニが女型の巨人を示す伏線まとめ!】
【アニがアルミンをなぜ殺さなかったのか?理由を考察!】


Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ