進撃の巨人LOSTGIRLS(ミカサ外伝)ネタバレ3話の考察まとめ!

別冊マガジン4月号にてLOSTGIRLS(ミカサ外伝)第3話が発表となりました!

イフストーリーと言われているミカサ外伝ですが、第3話は本編にも影響するような場面がいくつか見られる回となっておりミカサ考察上見逃せない展開となっています!

リミッター解除をしない外伝のミカサに、まさかのリミッター解除の記憶が!?

気になるあらすじと内容を見て行きましょう!

Sponsored Link

◆LOST GIRLS(ミカサ外伝)第3話のあらすじ&内容!

2016-03-14_134027
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


“大きな力”の暴力が明けて。

少女は少年との約束を、固く守っていた。

第参話*ひこうき

暴力を振るわれ、ボロボロになったエレンがベッドの上で目を覚ましたシーンから始まります。

横ではミカサが椅子に座ったまま突っ伏して眠っています。
2016-03-14_134053
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


窓から見える外は晴れており、良い天気のようです。


グリシャ
「それじゃあミカサ そろそろ行こうか」
2016-03-14_134103
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


グリシャはよそ行きのような服装をし、ミカサに声を掛けます。

ミカサ
「…はい」

カバンを胸に抱えたミカサが返事をします。

カルラ
「ごめんね せっかく街に来たのにロクに遊べなくて」

カルラはエレンの事を謝っています。

ミカサが帰る日のようですね。

ミカサはエレンが寝ている部屋のドアを眺めています。

それを見たカルラが尋ねます。

2016-03-14_134125
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


カルラ
「エレン 呼んで来ようか?」

ミカサ
「いえ…寝てると思うから…」

グリシャ
「…」

場面は船の上にいるミカサとグリシャに移ります。
2016-03-14_134134
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


ミカサの家に行く道中でしょう。

二人は船の縁に手を掛け景色を眺めながら話をします。

グリシャ
「…駐屯兵団に知り合いがいてね」

「彼にエレンの件を捜査してもらっているんだ」

「エレンは誰に聞かれても何も話さないだろうからね」
2016-03-14_134156
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


「ミカサ あそこで何があったかは話さなくていい」

「ただ捜査の手掛かりが欲しいんだ」

「だから…」

「そこに誰がいて その人が どんな見た目だったかだけでいい」

「教えてくれないか?」
2016-03-14_134213
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


そう請われたミカサは口を開き「…」と何かを言おうとします。

が、口を閉じ下を向きます。

そんなミカサの様子を見たグリシャは申し訳ないような表情です。

グリシャ
「エレンは…いつも何かに腹を立てているように見える」

「その怒りが 本人も知らないうちに彼を危険な場所へと向かわせている…」
2016-03-14_134234
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


「だから エレンを君の住む山に連れていくことにしたんだ」

「自然の中で君と過ごすことによって 彼の中に何か良い変化が起きると思ってね」

「もしかしたら あれは エレン自身が招いたことなのかもしれない」

エレンが暴力を振るわれる描写

「彼の中にある 何かが宿命的にそれを引き寄せたのか」

「邪悪で危険な―…」

ミカサ
「大きな力」
2016-03-14_134301
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


グリシャの言葉を遮ってミカサがつぶやきます。

これは以前エレンが言った言葉ですね。

グリシャ
「大きな力…」

グリシャはミカサの言葉を反芻します。

グリシャ
「…そうかもしれない 我々には見えない力…それに取り囲まれていてエレンは腹を立てているのかもしれない…」

「あるいは君だけが エレンをその大きな力から守ってあげられるのかもしれない」
2016-03-14_134315
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


ミカサ
“…? 私…が…?”

グリシャの言葉にミカサは驚いた表情をします。

船が到着し、ミカサとグリシャはミカサの家に着きます。
2016-03-14_134328
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


グリシャとミカサがミカサ宅にて、ミカサの両親と会う描写

場面は五日後になります。

ミカサ
“五日後の往診にエレンは来なかった”
2016-03-14_134338
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


ミカサ母の往診に来たグリシャがミカサ母を診ている横で、窓の外を見ているミカサの描写

来ないエレンを待っているかのよう

ミカサ
“その次も そのまた次も…”

グリシャが一人で往診に来る描写

ミカサ
「エレンは まだ怪我が治らないの?」

グリシャ
「あぁ…うん…そうだね…」

「まだ体調が優れないみたいなんだ」

ミカサ
「…」

ミカサは何かを考えているようです。

ミカサ父
「紙とペン?」

ミカサ
「うん エレンに手紙を出そうかなって」
2016-03-14_134357
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


「畑のこととか…ニワトリとか森とか」

ミカサは木の食卓の上で手紙を書きます。

万年筆のようなペンで、やはり逆さまのカタカナ表記ですね!

「あえなくて さびしいです」
2016-03-14_134408
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


解読出来る全文は
エレンへ こんにちは
畑では今朝も○○が取れ…
ニワトリも元気です

…いっぱいおいています
また一緒に木の実を拾いたいです
早く元気になるのを祈っています
返事下さい
「あえなくて さびしいです」

となっています。

本編のミカサは感情表現が苦手ですが、リミッター解除をしていない外伝のミカサはけっこうストレートに感情をぶつけますね!

こんなミカサもカワイイですが!(笑)

グリシャ
「これをエレンに渡せばいいんだね」
2016-03-14_134421
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


グリシャは先ほどミカサが書いた「エレンへ」と書かれた手紙を受け取りミカサに確認します。

ミカサ
「はい」

ミカサは少し照れくさそうに頷きます。

次の往診の日、ミカサは窓の外からグリシャがやって来るのを見ます。

2016-03-14_134435
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


しかし、グリシャは一人で来ています。

悲しげなミカサの表情

ミカサ宅へ着いたグリシャがミカサから何かを尋ねられ、ちょっと困りながら返答をし、その答えに俯き悲しむミカサの表情

ミカサは「エレンは来ないの?」とグリシャに尋ねたのですが、グリシャの答えに納得出来ないのでしょう。

時が流れ、場面は冬になります。
2016-03-14_134451
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


ベッドで布団を羽織りながら座っているミカサ
2016-03-14_134506
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


ミカサ
“エレンはもう…ここには来ない”

“もう二度と来ないんだ…”

以前ミカサ母に作り方を教えてもらって作ったエレン人形を眺めながらミカサは祈ります。

ミカサ
「お願い…エレンに…会わせてください」
2016-03-14_134519
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


グリシャの往診の場面に移ります。
2016-03-14_134533
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


ミカサ父
「妊娠…中毒症…?」

グリシャ
「血圧が高くなっています…重症化すれば…胎児にも影響が…」

ミカサ母
「そんな…どうすれば…」

グリシャ
「…」

考えこんだ後、グリシャは答えます。

グリシャ
「…シガンシナへ 私の自宅の近くへ家を移しましょう」
2016-03-14_134545
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


「出産間近で動かすことは危険を伴いますが 万が一 何かが起こっても すぐに駆けつけることができます」

「その方が安全かと…」

グリシャの説明を半開きのドアから聞いているミカサの描写

気持ち唖然としている表情


――五日後
2016-03-14_134923
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


船着場に多くの荷物を背負ったグリシャとミカサ父がいます。

船に乗るグリシャ、ミカサ父、ミカサとお腹の大きなミカサ母

ミカサ父
「すみません先生 手伝っていただいて」

グリシャが背負ってる多くの荷物はミカサ家の物なのでしょう。

かなりの大荷物です!

グリシャ
「いえ…これぐらい…なんてことは…」

と言うグリシャの息は上がっています(笑)

巨人化能力者とは思えない体力の無さ!(笑)

そんな二人の会話の横で、ミカサはミカサ母と椅子に座り、ミカサ母のお腹に耳を当てています。

トクン トクン…

母のお腹の中の胎児の鼓動を聞いている描写

ミカサ
「…」

ミカサの表情は何か切なさそうです。

ミカサ
「…ごめんなさい…」
2016-03-14_134938
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


お腹の中に胎児に向かって謝っているようです。

ミカサ母
「?」

「どうしたの?ミカサ」

ミカサは自分の「エレンに会わせてください」という祈りによって母が妊娠中毒症になったと思っているようです。

そのため、お腹の中の胎児に謝ったのでしょう。

船がシガンシナ区に着きます。

多くの荷物は荷馬車によって運ばれ、新しいミカサの家に到着する描写

ミカサ父が荷物を家に運びながらミカサに言います。

ミカサ父
「ミカサ エレンくんの家が近くらしいから 荷物を置いて遊んでおいで」

ミカサ
「うん」

妊娠中毒症の母の安全の為にシガンシナ区へ引っ越したのですから、グリシャの家は近いのでしょう。

ミカサは一人でエレンの家に行きます。

しかし、エレンは不在のようです。
2016-03-14_134957
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


ミカサ母
「ごめんね エレン今出掛けているのよ」

「だいぶ前から アルミンって子と朝から夕方まで遊んでるみたいなの」

「でも 今日ミカサが引っ越してくるよって言っておいたから」

「早く帰ってくるかもしれないわね」

コトっと食卓に座るミカサの前に紅茶?のような温かい飲み物を置きながら言うカルラ

ミカサ
「それまで待ってていい?」

カルラ
「うん 今ケーキ持ってきてあげる」

本編では母娘のような関係になっていますが、ここでのカルラにとっては息子エレンの友達であり、ミカサにとっては友達エレンの母親という関係なのですよね。

不思議な感じです。

場面はミカサの新しい自宅に移ります。
2016-03-14_161020
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


ミカサ父とグリシャは荷馬車から荷物の家に入れています。

作業中のグリシャに駐屯兵ハンネスが声を掛けます。

ハンネス
「イェーガー先生」

グリシャ
「ハンネスさん」

ハンネスは手に持った紙を見せながらグリシャに言います。

ハンネス
「ちょっといいですかい?」
2016-03-14_135022
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


場面はグリシャの家に移ります。
2016-03-14_135045
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


エレンの帰宅を待っていたミカサにグリシャはハンネスからもらった紙を広げ、ミカサに見せています。

そこにはエレンに暴力を振るった二人組の顔が描かれています。

それを見て苦しげなミカサの表情

グリシャ
「…」

「エレンに乱暴したのは この二人だね?」
2016-03-14_135054
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


ミカサ
「…」

エレンと「誰にも言わない」と約束をしたミカサは無言です。

そんなミカサの様子を見て微笑むグリシャ

グリシャ
「何も言わなくていいよ」

「エレンに口止めされてるんだろう」

「頷くか 首を横に振るかでいいんだ」

「それなら約束を破ったことにならないだろう」
2016-03-14_135113
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


ミカサ
「…たぶん…」

グリシャの提案にちょっと困った顔でミカサは答えます。

グリシャ
「エレンに乱暴したのは この二人で合ってるかな?」

ミカサ
「…」

グリシャの質問にコクっと頷くミカサ

グリシャ
「…そうか 嫌な思いをさせてすまなかったね」

カサ…っと紙を折りたたみながらグリシャは謝ります。

「…」と少し考えてからグリシャは話を続けます。

グリシャ
「この二人 死んだよ」
2016-03-14_135128
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より

ミカサ
「…」

「殺されたの?」
2016-03-14_135140
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


グリシャの言葉を聞いてすぐに訊くミカサ

グリシャ
「?」

「殺された?」

「…いや 事故だよ 一昨日のことだ」

グリシャは説明し始めます。

グリシャ
「駐屯兵団の人達が目撃証言を元に この二人がエレンに乱暴したのだろうと突き止めたんだ」

駐屯兵が街の人に話を聞いて似顔絵を作成している描写

「町を歩いていた二人を発見し話を聞こうとしたが…二人は逃げ出し大通りに飛び出した」

駐屯兵から逃げ出す二人の男の描写
2016-03-14_135153
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


「そこで 太った男は馬車に轢かれ」

「もう一人は 馬に蹴られた上に荷物の下敷きになった」

二人が馬に轢かれ、荷物の下敷きになる描写

グリシャ
「目撃者によると エレンがいきなり殴ったらしいが…だとしても彼らのしたことは 許されない…」

「彼は…」

「相応の報いを受けたんだ」
2016-03-14_135207
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


グリシャのこのセリフを何とも言えない表情で聞くミカサ

ミカサはエレンの部屋で椅子に座り、先ほど聞いたグリシャの話を反芻します。
2016-03-14_161453
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


エレンに乱暴をした二人の男の描写
2016-03-14_135241
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より

ミカサ
「相応の…」

「報い…」

第1話で野犬に襲われた人買いの3人組が野犬に捕食されている描写

その3人組が家を訪れ、ミカサ父を殺しミカサ母を殺す描写
2016-03-14_135256
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


そしてミカサの目の前で母が殺されます。

「オイッ…」

「オイッ…」

完全に両親が殺される世界に入っているミカサには声が届きません。

エレン
「オイッ」
2016-03-14_135307
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


部屋にエレンが入って来て声を掛けます。

ミカサ
「エレン…」

ミカサはやっと現実に戻り、エレンに気付き答えます

エレン
「何ボーっとしてんだ 寝てたのか?」

エレンの顔を見て何かを言おうとするミカサですが、声が出ません。

ミカサ
「…」

エレン
「?なんだよ…」

ミカサ
「…エレンだ…」

エレン
「は?」

エレンとミカサは外に出て街を歩きます。
2016-03-14_135324
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


しかしエレンは何を話すでもなく黙々と歩くだけです。

ミカサ
「…」

ため息をつき、ミカサはエレンにずっと気になっていた事を訊きます。

ミカサ
「ねぇ どうしてウチに来なくなったの…?」

エレン
「…」

エレンは少し間を空けてから答えます。

エレン
「調査兵団が なくなったんだ」

「いくら壁外調査を繰り返しても 結果が得られないって理由で」

「調査兵団が潰された」
2016-03-14_135337
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


「壁も塗り固められた」

「もう誰も外に出られない」

壁の扉が塗り固められている描写

エレン
「腰抜け共が寄ってたかって 俺達を この壁の中に押し込めようとしてるんだ」

ミカサ
“調査兵団がなくなった…”
2016-03-14_135352
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


“それじゃあエレンはその世界には―…”

驚きながらもその事実が自分には喜ばしいことであると認識した瞬間、エレンの言葉は続きます。

エレン
「だから」

「俺はアルミンと“飛行機”で外の世界に行くことにした」

ミカサ
“「ひこうき」…?”

“外の世界に行く…?”

喜びの感情が湧き上がっていたミカサには、すぐには理解出来ません。

エレン
「今 アルミンと飛行機を作ってるんだ」

「それが忙しくてお前のところに行けなかったんだ」

「悪かったよ」

ミカサ
「…“ひこうき”って?」

エレン
「鳥みたいに空を飛ぶ機械だよ」

「だけど鳥の何十倍もでかいっ」

「そいつに乗ってアルミンと外の世界に行く」

嬉しそうに話すエレンは続けます。
2016-03-14_135410
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


「アルミンの両親が二年前に飛行機で外の世界に行こうとして失敗して死んだんだ」

「だけど二人の残した試作機が秘密の場所に隠されてたんだよ」

エレンとアルミンが試作機を見つける描写

エレン
「それをアルミンと二人で改良してるんだ」

「失敗した原因もアルミンが解決法を考えた」

エレンの話を黙って聞きながらミカサは「本人も知らないうちに 彼を…危険な場所へと向かわせている」というグリシャの言葉を思い出します。

ミカサ
“エレンは調査兵団がなくなっても諦めなかった…”

“もしその飛行機ってものがなくなっても きっとまた別の方法で外の世界に行こうとする”
2016-03-14_135435
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


ミカサは考えながらまたグリシャの言葉を思い出します。

「あるいは君だけが…エレンをその大きな力から守ってあげられるのかもしれない」

ミカサ
“エレンはそれを望まない”
2016-03-14_135447
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


“エレンを守ることは”

“外の世界を諦めさせることだから…”

エレン
「…なぁ…ミカサ このことは誰にも…」

言いかけるエレンの言葉を遮りミカサは言います。

ミカサ
「言わない 約束する」
2016-03-14_135513
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


悔しそうな表情で約束するミカサ

エレンはミカサの顔を見ながら「あぁ…」と頷きます。

ミカサ
“私にエレンは 止められない”

場面は別の日になります。
2016-03-14_135606
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


ミカサは虫カゴを抱えて立っています。

虫カゴの中の蝶々を見ながら言います。

ミカサ
「蝶々?」

エレン
「やるよ それ」

「こんな寒いのに蝶なんて珍しいだろ」

「入れ物はアルミンが作ったんだぞ」

ミカサ
「…ありがとう」

虫カゴを揺すっているミカサにエレンは「…」と何かを言おうか迷っているようです。

エレン
「飛行機が完成した」
2016-03-14_135642
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


ミカサ
「…いつ行くの?」

エレン
「今夜だ」

ミカサ
「…そう…」

俯き頷きながらミカサは続けます。

ミカサ
「ひとつお願いしていい?」

エレン
「なんだよ」

ミカサ
「死なないで」

エレンは呆れた顔で言います。

エレン
「あのなぁ…」

ミカサ
「死なないで」
2016-03-14_135701
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


何とも言えない表情で言うミカサにエレンは言い返せなくなります。

ポリっと頬をかきながらエレンは答えます。

エレン
「また会えるさ 外の世界に着いて落ち着いたら 帰ってきて お前も連れて行ってやる」
2016-03-14_135719
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


ミカサ
「…うん」

「死なないよ」という意味を表すエレンの答えを聞いても、納得出来ない表情のミカサ

エレンはそんなミカサを見てスッと自分がしているマフラーをミカサにかけます。
2016-03-14_135733
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


ぐるぐるとミカサの首にマフラーを巻きながらエレンは言います。

エレン
「貸してやるだけだからな」

顔半分隠れるようにマフラーを巻かれたミカサ
2016-03-14_135748
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


あの名場面がココで!!\(^o^)/

エレン
「あったかいだろ?」

ミカサ
「あったかい…」

エレン
「俺が帰ってくるまでちゃんと持ってろよ」

ミカサ

「…うん」

行こうとするエレンにミカサは声をかけます。
2016-03-14_135806
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


ミカサ
「…元気でね」

エレン
「あぁ お前もな」

行くエレンの後ろ姿を見送りながらミカサは答えます。

ミカサ
「…うん」

どうか無事で――。

エレンと過ごした日々を想い、

ただ、少女は祈るだけ。


次号4話、ミカサ編最終回。

Sponsored Link


◆LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話の感想!

2016-03-14_153755
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


ミカサ外伝も第3話となりました!

次回第4話で最終回となるようですが、今回の話はミカサの気持ちが大きく描かれており見応えがありました!

エレンに会えないミカサの気持ち、エレンと会えても外に行ってしまうエレンに対する悲しみ、諦め、それでも死なないで欲しいという願いが強く描写されており、辛いミカサの気持ちが察せられます。

このようなミカサの気持ちは本編でも繋がっていますが、リミッター解除されていない幼い外伝のミカサには、離れて行くエレンをどうにもすることが出来なく、それを現実として受け止めるしかなく、読んでいる読者も辛くなってしまいますね…(・_・;)

そして名場面であるミカサの「死なないで」「マフラー」も登場しました!
2016-03-14_135701
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


本編とは違った形での登場ですが、逆に「こんな形で登場させるのか!」と興味深く見られました!

このように、今回はミカサの気持ちも大きく描写されたり名場面も登場しましたが、考察するべき場面もかなり多く登場しました!

ここで考察に移りましょう!


◆LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話の考察!

2016-03-14_135337
LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


第3話の考察ポイントまとめ!


今回は考察場面が多いので、ポイントでまとめてみました!

ミカサ外伝第3話の考察ポイントはこのようになっています!

  • エレンを取り囲んでいるという大きな力
  • ミカサだけがエレンを守れるというグリシャ
  • 逆さまカタカナ表記登場!
  • ミカサの不思議な願望達成能力
  • 相応の報い、本編の記憶描写
  • 調査兵団の解体
  • アルミンの飛行機
  • 蝶々の登場

  • それではそれぞれ見てみましょう!

    ミカサ外伝第3話のポイント考察!

    2016-03-14_135207
    LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


    管理人アースが初めてミカサ外伝を読んだのはアニメDVD3話に付属していたビジュアルノベルでした。

    その時に「大きな力」という言葉を初めて読んだ時は、レイス家の記憶改ざんという事実は明らかになっていなく、管理人アースはグリシャが壁外人類であるとも考えていなかったので、ただ単純に壁内人類を取り囲む「壁」の存在だと思っていました。

    その後にこの場面を見返すと、これはレイス家の巨人の力を指すのではと考えたりもしました。

    さらに今回の場面のようにグリシャが瞬時に意味を理解し言葉に出すと、違う意味合いを感じますよね!
    2016-03-14_163713
    LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


    故郷組の存在、もしくは「座標」が関係する力なのか…

    そしてその「大きな力」は本編にも影響し、登場するのか…

    気になりますね!

    そしてそのセリフ登場時に、グリシャから「君だけがエレンをその大きな力から守ってあげられるかもしれない」とミカサに言う場面があります。
    2016-03-14_134315
    LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


    このセリフも管理人アースが初めて見た時は、本編でのミカサの突出した戦闘力の事を指しているのだなと思っていましたが、これも今読み返すと意味深ですよね。

    この時にグリシャは、アッカーマン一族のリミッター解除、さらに東洋の一族が受け継いでいるであろう世界の失われた歴史を、ミカサがいずれ手に入れる事を念頭に置いて言っていたのかもしれないと感じますね。

    グリシャ考察において、かなり重要な場面ではないでしょうか?

    その後、ミカサがエレンに送る手紙を書く場面で壁内の文字表記が登場しました。
    2016-03-14_134408
    LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


    アニ外伝と同じように逆さまカタカナ表記ですね!

    イフストーリーという位置づけですが、キチンと本編を踏襲しています!

    そして、前回から登場する「ミカサの願望達成能力」が今回も登場しました。
    2016-03-14_134519
    LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


    これまでにも「グリシャ往診回数の増加」「シガンシナ区への引っ越し」「エレンを襲った2人組の死亡」「調査兵団の解体」と起きています。

    これは本編では全て起きていない現象であり、ミカサの能力と言っても良いような「願望達成能力」も本編では登場していません。

    となると、第2話の考察でも書きましたが、やはりアッカーマン一族の特性であるリミッター解除が起きない代わりの東洋の一族の力なのでしょうか?

    それとも東洋の一族とアッカーマン一族のハーフであるミカサだから発現した能力なのでしょうか?

    本編で登場するのか気になるところです!

    気になるのは「母の病気の悪化」「二人組の死亡」「調査兵団の解体」という悪い事実が起きて願望が達成している所ですが…(・_・;)

    そしてグリシャの「相応の報い」という言葉に引っ掛かり、その言葉が引き金となり本編で起きた両親の殺害場面をミカサは思い浮かべます。
    2016-03-14_135207
    LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


    まず「相応の報い」という言葉にミカサが引っかかったのは何故なのでしょう?

    思い出すのは本編第6話でミカサが人買いに襲われている所をエレンが助けたシーンで人買いを何度も刺しながら「こうなって当然だ!」という言葉ですね。
    2016-03-14_070348
    このセリフが引き金となり本編のこの時にシーンを連想しているので、「相応の報い」という言葉はエレンのこのセリフを指しているのかもしれませんね。

    そして今回最も重要な考察ポイントであろう本編の場面をミカサが思い出しているシーンです。
    2016-03-14_135256
    LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


    これは間違いなく本編での両親が殺される場面を思い出していますよね!

    この場面は何を指しているのでしょうか?

    ループの記憶ですよね!

    管理人アースはそう思います!!

    そして眠っているような状態で思い出している事も重要ではないでしょうか?

    本編でのミカサのループの記憶について色々な考察がありますが、もしかしたらこの描写のように眠っているような状態の時に思い出しており、斑にしか覚えていないのかもしれませんね。

    そして原作ではあり得ない「調査兵団の解体」がこの外伝では起きています。
    2016-03-14_135337
    LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


    これはエレンとアルミンが飛行機を作るキッカケになっており、重要な出来事になっていますが、驚きの事実ですよね!

    イフストーリー展開ならではの真骨頂といった感じです!

    エレンと再会したミカサはエレンがアルミンと飛行機を作り外の世界に行くと言われます。
    2016-03-14_135352
    LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


    この時にアルミンの両親はフライトの失敗で死亡したと明らかになります。

    本編では王政の「「口減らし作戦」で死亡したことになっています。

    そしてアニメでは「外の世界に行こうとして死亡」しており、ミカサ外伝ではアニメと繫がっている設定となっていますね!

    ミカサ外伝第1話では雨について指摘していますが、このアルミンの両親といい、本編、アニメ、ミカサ外伝との関係の考察も面白そうです!(^o^)

    ちなみにこのアルミンの両親死亡の件は、アニメが「原作の補強」ではなく「ループ」や「パラレルのひとつ」の世界であると言われる原因のひとつとなっています。

    確かに原作とは違う改変場面やオリジナルシーンが多々あるアニメなので、このように言われるのも分かりますが、これは最終回までは判断出来ませんよね!

    最後にミカサはエレンから蝶々をプレゼントされます。
    2016-03-14_135606
    LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


    この蝶々は第1話に登場した蝶々ですよね!

    この蝶々には何か意味があるのでしょうか?

    蝶々は本編にもアニメにも登場していないと思いますが…

    次回の最終回で判明するかもですね!

    いよいよ次回最終話となりましたが、コミカライズミカサ外伝は本当に面白いですね!

    読みやすいですし、ビジュアルノベル、小説と比べても一番気に入っています!

    次回最終回も楽しみですね!

    【進撃の巨人 ネタバレ】80話の最新あらすじ!
    【進撃の巨人 ネタバレ】79話の最新話あらすじ感想!
    【進撃の巨人ミカサが頭痛の意味は?】
    【進撃の巨人LOSTGIRLS(ミカサ外伝)ネタバレ2話の考察まとめ!】


    Sponsored Link

    28 Responses to “進撃の巨人LOSTGIRLS(ミカサ外伝)ネタバレ3話の考察まとめ!”

    1. Flügel der Freiheit より:

      ループの伏線も気になりますが、調査兵団が潰されるというのはショッキングですね。

      ミカサの「死なないで」は切ないですね…。

      でも冷静に考えれば、もともと試作機だった飛行機を子供だけで操って無事でいられるはずがないでしょうが!

      調査兵団のない壁内世界なんて簡単に滅びるでしょうから、もうこのループでの世界に希望は見当たりませんね…。どのように世界が滅んでしまうのか、怖いもの見たさの心理も働きますが、残念ながらそこまでカバーせず物語は終わってしまうでしょう。


      話が変わりますが、今月号等の別マガに掲載されている、本編とミカサ外伝を見比べてみると、ミカサ外伝のほうが綺麗で整った感じがしますが、少し深みに欠ける感じがしますね。

      作者の描く本編のほうが、迫力や緊張感があり、『進撃の巨人』のシリアスな世界観にはピッタリですね。過剰に整っていなくて、微妙に不調和な構成になっているところが、かえって読者の不安感を誘発させるという点で表現上の効果があるのかもしれません。

      • 管理人アース より:

        Flügel der Freiheitさん!

        コメントありがとうございます!

        >もともと試作機だった飛行機を子供だけで操って無事でいられるはずが
        その通りですね!
        そのような展開になります!

        >もうこのループでの世界に希望は見当たりませんね
        ですよね!
        それにやはりループの世界だと思いますよね!
        もちろんこの作品自体が「ミスリード」なのかもしれませんが!

        >過剰に整っていなくて、微妙に不調和な構成になっているところが、かえって
        これ本当にそうですよね!
        それとも単純に我々が諫山先生の画に慣れているだけなのでしょうか…
        いや、やはり諫山先生の画が「進撃の巨人」の内容に合っているのでしょう!
        「悔いなき選択」でもそう感じましたし!
        「画力」というのは奥が深いです!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    2. 赤いたぬき より:

      以前時間の逆行説をお話させて頂いた赤いたぬきです。

      今回私が気になった点を3点記載させて頂きたいのですが、
      まず一つ目がループ説について
      私自身はループ説には否定的な思いを持っていました。
      これは根拠がある訳ではないのですが、世界観に合わない気がして
      といった点です。
      しかし、今回の外伝を読んだ中でループ説について肯定的な考えを持ちました。

      なんといってもミカサが夢で両親の殺されるシーンを思い出している為です。
      睡眠はそもそも記憶を整理するための時間であり、嫌な記憶を消すといった働きもありますので、「外伝でのミカサも両親が殺された経験を持つ」と言うことでは無いでしょうか?

      また、二点目はミカサの実現能力(?)は本編でも発生していると思います。
      それこそがループなのでは無いかと
      しかし、ループそのものが強大な力を使う為他の事にその能力が使えないのでは無いでしょうか?

      三点目ですが以前、私がコメントさせて頂いた時間逆行説に関してです。
      ジーク戦士長の出身地でも記載されている「舞台の設定が未来説」で考察されてらっしゃる様に進撃の巨人の舞台は現在を経験したように感じます。
      しかしそれならば記憶が改竄された壁内人類ならともかく故郷組なんかは空から壁内にコンタクトを取ることが出来て然るべきだと思うので、やはり時間軸が逆行していると考えました。
      更にアルミンの両親の死因が
      「アニメでの空から壁外へ行こうとして死亡」と本編でのケニーの殺した「空を飛ぼうとしたの馬鹿な夫婦」(詳細を忘れましたすみません、、、後日詳細を書き込みます)の短い回想がリンクしていると個人的には感じていて、その手段は気球だった描写があります。

      何故、アニメでは気球で外伝では飛行機なのでしょうか?

      これは、時間軸が逆行しているならば
      飛行機の後に気球が開発されている
      =飛行機よりも気球の方が成功確率が高い
      =飛行機の後に気球が開発された世界
      ということでは無いでしょうか?

      これは外伝の後に本編(もしくはアニメ)がループしていないと説明がつかないものですが、本編やアニメではミカサのおかけでエレンは大人にリンチされていないので、ループ前の記憶を失いつつも断片的に、或いは本能的にリンチに遭う未来を感じ取り回避させていたからだとするならば
      外伝が初めの世界である伏線になっているとも考えるからです

      • 管理人アース より:

        赤いたぬきさん!

        コメントありがとうございます!
        素晴らしい内容ですし、分かりやすい説明ありがとうございます!

        「空を飛ぼうとした馬鹿な夫婦」は書き込んでおきましたよ!

        アルミンの両親の設定、ミカサ外伝、時計逆回転と順回転の伏線を上手くまとめて考察されていますね!

        しかし、この考察の内容と表紙もこれまでのループ世界を表しているとしたら、これまで何度ループしているのでしょうか?
        そしてそれはやはり東洋の一族の能力なのでしょうか?
        本当に面白い考察です!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    3. あぷりこっと より:

      初めまして。あぷりこっとと申します。
      いつも閲覧させていただいております。

      単行本1巻でのミカサの「いってらっしゃい」がミカサ外伝のように、壁の外に出ようとするエレンに向けてだとしたら、ループ説が確定する理由の一つともなりそうですね。
      髪が伸びているかどうかは、両者を見比べてみましたが、私は判断できませんでした…。

      本編の「いってらっしゃい」と繋がるのであれば、エレンは壁の外に出ようとして、死んでしまいループが起こるのでしょうか?
      となると、エレン死亡=ループ起動 ということになりますね。
      本編の方でも、ループの原因が分かっておりませんので、その点も含めて外伝最終回が気になるところです!!

      • 管理人アース より:

        あぷりこっとさん!

        コメントありがとうございます!

        >単行本1巻でのミカサの「いってらっしゃい」がミカサ外伝のように、壁の外に出ようとするエレンに向けてだとしたら
        そうですね!
        この場面が現在の「進撃の巨人」世界の一回前の世界では「いってらっしゃいエレン」だったのでしょう!
        2016-03-15_031842

        ミカサ外伝第3話より


        >髪が伸びているかどうかは
        今回のミカサは訓練兵団に入団する前だったので髪は切っていません。
        現在の「進撃の巨人」の前のループ世界では訓練兵団に入団してから髪を切っていたのでしょう!

        つまりミカサ外伝の次のループで現在の「進撃の巨人」世界にループしたのではなく、その後何回かループした後現在の「進撃の巨人」世界となったのではないでしょうか?
        ミカサ外伝は恐らくは、かなり初期の頃の世界だと思われます!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    4. ラウダII世 より:

      初めまして!

      上のコメントを書かれた方の1人と同様、ミカサ外伝を読んでループ説の考えが自分の中で支持を集め始めました。
      いやしかし、何度も読み返してしまうくらい面白いです。
      ミステリーの要素を強くし、他の要素を控えた進撃なのでしょう。

      私としては、本編では人間にとってのハッピーエンドに終わる方向へ向かっていると思っています(壁内外の文明が融合し、人間は滅びの運命から逃れる、といった感じに)。

      この説を逆に言うと、ミカサの両親が人売りに殺されないこの外伝の世界線では、どうあがいても壁中人類が滅びを迎えるのでしょう、多分。もしも仮にエレンが飛行機などの手段で壁外に出て、運良く壁外の文明と接触できるルートがあったとしてもです。

      色々な箇所で分かれているであろうストーリーの流れの中で、ミカサの両親が生き延び、謎の能力に目覚めるのは、大きな分岐点なのでしょう。

      また、いわゆる、願望達成能力にはその代償についての描写があることから、ループ説でのループを起こすことにも、大きな対価は付いてきそうな気もしますが、どうなんでしょうか?

      • 管理人アース より:

        ラウダII世さん!

        コメントありがとうございます!

        >本編では人間にとってのハッピーエンドに終わる方向へ向かっていると思っています
        そうなのかもしれませんね!
        というか、そうであったら良いなぁという願望ですが!(笑)

        >ループを起こすことにも、大きな対価は付いてきそうな気もしますが、どうなんでしょうか?
        まず、ループ自体が「人類のため」に起きていると管理人アースは思っていません。
        単純に「ミカサのエレンへの気持ち」なのではないかなと予想しています。
        恐らくはエレンの「巨人駆逐」という目的を達成されず、道半ばでエレンが死亡する度に「やり直し」をさせるためにミカサがループさせているのではないかなと考えています。
        その際の対価は何でしょうか?
        外伝での対価は、願望が達成される度に何か悪いことが起きていますよね?
        そ本編でもそのような展開があるかもしれません!
        もちろんこの外伝自体がミスリードという可能性もありますが!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    5. Kookin Freiheit より:

      いつも楽しく拝見させていただいております。
      私は今までミカサループ説は反対派だったのですが、ここまではっきりと描写されてるとなると、考えを改めなくてはなりませんねwwww
      イフストーリーとはいえ、本編と全く関係がないとは思えないので。
      ここからは僕個人の考えですが、漫画の冒頭でミカサはいってらっしゃいと、エレンに言ってるような描写がありましたが、もしかしたらあれはエレン達が飛行機で出て行く時に言った言葉かもしれませんね。
      あるいはこのミカサ外伝は、ミカサが見ていた夢だったとかww
      だとしたらミカサは予知夢を見ていた事になりますが…w
      もしそうだとしたらこれも何かの力かもしれませんが。

      • 管理人アース より:

        Kookin Freiheitさん!

        コメントありがとうございます!

        >エレン達が飛行機で出て行く時に言った言葉かも
        起きた後にエレンは「髪が伸びてないか」と言っているので、「いってらっしゃいエレン」と言っていたミカサは髪が短かったはずです。
        ミカサは訓練兵団に入団してから髪を短くしているので「いってらっしゃいエレン」と言っているミカサは訓練兵団入団以降のミカサでしょう。

        >あるいはこのミカサ外伝は、ミカサが見ていた夢だったとかww
        確かに夢で終わるはずですが、これまでループしていたミカサの記憶とも考えられますよね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    6. アナベル より:

      ミカサの願い成就能力がどんどん大きなものになっていますね…。このままいつかループ発動までしてしまうのでしょうか?私も個人的にループ説は苦手だったのですが、これを見るとありそうだと思いました!

      しかし、ミカサの能力で様々なことが叶っても、エレンに直接的に影響を与えることはできないようですね。
      初めは「人間の体には力が及ぶが心には及ばない」制約があるのだと考えていましたが、調査兵団の解散を引き起こしているからにはそういう訳でもないようですね。要は中央の議会か何か(笑)の誰かの考えに影響を及ぼしたということでしょうから。

      エレンに力が及ばない理由が、本編でも言われている「エレンの誰にも屈しない精神」なのか、グリシャorカルラの血縁的な何かなのか…
      個人的には血縁が全てを決めるみたいなのはあまり好かないのですが笑
      しかし、もしエレン自身に特性があるならば、ライナーの「一番座標を持っていてはいけないのはエレン、お前だ」(うる覚え)の言葉とも関連しているかもしれない、などと考えております。

      • 管理人アース より:

        アナベルさん!

        コメントありがとうございます!

        >エレンに力が及ばない理由
        「私にエレンは止められない」というセリフがこれと関係していそうですよね!
        そして座標を最も持ってはいけない存在であるエレンの理由にも繋がっていそうです!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    7. yuyu より:

      初めまして。
      いつもアースさんの考察とみなさんのコメントを楽しみにしています。

      蝶々のことですが。
      本編ではミカサのリミッター解除の場面で、カマキリに捕食されてる描写がありましたよね。
      世界の残酷さの象徴的に。
      今回はカゴの中ですので、壁の中に囚われていることの象徴でしょうか。
      何れにしても弱者を表していて、それでいて飛んで行ける可能性を秘めているとか。

      なんてことを思いました。

      • 管理人アース より:

        yuyuさん!

        コメントありがとうございます!

        >ミカサのリミッター解除の場面で、カマキリに捕食されてる描写が
        ありましたね!
        あの蝶々と今回の蝶々も繫がっているのでしょうか?
        意味深ですね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    8. アルミンのトモダチ より:

      蝶といったらバタフライエフェクトですよね。
      ミカサが時間を巻き戻してやり直せる能力を持っているという暗示ではないでしょうか?
      だとすれば、このストーリーは本編で起きたことを体験してから、時間を巻き戻してやり直したあとの話かもしれませんね。

      • 管理人アース より:

        アルミンのトモダチさん!

        コメントありがとうございます!

        >バタフライエフェクト
        これ、すごく納得出来ます!
        蝶々は過去に戻りやり直す展開を意味していそうですね!

        >このストーリーは本編で起きたことを体験してから
        ミカサ外伝は本編で起きる前に体験をした、以前のループ世界の記憶なのかなと思っています。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    9. 進撃の巨人もどき より:

      ループ説について。
      どうやらミカサには両親が殺される記憶がある。この記憶は進撃の巨人本編でミカサの両親が殺される場面ですね。つまりこの世界は本編からループした世界ということになります。では本編1話での「いってらっしゃいエレン」、「泣いていたエレン」は何なのか?僕はエレンとミカサではループする場所が異なると思います。エレンとしてはやり直したいことは勿論「カルラの死」です。ミカサとしては「両親の殺害」です。つまり、ミカサの力?によってエレンは845年、カルラが死亡する直前にループします。そしてミカサは844年、両親が殺害される前にループします。ただ具体的にどのタイミングにミカサがループするのかは分からないのですが…。エレンが泣いていたのは、おそらく再び母親に会えるという喜びからでしょうか…。

      • 管理人アース より:

        進撃の巨人もどきさん!

        コメントありがとうございます!

        >エレンが泣いていたのは、おそらく再び母親に会えるという喜びからでしょうか…。
        つまりエレンはループする前に、「これからループする」と自覚しているということですね!
        管理人アースはエレンが死亡する度にミカサがやり直しをさせるためにループさせていると思っていたのでエレンにループの自覚は無いと思っていました。

        >エレンとミカサではループする場所が異なると思います。
        この考え方は面白いです!
        確かにやり直しをしたい場面は二人で違いますよね!
        これはありえそうです

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    10. 寸劇の個人 より:

      今回は、子供をボコボコに殴った事に対して、死というのはやや過分な報いじゃないかなあ・・と思ってしまったのですが。。
      「報い」で思い出すのはやはり「あのチビ」です。今思うとその後何事も無くラッキーだったのでしょうかね?
      (どうでもいい話ですみません。)

      • 管理人アース より:

        寸劇の個人さん!

        コメントありがとうございます!

        >今思うとその後何事も無くラッキーだったのでしょうかね?
        ミカサの願望達成能力がどの程度の精度なのかが分からないのでラッキーだったのか判断できませんが
        もしかしたら何かの報いが起きていたとしてもおかしくなかったかもしれませんね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    11. 東の海 より:

      アースさん、こんにちは。考察記事ありがとうございます。

      ミカサ外伝のミカサの願望達成能力について。
      『コニ-のイェガ-発言の真相』記事で初代王が東洋人か、東洋人を捕食することで東洋人の持つ力を得たのではないか、と考察しました。

      もしも願望達成能力が東洋人(の一部の人、王族?)の持つ力で初代王の中にあるなら、ロッド・レイスのいう『あの巨大な壁を築くことで他の巨人から人類を守った』『我々残された人類が平和に暮らせるよう願い』『人々の心にまで影響を与え人類の記憶を改竄した』に願望達成能力が使われたのかな、と思うのですが。

      レイス家で代々受け継がれてきた巨人の力は本当にレイス王家の血を引く者でないと真の力が発揮されないのでしょうか。第50話での展開やライナーの焦りようから真の力の発動には東洋人が関係している気がするのですが・・・。

      願うことでそれが実現化される能力があったら何でも叶えられることになりますね(代償付き?)。神の力。この能力で過去や未来が変えられたりループするならたまったもんじゃないです(汗)

      • 管理人アース より:

        東の海さん!

        コメントありがとうございます!

        >真の力の発動には東洋人が関係している気がするのですが
        となると本当にミカサは非常に重要なキーマンになりますね!
        もう東洋の一族はミカサのみの可能性が高いですし…
        確かに願望達成能力は神の力と言っても過言ではないですね!
        もちろん、何かしらの代償なり制限があるのでしょうが!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    12. エクセス・グロウライデン より:

      ご無沙汰しておりますアースさん。

      蝶々の描写ですが、本編でミカサが強盗を刺すときに思い出していた、蝶々がカマキリに食べられる描写に対応しているのではないのでしょうか?

      そして例の世界は残酷だ…につながるのでは。

      • 管理人アース より:

        エクセス・グロウライデンさん!

        コメントありがとうございます!

        >蝶々がカマキリに食べられる描写
        yuyuさんからも同じご指摘を受けましたね!
        そうなのかもです!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    13. 進撃のお母ちゃん より:

      いつも考察を楽しみにしております。

      今更ですが、
      この世界の文字はカタカナの逆方向ですけれど、
      書き順ってどうなっているのでしょうね??
      クッタ、タック論争もありましたが…

      今回のミカサの手紙を見ると、
      会えなくて寂しいです
      と、書いていますが最後はアを、かき終えています。
      会えなくて寂しいですと考えながら、文字では逆順で書くってなかなか難しいですけど…

      どのように考察されていますか?

      • 管理人アース より:

        進撃のお母ちゃんさん!

        コメントありがとうございます!

        >クッタ、タック論争もありましたが…
        これはクッタが正解ですよね!
        おそらくこれはエレンが書いたのではなく、エレンゲリオンの意識が書いたのかなと!
        そしてニシンと同じ書き方なので、ユミルとエレンゲリオンが同じ文化の壁外出身である伏線だと考えられます!

        >最後はアを、かき終えています。
        これは難しいですよね!
        う~ん、ちょっと想像しにくいですが、文字というのではなく文章の書く順番が英語だと主語、述語、目的語という順番で書くのと同じ感覚で書いているのかもです。
        ただ、壁内の言葉は日本語のはずなので…やはり逆の順番で書いているのでしょうか?
        これはちょっと難しいですよね!
        面白いご指摘をありがとうございます!
        しかし、文章を決めてから逆から書いているのかもしれませんね!
        難しいですが、慣れれば出来るのかもです!(笑)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    14. ∠( ゚д゚)/イェーガー!! より:

      アレ?アルミンの親って本編じゃ、気球で飛ぼうとして憲兵達にぶっ〇されたんじゃないんでした?

      • 管理人アース より:

        それはアニメですね。
        本編では、王政による口減らし作戦で死亡しています。



        管理人アース

    コメントを残す

    このページの先頭へ