進撃の巨人79話ネタバレ考察!獣の巨人の出身地を考察!

79話「完全試合」にて獣の巨人から「目指すは完全試合だ」「球1コ分高かった」など野球を知っているセリフが多々見られました。

さらに石つぶてを投げるフォームは間違いなくピッチャー経験者です!

これまでに分かっている獣の巨人の情報と今回判明した野球を知っている事実を踏まえ、獣の巨人がどこから来たのかを検証してみましょう!

Sponsored Link

◆これまでに分かっている獣の巨人の情報まとめ!

2016-03-11_043006
「進撃の巨人」第35話「獣の巨人」より


これまでに分かっている獣の巨人についての情報をまとめてみました!

  • 猿の姿であり耳が尖っている
  • 17m以上という体長
  • 壁内とは違う言語を使用している
  • 立体起動装置を知らなかった
  • コーヒーを飲んでいる
  • 野球を知っている
  • ジ―クと言う名前である
  • 戦士長という位である
  • 猫舌である
  • おそらく硬質化能力を持っている
  • 叫びの力のように無知性巨人を操れる
  • 人間を無知性巨人化できる
  • 目的は「座標奪還」である

  • これくらいでしょうか?

    ここから獣の巨人がどこから来たのかを考察してみましょう!

    Sponsored Link


    ◆獣の巨人はどこから来たのか?

    2016-03-08_035948
    「進撃の巨人」第79話「完全試合」より


    獣の巨人は、ライナー、ベルトルトと同じ「故郷」から来たのでしょうか?

    管理人アースは違うのではと考えています。

    その事については、耳の形から獣の巨人のとライベルの関係を検証!で考察していますので見てみてください!

    獣の巨人は壁外出身であるとは思いますが、ライベルとは違う所から来たのではないかと思われます。

    さらには耳の形状からグリシャとユミルの出身と近い場所の出身であると思われ、管理人アースはグリシャとジ―ク戦士長は兄弟なのではと考えています。

    では、そこはどこなのでしょうか?

    今回判明した事実では、獣の巨人は野球を知っており、しかも野球経験者のように見えました。

    おそらくジーク戦士長は、野球を経験しているのでしょう!

    そして、ジ―ク戦士長の出身地では野球が楽しまれており、ジーク戦士長はピッチャー経験者の可能性があります!

    野球が楽しまれており、一般的に経験する事が出来る地域となると、やはりアメリカ、キューバや日本が思い浮かびますね。

    ヨーロッパでは野球はあまり盛んではないという情報もあります。

    獣の巨人はアメリカ周辺か日本から来たのでしょうか?

    ここでもう一点気になるのは言葉の問題です。

    コニ―の「イェーガー発言」から【進撃の巨人 ネタバレ】79話考察!「イェガー」発言の真相!にて壁内人類は日本語を話していると考察しました。

    となると、ジ―ク戦士長は日本語以外の言葉を話していたと考えられます。

    では、日本ではなくアメリカ周辺から来たのかもしれませんね。

    そして猿が生息する地域となると…アメリカには猿は生息していません。
    2015-09-30_193851

    野球が盛んな地域と猿が生息する地域で重なるのは、キューバ辺りでしょうか?

    もしそうだとしたら、壁内までかなりの移動距離となりますね!

    今回の考察で獣の巨人は南米辺り、キューバから来たのではないかと判明しました。

    これはグリシャの出身地と同じである可能性もあります!

    この辺りの謎は、ジ―ク戦士長の口からか、グリシャの地下室にて判明すると思われますが、待ち遠しいですね!

    では時代背景はいつ頃なのでしょうか?

    野球を知っており、完全試合という言葉を使用している事から、壁内人類の時代から感じるような中世ではありませんね。

    79話のポイント考察でも少し触れましたが、おそらくは現代よりも未来の時代なのではないかなと思われます。

    獣の巨人が未来から来たと言う意味ではなく、「進撃の巨人」の世界が未来の話なのではないかと感じられます。

    未来の世界で世界中が戦争により滅亡し、生き残った壁内人類と壁外人類の話を描いているのではないかと考えられます。

    そしてループしている…

    今のところ管理人アースは、この考えが一番しっくりくるように感じますね!

    これらの事が判明するのはかなり最後の方でしょう!

    それまでにキチンと説明できるように頑張って日々考察を続けましょう!

    【進撃の巨人 ネタバレ】80話の最新あらすじ予想!
    【進撃の巨人 ネタバレ】79話の最新話あらすじ感想!
    【進撃の巨人 ネタバレ】79話考察!「イェガー」発言の真相!
    【進撃の巨人のモデルの場所を考察!鰊と猿、太陽から検証も!】
    【進撃の巨人ネタバレ考察!太陽が西から昇り東に沈む真相!】


    Sponsored Link

    20 Responses to “進撃の巨人79話ネタバレ考察!獣の巨人の出身地を考察!”

    1. 梅も より:

      アースさん、こんばんは!(・∀・)

      猿の巨人についての考察、進撃の世界は今より少し未来の話である部分など新たな発見をすることが出来ました!

      猿の巨人の故郷ですが、自分はアメリカなのではないかと思っています。

      その理由は、2つ。
      今より未来の話であるなら猿自体は誰でも知っていると思うし生息していることが前提だとは言いきれないかな、ということが一つです。
      そして、「ニシン」を日常的とはいかないまでも何度か食べたことがあるような口ぶりをしていたユミルと出身が近いのであれば、ニシンは 北米や北欧、日本でしか採れない魚である以上、アメリカなのではないかなーとも思いました。

      とにかく、壁外人類が南北含めたアメリカ新大陸から来たという考えは妥当性が高いと考えます!

      アースさんはどう思いますか?

    2. 新喜劇の大学生 より:

      野球が楽しまれていた…
      これは進撃中学校で取り上げられそうですね(笑)

      ((真っ先に思いつくのがそっちですみません(;^_^A)))

      ジークはピッチャーですか。きっと凄く危険な球を投げるのでしょう。
      あのチームとは当たりたくないと噂されていたりして。

      グリシャとジークは兄弟だと私も思っています。でも、あまり仲良くなさそうですね。

      たぶん一緒に野球はしてないと思います。
      兄弟の爽やかな野球漫画にはならないですね。残念だ。←勝手に(笑)

      というのはさておき、
      確かにジークはキューバっぽい感じします!何だろう、キューバっぽい。
      ユミルかニシンを知ってるから北欧というの、私も思います。

      北欧に、世界一スゴい臭いのするカンヅメってありましたよね…?
      まさかあの缶ではないと思うけど、ウトガルド城で開けなくて正解だったかも…

      • 管理人アース より:

        新喜劇の大学生さん!

        コメントありがとうございます!

        >まさかあの缶ではないと思うけど、
        世界一くさい缶詰はニシンの塩漬けなので、あれの可能性もありますよね!(笑)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    3. 私が注目するのは、獣の巨人が投げた“岩”です。
      獣の巨人が握りつぶして 粉々にしていますが、
      いかに巨人の力とはいえ、岩がモロいと思います。
      これは溶岩が冷えてできた、火山性の岩だと思われ
      ます。

      ところが、壁内は大方なだらかな平地であり、壁の
      中央にやや高い山があるだけです。
      これが火山だとはちょっと考え難い。
      とすれば、ウォール・マリアの外に火山があって、
      大昔にその火山弾などが降り注いだと思われます。

      ただし、ここは7年ほど前まで、人々が暮らしていた
      場所です。 そこに 岩がゴロゴロと散乱しているのは、
      変ではないか? 
      生活に邪魔な岩は、撤去されているはずです。
      そういえば エレン巨人が壁を塞いだ岩も、トロスト区の
      街中にあったのは不自然です。
      一方 獣の巨人は、この岩の存在を知っていて、武器と
      して使うことを考えていたようです。
      どうやらこの岩も、大きな謎の一つのようです。

      • 管理人アース より:

        おおぞらバードさん!

        コメントありがとうございます!

        >岩がモロいと思います。
        なるほど!
        単純に獣の巨人の握力が強いって言う訳ではないという考察ですね!
        エレンゲリオンが穴を塞ぐ為使った岩は「壁が出来る前からある大岩」と説明がありましたよね!
        今回の岩にも伏線があるかもですね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    4. 野球つながりでいうと、獣の巨人には ピッチングの
      他にも、バッティング、スライディングといった技が
      あると思われます。

      ところで、四足歩行型ですが、まるで獣の巨人の
      “女房役”という感じです。
      野球でいえば “キャッチャー”です。
      野球では ピッチャーが要ですが、本当の司令塔は
      キャッチャーなのです。
      四足歩行型が、作戦指示を出しているのでは?
      私は以前から、あの大人しい姿は 仮の姿だと思って
      います。
      ある時点で “豹変”するのではないか?
      次回辺りで、名前が付くかとも 期待しております。

      • 管理人アース より:

        おおぞらバードさん!

        コメントありがとうございます!

        >四足歩行型が、作戦指示を出しているのでは?
        面白いですね!
        「ジーク戦士長」と呼んだ時の四足はカモフラージュかもですね!
        名前が判明するのが楽しみです!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    5. Flügel der Freiheit より:

      既に分かっていることとして、獣の巨人は17m級と推定されています。

      • 管理人アース より:

        Flügel der Freiheitさん!

        ご指摘ありがとうございます!
        更新しました!

        よろしくです!


        管理人アース

    6. エリシオン より:

      ヨーロッパで人気のスポーツは調べた限りではサッカーが人気の国が多かったですね。サッカーのイメージがない北欧のデンマークやスウェーデンですらサッカーが人気らしいです。
      サッカーが人気のあるヨーロッパで、それも大昔が舞台であるはずのドイツで野球を知っている獣の巨人はヨーロッパ出身ではない可能性がありますね。
      日本で活躍している海外の野球選手はアメリカやキューバ、ドミニカなど、北米や中米の選手が多く、ヨーロッパ出身者はほとんどいないですね。野球の盛んな国と猿の生息地を比べた結果、ジーク戦士長はキューバのような中米諸国かメキシコあたりの出身の可能性が高いかもしれません。最初はコロンビアやブラジルなどの南部の南米諸国の可能性も考えましたが、ブラジルはポルトガルの、それ以外はスペインの植民地だった国が多く、アメリカの文化もメキシコやキューバなどと比べて入っていないのか、野球の人気は無いようでサッカーの方が人気があるようです。ですので、南米出身はないでしょう。
      ヨーロッパ系の名前が多く、街並みの描写もヨーロッパ風を思わせる作品で、野球の描写を使うということは確かに違和感があります。グリシャと見た目が似ているので兄弟の可能性がありますが、そのあたりも含めてジーク戦士長の正体が明かされる日が楽しみです。

      • 管理人アース より:

        エリシオンさん!

        コメントありがとうございます!

        >キューバのような中米諸国かメキシコあたりの出身の可能性が高いかもしれません
        キューバッっぽいですよね!
        グリシャとの絡みもあるので、非常に気になります!
        グリシャはそれほどスポーツマンのようには見えませんでしたけど!(笑)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    7. Flügel der Freiheit より:

      より正確に言うと、第35話でミケは、獣の巨人が17m以上あると推定しています。

      • 管理人アース より:

        Flügel der Freiheitさん!

        コメントありがとうございます!
        更新しました!
        これは入れておかないとですね!
        ご指摘ありがとうございます!

        またよろしくです!


        管理人アース

    8. レイジー より:

      私見ですが故郷=猿の出身はオーストラリアがモデルで、壁内のモデルはオーストラリアではないかと思っています。

      オーストラリアの先住人はアボリジニー(故郷勢)

      オーストラリアは当時のイギリスの犯罪者の流刑地

      故郷勢追いやられる

      イギリス人が支配

      チャールズ皇太子「私達は罪人だ」

      この歴史の事例に基づいている気がします。

      考察のお役に立てれば幸いです。

      • 管理人アース より:

        レイジーさん!

        コメントありがとうございます!

        >チャールズ皇太子「私達は罪人だ」
        面白いですね!
        参考にさせてもらいます!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    9. レイジー より:

      すみません。
      ↑壁内のモデルはイギリスです。

      • 管理人アース より:

        レイジーさん!

        コメントありがとうございます!

        故郷組がオーストラリア出身で壁内がイギリスということですね!
        ありがとうございます!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    10. おさるさん より:

      耳の形について、今僕が考えていることなんですが、耳の尖っている巨人を操っているのは「エレン・イェーガー」、「グリシャ・イェーガー」、「ユミル」、「ジーク」ですよね。
      イェーガー親子以外の「ユミル」、「ジーク」は、苗字?がなぜが公表されていませんよね。
      もしかすると、「ユミル・イェーガー」、「ジーク・イェーガー」という線もあるのではないかと考えています。
      どうでしょうか

      • 管理人アース より:

        おさるさんさん!

        コメントありがとうございます!

        >「ユミル・イェーガー」、「ジーク・イェーガー」
        獣の巨人の巨人の正体であるジーク戦士長はグリシャの兄弟だと考えているので「ジーク・イェーガー」だと管理人アースも考えています。
        ただ、ユミルはどうでしょうか?
        北欧神話における原初の巨人であるユミルも姓が明らかになっておらずただの「ユミル」です。
        なのでただの「ユミル」のままかもしれません。
        もちろんイェーガー姓である可能性はありますが、伏線があれば、です。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    コメントを残す

    このページの先頭へ