進撃の巨人19巻の発売日4月8日までに抑えるべき考察まとめ!

平成28年4月8日(金)に「進撃の巨人」第19巻が発売予定となっております!

18巻ではシガンシナ区決戦にて、調査兵団と獣の巨人の直接対決が起こるであろうとの期待を十分にさせた終わり方となっていました!

19巻では、期待通りの展開を見せます!

19巻をより楽しむためにも、抑えておくべき事柄をここでまとめてみました!

Sponsored Link

◆エレンが硬質化能力を獲得している!

2015-12-17_035127
「進撃の巨人」第74話「作戦成功条件」より


18巻最終話の74話にて、エレンは身に付けた硬質化能力を使い、見事に壁の穴を塞ぎました!

しかも、自らうなじから脱出していることから、かなり練度を上げている事が窺えます。

エレンが硬質化能力の練度を上げている事は、19巻においても非常に重要になってきます!

抑えておきましょう!

19巻発売まで待ちきれない!という人は【進撃の巨人 ネタバレ】75話最新あらすじ画バレ!「二つの戦局」感想考察!にて確認しましょう!


◆エルヴィンの隠し事とは何か?

2015-12-17_035054
「進撃の巨人」第74話「作戦成功条件」より


74話にてエルヴィンは「隠し事があるのは彼らだけではないからな…」と肘に付けている腕輪を見ます。

良く見ると、この腕輪は他の団員も付けています。

この腕輪が何に使われるのかは、19巻にて判明します!

抑えておきましょう!

ちなみに、「エルヴィンの隠し事」≠「腕輪」という考察もあります1

つまり、この「エルヴィンの隠し事」は腕輪ではなく、別にあるのではないかという考察です。

この可能性は捨てきれず、第76話にて、その可能性を窺わせる描写が登場します。

「エルヴィンには隠し事ある」ということは19巻以降のためにも抑えておきましょう!

19巻まで待ちきれない!という人は【進撃の巨人 ネタバレ】76話の最新あらすじ内容!にて確認しましょう!

エルヴィンの腕輪については【エルヴィンの腕輪と隠し事についての考察!】でも、考察していました!


◆ライナーはなぜ助かったのか?

2015-12-17_035036
「進撃の巨人」第74話「作戦成功条件」より


18巻にてライナーはリヴァイから思いっきり斬り付けられました!

普通の人間であるならば、間違いなく致命傷でしょう!

命を断ち切れなかった理由をリヴァイは「これも『巨人の力』か!?」と言っています。

ライナーが助かった理由の説明が、19巻にて登場します。

ライナーがリヴァイの攻撃にて絶命しなかったという事には理由があることを抑えておきましょう!

19巻発売まで待ちきれない!という人は【進撃の巨人 ネタバレ】75話最新あらすじ画バレ!「二つの戦局」感想考察!にて確認しましょう!


◆18巻最後に登場した獣の巨人の隣にいる巨人!

2015-12-17_034310
「進撃の巨人」第74話「作戦成功条件」より


18巻最後で発光と共に獣の巨人が再登場しました!

その隣りにいる巨人が75話「二つの戦局」にて注目をされる事になります!
2015-12-17_034240
「進撃の巨人」第74話「作戦成功条件」より


このような演出の仕方は、獣の巨人の初登場と似ていますね!
2015-12-17_034220
「進撃の巨人」第34話「戦士は踊る」より


後から見なおして、「この時に既に描かれていたんだ!」と思わせられる描写の仕方です。

これは、この巨人が獣の巨人くらいに重要なキャラであるという意味かもしれませんね!

19巻発売まで待ちきれない!という人は【進撃の巨人 ネタバレ】75話最新あらすじ画バレ!「二つの戦局」感想考察!にて確認しましょう!

Sponsored Link


◆マルコの死亡の真相が判明!?

2015-06-27_050950

4巻の最終話である第18話にてマルコが死亡していることが判明しています。

その後の8巻の第31話にて、アルミンからアニがマルコの立体機動装置を持っていた事が指摘され、マルコの死にアニが関与している事が匂わされている状態となっていました。

これまでネット上では「マルコの死の謎」が数多く考察されていましたが19巻収録予定の第77話「彼らが見た世界」にてマルコの死の真相が…

マルコの死の謎については【マルコボットはなぜ死亡?】【進撃の巨人ネタバレ18話の考察!「今、何をすべきか」の伏線ポイントまとめ!】にて考察していますので見てみて下さい!

19巻を読む前にマルコの死の謎については抑えておきましょう!

19巻発売まで待ちきれないという人は【進撃の巨人 ネタバレ】77話最新のあらすじまとめ!にて確認しましょう!


◆ベルトルト再登場の展開が!

2016-02-08_170250
「進撃の巨人」」第73話「はじまりの街」より


18巻収録の73話「はじまりの街」にてベルトルトが穴を覗きながら登場していましたが、77話「彼らが見た世界」にてベルトルトの居場所が判明します!

さらには78話「光臨」にて、ベルトルトが活躍するという展開も!

19巻を読む前に18巻にてベルトルトがいる場所に穴が開いている事を確認しておきましょう!

それがベルトルトの居場所の伏線となっています!

19巻発売まで待ちきれなく確認したいという人は【進撃の巨人 ネタバレ】77話最新のあらすじまとめ!【進撃の巨人 ネタバレ】78話のあらすじまとめ!にて確認出来ます!

見てみてください!


◆アルミンのゲスミン発言が登場!

2016-02-08_170440
「進撃の巨人」第49話「突撃」より

第78話「光臨」にてアルミンによるゲスミン発言が飛び出します!

これは12巻の第49話「突撃」にてアルミンがベルトルトについた時の表情が当初あまりにもゲスかった事から「ゲスミン」という名前が作者から付けられたのです。

その時の発言は「アニがユトピア地区にて拷問を受けている」という内容でした。

このゲスミン発言の詳細については【進撃の巨人ネタバレ49話の考察!「突撃」の伏線ポイントまとめ!】に載っていますので見てみて下さい!

これに続くアルミンの発言が第78話にて登場しますので、抑えておきましょう!

その内容が19巻まで待ちきれず早く知りたい!という人は【進撃の巨人 ネタバレ】78話のあらすじまとめ!にて確認出来ます!

見てみましょう!

19巻も数多くの伏線回収がある内容となっていそうですね!

発売日までに伏線を抑えておき、19巻の進撃に備えましょう!

【進撃の巨人ネタバレ19巻あらすじ!】
【進撃の巨人 ネタバレ】78話のあらすじまとめ!
【進撃の巨人 ネタバレ】77話最新のあらすじまとめ!
【【進撃の巨人 ネタバレ】76話の最新ネタバレ!「雷槍」のあらすじ考察!】
【進撃の巨人 ネタバレ】75話最新あらすじ画バレ!「二つの戦局」感想考察!


Sponsored Link

6 Responses to “進撃の巨人19巻の発売日4月8日までに抑えるべき考察まとめ!”

  1. 「進撃の巨人」 コミックス最新18巻が、週間コミックス
    売上げで、ぶっちぎりの1位を獲得!!
    発売一週間で 97万部を売り上げたそうです。
    決戦前夜の18巻で この勢いなら、本格戦闘で盛り上がる
    19巻は、どこまで売れるのか!?
    軽く100万部は越え、200万部にも迫るのではない
    だろうか?
    こうなると、出版業界の一大ニュースとなります!

    また、19巻が発売される 来年4月には、アニメ版の
    第二シーズンがスタート!
    そんな話題も重なり、第19巻が どれだけ社会現象を
    巻き起こすのか!?
    それが 非常に興味深くなってきました。

    • 管理人アース より:

      おおぞらバードさん!

      コメントありがとうございます!

      進撃の巨人のコミックスは年間でも3位に入る発行部数を誇っているので
      月刊誌掲載マンガとしては間違いなく化け物ですよね!(笑)
      まぁ、その魅力を我々は分かっているので当たり前といえば当たり前なんですが!(笑)

      >来年4月には、アニメ版の第二シーズンがスタート!
      これ、本当ですか!?
      ちょっとこちらでは確認が出来ていなくて、良ければネタ元を教えてください!

      それと先日の太陽が西から昇る地軸の考察ですが、南半球でも太陽が東から昇ることが確認出来ました。
      となると、これまでの考察がひっくり返ってしまい、現在では「時間が逆回転している」などのSF的伏線のみが生きている状態です。
      また、新しい考察が発見されましたら、よろしくです!\(^o^)/

      「進撃の巨人」の進撃はまだまだ続きますね!
      本当にアニメ2期が楽しみです!

      またコメントよろしくです!


      管理人アース

  2. アニメ第二期のスタートについて、私の舌足らずの
    コメントをお詫びいたします。
    実は当初のコメントでは、「スタートなのでは?」
    でした。
    しかし、疑問符ばかりでは歯切れが悪いし、そういう
    流れが かなり強いのではと思い、スタート!として
    しまった訳なのです。

    というのは、来年2月には、ゲームソフトがPS4などで
    発売になります。 (これが 原作に忠実な世界観で、
    かなり濃厚な内容のようです。)
    そして、実写版 前後編のDVDが、2月3月と連続
    リリースされます。
    この流れで 4月のアニメスタートというのが、最も
    戦略的にも効果的で、最高の盛り上りとなり、当然
    その時期を狙っていると思われるのです。
    (やむなく諸般の事情で遅れが生じ、7月スタートかも
     しれませんが、遅くともそこまででしょう。)
    10月以降になると、せっかくの熱も冷めてしまい、
    発表から2年近くも待たされる事となり、ファンからも
    苦情が来てしまうでしょう。
    という訳で、4月スタートがかなり濃厚と言いたかった
    のですが、思い余って スタート!としてしまった訳
    なのです。
    改めて お詫び申し上げます。
    (嘘バレにならないことを 祈るばかりです…)

    (太陽の謎については、只今熟考中です)

    • 管理人アース より:

      おおぞらバードさん!

      コメントありがとうございます!

      >という訳で、4月スタートがかなり濃厚と言いたかった
      のですが、思い余って スタート!としてしまった訳
      なのです。
      そうだったんですね!
      4月スタートだったら嬉しいですね!
      もしそうであるならそろそろ情報が出てくるでしょう!
      楽しみにして待っていましょう!(*^^*)

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  3. つい先頃、ある書店の 「進撃の巨人コーナー」で、
    重要なものを見つけました。
    それは 進撃のストーリーに合せて、コミックス全巻に
    “仕切り”が されていたのです。
    その“仕切り”には、
    1巻~5巻-「人類VS巨人 戦闘編」
    6巻~12巻-「仲間の裏切り編」
    13巻~17巻-「王政打倒編」
    18巻~ 「壁の外へ編」
    と書かれています。
    この仕切りは、書店が作ったような物ではなく、印刷や
    装丁が立派に施されたものです。
    つまり この区分は、編集部が書店での販売用にと、
    正式に認めたものと思えるのです。

    そこで気になるのが、最新18巻からの「壁の外へ編」
    なのです。
    「壁の外」とは、どこを指すのか?
    もしも ローゼの外なら、現在のウォール・マリア
    奪還作戦と その後の地下室探査で 一編となり、
    それがあと コミックス4巻ほど続くこととなります。
    しかし、マリアの外だったなら?
    奪還作戦と地下室探査の後、壁外の“故郷”まで行き、
    そこで一編となるのでは。
    この場合、奪還作戦と地下室探査は2,3巻で終わり、
    あと3巻ほどは 故郷編になってくると思うのです。
    このように、「壁の外」が ローゼか マリアかによって、
    今後の展開が変わってきてしまうのです。

    しかしながら、巨人に占拠されてしまった ローゼ外を
    「壁の外」と見るのが妥当でしょう。
    従って、ウォール・マリア奪還作戦と地下室探査は、
    あと4巻ほど続くと予測されるのでは。

    その後、話はどこへ行くのだろうか?
    “故郷”へ行くのか、“壁内”に戻るのか。
    いずれにせよ、編集部が認めた“仕切り”は、今後の
    重要なヒントになるのではと思うのです。

    • 管理人アース より:

      おおぞらバードさん!

      コメントありがとうございます!

      この書店のまとめ方面白いですね!
      こういうまとめ方もあるんだなと素直に感じました!

      >従って、ウォール・マリア奪還作戦と地下室探査は、
      あと4巻ほど続くと予測されるのでは。
      そうかもしれないですね!
      管理人アースの予想としては、ウォール・マリア奪還作戦編(獣の巨人との戦い、地下室への到着)が4巻くらい続いて
      その後ヒストリアの元へ戻るのではないかと思っています。
      おそらく、その後また獣の巨人との再決戦があるのでは…なんて妄想もしていますが!(笑)

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ