進撃の巨人18巻表紙の考察まとめ!太陽が西から昇ってる真相!

第10回「別ナマ!」にて12月9日発売予定の「進撃の巨人」18巻の表紙が公開されました!

一見普通の表紙に見られますが、とんでもない伏線が仕掛けられています!

検証してみましょう!

Sponsored Link

◆18巻表紙のシーンを考察!

2015-12-02_034735
「進撃の巨人」18巻表紙より


表紙にはエレン、アルミン、リヴァイ、ミカサが壁上からシガンシナ区を見下ろしている場面が描かれています。

つまり、73話のこのシーン辺りではないでしょうか?
2015-12-02_035844-horz
「進撃の巨人」73話「はじまりの街」より


直後にエレンの近くにリヴァイが登場するので、表紙に一緒に描かれている所も重なります!
2015-12-02_040400
「進撃の巨人」73話「はじまりの街」より


表紙の奥の方では部下に指示を出しているエルヴィン団長も描かれています。

やはり、トロスト区からウォール・マリア領を経てシガンシナ区へ辿り着いたばかりなのでしょう。

なので、位置的には、内門の上になると思われます!

つまりここですね。
2015-12-02_040742
「進撃の巨人」第75話「二つの戦局」より

まさにエルヴィン達が現在立っている場所でしょう。

エレンやアルミン達は、矢印の方向でシガンシナ区を見ていると考えられます。

となると、方向は南を向いていることになります。

改めて表紙を見てみましょう!
2015-12-02_034735
「進撃の巨人」第75話「二つの戦局」より


太陽はエレンたちの右後方から照らしているように見えます。

ということは、やはり西に太陽があることになりますね!

エレンたちがシガンシナ区に着いたのは明け方です。

やはり、この18巻表紙でも太陽は西から昇っていることが分かりますね!

Sponsored Link


◆18巻表紙に西から昇る太陽が描写されている意味とは?

2015-12-02_041445
「進撃の巨人」18巻表紙より


西から昇り東に沈む太陽は、最新話75話での描写で4話連続での描写がされています。

つまり、72話から75話まで毎回の描写ということです。

そして今回とうとう表紙にまでこの伏線が描写されると言うことになりますね!

これは、何を意味しているのでしょうか?

【進撃の巨人の表紙を考察!ループ説と関係も!!】でも考察していますが、「進撃の巨人」の表紙は「ループ説」の伏線を表していると管理人アースは考えています。

これまで表紙には「作中ではあり得ない場面」が描かれてきました。

これは、ミカサによって引き起こされているループによって起きた、これまでの場面が切り取られているのではないかと管理人アースは考えます。

なので、現在進行している世界でも起きている場面もあれば、起きていない場面もあるということです。

そう考えれば、今回のシガンシナ区到着シーンも、現在の世界でも起きているシーンですし、太陽の描写さえなければ、今まで通りです。

ただ、72話以降から、あまりにも西から昇り東へ沈む太陽の描写が多いのと、とうとう表紙にまで、この伏線が仕掛けられたことが管理人アースは気になります。

このような連続の伏線の仕掛け方はライナー、ベルトルトが超大型巨人と鎧の巨人の正体だという伏線が仕掛けられた時と同じではないかと思うのです。

初期の頃は、ライナー、ベルトルトの正体が超大型巨人、鎧の巨人だという伏線が度々仕掛けられていました。

なおかつ、6巻の表紙では、見方によってはライナーがアルミンを斬っているようにも見える描写があり、これはライナーが女型の巨人の味方であるという伏線にも見えます。
06
「進撃の巨人」第6巻表紙より 


つまり、ライベルが敵だという伏線が当時には表紙にも仕掛けられていたということです。

これは、今回の西から昇る太陽と似ていると思いませんか?

最近の管理人アースは、もしかしたら太陽の伏線は、ライベルアニが超大型巨人、鎧の巨人、女型の巨人の正体だというくらいの“大きな意味を持つ伏線”なのかもしれません。

現在、この伏線の最終考察は【進撃!巨人中学のアニメネタバレ考察!時計逆回転の真相は?】が最終考察となっています!

これが正解かもしれませんが、まだまだ考察しなければいけないのかもしれませんね!

【進撃の巨人ネタバレ考察!太陽が西から昇り東に沈む真相!】
【進撃の巨人のモデルの場所を考察!鰊と猿、太陽から検証も!】
【進撃の巨人ネタバレ74話の考察!コーヒーから壁の場所を検証!】


Sponsored Link

12 Responses to “進撃の巨人18巻表紙の考察まとめ!太陽が西から昇ってる真相!”

  1. 太陽が西から昇る- その要因として、地軸の逆転が
    ありますが、こんな事が急に起きたら それこそ地球は
    死の星になってしまいます。

    しかし仮に、百年かけて ゆっくりと南北が逆転したと
    するとどうか。 一年当たり1.8度の地軸の変動です。
    こうした ゆっくりペースなら、生物も適応できるのでは
    と思います。
    ただし、気候の大変動など 着実に襲ってきます。
    北極 南極だった場所が、赤道直下となり、氷が溶けて
    海面の大上昇など起こります。
    (「壁」は、その時の大洪水を防ぐ目的もあったのでは
     ないか? とすれば、大量の巨人が 人柱として使われた
     まさに悪魔の所業です…)

    現在の進撃の世界は、地軸がちょうど逆さになって、
    ドイツが南半球に来ているとも考えられます。
    この地軸変動は、今も続いているのか 分かりませんが…

    もしや 『座標』と 地軸の変動とは、密接な関係があるのか?
    そもそも 『座標』とは、ものの位置関係を示すものであり、
    地軸と大いに関係ありそうにも感じます。
    とすれば 『座標の力』とは、地球の地軸をも揺るがす
    とてつもない 宇宙パワーなのか…!?
    人類がそのパワーを手にしたのが、全ての発端なの
    かもしれません??

    • 管理人アース より:

      おおぞらバードさん!

      コメントありがとうございます!

      >太陽が西から昇る- その要因として、地軸の逆転がありますが
      なるほど!
      となると、進撃中の時計逆回転の伏線は地軸のことだったのかもしれませんね!

      >「壁」は、その時の大洪水を防ぐ目的もあったのではないか?
      壁は巨人から身を守るためではなく、洪水を防ぐ目的ですか~。
      なるほど!
      面白いです!

      >もしや 『座標』と 地軸の変動とは、密接な関係があるのか?
      これスゴイですね!
      地軸を動かす力が座標を関係があるならば、とんでもない力を秘めていることになります!

      いやいや、スゴイ考察です!
      これは面白いですね!
      座標の考察にも、かなり進展が出来そうです!

      全話ネタバレ考察まとめにも書かせてもらっていますが、このサイトの考察もかなり形が出来ました。
      これも初期の頃から考察を高めてもらったおおぞらバードさんの力がかなり大きいと思っています!
      本当にありがとうございます!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  2. 地軸を動かすなど 荒唐無稽かと思われたのですが、
    賛同いただき ありがとうございます。
    ただし、100年で180度の移動は、変動がデカイ
    のではと思い直しました。
    そこで、1000年で180度にすればどうか。
    これなら年間 0.18度という微かな移動です。

    それに、1000年で逆転、2000年で一回転。
    これは 「2000年後の君へ」のループ説にも繋がる
    のでは??
    などと、地軸とループ説についても思案中です。

    • 管理人アース より:

      おおぞらバードさん!

      コメントありがとうございます!

      >これは 「2000年後の君へ」のループ説にも繋がるのでは??
      なるほど!
      これはちょっと記事にしたいですね!
      ありがとうございます!

      なぜ地軸が逆転したのか?
      それは巨人の存在と関係しているのか?
      座標は地軸の移動と関係しているのか?

      面白いですね!
      ぜひ、記事にしたいです!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  3. 通りすがりの奇行種 より:

    アースさんはじめまして!

    いつも大変楽しく拝見させていただいております!
    おもしろ過ぎて、アースさんの考察が書籍化してくれたらいいのにな…なんて勝手に思っておりました。笑

    単行本18巻、私も早速手に取り内容、表紙ともにじっくりと読みました!

    アースさんがおっしゃる通り、太陽の描写もとても気になったのですが、それと同時に、以前の考察で表紙は本編ではありえない内容(本編では選択しなかった方の描写)があると書かれていたのを思い出しました。

    それをふまえて見返してみると、表紙の描写では誰一人フード作戦を実行していない…

    本編では夜中に移動している時からすでに、フードをかぶって移動しているので、これは本編とは異なる描写、本編では絶対にあり得ない描写だなと思いました。(すでに考察済みでしたらすいません…)

    ループ説も踏まえると、本編の時代では選択されなかった作戦(表紙の描写の作戦)で、過去に巨人と闘い人類が負けたのではないかと思います。
    なので、今回はフード作戦が功を奏し人類の勝利で終わってくれたら…と願っています。

    あるいは今回人類が負け、バッドエンドで終わったとしたら、進撃の巨人2としてまた漫画自体も1巻からループし、今度は現行の表紙の通りに物語が進んでいく…なんてことがあったら、またそれはそれで新しいな、なんてことも思っておりました。笑

    とにもかくにも、これからもアースさんやみなさんの考察を楽しみに、進撃していこうと思います!(^O^)

    • 管理人アース より:

      通りすがりの奇行種さん!

      コメントありがとうございます!

      当サイトを非常に気に入ってもらえているようで嬉しいです!(^^)
      少しでもこのサイトを見て、「進撃の巨人」がより面白くなってもらえれば、励みになります!

      >本編では夜中に移動している時からすでに、フードをかぶって移動しているので、これは本編とは異なる描写、本編では絶対にあり得ない描写だなと思いました。(すでに考察済みでしたらすいません…)
      そうなんです!
      これ、以前気付いたのですが、記事には書いていません!
      この事実は進撃の巨人の表紙を考察!ループ説と関係も!!に追加しておきます!
      見てみてください!

      面白い考察をありがとうございました!
      これからも当サイトをよろしくです!

      最終回までにループするか一緒に確認しましょう!\(^o^)/
      またコメントよろしくです!


      管理人アース

  4. 壁外の異端者 より:

    コミックの表紙の裏にある地図を参考にした場合、故郷のある場所がドイツ本国 壁内世界が南米なのではないでしょうか?
    ただ、壁内世界の南北を逆転させただけならばこの謎は解決するように思われるのですが。

    • 管理人アース より:

      壁外の異端者さん!

      コメントありがとうございます!

      >ただ、壁内世界の南北を逆転させただけならば
      そうなのですが、引っかかるのが「南は暖かく、北は寒い」的な諫山先生の発言ですね。
      壁内の世界を見ると、壁内がドイツに見えますよね。

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  5. ふじこ より:

    西から太陽が昇る!?
    金星!?

    • 管理人アース より:

      ふじこさん!

      コメントありがとうございます!

      いえ、太陽かと思いますよ。

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  6. ふじこ より:

    あ、言葉足らずごめんなさいw
    金星は自転が地球とは逆なので、太陽が西から昇ったと思います!

    • 管理人アース より:

      ふじこさん!

      コメントありがとうございます!

      そうなんですね!
      となると、「進撃の巨人」の舞台が金星ではという考察ということですね!
      面白いです!
      しかし、金星には人は住めないと思います…
      地球以外の舞台という展開はあるかもですね!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ