進撃の巨人18巻のネタバレ感想!伏線内容から考察!

12月9日に「進撃の巨人」18巻が発売されました!

以前の18巻展開予想を自己採点し、雑誌掲載時とコミックスでの内容変更点を考察します!

さらには、18巻巻末ウソ予告の紹介もしています!

見てみましょう!

Sponsored Link

◆「進撃の巨人」第18巻スペシャルPV!

18巻のスペシャルPVとなっています!

18感を読んだ人も、これから買う人も見てみましょう!

けっこう面白いですよ!

18巻の話の流れが分かるようになっています!

それでは、以前予想した、18巻展開予想を振り返ってみましょう!


◆71話から予想する18巻2話目の考察!

2015-07-14_050800
「進撃の巨人」第70話「いつか見た夢」より


71話はキース・シャーディスとエレン達104期生の再会話でした。

この展開は70話「いつか見た夢」での終盤のシーンでエレンが「明日行くぞ…教官のところに」のセリフからの続きでした。

では71話から18巻2話目の72話に来る話は予想できるでしょうか?

残念ながら71話から72話に続く展開は確定できません。


ちなみに、71話、72話はこちらで詳細をお伝えしています。

【進撃の巨人71話あらすじ詳細!】

【進撃の巨人72話あらすじ詳細!】


72話の展開で一番可能性が高いのは「コニー、エルヴィンのラカゴ村訪問」でしょう。

ここではコニー、エルヴィンの死亡する展開もあり得ます!

18巻2話目は「コニー、エルヴィンのラカゴ村訪問話」でしょう!


ラカゴ村については残念ながら…って感じでしたが、確認されてみてください。


◆18巻3話目、4話目の予想、考察!エレンのライナー、ベルトルトと再会も!?

11
「進撃の巨人」第11巻表紙より


では18巻3話目、4話目である73話、74話はどのような展開が予想されるでしょうか?

70話には「エレンのキース訪問」「コニーのラカゴ村訪問」の予定のみが描かれており、それ以外は「調査兵団のシガンシナ区奪還への動きが近い」との話が出たくらいでした。

ここからは73話、74話は予想出来ません。

では72話でコニー、エルヴィンが死亡した場合、73話、74話の展開はどのようになるでしょうか?

予想してみましょう!

ライナー、ベルトルトとの再会でコニー、エルヴィンが死亡したことがエレン達キース訪問組に伝えられ、ライナー達がユトピア地区を目指していることを知ります。

エレン達はユトピア地区でライナー達を待ち伏せし、再会するでしょう!

73話、74話はアニを救出しようとするライナー、ベルトルトとエレン達の攻防が描かれると予想します!

この攻防で彼らを殺せるのかで、70話でのエレンの伏線の結果が分かりますね。

まとめてみました!

Sponsored Link


18巻の予想内容!

71話「傍観者」
72話「コニー、エルヴィンのラカゴ村訪問」ライナー、ベルトルトによりコニー、エルヴィン死亡
73話「ユトピア地区にてエレン達の待ちぶせ」
74話「エレンのライナー、ベルトルトとの再会」

18巻はこのようになります!


72話でエルヴィンが死亡した場合、どのような影響が想像できるでしょうか?

次の団長はハンジが引き継ぐでしょう。

補佐でキースが復帰という展開はあるのでしょうか?

そしてユトピア地区でのライナー、ベルトルトとの再会でエレンは彼らを殺せるのでしょうか?

そしてリヴァイ兵士長が持っている「フツウノキョジン」の注射は使用されるのでしょうか?

18巻は盛り沢山な内容になりそうですね!(^O^)!

【追記】74話まで読んで答え合わせをしてみた!

2015-10-08_032411-horz
「進撃の巨人」74話「作戦成功条件」より


2015年別冊マガジン11月号に74話が発表となり18巻掲載話が全て明らかになりました。

残念ながらコニー死亡、ライナー、ベルトルトのアニ救出行動もありませんでした(泣)

そしてキースの調査兵団復帰、リヴァイの巨人化注射の使用もありませんでした(ーー;)

残念ながら答え合わせの点数は0点でしょうm(_ _)m

18巻は、展開予想が難しい巻となっていました(・_・;)

残りの73話、74話の詳細はこちらです。

【進撃の巨人73話あらすじ詳細!】

【進撃の巨人74話あらすじ詳細!】


一部予想は外れてしまってる部分もありますが、獣の巨人と調査兵団の一騎打ちとなる展開となっており、かなりの盛り上がりを見せた71話~74話までとなっていました!!

内容も考察も盛り上がっていますよ!


◆18巻の内容と雑誌掲載時との変更点を比較!


12月9日に発売された18巻の内容と別冊マガジン掲載時との変更点を比較してみました!

管理人アースが見つけたのは一か所です!

第71話「傍観者」での変更点!


別冊マガジン掲載時でのこのシーンのキース教官にはヒゲがありませんでしたが
2015-12-10_041818
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


18巻コミックスでは、少し生えていました!(笑)
2015-12-10_041841
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


作者もキースに関しては、髪を生やしたり、スキンヘッドにしたり、ヒゲを生やしたり、失くしたりと大変なのでしょう!

コミックスでは、キチンと修正されていましたね!


◆18巻巻末ウソ予告の紹介!

2015-12-10_041952
「進撃の巨人」18巻巻末ウソ予告より

18巻巻末ウソ予告はこのようになっていました!

「2頭身キャラクター(ともだち)」がやって来たって…(笑)

スゴイ友達の誕生ですよね!(笑)

ただ、何となく寄生獣のミギーを連想したのは管理人アースだけでしょうか?

「アルミン…人間というのは不思議な生き物だな」とか言いそうですよね!(笑)

最後の「僕を失望させないでね?」が怖いです!

今回は、作者が完全に楽しんで描いているのが感じられるウソ予告となっていました!(笑)

【進撃の巨人18巻表紙の考察まとめ!太陽が西から昇ってる真相!】
【進撃の巨人ネタバレ74話の最新あらすじ!「作戦成功条件」の感想!】
【進撃の巨人ネタバレ73話確定最新画バレ!「はじまりの街」のあらすじまとめ!】
【進撃の巨人ネタバレ72話確定と画バレから伏線を考察!】
【進撃の巨人ネタバレ71話確定と画バレから伏線を考察!】
【進撃の巨人17巻のネタバレ内容まとめ!サシャの正体が判明する?】


Sponsored Link

11 Responses to “進撃の巨人18巻のネタバレ感想!伏線内容から考察!”

  1. シンゲッキー より:

    こんかいの嘘予告はドラえもんのパロディーですよ!笑

    • 管理人アース より:

      シンゲッキーさん!

      コメントありがとうございます!

      なるほど!
      そのようにも見えますね!
      アルミンはのび太ですか(笑)

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  2. XXL より:

    お初にお目にかかります。

    18巻、私も読んだのですが、ひとつ引っかかることがありまして。

    奪還作戦決行の前日にエレン、ミカサ、アルミンが話している場面で、偶然目の前を通りがかった駐屯兵団の服を着た男性を、3人がハンネスと見間違えているような描写がありました。

    そして作戦が始まり、麓を目指す調査兵団は道中で眠っている巨人に遭遇するわけですが、この巨人と前日に見たハンネス似の男性がそっくりなのです。

    ハンジを筆頭に、調査兵団は巨人が眠っていることに安心して先に進もうとしている中、エレンだけがその顔を見て驚いたような表情を見せ、それから後も震えがなかなか止まらない様子でした。


    これは何かの伏線なのでしょうか・・・?
    長文失礼致しました。

    • 管理人アース より:

      XXLさん!

      コメントありがとうございます!

      >この巨人と前日に見たハンネス似の男性がそっくりなのです。
      そう言えば似ていますね!
      もし、これが駐屯兵団員でしたら、兵団内に裏切り者がいることになりますね!
      これはスゴイ展開になるかもです!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  3. ウタ より:

    アースさんも進撃の巨人に燃えてる方ですか!!俺も進撃の巨人に対して思いが燃えすぎて困ってます!!笑
    来年の4月8日が待ちどうしすぎて落ち込んでます…笑

    • 管理人アース より:

      ウタさん!

      コメントありがとうございます!

      別冊マガジンの発売日までの1ヶ月でも待ち遠しいですよ!(笑)
      4月なんて、もう…(・_・;)
      ウタさんはコミックス派ですか?
      4月までは長過ぎますよね……

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  4. ヤアズ より:

    壁からライナーが出で来るシーンで壁の内側に取っ手があり開け閉めできる作りになってますよね。
    ライナー達に時間の余裕があったとしても作戦を立てた後に取っ手を付けるのは厳しいですよね。
    壁には何ヵ所かマンホールのように開け閉めできる箇所があるという可能性が高そうですね。

    • 管理人アース より:

      ヤアズさん!

      コメントありがとうございます!

      >壁には何ヵ所かマンホールのように開け閉めできる箇所があるという可能性が高そうですね。
      なるほど!
      それはあると思いますね!
      となると、もともとは何の為に作られた穴なのでしょうか?

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  5. 5m級巨人TAKAOKA より:

    どうも、身長が2m伸びて調子乗ってるTAKAOKAです(笑)
    さて、今回は、僕の友達数名の考察を投稿させて頂きます。
    まず一人目の友達。簡単に言うと、
    「カルラ・アッカーマン説」です。この考察を聞いて、とても驚きました。今までにない考え方で、凄いなと思いました。つまり、エレンはアッカーマン家の血を引いているということです。しかし、リミッター解除するには、直接的な血筋でなければいけません。なのでエレンは、ずっとリミッター解除しておけないのです。例えば対女型の巨人の時。アースさんは以前、リミッター解除の条件は、「世界の残酷さを知ること」、「仲間に対する気持ちを持つこと」などと考察していました。エレンはその時、ミカサに、「世界は残酷なんだから」と言われ、一時的にリミッター解除したのではないでしょうか。でも、この考察だと、ミカサの恋が悲しい結果に終わりますよね(笑)
    次に、二人目の友達。ハンジ曰く、「月光の巨人」についてです。ライベル達が調査兵団の接近にいち早く気づいたのは、「月光の巨人が実は知性巨人で、エレン達が通った後、ライベル達に教えに行ったから」というのです。しかし、教えに行く前に見つかって殺られたり、見つからないように後ろから付いて行ったら間に合わなかったり、と不自然な点もありますが。
    最近、勉強とゲームと習い事と部活ばかりしていて、考察を全然していませんでした。なので友達の考察を取り入れて見ました。どちらも面白い考察です。「アースさんのこれからの考察に役立てば嬉しい」と、友達が言ってました。これからもよろしくお願いします。

    • 管理人アース より:

      5m級巨人TAKAOKAさん!

      コメントありがとうございます!

      >身長が2m伸びて調子乗ってるTAKAOKAです(笑)
      ガチで巨人化したのですか!?(笑)

      >「カルラ・アッカーマン説」です。
      これは意表を付かれました!
      面白いですね~。
      確かにシガンシナ区に分家が…というケニーの言葉でミカサの父親しか思い付かなかったですが、カルラも分家だったという考察ですね!
      う~ん、となると、それも知っていてグリシャは結婚相手にカルラを選んだのかもですね!
      そして、ミカサの家に診療に行っていたのも、アッカーマン一族の末裔だと知っていたからかもです!
      面白いですね!

      >「月光の巨人が実は知性巨人で、エレン達が通った後、ライベル達に教えに行ったから」
      これはどうでしょう?
      管理人アースはエルヴィンの考察通り四足歩行型巨人が知らせたのだと思っていますが…
      ただ、けっこう月光の巨人が知性巨人ではないかという考察を見かけますので、あり得るのかもしれません!

      >最近、勉強とゲームと習い事と部活ばかりしていて
      忙しそうですね!
      ですが、そういう充実した日常をこなしながら、たまに考察すると思いがけない考えが出て来たりするものです!

      また時間がある時にでもコメントください!
      面白い考察ありがとうございました!


      管理人アース

  6. 第18巻は まさに、決戦前夜!!
    その情景、心情などを 1巻かけて じっくりと描いて
    います。
    巨人は最終盤に登場しますが、戦闘場面などには
    乏しい巻です。
    しかし、引き込まれるような読み応えがあり、王政編
    の頃と比べると、随分 魅せ方が上手くなったと感じ
    ました。
    ウォールマリア奪還作戦の出撃シーンや、立体機動
    開始のシーンなど、アニメになれば かなり良い絵であり、
    アニメ化が待ち遠しく思えます。

    また、ミカサ、エレン、アルミンの3人組が、幼い頃と
    同じように並んで話している。
    これは 第1巻と変わらぬ風景で、微笑ましくも思え
    ました。

    そして 裏で気付かぬように聴いている リヴァイ!
    このカットは、なかなかに意味深です。 この時の
    模様が、後の伏線になっていく気がします。

    またここに、コミックスの変更点があるのです。
    この会話のシーンで、リヴァイは最初 下半身しか
    見せず、ここでは誰だか分かりません。
    問題は次ページの リヴァイのカットです。
    本誌では、鼻先までしか見えず、ここでも誰だか
    分からないのです。
    ところが コミックスでは、目の半分まで見えていて、
    ここで リヴァイだと分かってしまうのです。
    本誌では、ページをめくってリヴァイが座っていて、
    ここで初めて リヴァイだと分かりますが、コミックス
    では、2ページも早くに分かってしまうのです。
    この差は案外大きいと思います。
    私は、途中顔が分からない 本誌の見せ方の方が
    効果的だったと思います。
    これは単に、印刷のレイアウト上のズレなのかも
    しれませんが…

コメントを残す

このページの先頭へ