進撃の巨人15巻ネタバレ考察まとめ!

「王政編」まっただ中の13巻はどのような内容となっているのでしょうか?

大きな伏線があるのでしょうか?

検証してみましょう!

Sponsored Link

◆「進撃の巨人」15巻の構成と内容を検証!

15
「進撃の巨人」15巻表紙より


15巻の構成と内容はこのようになっています。

第59話「外道の魂」


58話のジャンが助かっていた事が分かります。

代わりに人を殺してしまったアルミンをフォローするリヴァイの言葉からリヴァイの考え方が分かるシーンがあり、リヴァイの「選択」に関する考察には重要なシーンとなっています!

【進撃の巨人ネタバレ59話の考察!「外道の魂」の伏線ポイントまとめ!】

第60話「信頼」


リヴァイとハンジの革命の為の動きが分かる回となっています。

同じクーデターを起こしているのですが、非常に対照的な動きとなっていますね!

リヴァイ班に近付く憲兵団の3名は61話で回収される伏線となっています。

【進撃の巨人ネタバレ60話の考察!「信頼」の伏線ポイントまとめ!】

第61話「回答」


エルヴィンが賭けに勝ち、革命の成就がする場面が描かれています!

ここでは、本当に人類に心臓を捧げている格好良いエルヴィンが描かれています!

カリスマエルヴィンの真骨頂の回と言えるでしょう!

【進撃の巨人ネタバレ61話の考察!「回答」の伏線ポイントまとめ!】

第62話「罪」


ザックレー総統の本性が現れ、人類の未来の重責に押しつぶされそうになっているエルヴィンを救う場面が登場します!

この時にエルヴィンはザックレー総統に自分の夢を語っています。

これは現在最新話75話以降に分かるであろう「エルヴィンの夢」考察には重要な場面と言えます!

最後にエレンがグリシャの記憶を思い出す場面が描かれ終わります。

この時に思い出した記憶にて若きキースが登場しており、70話への伏線となっています!

【進撃の巨人ネタバレ62話の考察!「罪」の伏線ポイントまとめ!】

では15巻がどのような巻なのかを考察してみましょう!

Sponsored Link


◆「進撃の巨人」15巻の総括!

2015-10-24_084358
「進撃の巨人」第62話「罪」より


15巻は「王政編」の真っただ中の位置付けとなっており、エルヴィンの革命が成就する巻となっています。

59話でリヴァイ、60話でハンジ、61話でエルヴィンと、それぞれの革命のやり方が描かれているとも言えるでしょう。

ちなみにおおまかですが、13巻から17巻の69話まで王政編と言えます。

この中で13巻から15巻が王政編の中でも「王政編:クーデター編」と言えると思います。

次巻16巻から17巻69話までが「王政編:エレン奪還作戦編」と言えるのは無いでしょうか?

15巻最終話62話「罪」の最期のシーンが「エレン奪還作戦編」への幕開けを感じさせます。

さて、このような見方をするとこの15巻は「王政編:クーデター編」の完結巻と言えるでしょう!

まさにこの巻でエルヴィのクーデターが革命へと成就する瞬間が描かれています。

そして、エルヴィン主導でクーデターは起きているのですが、リヴァイ、ハンジ、エルヴィンそれぞれの個性、動きが見事に描かれています。

その中でもエルヴィンのカリスマ性、人間性が61話、62話で描かれており、エルヴィン考察には現在でも最重要な回と言えます。

しかし、人気度から言うと、地味な王政編の真骨頂の巻と言えるでしょう。

とくに59話、60話は話や時系列が分かりにくい内容と言えるのではないでしょうか?

この辺りは、来年の第2期アニメ化でどのように描かれるのかも注目ですね!

15巻は「王政編」まっただ中で、エルヴィンのクーデターが革命へと成就する巻であり、リヴァイ、ハンジ、エルヴィンの個性が見事に描かれている巻となっています!

【進撃の巨人16巻ネタバレ考察まとめ!】
【進撃の巨人14巻ネタバレ考察まとめ!】


Sponsored Link

4 Responses to “進撃の巨人15巻ネタバレ考察まとめ!”

  1. 進撃の巨人もどき より:

    この間進撃の巨人の3~5巻を買いました!
    やっぱし実際に本を買うのはいいですね!
    アースさんの考察も楽しみにしています!!

    • 管理人アース より:

      進撃の巨人もどきさん!

      コメントありがとうございます!

      >3~5巻を買いました!
      1巻2巻は大事ですよ!
      その後は大盛り上がりですし!(笑)
      ぜひ全巻揃えましょう!
      来月18巻出ますので!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  2. 王政編のような 政治劇、交渉劇、心理劇を描くことは、
    派手な巨人戦のドンパチを書くよりも、数段難しい!!
    そこへ果敢に挑んでいった、作者の姿勢は素晴らしいと
    思います。
    ただしその場合、並々ならぬ画力、表現力、演出力が
    求められることになります。
    例えば、エルヴィン並みの存在感、重厚感が、作品の
    隅々に行き渡っているだろうか?
    残念ながら、ものすごいムラがあります。
    巨人のようなスター?が出ない分、それを補って余りある
    緊迫感やインパクトを、隅々まで出さねばならないのです。

    その技法の一つが、「心象風景」です。
    よくあるのは、怒りの表情に 炎がメラメラというやつです。
    こういうのを、もっと出すべきなのです。
    進撃の巨人の場合、退屈がちな交渉劇の背景に 巨人の
    イメージ画などを併せれば、画面がグッと引き締まるのです。
    ところが、只だらだらと話をしているシーンが多過ぎる!
    これでは、人気が落ちて当然です。
    心理劇の場合、こうした「心象風景」の錬度を高めなけ
    れば、読み応えが出てこないのです。

    例えば、「刃牙道」という作品があります。
    本格格闘マンガですが、全くアクションのない 心理戦も
    多くあります。
    そこで 相手のオーラが、お花畑のように広々と華々しく
    展開される。 あるいは、敵の気が 大量の小判となり、
    ドサーッと空から降って来るような 煌びやかさ。
    これなのです! こういうのを見習い、もっと表現の錬度を
    積んで欲しいと願うのです。

    • 管理人アース より:

      おおぞらバードさん!

      コメントありがとうございます!

      >並々ならぬ画力、表現力、演出力が
      求められることになります。
      そうですね~。
      この王政編に感じられる「しっくり来ない感」はエルヴィン、リヴィア、ハンジのグループの場所、時系列がイマイチ掴めないことです。
      例えば、リヴァイ班に捕まったマルロとヒッチが味方として認められ、ハンジの元へ行き合流し、中央憲兵の根城で合流し、クーデターが成功したことを知る。
      リヴァイ達の場所とハンジ達の距離がどれくらいあったのか?マルロとヒッチは一日でそこを往復したのか?などなどよく分かりません。
      ハンジの動きも分かりにくいですね。

      この辺りのモヤモヤをアニメ化時には解消してもらいたいものです。

      いろいろありますが、作者の挑戦意欲は感じられます!
      そして現在は死ね大盛り上がりとなっていますしね!
      毎回楽しみですね!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ