進撃の巨人ネタバレ1話の考察!伏線ポイントまとめ!

作者諫山創先生は「読み返した時に別の意味を感じられるように」と発言していると通り、各話に伏線を張り巡らせています。

第1話を読み返し、気になるポイント取り上げ考察してみましょう!

Sponsored Link

◆第1話「二千年後の君へ」の見どころ!

2015-07-03_044228

第1話で登場する巨人が、いきなり超大型巨人を持ってくる作者は素晴らしいです!

読者が、超大型巨人が特別な巨人だったと認識するのは、かなり後でしょう。

超大型巨人の登場も含め、第1話は読み返す度に新たな発見ができるように作られています!

第1話冒頭に、団長になる前のエルヴィンが登場しているところも秀逸ですね!

◆第1話の伏線と「伏線らしき」ポイントまとめ!

第1話の伏線ポイントはこちらです。

  • 「二千年後の君へ」というタイトル
  • 「いってらっしゃいエレン」というセリフ
  • グリシャが治した伝染病
  • グリシャの地下室の存在
  • 風見鶏下の「ドウグヤ」の看板

  • それでは早速1つずつ考察してまいりましょう。


    ◆ポイントから見る伏線考察!

    2015-07-03_044029

    「二千年後の君へ」というタイトルと「いってらっしゃいエレン」というセリフの意味が分かるのは、最終話だろうと管理人アースは考えています。

    この伏線は「ループ」を意味しているので、回収される時はエレンが「ループ」した時でしょう!

    この伏線の回収のされ方が作品の最後の仕上げになり、作者の腕が試されるところですね!

    第1話に「グリシャの地下室の存在」「グリシャが治した伝染病」という設定が登場しているのは驚きですね!

    Sponsored Link


    最近でこそグリシャの謎が解明され、この「地下室」の存在の大きさが現れてきましたが、それまでは見向きもされない設定でした。

    作者は第1話で、第63話にて解明されるグリシャの設定を考えていたことになります。

    そして「グリシャの地下室」に何があるのかは、まだ明かされていません。
    (注)85話「地下室」にて地下室が明らかになっています!

    作者の伏線の張り巡らせ方の広さが感じられる一端ですね。

    そして、小さなコマに描かれた風見鶏の下の文字です。

    超大型巨人登場による風の揺らぎを表す道具屋の看板の文字の書き方が「ドウグヤ」とカタカナを上下反対に書かれているのが分かります。
    2015-07-03_044336
    「進撃の巨人」第1話「二千年後の君へ」より


    第6巻巻末ウソ予告に出てくるジャンの「オベンキョウ」と書かれた本の背表紙から「この世界の文字はカタカナの上下反対で書かれるのだ」と分かりましたが、第1巻の、こんな小さなコマに、この設定が描かれているのは驚きです!

    最新話では、キース・シャーディスの存在が最新話で大きくなっていますが、この第1話では調査兵団団長として登場しており、エルヴィンも一兵士として登場しています。

    ここからも、作者が初期からしっかりとした設定を作っていたことが感じられます。

    作者の伏線の素晴らしい張り巡らせ方が、第1話から多く読み取れますね!

    何年後かに第1話を読み返すと、新たに分かる伏線がまだあるのではないかと思わせるほど、計算された第1話となっています!

    【進撃の巨人用語集まとめ】
    進撃の巨人ネタバレ2話の考察!伏線ポイントまとめ!
    進撃の巨人の現時点までの未回収となってる伏線まとめ!
    進撃の巨人のベルトルトが超大型巨人の伏線を検証!


    Sponsored Link

    この考察記事を読まれた方には、こちらの記事にも進撃して頂いてます。

    22 Responses to “進撃の巨人ネタバレ1話の考察!伏線ポイントまとめ!”

    1. ニャル より:

      こんにちは(?)。

      「いってらっしゃいエレン」についてですが…
      1.王道でやっぱりミカサ?
      やっぱりミカサという方が多いですよね。エレンが「髪の毛伸びてる」っていったのは、ループの関係があると思います。髪の毛は流石に寝たあとに伸びたとか言えるものではありませんし、ここで切ったからループで回ってきたときに伸びたと言っているのでしょう。(意味わからん)
      2.髪の毛の長さからしてフリーダ?
      でもミカサっていっても「いってらっしゃい」の人はミカサより髪の毛が長いような気がします。どちらかというとフリーダかも?
      光る洞窟みたいな話でエレンは髪の毛をとくフリーダの思い出があります。もしかしたらエレンの思い出かは分かりませんが…。
      フリーダはなんか思い出が混ざってるみたいでヒストリアによるとフリーダはいきなり人格が変わるやら。(18巻読んでないのでよくわからん事言ってますが気にしないで下さい)


      とにかく私的には後者だと思うのですが、アースさんはどう思いますか?

      • 管理人アース より:

        ニャルさん!

        コメントありがとうございます!

        間違いなくミカサでしょう。
        「髪が伸びてる」は、現在のミカサを基準にして出た言葉です。
        現在の世界からエレンがループして第1話に来たと考えれば
        髪伸びてると感じるのは、普通です。
        なので、これはエレンがループしている伏線であり、相手はミカサでしょう。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    2. ネコねこ より:

      こんばんは

      全巻読み返しの旅をはじめました。ら、1巻、1話ごとに、いろいろなな伏線や含みが意味深で、面白いですね~。

      合わせて、こちらの考察も、読ませていただき、何度もおいしい!『進撃』です。

      さて、1巻で、早々に登場の、今では中身=ライベルとわかっている巨人、登場は、壁の外側からです。ということは、人間形で壁外にいなければなりません。どうやって?

      エレン達と同期の年齢のはずのライベル、この時すでに、戦士だった?エレン達とは時空間が異なるのかと想像したり。

      また、巨人を解いて消えたあとは人間形のはず、、見つからずに、壁内に入れたんですね。

      この時に、立体起動装置を使ったのでは、と、どこかのサイトにあり、それで、ライベルは、訓練初日から、うまかったのかと、合点したりしましたが、どうなんでしょうか。

      他にもライベルは、いつ巨人になったのか、誰を捕食して人間に戻ったのか、巨人能力の練度をいつあげたのか、、等々、全てすっきり解明される日が待たれます。

      • 管理人アース より:

        ネコねこさん!

        コメントありがとうございます!

        素晴らしい旅になると思います!
        ぜひ、当サイトを良きしおりとしてご利用下さい!(笑)

        >、人間形で壁外にいなければなりません。どうやって?
        これは、獣の巨人が近くまで叫びの力を使い連れてきたのかなと思っていました!

        >この時すでに、戦士だった?
        巨人化能力を既に持っているので、その通りかと!

        >立体起動装置を使ったのでは、と、どこかのサイトにあり、それで、ライベルは、訓練初日から、うまかったのかと、合点したりしましたが、どうなんでしょうか。
        獣の巨人は初登場時に立体機動装置を知りませんでした。
        それなのにベルトルトが立体機動装置を初登場時から使用していたらおかしいのではないかと思いますが、どうでしょう?

        >ライベルは、いつ巨人になったのか、誰を捕食して人間に戻ったのか、巨人能力の練度をいつあげたのか
        これは、まだ謎ですね!
        判明することが楽しみです!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    3. ネコねこ より:

      壁外に出た調査兵団が捕食されるたびに立体起動装置は、放置されるし、胃袋に入っても、使用可能ならば、、これまでに相当数の装置が知性巨人の目に触れていそうなんですが。

      猿巨人戦士が知らない、のは不思議です。。

      また、ライベル、アニの故郷がマリア内ならば、巨人の練度を上げるのに、何度も壁内で巨人化して練習していたのかな。

      戸籍が改竄されていなければ、三人とも年齢はエレン達と同じはず。巨人化すると、時空間が通常とは違うのか、、いろいろ仮説想像が尽きません(  ̄▽ ̄)

      また、アースさんの考察を楽しみにしております♪

      • 管理人アース より:

        ネコねこさん!

        コメントありがとうございます!

        >立体起動装置は、放置されるし、胃袋に入っても、使用可能ならば、、これまでに相当数の装置が知性巨人の目に触れていそうなんですが。
        ん~、どうなんでしょうね?
        「Before the fall」で立体機動装置がどのように完成されたかが描かれているのですが完成して5,60年と言ったところでしょうか?
        その間、獣の巨人はシガンシナ区から壁外調査の範囲には来ていなかったのでしょう。
        あ~、そう考えると、獣の巨人の正体ジークの年齢はそれほど高くはないのかもしれませんね。

        >ライベル、アニの故郷がマリア内ならば、
        これは予想なので、決定ではないですよ!(^_^;)
        それに、ライナー、ベルトルトは故郷出身で間違いないと思います。
        アニが壁内で巨人化能力の練度をどのように上げたのかは、確かに難しいところですね(ーー;)

        またコメントください!
        よろしくです!



        管理人アース

    4. あとむ より:

      こんにちわ
      このサイトにコメントするのは2度目かな
      本当によく考察されてるなぁと感心します。
      面白い!!
      読者の何割がここまで作り込まれた作品だと気付いているんだろう、、、
      伏線といえばワンピ◯スですが、僕は進撃の巨人くらいさりげない、目を凝らさないとわからないような作品が好きですね。考察のしがいがあるし。
      さて本題ですが、是非とも壁が壊された日を1日目として、何日に何が起こったか年表みたいなものを作っていただけないでしょうか。最近読んでて、こんな短いスパンにいろいろあったのか!?と驚くことがあります。一目でわかるものがあれば考察の参考にもなるかと思います。検討してみてください!!

      • 管理人アース より:

        あとむさん!

        コメントありがとうございます!

        >本当によく考察されてるなぁと感心します。
        ありがとうございます!\(^o^)/
        そう言っていただけると、記事を書いた甲斐があります!

        >目を凝らさないとわからないような作品が好きですね。
        そうなんですよね!
        伏線に気付いて読み返すと違う意味が分かる作品になっているんですよ!
        なので、読む度に違う意味合いを感じます。
        大変お得な作品になっています!(笑)

        >年表みたいなものを作っていただけないでしょうか。
        年表は作りたいと思っていますが、いかんせん時間がかなりかかります。
        12巻くらいまでの年表であれば、既存の「進撃の巨人」考察本に載っています。
        ブックオフなどで安く購入出来ると思いますよ。
        読み込まれる予定であれば、一冊考察本を購入されても良いかもしれません。

        年表はまだ作れていませんが、当サイトにはかなりの考察記事がありますので、
        良かったら他の記事も見てみて下さい!

        よろしくです!


        管理人アース

    5. Takahashi より:

       こちらのページは度々読ませて頂いていましたが、初めてコメントします。
       「二千年後の君へ」の意味についてある可能性に気が付きましたので、ちょっとご意見を伺いたく投稿させて頂きました。

       ユミル・・・といいますか、そもそも巨人が北欧神話からモチーフを借りたものであることは有名ですが、進撃の巨人にはそのほかにも北欧神話らしい設定がちらほら散見されます。

       冒頭の「いってらっしゃいエレン」も北欧神話からの借用かもしれません。シグムント王の息子ヘルギは、戦場の女神集団ヴァルキュリャの一人であるシグルーンと出会い、結婚します。ところがこの二人、前世でも恋人同士であったし、来世でも恋人同士になるのだそうです。このヘルギとシグルーンの話がもしもエレンとミカサの関係のモチーフだとすれば「いってらっしゃいエレン」は、前世のミカサが前世の死にゆくエレンに向けた言葉、ということになりそうです。

       又、北欧神話にはミカサの入れ墨に対応する話として運命の女神集団ノルンの爪にルーン文字が刻み込まれているという話も出てきますし、エルヴィンに対応する右腕を失った軍神テュールも出てきます。

       又、北欧神話では、神の世界アースガルズを囲う壁は神が巨人をだまして無報酬で作らせたものということなっています。このことに怒った巨人を神はこともあろうに殺してしまうのですが、ベルトルトの悪魔の末裔発言はこれに近い物語が進撃の巨人にもあることを示唆しています。

       ここで、ふと思ったのですが、進撃の巨人のオチは「この物語は約2000年前に実際にあった実話です。この話は口伝えで後世に伝えられるうちに、いつしか神話として語られるようになりました。北欧神話と呼ばれるものがそれです」というものだったりしませんでしょうか?
       すなわち、”君” というのは我々読者で、二千年後の君に真実を知って欲しい、とか、”君” がエレンの生まれ変わりだよ、とか・・・どうでしょ?

      • 管理人アース より:

        Takahashiさん!

        コメントありがとうございます!

        >、”君” というのは我々読者で、
        つまりは、読者へ向けた神話を語っている話ということでしょうか?
        「進撃の巨人」は神話だったというオチですね!
        これはちょっと新しいです!
        では、壁内は昔のドイツだったとかも出てきますかね?
        キチンと伏線を回収してもらえれば、このオチでも良いかもですが!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    6. 通りすがりのゆで卵さん より:

      こんばんは。

      めっちゃ下らないことに気がついてしまいました笑
      1話を見直してみると「いってらっしゃい エレン」のページにだけページ数が一番下にかかれていました。単行本の中でページ数がかかれたのはこのページだけだったので何かの伏線かな?と考えてしまって。

      もしこれが13回目のループを表してたら面白いですね。

      • 管理人アース より:

        通りすがりのゆで卵さん!

        コメントありがとうございます!

        これ、くだらない事ではないですよ。
        104期生をナンバリングから考察!に登場する、大事な要因だと思います。
        ぜひ、見てみてください!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    7. 大胆なタイタン より:

      管理人さん、皆さん
      こんにちは。

      「2000年後の君」はヒントが少ないので迷いますね。どなたかの投稿にもあった「2000年後、人類は巨人の猛威の前に、絶滅の危機に瀕している」というような設定は、私も「あり得る」と思います。そこで、人類に危機をもたらした因果律を改変するため、過去へと時間旅行に出たのが、アッカーマン一族の始祖というのはどうです?

      いきなり2000年も飛ぶのは無茶だし、人類の危機の要因がどの時代のどんな出来事によるものか、まともな記録は残っていないでしょうから、例えば、20年ずつ100回飛んで、物語世界の数十年前にたどりつきます。

      王の周囲から「うさん臭いやつ」と怪しまれながらも、大量に巨人を生み出したのは、いまや歴史書から消されている本当の初代国王だと突き止める。子供の頃の初代国王を殺害すれば問題解決だが、これ以上時間を遡る能力はなぜか失われていた(ご都合主義です)。そこで、この時代に根を張り、生まれてくる子孫に自分と同じような能力が発現するのを待つことにした。

      始祖から秘事を知らされたアッカーマン一族は、味方を増やしながら、因果律改変のチャンスを待つ。味方の1人がグリシャ。このままだと2000年後にどうなるか、彼に伝えて協力を求めます。

      やがて時間旅行(ループ)する能力を宿した子孫が生まれる。ケニー、リヴァイ、ミカサの3人です。前の2人は、戦闘中に、完全な記憶を保持したまま、10秒ほど時を遡るような能力ですかね。掟破りの強さも当然ですね。

      ミカサはアッカーマン一族とグリシャによって、エレンの絶対守護者となるように誘導される(誘拐事件)。エレンが死亡した場合、死へと至る因果律が作動した時刻より前にループし、すべての物事をやり直すので、ミカサが健在ならエレンに死はない。

      ちょうどこの時期、因果律改変の最初のポイントとなるのはフリーダ。座標の能力を受け継ぎながら、それを行使することを拒んでいる破滅主義者。このままずっと行使しなければ、王都は巨人に襲われ続け、2000年後の人類の未来もなくなる。そこで、グリシャはフリーダの説得を試みるが・・・。

      最終的に、巨人は討伐されるか、人に戻す方法が見つかるかで、事態は収束するのでしょう。アッカーマン一族の始祖を時間旅行に送り出した2000年後の人々も救われます。その中には、エレンとミカサの子孫もいた?

      • 管理人アース より:

        大胆なタイタンさん!

        コメントありがとうございます!

        >過去へと時間旅行に出たのが、アッカーマン一族の始祖というのはどうです?
        アッカーマン家は、戦闘力は高いですが、ループ能力や時間移動能力などは無いのではと感じますね。
        どちらかと言うと、東洋の一族の能力なのではと思います。
        さらに、グリシャにはあったのかもしれませんね。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    8. アルミン蝉 より:

      こんにちは。
      鳥籠の中に囚われていた屈辱って一巻に書いてあるってすごく変だと思いませんか?
      囚われていた=閉じ込められていた、マイナスのイメージ。
      屈辱=恥ずかしい思いをする。という意味。
      人類のほとんどが、一巻の時点では鳥籠に閉じ込められることを平和で幸せと考えていたのに、
      人類は鳥籠に、囚われている、と感じ又それを屈辱だと思い出した。なんだか最終的に壁内にずっといることは全くおかしなことだったってわかるような言い回しみたいな?感じで、大きな伏線なんじゃないかと思いました。まるで最終的には人類はエレンやアルミンの考えと同じになるような言い方。もしもナレーションがアルミンという設定なら、皮肉みたいですよね。
      国語力ない為に変な文章しか書けず申し訳ございません。

      • 管理人アース より:

        アルミン蝉さん!

        コメントありがとうございます!

        >まるで最終的には人類はエレンやアルミンの考えと同じになるような言い方
        冒頭のナレーションが、いつ言ったという設定なのかですよね。
        最終話時点での回想のような意味で言っているのなら、たしかにおかしいようにも感じます。
        ただ、この壁ドンが起きたことにより、ハンネスのような呑んだくれ兵士でも危機感を思い出したので、それを「壁の中に囚われていた」的なマイナスのイメージを持ったという意味で表現したのかもしれませんね。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    9. アルミン蝉 より:

      返信ありがとうございます。
      あと、やつらに支配されていた恐怖をって、今んところは奴ら、と言うのは巨人だと思いますが、結果的に奴ら、は王政だと思うのです。
      あぁ、あれってこういう意味だったんだ!みたいな感じで。
      ユミルのせー…につながりますし。

      • 管理人アース より:

        アルミン蝉さん!

        コメントありがとうございます!
        ココに来て、最後は「政府」と来る予想ですかね?

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    10. こんばんは。

      コミックをゆっくり読みはじめています。

      アースさんのおさらいになればと思い(生意気かな?)、気になった点を記載させて頂こうかと思います。

      「カランカラン」ドウグヤの絵は周りの流れに沿っていないように感じます。

      これは作者が逆さ文字を強調したかっただけなのですかね?
      もしくは気合いの入った1話には実は伏線てんこもりで微妙な風向きなども計算しているのですかね?

      この作者ですとちょっとの事でも疑っちゃいますよね(笑)

      • 管理人アース より:

        キース(傍観者)さん!

        コメントありがとうございます!

        >「カランカラン」ドウグヤの絵は周りの流れに沿っていないように
        浮いている感じがしますよね?
        「ドウグヤ」の表記の強調かなと思っていました。
        1話は重要な伏線が多いので、「逆さ言葉」も含めて、いろいろ疑っちゃうのが分かります!
        また、気に鳴った点があったら教えてください!

        よろしくです!


        管理人アース

    11. 飛ばない豚 より:

      こんばんは。

      こちらのサイトは度々訪れていますが、初コメ失礼します。
      86話が発表されてから、改めてネタバレを読み返して、思いついたことがあります。
      「二千年後の君へ」というタイトルは、
      86話で明らかになった「ユミル・フリッツが、約二千年後(?)の巨人能力継承者への呼びかけ」といった意味があるのかな?といった内容です。
      ユミル・フリッツがどんな内容を伝えたかったのかまだわかりませんが、タイトル一つとっても意味が深いですね。

      • 管理人アース より:

        飛ばない豚さん!

        コメントありがとうございます!

        >「ユミル・フリッツが、約二千年後(?)の巨人能力継承者への呼びかけ」といった意味があるのかな?
        なるほど!
        たしかに二千年前は「ユミル・フリッツが巨人化能力を得た年」ですよね。
        う~ん、まだ何かありそうな気もします!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    コメントを残す

    このページの先頭へ