進撃の巨人モブリットがスパイか経歴から検証!

モブリットと言ってピンと来ない人もいるのではないでしょうか?

ハンジに「分隊長!生き急ぎすぎです!」などの名言を出し続ける男が、モブリットです!(笑)

さらに彼にはスパイ説も浮上していました!

彼はハンジ、調査兵団を裏切っているのでしょうか?

そんなモブリット・バーナーをプロフィールから検証してみましょう!

Sponsored Link

◆モブリット・バーナーとは?

2016-02-06_194839
モブリットのプロフィールです!

項目 内容
名前 モブリット・バーナー
身長 176cm
体重 65kg
誕生日
年齢
所属 調査兵団
目的 ハンジをツッコむため?(笑)
モブリットの由来 モブだからか?(笑)
バーナーの由来 ドイツ姓

公式ガイドブックデータ
2016-02-07_045943 格闘術:7
行動力:7
ツッコミ:10
協調性:9
頭脳戦:8

(「公式ガイドブック抗」より)


出ました!!

ツッコミが満点の10です!(笑)

格闘術が7とそれほど高くはないですが、ツッコミの10で歴戦を生き延びてきたと言う事でしょうか?(笑)

このデーターを見ると、本当にハンジのお目付け役、補佐役が役割なのだと分かりますね!

今回のプロフィール考察で、モブリットのこれからのハンジへのツッコミがより楽しみになりました!(笑)


◆管理人アースによるモブリットのオススメ名場面!

2016-02-07_050450
モブリットの名場面と言えば、やはり第20話「特別作戦班」でしょう!

見てみましょう!

第20話の名場面!

2016-02-07_045740
「進撃の巨人」第20話「特別作戦班」より

ハンジはソニーとビーンを使い、巨人についての実験を行います。

そしてハンジは「痛覚の確認」をする実験を始めました。

ハンジはソニーの心臓を槍で刺し、痛覚の確認をしています。

するとソニーが何か言おうとしています。
2016-02-07_045824
「進撃の巨人」第20話「特別作戦班」より


ハンジがどうしたのか確認しようとした時、ソニーは突然ハンジを食べようとします!
2016-02-07_045843
「進撃の巨人」第20話「特別作戦班」より


一歩間違えばハンジは死んでいましたね!!

その行動を喜んでいるハンジを掴みながら、モブリットから「あんた本当に死にますよ!」の名言が出ます!
2016-02-07_045904
「進撃の巨人」第20話「特別作戦班」より

モブリットの気持ちが良く分かる名場面となっていますね!

モブリットの名言はその他にも「分隊長、近すぎます」「分隊長!! 危険です!!」「分隊長!生き急ぎすぎです!」「分隊長ワイルドすぎます!!」などがありますが、管理人アースはこの「あんた本当に死にますよ!」が最も印象に残っています!(^^)

このモブリットの名言も良いですが!(笑)
2016-02-07_045924
「進撃の巨人」第60話「信頼」より


Sponsored Link


◆モブリットの経歴からスパイ説を考察!

2016-02-07_050004
「進撃の巨人」第52話「クリスタ・レンズ」より


名場面でも紹介したようにモブリットにはハンジのお目付け役としての役割が担われています。

第52話「クリスタ・レンズ」にて、ハンジの胸ぐらを掴んだ中央憲兵サネスの手を取り助けたシーンで、モブリットの名前がモブリット・バーナーであること、そしてモブリットが副隊長である事が明らかになりました。

モブリットは正式にハンジの補佐役だった訳ですね!

副長という正式なハンジの補佐役であるモブリットですが、5年以上前から調査兵団に所属していないと参加出来ない女型の巨人捕獲作戦に参加している事から、かなりのベテランであり、実力者である事が分かります。
2016-02-06_194045
副長という肩書も伊達ではないですね!

そんな実力者であり、ハンジの補佐役のモブリットにこれまでにスパイ説が浮上した事が二度程あります。

一度目は第56話「役者」にてリーブス会長がケニーに殺されたシーンで、ケニー女部下が「3人で全員のようです」と報告している場面です。
2016-02-07_050027
「進撃の巨人」第56話「役者」より


この時リーブス会長の息子フレーゲルは、存在を中央憲兵に知られていなく、助かりました。

それはモブリットがフレーゲルを見ておらず、そのため中央憲兵に報告されず助かったのではという考察が当時され、そこからモブリット・スパイ説が噂されました。

二度目は第58話「銃声」にて、ケニーたち中央憲兵たちがリヴァイを待ち伏せしていた場面です。
2016-02-07_050048
「進撃の巨人」第58話「銃声」より


この時のケニーたちの攻撃により、ニファたちハンジ班はモブリット以外全滅されています。

この攻撃時に、なぜリヴァイ達の行動が読まれていたのかが謎でしたが、それはモブリットが中央憲兵に知らせていたのではと噂されました。

これが二度に渡るモブリット・スパイ説が浮上した場面です。

しかし管理人アースは、モブリット・スパイ説は無いと思っています。

サシャ・スパイ説の方が、まだ可能性があると思っているくらいです(笑)

何故かと言うと、一度目のモブリット・スパイ説はケニー女部下の「3人で全員のようです」という言葉は、スパイからの報告ではなく、自分たちで確認している報告だと感じるからです。

例えばスパイからの情報に基づいた報告であれば「3人で全員のはずですので。」と言うのではないでしょうか?

なので、これはスパイによる情報からの報告ではので、モブリット・スパイ説も無いはずです。

二度目のモブリット・スパイ説でのリヴァイ達が待ち伏せされていた理由は、リヴァイの思考がケニーの影響をかなり受けており、ケニーにはリヴァイがどのように部下を布陣させるのかを読むことが出来たからでしょう。
2016-02-07_050109
「進撃の巨人」第58話「銃声」より


なので、これもモブリット・スパイ説は無いと言うことになります。

これらの考察からモブリット・スパイ説は無いという結論になりました!

現在最新話でモブリットはハンジと共に安否が気になる展開となっています。

モブリット・スパイ説が否定された今、モブリットはハンジを助ける為に死亡展開となるのでしょうか?

最終話にて、ハンジとモブリットがハッピーエンド出来るような展開を期待しているのですが!(笑)

これからもモブリットを見ていたいと思っている管理人アースです!

【追記】

84話「白夜」にて、モブリット死亡が確定しました。

ハンジを助けるために、自らが死亡するという展開が明らかとなっています。

最期までハンジに尽くした、素晴らしい副長の最期でした!

84話最新のあらすじ!にて、モブリット死亡の場面が書かれています!

見てみてください!

【進撃の巨人ハンジ・ゾエのプロフィール経歴!】
【進撃の巨人ネタバレ20話の考察!「特別作戦班」の伏線ポイントまとめ!】
【進撃の巨人ネタバレ60話の考察!「信頼」の伏線ポイントまとめ!】


Sponsored Link

6 Responses to “進撃の巨人モブリットがスパイか経歴から検証!”

  1. 兵長の寝室掃除係 より:

    モブリットが居なければ誰もハンジを止める事が出来ません…。
    モブリットを失った悲しみで正気を保てないハンジも見たくない…。

    でもこの世界は残酷で、思い出だけはきっと美しいのですね。

    • 管理人アース より:

      兵長の寝室掃除係さん!

      コメントありがとうございます!

      >この世界は残酷で、思い出だけはきっと美しいのですね。
      ミカサがエレン死亡と思っていた時の場面のようですね!
      ハンジもそんな感じになるのでしょうか?

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  2. y より:

    こんにちは
    いつも見ています
    この記事とは全然関係ないことですが
    前回もアニの事について思ったのですが。
    エレンやフリーダは父親や叔父を食べ、
    知能巨人になっていますが、
    原作8巻で、アニの父親が登場していましたが、
    もし、あのシーンからアニがすでに、
    巨人の力を持っていたら
    アニはいつ、誰を食べ巨人になったのか、
    疑問に思いました。
    ちなみにアニの母親は見たことがないので
    母親から女型の巨人の力を受け継いたので
    しょうか。

    • 管理人アース より:

      yさん!

      コメントどうもです!

      アニだけではなく、故郷組がどのようにして知性巨人になったのかは謎ですね。
      血統で代々受け継がれているのか…
      これが明らかになるのは、まだちょっと先かもですね!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  3. ゆっきー より:

    アースさん、いつも考察ありがとうございます。
    さてモブリット=スパイ説ですが、私はまだ完全に目がないわけではないと思っています。
    モブリットは中央憲兵のスパイであり、ニック司祭の情報を提供したり、山奥の隠れ家の所在を伝えたりしたりしていたが、ハンジに個人的な好意を抱いたので、迷いつつも最後は中央憲兵側を裏切って捨てたとか。

     さて、ハンジとモブリットの生死にも関わる問題ですが、もし次号でモブリットが特段の描写もなく、ただ死んだ場合は、スパイ説は完全になくなるでしょう。
     では例えば重傷を負いながらも生きている場合などではどうでしょう?
    ハンジに「実は中央憲兵のスパイだった」と告白したうえで、ライナーかベルトルトのいずれかに対して、雷槍を抱えて特攻して爆死とかはありえるのではないでしょうか。
    次号で明らかになるであろうハンジとモブリットの行方には注目しています。

    • 管理人アース より:

      ゆっきーさん!

      コメントありがとうございます!

      >ハンジに「実は中央憲兵のスパイだった」と告白したうえで
      この展開はスゴイですね!(^_^;)
      「生き急ぎです!」とハンジに止めてもらいたいですよ!(笑)
      モブリットがスパイだったのかどうかにも要注目な来月号となっていますね!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ