進撃の巨人ネタバレ9話の考察!伏線ポイントまとめ!

読み返す度に新しい意味が読み取れる作品である「進撃の巨人」の第9話には、どのような伏線が隠されているのでしょうか?

検証してみましょう!

Sponsored Link

◆第9話「心臓の鼓動が聞こえる」の見どころ!

erenmiaksa
「進撃の巨人」第9話「心臓の鼓動が聞こえる」より


第9話では、エレンゲリオンからエレンが出て来ます!

7体の巨人を相手に104期生が協力して倒し、ガス補給に成功するシーンはかなり見応えがあります!

104期生それぞれの個性が表れており、サシャとコニーの掛け合いも面白いです!

ガスの補給を終えたミカサの前には巨人を倒しまくり、力尽きるエレンゲリオンがいました。

そこからエレンが現れたシーンには驚かされました!

エレンに抱きつき、心臓の鼓動を確認して大泣きするミカサのシーンで9話は終わります。

◆第9話の伏線と「伏線らしき」ポイントまとめ!

第9話の伏線ポイントはこのようになっています。

  • 「お前ら、あの巨人についてどこまで知っているんだ?」というライナーのセリフ
  • 「アルミンには正解を導く力がある」というミカサのセリフ
  • アニに怪我がなく、安心するライナー
  • エレンゲリオンを延命させようと提案するライナー
  • エレンゲリオンを助けようと提案するアニ
  • トーマス・イーターを見て激昂するエレンゲリオン

  • それでは、それぞれ見て行きましょう!

    ◆ポイントから見る伏線考察!

    2015-07-08_034322

    読み返すと9話にはライナーの伏線が多い事が分かります

    「お前ら、あの巨人についてどこまで知っているんだ?」とエレンゲリオンの事をコニーに訊いたり、「怪我をしなくてよかったぜ本当に…」とアニの怪我を心配したり、「とりあえず、延命させよう」とエレンゲリオンを助けようと提案したりとライナーを使った伏線が多く見られます。

    ライナー達「故郷組」がエレンゲリオンを初めて見た反応を描きながら、エレンゲリオンの事を調べたり、助けようとする不自然さを読者に悟らせないように上手く描かれており、上手いと伏線になっています!

    Sponsored Link


    コニーを助けるために、怪我をしそうになったアニを大げさに見えるほど心配し、安心しているライナーが描かれています。

    怪我をしたら女型の巨人になってしまう可能性があるのでライナーは心配した、という意味での伏線になっていますね。

    「アルミンには正解を導く力がある」というミカサのセリフの意味は第11話「応える」にて判明します。

    このセリフは、第5話からエレンを死なせ自分の無力さに苛まされていたアルミンが自分の役割に目覚める第11話への伏線となっています。

    トーマス・イーターを見て力尽きたと思われたエレンゲリオンが咆哮し、トーマス・イーターに齧り付き、放り投げるシーンは凄まじい勢いを感じました!

    エレンにはこの時の記憶も残っていないのでしょうが、明らかにトーマスの仇を討つために復活をしたのだと思われます。

    無意識にエレンの意識がエレンゲリオンに反映してトーマス・イーターに襲いかかったということでしょう。

    トーマスを殺されたエレンの怒りはそれほど大きかったの感じられます!

    まだ明かされてはいませんが、巨人化した際に人間の時の意識が反映されるという特性の伏線なのかもしれません。


    第9話はライナー達「故郷組」の伏線が盛りだくさんに仕組まれていました!

    そして、エレンの巨人化能力が明かされる重要な回にもなっています!

    【進撃の巨人用語集まとめ】
    【進撃の巨人ネタバレ10話の考察!「左腕の行方」の伏線ポイントまとめ!】
    【進撃の巨人ネタバレ8話の考察!伏線ポイントまとめ!】
    【進撃の巨人の現時点までの未回収となってる伏線まとめ!】


    Sponsored Link

    この考察記事を読まれた方には、こちらの記事にも進撃して頂いてます。

    8 Responses to “進撃の巨人ネタバレ9話の考察!伏線ポイントまとめ!”

    1. アースさんお久しぶりです!

      一度はじめから読み直して思ったのですが実はライナーはけつにブレードを刺さないと死なないのかも!?何て思ってしまいました笑

      • 管理人アース より:

        ミカサかわいいさん!

        コメントありがとうございます!
        おひさです!(^o^)

        >実はライナーはけつにブレードを刺さないと死なないのかも!
        このクダリをジャンは知っているので、次回で試すかもですね!(笑)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    2. みぃ より:

      初めまして。
      アニメやゲームから入り、最近漫画を読み始めた者なのですが、この話にでてくるライナーの「お前ら、あの巨人についてどこまで知っているんだ?」がとてもひっかかったので、書き込ませてください。

      このライナーの台詞に、コニーは「助かってからでいいだろう」というようなことを返しますが、人間側なら、コニーの言うとおりなのです。
      今まさに死に面している中、このセリフがでるということは、ライナーは「この戦いで自分が死ぬはずがない」ことを知っていた=人間側ではないからなんだろうなぁ、と。

      人狼という心理戦のゲームでもよく扱われるので(人間側よりも情報を持っているが故の失言)、もしかしたら、と思った次第です。

      うまくまとまりませんが、漫画と合わせてアースさんの記事を読んでいくのがとても楽しいです。
      今後とも素敵な考察を楽しみにしております!

      • 管理人アース より:

        みぃさん!

        コメントありがとうございます!

        >ライナーは「この戦いで自分が死ぬはずがない」ことを知っていた=人間側ではないからなんだろうなぁ、と。
        この「お前ら、あの巨人についてどこまで知っているんだ?」は、まさに自分たちが探している「座標」を持っている巨人であろうと踏んだので
        コニー達に「あの巨人は、どのようにして登場した巨人なのだろう」とか、「誰が巨人化した巨人化知っているのか?」という意味で聞いたのではないかと思います。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    3. みぃ より:

      お返事ありがとうございます!

      意味はその通りだろうと思うのですけれど、人間側であれば言えないセリフ=人間側だと偽るなら言っちゃいけないセリフだなぁと思ったのでした。
      なので、そういう意味でも巨人側の人間である示唆なのかな、と

      • 管理人アース より:

        みぃさん!

        コメントありがとうございます!

        >そういう意味でも巨人側の人間である示唆なのかな、と
        まさにその通りですね!
        後から読み返すといろいろと分かるこの作品は、上手くできていますよ!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    4. ライナーの「弱点はケツにブチ込む」発言、初読では冗談にしか聞こえませんが、ひょっとしたら本当かもしれませんね。

      何故ならライナーが脳機能を移行させた時に、頸椎 胸椎 腰椎の全部が書かれていました。

      ケツから剣をブチ込めば腰椎は確実に破壊できると思います。

      混乱中のライナーが口を滑らせ脳機能移行時の弱点を本当に言ってしまった可能性もありますね。


      今日は進撃と共にゆっくりと休日を過ごせました。
      コメントの乱発すみませんでした。
      そろそろ嫁からの駆逐の危険性が出てきたのでまたそのうちおじゃまさせて頂きます。

      アースさんのこのサイトでの考察の発展、更に期待してます!

      • 管理人アース より:

        キース(傍観者)さん!

        コメントありがとうございます!

        >ケツから剣をブチ込めば腰椎は確実に破壊できると思います。
        う~ん、これが本当でしたら、ギャグ漫画になってしまいそうな…(・_・;)
        あと、リヴァイは絶対にやらないでしょうw

        これからも毎日更新して行きますので、奥さんの駆逐を躱し、安全圏で見に来てください!(笑)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    コメントを残す

    このページの先頭へ