【進撃の巨人 ネタバレ】86話87話最新画バレ「あの日」あらすじ考察と感想!

「初登場の語句の意味」を追加しました!

21巻最終話となる86話の内容が、とうとう明らかになりました!

86話予想を大きく逸脱するその内容は、ことごとく読者を愕然とさせるのではないでしょうか?

「失われた世界の記憶」の全容が明らかに!!!

グリシャに妹が存在した!?

それでは、86話の内容を見て行きましょう!

Sponsored Link

◆第86話「あの日」あらすじ&内容!

2016-10-07_032116
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


この本を最初に手にする者が、同胞であることを願う

少年グリシャ
「急げフェイ」

グリシャ妹、フェイ
「待ってよ 兄さん」

少年グリシャ
「早くしないと 見えなくなるぞ」

ガチャっと扉を開け、外に出ようとする少年グリシャ

そのグリシャと妹フェイに、声をかける女性

どうやら、グリシャとフェイの母親のようです。


グリシャ母
「待ちなさい 二人共」

「外に出る時は腕章を忘れるなって 言ってるだろ?」

二人に腕章を渡し、付けさせるグリシャ母

グリシャ母
「…グリシャ」

「壁の外には 絶対出るんじゃないよ?」

私は まず何から語るべきか考え

あの日を思い浮かべた
2016-10-07_032144
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


少年グリシャ
「わかってるよ 母さん」

腕に付けた腕章を触りながら、母に返事をする少年グリシャ

この世の真実と向かい合った あの幼き日を

妹フェイ
「行ってきます」

兄グリシャと同じように腕章を付け、母に手を振る妹フェイ

周りを歩いている人達も、同じように腕章を付けています。

そして、大きな建物が並び、飛行船が飛んでいるのも見えます。

その飛行船を見ながら追いかけ、歩いて行く少年グリシャと妹フェイ

どうやら、この飛行船を見ることがお目当てだったようです。


男性
「危ないぞグリシャ 前見て歩け!」
2016-10-07_032211
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


上を見ながら歩くグリシャに、注意する男性

それでも上を向いたまま、答える少年グリシャ

少年グリシャ
「ごめんなさい」

その横を歩きながら、つぶやく妹フェイ

妹フェイ
「すごいなぁ…」

「あれ どうやって飛んでるの?」

少年グリシャ
「あの中に水素がつまってて それで浮いてるんだよ」

「プロペラは電池が動力源なんだってさ」

フェイ
「へぇー」

「誰が乗ってるの?」

少年グリシャ
「そりゃ 金持ちだろ」

フェイは、飛行船に手を振ります。

フェイ
「おーい」

「あぁ・・行っちゃう」

飛行船は、壁の向こう側へと行きます。
フェイ
「いいなぁ」

「いつか私もお金持ちになったら あの飛行船に乗れるかなぁ」
2016-10-07_032229
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


妹の言葉を聞き、しばし間を空ける少年グリシャ

少年グリシャ
「…何言ってんだよ 俺達が金持ちになれるわけないだろ」

フェイ
「…うん」

「でも…」

「いいなぁ…」

「あそこから 何が見えるんだろ…?」

壁の向こうへと、飛行船が飛んで行くのを、じっと見つめる少年グリシャと妹フェイ
2016-10-07_032251
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


簡単に仕切りできたような壁があり、そこを行き来するための扉の所には、門兵がいるようです。

飛行船は、その壁の向こう側へ行き、見えなくなります。


フェイ
「行っちゃった…」

悲しげにつぶやく、妹フェイ

その言葉を聞き、少年グリシャは決心したような目をし、妹の手を握ります。


少年グリシャ
「行くぞ、フェイ」

妹の手をガッと取り、歩き出そうとする少年グリシャ

フェイ
「え?」

とまどう妹フェイ

少年グリシャ
「飛行船の発着場は近くにあるって 先生が言ってたんだ」

「見に行こう」

フェイ
「えぇ?」

「でもお母さんが壁から出たらダメだって…」

ダメだと言う事をしようとしている兄を、とがめるような表情の妹フェイ

少年グリシャ
「いいんだよ 少しだけなら!」

少年グリシャは、嫌がっている妹の手を取り、ダッと門の方へ走り出します。

門兵の横を通り抜ける、少年グリシャとフェイ


門兵
「ん?」

通り過ぎた、少年グリシャとフェイに気付く門兵

「待て お前ら!!」

少年グリシャ
「すぐに 戻ります!」
2016-10-07_032309
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


妹の手を取ったまま、そのままタッタッタっと、駆けて行く少年グリシャ

門を抜けて、壁の向こう側へと来た少年グリシャと妹フェイは、街の中を歩きます。

ブロロロと車が走る道を歩き、不安そうな表情のグリシャとフェイ


男性
「どけよ ドブネズミ」

ドオっと持っているカバンを少年グリシャにぶつける男性

少年グリシャ
「う!!」

カバンをぶつけられて、痛そうな少年グリシャ

男性1
「なんだ 穢れた血か」

男性2
「こんな所をうろちょろと」

その言葉を聞き、涙目の妹フェイ

フェイ
「…兄さん」

少年グリシャ
「大丈夫だよ…もう慣れっこだろ?」

青ざめた表情で答えるグリシャ

少年グリシャ
「ほら!」

「もうあの土手の向こうだ!」

土手に上がる階段を登るグリシャとフェイ

すると、そこには先程の飛行船が!

2016-10-07_032331
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


その飛行船を見て、嬉しそうなフェイ

フェイ
「おっきいなー」

幸せそうなフェイの顔を見て、嬉しそうな表情の兄グリシャ

すると、グリシャとフェイが立っている、すぐ下の土手に寝転がっている兵服の男が声をかけてきます。


「お前たちも飛行船を見に来たのか?」

少年グリシャ
「は…はい…」

答えながら、サッと妹を後ろに下がらせるグリシャ

少年グリシャ
「!!」

グリシャは兵服の男2人を確認すると、まっ青な顔になります。


「レベリオ収容区の者だな?」

「外出許可を見せろ」
2016-10-07_032402
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


少年グリシャ
「え…」

「え~と…」

震えながら、慌ててゴソゴソとポケットの中をさぐる少年グリシャ

その様子を、圧迫感を与えながら見ている兵2人

少年グリシャ
「…」

「持ってません…」

泣きそうが表情で答える少年グリシャ


「無許可で市内に入ったんだな」

少年グリシャ
「…はい」


「では どうなるか わかっているな?」

少年グリシャ
「…はい」


「労働か?制裁か?」

少年グリシャ
「…」

「…制裁を…」

まっ青な表情で、震えながら答える少年グリシャ

そんな兄が言っている言葉の意味が分からず、聞く妹フェイ


フェイ
「兄さん…!?」


「ほぉ…親に迷惑は掛けたくないか」

少年グリシャ
「…はい」

「僕が妹を無理やり連れ出しました」

「妹の分も僕に制裁を下さい」


「わかった」

答えた兵は、いきなり少年グリシャの胸ぐらをつかみ、ドっと鳩尾に膝蹴りを入れます!
2016-10-07_032425
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


フェイ
「兄さん!!」


「もう一発だ」

少年グリシャ
「うぅ~」

苦しそうにうめく、少年グリシャ

兵2
「まったく…容赦ねぇな クルーガー」

「ほら お嬢ちゃんは先に帰ろうね」

妹フェイは、もう一人の兵に連れて行かれます。

さらに、少年グリシャがケリを入れられる「ドオ」っという音の描写

時間が経ち、兵はタバコを吸いながら土手に座っています。
2016-10-07_032445
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


その横で、少年グリシャは腹を抑え、地面に横たわっています。

クルーガー
「腕章を外さなかったことは賢い」

「たとえガキでも 外で腕章を外したエルディア人は『楽園送り』だからな」

横たわった少年グリシャに話しかける兵クルーガー

少年グリシャ
「もう…帰ります」

泣きながら体を起こすグリシャ

クルーガー
「待て」

「飛行船を見に来たんだろ?」

「せっかくだから 見て行けよ」

タバコを吸いながら言うクルーガー

グリシャは、言われた通り、飛行船を見ていきます。

家に帰ると 妹は いなかった

妹は翌日 川で発見された

川の土手で、血だらけで横たわっている妹フェイの描写

グリシャの家の食卓で、兵2がグリシャ父と母に話をしている場面に移ります。
2016-10-07_032506
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


座っている兵の後ろにはクルーガー、両親の横には少年グリシャが立っています。

兵2
「何度も説明した通り 私があの子を送ったのは レベリオの手前までだ」

「仕事が忙しくてな」

「そもそもエルディア人の子供が許可なく街をうろつくのが悪い」

「お前の息子は 自分の一族の立場がよく理解していないようだが…」

「しっかりお前らの先祖が犯した過ちは 教育しているんだろうな?」

「それが十分はないなら しっかり首輪で繋いでおけ」

私には この「マーレ治安当局」の男が嘘をついていることがわかった

彼らは仕事をサボって川原で寝ていたのだ

忙しかったわけがない

母は悲しみに暮れ
涙を流すグリシャ母

父は

この男達にへり下った
グリシャ父
「ご指導いただきありがとうございます」

「我が愚息の方は私から教育し直しておきますので ご安心ください」

ニコヤカな表情で、治安当局の男に話をするグリシャ父の描写

私は

父に

この男に

目眩のするような憎しみを覚え

それ以上に―

自分の愚かさを呪った

2016-10-07_032530
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


無表情の少年グリシャの描写

少年グリシャを見やる、兵クルーガー

無表情のグリシャ


場面は、グリシャ父が少年グリシャに歴史を話しする場面に移ります。

先程の治安当局の男が話していた、「先祖の過ち」をグリシャに諭すためでしょう。
2016-10-07_032549
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


グリシャ父
「今から1820年前 我々の祖先『ユミル・フリッツ』は」

「『大地の悪魔』と契約し 力を手に入れる」

少女が悪魔にリンゴを渡す描写

もしくは、悪魔からリンゴを受け取る少女の描写

グリシャ父

「それが巨人の力だ」

女巨人が現れる描写

グリシャ父
「ユミルは死後『九つの巨人』に魂を分け エルディア帝国を築いた」

「エルディアは古代の大国 マーレを亡ぼし この大陸の支配者となる」

巨人が人間を襲う描写

グリシャ父
「そこからは 暗黒の時代だ」

「巨人になる力を持った『ユミルの民』は他の民族を下等人種と決めつけ弾圧を始めた」

本を開き、グリシャに説明するグリシャ父の描写

グリシャ父
「土地や財産を奪い いくつもの民族が死に絶える一方で」

「エルディア人は他民族に無理やり子を産ませ ユミルの民を増やした」

「その民族浄化は約1700年間続いた」

「だが かつての大国マーレは増長を極めたエルディアに内部工作を挑み それがもたらした内戦でエルディアの弱体化に成功した」
2016-10-07_032606
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


「さらには『九つの巨人』の内の七つを手駒に従え80年前の『巨人大戦』に勝利したのだ」

一生懸命、少年グリシャに説明する、グリシャ父の描写

グリシャ父
「フリッツ王は残された国土『パラディ島』に三重の壁を築き国民と共に そこへ逃げ込んだ」
2016-10-07_032624
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


「だが全員ではない 我々非マーレ派のエルディア人残党は 奴らに見捨てられこの大陸に取り残された」

「本来なら…我々はマーレによって 根絶やしにされてもおかしくない立場だ」

「だが その発想こそが我々が悪魔の末裔である由縁であろう」

「寛大なマーレは我々を殺さずに生きる土地を与えて下さったのだ」

娘を失った直後の父親にしては饒舌だった

ご主人様の言いつけを守り 嬉々として己の祖先を卑下する姿は

犬さながらであった

一生懸命説明するグリシャ父を、無表情で見上げている少年グリシャの描写

少年グリシャ
「あの男は 嘘をついていた」

突然 話し始めるグリシャに驚くグリシャ父と母

少年グリシャ
「何か都合の悪いことがあるから嘘をついた」

無表情で続ける少年グリシャ

少年グリシャ
「あの男は何かを知っている」

グリシャ父
「言うな」

「この建物は 壁が薄い」

少年グリシャ
「きっとあの男がフェイを―」

グリシャ父
「黙れ!!」

グリシャが言おうとしていた事を、ガタッと立ち上がり叫び、言わせないグリシャ父

しばし沈黙が流れます。
2016-10-07_032722
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


興奮を冷まそうと、息を整えるグリシャ父

グリシャ父
「…言っただろ?」

「我々の祖先は大罪人なんだ」

「優生思想に走り民族浄化をやった」

「この体には その悪魔の血が流れているんだよ」

顔に汗を浮かばせながら、必至に説得しようとするグリシャ父

しかし、逆に少年グリシャはキレます!

少年グリシャ
「俺もフェイも そんなことしてない!!」

「街を歩いただけだ!!」

2016-10-07_032742
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


ドンっと机を叩き、涙を流す少年グリシャ

そんな少年グリシャを恐ろしい物を見るかのような表情で見る、グリシャ父


グリシャ父
「…お前は何だ?」

「そんなに父さんと母さんと一緒に『楽園』に行きたいのか?」

涙を浮かべたまま、止まる少年グリシャ

母を見やります。


グリシャ父
「『イェーガー一家は治安当局を疑い 恨みを抱いている』」

「そんな噂が流れただけで 我々はおしまいだ」

「いいかグリシャ?」

「我々が直接の加害者じゃなくても」

「被害を受けた側の長い歴史にとってみれば 関係ないことだ」

「我々にできることは…この収容区で ただ慎ましく」

「沈黙し」

「…生きることだ」

目を瞑り、諭すように話をするグリシャ父

そして、目を開きグリシャを見つめます。


グリシャ父
「頼むから…」

「父さんと母さんをフェイと同じ目に遭わせないでくれ…」

無表情のまま 固まる少年グリシャ

そして椅子から立ち上がり「うん…」と父に頷きます。

間違っているのは どちらだろうか

私か

この世界か

おそらくは両方だろう

「わかった」と父に告げる少年グリシャの描写

私は無知で愚かで

世界は理不尽で狂っている
2016-10-07_032758
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


青年へと成長したグリシャが、ごみ処理の仕事をしている所に、街人が瓶を投げつけている描写

私が己の道を見つけたのは18の時

何の感慨もなく父の診療所を継ごうとしていた頃だった
青年グリシャが、男性を診ている描写
2016-10-07_032815
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


グリシャ
「この十字の切り傷は…どうしました?」

診ている患者の右肩に十字の切り傷があり、グリシャは質問します

患者
「これは同胞の証です」

グリシャ
「…」

「…はぁ」

患者が言っている意味が分からなく、生返事をするグリシャ

患者
「あなたの妹は マーレ当局の男に殺された」
2016-10-07_032833
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


患者は、まっすぐとグリシャを見ながら話し出します。

その話に、まっ青な表情になるグリシャ


患者
「我々にはマーレ政府の内通者がいます」

「その者が そう言ってました」

「我々に協力すれば詳しい話をお聞かせしましょう」

「我々『エルディア復権派』に力を貸すなら」

患者は「エルディア復権派」という組織の一員であり、グリシャを誘いに来ていたのです。

私が医療従事者であること

私がマーレ政府に強い憎しみを抱いていること

その二点に注目した反体制地下組織「エルディア復権派」が私を勧誘しに来た

そこで妹の事件の真相を知った時

心に誓った

グリシャが、妹の死の真相を聞き、歯を食いしばり涙を流す描写

本当の悪魔は どちらか教えてやる

我々の祖先がやったことは正しかったのだ
2016-10-07_032852
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


フェイが数匹の犬に襲われている描写

再び世界を正すためには

エルディアを復活させなくてはならない

涙を流しながら、エルディア復権派メンバーの証である十字傷を、左胸に刻むグリシャの描写

つまり、エルディアの優生思想、民族浄化という考え方が正しいとグリシャは結論付けたのですね!


マーレ政府の内通者は「フクロウ」と呼ばれ、姿を見せることなく復権派を導いた

我々に武器や資金を流し 今エルディア人が知り得ない歴史文献を提供した

エルディア復権派のメンバーとともに、歴史文献を見るグリシャの描写

グリシャ
「見ろ!」

「これが真実だ!」

「我々の始祖ユミルは巨人の力に目覚め」

「荒れ地を耕し」

「道を造り」

「峠には橋を架けた」

机の上で開かれている、歴史文献の描写

グリシャ
「つまり始祖ユミルが人々にもたらしたものは富だ!」

「人々を豊かにし この大陸を発展させたんだ!!」

エルディア復権派メンバー
「やはり俺達が学校で教わった歴史は すべてマーレに都合のいい妄想だったわけか!!」

「そうだ!!馬鹿どもは騙せても!!」

「俺達 真のエルディア人は騙されないぞ!!」

復権派@グリシャを勧誘した患者
「しかしグリシャ よくこの古語が読めたな」
2016-10-07_032929
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


グリシャ
「いいや まだ殆ど解読できてないんだ」

復権派@グリシャを勧誘した患者
「…?」

「では なぜ真実がわかった?」

グリシャ
「?」

「そんなこと すぐわかるだろ?」

「なぜなら 俺は始祖ユミルを信じている!!」

「俺達は選ばれし神の子!!」

「ユミルの民だ!!」


右手を握りしめ、突き上げるグリシャの描写

その言葉の力に、復権派メンバーは、「おおおおおお」と叫び出します!


そこに、コンコンと扉を叩き、人が入ってきます。

復権派メンバー
「同志よ!!」

「フクロウが人を遣わしたぞ」

2016-10-07_032946
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


ガチャッと扉が開き、女性が顔を隠し入ってきます。

ダイナ・フリッツ
「みなさん 始めまして」

「こんなにも多くの同志と出会えて光栄です」

頭を下げ、あいさつする女性

女性に注目する、復権派メンバー


ダイナ
「私はダイナ・フリッツと申します」

「王家の…血を引く者です」
2016-10-07_033004
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


私は運命に導かれるまま

その身を委ねた

巨人大戦末期 島に逃れることを拒み大陸に留まった王家の一族が存在した

その末裔は現在 彼女一人のみとなっていた

彼女らの一族はエルディアが 再び立ち上がる日を待ち続け

王家の持つ巨人の情報と共に収容区に 潜伏していた

彼女が復権派にもたらした情報は まさしく勝利への活路だった

グリシャ
「間違いない!!」

「フクロウが流したマーレ政府の情報と照らし合わせて はっきりした!!」

2016-10-07_033023
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


ダイナが持ってきた文献の資料を壁に貼り、その壁を「バン」と叩き説明するグリシャ

グリシャ
「フリッツ王が壁の中に持ち去った『始祖の巨人』!!」

「これこそがエルディア復活の鍵だ!!」


「『始祖の巨人』は他の巨人すべてを支配し操ることができる!!」

「これさえ手にすれば我々は再びマーレを討ち滅ぼすことができる!!」

数々の巨人を従え、頂点に立っている女巨人の描写

復権派@グリシャを勧誘した患者
「しかし…フリッツ王は そのような絶対的な力を持っておきながら」

「なぜ島まで退くことに・・・?」

ダイナ
「それは・・・」

「戦うことを否定したからです」

メンバーの質問に答えるダイナ・フリッツ

ダイナ
「そもそも『巨人大戦』とは145代目の王が『始祖の巨人』を継承したことが始まりですが」

「それまでも八つの巨人に分けた家同士では争いの絶えない時代が永らく続いていました」

「それでも王家が『始祖の巨人』を呈することでエルディアは均衡を保つことができていたのです」
2016-10-07_033040
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


「しかし145代目はその役目を放棄し辺境の島に都を移しました」

巨人が壁を作っている描写

人々がそこに入ろうと、走っている描写

ダイナ
「私の家とは そこで折り合わず決別することになりました」

「私達の…この惨めな日々は」

「王が争いから目を背けたことから始まったのです」

冷たい、暗い目で語るダイナ・フリッツ

復権派メンバーも下を向き、沈黙します


そこで、決心したようにグリシャが発言します。

グリシャ
「戦おう」

驚くダイナの表情

グリシャ
「やるべきことは明確だ」

「我々を見捨て壁の中に逃げた王から「始祖の巨人」を取り戻す」

「そして我々エルディアの民のために大陸に踏み留まった真の王家に!!」
2016-10-07_033057
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


「『始祖の巨人』をお納めするのだ!!」

「同志諸君よ!!」

「マーレを打倒し!!」

「偽りの歴史を正し!!」

「エルディアの誇りを取り戻すのだ!!」

グリシャの言葉に反応し、ガタ、ガタとメンバー達は立ち上がります!

グリシャ
「同志諸君よ!!」

「我々エルディアが復活する日まで戦い続けるぞ!!」

おおおおっと盛り上がる復権派メンバー

叫び続けるグリシャに、涙を浮かべ見つめるダイナ

皆の前で、ダイナはグリシャに抱きつきます!

2016-10-07_033115
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


翌年私達は結婚し

男子を授かった

名はジーク

生まれたばかりのジークを抱き上げるグリシャ
2016-10-07_033136
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


グリシャ
「王家の血を引く子だ…」

「きっと この子は私達を勝利に導いてくれるぞ」

涙を浮かべ、ジークを見つめるグリシャ

時代は移り

人は変わる

カメラマンが、写真を撮る描写

世の中が急速に発展してゆく頃

エルディア復権派は転機を迎える
2016-10-07_033205
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


85話の地下室で発見した写真の場面の描写

場面は、マーレ政府の軍人が、グリシャ達エルディア人を前にして、話をしている場面となります。
2016-10-07_033222
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


マーレ政府役人
「聞けエルディア人よ!!」

「我々マーレ政府は貴様らユミルの民から『マーレ戦士』を集う!!」

「この度マーレはパラディ島に逃げた悪の化身フリッツ王から宣告を受けた!!」

「近くエルディアは世界を支配し再び恐怖でこの大陸の覇者として君臨すると!!」

「我々はその浅ましき野望を打ち砕くべく!!」

「これより数年をかけ大陸各地の収容区から戦士を選出するし これに備える!!」

「集いし戦士は五歳から七歳の健康な男子女子とする!!」

「されど!!」

「選ばれし戦士は極少数に限られる!!」

「なぜなら戦士は―」

「我々マーレ政府の管理下にある―」
2016-10-07_033239
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


「『七つの巨人』を継承するに値する器でなくてはならないからだ!!」

マーレ役人の説明に、驚くグリシャとダイナの表情

マーレ役人
「なお 選ばれし戦士となる一族には「名誉マーレ人」の称号を与え この国での自由を保証する!!」

「エルデイィア人よ!!」

「今こそマーレに忠誠を示したまえ!!」

場面は、復権派のアジトで、先程のマーレ政府の話を検証する会話するメンバーに移ります。
2016-10-07_033258
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


復権派メンバー
「どういうことだ?」

「フリッツ王が宣戦布告したのか!?」

ダイナ
「いえ・・・それは考えにくいことです」

メンバー
「一体何が…」

そこに、ガチャッと扉が開き、復権派メンバーの一人が入って来ます。

復権派メンバー
「来たぞ!!」

「フクロウからだ!!」

グリシャはフクロウからの手紙を開きます。

グリシャ
「…読むぞ」

「今回マーレ政府が動き出した理由 それは…」

「来る資源争奪の時代にいち早く対応するためである」

「知っての通り近年 軍事技術は目覚ましい進歩を遂げている」

「今日のマーレを世界の指導者たらしめる力『七つの巨人の力』が絶対でなくなる日も近い」

「これからは燃料を背景とする軍事力が物を言う時代と移りゆくだろう」

「その時代を迎えるにあたり莫大な化石燃料を埋蔵するとされる」
2016-10-07_033318
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


「パラディ島は決して無視できるものでなくなった」

「しかしパラディ島を征服するのは未だ容易なことではない」

「依然フリッツ王は壁に籠もったまま音沙汰がないが」

「80年前に言い残した言葉がある」

「今後我々に干渉するなら」

「壁に潜む幾千万の巨人が地上のすべてを平らにならすだろう」

2016-10-07_033340
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


何体もの超大型巨人が歩いている描写

グリシャ
「この脅威が健在であるうちは」

「何人たりとも正面から手出しはできない」

「つまりマーレ政府の目的は我々と同じ」

「フリッツ王を刺激せぬように壁内に侵入し」

「『始祖の巨人』を」

「奪還することである」

2016-10-07_033357
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


グリシャが読み上げたフクロウの手紙の内容に、しばし沈黙するメンバー

復権派メンバー
「どうする…このままじゃ」

「我々の計画が…」

復権派メンバー@グリシャを勧誘した患者
「あと数年でマーレに先を越されてしまう…」

復権派メンバー
「そうなったらもう…!」

「永久にエルディアは日の目を見れないぞ…!!」

焦るメンバーたち

皆の言葉を聞きながら、グリシャは目を閉じています


そして顔を上げ、語りだします。

グリシャ
「いや…」

「我々にも手段は残されている」

「我々の息子ジークを」

「『マーレの戦士』にするのだ」

2016-10-07_033414
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


猿の人形で遊んでいる幼少ジークの描写

こうして私は息子にエルディアの誇りを託しつつも

敵国に忠誠を誓うマーレの戦士になるように仕向けた

遊んでいるジークに、声をかけるグリシャとダイナの描写

果たして私は

あの日の愚かな子供のままだったのだろうか

見つめ合うグリシャと幼少ジークの描写

息子は七つになった頃

私達夫婦をマーレ政府に密告した
2016-10-07_033457
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


指を指しているジーク少年の描写

我々エルディア復権派は全員「楽園」に送られた

パラディ島を永遠に彷徨う人喰い巨人となるべくして

兵に銃を向けられているグリシャとダイナの描写

エルディア人が

エルディア人を食べる

最悪の悲劇の始まり…


87話につづく

Sponsored Link


◆別マガ11月号!諫山先生の一問一答!

2016-10-07_032051
「別冊マガジン11月号」より


Q、キャラクターのデザインはどうやって考えていますか?
A、自分の脳だけで考えてしまわないように、画像などを見て考えます。

諫山先生は、非常に謙虚な方で、周りの意見を真剣に聞き取り入れる人だと何かで読んだことがあります。

この答えからも、そのような性格が窺えますね!


◆第86話「あの日」の感想!

2016-10-07_033414
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


まず、驚きました!

「ここで、こう来るのか!」と誰もが思ったのではないでしょうか?

そして、次に「やられた~(・_・;)」という気持ちですね(笑)

諫山先生の、予想を斜め上に行く展開が、今回もオオアリでした!

タイトル「あの日」は、第2話「その日」を踏まえていますよね。

エレンにとって、その後の人生を決める壁ドンがあった「その日」に対し、グリシャのその後を決める妹の理不尽な死を経験した「あの日」…上手いですね!

ユミルの民がどう、フリッツ王家がどうなどは、ポイント考察で行うとして、やはり目を引いたのはジークの幼少期ですよね。

グリシャからエルディアの誇りを教えられ、敵国マーレの戦士にされるというのは、まさにライナー、ベルトルト、アニと同じ境遇ということになるのではないでしょうか?

ましてや、彼らよりもさらに幼くして…察するに余りあります…(・_・;)

両親を密告したジーク…この時の気持ちはどのような物だったのでしょうか?

今回は、グリシャの半生と失われた歴史が判明する、大きな謎の解明が行われた回となっていました!

しかし、そこで感じたのは「被害者としてのジーク」でしたね。

もちろん、妹を理不尽に殺されたグリシャの気持ちも分かりますが…まさに負のスパイラルでした。

いろいろな意味で、「たまらない」回となっていました!


◆86話伏線ポイント考察!


86話の伏線ポイントほど、絞り切るのが難しい回はありませんでした(笑)

このようになっております!

  • 判明したグリシャの謎と、残っている謎
  • ジ―クの素性が確定
  • ユミル・フリッツ
  • 九つの巨人と七つの巨人
  • 壁の場所パラディ島と楽園
  • 「二千年後」を匂わす1820年前
  • フクロウの正体
  • エルディア復権派メンバーの顔ぶれ
  • 壁のある島 パラディ島
  • 初登場の語句の意味

  • それではそれぞれ考察して行きましょう!


    ◆ポイントから伏線考察!

    2016-10-07_032852
    「進撃の巨人」第86話「あの日」より


    まず、今回グリシャの半生が明らかになりましたね。

    グリシャはマーレ帝国に支配されている世界でエルディア人として生まれ、差別されながら育ったようでした。

    その差別から生まれた迫害から妹を亡くした経験があり、それがきっかけとなって「エルディア復権派」に入り、解放活動を行っていたようです。

    しかし、息子ジ―クをマーレに入りこませた事が裏目に出て、マーレ治安当局に捕まり、グリシャは無知性巨人化されたようです。

    グリシャイエガーの経歴プロフィールまとめ!にて考察していた「グリシャには無知性巨人時代がある」という考察は当たっていましたね!

    しかし、「グリシャは巨人化注射開発に関わっている」という考察は外れたようです!(-_-;)

    全体的には、予想が当たったほうかなと感じており、満足しています(笑)

    今回最後にグリシャは無知性巨人にされ、「楽園」と呼ばれる「進撃の巨人」の世界、三重の壁があるパラディ島に流され終わっています。
    2016-10-07_033457
    「進撃の巨人」第86話「あの日」より


    おそらく無知性巨人にされた後、何かが起き人間に戻り、71話「傍観者」でキースに出会ったという事になると思われます。

    ここで、なぜグリシャが人間に戻れたのか?

    これが残された謎ですよね。

    そして、グリシャが無知性巨人化にされたのは、エレン達がいる時代から見て、どれくらいの時差があるのでしょうか?

    まず、マーレ戦士募集の後、フクロウからの手紙が届いた場面で、巨人大戦が80年にあり、壁ができたと説明があります。
    2016-10-12_051210
    「進撃の巨人」第86話「あの日」より


    エレン達がいる壁が出来たのが107年前なので、このとは27年の誤差があり、この時が27年前だと分かりますね。

    そして、ジークを戦士に応募させると言っているので、この時ジークは5,6歳となります。

    そして、その後数ヶ月か数年後(この時7歳位?)ジークから告発され、グリシャは壁外を彷徨う巨人となります。

    グリシャが人間に戻り、壁内に入ったのが現在より20年前とキースが言っていたので、27年―20年となると、最大で7年くらい壁外を彷徨っていたと考えられます。

    ジークが告発した時期が応募から2年以内とすれば、5~7年くらいでしょうか?

    つまりグリシャが壁外を彷徨っていたのは、5~7年くらいというということになりますね!

    そうなると、ジークは32歳から35歳くらいかなと思われます。

    この考察は、微知性巨人さんのコメントから作成しました!

    微知性巨人さん!

    ありがとうございました!


    本当に、大変助かりました(笑)

    そして、ジ―クの出生が確定されました。
    2016-10-07_033136
    「進撃の巨人」第86話「あの日」より


    ジークの父親がグリシャか発言から検証で考察していましたが、ギリギリ当たったかなという感じですね。

    前回登場した写真からも、記事内でジ―クの父親はグリシャと書きましたが、「これは目の描き方からグリシャではないのでは」「この子供はジ―クではないのでは」との考察も見受けられました。

    結果としては、Flügel der Freiheit兵長のコメントでの「自分の出身のことを述べている以上、写真の中にグリシャが映っているはずです。」という考察が当たっていましたね!

    管理人アースもジ―ク&グリシャと考えていましたが、確定して良かったです!

    さらに、ジ―クの母がフリッツ王家の末裔であることが判明しました。
    2016-10-07_033004
    「進撃の巨人」第86話「あの日」より


    確定して良いと思うのですが、フリッツ王家=レイス家と考えられます。

    ということは、ジ―クはエレンの異母兄弟であり、ヒストリアとは遠いですが、血縁関係があるという事になりますね!

    これは、大きな伏線になるのではと思われます!

    そして、フリッツ王家という言葉とともに、「ユミル・フリッツ」という人物が登場しました。
    2016-10-07_032549
    「進撃の巨人」第86話「あの日」より


    現在存在している巨人化能力の元は、全て1820年前にユミル・フリッツが「大地の悪魔」と契約して手に入れたとされ、それをユミル・フリッツが死後、「九つの巨人の力」に分けたと説明されています。

    まず、考えるべきはユミル・フリッツ=ユミルかどうかですね。

    これと、「九つの巨人」とその後に登場した「七つの巨人」については、別記事にて考察したいと思います。

    そして、今回「壁の場所」が島内に存在することが分かりましたね!
    2016-10-07_032624
    「進撃の巨人」第86話「あの日」より


    これですと海に囲まれており、アルミンは近々海が見られそうな感じです(笑)

    そして、この地図からすると、赤丸で囲ってある、グリシャとジ―クの出身地である「マーレ帝国」もそれほど遠くないように見えます。

    ここがマーレ帝国であることは、逆さまにするとカタカナで「マーレ」と読めるので間違いないかなと思われます。

    そして、おそらくはこの「マーレ帝国」がライナー、ベルトルトの言う「故郷」かなと感じました。

    これまで、「グリシャ&ジ―クの出身地とライベルの故郷は違う」と考えて来ましたが、これは、「九つの巨人、七つの巨人」の考察時に考えたいと思います。

    そして今回「1820年前」という言葉が登場し、「二千年以上続くフリッツ王家」に続く「二千年後の君へ」の二千年後に近い数字が登場しました。

    この1820年前は、シガンシナ区の壁ドンから考えると、二千年前になると思われます。

    ということは、この時のユミル・フリッツの「大地の悪魔の契約」が、何か第1話タイトルと関係があるのでしょうか?

    これは気になりますね!

    これ以上は、もう少し情報が無いと考察出来ませんが…

    まさか二千年後の「君」とはユミルなのか…(-_-;)

    今回エルディア復権派に協力していた「フクロウ」はクルーガーではないかと思ったのですが、どうでしょうか?

    全くの想像ですが、そんな気がしたので、最後に書いておきます!

    ちなみに、りゔたんさんも「フクロウはクルーガーでは?」とメッセージをくれました。

    当たってそうな気がします(笑)

    そして、今回登場したエルディア派復権派ですが、そのメンバーの顔ぶれが「トロスト区襲撃時の巨人」と同じではないかと、生き残れなかった兵士さん、ベルトルト大好きさん他、多くの方からコメントをいただきました!
    2016-10-07_032852
    「進撃の巨人」第86話「あの日」より


    その中でもベルトルト大好きさんからは、具体的にご指摘いただきました。

    まず、グリシャの右にいるこの男の人は、ミーナ・イーター
    2016-10-08_060740-horz
    「進撃の巨人」第86話、第4話より


    その後ろにいる人が、エレンを丸呑みにした巨人
    2016-10-08_060918-horz
    「進撃の巨人」第86話、第4話より


    で、グリシャの左側にいる、グリシャを誘った患者の男は、ミカサに倒された奇行種で
    2016-10-08_061411-horz
    「進撃の巨人」第86話、第5話より


    その左にいるのが、トーマス・イーターで
    2016-10-08_060555-horz
    「進撃の巨人」第86話、第4話より


    その後ろにいる男が、エレンの右足を齧った巨人ではないかとコメントいただきました!
    2016-10-08_061316-horz
    「進撃の巨人」第86話、第4話より


    スゴイですね!

    本当にその通りだと感じました!

    ベルトルト大好きさん!

    ありがとうございました!


    ちなみに、グリシャを復権派に誘った男性は、イルゼ・イーターではというコメントをサンディさんを初め、いくつかいただきました!
    2016-10-11_201430-horz
    「進撃の巨人」第86話、特別編「イルゼの手帳」より


    たしかに似ています!

    この男性は、イルゼ・イーターかもですね!

    そして、今回最後にジークの密告により、エルディア復権派メンバーは「楽園」送りとなったとなりました。

    つまり、無知性巨人になり、壁外へ放逐されたということになります。

    そして、そこから約22年程度壁外を彷徨い、シガンシナ区に入り、さらに5年経ちトロスト区に入ったのだと考えられますね。

    第4話でのトロスト区襲撃に登場した巨人と、エルディア復権派メンバーの顔ぶれが同じなのは、次回に描かれるであろう復権派メンバー全員の「楽園送り」の伏線と言えますね!

    非常に上手い仕掛けだと感じられました!

    そして最後の考察となりますが、「進撃の巨人」の舞台となっている壁が、パラディ島という島に存在することが判明しました。

    このパラディ島ですが、アフリカ大陸にあるマダガスカルがモデルではないかと、進撃の一般市民さんを始め、いくつかコメントをいただきました。

    その中で、りゔたんさんからは画像付きでご指摘頂きました。
    2016-10-08_130842-horz
    このようになっています。

    そっくりですよね?

    間違いなくマダガスカルがパラディ島の舞台でしょう!

    しかし、壁の中では雪が降ったりする場面がありましたが、マダガスカルで雪は降りません。

    この辺りは実際のマダガスカルとは違うから…ということでしょうか?

    それとも、「西から昇る太陽」が関係するのか…

    この辺りは、まだちょっと分かりませんね!

    ちなみに、「パラディ=パラダイスの古代ペルシャ語の語源は『壁に囲まれた』『壁を巡らせた』とする説が存在するようです。」と生き残れなかった兵士さんからコメントでいただきました。

    パラディにはパラダイスの「楽園」だけではなく、「壁」という意味も含まれていそうですね!

    進撃の一般市民さん、りゔたんさん、生き残れなかった兵士さん!

    ありがとうございました!

    そして、「パラディ島」も含め、今回は初登場の語句が数多く登場しました!

    ここで、その語句を紹介し、意味をまとめてみました!

    フェイ

    2016-10-07_032229
    「進撃の巨人」86話「あの日」より


    グリシャの妹です。

    名前のフェイ(菲、飛)、黒髪からグリシャの両親に東洋の一族の流れを感じさせます。

    ただ、名前としては、「Fey,fay,Fayeなどのスペルで英語やフランス語で女性の名前として普通にあるようです。」とイザベルさんからのコメントで明らかになっています。

    イザベルさん、ありがとうございます!

    なお、ソフィさんからは「ドイツ語で妖精という意味があるようです。Feeという綴りです。」とコメントを頂いていおります。

    ソフィさん!ありがとうございます!

    ダイナ・フリッツ

    2016-10-07_033004
    「進撃の巨人」86話「あの日」より


    マーレに残った王家の末裔です。

    ヒストリアとは遠いですが、血縁関係があると思われます。

    エルディア復権派に所属し、グリシャと結婚し、ジークを産んでいます。

    フクロウ

    マーレ政府に入り込み、エルディア復権派に情報を流している内通者とされますが、誰も顔を見ておらず、正体不明となっています。

    復権派を思い通りに操っている可能性もある人物です。

    現在、フクロウ=クルーガー説、フクロウ知性巨人説を良く見かけます。

    クルーガー

    2016-10-10_042249
    「進撃の巨人」86話「あの日」より


    マーレ治安当局員で、幼いグリシャが無許可で市内に入った際に制裁を加えた人物です。

    しかし、妹が死亡した事を同僚が嘘の供述をしている際に、グリシャを見つめる表情から、「もしかしたら良い奴なのかも」感を感
    じさせられ、名前も登場していることからフクロウ正体説が登場しています。

    マーレ

    古代より存在する大国で、巨人を手に入れたエルディアに一時期滅ぼされ、1700年間エルディアに支配されています。

    その後、エルディアの9つの巨人の力のうち7つを手駒とし、80年前の「巨人戦争」に勝ち、現在はエルディアを支配しています。

    ただ、あくまでマーレ側から見た歴史であり、改ざんされている可能性があります。

    語源はイタリア語mare「海」と思われます。

    エルディア

    ユミル・フリッツが手に入れた巨人の力を、死後九つに分けて築かれた帝国です。

    マーレを滅ぼし大陸の支配者となりますが、マーレに滅ぼされ、現在はマーレに支配されています。

    エレン達の壁の中のほとんどが、マーレに滅ぼされる際に壁の中に逃げ込んだエルディア人と思われます。

    スペイン語の「el dia」(男性名詞定冠詞+「日」)で「その日」「あの日」と言う意味と、フランス語のerdier→同じ意味の英語のgreenyから「間抜け、だまされやすい人」という意味では、という説があります。

    ユミル・フリッツ

    2016-10-07_032549
    「進撃の巨人」86話「あの日」より


    現在の知性巨人の元となる、「9つの巨人」を生んだ人物です。

    104期生のユミルと同一人物なのかは、現在不明です。

    エルディア人の祖先であり、そのためエルディア人は「ユミルの民」とも呼ばれています。

    楽園

    エレン達がいる壁の世界が存在するパラディ島を指します。

    エルディア復権派のようなマーレでクーデターを起こそうとする人物が無知性巨人化され、このパラディ島に送り込まれる事を「楽園送り」と呼ばれています。

    つまり、壁外で彷徨う巨人は、全てマーレでクーデターを起こそうとしたエルディア人である可能性が高いと思われます。

    パラディ島

    2016-10-07_033318
    「進撃の巨人」86話「あの日」より


    エレンたちがいる壁の世界がある島です。

    現在マダガスカル説、スリランカ説、レス島説が存在します。

    語源はパラダイスの元である古代ペルシャ語の「壁に囲まれた」からだと思われます。

    大地の悪魔

    2016-10-07_032549
    「進撃の巨人」86話「あの日」より


    エルディア人の祖先ユミル・フリッツに巨人の力を与えた存在です。

    正体は全くの不明です。

    7つの巨人

    エルディア人の始祖ユミルが生んだ「9つの巨人」内の「7つ」を指します。

    9つの巨人はエルディア帝国を築いたのですが、その内7つの巨人はマーレに寝返り、マーレ側に付きます。

    その理由は不明です。

    9つの巨人は現在

    エレン
    アルミン
    ライナー
    アニ
    ジーク
    ユミル
    四足歩行型(ユミルを捕食していなければ)
    レイス(グリシャに捕食され、現在はエレンが保有)

    と、8体まで分かっています。

    残り一体は不明であり、もし四足歩行型がユミルを捕食して巨人化したのであれば、2体不明ということになります。


    いろいろ考察しましたが、今回はかなりの予想外の展開であり、かなりの謎の解明がされました!

    まだまだ考察すべき事柄がありそうな気もしますが、別記事にて考察しますね!


    ◆第86話の展開予想を自己検証!

    2016-07-08_035101
    「進撃の巨人」第83話「大鉈」より


    84話「白夜」最新のあらすじの最後「シガンシナ区決戦編残りの展開を予想!」にて予想していますが、「85話で地下室到着と中身の判明、86話で壁内に撤退、エピソード」「85話~88話で終わる」という展開を予想していました。

    実際85話にて地下室到着、中身判明という展開が起き、100点満点予想となっていました(笑)

    ということは、86話では「その後のエピローグ」が描かれるではと考えられます。

    そして、「シガンシナ区決戦編」は86話で終わり、次章へと繋がっていくと予想できます。

    つまり、第86話では、「シガンシナ区決戦編エピローグと、次章への展開」が起きると予想します!

    具体的に見て行きましょう!

    予想ここまで!!
    ■検証結果その1
    次章へと繋がる回という予想は当たっていますよね!

    具体的な予想の方は、どうでしょうか?

    ◆第86話の展開予想!

    2016-09-08_044909
    「進撃の巨人」第85話「地下室」より


    壁内に戻ったハンジ、リヴァイ、エレン達はザックレー総統、ピクシス司令、ナイル・ドーク師団長、ヒストリア女王と面会し、ウォール・マリア奪還の成功と、エルヴィン団長死亡をはじめとする、シガンシナ区決戦の経過説明を報告すると思われます。

    ここでのシーンは、85話最後のエレンのナレーションと繋がっているのではと予想します。

    そこでマリア奪還と並ぶ戦果のひとつである、「グリシャ・ノート」が公開されます。
    2016-09-08_045008
    「進撃の巨人」第85話「地下室」より


    その内容には、巨人誕生と世界の秘密、故郷と戦士たち等について書かれていると思われます。

    そこから、壁内人類が攻撃される理由、エレンが持っている座標を奪おうとする理由も明らかになります!

    「グリシャ・ノート」については、新調査兵団団長となるハンジが保管することになり、情報を共有した時点で報告は終わりになります。

    解散した直後、ハンジはヒストリア女王を呼び止めます。

    ハンジとヒストリアは別室に移り、他の104期生も共に移動します。

    そこで、ヒストリア女王は、女王としてではなく、同期としてエレンたちに声をかけます。

    「よかった…みんな」「最悪なことにならなくて 本当に良かった」と、エルヴィン、マルロファンから総スカンをくらうような発言があるのではないかと予想します(笑)
    2016-09-08_155753
    「進撃の巨人」第24話「巨大樹の森」より


    その部屋にて、ハンジはヒストリアに、ユミルの手紙を渡します。

    その手紙の内容も明らかになり、それについては83話ネタバレ考察!ユミルの手紙を考察!にも書きましたが、グリシャ・ノートの裏付ける事柄と、「ユミルのせー」の謎の回収と、ヒストリアを励ます内容となっていると思われます。

    ただ、第50話でユミルは「座標」について知識があるように感じられました。

    つまり、「レイス家の巨人の力」について、知識があるということになります。

    そこから手紙には、ヒストリアには人に触れると記憶を呼び覚ます力があると書かれており、ハンジはヒストリアにアルミンに触れ、ベルトルトの記憶を呼び起こそうと提案するのではないかと予想します!

    その提案を受け入れ、覚悟を決めたヒストリアとアルミンの表情が描写され、終わります。

    このように、86話を予想します!

    今回の予想は、かなり難しいですね(・_・;)

    予想ここまで!!
    ■検証結果その2
    全く外れましたね!(・_・;)

    今回の展開予想は、当てられなくてもしょうがないでしょう!(苦笑)


    ◆なぜアルミンがベルトルトを捕食する展開が起きたのかを検証!

    2016-08-08_040514
    「進撃の巨人」第84話「白夜」より


    85話でキリが付いた気配を感じるシガンシナ区決戦編ですが、いろいろな展開がありました。

    エルヴィン、マルロの死亡やジ―ク戦士長のエレン兄弟説浮上…

    その中でも、アルミンによるベルトルト捕食という展開には、本当に驚きました!

    「まさか、アルミンが巨人化能力者になるとは…」

    そう思った方も多いのではないでしょうか?

    管理人アースも、その一人です。

    なぜ、アルミンが巨人化能力者にならなければいけなかったのか?

    その理由が、あるはずです。

    そこで管理人アースは、アルミンが巨人化能力者にならなければいけなかった訳ではなく、ベルトルトを捕食しなければいけない理由があったのではないのかと、考えました。

    それは、ベルトルトの「悪魔の末裔発言」です。

    管理人アースは、ジ―ク戦士長の出身と、ライベルの故郷は別の場所だと考えています。

    となると、85話にて登場した、グリシャ・ノートやユミルの手紙には、ライベルの故郷の歴史が書かれていないのではないかと思ったのです。

    では、ライベルの故郷に関する「悪魔の末裔」の回収は、どのようにされるのか?

    ライベルが、自ら語る展開と言うのも難しそうです。

    そこで、ベルトルトが捕食され、その記憶を継承された者に語らせるという展開があるのでは?と考えました。

    つまり、アルミンはベルトルトの「悪魔の末裔発言」の回収のために巨人化能力者のなったと考えられます!

    そのため、次回以降にアルミンがベルトルトの記憶を思い出す展開があるのではと予想し、今回の86話展開予想となりました!

    一部である、エレンのフリーダの記憶、グリシャの記憶のフラッシュバックは、「座標」という受け皿があって起きる現象である、という考察を棚に上げての予想ですが、このような展開も面白いのではと思い予想しました!

    このような理由で、第86話にはアルミンの「ビリ!」が来ると予想します!

    かすってくれたら、嬉しいです\(^o^)/
    ■検証結果その3
    アルミンのビリ!っという展開はありませんでしたね!

    今回の予想は、「次章への繋がりを表す回」という予想だけが当たり、10点というところでしょうか?

    87話の予想も、かなり難しくなりそうですよね(・_・;)

    しかし何とか、かすりたいです!!

    ※コメントには全て返信することが難しくなってしまいました><
    アースからの返信を待っていた方申し訳ございません。コメントには全て目を通してますので、何かしらの形で反映したいと思います。


    【注目!】
    87話最新画バレ「境界線」あらすじ考察と感想!

    シガンシナ区決戦編名場面&伏線まとめ!
    86話ネタバレ考察!ユミルがユミル・フリッツなのか検証!
    86話ネタバレ考察!パラディ島のモデルから文字を検証!
    別ナマにてジ―ク戦士長が28歳と判明か!?
    フクロウの正体はクルーガーかアニ父親の真相
    86話ネタバレ考察!「9つの巨人」と「7つの巨人」の正体を検証!
    86話ネタバレ考察!巨人化がエルディア人のみなのか検証!
    86話ネタバレ考察!人種から巨人の耳の伏線を検証!
    86話ネタバレ考察!グリシャの巨人時期から「二千年後の君」を検証!
    85話最新画バレ「地下室」考察あらすじ感想!
    21巻最新刊あらすじ感想と考察まとめ!
    アニメ2期放送日が2017年4月1日又は4月8日放送か検証!


    Sponsored Link

    678 Responses to “【進撃の巨人 ネタバレ】86話87話最新画バレ「あの日」あらすじ考察と感想!”

    1. よっしー より:

      更新お疲れ様です。グリシャの横にいる見た目が104期を食った巨人に似ていることと、もう一つ気になったことがあるんですが、グリシャが幼いジークをマーレの戦士にする時、幼い頃のジークが持ってるものって猿の人形ですよね?気ずいてたらすみませんが、ジークは獣の巨人で、人形と同じ見た目ではありませんか?なので、何か関わっているのかなと…。まぁ、じっくりと考えて下さい。また素晴らしい考察を待ってます!!長文失礼しました。

      • 管理人アース より:

        よっしーさん!

        コメントありがとうございます!

        そうですね。猿の人形を持っています。
        意味深ですが、ここから何か意味を探るのは難しいですね。
        まさか「猿が好きだから猿の巨人になりたい」なんてことは無いでしょうし(笑)
        ただ、パラディ島には猿はいませんが、マーレにはいるのだろうなと思いました!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

        • 巨人 より:

          グリシャが結婚したダイナフリッツってエレンのお母さんを食べた巨人じゃないですか?

          • 管理人アース より:

            巨人さん!

            コメントありがとうございます!

            今回のコメントでは一番多い内容ですよね!
            可能性はあると思います!

            またコメントください!
            よろしくです!


            管理人アース

        • りょう より:

          アースさん!ネタバレありがとうございました!

          考察なんですけど、
          レイス家は本当の王家ではなく、
          東洋人(アッカーマン)が本当の王家(フリッツ家)なため、記憶の改ざんが効かなかったというのはどうでしょうか?

          • 管理人アース より:

            りょうさん!

            コメントありがとうございます!

            >レイス家は本当の王家ではなく、
            いえ、レイス家が王家なのは確定だと。
            巨人の力はレイス家が保持していたので、間違いないでしょう!

            またコメントください!
            よろしくです!


            管理人アース

    2. 純血のマリナ より:

      ユミルが読めた鰊
      エレンが書いたクッタ
      グリシャが読めた古語

      全員とんがり耳巨人です
      ジークもきっと読めますね

      カルライーターがダイナだとすると、耳が髪に隠れて見えない(見せない)ようにした先生はすごいですね

      ここからは妄想ですが、他の民族の血が入っていない純血のエルディア人なら読めるのではないでしょうか?
      逆に少しでも他民族の血が入っていると全て丸耳になるかもしれないですね

      そうえいばアルミン巨人は耳が見えませんでした。ミカサがエレンとアルミンの海についての話についていけなかったのは、もしかしたらアルミンの本が古語で書かれていたかもしれませんね
      そうなると…

      • 管理人アース より:

        純血のマリナさん!

        コメントありがとうございます!

        >全員とんがり耳巨人です
        そうですね。
        つまり、今回登場したエルディア人の言語なのかなと。

        >アルミン巨人は耳が見えませんでした。
        壁内人類は皆エルディア人のはずです。
        グリシャ一家はアルミン達の先祖に取り残された人達ということになるはずなので。
        もし、エルディア人が巨人化して耳が尖るのなら、アルミン巨人もとんがり耳のはずです!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    3. まーる より:

      超展開てあまり頭がついていっておりません…。

      考察については皆さまの愛にあふれる深い考察を楽しく読ませていただく感じです。すごい!!!


      個人的に考察とはいかないけれど密かに思っていることがありまして。
      今回、マーレの人達が資源戦争を始めようとしているところで。
      レイス家地下にあった光る鉱石はウランまたはプルトニウムなど核兵器になるような高純度の放射性物質なのでは?、と。
      おそらく文明的には石油を巡る争いになる感じではあるのですが(燃料といったら石油な、単純な考えですが)ウーリの加齢では納得出来ない老い方は放射能汚染による病的なもの。
      壁内は滅びるといった発言は放射能汚染によるものでは?と。細々と考えております。歴史はグリシャが知りえた事で語られているのでもしかして悪魔の末裔に繋がるのがグリシャの知らない歴史としたら…。
      過去に核兵器を使い、さらにその燃料ともども壁の中に閉じこもった、あの兵器は悪魔だ、これを使ってたしまった自分達(壁内人類)は人類を滅ぼしかねない恐ろしい事をしでかした悪魔のような能力の持ち主だ。これ以上世界を滅ぼさないために自分達は罪人として生きよう…
      みたいな思考があったら面白い(語弊がありますが)

      そんなことをつらつら考えてました。

      あまりに新しい情報がありすぎて相関図無いと分からないんですけど(笑)

      ほんと進撃の巨人は斜め上どころかマジか!な展開になるのでとても楽しいです( *´︶`*)

      • 管理人アース より:

        まーるさん!

        コメントありがとうございます!

        >レイス家地下にあった光る鉱石はウランまたはプルトニウムなど核兵器になるような高純度の放射性物質なのでは?
        おー、面白いですね!
        管理人アースは、単純に石炭、石油を連想していました(笑)
        可能性、ありそうな考察だと思います!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    4. 進撃の狂信 より:

      初めて投稿します!

      このクルーガーですが、フクロウでもあり、この見事な足技からアニの父親の可能性も無いですかね??
      スパイである可能性を疑われ、忠誠の印として娘を差し出せと言われた。
      だからこそ、アニに私が間違っていたと懺悔したのではないかと。

      こんなとあるスパイの残酷な話もありうるのではと思いました!

      • 管理人アース より:

        進撃の狂信さん!

        コメントありがとうございます!

        >アニの父親の可能性も無いですかね??
        クルーガー・レオンハート説ですか!
        これは面白いですね!
        う~ん、ただアニ父はエルディア人である可能性が高いので、ちょっと厳しいかもですね。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

        • 進撃の狂信 より:

          アースさん

          ご返信ありがとうございます!

          >ただアニ父はエルディア人である可能性が高い

          自分もそう思ったんですが、ライナーはアニに”汚れた民族(エルディア人)と違うって事を証明しろ!”と言ってるだけで、”お前の汚れた血が”的な事は言ってないのでこれも有りかなと思いました。
          それに女型の耳は丸いですし。(獣が尖ってるのはこう言う理由だったんですね)

          何よりも、ベルトルトはアニに惚れてました。あの壁ドンをして悪魔の末裔発言をするベルトルトが、汚れた血と思っているなら、アニが純血なエルディア人だとしたら惚れるとは考え難いかな?とも

          それに、マーレ人で名前を出してるのは今のとこはクルーガーだけですから、何かしら重要な役割があるハズではないかと!

          まあ、名誉マーレ人と言うのもあるようですし、ライベルはエルディア人である筈のジークには素直に従っていて尊敬もしていると言うのはありますが…

          • 管理人アース より:

            進撃の狂信さん!

            コメントありがとうございます!

            >クルーガーだけですから、何かしら重要な役割があるハズではないかと!
            これはそのように管理人アースも思います。

            たしかにクルーガーが名誉マーレ人の可能性もありますよね?
            で、クルーガーは巨人化能力者でアニに巨人化能力を既に譲っている…
            あ、これだと既に死んでいることになり、アニに帰ってこいとは言えませんよね…
            う~ん、ややこしいですね。
            となると、やはりアニは「名誉マーレ人」を狙い戦士となったことになるのかな?
            だとすると、アニ父がクルーガーなら、アニ母がエルディア人であり、クルーガーはエルディア人に理解がある。
            そして、フクロウとして内通者をしながら、アニに戦士志願させた。
            これなら辻褄合いますかね?
            また別記事で考察しますね!

            またコメントください!
            よろしくです!


            管理人アース

            • 進撃の狂信 より:

              飛躍した考察になりますが、ダイナがアニの母親という可能性はないでしょうか?

              根拠としては

              ①ダイナはフクロウとグリシャ達より前から繋がりがあると思われる
              ②進撃の巨人の世界では父親が黒髪でも母親が金髪だと子供が金髪(アニ父の懺悔シーンから父親は黒髪、ミカサ父は金髪だが母親が黒髪、コニーは父親は黒髪だが母親は金髪、クリスタ、ジークも同様)なので、アニの母親は金髪と思われる。
              ③フリッツ家はダイナが唯一人というのなら、子孫は多く残した方が有利なはず
              ④年齢問題はアニの結晶化があれば回避できるので、時がくるまで待つ事が出来る(まだ発動条件も解除条件も不明ですが)
              ⑤巨人を自分の意思で操ったのは今の所ジークとアニだけで、巨人を操るには王家の血が必要なのでは(アニはこの辺をエレンに教える役目がある?)
              ⑥アニ父の帰ってきてくれ発言は、母親が帰ってこない事に対する懺悔でもある

              などと妄想してみたりしました!

              新規記事楽しみにしてます!!

            • 管理人アース より:

              進撃の狂信さん!

              コメントありがとうございます!

              >ダイナ=アニ父説
              面白いですが、そうなるとアニとジークが異父兄弟ということになりますね!
              これは、すごい展開になりそうです。
              たしかに年齢関係は結晶化で解決できそうですが、ジークとの差を考えると…ちょっと厳しいかもとも思います。
              ただ、ジークに年齢も難しいので、この辺りは何ともですね。

              またコメントください!
              よろしくです!


              管理人アース

    5. 退却の小人 より:

      9つの巨人ですか…
      グリシャが無知性から知性に戻った時に喰ったのが1つそしてこれまたグリシャが喰ったレイス家で1つ(現在エレン)鎧 大型(現在アルミン) 女型 獣 四足歩行 ユミルで合計8つ
      ここで謎なのがあと1つの知性巨人とグリシャが最初に喰った知性巨人ですか…ていうかグリシャ知性巨人2人も喰うなんて…ゼイタクスギィ!

      • 管理人アース より:

        退却の小人さん!

        コメントありがとうございます!

        >グリシャ知性巨人2人も喰うなんて…ゼイタクスギィ!
        あんまり美味しくは無いと思いますが(笑)
        四足歩行型とユミルが同じである可能性も、いちおう覚えていたほうが良いかもですよ。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    6. あき より:

      アースさんこんばんは。

      アニメから入って、最近コミックを読了した私にも、皆様と同じく86話には大変驚かされました。

      『九つの巨人』という話が出て来てふと疑問に思った事があります。

      ■エレンは二つの巨人の能力を引き継いでいるはずだが『座標』ともう一つは?

      という点です。
      私が見落としているだけかもですが…(笑)

      グリシャが最初に捕食した知性巨人の能力がまだ不明ですよね??

      • 管理人アース より:

        あきさん!

        コメントありがとうございます!

        まず、九つの巨人とは「巨人化能力」の事であり「座標」などのオプション能力とは別だと考えられます。
        なので、エレンは「グリシャ」と「レイス(フリッツ)」の巨人化能力を継承していることになります。

        グリシャが最初に捕食した巨人は、まだ不明ですね。
        可能性としては、フクロウかダイナを捕食したのかなと。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    7. センチネル より:

      アースさんお初です。

      今回は色々と考えてしまったのでどうしても、どうしても投稿してしまいました。

      エルヴィン突撃の際のジークの独り言から、グリシャと戦士側は一度戦闘を行なっているのでは無いでしょうか?ジークが勝ち残るもグリシャは知性巨人になり、壁内に侵入。時が流れエレン達104期生が生まれライベル達第二陣が壁ドンに至る。

      あとマーレがエルディア人を根絶やしにしないのが気になります。ひょっとして
      エルディア人(悪魔の末裔の血族)しか巨人になれないのでは?軍事的か種の保存のためなのか、単なる奴隷なのかはわかりませんが、彼らがいなければならない背景があるのだなと思いました。

      長文失礼致しました。

      • 管理人アース より:

        センチネルさん!

        コメントありがとうございます!

        >グリシャと戦士側は一度戦闘を行なっているのでは無いでしょうか
        この可能性はあります。
        ただ、グリシャが人間となり、壁内に侵入したのは71話でのキースがキッカケだと判明しています。

        >エルディア人(悪魔の末裔の血族)しか巨人になれないのでは?
        これもあり得るんですよね。
        はじめはないのではと思ったのですが…
        そうなると、耳の形の違いの理由が分からなくなるのですが…(・_・;)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    8. ぽよ より:

      グリシャの奥さん=エレンの母を食った無知性巨人ではないですか?
      顔が似ています。
      エレンがあの巨人にパンチしたときに座標の力が発動したのは、あの奥さんもその一族だから。

      • 管理人アース より:

        ぽよさん!

        コメントありがとうございます!

        ダイナ=カルラ・イーター説ですね!
        これ、また記事にしてみます!
        あまりにもコメントが多いです(笑)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    9. ウォール芋 より:

      こんばんは、初めましていつも楽しく見させて頂いています!

      いつもは読んで楽しんでいるだけなのでですがあまりに衝撃的な内容に思わず書き込んでしまっていますฅ(๑⊙д⊙๑)ฅ!!


      私もクルーガーがフクロウかなと思いました。

      今回私が1つ疑問に思ったことなんですが、フリッツ王はマーレとの接触を避けたい(争いたくない)から壁に篭っていますよね?今後我々に干渉するなと言っていますし…

      そして壁の中では基本的に壁の外に出ることをタブーとしています。

      ではそもそもなぜ調査兵団が作られたのかなと疑問に思いました。王の許可なくして作れるものでもないでしょうし…


      外との関わりを避けたいのなら調査兵団が外の事を、巨人の謎を調べるなんてもってのほかなのではないか?と思いました。

      • 管理人アース より:

        ウォール芋さん!

        コメントありがとうございます!

        >なぜ調査兵団が作られたのかなと疑問に思いました。王の許可なくして作れるものでもないでしょうし
        その通りですね。
        考えられる理由としては、「壁内での壁外不干渉に不満を持つ民衆の不満解消のため」でしょうか?
        71話にてキースが話していますので、見てみてください!

        よろしくです!



        管理人アース

    10. ベルトルト大好き より:

      何度もすいません!本に女の子がリンゴをもらっている?ような場面がありますよね。先程、北欧神話を調べてみました。すると、リンゴを受け取っているような画像がありました!北欧神話に出てくる神は不老不死ではないらしく、そのリンゴを食べないと生きていけないらしいのです。ユミルがその昔リンゴを食べたとしたら…不老不死の力を持っているという事ですよね。ですが2000年も生きているとは…(¯―¯٥)
      考えにくいかもですけど、この考察はどうでしょう?

    11. ゆう より:

      初コメです

      僕は個人で深く考察せず他の方のした考察を複数読み何となくの解釈でいつも進撃を見てたのですが、今回のダイナの登場から楽園送りまでの経緯が判明で無知性巨人にされグリシャ達と放たれグリシャと違い無知性のままなら、本当に僕のふと思った事なんですけどカルラとハンネスを喰った無知性巨人はダイナかも?って思いました。顔が似てるかなぁって思い、だとすれば無自覚でダイナは旦那の二番目の妻を自ら殺し間接的に旦那の腹違いの息子に殺されるという事になるなぁとw
      もしもそうだとしても今後判明する事もなさそうですし僕の思い過ごしだと思っておきますw

      • 管理人アース より:

        ゆうさん!

        コメントありがとうございます!

        ダイナ=カルラ・イーター説は本当に多く見かけます。

        >今後判明する事もなさそうです
        どうですかね?
        写真をまじまじと見たエレンかミカサが「似てる…あの時の巨人に…」みたいな・・・(笑)
        いや、笑えない展開ですが(・_・;)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    12. トロスト区議会議員 より:

      アースさん、連投ですいません!

      今回グリシャはカルラの前にダイナという王家出身の女性と結婚したことが判明しました。また、この結婚の結果は、息子に裏切られ、妻とは(おそらく)死に別れるという悲劇となったこともわかりました。
      これを踏まえてカルラとの2度目の結婚を考えると、「病気治して仲良くなったから結婚しちゃった」と言うのは、非常に軽い気がします。

      なので、カルラとの結婚は理由があると考えると、このサイトで既出の「カルラ・レイス」説は有力なのかなと感じています。

      つまり、カルラは王家(フリッツ家)の出身で、何等かの手段でそれを知ったグリシャが意図的に結婚して、王家の血をひく子ども(エレン)を設け、フリーダから「始祖の巨人(=座標?)」を奪い、自身をエレンに食べさせることで、「始祖の巨人を奪還し、真の王家に納める」という目的を達成した、ということになります。

      まぁ、ここまでグリシャ・ノートに書かれていたらエレンの絶望感は相当なものですが・・・。

      • 管理人アース より:

        トロスト区議会議員さん!

        コメントありがとうございます!

        >なので、カルラとの結婚は理由があると考えると、このサイトで既出の「カルラ・レイス」説は有力なのかなと感じています。
        やはり、ここに落ち着きますかね?
        となると、あの流行り病時にカルラの血液を採取して、ダイナの何かしらと比べて「カルラ、フリッツ家の末裔じゃん!」みたいな感じでしょうか?(・_・;)
        う~ん、となるとエレンにも…ということになりますね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    13. ゆっきー より:

      今回は盛りだくさんですね。
      とりあえず、他の方々と重複しているところもありますが、いくつかの考察を述べます。

      1.巨人化能力者が老化が早いことは確定
      145代王が1740年頃にパラディ島に遷都したことが発端とありますが、一代12年は少し短すぎです。ジークの年齢のわりに老化が激しいのもそれを裏付けています。かつてライナーが言っていた「老い先短い殺人鬼」というのは、巨人化能力者自体の先の短さと、次の「マーレの戦士」に喰われるためでしょう。
      力を行使しなければ、寿命も伸びるのかもしれませんが「戦士」にはその選択肢はないのでしょうね。どのみち次代に喰われるのだし。

      2.「座標」は「始祖王」であるレイス王の力
      「始祖王」と「座標」は別の力で後者はグリシャが壁内に持ち込んだという考えもありましたが、今回で完全に否定ですね。
       「座標」の意味もおぼろげに解けてきましたね。要するに全ての巨人の基本となる位置で、下位の8巨人を統御できるのでしょう。
      エレンが完全に使いこなせれば、12巻の「ビリッ」はもっと強力に働いたのでしょうね。
      フリーダも座標が使えれば、グリシャに敗れることもなかったでしょうから、「座標」を使いこなすにはどうしても練度が必要なのでしょう。歴代の王が短命だったのも、一定程度以上の頻度で力を行使する必要があったからでしょう。

      3.巨人化薬について
       「脊髄液由来で、外気に触れれば気化する。」というのがハンジの見立てでしたね。
       そしてパラディ島に送られれば、無知性巨人になることが確定するということはマーレ人は人為的に巨人化をコントロールできるのです。ところが、マーレ人の文明水準ですがどうも壁の中より少し進んだ程度でしょう。
      ましてや巨人化薬が誕生したのはそのはるか昔と考えられます。
       生命工学の粋などと言えるような成果でできたものでは到底ないでしょう。
      それを考えたときに以下の考察をします。

      知性巨人の脊髄液から直接取り保存したものが巨人化薬である。そして知性巨人のタイプ別で巨人化薬の種類も決まっている。巨人同士の戦争の絵に「四足歩行」がいたことから、ほぼ間違いないのでは?
      エレンがかみ砕いたのは「ヨロイ=ブラウン」という薬ですが、書いてあった「ブラウン」は偶然ではなく、8つの巨人の中の家柄の一つがブラウン家だったのではないでしょうか。
      「奇行種」も一つのタイプなのかもしれませんね。

      すると異質なのは、ラガコ村の一斉巨人化とウォールマリア奪還作戦の時の、ジークによる数十体の同時巨人化です。あらかじめ特に後者は調査兵団の侵攻ルートから離れたところに、見つからないように事前に無知性化する人間(おそらくは「エルディア人」)を配置しておかねばなりません。
      (続きます。)

      • 管理人アース より:

        ゆっきーさん!

        コメントありがとうございます!

        >「ヨロイ=ブラウン」という薬ですが、書いてあった「ブラウン」は偶然ではなく、8つの巨人の中の家柄の一つがブラウン家だったのではないでしょうか。
        なるほど。
        となると、ライナーはエルディア人ということになりますよね?
        ということは「名誉マーレ人」ということでしょうか?

        >「奇行種」も一つのタイプなのかもしれませんね。
        奇行種についてはりゔたんさんとノーラさんの考察で、「『ヨロイ・ブラウン』は硬質化能力用のオプションの注射で、オプションの注射を人間がいきなり打つと奇行種化するのでは」というコメントをいただきました。
        そうなると、ケニーの「巨人について無知だったのがわかったぜ」というセリフも繋がりますよね!


        管理人アース

    14. えけせて より:

      ライベルアニがマーレの戦士として育てられたエルディア人の子供なのか、マーレの戦士として育てられたマーレ人なのかわかりませんが、マーレ側の対エルディア史観にどっぷり浸けられて戦士として育てられたのは明らかですね。

      次回もグリシャ視点からみた「真実」が語られるのでしょうが、いずれジーク視点やライナー・アニの視点、そしてアルミンに食われたベルトルさんの視点からの「真実」も語られそうな気がします。
      ベルトルさんの記憶は凄惨なものだろうから、アルミンが発狂しなければ良いのですが・・・

      おそらくマーレもエルディアも互いに残酷なことをしており、どちらが悪いのかわからない状態なのだと思います。

      今回の世界観は20世紀の歴史をなぞっているかのようです。

      飛行機が出てきたり、科学技術による兵器が従来の兵器を上回るというのは2つの世界大戦を思い起こさせます。

      収容所はナチスのものをモデルにしているだろうし、民族浄化はユーゴ内戦を思い浮かべます。
      (余談ですが、ユーゴ内戦の経験談が2010年頃2ちゃんねるにありました。長文です。アースさんがご存知かわかりませんが。
      http://www.2monkeys.jp/archives/cat_1047181.html

      投稿者は聞いた話からの創作だと言っていたようですが、実際にあったんではないかと思わせるものです。)

      異なる民族がいがみ合っているのはイスラエル・パレスチナの憎しみ合いに通じます。

      今後ルワンダの虐殺や、ポル・ポト政権支配下のカンボジアを元にした話が出てきたりしたら怖いな・・・。

      • 管理人アース より:

        えけせてさん!

        コメントありがとうございます!

        >ライベルアニがマーレの戦士として育てられたエルディア人の子供なのか、マーレの戦士として育てられたマーレ人なのか
        これは、分かりませんね。
        ただ、ライナーはアニとアニ父の事を「穢れた民族」と表現していました。
        ここからはライナー=マーレ、アニ=エルディアと考えられますが、確定は出来ませんね。

        >今回の世界観は20世紀の歴史をなぞっているかのようです
        そうですね。
        管理人アースは、ナチス時代が反映されているように感じました。
        作者の守備範囲の広さに驚嘆です!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    15. ゆっきー より:

      同時巨人化は察するに、8つのタイプのうち一つの家の特殊能力なのでしょう。調査兵団の交戦時にどうやってみつからずに、動かない状態の人間を数十人も配置したかは、ある意味でマンガ的なご都合主義かもしれません。

      4.フクロウについて
       クルーガー=フクロウ説もあるようですが、単純に7つの巨人のうちの一つの保持者と考えるのが相当かと。
       マーレも8人中7人を完全に取り込めたわけではなく、そのうち何人かは利益誘導しただけで、思ったよりもマーレの支配が過酷だったことで、失望した巨人もいるはずです。
       ちょっとクルーガー=フクロウは走りすぎでは?
       私の考察ですが、フクロウ=レオンハートではないかと思っています。
       アニ父は「自分は間違っていた」として「世界中から恨まれる」という選択をしたと思っています。その上、娘を本意でない「戦士」にしてしまったのだから。
       そしてアニの「私は戦士になりそこなった」もすべて繋がっているのでは?
       なお以前も書きましたが、アニの身長、体重の比率はアッカーマン一族並みに不自然です。そこからレオンハートは壁外に脱出したアッカーマンではという考察もしましたが、もう少し単純に、巨人化能力を持って大陸に残ったレオンハートと、巨人の力を持たずにフリッツ王に従ったアッカーマンと別れたのではないか?

      5.ダイナ=ダブルスパイ説
       この場合フクロウもダブルスパイでしょうが、少し考察します。
       ジークの密告は7歳の子供の行動としてはあり得るでしょうか?あるかもしれません。確かにナチスの収容所や、現代の北朝鮮などでも幼い子どもが親を密告というのは実際にある話のようです。
       ですが、もう少し自然に考えれば、息子を「戦士」なんぞにしたくない母親が「お母さんのことはどうでもいいから、マーレのおじさんたちにこういいなさい」と言って誘導することはあり得ます。
       ちなみに私の妻なら、息子を「老い先短い殺人鬼」にするぐらいなら、「親父は現実離れした理想を抱いた変なおっさん」だったと吹き込んで、親父を密告するよう仕向けます。
      (もう少し続けます。)

      • 管理人アース より:

        ゆっきーさん!

        コメントありがとうございます!

        >フクロウ=レオンハートではないかと思っています。
        なるほど。
        ということは、アニに格闘術を教えていたのは…打倒マーレの為と言うことでしょうか?
        たしかに理想ばかりを語る父=エルディア復権派とも繋がりますね!
        そうなると、「私が間違っていた」の意味が気になります…つまりはアニ父もグリシャと同じようにアニを戦士にするため送り込み、しかし直前で後悔ということでしょうか?


        管理人アース

    16. 無知性社会人 より:

      こんにちは。毎回楽しく読まさせていただいています。
      さて、どうしても気になったので投稿してみました。
      フリッツ王が壁に閉じこもったのが、グリシャの子供時代からみて80年前。
      一方、現在のエレンから見て、巨人が現れたのが107年前(単行本で確認すると解散式のセリフ)。
      するとエレン10歳のとき、102年前となり、今回のグリシャの年齢が10歳とすると、エレンはグリシャが22歳のときの子供となってしまいます。
      あれ、ジークが7歳になる暇がない・・・なんか勘違いしているのでしょうか?

      • 管理人アース より:

        無知性社会人さん!

        コメントありがとうございます!

        これ、考察部分にて考察しているので見てみてください!
        壁ドンがあった時は、エレンは10歳だったかな?

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    17. ゆっきー より:

      6.エレン=サウロン説
       ちょっとこれは物語の外の視点を導入しますので、違和感があるかもしれませんが考察を書きます。
       私は「座標」はトールキン「指輪物語」の「一つの指輪」と相似の存在だと以前にも書きました。下位の指輪の持ち主やその力をコントロールできる点からもそういえます。
       そして一つの指輪は本来の持ち主サウロン以外の所有者には完全には従わないという点もレイス家(=真フリッツ家?)にのみ完全にコントロールできるという点で似ています。
       さて、ではなぜエレンが持っていると確信した時にライナーは「最悪」と評したのでしょうか?
       エレンの血筋はグリシャとカルラの血です。ここでグリシャがカルラを選んだのは何故でしょうか?
       私はグリシャはフリッツ家と同様に座標をコントロールできる血筋を探したのだと思います。ロッド=レイスだけでなく歴代のフリッツ家に落胤が全くいないとは考えられず、そしてそれをなんらかの手段で識別する方法を獲得したのかもしれません。ひょっとするとダイナの何か(血か髪など身体の一部)を使って識別したのかも。やはり例の伝染病はどう考えても自演くさい。カルラが血筋を有していると判断できた時点で疫病を収束させたのかと。
       それがたまたまカルラだったのは多分に偶然でしょうね。

      7.エルディア人=悪魔説
       フリーダが「私たちは罪人だ」と鬱になるほど落ち込んでいたのだから、まあ民族浄化自体はある程度したのでしょうね。マーレ人が信じ込んでいるほどの規模だったのかは別として。ただ、ここでの「私たち」は「エルディア人」全体よりも「ユミル=フリッツ」の血をひくものと考える方が相当かと?
      まあ、1700年もの期間ですから、壁の中のエルディア人ほとんどすべてがそれに該当するのかもしれませんが。
       ただ、グリシャも思い込みが激しい人のようです。どちらがより「真実」に近いのかは
      作者次第でしょうね。

       とりあえずは以上です。また考察を書きます。

      • 管理人アース より:

        ゆっきーさん!

        コメントありがとうございます!

        >ここでグリシャがカルラを選んだのは何故でしょうか?
        カルラ・レイス説ですね!
        やはりここに落ち着くのでしょうか?

        >。どちらがより「真実」に近いのかは
        作者次第でしょうね。
        そうですよね!
        まだまだ、グリシャの主観だけでは難しいかなと。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    18. 進喜撃の阪神 より:

      こんにちは!
      私はフクロウ=ユミル説もあるかなと考えています。
      というのも、イルゼイーターがエルディア復権派のコニー似の青年である可能性があり、そうなるとユミルの容姿に反応していることからユミルとエルディア復権派には面識があると考えられるからです。

      時代的にみると「イルゼの手帳事件」は本編の2年前、つまりイルゼイーターとなった青年が数年間楽園をさまよった後ということになり、一応の整合性はあります。

      ただ、おかしいのはユミルが人間に戻った年がライベル少年時代だということ。
      ユミルの巨人時代は60年間ということなので、ここは辻褄があいません。
      この60年間という数字がウソか、もしくは「無知性でさまよった」のがウソで、元から知性巨人だった可能性もあります。
      また、フクロウは姿を見せなかった=「巨人の姿?」や「みんなの為に死んであげた」など、ユミルと復権派をつなげられそうな雰囲気もあります。

      ユミルはその名前や今後の展開のカギを握るような扱いを受けていることから、復権派あたりとストーリーを絡ませてくることも大いに考えられます。
      このあたり、アースさんの深い経験からご考察いただけると面白いのですがいかがでしょうか?
      以上よろしくお願いします。

      • 管理人アース より:

        進喜撃の阪神さん!

        コメントありがとうございます!

        フクロウ=ユミル説、面白いですね!

        >ユミルが人間に戻った年がライベル少年時代だということ。
        >ユミルの巨人時代は60年間ということなので、ここは辻褄があいません。
        仰る通り、ここが合わなくなりますね。
        そして、ユミルが「60年間、巨人になり彷徨っていた」という嘘をつく必要性がないので、やはりユミル≠フクロウだと思います。
        あと、ユミルに、内通者というイメージが合わなさすぎるというのも、「無いのでは」と思わせます。
        やはり、ユミルは「九つの巨人を誕生させた」という伏線回収にて、再登場するのではと。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    19. 進撃のjumbo より:

      今回もわかりやすいあらすじと考察ありがとうございました!!
      今回の話の展開は本当に衝撃的すぎました。頭の中がごっちゃになりながらも、少し考察を考えました。よければ聞いてください。

      主に9巻から12巻までの内容と今回とが直結してるようなところについて考察していきたいと思います。

      *まずは、9巻28話のユミルの「ニシン」についてです。このニシンという文字は特別な文字、すなわち大陸側の文字ということがわかります。

      *12巻47話の「さまよっていた」から、ユミルは60年前に「楽園」に送られたということになる。

      *また、12巻47話のベルトルトの「僕らの時もそうだったんだ」から、ベルトルトとライナーもユミルと同様に「楽園」に送られた人間ではないかとも考えられる。

      *そろそろユミルの「せー」がわかる頃…というのも、だいたい検討がついてきた。「せー」に当てはまる言葉はまだ見つからないが、大陸側の人間が敵だということはわかってきたので、だれか思いつかないかなー(笑)


      長くなってしまい申し訳ありません!!
      こう見ると、今回の話は意外なところと結びついていて面白いと思いました!
      また読み返していると「あっ」と思う点が見つかるかもしれませんね

      • 管理人アース より:

        進撃のjumboさん!

        コメントありがとうございます!

        >ユミルは60年前に「楽園」に送られたということになる。
        そうですね!
        ただ、「僕らの時もそうだったんだ」からは、巨人化時ではなくマルセルを捕食した時の記憶欠落についてですので、違うかもです。

        >ユミルの「せー」がわかる頃
        「ま―」だったら「マーレ」でしょうけどね(笑)
        まだ、ちょっと確定できませんね。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    20. 蒸しすぎた芋 より:

      こんちは。進撃の一般市民さんがおっしゃっていたアフリカ大陸&マダガスカル=マーレの大陸&パラディ島説で一つ気になるのですが、マダガスカルは雪降るんでしょうか?多少降るとしても雪山訓練の山ほどは積もらないのではと思い、ひょっとしてアフリカじゃないのでは?と考えました。しかしbeforethefallでアルファベット使っているのは、アフリカがヨーロッパの植民地になってた時代と関連してるかもしれないので気になります。あと璧内人類絶滅はマーレ人侵攻によるものになるのではと思いました。飛行船もあったので現実世界の戦争最盛期の少し前ぐらいの武器や設備は持ってそうな気がします。また、璧内人類の記憶を消したのは昔の技術を受け継ぎ、マーレ対璧内人類の戦争勃発をフリッツ王家が拒否したからではないでしょうか(恐らく違うと思いますが)?最後にナラカはどこにあるんでしょうね…長文失礼しました

      • 管理人アース より:

        蒸しすぎた芋さん!

        コメントありがとうございます!

        >マダガスカルは雪降るんでしょうか?
        標高が高いところは寒いようですが、雪は降らないようですね。
        ただ、上下反対になっているので、一概にマダガスカルと同じ環境と考えてよいのかは分かりませんが。

        >beforethefallでアルファベット使っているのは
        Angelですね。
        たしかに植民地時代の名残を感じさせます。

        >ナラカはどこにあるんでしょうね
        これ、登場して欲しいですよ!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    21. 家族 より:

      “マーレの戦士”に5才~7才のエルディア人の子供という条件には伏線がありそうですね。

      差別から解放されたいがために自分の子供を”マーレの戦士”に育てる(アニ父)のような者がほとんどだったんでしょうね。

      ジークはグリシャにエルディア復権の目的を教育されながらもマーレへの忠誠心や所属意識が強く芽生えて裏切ってしまったんですかね?

      “悪魔の末裔”は伏線回収ですね、マーレ側が過去のエルディアの所業からそう表現してるんですね。

      東洋人とアッカーマン家の伏線はまだ謎ですね

      あと9つに分ける前の”始祖の巨人”は現在の知性巨人の全能力を持っていたんでしょうか?

      • 管理人アース より:

        家族さん!

        コメントありがとうございます!

        >5才~7才のエルディア人の子供という条件には伏線がありそうですね。
        これは、ライベルアニ達故郷組の年齢の伏線回収になりそうですね。

        >自分の子供を”マーレの戦士”に育てる(アニ父)のような者がほとんどだったんでしょうね
        アニ父は、まだ何かありそうな気がしますね。
        「自分が間違っていた」という言葉は、「名誉マーレ人を目指した自分が間違っていた」ということなのでしょうか?

        >9つに分ける前の”始祖の巨人”は現在の知性巨人の全能力を持っていたんでしょうか?
        ああ、どうなのでしょうね?
        ユミルの手紙にて判明するのでしょうか?

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

        • 家族 より:

          レスありがとうございます。

          今後の壁内人類の動きがどうなりますかね?

          マーレの戦士に殲滅されるか征服されて差別されながら生きるか、エルディア復権勢力となってマーレと戦うか・・・

          エルディア人の罪悪感て自分達の祖先が侵略した民族に無理矢理子供産ませたりとか日本が韓国に従軍慰安婦の問題や中国に南京虐殺したとか絡まれてるのと同じような気持ちなんでしょうかね?

          とにかく壁内には初代王の切り札の超大型壁巨人軍団をエレンに操らせてマーレと対等に交渉できる立場になりたいですね?

          • 管理人アース より:

            家族さん!

            コメントありがとうございます!

            >今後の壁内人類の動きがどうなりますかね?
            やはり、始祖の巨人を何とか使えるようにと考えるでしょう。
            それにはヒストリアが絡んできますよね?
            あとは、ユミルの手紙に何かあるかもとも考えられます。
            もう少し先まで、おそらくあと2、3話内にユミルの手紙の内容が明らかになると思うので、そこからでしょうね!

            またコメントください!
            よろしくです!


            管理人アース

    22. 新喜劇の大学生 より:

      お久しぶりです、新喜劇の大学生です。
      考察が難しくて最近は読むばかりでしたが、今回は衝撃が色々すごかったのでコメさせていただきます。

      まず思ったのは、グリシャの故郷って意外と近代的ということです。
      特定の民族に腕章つけさせるとか、明らかにナチス時代のドイツを思わせますし…

      あと、グリシャって若い頃は随分アツい男だったんですね(笑)
      現段階ではわかりませんが、グリシャたちに情報くれてたフクロウって何なんでしょう。
      味方だと考えているようですが…
      翻訳ができたわけでもないのに、ユミルを信じるから!で突っ走るグリシャに驚きました。

      まだ二大勢力(2国)しか出てこないのですが、双方とも歴史解釈に主観が入りすぎていて、正しい史的運びが分かりません。
      この2国以外の国が出てくれば世界観がわかるのに…
      楽しみですね~

      あと、前に進撃世界ってどこらへん?の記事で考えた場所ともリンクしますが―

      やっぱり島とか隔絶された場所じゃないと、いくら壁があってもあの世界観は作れませんよね~

      フリッツ王は自ら島に引き籠もったようですが、今回は流刑地的な使い方もされているように感じました。
      ちょっと自分も考察かすったかな、と。(こら)

      マーレ…ラテン語で海。海洋国なのかな。
      反対語(?)はソル=太陽だったような。
      パラディ島…パラダイスに似てる気も。

      日本も江戸時代は流罪はあって、政治的に反抗的だった人とか流されたみたいですよね。
      隠岐とか佐渡とか。
      佐渡は金山があって潤ってましたが。

      辺境だし…で売っちゃったアラスカから資源が出たときロシアはちょっと悔しかったみたいですし、田舎も馬鹿にできないすよね(汗)


      今回は、今までの進撃っぽさがなくて不思議な感じがしました。
      ほんとに不思議が増えるばかりなので、またサイト頼りにしてます。
      長すぎるコメント失礼致しました!

      • 管理人アース より:

        新喜劇の大学生さん!

        コメントありがとうございます!

        >グリシャたちに情報くれてたフクロウって何なんでしょう。
        管理人アースは考察にもチラッと書きましたが、クルーガーかなと思っています。

        >マーレ…ラテン語で海。海洋国なのかな。
        反対語(?)はソル=太陽だったような。
        パラディ島…パラダイスに似てる気も。

        ソル=太陽は知りませんでした。
        ありがとうございます!

        東の海さんが「東の海はラテン語で『Mare Orientale』です。ラテン語でマーレです」とコメントくれています。
        パラディはパラダイスから来ていそうですよね!
        生き残れなかった兵士さんから「パラディ=パラダイスの古代ペルシャ語の語源は『壁に囲まれた』『壁を巡らせた』とする説が存在するようです。」とのコメントも頂いています。

        これからの展開も目が離せませんね!
        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

        • 新喜劇の大学生 より:

          やっぱり語源は考察したくなりますね

          ところで
          9つの巨人で思い出したのは、調査兵団の生き残りが9人だということです。

          まさかみんな巨人に…はならないですよね~(・・;)

          7つはマーレが持ってるのでした
          西洋で7つの~と言うと、7つの大罪を思い出しますが…?
          何か巨人の種類や名前と関係あるんですかね…

          あと
          マーレもユミルの民も西洋人っぽいですが、東洋人はどうなんでしょう。
          別の大陸にいる…のかな?
          なんか蚊帳の外感が。

          でも、第三者的な視点から西洋人2国の争いを見てるのなら、歴史の真実を導き出せるかもしれませんよね!

          グリシャたちは十字の傷を彫ってましたが、ミカサの入れ墨?の謎はどうなるんだろう…

          やっぱり、ヒロインのミカサや東洋人がこの謎のオンパレードを解く鍵になるんじゃないかなーと思います。

          • 管理人アース より:

            新喜劇の大学生さん!

            コメントありがとうございます!

            >まさかみんな巨人に…はならないですよね~(・・;)
            ということは…フロックも巨人!?(笑)
            フロックが獣になったら笑えます(笑)

            >なんか蚊帳の外感が。
            もしかしたら、客観的な歴史は東洋の一族のみが保有しているとか、そんな展開になったりするかもですね。
            ただ、壁内に逃げている時点で、ユミルの民の民族浄化により、東洋の一族もかなり追い込まれたでしょうが…

            またコメントください!
            よろしくです!


            管理人アース

    23. いち より:

      壁内の人からすると、
      脅威に怯えながらの
      籠の中の『平和』から〜
      外を覗いてみたら…

      真偽も判らぬ過去の事で
      無垢の現代人をセンミン化する
      非情な差別民が、
      攻めて来るトコロだった〜と知り…

      『籠の中に居ても、平和じゃないじゃん!』
      おもわず、ツッコミ入れるトコですネ(⌒‐⌒)

      • 管理人アース より:

        いちさん!

        コメントありがとうございます!

        >『籠の中に居ても、平和じゃないじゃん!』
        巨人よりも人間の方が怖い…と感じられる86話でしたよね。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    24. 何代にも及ぶ 憎しみの連鎖。
      そこに皮肉にも被さってくる、資源獲得戦争。
      まさに あの紛争の絶えない地域、そして
      現代社会にも繋がる 縮図が描かれている
      かのようです。

      様々な展開が考えられ、それらを 懇切丁寧に
      描いていたら、軽~く 「こち亀」を 抜いてしまう
      でしょう。
      それまで長生きできるだろうか?
      という新たな疑問が湧いてきました。(笑)

      (今はまだ 整理が付かないので、個々の
       ツッコミは 後ほどに…)

      • 管理人アース より:

        おおぞらバードさん!

        コメントありがとうございます!

        現実世界ではないのでしょうが、人類の歴史を描いているように感じますね。
        とくに、ナチス時代のドイツを思わせる描写が…

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    25. (追記)
      これほどの展開になろうとは、そこにはある意味
      方針転換があったのではと感じます。

      物語前半は 巨人の出現という、日常にトンデモない
      ことが起き 大騒動となる。
      しかし後半、そこには 驚きの真実が隠されていた。
      そして最期は、それらを包括した エンディングとなる
      のでは…
      まさに今、社会現象を巻き起こし 大ヒット中の
      「あの映画」に行き当たるのです。
      諌山先生も、ブログに 「あの映画」を いたく賞賛
      されています。 ので、それが方針転換のきっかけ
      とも感じるのです。
      アース団長も、ぜひ 「あの映画」を ご覧になって
      みてください。

      (よもや、タイムワープとか、パラレルワールドの
       手法を使ってくるのか?
       私の頭の中は、近頃 「あの映画」のことばかりで
       拙ブログにも いろいろと書いております。)

      • 管理人アース より:

        おおぞらバードさん!

        コメントありがとうございます!

        >よもや、タイムワープとか、パラレルワールドの
         手法を使ってくるのか?
        これに近い展開があると、管理人アースは思っています。
        最も最後の展開で、ですが。
        それまでに、キチンと伏線回収が行われ、最後に起きると思っています!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    26. 生き残れなかった兵士 より:

      更新お疲れ様です!
      びっくり展開ですね!!

      それで1番きになったのは、グリシャが十字の傷を入れていた際、お目ぱっちりな人がいます。
      彼、ミーナ・イーターじゃないですかね!?

      あともっと気になったのは、グリシャの妻であるダイナ・フリッツ。

      彼女は、カルラ・イーターにソックリじゃないでしょうか!?

      • 管理人アース より:

        生き残れなかった兵士さん!

        コメントありがとうございます!

        >彼女は、カルラ・イーターにソックリじゃないでしょうか!?
        これは、また考察しなきゃですよ!
        別記事にしようかなと!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    27. sukekiyo より:

      いつも更新お疲れ様です。

      今回の予想は誰にもできなかったのではないでしょうか…。
      初めて出てくる単語もありましたし。

      けれどグリシャの残した本の謎に触れる内容と幼少の回想など、これまでの考察に関わるいろんなポイントが含まれていました。
      グリシャ自身にも辛い残酷な過去があったことがわかり、壁の内側と外側ができた歴史的な背景がやっと見えてきました。
      今回もまたすごい展開です…。

      忘れていた頃にまさかの「フリッツ王家」の名前が出てきたことが一番意外でした。
      そうなるとレイス家の存在をまた改めて考える必要がありそうです。
      そして故郷の戦士達はまさに選ばれるべくして選ばれたのですね。
      壁の内側とは規模は違いますがやはり対になるような組織があったことが窺えます。

      初代ユミル・フリッツが「大地の悪魔」から巨人の力を得たという絵本の挿絵、以前ヒストリアがフリーダから読み聞かせられていたあの絵本と酷似しています。
      あの本も歴史を教えるための本だとするならグリシャ達が教えられた内容とは少し違うのかも知れません。

      ○初代ユミル・フリッツとユミルの民
      ○巨人大戦と9つに分かれた巨人の力
      ○エルディア復権派のメンバー
      ○マーレの内通者(フクロウ)は何者なのか
      ○パラディ島に埋蔵されている地下資源
      ○三重の壁の成り立ち

      など大雑把に見ても考えるポイントが沢山でてきました。
      復権派のメンバーの男性に数名、トロスト区に侵入してきた巨人と顔がよく似ている人がいるんですが…これってやはり楽園送りになったあとさ迷っていたことを表しているんでしょうかね。

      衝撃的展開で暫し思考が回転していませんが、落ち着いたらまた改めてコメントしに伺います(笑)

      • 管理人アース より:

        sukekiyoさん!

        コメントありがとうございます!

        >これってやはり楽園送りになったあとさ迷っていたことを表しているんでしょうかね。
        そうなのだと思います。

        ベルトルト大好きさんからは「グリシャの右にいる人はミーナを食べた巨人で、その後ろにいるのがエレンを丸呑みにした巨人、グリシャの左にいるのが初陣でミカサに殺された奇行種、その左にいるのがトーマスを食べた巨人、その奇行種の後ろにいるのがエレンの足を食べた巨人ではないでしょうか。」とコメントいただきました。

        生き残れなかった兵士さんからは「お目ぱっちりの人の手前にいる人は、ミタビを殺したミタビ・イーターでしょうね!!」とコメントいただきました。

        今回は本当に広くて濃い回となっていますよ!
        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    28. 生き残れなかった兵士殿、お見事です!
      確かに似ています。
      それに、前妻が後妻を憎んで殺してしまう
      という、ドロドロパターンでもあります。

      ちなみに、トロスト区攻防戦に出てきた
      巨人が、今回人間で描かれているという
      指摘が、他サイトにもありました。
      ただ、カルラ・イーター=ダイナ・フリッツは
      新事実なのではと思います。

    29. 進撃してやる! より:

      考察お疲れ様です。
      今回の話は謎が解決した気もするし、さらに深まった気もしますね。

      今回フリッツの名前が出てきたことに驚きました。フリッツは偽りの王と思っていたので。そうなるとレイスって何なんでしょうかね。レイスが実はフリッツということなのでしょうか。

      さらにベルベルトの『悪魔の末裔』発言もよくわからなくなりました。巨人になる人はエルディア人の収容区から選出すると言っています。そしてエルディア人はグリシャの父のように自分たちが悪魔の末裔であるという認識です。そうなると『腰抜け』や『裏切者』ならわかるのですが『悪魔の末裔』と言うでしょうか?超弩級のブーメランですから仮に「お前もだろ!」と返された場合何も言えなくなってしまいますよねw
      単純に考えれば洗脳に近いものをされていたんでしょう。5~7ですからね。ベルトルトがマーレ人というのは考えにくいです。孤児ならともかく親が子をわざわざ巨人にさせようとは考えないでしょうから。エルディア人から募ったのもそのためでしょう。

      あと私もフクロウ=クルーガー説を押します。グリシャに妹の件で交渉できると判断できるのはクルーガー以外に考えにくいです。フェイの死を報告しに行った時から目をつけていたんでしょうね。

      以上です。長文失礼しました。

      • 管理人アース より:

        進撃してやる!さん!

        コメントありがとうございます!

        >レイスが実はフリッツということなのでしょうか
        おそらくそうかなと思われます。
        このおかげで、ライベルアニが壁内を調べている時に、レイス家がフリッツ王家だと分からなかったのでしょうし。

        >ベルベルトの『悪魔の末裔』発言もよくわからなくなりました。
        ライベルは分かりませんが…例えば、巨人大戦で先祖がマーレ側についたことにより穢が取り除かれたと思っているとか…
        これも考察しなければ、ですね。

        >と私もフクロウ=クルーガー説を押します。
        ありがとうございます!
        これも別記事で考察したいです!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    30. 生き残れなかった兵士 より:

      あと追記で、お目ぱっちりの人の手前にいる人は、ミタビを殺したミタビ・イーターでしょうね!!
      まさかカルラ・イーターがグリシャの妻とか何とも因果な…まだ確定した訳じゃありませんが(笑

      しかし、グリシャ達のこの十字の紋章。
      やはり兵団の紋章バックにある十字と重なる気がします。
      やはり黒幕はフリッツ家なんでしょうか?

      憲兵団.調査兵団.駐屯兵団の兵団設立のバックにはフリッツ家が関わっていると予想しました。
      ウォール教のバックにあるのがフリッツ家であれば、再び又、あの老いた爺さんが登場するのでしょうか!?

      楽しみですね(笑

      • 管理人アース より:

        生き残れなかった兵士さん!

        コメントありがとうございます!

        >グリシャ達のこの十字の紋章。
        エルヴィン父の学校にもあったような…
        何かしらの意味がありそうですね!

        >、あの老いた爺さんが登場するのでしょうか!?
        あれは、正統なフリッツ家ではないですよね?(笑)
        やはり、フリッツ家はレイス家だったのかなと。

        カルラ・イーター、気になりますよね!
        う~ん、あり得ると思います!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    31. 考察王カメック より:

      全く展開が予想できない濃い一話でした。作者は、85話の地下室来訪が20巻末になるつもりだったらしいから、ひょっとして本来はこの件で21巻丸ごと使う予定ではなかったのではないでしょうか。四話のところを一話に纏めた理由は恐らくナンバリング考察の通りに26巻104話で終わらせる為だと思います。

      • 管理人アース より:

        考察王カメックさん!

        コメントありがとうございます!

        >ナンバリング考察の通りに26巻104話で終わらせる為だと思います。
        となると、あと2年続くのか…くらいになりますかね?
        ただ、それくらいには収められるかもですね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    32. 進撃の巨人もどき より:

      展開が急すぎていまいち理解できません(笑)。

      僕からは1つ。ダイナがカルライーターだとすれば、それがエレンの座標発動と何か関係がありそうですね…
      今回の話を受けるとどちらが本当の”正義”なのか分からなくなってきました…
      また後日じっくりとコメントしたいと思います。

      • 管理人アース より:

        進撃の巨人もどきさん!

        コメントありがとうございます!

        今回の話はややこしいですよね。
        皆さんのコメントを読むと、けっこう話を理解できるかもですよ!

        ダイナ=カルラ・イーターであれば第50話でエレンが座標発動したことに関わってきそうですよね。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    33. どうやら、「大地の悪魔」から 巨人の力を授かった
      時から、世界はパラレルワールドに 枝分かれした
      のではないでしょうか?
      ここから 現在の中東情勢のような世界が、並行して
      エルディア、マーレ、パラディ島としてパラレル世界に
      生じたのではと思うのです。

      そしてさらに(2000年後?)、戦いの果てに平和が
      訪れ 科学が発展するが、それが再び 「大地の悪魔」
      と結びつき、またもや混迷の世に…
      という ループが生じてしまう。

      「大地の悪魔」とは、人間の宿亜という 普遍的存在
      という気がします。
      その負のループから抜け出し、別の並行世界へと
      移行できるのかが、本作のテーマなのかと思ったり
      します。

      • 管理人アース より:

        おおぞらバードさん!

        コメントありがとうございます!

        そうですよね。
        「大地の悪魔」という言葉からは、どうしてもファンタジーな要素を感じますよね。
        管理人アースとしては、「大地の悪魔」がいるなら「川の悪魔」や「海の神」がいるのか、とか思ってしまいます。
        ループとも絡むのでしょうか?

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    34. こげみん より:

      今回の話ややこしいですよね

      結局、ライナー、ベルトルト、アニもエルディア収容所の子供だったんですかね?

      • 管理人アース より:

        こげみんさん!

        コメントありがとうございます!

        ライベルは違うと思いますよ。
        アニに対し「穢れた民族」と言っていたので、マーレ人でしょう。
        アニがエルディアかもですね。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

        • こげみん より:

          でもマーレの幹部っぽいオッサンが戦士はエルディア人の中から選び、
          その身内を名誉マーレ人にするって言ってましたよね

          • 管理人アース より:

            こげみんさん!

            コメントありがとうございます!

            たしかに、言っていましたね。
            となると、ライベルは「名誉マーレ人」で、アニはまた別口という可能性も…という事ですね!
            なるほど!あり得るかもです!
            面白い考察、ありがとうございます!

            またコメントください!
            よろしくです!


            管理人アース

    35. RTP より:

      いきなりの展開、やはり驚かされますね…
      今回僕が気になったのはパラディ島を永遠にさまよう巨人として、のところですね。これはやはり無知性巨人のことでしょう。となるとグリシャは無知性巨人だったという考えは当たりました。うれしいです(笑)
      となるとベルトルトなどはやはりグリシャとは違う部類でしょう。ベルトルトの悪魔の末裔、ライナーの悪の民族は間違いなく壁に逃げたフリッツ家などの事だと思えますね!
      また気になったのがグリシャが壁内人類に積極的だった理由もジークの裏切り?からでしょう…グリシャのキースに対する巨人に怯えてない発言の意味も自分が無知性巨人に鳴ったからこその発言なのだと思います。
      最後になりましたが毎回早い考察お疲れ様です( ̄∀ ̄)

      • 管理人アース より:

        RTPさん!

        コメントありがとうございます!

        >グリシャは無知性巨人だったという考えは当たりました
        同じくです!嬉しいです!(笑)

        >ベルトルトの悪魔の末裔、ライナーの悪の民族は
        もし、グリシャ父が言っていることが正しかったのであれば、1700年に渡り民族浄化を行っていたので、エルディア人全体が「悪魔の末裔」になるのかもですね。

        また考察ポイント見てみてください!
        よろしくです!


        管理人アース

    36. こげみん より:

      ジークの今の外見もおかしいと思うのですが。

      戦士を送り出して何十年も経っていない気がするんですが?

      • 管理人アース より:

        こげみんさん!

        コメントありがとうございます!

        ウーリ巨人でもそうだったのですが、巨人化により加齢が促進されているのではないかと思われます。
        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    37. アナベル より:

      アースさん、皆様、おはようございます。

      見たことある…と思っていたら、確かに!ミーナイーターやらカルライーターに似ていますね!
      1人だけなら偶然とも言えるでしょうが、複数描かれているという点はただの偶然ではないという証拠になりそうです。

      またちゃんと考察が出来たらコメントに来ます!

      • 管理人アース より:

        アナベルさん!

        コメントありがとうございます!

        流石ですね!
        管理人アースは、気付きませんでした(・_・;)

        ベルトルト大好きさんが、「グリシャの右にいる人はミーナを食べた巨人で、その後ろにいるのがエレンを丸呑みにした巨人、グリシャの左にいるのが初陣でミカサに殺された奇行種、その左にいるのがトーマスを食べた巨人、その奇行種の後ろにいるのがエレンの足を食べた巨人ではないでしょうか。」とコメントにて指摘されています。

        もう、本当にコメントで助けられています!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    38. コロダイ より:

      アースさん


      考察記事おつかれさまです!

      42話(ライ・ベル巨人化)を超える驚きを感じながら、読ませていただきました!


      素朴な感想なのですが、数々の不条理を描いてきた「進撃の巨人」。
      作者はこの86話で、物語自体を破壊しかねない巨大な不条理を自分の作品のなかで提示したと思いました。
      その勇気にとても感激しました。


      これで過去の進撃の世界観が崩壊するでしょうから、離れていく読者もでてくると思います。

      しかし、この作品はそれで良いのだと個人的には、思いました。

      諌山先生の言
      「万人に受ける作品は作りたくない」(うろ覚えです)

      という言葉を説得力をもって思い出した回でした。


      この物語がこれからどこへ行くのか、アース調査兵団のはしくれとして一緒に進撃していきたいと思いました!!

      • 管理人アース より:

        コロダイさん!

        コメントありがとうございます!

        >物語自体を破壊しかねない巨大な不条理を自分の作品のなかで提示したと思いました。
        この作者は、どこまでもどこまでも考え抜いて作品を描いているように感じます。
        その不条理さも、作者にとって必要な材料だったのでしょうね!

        >この物語がこれからどこへ行くのか、アース調査兵団のはしくれとして一緒に進撃していきたいと思いました!!
        おお、ありがとうございます!
        これからも共に進撃して行きましょう!
        最後の伏線回収前に、予想で当てたいと思っています!
        共に考察し続けましょう!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    39. ぱとりおっと より:

      グリシャは無知性巨人となってさまよっていたのなら、一体誰を食べて元に戻ったのでしょうか。。。

      九つの巨人は、
      レイス(エレン)、グリシャ、ユミル、ジーク、アニ、ベルトルト、ライナー、四足歩行で決まりですね。
      グリシャがレイスを食ったので八つに減っていますが(笑)

      アニはエルディア人もしくはハーフということになるのでしょうね。
      父がエルディア人で、マーレに従って戦士になるべく育成させていたがやはり俺が間違っていた…ということでしょうか。

      • 管理人アース より:

        ぱとりおっとさん!

        コメントありがとうございます!
        グリシャとエレンが同一ですので、まだ1体登場していないのかなと思いますよ。

        >アニはエルディア人もしくはハーフということに
        管理人アースもそう思います。
        アニ父がエルディア人っぽいですよね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    40. 海が見たい より:

      アース様、いつも楽しく考察を読ませていただいております。今回はあまりにも驚いたので今更ですが初投稿させて頂きました。

      皆さんのコメントを読んで、色々な考えがあるなぁ、面白いなぁと思っておりました。

      マーレですが、グリシャが幼い頃に飛行船が飛んでいるとなると、大人になって、巨人になって、何年か彷徨って壁内で20年くらい過ごしているとすると…今のマーレは案外、私たちの過ごしているような環境と同じくらいの文明が進んでいるのかなと思いました。

      この先の展開が見逃せませんね!楽しみです。今後も考察楽しみにしております!

      • 管理人アース より:

        海が見たいさん!

        コメントありがとうございます!

        >今のマーレは案外、私たちの過ごしているような環境と同じくらいの文明が進んでいるのかなと
        なるほど!20年以上経っていれば、かなり進んでいるかもですね!
        ただ、これまで壁内にマーレが攻撃をしてこなかったのも気になりますが!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    41. にこ より:

      これ『進撃の巨人』なの!?
      びっくりポンや!😱
      衝撃が強すぎて頭に何も入ってこない(@_@)
      え~~~~ん(汗

      別の漫画かと思った~~
      進撃の癖が凄い❗
      今年最高のattack on myself

      • 管理人アース より:

        にこさん!

        コメントありがとうございます!

        本当にそうですよね!
        グリシャとジーク以外、皆初登場ばかりですよ(笑)
        凄いですよね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    42. 記憶ナイチンゲール より:

      日頃より素晴らしい考察、ありがとうございます
      毎日、楽しく拝見させていただいております

      初めて投稿させていただきます

      ミカサ母がミカサに印をつけるシーン(2巻33P)に関してですが、何かで刃物のようなものが机の上にあり、もしかしたらエルディア復権派と同じバツマークが刻まれているのではないかと感じました

      そう考えると復権派であることが明らかになったグリシャとミカサ家が親密なのも意味がありそうですし、さらに深読みするとミカサ家襲撃も何か意図があるのではないかと思いました

      • 管理人アース より:

        記憶ナイチンゲールさん!

        コメントありがとうございます!

        刺青ではなく、バツ印の傷を入れたという意味ですね。
        となると、東洋の一族は代々、エルディア復権派に属しているという意味になりますね!
        う~ん、どちらかというと、東洋の一族はマーレにもエルディアにも迫害されているように、管理人アースは感じています。
        東洋の一族の伏線回収は、まだまだ先のような気がします!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    43. ベルトルト大好き より:

      (関係ないですがメールアドレス変えました笑)上の方々がもう書いてるかもですが、クルーガーがフクロウという説が出てますよね?もしフクロウだとしたら、彼はエルディア側の人間であることは明確ですよね。そこで疑問に思いました。4足歩行型巨人と顔が似ているような…。すぐに確認してみると、髪型や鼻、口などがそっくりだなと…。これはただ似ていただけでしょうか?偶然ではないような気がします。
      誰か書かれていましたらすいません。

      • 管理人アース より:

        ベルトルト大好きさん!

        コメントありがとうございます!

        >4足歩行型巨人と顔が似ているような…。
        だとすると、クールガーは、完全にマーレ側の人間ということになりますよね?
        う~ん、謎が広がります・・・

        別件ですが、トロスト区襲撃の巨人とエルディア復権派の顔が同じという考察、記事内で使わせてもらいました!
        ありがとうございました!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    44. 生き残れなかった兵士 より:

      もしかして、イルゼ・イーターとは、グリシャに声を掛けた青年でしょうか?髪型が同じなので引っかかりましたが…ユミルとあった事あるかは疑問ですかね…?
      だとするなら、この世界は60年前の人々になりそうです

      • 管理人アース より:

        生き残れなかった兵士さん!

        コメントありがとうございます!

        >イルゼ・イーターとは、グリシャに声を掛けた青年でしょうか?
        う~ん、どうでしょうか?
        これは60年前ではないと思いますが…
        考察部分に書いてありますので、見てみてください!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    45. 168cmの巨人 より:

      アースさん、考察お疲れ様です!
      いや~最新話読みました。島国と大陸、、、なんか、現実の世界感たっぷりで面白すぎます!進撃の巨人が御隣の国でも流行る理由がわかります!!
      さて、巨人対戦が過去にあり、また、民族同士の争いもあった中、巨人は戦争兵器として使われたってことになりますね。また王家に伝わっていた始祖の巨人(座標)の力も改めて必要だと再認識。ただ壁の中の人たちが、この話を聞いて果たして相手と和平を組むのか、それとも、また大戦に入るのか、わからなくなってきました。9つに分けた巨人の力。今のところ出てきているのが、座標、叫び、ヨロイ、超大型、毛皮(猿)、言語ってとこでしょうか?毛皮は無理あるかなwwでも、防御力高そうだし、風邪ひかなそうだしww
      叫びと座標は似ているが、ジークが叫びの力で使えているのは自分が巨人化させた巨人だけですので似て非なるものかと。
      そして、今回一番気になったのがフクロウ。多分、このフクロウ、知性巨人だと思ってます。内通者ということは、それだけの地位にいないと情報も貰えないだろうし、幹部クラスの戦士なのかも。もしかしたら現在のジークの上司かもしれませんね。

      • 管理人アース より:

        168cmの巨人さん!

        コメントありがとうございます!

        >9つに分けた巨人の力
        これは、エレンゲリオン、鎧、超大型、女型、ユミル、ジーク、四足(ユミルではなかったら)、レイス家の8つは明らかになっており、あと一体登場していないのかなと。

        >このフクロウ、知性巨人だと思ってます。
        おお、そう来ますかね?
        となると、グリシャが人間にも戻れたのは…

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    46. 言っちまえば「世界の記憶」? より:

      久しぶりの2回目の投稿です。ジークの見た目が老けていないか― に関しまして

      「80年前」 145代目の王がパラディ島に逃げる
      「107年前」レイス家初代王が壁中人類の記憶を改ざん
      (誤差はあるでしょうが)大体この2つのズレの期間、ジークは成長し、グリシャは(無知性巨人で?)老けなかった のではないかと思います。

      (現在、ネタバレ考察全話一覧の「86話」をクリックすると「85話」に飛ぶようです)

      • 管理人アース より:

        >(現在、ネタバレ考察全話一覧の「86話」をクリックすると「85話」に飛ぶようです)
        すみません。すぐに修正します!
        ご指摘ありがとうございます!


        管理人アース

    47. ハーデス より:

      アース様 お疲れ様です。
      取り急ぎ気になった点を箇条書にて。
      ①巨人化出来るのはエルディア人(ユミルの民)のみ(知性であれ無知性であれ)
      つまり、ライベル、アニ、ユミル、レイスも。
      ②9つの巨人の力の一つにエルディア人を無知性巨人に出来る能力がある(ジークですよね)
      ③フリッツの側近でザックレーに拷問を受けてた人物がマーレ人と思われる。

      取り急ぎこんな所です!
      すみません。

      • 管理人アース より:

        ハーデスさん!

        コメントありがとうございます!

        >巨人化出来るのはエルディア人(ユミルの民)のみ(知性であれ無知性であれ)
        これは、どうでしょうか?
        巨人の尖った耳と丸い耳は人種を表わしているのかなと思ったのですが。

        >フリッツの側近でザックレーに拷問を受けてた人物がマーレ人と思われる。
        これは、面白い(笑)
        回収されるとしたら、面白いですね!(笑)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    48. 東の海 より:

      アースさん、更新お疲れ様です。ありがとうございます。

      衝撃の86話、私もえっ・・(衝撃と混乱、のち)やられたー!でした。作者がいつか作品の世界をひっくり返すようなことをするのでは、とは思っていましたが・・。(いえ、まだ最終話あたりでするかもしれません。)
      早く本誌を読みたいですね。その後にコミックスでカルライーターやトロスト区巨人の皆さん、ジークや故郷組、グリシャ、ウーリやロッドのあたりを読み返したいです。進撃は謎が明らかになると、また違った見方が出来る、そんな楽しみ方があると思います。

      以前、アルミンの考察記事に書きましたが東の海はラテン語で『Mare Orientale』です。マーレ・・大国マーレとの関係は?
      私はグリシャは壁外のマーレのエルディアへの迫害、壁内のエルディアのアッカーマンや東洋人への迫害から、和解を目指していたのかな、と今のところは考えています。ウーリ(始祖の巨人)の願いも争いのない世界、そして世界のすべての民族の和解だったのでは。もしミカサがマーレ人ならエレンに座標(始祖の巨人の力)を託しミカサと一緒に和解へと導いてほしいと思っていたのかもと思います。
      今回は考察するポイントが多いですね。もう少し整理して考えてみようと思います。

      • 管理人アース より:

        東の海さん!

        コメントありがとうございます!

        >東の海はラテン語で『Mare Orientale』です。
        おお、マーレじゃないですか?
        マーレってラテン語だったのですかね?
        これ、「進撃の巨人 Wikipedia」で使わせてもらいます!m(_ _)m

        >エレンに座標(始祖の巨人の力)を託しミカサと一緒に和解へと導いてほしいと思っていたのかもと思います。
        良い考察ですね!
        ただ、グリシャが最後どのように考え動いていたのか…判明するまで気が緩められませんよ。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

        • 東の海 より:

          Mareはラテン語では マル と発音、
          イタリア語では マーレと発音するようです。間違っていたらすみません。

          グリシャはエレンからカルラの死を聞くまでは和解の方向で、カルラの死で母の仇をうてと壁外への攻撃に変わったように思います。(和解というか壁外での民族間対立の解決が頭にあったと思いたい私の願望ですね・・)

          マーレはパラディ島の化石燃料を使い軍事力を向上したいという方針のようですが軍事目的なのでしょうか。壁内にあるのは光る石(ドラえもんの地底のドライライトに似た石)と立体機動装置の材料になる氷瀑石と黒金竹です。巨大樹や巨人化にこれらの物質が関係していると私は考えていますが、実は壁外のこれらの物質が枯渇し巨人化に必要な注射液が作れなくなっているのでは。ジークの無知性巨人作成方法は今のところはっきりしませんが、知性巨人の継承には注射液が必要のようですし、もしも無知性巨人化に必要なら『楽園行き』の際に使用する時にかなりの数の注射液が必要、エルディア人反乱を抑える意味でも必要のように思います。
          軍事目的ならばシガンシナでのベルトルト巨人化の爆発の威力から核爆弾級の爆弾でもつくろうとしているのか。

          氷瀑石って現実世界ではメタンハイドレートの性質と似ていますね。参考にされたのかな。
          長文失礼しました。

          • 管理人アース より:

            東の海さん!

            コメントありがとうございます!

            >イタリア語では マーレと発音するようです。
            ありがとうございます!

            >カルラの死で母の仇をうてと壁外への攻撃に変わったように
            ただ、未だに「なぜ自分でやらないのか」と思いますよね。
            やはり、カルラがフリッツ家の血統なのか…
            それとも、エレンなら「座標」を使用できる何かしらがあるのか…意志の力?

            >化石燃料を使い軍事力を向上したいという方針のようですが軍事目的なのでしょうか
            核を連想させますよね。
            巨人の力を凌ぐ「燃料を背景にする軍事力」…核爆弾を連想させますよ。

            またコメントください!
            よろしくです!


            管理人アース

    49. 言っちまえば「世界の記憶」? より:

      久しぶりの2度目の投稿になります。ジークの見た目が老けてないか、に関しまして・・・

      「80年前」 145代目の王がパラディ島に逃げて、巨人大戦
      「107年前」レイス初代王が壁中人類の記憶を改ざん
      この27年のズレの分、グリシャだけが無知性巨人で年を取らずに、ジークたちは年を取ったのではないかと思います。

      幼少ジークの「猿」のおもちゃが、獣の巨人に似てるような気もします。

      • 管理人アース より:

        言っちまえば「世界の記憶」?さん!

        コメントありがとうございます!

        >この27年のズレの分
        これはつまり、現在のエレンたちの時代よりも27年前の事であったということではないでしょうか?

        ジークが触っていた人形は、獣ですよね(笑)
        意味深です。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    50. ベルトルト大好き より:

      何だか字が多すぎて今回は何度か読まないといけないみたいです…笑
      ところで、グリシャが十字を刻む時に周りにいる人達は以前も出てきている巨人ではないですか?
      グリシャの右にいる人はミーナを食べた巨人で、その後ろにいるのがエレンを丸呑みにした巨人、グリシャの左にいるのが初陣でミカサに殺された奇行種、その左にいるのがトーマスを食べた巨人、その奇行種の後ろにいるのがエレンの足を食べた巨人ではないでしょうか。
      なんだか顔が似ていると思ったんですけど…。
      そして、カルラを食べた巨人はダイナと上の方々も書いてますが、やはり女性がなっても女型の巨人のような体つきにはならないんですかね?
      元々男性のような体つきの巨人が多いそうですが、その中にも女性がなっている巨人はいるんでしょうか?まだ分かりませんが…。もしダイナだとしたら、エレンの座標の力が発動した事によって死んだということですよね。
      何だか複雑ですね…。こういう歴史があったと分かれば、アニやライナー、ベルトルト達は可哀想に思えてきます…泣
      更新お疲れ様でした!またよろしくお願いします!

      • 管理人アース より:

        ベルトルト大好きさん!

        コメントありがとうございます!

        >グリシャの右にいる人はミーナを食べた巨人で、その後ろにいるのがエレンを丸呑みにした巨人、グリシャの左にいるのが初陣でミカサに殺された奇行種、その左にいるのがトーマスを食べた巨人、その奇行種の後ろにいるのがエレンの足を食べた巨人ではないでしょうか。
        スゴイですね!
        ここまで気付かれるというのは、スゴイですよ!
        面白い情報、ありがとうございます!

        >もしダイナだとしたら、エレンの座標の力が発動した事によって死んだということですよね。
        そうなりますね!
        もっと言うと、王家の血をひくダイナに触れ、エレンの中にある「始祖の巨人」が発動したというようにも考えられます。
        この辺りは、考察の余地ありですね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    51. mady より:

      アース団おはようございます。思いがけない展開で頭が付いていかないのですが、ふと思ったことがあります。

      上でも仰ってる人がいるのですが、ジーク達故郷組は845年の壁ドン以前にも侵攻した事があるのではないでしょうか?約7年の無知性巨人期間があると思われるグリシャは、その時に戦士の一人を補食し、人間体に戻ったのでは?

      キースが巨人との遭遇率が低かったと言っていたのは、ウーリが壁を守るために他の巨人を呼び寄せていたとか(ウーリが老化するには何らかの理由で巨人化能力を使っていたと想われるから)その隣にケニーがいたら涙です…

      マーレ政府が七つの巨人の力をと言っている以上、故郷側コントロール下の巨人の力は七つで、壁内にまだ明かされてない巨人の力が1つ残されてる気がします。

      巨人の力と巨人化能力が同一でなければ、東洋の一族に代々伝わる何かが非常に気になります。

      • 管理人アース より:

        madyさん!

        コメントありがとうございます!

        >巨人の力と巨人化能力が同一でなければ、
        これは同一だと判断しています。

        >約7年の無知性巨人期間があると思われるグリシャは、その時に戦士の一人を補食し、人間体に戻ったのでは?
        そうなるのでしょうかね?
        としたら、本当に偶然の出来事ということになりそうです!
        しかし、約7年の空白期間を考えると…偶然捕食できたのでしょうかね?

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

        • mady より:

          ジークとライベルアニに20年位の年齢差が感じられるので(兵長-エレン位)その期間に何らのエピソードがありそうに感じます。

          力の器だけに子供が必要なら何年間毎に補食させて、総入れ替えにならないんでしょうか?それともジークが王家の末裔で、特別な存在だったから?

          • 管理人アース より:

            madyさん!

            コメントありがとうございます!

            >その期間に何らのエピソードがありそうに感じます。
            ありそうですよね!
            何か意味があるのでしょう!

            ジークはやはり王家の血を引いているということで、特別な扱いがあるのかもですね!
            「叫びの力」もそうですし、毛むくじゃらなのも…

            またコメントください!
            よろしくです!


            管理人アース

    52. こげみん より:

      隔離されて、腕章をつけさせられているエルディア人って、第二次大戦時のユダヤ人みたいですね。

      マーレの兵隊はナチスドイツの兵隊みたい。

      作者もそれを意識して書いているような気がします

      • 管理人アース より:

        こげみんさん!

        コメントありがとうございます!

        そのように感じますね!
        もの凄い迫害を感じました!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    53. 北斗無双 より:

      今回の話はとても予想外でしたね!

      エルディア→十字(キリスト)
      フクロウ→イルミナティのシンボル
      この都市伝説のようなものも関係あるんですかね?(笑)

      また以前のナンバリング考察にあった13という数字。
      キリストでは忌み数、ユダヤにとっては聖数であり、
      古代エジプト文字の象形文字でフクロウは13を表しているとのことなので、フクロウと104期生との関係性やつながりが今後気になりますね!

      • 管理人アース より:

        北斗無双さん!

        コメントありがとうございます!

        花の巨人さんと同一ですかね?
        面白い考察、ありがとうございます!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    54. コンロガス より:

      >アースさん
      グリシャが伝染病を治したタイミングを失念していました!すいません。ただ、そうなると年号が全然合わなくなるんですよね~。

      743年 壁誕生(現在から107年前)
      823年 「あの日」(壁誕生から80年後、グリシャ10歳前後)
      831年 エルディア復権派加入(グリシャ18歳)
      830年代前半 ジーク誕生(グリシャ20歳頃)
      830年代末  ジーク密告(グリシャ27歳、ジーク7歳)
      ~~~
      グリシャ無知性巨人時代?
      グリシャ伝染病を治す(約20年前)
      ~~~
      845年 シガンシナ陥落
      850年 現在

      なので、「壁が出来たのが、シガンシナ陥落から百年前」と「グリシャが伝染病を治したのが20年前」の少なくとも一方は(おそらく両方とも)、かなりアバウトな年数なのではないでしょうか!

      あと、私はグリシャが奇跡的に?誰かの助けにより?自力で?無知性巨人にされる前に脱出して、無知性巨人として徘徊せずにまっすぐ壁までたどり着いたという説を唱えます。エレンに打った注射を手に入れたのは実はそのタイミングだったと考えるのはどうでしょう!

      • 管理人アース より:

        コンロガスさん!

        コメントありがとうございます!

        素晴らしい考察です!
        この年表、良いですね!

        >「壁が出来たのが、シガンシナ陥落から百年前」と「グリシャが伝染病を治したのが20年前」
        その通りですね、
        なので、記事内のグリシャが無知性巨人だった時期の考察は、凍結しています。
        もしかしたら、壁誕生=巨人大戦ではないのかもしれません。
        例えば巨人大戦から初代王が壁を構築するまで10~20年かかったとしたら、ちょっと変わってきますよね。
        なので、現在ではこの辺りの考察は、難しいかなと思っています。

        >エレンに打った注射を手に入れたのは実はそのタイミングだったと考えるのはどうでしょう!
        エレンに打った注射はレイスから貰ったという可能性もありますよね?
        地下礼拝堂の場所も知っていましたし。
        まだまだ謎が残っていますね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    55. すぐる より:

      いつも楽み読ませて頂いてます。

      結果的にグリシャは始祖の巨人の力を捕食して、エレンに継承出来ています。これが結果オーライだった可能性もありますが。
      ジークの密告は裏切りではなく、復権派メンバーがパラディ島へ行く為の狙いだったのでは?

      • 管理人アース より:

        すぐるさん!

        コメントありがとうございます!

        >ジークの密告は裏切りではなく、復権派メンバーがパラディ島へ行く為の狙いだったのでは?
        面白いですね!
        となると、無知性巨人化させられる事は知らなかったという事になりますね。
        それとも、知っていて…(・_・;)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    56. ベルトルト大好き より:

      午前1時頃に北欧神話と作中に出てくる林檎についての投稿をしましたが、読んでいただけたでしょうか?
      やはりユミル、もしくは先祖は北欧神話のように林檎を食べて不老不死の力を手に入れたんですかね?北欧神話のWikipediaで調べてみたら林檎を渡しているような画像があったので…。
      どうなんでしょう?

      • 管理人アース より:

        ベルトルト大好きさん!

        コメントありがとうございます!

        >午前1時頃に
        すみません。これは見落としてましたねm(_ _)m

        不老不死と言うと、無知性巨人を思い起こしますよね。
        しかし、ここでのリンゴは無知性巨人を表わしているとなると、おかしいですし。
        もしかしたら、「無知性巨人を発生させる力」を持つ巨人の力を得たとかですかね?
        う~ん、謎です・・・
        ヒストリアの絵本の時は「巨人に知恵を与える、知性巨人を作る力」だと思ったのですが…

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    57. 香月夕呼 より:

      子供ジークが自分の親を売る展開に驚かされましたが、そこまでしたのは巨人化して誰かの記憶を継承した結果、まだ本編で語られていない世界の真実を知ってしまったのかもしれませんね。
      ベルトルトの「悪魔の末裔」発言が矛盾しているのも重要な情報が出てきたらあっさり整合性が取れるかも。
      そうなるとベルトルト食べちゃったアルミンは…?

      • 管理人アース より:

        香月夕呼さん!

        コメントありがとうございます!
        管理人アースは、ジークが密告したのはマーレ当局の「教育」によるものかなと思いました。

        >ベルトルトの「悪魔の末裔」発言が矛盾しているのも重要な情報が出てきたら
        ベルトルトの「悪魔の末裔」はエルディア人に対するものであり、エルディア人は1700年間民族浄化を行ったのですから、やむを得ないでしょう。
        そのベルトルトの記憶がアルミンに思い起こされた時は…辛いでしょうね。
        ただ、アルミンならゲスい部分もあるので、超えられるでしょう!(笑)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    58. ユグドラシル より:

      お疲れ様です。

      86話は予想もできない衝撃的な内容物でした。
      グリシャに妹がいて…妄想でも出てこなかったです 笑

      まだまだ頭の中が整理できてませんが、細かい考察はまた後ほどで 笑

      最終的には
      軍事力 対 巨人 になるのかな?
      タイトル通り
      まさしく『進撃の巨人』 笑

      • 管理人アース より:

        ユグドラシルさん!

        コメントありがとうございます!

        >86話は予想もできない衝撃的な内容物でした。
        本当にそうですよね!
        次話も予想しづらいですよ…(・_・;)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    59. からあげ より:

      アースさん、記事作成お疲れ様です!

      今回1つ気になったのが、

      フクロウから提供された歴史文献をグリシャが解読しましたが、
      古語が読めていないにもかかわらわず解釈していたことです。

      妹を殺されたことによるマーレへの感情的な恨み、「始祖ユミルを信じている」の理由だけで、都合よく解釈してしまったのではないかと思いました。

      グリシャの解釈は真実じゃないのではないか?と感じました…

      • 管理人アース より:

        からあげさん!

        コメントありがとうございます!

        >グリシャの解釈は真実じゃないのではないか?と
        そうなんですよね。
        ただ、これに気付くのは、どこで気付くのかなと。
        もっと言うと、どこでこの伏線が回収されるのかなと…
        すごく気になります!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    60. 花の巨人 より:

      エルディア人→十字の傷、キリスト教?
      内通者→フクロウ(イルミナティのシンボル)
      かの有名な都市伝説のような話も関係してきますかね?(笑)

      また以前ナンバリングの考察にあったように、13という数字が進撃の巨人ではとても重要です。
      フクロウは古代エジプト文字の象形文字で13を表しているとのことなので、
      104期生との関連・つながりが気になりますね!
      キリストにとって13は忌み数、ユダヤにとって13は聖数。
      今後の展開がとても楽しみです!

      • 管理人アース より:

        花の巨人さん!

        コメントありがとうございます!

        ナンバリング考察は、本当にアチラコチラに組み込まれていますね!
        今回の年数もそうですし…
        本当に考え込まれていますね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    61. つま先の巨人 より:

      始めましてアースさん。
      アースさんの考察面白くておおっなるほど!となります。
      「2000年後の君へ」は、グリシャからエレンへの言葉かな?と思ってす。
      ユミルの民や、民族の誇りを取り戻そうとしていることに盛大に酔っ払っているグリシャなら、思想を継がせようとしていると思われるエレンにそういった言い回しもしそうかもしれないな、と。

      地下室を見せようとしていましたし。

      • 管理人アース より:

        つま先の巨人さん!

        コメントありがとうございます!

        >「2000年後の君へ」は、グリシャからエレンへの言葉かな?と
        なるほど!
        ただ、そうなると「二千年」とは、何を指しているのか?ですね。
        ユミルの「大地の悪魔」からもらった巨人の力と、何か関係があると思うのですが…

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    62. ピザポテト より:

      ダイナフリッツとカルライーター似てません?

      • 管理人アース より:

        ピザポテトさん!

        コメントありがとうございます!

        これ、そう思いますよ!
        アルミンにも似ていて、一時期疑われましたが!(笑)
        ただ、あり得ると思います!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    63. アニが好きな一般人 より:

      いつも面白い考察ありがとうございます
      イルゼの手帳ででできた巨人は楽園に送られて巨人化したエルディア人で確定ではないでしょうか

      • 管理人アース より:

        アニが好きな一般人さん!

        コメントありがとうございます!

        >イルゼの手帳ででできた巨人は楽園に送られて巨人化したエルディア人で確定ではないでしょうか
        そうなのかもですが、「そばかすを見てユミルと発言した」事の回収がまだですよね。
        これには、どのような意味があるのでしょうか?
        もちろん、ユミルを知っているということなのでしょうが…
        ユミルの手紙の開示が楽しみですよ!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    64. カルラニクワレーター より:

      色々な考察が出ているので、2点だけ。

      ①四足歩行≠ユミル
       9つの巨人に関するイラストに四足歩行がいますから、もともとの巨人かなと思います。

      ②カルラ 王家の末裔説
       グリシャがダイナと結婚するくだりで、ダイナがグリシャに抱きつくシーン。これ、カルラの時にもありましたね。
       この、対比のさせ方は単に結婚だけではないように感じました。
       なので、結婚相手がカルラであったことに何か意味があってもいいと感じます。

      • 管理人アース より:

        カルラニクワレーターさん!

        コメントありがとうございます!

        >9つの巨人に関するイラストに四足歩行がいますから
        なるほど。
        ただ、この巨人がマルセル巨人でありマルセル→ユミル巨人になったという展開はありませんかね?

        >結婚相手がカルラであったことに何か意味があってもいいと
        カルラ・レイス説ですね。
        今となってはカルラ・フリッツ説の方が分かりかもですよね(笑)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    65. ピザポテト より:

      あと子供ジークが遊んでる人形が猿っぽいですね

      • 管理人アース より:

        ピザポテトさん!

        コメントありがとうございます!

        これ、何か意味深ですよね?
        猿になった原因?ということは無いと思いますが…

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    66. tonoma より:

      更新お疲れ様です!コメント多すぎて読むのを放棄しました笑

      ・あくまで希望ですが、次の記事で年表をかいて整理していただけると助かります!

      ・9つの巨人に魂を分けたってことは、2つの巨人(始祖、グリシャ)を持つエレンが、今後瀕死になった誰かに魂を分けて助ける展開もありそうですかね?

      ・マーレ政府は7つの巨人を持ってるなら、どうしてそのまま壁に侵入させないのでしょうか?
      子供のエルディア人に継承させる手間が不要な気がしますが・・・年を取るのが早くなりすぎて既に7人とも老人化してるんですかね?

      今後とも更新頑張ってください!楽しみにしてます!

      • 管理人アース より:

        tonomaさん!

        コメントありがとうございます!

        年表は作ろうかなと思いましたが、なかなか余裕ができなくちょっと厳しいです。
        メモ書きみたいな年表を作成なら出来るかもですよ。

        >どうしてそのまま壁に侵入させないのでしょうか?
        やはりレイス初代王の「幾千万の巨人の存在」を警戒しているのではないでしょうか?

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    67. ジョンフル より:

      コメントさせてもらいます。
      エレンの母ちゃん食った巨人、ダイナじゃ。。。?

      • 管理人アース より:

        ジョンフルさん!

        コメントありがとうございます!

        この考察はいろいろありますね!
        可能性はあると思いますが!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    68. ハンジさん大好き より:

      楽しく読ませて頂きました。

      一つ思ったのは、壁外の巨人が削いでも全滅しないので 
      ①エルディア復権派が一体何人巨人化されたのか
      ②今も巨人化されているのか
      ですね。


      来月からの展開が楽しみです!

      • 管理人アース より:

        ハンジさん大好きさん!

        コメントありがとうございます!

        リアルタイムでも、巨人化が行われているのかは分かりませんよね。
        たしかに、気になります!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    69. コンロガス より:

      はじめまして。こんにちは!

      私は、暦が気になりました。エレンたちのいる現在は850年で、壁内の歴史では840年頃の段階で今から100年前に壁が出来たと言われていたと思うので、それが正しいとすると740年頃に壁が出来、それから80年後にグリシャの妹が殺されたとなると「あの日」は820年頃の出来事になります。当時のグリシャが10歳くらいだとすると、828年頃18歳でエルディア復権派に加わり、830年頃に20歳前後でダイナと結婚してジーク誕生ということになるので、グリシャがエレンに注射を打って喰われたのは30代半ば、それから現在ジークは20歳前後というになりますね(想像していたよりも若い!)。また、マレーの戦士が5~7歳のエルディア人に限定されているとなると、アニ、ベルトルト、ライナーもジークと同年代という可能性もあります(想像していたよりも年長?ただし「数年をかけて選出」ともあるのでジークよりも遅くに選出されたのかもしれませんが。)。

      あとグリシャの妹が殺された年から1820年前にユミルフリッツが「大地の悪魔」と契約したとなると、それはちょうど暦上では紀元前1000年頃の話になります(物語に関係するかは不明ですが、この暦の0年は一体なにがあったのでしょうかね。)


      あとは1820年+30年=1850年ということで少し短い気もしますが、これが第一話の「二千年後の君たちへ」にどう繋がってくるかがとても気になりました。ライナーが持っていたユミルの手紙のタイトルという展開も予想されますが、ループ説との関係も捨てがたいです。

      • 管理人アース より:

        コンロガスさん!

        コメントありがとうございます!

        >エレンに注射を打って喰われたのは30代半ば
        いえ、グリシャが20歳で結婚していたとします。
        ジークが7歳で密告し、巨人化されるのでこの時点で27歳です。
        で、何年か壁外を彷徨いシガンシナ区へ来ます。その後結婚し、エレンが生まれ10歳になっています。
        ハンネスが20年前にグリシャが流行り病を治したと言っているので、少なくとも20年は壁内にいます。
        となると、グリシャは、37+数歳となりますね。
        ポイント考察で、この辺りは書いていますので、見てみてください!

        >これが第一話の「二千年後の君たちへ」にどう繋がってくるかがとても気になりました。
        この辺りも記事内に考察をアップしましたので、見てみてください!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    70. アルミン・ベルトルト より:

      みなさんの言うように、ダイナ・フリッツはカルラを食べた巨人と酷似していますね!

      きっとグリシャ本にはまだまだグリシャにとっての真実が書かれていると思いますが、今回は”進撃の巨人”の謎が沢山明かされ読んでいてとても面白かったです。

      要点をまとめますと
      1、グリシャはパラディ島でカルラと結婚する前に大きな大陸(名称不明)で既に家族を築いており、ジークはグリシャの息子だった
      2、初代巨人のユミル・フリッツは己の能力を9つの巨人に分散させた
      3、9つの能力の内7つはマーレ側に、2つはエルディア側にあった

      これらとは別に、逆に新たに謎となったのが
      1、1820年前に巨人の力を授けた「大地の悪魔」とは?(もしかして諸悪の根源・ラスボス的な存在?)
      2、マーレによるエルディアへの内部工作、それによる内戦、80年前の巨人大戦、フクロウの正体とは?
      3、パラディ島に眠る莫大な化石燃料とは?(今後の展開に大きく関係あり?)

      最新話で気になったのはこの辺りです。

      またここからは考察になりますが、アニライベルも生まれはエルディア側であった可能性が生じました。

      まず純粋なエルディア人であるジークが話の最後でマーレ側に付きグリシャ達を売りましたが、これには幼少ジークがマーレ側に改竄された歴史を刷り込まされ、エルディアが悪であるという洗脳を施された可能性があります。
      そしてマーレ政府はエルディア人の中から「マーレの戦士」を集いましたが、ジークと近い年齢(20~25?)に当たる同期であろう他の6人は本作品にこれまで登場してないように思います。
      つまり、マーレ政府は数年後にもエルディア人から戦士を集い、それがアニ・ライナー・ベルトルト他だったのではないでしょうか?
      そうなればジーク以外の六つの巨人の器は彼らに捕食されその能力が継承されたので死亡済み、本作品には未登場という説明がつきます。
      そしてユミルは巨人の器となったライベルの仲間を食べ、新たに器の仲間入り、と。

      また憶測になりますが、ユミルは以前クリスタに「お前と境遇が似ている」と言ってましたが、これはユミルがクリスタと同じく偽名を使って生きているからだと思います。
      ユミルがウドガルド城で正体を巨人とバラし、最後にクリスタへ「胸張って生きろ」と言いますが、これは自身へも言い聞かせているように捉えられます。
      つまり何が言いたいかと言いますと、これから近いうちにユミルの掘り下げ話があるんじゃないかなーと思いました。


      長くなりましたが、これからも進撃の巨人から目が離せませんね!

      • 管理人アース より:

        アルミン・ベルトルトさん!

        コメントありがとうございます!

        要点を上手くまとめられていますね!
        ありがとうございます!

        >アニライベルも生まれはエルディア側であった可能性が
        そうなんですよね。
        エルディア人しか巨人になれないのでは、という考察も見られましたよ。

        >ユミルがクリスタと同じく偽名を使って生きているからだと思います。
        しかし、第40話で「名前を偽って生きたりしない」ともユミルは言っています。
        この時の言葉は、信じてたいですね。
        ただ、ユミルの掘り下げは、ユミルの手紙開示で起きるのではと思います!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    71. 生き残れなかった兵士 より:

      パラディについて調べてみました。

      どうやらパラディは楽園を意味するようですが、パラディ=パラダイスの古代ペルシャ語の語源は『壁に囲まれた』『壁を巡らせた』とする説が存在するようです。

      島自体に、この壁の世界を記す事はかなり前から存在していた様ですね。
      二輪の薔薇の意味は『この世界は貴方と私の2人だけ』意味しますし、案外大昔から存在していたのは事実かもしれませんね。

      • 管理人アース より:

        生き残れなかった兵士さん!

        コメントありがとうございます!

        >パラディ=パラダイスの古代ペルシャ語の語源は『壁に囲まれた』
        おお、ありがとうございます!
        これ、どこかで使わせてもらうかもです!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    72. 今回も更新お疲れ様です!
      私は今回の話を読んで、進撃の巨人がドイツとの関係をより一層増したと思いました。
      収容区というのはドイツの歴史で出てくるヒトラーがユダヤ人を捕まえて労働をさせた収容所と似ていると思いました。(以前、アンネ・フランクさんの伝記を読んだことがあったので思い出しました)
      そして、この進撃の巨人は北欧神話に出てくる、巨人ユミルが関係しているという考察がよくあります。北欧はドイツとも関係があるようです。そしてなんと言っても登場人物たちの名前やモデルになった街。全てがドイツと関わってきますよね。
      そうすると悪魔の末裔とはドイツの歴史で言えばユダヤ人のことではないでしょうか。
      なので、これからドイツの歴史が大きく関わってくるのかなと予想しました!

      • 管理人アース より:

        巨大樹の森の動物さん!

        コメントありがとうございます!

        >これからドイツの歴史が大きく関わってくるのかなと予想しました!
        巨人開発の人体実験とか登場するのでしょうかね?
        う~ん、あり得そうな気もします!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    73. アッカーミャン より:

      私もこげみんさんに同感です。86話で明かされた世界観はナチス・ヒトラーによるユダヤ人への残虐行為や収容所に酷似したものが底流に流れていると感じられます。確かに我々が生きる現実世界とは全く異質ですが民族間の憎しみと争いが生み出した悲劇はこの現実世界を反映してますね。
      飛行船が出てきましたが、ナチス・ドイツが飛行船を開発していたことがイメージとしても重なります。

      ところで、ダイナ=カルライーターには少し疑問があります。なぜなら、グリシャがいかにして巨人化能力を手に入れたかが明かされていないからです。ダイナが巨人化能力者であったと考えるのが素直ではないでしょうか。そしてグリシャはダイナの能力を引き継いだと考えるべきではないでしょうか。
      また、マーレが9個の巨人のうち7個を手に入れたとしています。壁内に存在した巨人の力はフリーダ・レイスの有する1個のみですから、もう一つは壁外でマーレ以外の者が承継していたことになります。そうすると王家の血をひくダイナがその1個を承継していたと考えるべきではないでしょうか。

      ところでユミルの言った「せー」が気になってきました。

      • 管理人アース より:

        アッカーミャンさん!

        コメントありがとうございます!

        >グリシャはダイナの能力を引き継いだと考えるべきではないでしょうか。
        これも考えられますよね!
        ただ、クルーガーにも何か役割があるような…

        >ユミルの言った「せー」が気になってきました。
        この内容なら「マーレ」と言いそうですがね。
        違うようです…

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    74. 微知性巨人 より:

      アースさん初めまして。いつも楽しく拝見しております。

      ジークの年齢について疑問なのですが、グリシャ子ども時代と現在の時差が27年だとするとジークは27才以下にならないですかね?仮にグリシャが当時10才でその10年後にジークが生まれたとすると、17才?ただエレンが現在15才で7才以上年上のはずなので計算が合わないのですが、、。

      • 管理人アース より:

        微知性巨人さん!

        コメントありがとうございます!

        あ~、ずれていますね。
        ご指摘ありがとうございます!
        修正しますね!



        管理人アース

    75. のりんとん より:

      ダイナ・フリッツ→エレンの母を食べた巨人では?
      9つの巨人って知性巨人だとしたら、こんな感じかと
      <9つの巨人>
      1王家巨人→エレン巨人
      2グリシャ巨人→エレン巨人
      3獣巨人
      4鎧巨人
      5超大型巨人
      6女型巨人
      7ユミル巨人
      8四足巨人
      9?

      この流れだと知性巨人8体で大陸侵攻か?

      • 管理人アース より:

        のりんとんさん!

        コメントありがとうございます!

        9体の巨人のうち、8体はこうなりそうですよね。
        8体で大陸侵攻…面白いですね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    76. 普通の東洋人 より:

      「え? え? え? 何で(白目)?」としか…。

       東西ドイツ、朝鮮半島、旧ユーゴ内戦を彷彿とさせる故郷の実情が、おぼろげながら明らかに。
       ただグリシャの手記なので肝心の『世界の真実』に関してはあくまで『主観』なんですね。
       グリシャは毒親だったのか…。
       エレンがミカサを助けたときに、エレンの無鉄砲さを諌めていたので、いいお父ちゃんのイメージが抜けなかったのに。

      ①何故エルディア人は根絶やしにされなかった?
      ②何故「巨人の力」をエルディア人の子供たちに継承させた?
       戦士となった子達は家族を人質にされる形で、最期には次の継承者に食べられる運命が待っていたんでしょうけど。
       彼らがエルディア復権派に傾倒したり、レイス王と結託する危険性の考慮はされたはず。
       これはハーデス様の考察にあるように、巨人にはエルディア人しかなれない?
      ③そもそもレイス王が壁内人類の記憶を改竄した理由が一層わからなくなった。
       争いや迫害を逃れたその先で、新たな国家を樹立。 彼らの一部が実は『壁』にされたとしても、「民族の悲劇と尊い自己犠牲の上に成り立つ平和の歴史」として、むしろ巨人やマーレ人への憎悪を煽り民族への帰属意識を強めるために「語り継ぐ」はず。
      ④始祖の巨人の力がありながら、何故壁内人類はもうすぐ滅ぶ?

       いつもながら早い更新をありがとううございます、アース様。 …たぶん私読み終わった直後、エルヴィンが描いたロッド巨人の顔みたいになっていたのでは。
       読者全てを支配し操ることが出来る…『座標』を持っているのは諫山先生御本人かも。
       

      • 管理人アース より:

        普通の東洋人さん!

        コメントありがとうございます!

        >読者全てを支配し操ることが出来る…『座標』を持っているのは諫山先生御本人かも。
        上手いですね!
        素晴らしいです!(^^)
        こういう表現を感想で書きたかった…(笑)

        >②何故「巨人の力」をエルディア人の子供たちに継承させた?
        たしかにこれは感じました。
        エルディア人しか、巨人になれないなら辻褄は合いますね。
        となると、耳の形は人種ではない?
        …これは謎が深まってきました(・_・;)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    77. 臥の民 より:

      素晴らしい考察ありがとうございます!

      ダイナ・フリッツがカルラ・イーターに見えたのですが、これも何かの伏線でしょうか?

      • 管理人アース より:

        臥の民さん!

        コメントありがとうございます!

        伏線かもしれませんし、ミスリードかもですし…
        明日、それに絡んだ記事を公開しようかなと思っています!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    78. 進撃のガーナ人 より:

      こんにちは!コメント発投稿です( ̄▽ ̄)
      グリシャの無知性巨人時代がどのくらいだったのかを考えてみました。ユミル・フリッツが巨人の力を手に入れたのを0として時系列順に並べたので見てください。

      0 ユミル・フリッツが巨人の力を手に入れる

      1740 巨人対戦(パラディ島に壁ができる)

      1820 グリシャの妹が殺される

      (????) グリシャとダイナ・フリッツがジークを産む

      (????) ジークを (7歳)がマーレに密告して復権派が楽園送りにされる

      1827 グリシャがキースに発見される(今の20年前)

      1832 エレンが産まれる(今の15年前)

      1840 壁ドン (壁ができて100周年)

      1847 今

      巨人対戦の100年後に壁ドンがあり、エレンが今15歳で、グリシャがキースに見つかったのが20年前なので、このような時系列になりますよね。
      これおかしくないですか?
      グリシャが子供の時に妹を殺されてから、7歳のジークが密告するまで7年しかないことになりますよね。
      これはどう考えてもありえないので、本当は壁ドンは壁ができてから100年ピッタリではないのか、もしくはグリシャ父がグリシャに見せた本に書いてある歴史の年代が間違っているということなんでしょかね……

      アースさんの記事では、エレンが生まれて15年経っていることが考慮されてなかったのでちょっとずれているような気がしました! 僕が間違っていたらすみません笑

      • 管理人アース より:

        進撃のガーナ人さん!

        コメントありがとうございます!

        ユミル・フリッツを基準に考えた場合、壁ドン時は2000年になるはずではないでしょうか?
        ちょっと、この書き方だとよく分かりませんね。
        グリシャがキースを発見が1827年というのは、どこからの計算でしょうか?

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

        • 進撃のガーナ人 より:

          グリシャ父の発言から、パラディ島に壁ができたのは、ユミルフリッツが巨人の力を手に入れてから1740年後だということがわかります。
          その壁ができてから100年後に壁ドンがあったのなら、壁ドンは1840ということになります。
          壁ドンの13年前(いまから20年前)にキースかグリシャをはっけんしたので、1827という計算になりました。
          もしフリッツ王が、巨人対戦に敗北してから、パラディ島に壁を作るまでに10年ぐらい要しているなら辻褄が合う気もするんですが……

          • 管理人アース より:

            進撃のガーナ人さん!

            コメントありがとうございます!
            なるほど。
            すみませんm(_ _)m納得しました。

            >フリッツ王が、巨人対戦に敗北してから、パラディ島に壁を作るまでに10年ぐらい
            これ、違う方向から考えてもそう思いました。

            グリシャが父から「巨人大戦=壁を作る」が80年前に起きたと言われており、この時期は現在の本編では107年前となっています。
            グリシャはエレンに5年前に捕食されているため、この時から22年後には捕食され死亡することになります。
            しかし、その時から20年前に伝染病を治しているのです。
            …計算が合わないです・・・


            管理人アース

            • 進撃のガーナ人 より:

              なるほど、ちょっともうちょっとわかりやすくまとめてみました。

              823年 グリシャの妹が殺される(グリシャ10歳~12歳)

              ???年 ジークを産む

              ???年 ジーク (7歳)がマーレに密告して復権派が楽園送りにされる

              830年 グリシャがキースに発見される(20年前)

              835年 エレンが産まれる

              845年 壁ドン (壁ができて102年、エレン10歳)

              850年 現在(エレン15歳)


              グリシャの妹が殺され、グリシャ父がグリシャに歴史について教えているのは、アースさんの記事通り現在の27年前なので、年号でいうと823年になります。
              しかし、823年から、グリシャがキースに発見されるまでにたったの7年しかありません。グリシャが無知性になった時はジークは7歳だったので、どう考えてもおかしいですよね!! つまり、グリシャ父がグリシャに見せていた本に書いて情報が間違っているとしか考えられないです……

            • 管理人アース より:

              進撃のガーナ人さん!

              コメントありがとうございます!

              >グリシャ父がグリシャに見せていた本に書いて情報が間違っているとしか考えられないです……
              つまり巨人大戦が80年に起きたというのが、間違いということですよね。
              さきほどの「巨人大戦から10年後くらいに壁が出来たなら」というのを見て「それならまだ分かるかな」と思いました。
              つまり、グリシャ妹が殺されたのが823年ではなく813年とか…
              となると、グリシャがキースに発見されるまでに17年間が空くので…まだ辻褄が合わせられるかなとか。
              さきほどの進撃のガーナ人の考察のまんまのようですが(笑)

              またコメントください!
              よろしくです!


              管理人アース

            • 進撃のガーナ人 より:

              そうですね、やはり壁ができた年=エルディアが敗れた年ではないですね!
              そこで、ひとヒントになりそうなところを見つけたのですが、マーレ政府が戦士を集めると宣言した後、フクロウによって伝わった情報で、「80年前にフリッツ王が残した言葉があって、今後我らに干渉するから壁の中の幾千万の巨人が地面を平らにするだろう」というのがありましたが、もしこの時を壁ができた年だとするなら、これが約80年前ではなくピッタリ80年前だった場合、グリシャ父が「巨人対戦があったのは80年前」と言っていた時期とずれているので、壁ができた年=エルディアが敗れた年ではないということができますよね! わかりやすく表にまとめてみました!


              -1012年 ユミル・フリッツが巨人の力を手に入れる

              728年 巨人対戦でエルディアが敗れる

              743年 壁が築かれる

              785年頃 ユミルが無知性巨人になる

              808年 グリシャの妹が殺される(グリシャ10~ 12歳)

              818年 ジークを産む(グリシャ20〜22歳)

              823年 マーレ政府が戦士集めに動き出す

              825年 ジーク (7歳)がマーレに密告して復権 派が楽園送りにされる(グリシャ27〜29歳)

              〜グリシャ無知性巨人時代(5年)〜

              830年 グリシャがキースに発見される(20年前)

              835年 エレンが産まれる

              845年 壁ドン (壁ができて102年、エレン10歳)

              850年 現在(エレン15歳、ジーク32歳)


              -1012年 ユミル・フリッツが巨人の力を手に入れる

              728年 巨人対戦でエルディアが敗れる

              743年 壁が築かれる

              785年頃 ユミルが無知性巨人になる

              808年 グリシャの妹が殺される(グリシャ10~12歳)

              818年 ジークを産む(グリシャ20〜22歳)

              823年 マーレ政府が戦士集めに動き出す

              825年 ジーク (7歳)がマーレに密告して復権派が楽園送りにされる(グリシャ27〜29歳)

              〜グリシャ無知性巨人時代(5年)〜

              830年 グリシャがキースに発見される(20年前)

              835年 エレンが産まれる

              845年 壁ドン (壁ができて102年、エレン10歳)

              850年 現在(エレン15歳、ジーク32歳)

            • 管理人アース より:

              進撃のガーナ人さん!

              コメントありがとうございます!

              これはグリシャの無知性時代が5年だったらという前提での計算になりますよね?
              5年という間隔は、「これくらい」という感じで組み込まれたのでしょうか?

              またコメントください!
              よろしくです!


              管理人アース

    79. イチヒトデ より:

      カルライーターってグリシャの前の奥さんだったんですかね。
      顔が似てる気がする。
      あと、初期のほうに出てきた巨人も、復権派の人達と顔がちらほら似てる人がいますね。
      今回は衝撃でしたね。

      • 管理人アース より:

        イチヒトデさん!

        コメントありがとうございます!

        >カルライーターってグリシャの前の奥さんだったんですかね。
        たしかに、顔が似ていますね!
        だとしたら…スゴイですよ(・_・;)

        >復権派の人達と顔がちらほら似てる人がいますね。
        情報ありがとうございます!
        確認しますね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    80. ちちち より:

      アースさんお疲れ様です!
      前から少し気になっていたことがあります。
      スマパスの短編小説「ある町医者の記憶」の中でグリシャの話になりライナーが「町医者が内地に往診だと…そりゃ…」と何かに気づいた様子のところすかさずベルトルトが「…かなりの名医だね。そうだろライナー」と遮る場面です。
      これは「内地に往診する医者」=「それってあの人(グリシャ)じゃね⁉︎」という可能性に二人が気づいた…つまりライベルはグリシャを知っている…という事が考えられます。
      この事から今月の内容も含めて考察してみました!
      まずグリシャはあのままパラディ島に送られてたまたま知性巨人になる可能性はとてつもなく低いと思います。知性巨人7人はマーレの管理下、1人はレイス家、もう1人はマーレが取り込めなかった第三勢力(ユミルの民?)となっておりパラディ島壁外で出会う可能性が限りなく低いからです。
      どうやってグリシャは知性巨人になったのか?私はマーレと取引したのではないかと考えます。どのような経緯かわかりませんがグリシャは息子も妻も仲間もマーレに人質に取られている状況です。ここでマーレから「助かりたければ壁内に潜入して始祖の巨人を奪ってこい、または情報を取ってこい」というような条件が出されたのではないでしょうか?(結局仲間たちは楽園送りになりますが…)マーレがグリシャに目をつけたのは
      ①エルディア人である事
      ②医者であること
      の2点かと思います。
      ①はエルディア人であれば巨人になれる(確定はしていませんが)から
      ②はその職種から血液検査など特殊な検査が可能=王家の人間を特定できるから
      などが考えられるかなと思います。
      そして知性巨人の能力を得て壁内に入ったグリシャは医者として有名になり(やはり伝染病は自作自演?)内地に往診しながらフリッツ家を探りレイス家まで辿り着きます。そしてこの情報を何らかの手段でマーレにある程度伝えていたと思われます。だからジークは本当の王家がレイス家だと知っているとすれば少し辻褄があうかなぁと。
      一見マーレに下ったグリシャかと思われますが、実は反撃のチャンスを模索しておりその転機がカルラとの出会いだった。疫病事件の際カルラの出自がレイス家だと知ったグリシャはカルラと結婚までこぎつけエレンが生まれます。この息子に始祖の巨人が帰ればグリシャの悲願は達成される…とんでもない毒親ですね!笑
      ですが突然マーレ側が壁ドンで攻めてきたため急いでレイス家に行くも話し合いは決裂し力づくで始祖の巨人を奪って息子エレンに託した…
      とんでもなくぶっ飛び考察になってしまいましたがこんなブラックグリシャもありかなぁと思います笑
      長々と失礼しました。

      • 管理人アース より:

        ちちちさん!

        コメントありがとうございます!

        スマパス、読んだことがあり、少し引っかかっていた記憶はありますが忘れていました(笑)
        ご指摘ありがとうございます!

        >カルラの出自がレイス家だと知ったグリシャはカルラと結婚までこぎつけエレンが生まれます。
        やはりカルラ・レイス説に行き着きますよね。
        管理人アースも、結局はここになるかなと思います。
        ただ、マーレと取引というのは、スゴイ予想ですね!
        87話にて、分かるでしょうか?

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    81. ハーデス より:

      先程の③については「だが かつての大国マーレは増長を極めたエルディアに内部工作を挑み それがもたらした内戦でエルディアの弱体化に成功した」

      が少し気になりましたので。

      生前のエルヴィンが画策してクーデターを起こし、のちにザックレーに拷問を受けている時にフリッツの側近は「お前たちの血は奴隷の血だ」と言ってましたよね。私はあれがずっと気になってたのですが。つまり、戦争を放棄して島に楽園を築き独立を果たしたフリッツ王にもマーレの内部工作が及んでいたのではないかと。
      フリッツが表で、なぜレイスが隠れて始祖の巨人を継承してたのかも今ひとつ釈然としておりませんし。

      なんだか私一人変な所に引っかかってて申し訳ないです。

      • 管理人アース より:

        ハーデスさん!

        コメントありがとうございます!

        >「お前たちの血は奴隷の血だ」と言ってましたよね。
        なるほど。
        ここからの考察だったのですね!
        素晴らしい着眼点ですよ!
        こうなって来ると、あり得るかもです!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    82. 地下室の謎が知りたい より:

      いやー今回は予想は当てられませんね。急激な展開でしたが、色々な情報がわかりましたね。いつも単行本の表紙裏の地図を考察している者ですが、ちょっと変わった考察していたらもしかしたら伏線があるのではないかと思いました。

      それは9つの巨人です。地図には
      ①壁があり、エレンが住むバラディ島とマーレ政府?とエルディア人が住む大陸の地図。
      ②大陸側には巨人が7体いる。
      ③マーレ政府は7つの巨人を所有している。
      この地図の意味は巨人大戦もしくはグリシャが復権派でマーレ政府に抵抗していた時代の意味を表せるのではないかの伏線です。
      そこがわかれば逆カタカナの文字の意味もわかるかもしれません。

      もう一つアニメの後半ED2の壁画の巨人を数えていたら
      ①エレン側の壁画に5体
      ②ヒストリア側の壁画に2体
      ③ライナー、ベルベルト、アニ、ジーク、四足歩行型巨人。故郷組計5体。
      ④現在バレティ島でエレン達は戦っている。
      ⑤マーレ政府の七つの巨人を所有。
      あの壁画は現在の時間を表しているのではないでしょうか?
      そしたらED2のクルミはなんだろう?

      この考察はちょっと深読みなのでしょうか?

      • ハーデス より:

        地下室の謎が知りたい様
        とても高度な考察だと思いますよ。
        あと偶然だとは思いますが、調査兵団の生き残りも9人で内2人が巨人化能力者ですよね(^_^;)

      • 管理人アース より:

        地下室の謎が知りたいさん!

        コメントありがとうございます!

        >ED2のクルミはなんだろう?
        EDのクルミは、ヒストリアを表わしていると言われていますよね。
        壁画の考察、面白いですね!
        そこまで見ていなかったですよ!
        奥深すぎです!(笑)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    83. 予人 より:

      楽園へ送られたグリシャ達(復権派)。
      送られた者たちはすべて無知性巨人と化し、
      パラディ島を彷徨うことに…なるはずだった。

      そもそも9つに分けられた巨人の力は、
      7つがマーレに渡り、2つはマーレにはなかった。
      1つはレイス王が、1つはダイナ・フリッツの家系が保持していた。

      無知性巨人と化したグリシャは、
      無知性であるが故にダイナの持つ巨人の力を感じ、
      ダイナを捕食することとなる。
      結果、グリシャは一次的に短期記憶を失い、
      人間に戻り、キースに発見されることとなる。

      マーレに渡った7つの巨人の力は、
      戦士募集によって集められた子らに6つが与えられ、
      ジーク・ライナー・ベルトルト・アニ・マルセル・四足歩行が、
      始祖の巨人(レイス王の力)奪還へと動き出す。
      1つの力はフクロウが保持。
      奪還の過程でマルセルはユミルに捕食される。
      ライナー達がただでは帰れないとユミルが発言したのはこの為であり、
      失った1つを取り戻せば故郷に戻る理由になるからだとのことである。
      ちなみにユミルがクリスタを壁外に連れ出そうとしたのは、壁内に将来がなく、壁外であれば、王族として、巨人の力の器として、生きる道があったからである。
      ユミルはクリスタとは血縁関係にある。

      現在はマーレ側に、
      ジーク・ライナー・四足歩行・フクロウ・ユミル
      パラディ島に、
      エレン(ダイナ・レイス)・アルミン・アニ
      という構図である。

      • 管理人アース より:

        予人さん!

        コメントありがとうございます!

        >ダイナを捕食することとなる。
        この辺りは、明日公開予定の87話予想に重なりますよ!
        嬉しいです!

        >巨人の力の器として、生きる道があったからである。
        面白いですね!
        この辺りも、ユミルの手紙によって明らかになるかもですね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    84. おちゃ より:

      初めまして!いつも楽しく拝読しています。

      今回の展開、とっても驚きました!アースさんの考察更新がとても待ち遠しいです。楽しみにしています
      (o^^o)

      頭がこんがらがりそうなので、現在出てきた知性巨人をまとめてみました!現能力保持者→巨人名(特徴)で書いてます。

      ①エレン→座標、始祖の巨人?
      ②アルミン→超大型
      ③ライナー→鎧
      ④アニ→女型
      ⑤ユミル→元マルセルの知性巨人
      ⑥グリシャ→無知性から戻った時に捕食した知性巨人(現在はエレンに吸収)
      ⑦ジーク→猿の巨人
      ⑧?→四足歩行巨人

      ⑧はもしかすると⑤のユミルを捕食した巨人かもしれないので、現在分かっている知性巨人は7巨人でしょうか。
      知性巨人イコール9つの巨人なんですかね?

      あと、以前ジークはレイス王によって世界の記憶が消されたのは悲劇だというような事を言っていたように思うのですが、ジークはフリッツ王ではなくレイス王を知っていたのでしょうか?

      もう早く次号を読みたくて仕方ないです 笑

      • 管理人アース より:

        おちゃさん!

        コメントありがとうございます!

        >ジークはフリッツ王ではなくレイス王を知っていたのでしょうか?
        これは、ライベルから壁内の事を聞いたのかもしれませんね。
        リヴァイの事も聞いていますし。

        >知性巨人イコール9つの巨人なんですかね?
        そうだと思います。
        あとはフリッツ巨人=レイス巨人がいましたね。
        グリシャに吸収されましたが。
        で、①と⑥は同じ巨人と考えるべきです。
        つまり、
        マーレ側の7体の巨人=猿、女型、鎧、超大型、ユミル(マルセル)、四足(ユミルを捕食した巨人ではなかったら)、?
        残り2体=フリッツ=レイス家巨人、グリシャ巨人

        という事になるかなと。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

        • おちゃ より:

          コメント返信ありがとうございます!自分のコメントに返してもらえるのって嬉しいものなんですね!!感動です!

          説明不足で申し訳ないです、①のエレンがフリッツ巨人=レイス巨人という意味です。

          ⑥はグリシャが無知性巨人から人間に戻ってキースに会う前に誰かまだ話には出てきていない知性巨人を捕食したのかなと考えカウントしたので、①と⑥は別人の意味合いでした。
          どちらにしても、今レイス巨人も⑥の名も無き知性巨人もエレン一人分になってしまったのかな、、、

          あと、ライベルはレイス王家のことを知っていたのでしょうか?クーデターが起きる前に二人は調査兵団から離脱していましたし、ライナーはずっとヒストリアの事をクリスタと呼んでいるので、レイス家のことは知らないのだと思っていました。捕らえたユミルから何かきいたのでしょうか??

          長々とすみません(ー ー;)

          • 管理人アース より:

            おちゃさん!

            コメントありがとうございます!

            >今レイス巨人も⑥の名も無き知性巨人もエレン一人分になってしまったのかな
            そうですね。
            名も無き巨人は、近々名のある巨人になるのかなとも思いますよね!

            >ライベルはレイス王家のことを知っていたのでしょうか?
            これは、知らなかったっぽいですよね。
            12巻47話でも「クリスタはウォール教の重要人物だ」くらいにしか分かっていなかったので、レイス=フリッツと認識していなかったかもです。
            あ、レイス=フリッツかどうかも確定ではないので、レイス家が初代王一家であったかどうかを知らなかったのでは、という意味です。

            またコメントください!
            よろしくです!


            管理人アース

    85. 名も無き巨人 より:

      いつも楽しみに拝見させてもらってます、
      凄く面白いです!

      もしかしたら、復権派のメンバー巨人は、その野望の性質から壁に穴が開いた時に真っ先に侵入した、なんて事もあるんでしょうか…w
      後イルゼの手帳編のユミルの民との関係性も気になりますね…
      全く飽きさせない展開が面白いです!
      これからも楽しみにしてます、更新がんばってください!

      • 管理人アース より:

        名も無き巨人さん!

        コメントありがとうございます!

        >真っ先に侵入した、なんて事もあるんでしょうか…w
        あり得ますね!
        カルラ・イーターがダイナだったら、さらにですね!(・_・;)

        ユミルの民の巨人も、ユミルと面識があるでしょうから、ユミルの手紙を読めば、さらに何か分かりそうです!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    86. マイナス富岡 より:

      グリシャの最初の奥さん
      エレンのお母さんを食べた巨人に似てますよ!

      • 管理人アース より:

        マイナス富岡さん!

        コメントありがとうございます!

        そうですね!
        これ、明日公開予定の87話予想に書こうと思っています!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    87. 通りすがり より:

      いつもありがとうございます!

      グリシャは一体何歳なんでしょうか
      巨人の力を手に入れると老化が止まるとも思えませんし
      20年前の伝染病を治した後に結婚、エレンが10歳まで存命
      グリシャ18歳で革命組織加入、+7歳のジーク、イコール25歳・・・
      ということは55歳前後!?
      カルラも16歳位からバイト+20+10で46歳だったのかな(笑)
      ジークは37歳?
      ―と、しょうもない事を考えましたw


      壁の外側に攻撃を仕掛ける為の巨人だったなら外側に向くんじゃないかと思いましたが
      ウォール教の信者達も内側に腕組んでましたね・・・
      壁が崩壊したら内側の人間を鳥籠をつつくように食べちゃうんじゃないかと心配してましたが、守る為だったんですね。

      壁内が島で、今は陸続きになってるということは、グリシャの年齢も無視して彷徨い期間&壁の中の巨人=老化ストップと考えるべきですかね。
      謎が多すぎて、さっぱりです。

      いやあ、それにしても、ジークめ・・・!

      • 管理人アース より:

        通りすがりさん!

        コメントありがとうございます!

        >ジークは37歳?
        グリシャ、ジークの年齢は、管理人アースも同意です。
        カルラは分かりませんが、それくらいだったのでしょう(笑)

        無知性巨人化中は、老化ストップなのはユミルからも明らかなので、間違いないでしょう!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    88. ぽむ より:

      既出ですけど、やはり、復権派メンバーとシガンシナ区襲撃の巨人は似てますね。。
      最初の奇行種に似てるのも出てますし。

      • 管理人アース より:

        ぽむさん!

        コメントありがとうございます!
        まだ確認していませんが、これは面白いですね!
        確認します!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    89. コダヌキオタヌ より:

       初めて投稿させて頂きます。
       皆様の考察が素晴らしくて、毎回楽しく拝見し
      ております。まだ別マガ未読ですが、今回余り
      にも「????」な読後感故、思わず投稿させて頂き
      ました。

       今回嫌でも思い出すのが、映画『シ●ドラーの●スト』。腕章、壁、兵士、エルディア人の境遇、そして何よりも少年グリシャのあの叫び。聖書の時代より差別されてきたユダヤ人の方々の辛苦
      を考えさせられる場面でした。
       人種差別は決してあってはならない事ですが、
      描いていた諌山先生もキツかったのではと思い
      ます。
       強い個性のクルーガー。ああいった目つきの
      キャラは大好きです。(創作上ならですが。行動
      は全くのゲスですし)声は堀内賢雄さんに演じ
      て頂きたいです。←すみません、どうでもいい事
      ですね。
       実は、クルーガーが第三国のスパイであり、ダイナがフリッツ王家の末裔であるというのも偽装ではと考えました。(本物証明を提示したわけではなく、只の自己申告なので)クルーガーの様なスパイ達が感染症の様に第三国からマーレ国上層部に侵入し、ダイナを使ってエルディア復権派を煽動し、操る。パラディア島の資源と始祖の巨人の力を得る為に。用済みになったダイナ始めグリシャ達は流罪の後、巨人化。
       第三国がマーレ国よりも更に豊かで、マーレの国と民を植民地化か支配下に置いてあれば、
      偽の歴史を与え、洗脳する事も可能です。第三国に反抗させない為に、マーレ人よりも下位の
      身分の被差別対象としてエルディア人を存在さ
      せていたとしたら・・・と考えてしまいました。
      「壁内の世界もマーレも同じ。家畜の境遇に甘んじる民衆を操る羊飼いは厚い緞帳の向こうさ。フフフフ・・・・」
       等と言うつもりはありません。
       レイス家は第三国から派遣された総督の様な立場かもしれません。はっ!もしかするとクルーガーの姓は『レイス』だったりして!などと、どう
      しようも無い考察を長々と書かせて頂きました。
       多分この予測も大外れでしょう。画面を長々と使わせて頂きありがとうございました。
       失礼いたします。

       

      • 管理人アース より:

        コダヌキオタヌさん!

        コメントありがとうございます!

        >ダイナがフリッツ王家の末裔であるというのも偽装ではと考えました
        これ、あり得ますよね!
        王家ならではの資料も、クルーガーがどこからか持参してきたのかもしれませんし。
        ただ、「飛行船見て行けよ」と言ったクルーガーには、何かのポリシーというか、男気を感じたりもするのですが…
        彼には今後の再登場を期待してしまいます(笑)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    90. 新米兵士 より:

      お初です。
      大きな伏線が回収された回でしたね!

      個人的にはユミル(104期の方)の正体が気になっています。
      判明している事実を挙げると

      ・過去に一度みんなのために死んであげた
      ・生まれ変わったら自分のためだけに生きたい
      ・無知性巨人として壁の外を徘徊していた
      ・ライベルの仲間を食べて人間に戻った
      ・壁外の文明の文字を読める

      ってとこですね。
      特に気になるのが「死んであげた」発言。
      個人的な予想としては下記のような展開では。

      ・ユミルはエルディア人
      ・悪魔と契約を交わしたユミルの直系の子孫。もしくは生まれ変わり
      ・エルディア復権派のうちの1人だった
      ・よって楽園に送られて無知正巨人化
      ・5年前に壁を壊しに来たライベル達を襲って、彼等の仲間の1人を食べて人間に戻った

      そうすると、
      ・過去に一度みんなのために死んであげた → 初代ユミルの時に9つの魂を分けた時の記憶
      ってことになって辻褄あわないですかね。

      過去に死んであげた発言て他に説明つく展開ありますかねー…

      • 管理人アース より:

        新米兵士さん!

        コメントありがとうございます!
        ユミル考察、ありがとうございます!

        >ユミルはエルディア人
        これは、そう思いますよ。
        巨人時に耳が尖っているのは、エレン、グリシャ、ジーク、ユミルです。
        これらの共通点は壁外人であり、おそらくは「エルディア人」ということかなと。

        >・過去に一度みんなのために死んであげた → 初代ユミルの時に9つの魂を分けた時の記憶
        ってことになって辻褄あわないですかね。
        う~ん、初代ユミルの記憶を、何故ユミルが継承しているのかが謎になりませんかね?
        これも別記事で考察したいです!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    91. ウジウジしたジャン より:

      こんにちは。

      すごい展開ですね。本の内容はもともと想像もつきませんでしたが…
      外の世界では優雅なのはマーレ人だけなんですね。 壁内も同じですね。

      まず私は、アッカーマン一族や東洋の一族はエルディアでないから、迫害を受けたのですかね。ではなぜ壁の中にいれたのでしょうかね。

      そして、キース教官がクルーガー説ですが、それはチョットしっくりこない気がします。
      キース教官はずっと壁内にいて、長く調査兵団に居たはずですが、クルーガーはマーレの兵士だったようです。

      クルーガーがフクロウなのはありそうですが。 キース教官が壁内の内通者で、実はクルーガーとキース教官は兄弟とか……
      壁外調査と言う名目で、外に情報を渡しに出ていたのでは?

      どっちにしても、キース教官は嘘をついていることになりませんか? グリシャと出会った時のことです。
      無知性巨人だったグリシャが人間に戻った時の事実には沢山裏がありそうですね。

      しかし、キース教官が内通者だとしても、当時の調査兵団の団長ごときが、何を知り得たのでしょうか…
      憲兵団や中央憲兵ならまだしも…

      • 管理人アース より:

        ウジウジしたジャンさん!

        コメントありがとうございます!

        >キース教官がクルーガー説ですが
        これはあり得ないですよね。
        壁外調査に行く度に、マーレに行っていたのでしょうか?(・_・;)

        >キース教官は嘘をついていることになりませんか?
        ここは微妙ですよね。
        たしかにエレンに捕食された時にグリシャのちぎれた腕などを無視しているのも気になりましたが。
        ただ、ではキースがマーレの内通者かというと、どうもシックリ来ないですが…
        だいたいジークが立体機動装置を知らなかった時点で、内通できてないですよね?

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    92. 田中 より:

      知恵の実を渡された1820年,大戦の80年前って両方とも13で割り切れますね。

      • 管理人アース より:

        田中さん!

        コメントありがとうございます!

        1820は13で割切れますね!
        おお!
        これもナンバリングが・・・・

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    93. 地下室の謎が知りたい より:

      ハーデス様
      ありがとうございます。
      考察通りならヒストリア側の壁画は、今後エレン、アルミンが大陸に進撃するのかな?
      調査兵団9人は気づきませんでした!!

    94. PICA より:

      もう何がなんだか、、、 ですので
      考察はアースさん筆頭に 他の方にお任せです。

      私は、諌山さんが 今回の設定をいつ考えたのか知りたいですね。
      進撃の巨人を初めて描いた19歳? とか
      連載始まった当時から、このような設定をしていたのなら
      諌山先生って「ナニモノ?」 と 思ってしまいます。

      近代の世界大戦、ギリシャ神話、人間の組織社会 、
      人種・貧富による差別、洗脳する側される側(統治の為)
      そして 多分 現実とバーチャルの世界(ループ、時間軸、次元移動)
      人間の欲望、中年オヤジの哀愁、、、
      どれだけの要素が入っていることやら。


      世界は残酷。
      平和のためには 人も含め 損害、痛みも必要ということなのでしょうか。。

      とにかく この作品が 埋もれないで良かった〜
      パックさん、ありがとう!

      • 管理人アース より:

        PICAさん!

        コメントありがとうございます!

        諫山先生が、最初にバックさんに見せた原稿が「進撃の巨人 0巻」として世に出ています。
        進撃の巨人0巻のネタバレ考察あらすじまとめ!にて内容を書いていますので、見てみてください!
        この時点では、今ほどの奥深さは感じられません。
        こっからはやはり、バックさんの「編集者としての腕」を感じますね!

        またコメントください!
        よろしくです!



        管理人アース

    95. ナナナ より:

      ライナーがエレンに「そんな小さい事気にしてたら期待できない」的な事を言ってたのが引っかかるのでジークはマーレ側一辺倒じゃなく負のスパイラル自体を終わらせたいんじゃないかと‥

      • 管理人アース より:

        ナナナさん!

        コメントありがとうございます!

        これは46話でユミルがエレンに言った言葉の事ですかね?

        う~ん、ジークの気持ちまでは、まだ分からないですね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    96. ふぁんが より:

      フクロウの正体はクルーガー?

      • 管理人アース より:

        ふぁんがさん!

        コメントありがとうございます!

        管理人アースも、そう思いますよ!
        そして、グリシャを巨人から人間に戻したのも…

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    97. ウジウジしたジャン より:

      さらに、グリシャたちエルディア復権派がジークに密告され、楽園送りになった事は、グリシャの作戦だったのではないでしょうか。

      そうでもしなければ、収容区から出ることも叶わないエルディア復権派はマーレの戦士より先にパラディにはいけなかった。
      クルーガーとキースは内通しており、無知性巨人となった復権派を調査兵として外に出ることのできるキースが人間に戻した。

      そして、グリシャは壁内に潜り込み調査をしたり作戦をしたりする…

      ジークが言っていた特攻というのはこういうことではないでしょうか。

      • 管理人アース より:

        ウジウジしたジャンさん!

        コメントありがとうございます!

        >ジークが言っていた特攻というのはこういうことではないでしょうか
        おお、これは素晴らしい考察です!
        ジークに密告させたのは作戦という考察はありましたが、これを特攻の回収と考察したのは、初めて見ました!
        ただ、クルーガーとキースが繋がっているというのは、ちょっと凄すぎですね(笑)
        う~ん、面白いですが、どうでしょうか?

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    98. ごく普通の奇行種 より:

      今回はやたらと謎が増えましたね・・・僕が一番謎なのはフリッツ家と時系列、後、場所です。フリッツが王家ならなぜレイス家があるのか、なぜグリシャが調査兵団を知らないのか、島なのになぜ調査兵団は海を見ていないのかです。今考えがまとまってないので一応入れときます

      • 管理人アース より:

        ごく普通の奇行種さん!

        コメントありがとうございます!

        >フリッツが王家ならなぜレイス家があるのか、
        レイス家がフリッツ王家を替え玉で置いておく理由があるわけなので、名前を「レイス」に変えたのかもしれませんよね。
        となると、本当は「ヒストリア・フリッツ」かもです!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    99. ザックレー狂信者 より:

      はじめまして。
      本サイト、いつも楽しく拝見しております。

      アースさんや本サイトのファンの皆様の鋭い考察には到底かないませんが、今回私が気になった点を1つ。

      もともと1つだった巨人の力が9つに別れました。
      各巨人達はどんな最後を遂げるのだろうか?という点です。
      闘いを経て、皆戦死する?何名かは生き残り、互いの故郷でそれぞれの道を歩む?

      自分は物語の最後には巨人の力は1人のもとに収束するのでは・・・と予想しました。

      これからの闘いの中で互いが捕食される展開です。

      それぞれの巨人の持つ過去への想いが捕食者にどんどん濃縮されていき、最終的には悲しき歴史のスパイラルを止める為に最後の一人になった巨人は自らが封印される道を選ぶ・・・

      って、かなりの欝展開予想ですみません(^^;

      よろしくお願いいたいます。

      • 管理人アース より:

        ザックレー狂信者さん!

        コメントありがとうございます!

        >自分は物語の最後には巨人の力は1人のもとに収束するのでは・・・と予想しました。
        おお、すごい考察ですね!
        面白いですが、これがどこに収束するかですね。
        …エレンに?
        いや、ユミルにかな…?
        ということは、他のアルミンやジークは死亡するということになりますかね?
        これはこれで、キツイ展開になるかもですね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

        • ザックレー狂信者 より:

          アースさん、早速の返信ありがとうございます。
          大変光栄ですm(__)m

          この説なら、最後はエレンが全てを収める(治める)のかなぁと。

          エレンが知性を全て手にし、無知性巨人達を沈める(滅ぼす?)→最後の巨人となったエレンは巨人がすべて居なくなる未来の為に自ら封印→ミカサ「いってらっしゃい、エレン」

          ・・・の様な流れで。

          「巨人を駆逐する!!」と言うエレンの当初の目的が達成され、巨人の驚異が無くなるEDはどうなるかと言う観点から、この説を予想しました。
          また、巨人に纏る話を「畳む」と言う意味でもスッキリしたEDになるのかなぁと。
          (かなりメタな考えではありますが(笑))

          となると、アルミンやジークとも食い合いも考えられ、相当キツい展開になりえるでしょうね。

          しかし、今回歴史が明かされたことやお互いの持っている巨人の記憶が本人の意識に干渉する可能性が考えられる今、
          それらが起因し、心変わりからの裏切りや対立を生み出すのでは?
          ・・・思い、今回思い切った予想をしてみました。

          よろしくお願いいたします。

          • 管理人アース より:

            ザックレー狂信者さん!

            コメントありがとうございます!

            >エレンが知性を全て手にし、無知性巨人達を沈める(滅ぼす?)→最後の巨人となったエレンは巨人がすべて居なくなる未来の為に自ら封印→ミカサ「いってらっしゃい、エレン」
            これ、面白いですね~。
            管理人アースは、巨人駆逐に失敗してエレ瀕死亡→死亡直前でミカサのループ能力発動→「(過去に)いってらっしゃい エレン」かなと考えていました。
            ただ、自分を駆逐するために「いってらっしゃい」は良いですね!
            面白いと思います!

            またコメントください!
            よろしくです!



            管理人アース

    100. 超小型巨人 より:

      マーレ側の7体の巨人=猿・女型・鎧・超大型・ユミルほか2体
      残りの2体=始祖の巨人・グリシャの巨人といった感じだと捉えていいのでしょうか?
      もしそうだったら、あと2種類知性巨人が出てくるかもしれないですね。

      • 管理人アース より:

        超小型巨人さん!

        コメントありがとうございます!

        マーレ側の7体の巨人=猿、女型、鎧、超大型、ユミル(マルセル)、四足(ユミルを捕食した巨人ではなかったら)、?
        残り2体=フリッツ=レイス家巨人、グリシャ巨人

        ということかなと。
        残り一体の「?」巨人が気になりますよ。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    101. ふぉすく より:

      思ったんですけどグリシャが医者をしている描写がないですね…
      もしかしたらグリシャが無知性の時に食べた能力者は医者だったんでしょうかね

      あとエレンが座標の力を発動できたのは、王家の血を継いでいるダイナ(カルライーター)に触れたから ってことになりそうですねw

      残りの知性巨人と今後の展開がますます楽しみになってきました

      • ふぉすく より:

        すいませんグリシャが医者やってる描写ありました

        • 管理人アース より:

          ふぉすくさん!

          コメントありがとうございます!
          そうですね!

          またよろしくです!


          管理人アース

      • 管理人アース より:

        ふぉすくさん!

        コメントありがとうございます!

        >エレンが座標の力を発動できたのは、王家の血を継いでいるダイナ(カルライーター)に触れたから ってことに
        これも考えられますね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    102. シミダイ より:

      まず、進撃の巨人の舞台は島という事が分かりましたが調査兵団が海を見た事がないことから島は相当大きいということが分かります。
      そして巨人の力ですが最初、9つと言われていたのですが途中になって7つになるのはおかしくありませんか?
      つまり、もう2つは既に継承済みでもう7つはそれぞれエレン、アルミン、ライナー、アニ、ジーク、四足歩行型、そしてユミルの中に宿っているのではないかと思います。そして同時にユミルをカウントすることでこれはユミルが生きている伏線なのではないかと思います。そして残りの2人がこの話のラスボスなのではないかとも思います。今回でユミル・フリッツという名前が出てきたり王家と言っていることから(まあ、もしユミルが実名ならの話なのですが….)
      そうなるとレイス家が真の王家という事実が矛盾してしまいますよね。
      アースさんの意見をお聞かせ願います。
      長文失礼いたしました。

      • 管理人アース より:

        シミダイさん!

        コメントありがとうございます!

        >9つと言われていたのですが途中になって7つになるのは
        これは、巨人化能力が全部で9つあることを表わしています。
        7つというのは、マーレ帝国に従った巨人化能力者のことを表わしています。
        つまり、2人の巨人化能力者がマーレ帝国に従わなかったということですね。
        一人はフリッツ=レイス家ですよね。
        もう一人は…グリシャが捕食した巨人化能力者なのかなあと。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    103. ハーデス より:

      何度も本当にすみません。
      知性巨人の絶対数が「9」と断定されつつありますが、7つの内の、鎧、超大型、獣、女型、ユミル、あとは、四足とそしてフクロウではないかと。。
      それにも増して、後の2体をエレン一人が持ってる事になるのが興味深いです。

      • 管理人アース より:

        ハーデスさん!

        コメントありがとうございます!

        フクロウ巨人説は面白いですね!
        これは考察する予定です!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    104. ソフィ より:

      アースさん、いつもながらお疲れ様です。

      フクロウが象徴するものを考えてみました。
      有名なのは、ギリシャ神話の女神アテネの象徴、ひるがえって知恵の象徴です。
      以前から出ているリンゴやクルミとどう関わっているのでしょう。
      また、東洋では、母鳥を喰らう、不幸の鳥と考えられているようです。
      進撃が親殺しを大きなテーマにしていることと繋がるのでしょうか。

      私の受けた感じでは、エルディナ人はフクロウに騙され操られているように思うのです。エルディナに知恵を授けつつ、その実内部から崩壊させようとしているのではないでしょうか。

      それにしても、エレンの直情径行ぶりは、まんまグリシャゆずりなんですね。
      グリシャのユミルを信じてる!という無茶苦茶ぶりは、トロストで超大型に立ち向かっていったエレンの無鉄砲ぶりを思い出させられました。
      瞳に宿す牙ってことなんでしょうね。

      • 管理人アース より:

        ソフィさん!

        コメントありがとうございます!

        >進撃が親殺しを大きなテーマにしていることと繋がるのでしょうか。
        そうですね~。
        内通者に「フクロウ」というニックネームは合っていそうで、しかし違う意味がありそうですよね。
        その正体がクルーガーなのか、はたまた全く違う誰かなのか…
        これも気になりますよ!

        >エレンの直情径行ぶりは、まんまグリシャゆずりなんですね。
        ですね!
        キチンと意味がわかっていない古語を訳せなくても分かると言ったり…
        かなり無鉄砲ですよね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    105. ヒロ より:

      ダイナが潜在巨人でグリシャがダイナ食ったパターンも考えられるかな

      • 管理人アース より:

        ヒロさん!

        コメントありがとうございます!

        これは考えました。
        もしくは、フクロウ=クルーガーであり、彼が何かしらの方法でグリシャを人間に戻したか…

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    106. より:

      耳の話ですが、
      エルディア人かそうでないかで分けるとエルディア人であるはずの徘徊巨人の耳が尖がってないと変ではないでしょうか。

      耳が尖っているのは単純にユミルの家系で、
      グリシャ、エレン、ジークはユミル系譜の子孫であるという方が自然だと思います。

      もし座標を使えるのがユミル系譜のみだとすると、
      丸耳のフリーダ巨人は実は力を使えなかったのかもしれません。
      血が薄まってしまったか、もしくは何か一悶着あったか。
      記憶を継承できるのに練度云々でグリシャに負けたという事から既に何かおかしいですし。

      まぁ、単純に使った巨人薬の種類で耳が違うという事も考えられますが。

      • 管理人アース より:

        耳さん!

        コメントありがとうございます!

        >耳が尖っているのは単純にユミルの家系で、グリシャ、エレン、ジークはユミル系譜の子孫であるという方が自然だと思います。
        なるほど。
        たしかに、無知性巨人がほとんどエルディア人と分かったので、それらの耳が丸型の時点でおかしいですよね。
        となると、ユミルの系譜となる…
        ということは、エレンはユミルの子孫ということに?(・_・;)

        面白いですね!
        素晴らしい考察コメント、ありがとうございます!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    107. たかのすけ より:

      アース様、いつも楽しく、そして感心しながら拝読させて頂いてます。
      私もクルーガーがフクロウという説に一票投じたいと思います。
      クルーガーはドイツ語で賢いと言う意味、フクロウはまさしく知恵の象徴。
      クルーガーこそ元エルディア人の名誉マーレ人で最後の知性巨人持ち。
      グリシャが楽園送りにされた際、無知性巨人になったグリシャに年老いてしまった自分を
      食べさせた、、、エルディアの復興を願ってなんて妄想しています。

      • 管理人アース より:

        たかのすけさん!

        コメントありがとうございます!

        >クルーガーはドイツ語で賢いと言う意味、フクロウはまさしく知恵の象徴。
        おお、素晴らしい考察ですね!
        クルーガーがフクロウの正体説は、けっこう指示されている感じですね!
        嬉しいです!(^^)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    108. ふじこ より:

      ライナー達はパラディの先住民だったり?

      • 管理人アース より:

        ふじこさん!

        コメントありがとうございます!

        ライベルはマーレ帝国人だと思いますよ。
        マーレがパラディの先住民なのかもしれないですが。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    109. トーマス より:

      衝撃の展開でしたね!

      私の疑問点はパラディ島に壁を作った当初から、シガンシナ区などの壁から飛び出た区はあったかのかなと。
      パラディ島に逃げ込んだ時には無知性巨人が既に大勢いたから突出区を作ったのか、3重壁を作った後にマーレが送り込んで来たから突出区を作ったのか。
      そもそも幾千万人を利用して壁を作った王が壁内にいるなら無知性による壁の突破はいかようにも対応できるでしょうから、突出区の意味もよく分からなくなってきました。

      また、幾千万人もの人間を壁巨人として利用することよりも避けなければならない戦いとは、守るべき圧倒的少数の壁内人とは何なのでしょうね。

      グリシャノートの歴史も一部は正史ではない気がしますね。

      • 管理人アース より:

        トーマスさん!

        コメントありがとうございます!

        >幾千万人もの人間を壁巨人として利用することよりも避けなければならない戦いとは、守るべき圧倒的少数の壁内人とは何なのでしょうね。
        これは本当に謎ですよね。
        本当に単に「楽園を作りたかった」だけなのか…
        ただ、壁は巨人から守るために作られたように、ダイナが說明していた本に、書かれていましたね。
        2016-10-07_033040

        「進撃の巨人」第86話「あの日」より


        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    110. 生き残れなかった兵士 より:

      しかし壁内潜入で、フリッツ王を刺激しない様にとなってます。
      しかし大胆に扉を壊すくだりは何とも(笑

      考えられるのはベルベルトとライナーの私情もあるのかとも考えてましたが…
      ベルベルト達の目的は『壁内人類殲滅』だと言っていました、壁内に住む反エルディア教育を受けて、個人による反エルディア感情で攻撃したとも思いますが…。

      もっとも1番可能性があるのはマルセルが死亡して、侵入する役割が狂ったからとも言えます。
      もっとも超大型巨人だから横暴なやり方で侵入出来たと思います。

      ただミカサ外伝で振り返ってみると超大型巨人の奇襲は存在しません。

      私はループした世界で、ベルベルトは死亡したことあると言いましたが、やはりその世界でもベルベルトも死亡しており、壁の補強作業も終えていた為にライナー単独で壁を攻撃したが通じずに終わったと思いました。

      侵入するには、マルセルとベルベルトの力が必須ですが、本来の役割はマルセルの力だと考察します!


      最近ミカサの頭痛とループ(リセットされた)世界の考察を交えて考えてますが、中々難しいですね…。
      また一巻のミカサの発言で『 エレンは私と一緒にいないと早死にする 』ですが、この時点でミカサは様々な章を渡って三回やり直しているかもしれません!!
      まとめ次第アースさんに相談したいです。

      それとグリシャがミカサに対して『その力からエレンを守れる』台詞は、かつて妹を守れなかった自分にはない可能性を見出したのかもしれませんね。
      自身の妹とミカサと、自分とエレンを照らし合わせたのでしょうか?何とも言えませんね…

      • 管理人アース より:

        生き残れなかった兵士さん!

        コメントありがとうございます!

        >本来の役割はマルセルの力だと考察します!
        ユミルの素早さから見て、壁を登り、内側から門を開けるという方法だったのかもしれませんね。
        とすれば、刺激せずに入り込めたかもしれませんね!(笑)

        >かつて妹を守れなかった自分にはない可能性を見出したのかもしれませんね。
        たまんないですね…(・_・;)
        エルヴィンの一生を決めた「父親の仮説」では父を憲兵に差し出してしまいました。
        グリシャは、自分の甘さから妹を死なせてしまいました。
        二人の背負っていた業は…キツイですね(-_-;)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    111. 進撃のjumbo より:

      2度目のコメントになるんですが…
      今後の予想として一言…

      根拠もないんですが、次章はもしかしたら「第二次巨人大戦」的な展開になると面白いなと思います!マーレ政府VSパラディ島民!!今後が楽しみですね♪

      • 管理人アース より:

        進撃のjumbさん!

        コメントありがとうございます!

        >マーレ政府VSパラディ島民!!
        これ、スゴイですね!
        しかし、エルディア復権派は皆巨人化してしまいますが…

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    112. 動物好きの巨人21 より:

      どうも、今回かなりの衝撃を受けた動物好きの巨人でございます。「これ本当に進撃の巨人!?]って思ってしまうほど、近代的で人類が優雅に暮らしている世界でした。しかし、グリンシャたちエルディア人の扱いはひどかったようですね。ユミル・フリッツのせいで…。  しかし、事の元凶は紛れもなく「大地の悪魔」そいつです。それが何者なのか全くの謎ですが、科学者なのかそれとも本当の魔物なのか…。もしかしたら、エレンや他の巨人、人類、それらすべての敵がその悪魔で、この物語のラスボスがそいつなのかもしれませんね。すべての戦う者たちが一つになり、本当の悪と戦う、まるでファンタジーですが、このような展開が最も熱いと思います。やはり、世界の人類全てが被害者でしたね。

      • 管理人アース より:

        動物好きの巨人21さん!

        コメントありがとうございます!

        誰が元凶なのか?何が元凶なのか?
        これは難しいですね。
        今回の見方だとマーレ帝国人がひどい、とも見えます。
        しかし、ジークから見ればグリシャがひどいですし。
        巨人化能力を手に入れたユミル・フリッツが元凶とも考えられますが、彼女にも何かしらの理由があると思えますし…
        本当に難しいです!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    113. ハンジの弟子 より:

      以前、このサイトでユミルイェーガー説を語ったのですが、今回で、耳とんがり巨人はフリッツ家である可能性が高くなりましたね。そうなるとエレンが耳とんがり巨人なのが謎ですが。

      • 管理人アース より:

        ハンジの弟子さん!

        コメントありがとうございます!

        いえ、耳トンガリはエルディア人=ユミルの民なのかなと思いますよ。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    114. レナード より:

      パラディ島には紅茶があるのでスリランカ、
      マーレはコーヒーがあり、猿の投石により死者が出た事からインドである可能性もありませんか?
      地図的にも似ていますし。
      間違っていたらすみません。

      • 管理人アース より:

        レナードさん!

        コメントありがとうございます!

        う~ん、スリランカだと、左右が反対になっていまいますね。
        2016-10-08_191408
        たしかに、形は似ていますね!(^^)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    115. いつもニコニコあなた(巨人)の後ろに這いよる混沌 より:

      まあ、俺天才だから1巻からこんな内容は、予想出来たけどな(誰かコニー並みに馬鹿な僕に今回の内容をわかりやすく教えてええええまっっったくわからないからああああ)

      • 管理人アース より:

        いつもニコニコあなた(巨人)の後ろに這いよる混沌さん!

        コメントありがとうございます!

        壁内人類の大多数の民族はエルディア人という人種であったようです。
        1700年間、持っていた9体の巨人の力により、強大国マーレをも圧倒し国々を蹂躙していましたが、マーレが9体の内7体を味方にし、エルディアを追い込みます。
        追い込まれたレイス初代王は3重の壁を作り、逃げ込みます。
        これが、エレン達がいる壁の歴史です。
        そして、グリシャはこの壁に逃げ込めれず、初代王に見捨てられたエルディア人であり、マーレに迫害されながら生活していたようです。
        しかし、マーレ人に妹を理不尽に殺され、エルディア復権派に属し、活動し始めます。
        そしてレイス王と血縁的に繋がりのあるダイナ・フリッツと結婚し、息子ジークを授かります。
        ザックリと言うと、今回の物語はこんな感じです。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    116. 進撃の中学生 より:

      初めまして!いつも読ませていただいております。
      今回の話をみて思ったことは、グリシャの妹が出てきたと言うのに存在が薄かったのと、ジークの持っているおもちゃは獣のようでしたが、巨人化したときの容姿は変えられないはずです。ただ単に獣の巨人注射を打っただけかもしれませんが、望みの容姿になれているということです。また話で出てきた場所は残されてしまった島のようですが、そこから壁が築かれているところまでは大きな海があるように見えます。自分の考察ではこの孤島で無知性巨人ができると思うのですが、この海をどうやって渡るのでしょうか。
      私がバカなのでわからないだけかもしれませんが、もしわかることなどがある方いましたら返信お願いします。m(_ _)m

      • 管理人アース より:

        進撃の中学生さん!

        コメントありがとうございます!

        >巨人化したときの容姿は変えられないはずです
        なぜ猿なのかは、今もって謎ですよね。
        たしかに猿化する注射だったのかなと思います。

        >この孤島で無知性巨人ができると思うのですが、
        う~ん、グリシャは島に送られて巨人化されたと思われます。
        なので、エルディア人が島に送られて巨人化されたのかなと思いますよ。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    117. 単行本待ちの一読者さん より:

      書いている時はこんばんは。単行本で読んでいますが追いついてしまったので、待ちきれず、ここで最新の話をカンニングしています。皆さんの考察をへえーおおーと感心しながら読んでいます。次巻でまた新しい展開があるとわかって楽しみです。

      一点だけですが、不思議に思ったことがありましたので書き込みました。
      パラディ島は、現在の南極が北になったマダガスカル島ではないかと考察がありましたが、Wikipediaを見ると、マダガスカル島は「南北方向に長く約1600kmで、東西方向で約570km」とあります。
      http://animenb.com/titan_riyu-223 で、壁内世界の「もっとも大きいウォール・マリアの直径が960km」とありますので、マダガスカル島だと東西方向がおさまらないのではないでしょうか?
      海が知られていませんので、壁の外もずっと遠くまで広がっていなければいけないと思います。

      壁内世界がパラディ島なら、これだけ広い土地が島に矮小化されたのは驚きですが…

      • 管理人アース より:

        単行本待ちの一読者さんさん!

        コメントありがとうございます!

        >マダガスカル島だと東西方向がおさまらないのではないでしょうか?
        なるほど!
        では、モデルという意味だけなのでしょうか?
        現実世界でのマダガスカルの大きさとは違うということで、位置関係だけがモデルになっているということですかね?
        鋭いご指摘ありがとうございます!
        コミックス派ですと、特に今回の話は衝撃ですよね!(-_-;)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    118. コバダイ より:

      初投稿です。いつも楽しく見せてもらってます!
      ここの考察は「なるほどなー」と思う事が多く、最新話を読むのが一層楽しくなります!特にカルラ・レイス説と今回のダイナ=カルライーター説は面白いなと、
      もしこれが当たっていたら、座標の発現の謎も解けそうな気がします
      座標の力がエレンに現れたのは、エレンがカルライーターと拳を合わせた時です
      つまりレイス家の血をひくエレンと、フリッツ家のダイナが接触する事が座標の発動条件だったのではないかなと?
      ただ、これが当たっていた場合、エレンとジークが接触したらジークに座標の力が移っちゃうのかな?
      そうなったらヤバいですが

      • 管理人アース より:

        コバダイさん!

        コメントありがとうございます!

        >レイス家の血をひくエレンと、フリッツ家のダイナが接触する事が座標の発動条件だったのではないかなと?
        ああ、こういう考え方もありますね!
        管理人アースは、「座標を持っているエレンが、フリッツ=レイス家血統者のダイナと接触し、座標が発動した」と考えました。
        ジークと接触しても、エレンの座標は発動するでしょうね。
        ただ、座標が移動することは無いと思いますよ。
        エレンが捕食されない限りは…と思いますが…(・_・;)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    119. ニシン より:

      初めまして

      いつも楽しく拝見させていただいてます。

      すごい展開ですね、まったく先が読めません。

      ふと思ったのですが、ライナー達はエレンがジークの弟だと知っていたのでしょうか?
      知っていたとしたら座標が最悪なヤツへ…と言う意味も違ってくるのかなって思いました。
      マーレではライナー達とジークの勢力は敵対してるのかな?とか…あるんでしょうか?

      • 管理人アース より:

        ニシンさん!

        コメントありがとうございます!

        >マーレではライナー達とジークの勢力は敵対してるのかな?とか…
        いえ、これは無いと思いますよ。
        ライナーとベルトルトも7体の巨人の力を与えられた戦士として、ジークとともに壁を攻めてきた戦士ですので。
        マーレの国益の為に動いているという意味では、同志なのではと思いますが…
        もちろん、まだ明らかになっていない内部事情もあるかもですが、現在はそのような感じは受けませんね。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    120. たこす より:

      ジークも王家の血をひいているのなら、巨人の力を手に入れたときなにかしらの記憶の継承があるのかもしれなくないですか?
      それが親を売り、エルヴィン達と戦っている時の独り言につながるのかも。
      もしかしたら1800年以上前の記憶を継承しているかもしれないですし。

      そもそも、始祖の巨人の力をもってる王は記憶の改竄ができ、同じ民族で争いをしたくなければ記憶の改竄で対処できそうなのに、壁を作って引きこもった王がそうできなかったのかしなかったのかわからないですがちょっとひっかかります。
      なので、今回の話はあくまでグリシャの知ることができた歴史でこれが本当の歴史とはかぎらないのではないのかと私は思っています。

      • 管理人アース より:

        たこすさん!

        コメントありがとうございます!

        >もしかしたら1800年以上前の記憶を継承しているかもしれないですし。
        おー、なるほど!
        先代の獣の巨人がどのような人物なのか分からないですが、これはあり得ますね!

        >これが本当の歴史とはかぎらないのではないのかと
        そうですね。
        とくに、フクロウに操られていた可能性もありますよね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    121. 壁外の異端者 より:

      アース団長 考察お疲れ様です。
      今回の話を検証すると超大型巨人の壁トンは、明らさまな侵略という事になります。
      化石燃料の採掘の為に壁内人類を遠ざけるのが目的であったと今では考えます。
      という事は、ウォールマリアの都市は既にマーレ側の支配下に置かれてるのでは無いでしょうか?
      それを踏まえると、シガンシナ区周辺に巨人が居なかった事も説明出来ると思います。

      • 管理人アース より:

        壁外の異端者さん!

        コメントありがとうございます!

        >明らさまな侵略という事になります。
        確かにそうなりますね。
        ジークの気持ちやベルトルトの気持ちは分かりませんが、「侵攻」であることは間違いないです。

        >ウォールマリアの都市は既にマーレ側の支配下に置かれてるのでは無いでしょうか?
        ただ、前回リヴァイ、ハンジ達はマリアを通過して帰還しているので、この辺りは大丈夫ではないでしょうか?

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    122. オアシス より:

      今回の話で、これは日本の事を書いていると確信しました。
      マーレではエルディアによる侵略と弾圧と教育されていますが、エルディア復権派の文献では富を築いたと書かれていました。これは正に朝鮮を併合して、朝鮮を発展せさたが現在は侵略と弾圧と教育されている韓国その物ですね。パラディン島の資源とは尖閣列島で、マーレは韓国と中国が合体したモデルだと思います。
      80年前の巨人戦争は第二次世界対戦で、パラディン島は日本、グリシャ達は満州国に留まった日本人と言うような設定だと思います。
      始祖の力は、GHQによる情報統制・戦後教育な感じがします。
      2000年続くフリッツ王は天皇ですね。

      戦前・戦後の日本を調べれば今後の展開が予測出来そうです。

      そして、エレン達は現代の若者。これからは作者が思う日本の進むべき道が描かれるのではないでしょうか?

      • 管理人アース より:

        オアシスさん!

        コメントありがとうございます!

        >これは日本の事を書いていると確信しました。
        おお、素晴らしい考察ですね!
        管理人アースはナチスドイツ時代の事かな?くらいにしかイメージ出来ませんでした。
        たしかに仰る通り、繋がりますね!
        面白い考察、ありがとうございます!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    123. Wir sind die Jäger より:

      壁の中の巨人はやっぱり壁教と同じように腕組みしているっぽいなーとか、ユミル・フリッツの話しだけでも1年ぐらい時間かけれそうだなーとか、大地の悪魔ってマーレ側の表現なんだろうなーとかいろいろ細かい事を考えましたが、カルライーターがグリシャの前妻ダイナだったとしたらやっぱりこの世界は残酷ですね。

      憎しみが生み出す新たな憎しみと負の連鎖は本当に残酷です。それでも、この物語は面白いので不思議です。

      グリシャ目線とはいえ、重過ぎる世界の真相を知ってしまった壁中人類が今後どうするのかという方向性はザックレーや兵団トップと議論されつつも最終的にヒストリアに委ねられそうな気もしています。兵団は必要でしょうが、調査兵団の調査は一定量完了した感じがしますし、どうするのか読めませんね。

      エレンが座標の力を完全に身に着けてしまっては手遅れだと言っていたライナー達だってなるべく早くまた戦いたいでしょうから時間もあるのかないのかわからない。そもそも、マーレ政府の目的はフリッツ王を刺激せずに壁内に侵入し始祖の巨人を奪還することとなっていますが、いやいやいや、侵入の仕方が壁ドンって十分刺激的で派手すぎるでしょ!と思いました。(笑)


      あと、計算したのですが、1820年-80年÷145代=12年

      1820年前とグリシャ父から話しを受けてからダイナの145代の話しまで10年ぐらい時間は経過しているでしょうから、多少誤差はあるかもしれませんが、約12年置きに始祖の巨人の力(座標)が継承されている計算ですので、ウーリの歳の取り方からも知性巨人は非常に短命で先の短い殺人鬼というライナーの発言もやはりそういうことかもしれません。

      グリシャがエレンに託した理由もそこにあるのかはまだ分かりませんが・・・
      グリシャが知性巨人として人間に戻れた流れが次号で分かると嬉しいです。

      • 管理人アース より:

        Wir sind die Jägerさん!

        コメントありがとうございます!

        >いやいやいや、侵入の仕方が壁ドンって十分刺激的で派手すぎるでしょ!
        同感です。
        というか、あれ以上に派手に登場する方法があるのか?くらい派手ですよね(笑)
        ただ、あの方法しか壁内に入る方法がなかったのでしょうね。

        >1820年-80年÷145代=12年
        なるほど!
        12年は短すぎですよね。
        面白い考察、ありがとうございます!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    124. ああああ より:

      これってジークはグリシャの子供ってことかな?
      それだとエレンとは血のつながらない兄弟ってことになるのか?見た目の歳が全然違うのは何かの伏線かな

      • 管理人アース より:

        ああああさん!

        コメントありがとうございます!

        ジークはグリシャの子供で、エレンとは異母兄弟になります。
        見た目は、どうでしょうか?
        エレンがカルラ似ということかもですね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    125. Wir sind die Jäger より:

      そして、ヒストリアの壁中人類の方向性決断時にユミルの手紙が関係すると面白いですね。

    126. ヨホミン より:

      ダイナ→イーター説多いですね(^^) クルーガーもグリシャを逃がして平気な立ち回りができる人間。表向きに痛めつけたのかもしれませんね。
      気になったのはエレンの反骨精神はグリシャとジークにもあるんだなと。ジークはグリシャに反撃。
      ライベルがマーレの戦士なわりには気づかれずフリッツ王を刺激せずに忍び込むにしては大胆な作戦でしたね。壁の中が地獄に変わるのは空爆の日程がきまったりしてるのかなと。巨人も空は飛べない(笑)
      ユミルが名字を隠すのはフリッツ家の末裔とか長的な立場でヒストリアに親近感を得たのかとか。
      壁の中で教えられる歴史がそうであったようにグリシャ父の語る歴史にも偏りがありそうですよね、今回の話に東洋の一族らしき断片はありませんね。
      ユミルの手紙にもきっと我々は度肝を抜かれるんでしょうね(*_*)逆らったエルディア一派を巨人に変えてしまった? グリシャが謎のか伝染病を治せたのも医者家系かつ 巨人にさせられたわりには 運よく知性を食べるって しっくりこないような。このグリシャノートに皆が俄然とするなかエルヴィンがいたら きっと彼の口はアノときのように口角があがったのでは( ;∀;)

      • 管理人アース より:

        ヨホミンさん!

        コメントありがとうございます!

        >フリッツ家の末裔とか長的な立場でヒストリアに親近感を得たのかとか
        かもしれませんね。
        ただ、「みんなのために死んであげた」「存在するだけで」という意味がまだ分かりませんね。

        >エルヴィンがいたら きっと彼の口はアノときのように口角があがったのでは( ;∀;)
        そのシーン、見たかったですよ(泣)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    127. 進撃の一般市民 より:

      初めて投稿します。
      どうしても気になったのですが、今回明らかになったパラディ島とマーレの大陸はアフリカ大陸を逆さにしたものだと思います。パラディ島は、マダガスカルに当たり、壁内は南半球にあるように思います。

      既述だったらすみません。

      • 管理人アース より:

        進撃の一般市民さん!

        コメントありがとうございます!

        >アフリカ大陸を逆さにしたものだと思います。パラディ島は、マダガスカルに当たり、壁内は南半球にあるように思います。
        おー!ありがとうございます!
        素晴らしい考察、助かります!
        これ、どこかで使わせてもらいますね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    128. 腐葉土 より:

      お初です。ROM専でしたが、内容が衝撃的過ぎてコメントいたします。

      世界の成り立ちが明かされましたが、歴史に関してら結局グリシャが盲信してるような気がして
      結局、何が正しいのかが分からないですね。
      ろくに古文が読めないのに都合よく解釈をしてるだけですし。

      それにしても、壁内人類の存亡危機の大元が資源を確保するためとは…
      エレン達は果たしてどんな心中なのか

      • 管理人アース より:

        腐葉土さん!

        コメントありがとうございます!

        >ろくに古文が読めないのに都合よく解釈をしてるだけですし。
        これ、伏線っぽいですよね!
        回収される時のグリシャは…(・_・;)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    129. れいこ より:

      いつも考察見させてもらってます。とっても面白くて見入ってます 笑

      一つ気になったことがあったので失礼します。
      「楽園送り」と「巨人と似ている」という点を考えると、コニーの母親や村の人たちが巨人になったのと関係はありますかね?

      • 管理人アース より:

        れいこさん!

        コメントありがとうございます!

        ラガコ村の村民が巨人化したのは、ジークがしたのだと考えられます。
        で、楽園送りは、「エルディア人を巨人化させて壁外に放逐」という意味だと思うので、「巨人化」ということは同じ事ですよね。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    130. 進撃の芋女 より:

      こんにちは、進撃の芋女です。

      すごい話でしばらく思考停止してしまいました。

      私もクルーガーはフクロウだと思いますが、キース教官にも似ていてもしかして最後の巨人はキース?なんて妄想してしまいます。

      今回の話はネタバレを理解するのに時間がかかりましたが明日発売の別冊は購入史上最多の読み返しになるでしょう。

      • 管理人アース より:

        進撃の芋女さん!

        コメントありがとうございます!

        >今回の話はネタバレを理解するのに時間がかかりましたが
        本当に今回は難しいですよね。
        文字数多いですし、内容を出来るだけ伝えるように書いたつもりですが、難しかったです。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    131. わんだー より:

      はじめまして!
      結構前からサイトは閲覧させてもらってたんですが、コメントは初めてです!
      グリシャの奥さん(ジークの母)はエレンの母を喰らった巨人に似てると思います。
      管理人さんはどう思いますか???

    132. とつぱ より:

      アースさんの考察を見てて、「二千年後の君へ」の「君」は親しい人などに使う君ではなく、君主とかそういう意味の君なのかなぁ
      と思ったりしました!

      考えすぎかもしれないですが(´ω`;)

      • 管理人アース より:

        とつぱさん!

        コメントありがとうございます!

        おお、新しいですね!
        となると「二千年後の君主へ」みたいな意味でしょうか?
        これは、レイス家当主に、でしょうか?
        う~ん、まだ何かありそうですよね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    133. きびだんご より:

      アースさんこんにちは
      初めて投稿します
      今話だけを読んで想像したこと書いてみます

      今回の話で気になった事はやはりジークの今の心の中です

      僕は今回の話を読んで「ジークにはまだ復権派の思想(洗脳)が残っているんじゃないかな」と思っています
      幼いジークが告発した場面も本当は復権派が仕組んだ事で復権派を生贄にしてジークがマーレ人に信用されるようにしマーレの戦士にさせたのではないでしょうか?
      (ジークをマーレの戦士にさせようとしても両親が生きていては両親が復権派であることがいづれバレてしまい戦士のなれないからです)

      ジークの洗脳が今も解けていないとすると彼の目的は始祖の巨人を奪い「マーレを倒すこと」なのでこれは壁ドン以来の調査兵団の目的である「壁外の敵の排除」と一致します

      この説だと(少なくとも)ジークと壁内の利害が一致するので座標をエレンに持たせたままジークと壁内が共に手を組むことが考えられないでしょうか?
      ジークと壁内によるこのような話し合いが行われるとするならアルミンがずっと話し合いをしようとし続けているのも納得がいくかなと思います

      調査兵団と獣が手を組んで壁外で戦うのを少し期待しています(笑)
      ほかの話の発言はほとんど無視なので、とんちんかんな予想だったらごめんなさい

      • 管理人アース より:

        きびだんごさん!

        コメントありがとうございます!

        >調査兵団と獣が手を組んで壁外で戦うのを少し期待しています(笑)
        面白いですね!
        この辺りは、もう少し話が進み、ジークの心情、グリシャをどう思っていたのかが分からないと判断できませんね。
        しかし、面白い展開だと思いますよ!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    134. りゔたん より:

      団長、お疲れ様です^^

      今号はまた衝撃でした。
      エレンの原動力でもあった地下室の謎が解明され、新しい情報が得られるのは当然だと思いますがその反面、情報量に戸惑っております^^;

      今号から推測される事を簡単にまとめてみました。
      ・壁外は主にマーレが支配していると思われる
      ・エルディア帝国が民族浄化を行ったのは、巨人の力に影響されるようにする為と思われる
      ・マーレが戦士をエルディア人から募集したのは、ユミルの因子を持つ者でなければ巨人の力を発揮できない、若しくは、巨人の力=穢れの象徴という考え方が存在すると思われる
      ・アニはマーレとエルディアのハーフ、ベルトルトはエルディア、ライナーはフクロウ関係(浄化された他民族?)と思われる
      ・妹の名前(フェイ=飛?)から、東洋の民族も普通にいたと思われる
      ・密告などが奨励されていた可能性もあると思われる
      ・患者のふりをしてピンポイントでグリシャに接触してきたところから、フクロウはクルーガーと思われる
       ・クルーガーもマーレではないと思われる(マーレとエルディアだけなら、資源争いは不要)
      ・ジークがとった行動はグリシャ夫婦の教育の賜物と思われる

      箇条書きな上、順番も何もなく読みづらいのですが^^;

      巨人の力を肯定した人(エルディア)と巨人の力を否定した人(マーレ)、という意図かな、と。
      グリシャの視点だけだったせいか、俺はグリシャたちが正しい、とは感じませんでした。
      (巨人の力を取り戻すというのは自己満足で、他国との関係等の大局が見えていないのでは、と思ったからです)

      資源争いの件から、クルーガーとライナーは他国のスパイなのだろうか、と思いました。
      他の国にも巨人は厄介と思われているなら、共倒れさせる方がいいのではないかと。

      他には
      ・フリッツ王家+9つの王家。徳川御三家のような感じ?それとも、レイス・フリッツが初代王の名前?ジークはレイス王と呼んでいた。
      ・カルライーターはダイナ?
      ・ヒストリアに読み聞かせていたあの本、絵本に見せかけて真実の歴史を伝えようとしたレイス家発行?
      ・壁の中の巨人が王都を向いているのは、王に対し膝を折る為?
      ・ザックレーの芸術作品となった元貴族たちはエルディア人ではない?(巨人の力が効かないから)
      ・古代語で書かれていた缶詰、200年持つのか?
      等々、突っ込みたいところは多々ありますが、年表的なもの含め、ゆっくり考えてみます。

      ちょっと小ネタを。
      マダガスカル付近の地図を上下反転させると、作中の地図とほぼ一致するようです。

      極により近い方を北とするなら、地図上の西から太陽が昇るのも納得なのですが、地球と同じとは限らないですから^^;

      • 管理人アース より:

        りゔたんさん!

        コメントありがとうございます!

        上手く要点がまとまっており、さらに考察方向も似ており笑ってしまいました(笑)

        とくに
        >・妹の名前(フェイ=飛?)から、東洋の民族も普通にいたと思われる
        これは同感です。
        そして、100近く来ているコメントで、まだ誰も書いていないですよ。
        気付いていても、他ごとが多くて書いていないだけなのかもですが。
        ただ、これはエレンにも東洋の一族の血が流れている伏線にもなるかもなので…重要かもですよね。

        >ザックレーの芸術作品となった元貴族たちはエルディア人ではない?(巨人の力が効かないから)
        アッカーマンもそうなのかなと思ったりしました。
        マイノリティが全てマーレなのかどうか、ですね。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    135. ハルアッカーマン より:

      初めてコメントさせていただきます☆

      まだまだ進撃の巨人初心者ですが、気になった事を書かせていただきます。

      ✳︎9つの巨人について

      これがヨロイや超大型などのように知性巨人の9種類の能力の事を指すのだとしたら、ロッド•レイスが摂ったサイキョウノキョジンの能力がそのうちの一つになるのではないかと思いました。

      ✳︎壁内の初代王による記憶の改ざんについて

      壁内のエルディア人の記憶を改ざんした理由が分かりません…壁内に楽園を築くために、人種差別や悪魔の末裔などといったブラックな記憶を無くしたかったのか。

      来月が待ちきれません!!

      • 管理人アース より:

        ハルアッカーマンさん!

        コメントありがとうございます!

        >サイキョウノキョジンの能力がそのうちの一つになるのではないかと思いました。
        9つの巨人は「知性巨人」という意味で使われていると思います。
        サイキョウノキョジンは無知性ですので、カウントはされないでしょう。

        >壁内のエルディア人の記憶を改ざんした理由が分かりません
        管理人アースも「楽園を築くために、ブラックな記憶を無くす」という意味かなと思っていますが、まだ分かりませんね。
        まだまだ、謎は残っているので、これからが楽しみですよ!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    136. オバミン より:

      初めまして!
      いつもアースさん、そしてみなさんの考察をとても楽しく拝見させていただいてます。

      以前から気になっていたのですが、14巻第55話「痛み」の中で「この壁を・・・偉大な王を、どうか戦争から守ってくれ」とサネスさんがいっていました。
      この「戦争」という言葉に引っかかっていたのですが、86話でなるほどと思いました。

      中央憲兵はマーレの存在やこの壁の成り立ちを解かった上で、消すべき人を消していたということになるのでしょうか?
      サネスさん達は記憶を改ざんされない、もしくは出来ない人種ということなんでしょうか?
      でもアッカーマンの末裔、ケニーさんはこの事実を知らなかったようですし・・・

      謎が謎を呼ぶ「進撃の巨人」にはいつも興奮してしまいます。
      題名からして巨人が進撃することを肯定していますしね・・・
      巨人が敵なら「巨人に進撃」なんだか、かっこ悪いですが・・・。

      アースさん、そしてみなさんの考察を今後も楽しみにしております。

      • 管理人アース より:

        オバミンさん!

        コメントありがとうございます!

        ああ、このセリフありましたね。
        単純に「壁内で王を脅かす存在を消す」という意味かと思っていました。
        しかし、86話からすると、意味深になりますね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    137. tomo より:

      こんばんは、
      まったく今後の展開が読めないですね。
      凄いです。

      思ったのは7歳のジークが
      親が悪いことをしているから密告する、というのは物理的にもそうですが、7歳(小学2年くらい)だと、民族的な黒歴史や政治的背景を理解する脳を持ち得ていないと思います。
      だとすると例えば「お父さんとお母さんに近くに来て一緒に住んでもらおう」とか「そのお友達にも楽しい生活をしてもらうから教えてごらん」みたいに幼いジークを騙して告発させた気もします。

      壁に逃げたフリッツ王はきっと平和主義者だったのでしょうね。
      争いが争いを呼ぶことを知っているから、壁の中に隠れた。

      マーレとエルディア人はイスラエルのユダヤ人とパレスチナ人の関係に似てますね。
      両者ともあの土地を「自分たちの土地だ!」と言って争いが絶えません。
      それでも何百年かは平和だったらしいですが。

      そして壁の中の巨人たちとはなんでしょう。
      もしかして始祖の巨人が人間を巨人にする能力をもっているのか、
      またはもともと壁内人類は巨人の力を持っているけど記憶とともに封印されていて、始祖の巨人がそれを解放する力を持っているとか。

      グリシャがなぜ人間に戻れたのかとか謎がたくさんありますが、来月もまた謎解きが続きそうで見逃せないですね。

      • 管理人アース より:

        tomoさん!

        コメントありがとうございます!

        >幼いジークを騙して告発させた気もします。
        ですね。
        もしくは「洗脳」のような…

        >そして壁の中の巨人たちとはなんでしょう。
        これ、気になりますよね?
        エルディア人なのでしょうか?
        気になります!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    138. Flügel der Freiheit より:

      グリシャの苦悩には同情できる部分もありますが、やはりグリシャは、人間の穢い思想に呪縛されていると考えざるを得ませんね。

      『進撃の巨人』は、こういう非常にセンシティブな問題についても正々堂々と描く作品であるということを改めて実感しました。

      世界は残酷ですから、人間がこの呪縛から逃れることは容易なことではないと思います。しかし私の願望としては、たとえエレンたちがグリシャの悔しい気持ちに一定の理解を示したとしても、グリシャとは思想的に決別してほしいと願うところです。

      詳しい考察については、後の機会で述べたいと思います。

      • 管理人アース より:

        Flügel der Freiheitさん!

        コメントありがとうございます!
        これからグリシャの半生が、どのような決着を見せ、その時のエレンの気持ちがどのように揺れるのか、そしてそれを超えるのかが楽しみですよ!

        >グリシャとは思想的に決別してほしいと願うところです。
        まさに、ですね。
        そのようになるのでは、と管理人アースは思っています!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    139. 地下室の謎が知りたい より:

      アース団長様
      ED2のクルミの件がヒストリアを表していたのですね。巨人中学の時計逆回転の真相は?の考察に書かれていたアニメ2期の意味だったんですね!!
      となると壁画はアニメ3期?の伏線だったのかも知れません。
      ①エレン側の壁画・故郷組5体と戦っているエレン達の島側。
      ②ヒストリア側の壁画・マーレ政府7つの巨人所有の上2体待ち受けている大陸側。
      ある意味壁画やEDは歴史を語っているのかも?

      • 管理人アース より:

        地下室の謎が知りたいさん!

        コメントありがとうございます!

        >ある意味壁画やEDは歴史を語っているのかも?
        たしかに、あり得ますね。
        となると、この時点でそこまで考えていたのか!と感じますよ。
        おそらく、この場面がアニメにあるのは3期では無理だと思うので…4期かもしかしたら5期くらいになるのではと。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    140. しーくん より:

      少女が悪魔にりんごを渡すという所で、クリスタの名前の由来の絵本の少女を思い出しました。フリーダが「いつも他の人を思いやっている優しい子だからね」と言っているので、おそらくマーレ側が何か都合の悪いことがあるのだと思いました。

      • 管理人アース より:

        しーくんさん!

        コメントありがとうございます!

        これ、同じシーンですよね?
        つまりは、マーレ側からしたら「悪魔からリンゴをもらう」という場面になり、エルディア側(レイス側)からすれば「優しい女の子がリンゴをあげる」というシーンになるのかなと。
        見方が変われば、このようになるということなのかもですね。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    141. tomo より:

      連投すいません。
      そう言えば、以前ジークがエレンに「お前は父に洗脳されている、いつかお前を救いだしてやるからな」と言っていましたが、
      まさにどちらが洗脳されているのか、
      それともどちらも間違いはなく、ケニーが言うように「皆、何かに酔っぱらっていたいんだよ」ということなのか、気になりました、すいません…。

      • 管理人アース より:

        tomoさん!


        コメントありがとうございます!

        >まさにどちらが洗脳されているのか
        両方とも…ですよね。
        まさに「皆、酔っ払っている」ですよ。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    142. みなづき より:

      初めまして。いつも楽しく拝見させていただいております。

      エルディア人は、スペイン語の「el dia」(男性名詞定冠詞+「日」)ですかね。
      英語にすると、the dayとなるので、タイトルの「その日」や「あの日」を思い起こさせるような。
      既出でしたらすみません。

      • 管理人アース より:

        みなづきさん!

        コメントありがとうございます!

        おお、ありがとうございます!
        これ、どこかで使わせてもらいますね!
        「進撃の巨人 Wikipedia」という用語集には、入れますので!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    143. こげみん より:

      アッカーマンや東洋人はエルディア人じゃないのに何で島に逃げて来たんでしょうかね?

      わからないっす

      • 管理人アース より:

        こげみんさん!

        コメントありがとうございます!

        1700年続いた「民族浄化」にて、排除されそうだったのかなと。
        しかし、壁内でも迫害されるアッカーマン家と東洋の一族…(・_・;)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    144. なんなん より:

      西からの太陽の件ですが、マダガスカル島がモデルっぽい感じで、かつ南を上にしてますよね。なのでこの世界では我々で
      言う南を北と設定したのではないでしょうか。
      こう仮定すると西から日が昇りますね。

      • 管理人アース より:

        なんなんさん!

        コメントありがとうございます!

        そうなんですよね!
        この伏線は、これで終わりなのかなとも思ったり…(笑)
        上下反対になった世界だから、という理由だけなのでしょうか?

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    145. 未満 より:

      お初にございます、いつも楽しく拝見させていただいております。

      少し気になった点についてご報告します。
      80年前に壁のエルディア人が放った言葉
      「今後我々に干渉するなら 壁に潜む幾千万の巨人が地上のすべてを平らにならすだろう」
      以前いた壁教の司祭ニックが黙秘していた『人類滅亡するよりも重要な理由』がこれではないかと思います。人類は壁内の人間ですのでつまり、
      『壁内の人間が死滅してでも壁の中にいる巨人を起こしてマーレ他全世界へ行かせる』
      ことなのかなと思いました。
      そして50話の「叫び」でユミルが
      「もう直この壁の中が地獄になっちまうのは避けようがない」
      これは五年前の壁ドンでマーレが「干渉」したから壁中巨人が目覚めるとユミルが思った言葉かと。
      ベルトルトの要求二点「壁中人類の死滅」と「エレン(座標)の引き渡し」は壁中巨人を起こさせない程に皆殺しにして始祖の力をマーレの手中に収める、そうして島の資材と幾千万の超大型巨人の兵力を持つマーレはウィンウィンになりますね。

      あともう一つありますが、これは皆さんと言ってることが滅茶苦茶になるかもしれません・・・。
      実はまだ未発見の巨人の一つが『アッカーマン家』ではないかと思ってしまいました。
      ですが、ミカサもリヴァイも巨人ではない。これは単に『先祖アッカーマンが巨人の継承をしなかった』のだと考えます。
      巨人の継承には巨人になる薬と他の知的巨人が必要でアッカーマン家が王家から離脱した際にそれが得られなくなってしまった。同時にケニーの曽祖父の代で「壁内の真の歴史」そして「九人の巨人の一人」だということも継承しなくなったのでは…。
      因みにこの案だとグリシャの巨人能力はマーレからの七人中の一人、アッカーマンは始祖の巨人との二人中の一人のと考えます。
      フリッツ(レイス)とアッカーマンの二つの巨人を持った一族が島で壁を作る上で歴史を忘れないために始祖の巨人はアッカーマン巨人を操作することを出来ないのかもしれません、もしくは元々アッカーマン巨人だけ始祖の力を受けない、だから王家は離脱したアッカーマンを根絶やそうとした。
      巨人になることが無くなってもそれは受け継いでケニーはウーリの力を防げた、もしかするとミカサやリヴァイたちのアッカーマン家特有の「突然沸き起こった力」も巨人の影響かも。そして現在疲れているリヴァイは自分の中にある巨人の力を使い過ぎてしんどい(エレンが巨人化しすぎて鼻血を出したように)
      今までずっと『アッカーマン巨人』だと言っていますが、もしかすると『東洋の一族巨人』の可能性もあります。けどここはあんまりフラグがないので分からないですね。

      すっごい空想話で申し訳ないと思います。

      • 管理人アース より:

        未満さん!

        コメントありがとうございます!

        >始祖の力をマーレの手中に収める、そうして島の資材と幾千万の超大型巨人の兵力を持つマーレはウィンウィンになりますね
        なるほど。
        これは面白いですね!
        やはり、壁の中の巨人が鍵のようですね。

        >今までずっと『アッカーマン巨人』だと言っています
        たしかにアッカーマンの力は巨人を思い起こさせますね。
        ただ、リヴァイもミカサもですので、あと1体としたら数が合わなくなります。
        なので、やはりこれは巨人の力ではなく「人間の戦闘力」なのかなと、管理人アースは思っています。

        またコメントください!
        よろしくです!



        管理人アース

    146. 蒸かしたレオンハート より:

      アースさん!はじめまして!初投稿です!
      いつもあらすじ考察楽しみながら読ませてもらっています!

      今回の話は非常に頭をつかわされる展開となりましたね(・_・;)たくさんの伏線が入り乱れていましたww

      自分は他の皆さんのように細かく考察というのはできないので話の感想を書かせて頂きます。読んでくれたらうれしいですm(*_ _)m

      グリシャたちエルディア復権派の人たちがフクロウから手紙をもらったシーンで出てきた「(恐らく)壁として存在している複数の超大型巨人」が歩いてる場面がありましたよね。もしあの巨人全員に陽の光が当たって壁から出てきてしまったら、ウォールマリア・ローゼ・シーナともに全壊されてしまわれそうですよねww
      話的に絶対ありえないとは思うんですが、ミカサやリヴァイ、エレンたちがそいつらと戦うところを見てみたいですねww

      長文失礼しました!

      • 管理人アース より:

        蒸かしたレオンハートさん!

        コメントありがとうございます!

        >ウォールマリア・ローゼ・シーナともに全壊されてしまわれそうですよねww
        壁の中から巨人が出てくるので、とんでもない光景になるでしょうね!
        ただ、無知性巨人でしょうから、あの巨体で人間を捕食するとなると…怖いです!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    147. ゆうはや より:

      アースさん、そしてみなさまの考察にはいつもながら唸らされます!
      私も触発され(?)、自分なりの解釈や考察を述べてみたいと思います。

      ・巨人は泳げる
      「壁に潜む巨人がすべてを平らにするだろう」というフリッツ王のコメントからも、巨人がパラディ島から泳いで大陸へ渡ることが可能、ということですよね。ただ泳ぎにも修練が必要?そもそも泳がず、海峡を歩いて渡る可能性も(笑)

      ・マルセルはどこでユミルに捕食されたのか?
      60年前に島流しにされたパラディ島で、たまたまマルセルを捕食したと考えるのが普通なのでしょうが、あんな危険な場所にライベルマル3人が丸腰のままいたというのはどうしても不自然で・・。ただ大陸でマーレ戦士育成中にユミルが襲ったというのも、これまた変な話ですし。。ユミルに関することは、手紙を静かに待つしかないようです(笑)

      ・「9つの巨人」の特性は捕食のみで継承
      たとえば鎧能力(全身硬化)を得るには、ライナーを捕食しない限り継承はされない。ただし「ヨロイ=ブラウン」のように、注射で自身のスペックを部分的に上げることは可能(ただし鎧能力の特徴である「常に全身硬質」という訳にはいかない)と考えました。

      ・アルミン=超大型巨人確定?
      そして9つの巨人の能力(知性+個々の特性)が、捕食されることで代々継承されるのであれば、ベルトルトを捕食したアルミンも確実に超大型能力を継承したのではないでしょうか。アルミンは99%エルディア人でしょうし、「エルディア人以外は巨人になれない」という仮説もクリアできます。ただそう考えると、マルセル巨人はどんな特徴を持った巨人だったのでしょうか(ユミル巨人は普通っぽいので・・)

      ・無知性グリシャが知性グリシャへ生まれ変われた謎
      無知性グリシャ(=島流し)にされたのが30歳前後とすると、その後もし「9つの巨人」を捕食したとしても、年齢の壁から無知性化してしまうはずです。マーレ政府が5~7歳に戦士を募ったことからもその点は明らかではないでしょうか。ですので、グリシャは捕食以外で知性を得た可能性が高いと推測します。

      最後に・・・。エレンの熱い性格は、実はグリシャ譲りだったということがわかりましたね!

      • 管理人アース より:

        ゆうはやさん!

        コメントありがとうございます!

        >・巨人は泳げる
        これ、ヤバイですよね(笑)
        たしかに、泳げなければ、平らに出来ませんが(笑)

        >マルセル巨人はどんな特徴を持った巨人だったのでしょうか
        身軽さはありましたよね?
        ただ、素早いだけだったのか?

        >グリシャは捕食以外で知性を得た可能性が高いと推測します。
        これは考えていなかったですね。
        ここで、この展開が来たら・・・(・_・;)

        熱い性格は、ジークにも受け継がれていると期待します!(笑)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    148. アルミンのともだち より:

      『2000年後の君へ』というのは『ユミル・フリッツからエレンへ』ということではないでしょうか。
      ユミル・フリッツから始まった『始祖の巨人の力と記憶』が現在エレンにあるのも踏まえて、
      「この力と記憶の祖先である私が犯してしまった重大な過ちによってエレディア人は永遠に蔑まれ続けなければいけない。どうかこの惨めで呪われた歴史に終止符を打ってほしい」
      というユミル・フリッツからエレンへの『届かぬ懺悔と願い』なのではという考察です;

      いやー、それにしても今回はすごい『答え合わせ回』でしたね!
      自分はこの進撃の巨人は割とリアリティーな設定だと思っていて、ミカサのタイムリープみたいな理不尽かつ超越した設定は無いだろうと思っていましたが、『大地の悪魔との契約』というとんでもファンタジーな感じに「もうこれ以上の展開予想は無理だ」と感じました(笑)

      • 管理人アース より:

        アルミンのともだちさん!

        コメントありがとうございます!

        >「この力と記憶の祖先である私が犯してしまった重大な過ちによってエレディア人は永遠に蔑まれ続けなければいけない。どうかこの惨めで呪われた歴史に終止符を打ってほしい」
        おお、なるほど!
        あり得そうな気がしますね!
        となると、ユミルからエレンというメッセージかもですね!

        >『大地の悪魔との契約』というとんでもファンタジーな感じに
        この「大地の悪魔」も何かの比喩かもですよ!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    149. sukekiyo より:

      こんばんは。
      既出かも知れませんが、マーレとパラディ島が描かれている地図、くるりと逆さまにしたらアフリカ大陸に似ていますね?
      しかも左右も反転しているように思います。

      文字の反転、西から昇る太陽。
      それらが何を意味するのかはまだ考えがまとまりませんが、ライナー達がコーヒーを飲んでいたことが今更ながらしっくりきました。

      • 管理人アース より:

        sukekiyoさん!

        コメントありがとうございます!

        >マーレとパラディ島が描かれている地図、くるりと逆さまにしたらアフリカ大陸に似ていますね?
        これ、りゔたんさんからのコメントでもいただきました(笑)
        ありがとうございます!

        >ライナー達がコーヒーを飲んでいたことが今更ながらしっくり
        なるほど。そうですよね!
        西から太陽が、大陸が反対向きだから・・・・ではないですよね?(笑)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    150. 特別班 班長 より:

      カルラを捕食した巨人が、ダイナに似てると思います!

    151. トロスト区議会議員 より:

      アースさん、こんにちは。

      何人の方が指摘していますが、エルディア復権派の中に、初期に出てきた巨人(トーマス・イーター、ミーナ・イーター)がいますね。
      ただし、私はダイナはカルラ・イーターではないと思っています。

      私の予想ですが、ダイナは知性巨人で、グリシャが人間に戻るために食べられたのだと考えます。
      ただし、無知性巨人のど真ん中で人間に戻っても他の無知性巨人に食べられるだけなので、『叫びの力』でグリシャをシガンシナ区の近くに誘導しつつ、他の巨人を遠ざけたのだと考えています。
      これだと、キースのグリシャ発見時の状況と辻褄が合います。
      また、ダイナが彷徨うグリシャを放置するとは思えないので、私はグリシャは楽園送りになって比較的すぐに、人間に戻ったのかなと考えています。

      あと、巨人に関する初期の謎ですが、
      ・巨人が南から来るのはパラディ島の南に楽園送りになる船着き場があるから、
      ・巨人に男型が多いのは、楽園送りになるのは(マーレから見て)過激派や不穏分子であり、そういう輩は男性が多いから、
      なのかと考えています。

      • 管理人アース より:

        トロスト区議会議員さん!

        コメントありがとうございます!

        >ダイナは知性巨人で、グリシャが人間に戻るために食べられたのだと考えます
        管理人アースも、まずそう思いました。
        となると、ダイナとカルラ・イーターは、他人のそら似、ということになりますね。

        >巨人が南から来るのはパラディ島の南に楽園送りになる船着き場があるから
        おお、なるほどです!
        これはその通りかもですね!
        もしくは、飛行船の発着場があるのかもです!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    152. リヴァイ兵士長 より:

      アースさんお疲れ様です!
      物凄い勢いで展開が進みあまり追いつけないですが、一つ思ったことを。

      第1話 二千年後の君へ の「君」はエレンの事でユミル・フリッツが宛てたものだはないでしょうか。是非、アースさんの意見を聞きたいです!

      • 管理人アース より:

        リヴァイ兵士長さん!

        コメントありがとうございます!

        >「君」はエレンの事でユミル・フリッツが宛てたものだはないでしょうか
        つまり、「二千年後に始祖の巨人を継承している者へ」という意味でしょうかね?
        あり得まると思いますが、それは何を伝えようとしているのか…
        「ユミルの手紙」が「二千年後の君へ」という文から始まっていたりして…(・_・;)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    153. ベルトルト大好き より:

      2度目の投稿です。
      ちょっと気になったのですが、訓練兵時代からライナー、ベルトルト、アニはユミルの事を知ってますよね?だとしたらその3人はユミルと聞いて思い当たる事はなかったという事でしょうか?それとも勘づいていたけど確実ではないから捕らえなかったと言う事でしょうか?
      それと、調査兵団VS巨人軍の戦いの時に、ジークが父親とは違うだろ?というような発言をしてましたが、86話で謎が分かった今、どう捉えたらいいのでしょう?
      最後に前回も書いた事ですが、ミカサの腕の刺繍は何だか分かりませんね。実は腕にエルディア人のように十字があったりして…ミカサの母は東洋人ですから違うと思いますけどね。仮に壁の外から来ていても記憶とかは無さそうでしたし。刺繍に関しては、EDの最初にあるような形のものかもしれませんね。また長くなりました。

      • 管理人アース より:

        ベルトルト大好きさん!

        コメントありがとうございます!

        >ライナー、ベルトルト、アニはユミルの事を知ってますよね?
        そうなりますね。
        「ユミル」という名前をどう思っていたのか…気になりまね。
        ただの「同名」だったと思ったのか…

        >ジークが父親とは違うだろ?
        この時のジークは「親父のように熱くなるなよ」と自分に言い聞かせています。
        なので、グリシャの事を「熱い人物」と思っていたのかなと。
        ただ、「グリシャと自分は違う」、エレンに「洗脳されている」と言った意味は、ジークはそのままそう思っているのだと思いますよ。

        ミカサの刺繍は、また違う意味があるのではと思いますよ。
        「東洋の一族」には、また違う謎があるのではと。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    154. じゅんじる より:

      2000年後の君はエレンとして、涙は大始祖の巨人からのメッセージかなと。

      最終回で大きく滅亡したヒトへ悲しみを、大始祖の一部を宿したエレンへ回顧録のような形で時間を飛び越えて涙が発現したとか。

      しかし、物語の方向性が大きくズレましたね。

      このままだと、大陸対島の戦争がメインになってしまいますね。

      壁内の人からすると、いきなり、外には巨人以上の脅威となる敵がいて、それが土地を狙っている。
      さらに追放した王は守りの要だった。

      そんな展開で、エレンはどこに敵を見いだすのか、アルミンやミカサ達はどうするのか。

      新章の展開が楽しみです。

      • 管理人アース より:

        じゅんじるさん!

        コメントありがとうございます!

        >涙は大始祖の巨人からのメッセージかなと。
        となると、始祖ユミル巨人は、超大型だったということになりますかね?
        これはまた、難しいかなと。
        今回の始祖ユミル巨人は「女巨人」でしたので…
        ただ、この描写をどこまで信用して良いのかは分かりませんが…
        新章のこれから、楽しみですね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    155. ラカンカ より:

      初めて、投稿させていただきます。

      今回は情報量が多すぎて、気になったことを全部書くと雑多になるので、二つだけ書かせていただきます。

      今回の話から推測すると、東洋の一族・アッカーマン家・その他のフリッツ王の影響を受けない一族を抜かして、壁の中の人間は全員エルディア人=ユミルの民の末裔ってことになりますよね?

      っていうことは、全員巨人化できるってことになりませんか?

      でも、ただ単に巨人化すると無知性巨人になってしまうってことでしょうかね。

      コニーの母親や故郷の人たちは、無知性巨人になってしまったようですし。

      だから、巨人化できてそれなりの人数がいるにも関わらず、エルディア人復権派は、七つの巨人(意思を持って行動できる巨人)を持つマーレと正面切って戦えなかったのでしょうね。


      それから、「九つの巨人」のうち、七つがマレーの手駒になっていて、一つがエレンの中の始祖の巨人、じゃあ、もう一つの巨人はどこに?

      これが今後の物語のカギになりそうな気がします。

      • 管理人アース より:

        ラカンカさん!

        コメントありがとうございます!

        >全員エルディア人=ユミルの民の末裔ってことになりますよね?
        >っていうことは、全員巨人化できるってことになりませんか?
        そうなりますし、そうだと思います。
        ただ、マーレ人が巨人化出来ないということは、未だ確定ではないので分かりませんが…

        >一つがエレンの中の始祖の巨人、じゃあ、もう一つの巨人はどこに?
        そうですね。
        この残り一体は?はキーですよね。
        しかし、新キャラがこれから登場して、という展開は無いと思うのですが…

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    156. ミーナだいすきひできらい より:

      エルヴィア復権派がトロスト区襲撃巨人ならカルラ&ハンネスイーターがダイナ・フリッツなんじゃない?(適当)

    157. 今夜が山田 より:

      はじめまして初コメント
      早速ですが気になったこと
      50話だと思いますが、エレンがミカサを守るシーンでカルライーター(ダイナ(王家の血筋))にパンチをすることで、エレンの座標(巨人をすべる力)が発動します。
      そのあと、エレンが同じことを試しても座標の力は発動しなかったと記憶しております。
      王家の血筋を持たないエレンでもヒストリアと接触すると、発動するのかな?と
      ユミルが発動の瞬間「この壁の中にも」のセリフにつながるかと

      あと、マーレ国の技術力を見ると今後巨人の力は絶対のものでは無くなっちゃいそうですね、
      ユミルは今のマーレ国のことは知らないかもしれません
      今後どのような展開になるのでしょうか、来月号が楽しみです

      • 管理人アース より:

        今夜が山田さん!

        コメントありがとうございます!

        >カルライーター(ダイナ(王家の血筋))にパンチをすることで、エレンの座標(巨人をすべる力)が発動します。
        これについての考察は、87話あらすじ展開予想!グリシャが人間に戻れた理由が判明!にて触れていますので、見てみてください!
        ただ、ダイナがカルラ・イーターかどうかは、まだ確定ではないです。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    158. ZER より:

      >はじめまして
      >始祖と9体の巨人ですが、知性を維持する為に必要な脊髄液の量が、今後の話に出て来るのではないでしょうか。現状、無知性巨人は食い殺す形で摂取しますが、捕獲したコニーの母親に対しエレンとアルミン二人から脊髄液を採取して複数回投与してみるとかハンジならやりそうです。
      >グリシャが自分の脊髄液からエレンに投与した巨人化薬を作ったのか、壁の中の資材で作れるのかも謎ですが。
      >ロッドの台詞を読む限り、レイス家では複数の巨人の能力を保有していたみたいですし、ジークの様に他人を任意に巨人化させられるのは始祖に近い能力です。
      >敵対する相手がいるのならレイス家側が知性化巨人を増やそうとしないのは変です。
      >でも、現状最強なのはリヴァイ兵長ですよね。

      • 管理人アース より:

        ZERさん!

        コメントありがとうございます!

        >捕獲したコニーの母親に対しエレンとアルミン二人から脊髄液を採取して複数回投与してみるとかハンジならやりそうです。
        たしかにハンジならやりそうですね!
        もちろんミカサの監視付きでしょうが(笑)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    159. レイジー より:

      始祖の巨人の能力を「座標」と言っているのを、自分なりに考察してみたのですが、
      レイス家がフリッツ家を捕食したからではないかと思います。

      フリッツ家=巨人操作=x軸
      レイス家=記憶改竄=y軸

      x軸とy軸を合わせたから「座標」という解釈ができるのではないでしょうか?

      • 管理人アース より:

        レイジーさん!

        コメントありがとうございます!

        >レイス家がフリッツ家を捕食したからではないかと
        となると、レイス家とはもともとどのような一族なのかとなりますね。
        管理人アースはレイス家の偽名で、フリッツ家=レイス家だと思っています!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    160. 壁の外の巨人 より:

      初投稿です。いつも毎日楽しませて頂いております。
      今回ふと思ったのですが、ジークの左腕にある火傷のようなただれた跡、実はエルディア復権派の証である十字の傷があった場所では…?
      そして戦士になる際にその証は戦士として邪魔になり、焼いて消したのでは?と考えました。
      参考にして頂けると嬉しいです!

      • 管理人アース より:

        壁の外の巨人さん!

        コメントありがとうございます!

        もしそうだとしたら、5,6歳で十字の傷を付け、焼いて消した事になりますね。
        …恐ろしいです(・_・;)
        でも、こういう時代ですと、そういうこともあるのかもですね。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    161. すぴか より:

      はじめてコメントさせて貰います。
      いつも楽しく拝読させてもらってます。
      今回どうしてもお伝えしたくて書かせてもらいました。
      マーレは海、なので七つは七つの海ではないかと思いました。

      大西洋、地中海、黒海、カスピ海、紅海、インド洋、ペルシャ湾、進撃の世界観から中世の海をイメージしてます。

      アッカーマンのアッカーを十字軍の意と仮定すれば地中海、或は黒海、
      マダガスカルはインド洋、
      エルディアはペルシャ湾、或はカスピ海、紅海
      レイス、スコットランドの幽霊(こじつけです)大西洋、
      ユミルはそのものずばり北欧の巨人だからこちらも大西洋?
      海は物語の初めからキーワードになっています。

      9はエジプトの神々
      アトム、シュー、テフヌト、ゲブ、ヌト、オシリス、イシス、セト、ネフティス

      こじつけですけど…。

      • 管理人アース より:

        すぴかさん!

        コメントありがとうございます!

        >マーレは海、なので七つは七つの海ではないかと思いました。
        >9はエジプトの神々
        面白いですね!
        巨人の力や個性に繋がるのかもです!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    162. なお より:

      初めまして!
      考察読ませていただきました!!
      なるほど!となるところが満載で、早く先が読みたい気持ちでいっぱいになりました。

      考察部分の復権派のメンバーが巨人に似てるというところで思ったのですが、グリシャの妻、ダイナ・フリッツはエレンの母親を食べた巨人なのではないかなと思いました。
      少し面影があるようなという感じですが…

      もしそうだとしたら、エレンが素手であの巨人にパンチしたタイミングでその場限りで巨人を操れたのと何か関係あるんじゃないかと。

      他の皆さんのような深い考察ではないので、恥ずかしい限りですが、少し気になったので、コメントさせていただきました。

    163. サミ より:

      考察楽しく拝見しました。
      壁外には別の文明があるという説は早くから多くの方が唱えていましたが、こうしてその実情が明らかになってくるといよいよワクワクしてきますね!

      「ライナー・ベルトルト・アニはマーレ人なのかエルディア人なのか」というのは大変興味深い問いですね。
      ライナーからアニへの発言などを見るに、アニはエルディア人で間違いないと私も思います。
      一方ライナーとベルトルトについては、どちらの可能性もまだ残っているのではないでしょうか。
      エルディア人居住区は明らかにゲットーや日本人・日系人収容所を下敷きにしたものだと思われますが、そうした居住区の内部で対立が発生することもまたしばしばです。
      エルディア人の過去を過度に非人間的なものとする教育が行われているのであれば、本来同胞であるエルディア人を敵対視し、二級市民から一級市民になろうとするというのは、悲しいですが不自然な心理ではありません。
      なので、ライナーからアニへのあの発言、またベルトルトの「悪魔の末裔」という言葉は、まさに彼らがエルディア人の血を引くからという可能性も捨てきれないのではないでしょうか。
      勿論古語を読める者と読めない者、耳の形状なども無視できませんね。
      もしかすると、アニの方がより純度の高いエルディア人で、ライナーたちはエルディア系なのかもしれません。日本人収容所には日系アメリカ人もいましたし、日系を集めた第442連戦戦闘団は非常に勇猛果敢な部隊として有名です。
      不安定なアイデンティティというのは、「誰か僕らを見つけてくれ」という印象的かつ抽象的な言葉とも繋がるような気がします。

      当然ライベルが純粋なマーレ人であるからこその発言であることを否定する要素もないので、こちらの説も矛盾がなく、結論としては「どちらの説か断定するほどの材料はまだない」ということではないかと思います。
      もしライベルアニがエルディア人ないしエルディア系だとすると、マーレ政府はマーレ人の手を汚さずにエルディア人同士で殺し合いをさせているのかもしれないので、それはそれで恐ろしいものがありますね。

      • 管理人アース より:

        サミさん!

        コメントありがとうございます!

        >「ライナー・ベルトルト・アニはマーレ人なのかエルディア人なのか」というのは大変興味深い問いですね。
        これは面白いのですが、まだ確定は出来ませんよね。
        「アニが純粋なマーレ人ではない」のみは、確定できそうですが。

        >マーレ政府はマーレ人の手を汚さずにエルディア人同士で殺し合いをさせているのかもしれないの
        その可能性も高いですよね!
        人間って本当に残酷になれるんだなと思わせられます。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    164. 兵長の馬 より:

      アースさん、皆様初めまして!いつも進撃愛溢れる考察を楽しみに拝読しています。これまで大人しく読んでいるだけでしたが、今回の衝撃的な展開を受け、思わず通勤中にLINE家族会議を開きました(笑)そこで挙げられた妄想を列記しますので、皆様のお考えをお聞きできればなと思います。

      ・クルーガー=フクロウ説
      クルーガーklugerとは、ドイツ語の形容詞 “klug” の男性単数主格の強変化又は混合変化形(Wiktionaryより)。ギリシャ神話の知恵の女神アテナが使いとするフクロウとの関連を疑っています。ただ、内通者説の根強いアニ父がフクロウという考えも捨てがたく、いっそアニ父=クルーガー、母=レオンハートでは?など乱暴にまとめたりしています。アニが思い出した父の言葉「お前が全世界を敵に回しても〜」とは、壁内のエルディアを騙し、マーレや戦士仲間をも最終的に裏切るということなのでしょうか…

      ・壁はいつ、誰に築かれたのか
      確か表紙裏に「壁はもともと存在した」と書かれていたと記憶しています。もしや初代ユミル・フリッツが大地の悪魔と契約した際に壁も築いており、歴代の王たちは皆その存在を知っていたのではないでしょうか

      ・2000年後の君とは?
      私たちはユミル・フリッツから見て2000年後に始祖の力を宿す人間に向けた言葉なのかと思いました。完全な妄想ですが、たとえば初代ユミルが巨人の力を手にした際、同時に超大型巨人を生き埋めにした壁を築いた→その壁は時限爆弾のようなもので、2000年後に崩壊するように設定されている(だからウーリも「つかの間の楽園」と呼んでいる)→壁内の幾千万の超大型が動き出した時(まさにラグナロク)、その時点で始祖の力を宿している子孫に向けた言葉では?

      ・ただ、壁に潜む超大型巨人が大地をならすことになったとしても、海を越えてマーレの支配する大陸まで侵攻するのは難しいのでは?とも思いますが…持久力なさそうですし…

      ・まーるさんのご指摘通り、光る石=放射性物質の可能性はあるかもしれないと思います。科学的根拠は少ないものの、放射能で生物が巨大化するというのはSFの王道ですし。マーレが化石燃料の豊富なパラディ島を調べていたら、放射性物質の存在に気づいた…なんて可能性もあるのかもしれません。マーレの支配する壁外は、飛行船が飛んでいることから第一次世界大戦前後ではないかと予想します。Wikipediaによると、ナチス政権下で原爆開発の実験が始まったのは1939年(第一次世界大戦の20年後)です…まぁ現実世界と壁外が同じではないと思うので、諌山先生が本作の構想を練る際に参考にされたかもしれない、程度の話ですが。

      初回投稿なのに長文で失礼しました。

      • 管理人アース より:

        兵長の馬さん!

        コメントありがとうございます!

        >アニ父=クルーガー、母=レオンハートでは?など乱暴にまとめたりしています。
        面白いですね!
        たしか、ゆっきーさんも、同じコメントをされていました!
        もしかしたら、アニの巨人化能力は、このクルーガーから継承…

        >2000年後に崩壊するように設定されている
        なるほど。
        ただ、ロッド・レイスが64話で100年前に初代王によって壁は作られたと言っていたような気がします。
        う~ん、二千年前というのは、厳しいかもですね。

        超大型巨人が、どのように海を超えるのか、平泳ぎ?(・_・;)
        超大型巨人が平泳ぎをする光景を妄想し、吹き出しました(笑)

        進撃の家族LINE会議、良いですね!
        これからも、家族ともども当サイトをよろしくです!

        またコメントください!


        管理人アース

    165. 新米兵士 より:

      アースさん返信ありがとうございます!

      ユミルが記憶を継承している謎は、たしかに仰る通りですね。別記事楽しみにしております!

      別件ですが、巨人化注射薬と巨人生成過程について考察してみました。

      【注射薬についてのファクト】
      ・空気に触れるとたちまち気化
      ・無知性巨人を生成できる(エレン、アルミン)
      ・巨人の能力をアドオンできる(エレン硬質化)
      ・何種類か存在する(実際確認できているのは「鎧」と「最も戦いに向いている種類」)
      ・1つの種類の注射薬は複数個存在し得る(ライナーが鎧を持っているのにレイス家も鎧の薬を持っていた)
      ・実際に持っているのが確認されているのはグリシャとレイス家
      ・無知性巨人が知性巨人の脊髄液を経口摂取すると知性巨人になる
      ・注射ではなく皮膚に触れさせたり経口摂取しても巨人化は可能。ただし十分な量を摂取しないと不完全体(ロッドレイス)

      【以下考察】
      注射薬の正体は、巨人化能力を得ている人物の脊髄液自体、もしくは脊髄液を加工した物質ではないかと予想します。

      86話の展開から、鎧や獣が9つの巨人ではないかと考えられるわけですが、同種の能力者(鎧)を持つ人物が複数人存在することから、何らかの方法で複製可能と思われます。
      無知性巨人の知性化の方法から考えても、少なくとも脊髄由来の成分であることは間違いないかと。

      そう考えると、「9つの巨人」というのはジャスト9人だけなわけではなく、「9つの能力」くらいの意味しか無くて、実は大量生産されている可能性がありますよね。

      ただ、どの程度まで複製できるかは分からないですね。

      超大型も9つの巨人のうちの1つであるとすると、壁の中に幾千万いるそうなので、ここだけ見ると超簡単に複製できそう。

      しかし、ジークの「次も僕が勝ったら、その鎧は他の人物に譲ってもらう」という発言からすると少なくともマーレ側で鎧は貴重な資源のようにも思えます。

      マーレ側で鎧や超大型を無限に複製できるのであれば、それこそマーレ側でも巨人を幾千万準備して、パラディ島で最終決戦やればいいようにも思えます。

      一方無知性巨人についてはジークが任意のタイミングで無知性巨人を何体も発生させていることから、無知性巨人についてはマーレ側でも量産できるのは確かなようです(ただし注射から生成されている描写は今のところありません)

      また、「9つの巨人のうち7つを奪って」巨人大戦にマーレが勝利したことを考えると、少なくともその時点では複製はできなかったようにも思えます。

      そこで、以下のように考察します。

      ・注射薬が登場したのはごく最近
      ・注射薬の生成には「限られた資源」が必要(オリジナルの脊髄液からしか生成できないとか、特殊な触媒が必要とか)
      ・レイス家は壁に閉じこもる際に「限られた資源」ごと持ち逃げした
      ・よって壁外には知性巨人を大量生成することはできない

      うまく整理できないのが、無知性巨人であればマーレ側も自由自在に生成できている点です。
      「限られた資源」の無知性巨人Verだけレイス家が取り逃がしたか、知性巨人と無知性巨人では生成する方法が根本的に違って、無知性巨人だけは「限られた資源」が不要かのどちらかですかね…

      すいません長々とコメントしました。
      こう整理してみると、巨人の生成過程についてもまだ謎が多いっすね。

      • 管理人アース より:

        新米兵士さん!

        コメントありがとうございます!

        >実は大量生産されている可能性がありますよね。
        たしかに硬質化能力は、エレンゲリオン、女型、ヨロイ、獣が使っていましたね。
        ただ、これはトッピングの能力であり、9つの巨人とは「知性巨人」の事を指していると思われます。
        知性巨人。巨人化能力者は大量生産出来ないのではと考えられます。

        >次も僕が勝ったら、その鎧は他の人物に譲ってもらう
        これは、ライナーを他の無知性巨人に捕食させるという意味かなと。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    166. おおおーーー!!!
      あっという間に、コメント300越え!!
      これは新記録ではありませんか!!

      今回は 主人公たちが 一人も出でこないのに、
      この大反響です。 これは 凄いことです。

      それにしても、フェイは可愛らしい 良いキャラ
      だったのに、またしたも 瞬殺!
      しかも、野良犬のせいにしてしまうとは…

      • 管理人アース より:

        おおぞらバードさん!

        コメントありがとうございます!

        ありがとうございます!
        もうすぐ400です(笑)

        >野良犬のせいにしてしまうとは…
        これ、野良犬ではなくて、綱でつながれています。
        マーレ治安当局員達が、飼い犬をフェイに襲わせて楽しんでいるという、残虐なシーンです。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    167. コーグ より:

      これまでの舞台が島の設定であって、今回はいきなりの大陸の登場。ものすごい展開でしたね。
      しかもマダガスカルがモデルの可能性もあるとは、なかなかの考察のしがいのあるところです。

      だとすると、南半球が舞台ってことになりますよね?
      これはカタカナが逆さまになっている言語とか、西から昇る太陽とも関係がありますかね!
      ひょっとすると地図の北と南がはじめから逆になっていたのでは?と思ってみました。

      • 管理人アース より:

        コーグさん!

        コメントありがとうございます!

        >地図の北と南がはじめから逆になっていたのでは?
        そうなんですよね。
        これが理由で、西から太陽が昇るのか…
        ただ、じゃあ何で南北が逆になったのかとも思いますが、これは回収されるか分かりませんよね。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    168. あぷりこっと より:

      初めまして。
      いつも考察記事を楽しみにしております!

      早速ですが、幼少ジークが遊んでいる人形についてです。

      もしかしたら、あれらは「七つの巨人」を示唆しているのではないでしょうか?

      少なくとも見えている人形は

      猿→獣の巨人
      騎士→鎧の巨人
      馬→四足歩行巨人

      と当てはめることができると思います。

      もしそうならば、四足歩行巨人は知性巨人で、ジークらと同郷(?)エルディア(?)なのでは…?

      無理矢理感が拭えませんし、深読みかもしれませんが、あの場面には何かあると思います…!(何もない可能性もありますが 笑)

      • 管理人アース より:

        あぷりこっとさん!

        コメントありがとうございます!

        おお、面白い考察ありがとうございます!
        四足歩行型は、話もしていましたし、知性巨人だと思われますよ。
        7つの巨人の一体かと。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    169. はんなり より:

      西から登る太陽と今回の地形図から考えると、進撃の巨人の世界は現実世界を反転したような世界なんでしょうね。だからマダガスカル島みたいな形のパラディ島にも雪が降る、と。

      • 管理人アース より:

        はんなりさん!

        コメントありがとうございます!

        そうなんですよね。
        南北が逆になっているので、雪も降るのか…
        他の場所という意見もあるので、別記事で考察するかもです!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    170. 進撃のじろう より:

      マーレに残ったエルディア人はワケ知り、壁に入ったエルディア人はワケ知らず、です。
      なんで、レイス家は、記憶を改竄できないアッカーマン家を壁内に連れて来たのでしょうか。面倒なら、マーレに残してくれば良かったのに、とも思いました。
      リスクを残しつつも、連れて来ねばならない理由があったのか、とも思いますが…

      • 管理人アース より:

        進撃のじろうさん!

        コメントありがとうございます!

        アッカーマン家は、もともとレイス家の懐刀だったので連れてきたのでしょう。
        その思想の違いで、仲違いするまでは、良い関係だったのではないでしょうか?

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    171. Rei より:

      気になったことがあるので初コメント失礼します。

      楽園送りとコニーの母や村の人たちが巨人化したことは関係があるのでしょうか?

      作中で巨人になるには注射を打たれてますよね。村の人も注射なのか別の方法なのか、もし別の方法なら楽園送りになれる時と同じ方法なのでしょうか?

      • 管理人アース より:

        Reiさん!

        コメントありがとうございます!

        >別の方法なら楽園送りになれる時と同じ方法なのでしょうか?
        ラガコ村の巨人化は、ジークが行ったはずです。
        その方法は明らかになっていませんが、楽園送りでの巨人化の方法と同じということもあるかもですね!
        87話で分かるかもです!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    172. 兵長のひらひら より:

      知性巨人9体のうち、あと一体は誰なのかを考えたとき、まず思い浮かんだのは第1話で調査兵団が森で奇襲していた蒸気の出ている巨人です。

      改めてそのコマをみると、顔がよく見えないながら、そのうつむきがちな様子に何かしら”人の思い”を感じる気がしました。

      • 管理人アース より:

        兵長のひらひらさん!

        コメントありがとうございます!

        いましたね!
        モーゼスがうなじを狙っていた巨人ですよね!
        う~ん…ここで登場となりますかね?(・_・;)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    173. ライム より:

      管理人さん初めまして。いつも更新、考察ありがとうございますとても楽しく読んでます。
      ふと思い出したのでずが、
      ヒストリアが子供の頃読んでいた絵本に、女の人が巨人にリンゴを与えてるページがあったのですが、そこと今回のユミルフリッツが似ているように思います。
      クリスタという名前はこの絵本からとってるとあることから、やはりユミルはヒストリアに自分を重ねていたのかもと思いました。

      • 管理人アース より:

        ライムさん!

        コメントありがとうございます!

        これですよね。
        2015-10-05_044157

        「進撃の巨人」第54話「反撃の場所」より


        クリスタという名前もこの女の子から取っていましたね。
        となると、ユミルがモデルとなった女の子の話ですから、ユミルとしてはクリスタという名前だけで、親近感が湧いていたのかもしれませんね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    174. Pilz より:

      こんにちは!今回は本当に凄かったですね!いや、このところ怒濤の展開でやばすぎです笑 お祭り状態で四六時中過去の読み返しています。

      ユミルの来歴が気になりますね。
      ユミルは”ユミルの民”という意味でユミルを名乗っていたのではないかとふと思いました。それなら”偽ってはいない”かなあ、と。どうもユミル・フリッツ自身ではなさそうですよね。
      でも大勢の幸せのためにしんであげたというのですから、重要な身分であったことは確かなのかもしれません。

      知性巨人の数ですが、グリシャは始祖の巨人の能力を奪うときにはすでに巨人化能力を得ていたので、ひょっとして9から8になってしまっているのではないかと思ったのですがどうでしょう。

      • 管理人アース より:

        Pilzさん!

        コメントありがとうございます!

        グリシャは今回最後に無知性巨人にされると予告され、終わっています。
        この後、キースと会う前に人間に戻っているので、巨人化能力を得たのでしょう。
        その後、レイス巨人を捕食したので、巨人数は8となっていますね。
        現在は、エレン、アルミン、ライナー、ジーク、アニ、四足歩行型、ユミルの7名が巨人化能力者と分かっています。
        なので、後一人が謎ですよね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    175. あっくん より:

      ダイナ・フリッツはカルラ・イーターな気がしてきました(笑)そんなことないかな

      • 管理人アース より:

        あっくんさん!

        コメントありがとうございます!

        あるかもですが、分かりませんね!
        どうなるのでしょうか?(・_・;)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    176. Mugui より:

      あまり難しく考える必要はない気がする

      九つの王家のうち七つが離反
      残った二つのうちひとつが始祖の王家
      最後のひとつは、潜伏を選んだダイナのフリッツ家が管理(逆に言えば、ジークがエレンを食えば始祖の力が復活)

      何故グリシャは自意識を取り戻せたのか
      最後のひとつを食ったから
      エレンに自らを食わせたのは、面が割れているため

      巨人の数が一向に減らないのは大陸側の嫌がらせ

      • 管理人アース より:

        Muguiさん!

        コメントありがとうございます!

        なるほど!
        辻褄合いそうですよね!
        ただ、ジークがエレンを捕食する展開は…ミカサの心情を察しますよ!(笑)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    177. ぴら より:

      いつも楽しく見させて頂いています。今回2つの国の戦いの歴史が描かれていますが、進撃アニメの後期EDの意味有りげな壁画の絵も2国の戦争を描いていたような気が、、

      • 管理人アース より:

        ぴらさん!

        コメントありがとうございます!

        これ、誰かも言っていましたね!
        壁に描いてある巨人の数も当たっている、みたいな。
        この時期からここまで計算していたということでしょう!
        スゴイですね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

        • ぴら より:

          あと、巨人にはなりませんが、アッカーマン家の力もその9つに分けた力の一つなんじゃないかな〜とも思いました。何か骨が詰まってて普通より体重が重い、、でしたかね。

          • 管理人アース より:

            ぴらさん!

            コメントありがとうございます!

            この考察はたまにありますね。
            分かりますよ!
            ただ、巨人の力はひとつのはずですが、アッカーマン家は何人にも力が発揮されているので…そこはどうかなと思います。

            またコメントください!
            よろしくです!


            管理人アース

            • ぴら より:

              なるほど、一族みんなとなればまた違う力なのでしょうか。今回色々解明しましたが、巨人に関しては本当にまだ謎ですよね。ファンタジー的な力ですが、注射のような科学的な要素も感じます。以前ハンジが言っていた異様に軽い巨人の体の謎も楽しみに待っています(^^)

            • 管理人アース より:

              ぴらさん!

              コメントありがとうございます!

              そうですよね~。
              これだけ解明されても、謎はまだまだ多いですよ!

              またコメントください!
              よろしくです!


              管理人アース

    178. エレン㊥ より:

      まさか86話が本編ではなく、過去の話だったとは・・・w
      えーと、今回の内容でわかったことがあるのですが、一話目のタイトルの「二千年後の君へ」とあって、皆は「これは過去の出来事なのでは?」と、ありますが、今回の「電池」「飛行船」「カメラ」「水素」 この単語はどれも昔には無かったのではないか。 と言う事です。

      この物語が例だとすると、
      昔=何も発展してない
      という事で、水素とかそういう科学的な言葉は無かったはずです。(グリシャなら解読可能かも知れませんが)

      で、アルミンがこの物語の語り手ですね。

      でも、流石に巨人も不老不死ではないですよねw
      ということは、誰かが「未来の出来事を予言している」のではないでしょうか?

      立体機動装置も、現代では使えてません。
      本当に昔使えていたのであれば、昔よりも技術が高い現代で使えるはずなのです。

      これらの仮説で、進撃の巨人という物語は、「これから起こる戦争」という事がわかってきます。
      (本当に起こったら嫌ですけど)

      えー、では、本編に関係ないことを話してしまってすみませんでした。

      では、失礼します




      なんで二次元に熱く語ってるんだろうね、俺は

      • 管理人アース より:

        エレン㊥さん!

        コメントありがとうございます!

        「二千年後の君へ」は二千年前のユミル・フリッツが、二千年後のエレンへの呼びかけなのかなと、今は思っています。
        もちろん、まだまだ妄想ですが。
        これが何なのか確定するのは、まだまだ先でしょうね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    179. 地下室の謎が知りたい より:

      地図で逆カタカナでマーレ帝国の読み方が右読みでしたね。現在の右読み、左読みは

      右読み
      ①マーレの地図(86話)
      ②缶詰のニシン(38話)
      ③イルゼの手帳(OVA)
      左読み
      ①ヒストリアの本(54話)
      ②オオイワの看板(12話)
      ③ドウグヤの看板(1話)
      ④単行本の表紙裏

      確かこれぐらいだったかな?
      イルゼの手帳の件はわからないのですが、
      左右読みの違いで考察すると

      右読み=マーレ帝国=マーレ語
      左読み=エルディア人(エルディア帝国)
           =エルディア語

      ①古代マーレ国からエルディア帝国へ
      グリシャ父や復権派の歴史主張がどちらが正しいのかは不明。1700年間エルディア語。
      ②145代フリッツ王とエルディア人パラディ島へ
      (エレン達がいる島)エルディア語。
      ③エルディア帝国崩壊。マーレ帝国復権。
      マーレ帝国内はマーレ語(巨人大戦後)
      ④マーレ帝国内エルディア人(特に復権派)
      バイリンガル(誇りや言語文化を捨てないため)
      ジーク密告。復権派楽園流し。

      マーレ側の歴史正しい?政府の改ざんでマーレ人は偽りの歴史を学ぶ?状況ならエルディア帝国で使った言語は使用しない気がします。弾圧や差別などしてきた悪魔のエルディアですから。

      漫画に言語通じる通じない演出は考察しなくてもいいのですかね?

      この設定ならグリシャとキースの初対面なら話せますし、右、左の読み方で時期、生まれ、人種、国々の言語を表せれるのかなーと思いました。

      ニシンの件はライナーが嘘ついたのかな?
      ただ一番問題なイルゼの手帳の件が(汗)

      長文大変失礼致しました。

      • 管理人アース より:

        地下室の謎が知りたいさん1

        コメントありがとうございます!

        >漫画に言語通じる通じない演出は考察しなくてもいいのですかね?
        作中で右から左、左から右と描き分けているので、これは考慮すべきかなと思います。
        獣の巨人初登場でも、ミケに話をする時、「同じ言語のはずなんだが」とワザワザ言っていました。
        彼がエルディア語もマーレ語も話せられる理由は、今回分かりましたね!
        イルゼは、とりあえず置いときましょう(笑)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    180. チクリス より:

      初コメントです。いつもコメントも含め楽しく読ませてもらってます!

      もう言われているかもしれませんが、今回の「悪魔と少女の絵」ですがヒストリアが本名を明かしたときに話していた時(何話か忘れました)「昔絵本に出てきた女の子の名前」に出てきた挿絵と同じですね。
      ヒストリアの回想での挿絵には文字が書かれていましたが、今回の絵には文字が描いてありませんでしたので別の書物だと思われますが、当時有名な昔話だったのでしょうか。
      記憶を改竄し、過去の歴史に関する書物は禁じられている中でなぜあの絵本をヒストリアが持っていたのか・・考えすぎかな?

      ここも伏線として扱われるのでしょうか!?


      もういろいろな思想がぶつかり合いすぎて、何が正しいのか分からなくなってきていますw
      グリシャはただ妹を殺された復讐心に駆られて盲目になってしまっている気もしますし、「フクロウ」なる不確かな存在に踊らされている印象も受けます。

      自分だけで読んでいてもここまでの考察は出来ないので、アースさんや読者の方々のコメントにかなり助けられております。

      また更新楽しみにしてますね!

      • 管理人アース より:

        チクリスさん!

        コメントありがとうございます!

        >今回の「悪魔と少女の絵」ですがヒストリアが本名を明かしたときに話していた時(何話か忘れました)「昔絵本に出てきた女の子の名前」に出てきた挿絵と同じですね。

        これですよね。
        2015-10-05_044157

        「進撃の巨人」第54話「反撃の場所」より


        間違いなく伏線でしょう!
        フリーダは、この時の女の子は優しい子と言っていましたが、今回は「悪魔と契約するユミル」となっています。
        真逆ですよね!
        これは、間違いなく何かしらの伏線だと思われます!
        エルディアから見れば正しいが、マーレから見れば悪…そんな感じですよね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

        • チクリス より:

          お返事ありがとうございます!

          51話での、「クリスタは私が生きるために与えられた役で・・・

          たしか・・・子供の頃読んだ本の女の子

          だった・・・はず」
          の所のコマの挿絵を想像していたのですが、確認してみると文字入ってました!失礼しました~;;

          そしてアースさんが示してくれたところも同じ絵本があったの、全然気付きませんでした><

          ブリーダが持っていた本だったんですね。もしかするとレイス家にもエレンの地下室的な感じで秘密の書庫的な場所があったりするのだろうか・・・

          来月が待ち遠しいです!

          • 管理人アース より:

            チクリスさん!

            コメントありがとうございます!

            >レイス家にもエレンの地下室的な感じで秘密の書庫的な場所があったりするのだろうか・・・
            あったかもですね!
            これを調べれば、グリシャ・ノート的な書籍も登場するかもですよね!

            またコメントください!
            よろしくです!


            管理人アース

    181. talence より:

      アース様 はじめまして
      いつも楽しく拝読しています。

      今回の展開に衝撃を受けて,素人ながら考えてみました。

      「大地の悪魔」との契約は,巨人の力と引き換えに,2000年後に大地の一部を悪魔に差し出すことであった。しかし,悪魔の真の望みは「人類滅亡への最終戦争」であった。

      それに気づいた145代フリッツ王は,争いのない島に壁をつくり人類を匿うことを選択した。同時に,最終戦争を引き起こす強大なチカラの一部である2人の巨人を壁内に隠蔽した。

      強大なチカラが復活するためには,9人の巨人が一度に会することが必要で,座標(いまはエレン)がその集合場所となる。座標は,フリッツ家,レイス家いずれかの家系にランダム発生するので,状況に応じてアッカーマン家が守護にあたってきた。

      歴代のフリッツ王は,強大なチカラの復活が人類滅亡につながると考えていた。しかし,フクロウ(おそらくマーレの統治者)は,悪魔との戦いに勝ち,人類が永遠にチカラを存続できると考え,強大なチカラの復活を目指し,2人の巨人を手に入れるべく進撃を開始した。
      巨人化能力者を捕食した巨人がマーレ人であるのがベストだが,マーレ側のエルディア人でもよいので,グリシャたちは利用されていた。

      なお,エルディア人によるとされる民族浄化は,マーレ人がエルディア人から巨人化能力を獲得するためのものであったが,いまだマーレ人の巨人化率はエルディア人より低いままである。エルディア人の隔離政策は,巨人化薬を製造するために,純血を残しておく必要があったため。

      ここまで書いておきながら,9人目の巨人やグリシャが捕食した相手が誰なのか,座標の発動するきかっけが何なのか思い当たりません。
      アース様お助けを〜〜

      • 管理人アース より:

        talenceさん!

        コメントありがとうございます!

        いやいや、面白いですね!
        >それに気づいた145代フリッツ王は,争いのない島に壁をつくり人類を匿うことを選択した
        この動機も面白いです!
        しかし、マーレがエルディア人に巨人化をさせる理由が、難しいですよね。
        エルディア人しか巨人になれないとのコメントも多いですが、どうでしょうか?

        >9人目の巨人やグリシャが捕食した相手が誰なのか,座標の発動するきかっけが何なのか
        これ、難しいですよ!
        グリシャが捕食したのはダイナだと管理人アースは考えています!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    182. ryruss より:

      今回の話は、地図中の文字とか、古文書中の文字を解読すると、更に色々なことが分かりそうですね。

      地図の方は、まだ見切れていませんが、パラディ島の中心部には「エルディア」と書いてあるように見えます。

      巨人同士が戦っている古文書には、「シソノキョジン・・・マシタ」などの文字が書いてあるように見えます。


      あと、今回明らかになった、パラディ島、マーレ大陸の語源ですが、どちらもフランス語だと思います。

      パラディは paradis、マーレは mare 。

      それぞれの意味は、paradis が 「楽園」。
      そして、mare は 「海」です。

      アルミンが見たがっている「海」は、実は私たちが考えている水を湛える海ではなく、マーレ大陸のことだ、という意味を隠してあるのかな、と思いました。

      • 管理人アース より:

        ryrussさん!

        コメントありがとうございます!

        >巨人同士が戦っている古文書には、「シソノキョジン・・・マシタ」などの文字が書いてあるように見えます
        これ、読みにくいですよね。
        治安当局がエルディア人に戦士を募集している場面のノボリには「ツドエ マーレノセンシ」と書いてありましたね(笑)
        「集え」って…(笑)

        >アルミンが見たがっている「海」は、実は私たちが考えている水を湛える海ではなく、マーレ大陸のことだ、
        おお、この考察は素晴らしいですね!
        ただ、アルミンなら、この内容のグリシャ・ノートを読んだら行きたがるでしょうね(^^)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    183. bambooky より:

      軍事的な側面から

      P447: ユミル・フリッツと対決する軍人
      ローマ軍と思われる 
       中心の短剣所有者
        剣:グラディウス
        兜:カッシウス,縦型羽飾りから一般軍団兵
        盾:パルマ(円形の小盾)
       左右の槍兵
        槍:ピルム(投槍)
       共通
        腕:マニカ(腕当て)
        足:グレアウェ(脛当て)

      したがって,マーレとはローマではないかと推測される.
      (さかさまに読むという慣習?)

      年代としては,帝政ローマ期,つまり紀元数年から400年程度ではないかと思われる.
      いずれの場合も,ローマのアフリカにおける版図は地中海沿岸の,モロッコ,アルジェリア,チュニジア,リビア,エジプトまでであり,アフリカ大陸全体には勢力は及ばない.
      再びさかさまということを考えれば,作中におけるアフリカ大陸が現実のヨーロッパ大陸に相当し,作中のマダガスカル島が現実の北欧神話を擁する地域に相当するのではないかと考えられる.


      P471:船
       形状からアメリカ南北戦争で登場した装甲艦のバージニアを彷彿させる.
      艦歴は1862年進水,同年自沈.

      P471:飛行機
       初飛行は有名なライト兄弟の1903年.戦争での利用は第一次世界大戦(1914-1917年)である.図中の三葉機もライト兄弟の複葉機から遅れること1908年には実用され,同じく第一次世界大戦に投入されている.前項の船との時代背景はやや異なる.


      いずれにしても,ユミル・フリッツが大地の悪魔と契約した直後に巨人が紀元100年前後のローマ軍と戦い,1820年後にグリシャが10歳前後であり,グリシャが25歳前後に紀元1900年前後になっているというおおよその現実歴史と符合するのではなかろうか.

      • 管理人アース より:

        bambookyさん!

        コメントありがとうございます!

        現実の年代、さらに歴史を踏まえているのではという考察ですね!
        となると、パラディ島もやはりヨーロッパの方面なのでしょうか?
        う~ん、面白いですね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    184. ryruss より:

      連投になって申し訳ないです。

      mare はフランス語では 「池」でした。
      同じ綴りで、イタリア語だと「海」でした。
      すいません。。。


      パラディ島について、マダガスカルやスリランカ説が出ているようですが、私はデンマークの東に浮かぶレス島だと思います。

      レス島は北欧神話の舞台の1つで、北欧神話ではフレスエイ島として出てきます。
      マーレ大陸はデンマーク。

      形状も位置関係も「雪が降って来た」という描写も合致すると思います。

      https://www.google.co.jp/maps/place/57%C2%B016'17.6%22N+10%C2%B059'03.7%22E/@57.2308793,10.776883,11z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d57.271541!4d10.984368

      何にせよ、これからの展開が楽しみですね!

      • 管理人アース より:

        ryrussさん!

        コメントありがとうございます!

        おー!素晴らしい情報ありがとうございます!
        パラディ島はマダガスカルだと思っていましたが、雪は降らないんですよね。それに小さいです。
        また、記事にて使わせてもらいますね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

        • ryruss より:

          作中の語源についても、色々考えてみました。

          ①エルディア人

          パラディがフランス語なので、フランス語で考えてみると erdier かな、と。

          erdier は、「アオカワラヒ」という鳥の名前らしいのですが、英語だと greenfinch 。
          略称で greeny と言うこともありようです。

          greeny には、別の意味で「間抜け、だまされやすい人」の意味があり、作られた歴史を信じ込んでいる壁内の人たちのイメージにピッタリです。


          ②フリッツ王
          綴りは Fritz だと思います。

          Fritz は Friedrich(フリードリッヒ)の略語でもありますが、他に、
          ・故障している
          ・ドイツ人(蔑称)
          という意味もあるようです。

          現フリッツ王は故障している感じなので、個人的にはピッタリです(笑)

          本作には、イエーガーやアッカーマンなどのドイツ系名字が多いので、王族もドイツ系なのかもしれないですね。

          • 管理人アース より:

            ryrussさん!

            コメントありがとうございます!
            面白いですね!

            >①エルディア人
            みなづきさんからのコメントで「エルディア人は、スペイン語の「el dia」(男性名詞定冠詞+「日」)ですかね。英語にすると、the dayとなるので、タイトルの「その日」や「あの日」を思い起こさせるような。」というのも頂いております。
            深いですね!
            ただパラディは、パラダイス(楽園)の語源である、パラディは古代ペルシャ語で「壁に囲まれた」からの可能性が高いかなと。

            >現フリッツ王は故障している感じなので、個人的にはピッタリです(笑)
            面白い!(笑)

            またコメントください!
            よろしくです!


            管理人アース

    185. 蒼雪 より:

      大きな大陸がそばにある島国で、色々と犠牲を払って鎖国しながらも中はそこそこ平和。エレンたちは実はそういう国にいた。ちょっと江戸時代の頃の日本に似ていませんか?
      そして、その大きな大陸では民族紛争が続いているのも。
      こちらの掲示板の途中に張ってあった、紛争体験録も読みました。半事実の創作エッセイと思いますが、説得力がありましたね。どちらが最初に敵の民族を殴ったのかなんて、今となっては分からない。でも、殴られたからには殴りかえす、そのことの脈々した流れ自体は現実にもあることなんでしょう。何百年もの積み重ねで、彼ら自身では平和になりたくてもなれない。まるで負の歴史を背負うこと自体にトランス状態になって「酔っ払わなければやってられない」ように、戦いを繰り返してしまう。グリシャも解読しきれていない古文書なんて不確かなものを根拠に、自分たちを正当化して戦っていた。
      と、なれば、ある程度距離を置いたところにいる別の民族や国家などが、冷静な視点で停戦と和平の仲介役をするべきなのかも。
      これから先のエレンたちには、もしかしたら壁外世界の争いを止める仲介者としての戦いがあるのではないか、と、期待しています。その役割もまた、現代の日本にも被る気がするのです。
      かつて戦争中の日本では、平和を求める行動をすれば非国民扱いされたと言います。『君死にたまうことなかれ』など、反戦文学もありましたけど、そういうことを言うのは命懸けだった。今の私たちは、それが明らかな間違いだったと知っていますよね?
      同じように、エレンたちの国でも、かつての王家の元では、歴史に疑問を持つと処刑すらされた。しかし偽りの王家を打倒したことで、報道が自由化され、情報を共有してみんなで考えることが肯定されました。
      今の彼らなら、きっと外の世界をも変えるための何かをしてくれそうです。
      そう、牛飼いの女王様の行動にも期待ですね。彼女、そろそろお話に出てきてくれないかな。画面にいるだけで和むんですけれども。

      • 管理人アース より:

        蒼雪さん!

        コメントありがとうございます!

        >その役割もまた、現代の日本にも被る気がするのです。
        鎖国状態を見ると、日本がモデルのように感じますよね。
        しかし、ナチス時代のドイツにも見える…
        ひとつ感じるのは、どこの国も同じような紛争時代を踏まえてきているのかなと思いました。

        >牛飼いの女王様の行動にも期待ですね。
        今章で、必ず登場するでしょう!
        そして、活躍すると思いますよ!
        楽しみですよね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    186. 進撃の巨人もどき より:

      知性巨人が9体しか存在しないとなると、かなりわかっていると思います。
      ここでは、ダイナが知性巨人で、ユミル巨人=四足歩行ではないという説で進めて行きます。

      鎧-ライナー
      超大型-ベルトルト→アルミン
      女型-アニ
      ?-マルセル→ユミル
      始祖-フリッツ家→レイス家→グリシャ→エレン
      ?-ダイナ→グリシャ→エレン
      獣-ジーク
      四足歩行?-?
      ?-?

      と、あと一体が分かっていません。最後が真のラスボスなのか…

      • 管理人アース より:

        進撃の巨人もどきさん!

        コメントありがとうございます!

        そうですね。
        あと一体が謎です。
        もし、ユミル→四足なら2体謎ですよね。
        既に登場しているキャラだとは思うのですが…

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    187. どすこい巨人 より:

      はじめまして、今回の話の展開から、皆様の考察を拝見して自分的に気になったことをコメントさせていただきます。

      私はエルディア人の収容区=第二次世界大戦のアメリカでの日本人収容区が近いと感じました。
      収容区に隔離して労働させて、志願兵を募っているのも同じで捕虜みたいな扱いです。ドイツのナチスのユダヤ人の収容区では、普通に労働と言うよりは最終的に排除、しているので、それだとエルディア人を生かしている状況と違うなと…。
      それで歴史と照らし合わせて考えると、マーレはエルディアとは別の国と戦っているもしくは戦おうとしていて(侵略されそうとか)そこは資源豊富で対抗するためにパラディの資源が欲しい。エルディア人のみが巨人化できるとしたら、その力を利用したい。
      パラディの資源とは核的なもので引きこもって干渉するなと言ったフリッツは、それを知っていた(王家だけが知っている情報?)。壁を作ったのは放射線が漏れないようにで、壁内のエルディア人の記憶を改竄したのは核を有していてることや放射線の驚異にきずかせないため…世界を平らにする発言は、いざとなったら核を送り込んで核戦争を起こす、と言う意味で巨人の力はあまり使いたくなくて引きこもってた、が、内部にマーレのスパイがいて核の存在がばれ戦士を送り込まれたとか…
      何となく、平らにするイメージ画(大型巨人がぞろぞろ)がナウシカの巨神兵を連想したのですが、あれも巨神兵は兵器でしたよね…
      そして東洋の一族、グリシャの両親は黒髪に見えます、グリシャに東洋の血が入っている可能性、どうでしょう?グリシャが読めた?古代文字は、実は東洋の文字なら実はグリシャ両親は東洋人で密かに日常の中でその字を使っていてグリシャは幼少期にほんのり覚えていた。鰊と同じ文字なら巨人の能力は元々、東洋からもたらされたものであり、大地の悪魔の契約は、ユミル初代が東洋の国と取引か何かしてこの土地に入れてしまったもの。(フリッツは知っているので巨人の力をもう封じたい?)
      マーレが戦おうとしているのが東洋の国(実は超大国)だとしたら、アッカーマンは東洋の一族で代々密かに巨人の力の監視をするためにこの土地に住んでる一族(だから辺鄙な場所に住んでいた)、ミカサは知らず知らずエキスパートの血を引いていて強いとか。

      長い上にトンチンカンだったらすみません!

      • 管理人アース より:

        どすこい巨人さん!

        コメントありがとうございます!
        どすこいってお相撲さんですか?(^o^)

        日本人収容所という考察は面白いですね。
        世界の歴史に、どれだけの収容所が存在するのか…今回のコメントで思い知らされております(・_・;)

        >ナウシカの巨神兵を連想したのですが
        同じですよ!
        同時に最後のオームの進撃シーンも思い出しました。

        >グリシャに東洋の血が入っている可能性、どうでしょう?
        これ、妹の名前フェイ(菲)or(飛)からも感じますよね!
        あり得ると思います!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    188. 蒼雪 より:

      返信ありがとうございます。
      別件で気になったことが。

      8巻の100ページにある通り、
      壁教のお祈りの際はみんなで内側を向いて腕を組んで三列の輪になりますね。あれは今となっては、壁内巨人を模した儀式だと思われますよね?

      同巻150ページあたりでミカサが実際に壁内巨人を見つけた時も、内側を向いていました。

      しかし、今回掲載分の挿し絵では、壁内巨人は町に背を向けて外側を向いていました。

      そして、壁外勢力侵攻を想定した大ゴマでは(当然ながら)町の外側へ巨人は動いていました。

      この違いに、何か意味はあるのでしょうか?

      壁外人には壁内巨人には外側を向かれているはずと思っていて実際には内側を向いていた、ということなのか、単に演出やコマが描きやすかっただけなのか。

      確かに壁に巨人が埋まってるなんて、顔が見えた方がインパクトがありますし、お祈りにしてもみんなの顔が見える向きの方が宗教っぽいです。それに巨人が壁内人類を守っているという説明なら、外側を向いた絵の方がより分かりやすい。構図の都合という説明はつきます。しかし。

      壁内の状況について、壁外には情報が少し誤って伝わっているという暗示なのかも? と。

      考え過ぎでしょうかねぇ?

      壁内状況を意図的に誤って壁外に伝えた何者かがいる? とかも妄想してしまいました。その彼? が、壁外に伝えた表向きの設計図では外側を向かせて描いたのだけど、実際には内側向きにさせていた。そのことは壁教には密かに伝わっていた…とか?

      向きを変えるということで、ここにいる巨人たちの意味がかなり変わってしまい得るので、何かありそうにも思えるのですが。町を守るためなのか、町を攻めるためなのかっていう風に。

      • 管理人アース より:

        蒼雪さん!

        コメントありがとうございます!

        壁の巨人の向きに関しては、管理人アースも気になりました。

        今のところは、シーナ(女型の時の壁)は内向きで、マリアは外向きなのかもしれないと思っています。
        その違いに意味は、分かりませんが…
        じゃあ、ローゼはどっちなんだとかになりますしね(笑)
        これはちょっと、まだ答えが出そうにないです。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    189. インペル より:

      アースさん、はじめまして。
      インペルと申します。初コメです。

      物語のかなり前ですが、エレン達104期たちがなだ訓練兵だった頃に寄宿舎でエレン、アルミンとライベルが夢を語っていた(?)ところです。
      エレンが「巨人を駆逐する」と言った後、ライベルは「帰れなくなった故郷に帰る」と言っています。
      そこでライベル達は「自分達の故郷は南にある」と言っていました。
      それが本当なら確かにライベルの故郷はマーレにあると思います。
      まさか海を隔てたところだとは…。
      今まで「進撃の巨人」
      は20巻くらいで終わってしまうのか、とか考えてなんか怯えてましたけど、全然これからですね!
      エレン達が戦っていた3重の
      壁がまさかあれほどちっぽけなところだっただなんて…。

      今もマーレの大陸では、かなり現代に近い文化ができていて、多くの人間がいるということですよね?

      エレン達はかなり速い段階で海を見れてしまうのでしょう
      か?
      というか、海を渡ってしまうのでしょうか??

      今後の展開が楽しみですね^ ^

      • 管理人アース より:

        インペルさん!

        コメントありがとうございます!

        >まさか海を隔てたところだとは…。
        確定ではないですが、そうだと思いますよ!
        本当に、驚きですよね!

        >今もマーレの大陸では、かなり現代に近い文化ができていて、多くの人間がいるということですよね?
        グリシャの話は20年以上前の話となっています。
        現在も、そうだと思いますが…

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    190. あかとら より:

      アースさんこんばんわ!初コメントです!
      毎回楽しみに考察を拝見させてもらっています!

      私はエルディア復権派を楽園送りにする際の一斉巨人化のやり方は現ジークの能力でパパパンとやったのではないかと思っています。なにしろ数十人なので能力がマーレ側にあるならここで使わないと!と感じたからです。
      現ジーク能力ですが、その時はフクロウが知性巨人で保持していた能力ではないかと勝手に想像しています!

      あと今回の無知性巨人となって楽園行きということで考えさせられたのは、
      壁外の巨人たちが人間を捕食するのは殺戮が目的なんかではなく、
      「巨人化できる人間を探し自分が人間に戻るために本能的に捕食行為を繰り返していた」
      のかな、と見ると悲しくなりますね。

      あと耳の形はとっても重要だと思っています!アルミンの耳の形も髪の毛で隠れてましたが、とても気になりました(笑)
      次回も考察楽しみにしております!

      • 管理人アース より:

        あかとらさん!

        コメントありがとうございます!

        >現ジークの能力でパパパンとやったのではないかと
        もし、能力で巨人化が可能なのであれば、戻すことも可能なのでしょうか?
        となると…希望が見えてきますね!

        >あと耳の形はとっても重要だと思っています!
        意味があると思いますよね!
        ただ、エルディア人とマーレ人の違いであるとすると、食い違ってしまうんですよね…

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    191. ヨホミン より:

      ん?通知解除したはずが延々メールがやまないのでテスト送信(苦笑

    192. 初心者巨人 より:

      更新ありがとうございます。
      争いの大元は民族紛争だったんですね、これは難しい問題ですね。

      グリシアがどのように巨人能力者を捕食する経緯になったか気になりますね。マーレが持っている7つではないと思うので元祖ではない残り1つの巨人化能力。

      ユミルの件も気になります、彼女は60年壁外を彷徨ってたと言ってたのでこの言葉に偽りがなければ
      ジークが20中後半と仮定した場合、ユミルが無知性巨人になった時期は
      巨人大戦の数十年後、グリシアが子供の頃よりも数十年前になるでしょうから何か裏技がない限りはユミル=ユミル・フリッツでは無いかなと思います。
      しかし「大勢の人の幸せの為に死んであげた〜」という発言からユミル・フリッツと関係はあると思います、実はユミルという名前は世襲制、王家でも重要なポジションで
      エルディア人残党が生かされているのはユミルの楽園行きと引き換えとか‥‥‥

      最後に皆さん予想されてる様にカルライーター=ダイナだとしたら
      グリシアは失った最愛の人によってもう1人の最愛の人を失う事に
      そしてダイナからしたら最愛の人の血を引く者によってとどめをさされる‥‥
      なんとも‥‥悲劇という言葉では収まらないですね。

      何はともあれ今回は衝撃的でした。
      長文失礼しました。

      • 管理人アース より:

        初心者巨人さん!

        コメントありがとうございます!

        >ユミル=ユミル・フリッツでは無いかなと思います。
        そうなりますよね。
        しかし、イルゼの手帳での「ユミル様」は、始祖を崇めているっぽいですよね!
        まだ、何かありそうです!

        >カルライーター=ダイナだとしたら
        これもこれでたまらないですよね…
        ただ、「進撃の巨人」っぽい残酷さでもあります…(・_・;)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    193. あじしお より:

      パラディ島のモデルですが、カムチャッカ半島説を推しますw マーレはロシアw
      なんか似てません?

      https://www.google.co.jp/maps/@68.9778204,159.0429871,15870316a,20y,90h/data=!3m1!1e3

      • 管理人アース より:

        あじしおさん!

        コメントありがとうございます!

        カムチャッカ半島は、大陸と繋がっているのと、左右の位置が逆になりませんかね?
        たしかに、形は似ていますが!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    194. 普通の東洋人。 より:

       どすこい巨人様、名前で笑わせるのはおやめくださいww。
       それはさておき、マーレ国が戦おうとしている相手は『アメリカ』でしょうか。
       ジークがコーヒーや野球を知っていたのは、マーレ国の敗戦後に流入した戦勝国の文化に触れたから?

       変なこと思いついたんですが、『3重の壁』は本当に島にあるのかと。
       調査兵団も見たことがない。
       故郷組は来るときはともかく、帰るときはどうする気なのか、いつ終わるともわからぬ作戦なのに迎えが来るとは思えないですし。
       グリシャもずっと収容区で、地図でしか世界を知らない。
       実際はバラディ島(壁)が大陸にあって、マーレ国がちっさい島国だったりして…。
       またはマーレ国、ひっそりと壁の北側にあったりして…。

      • 管理人アース より:

        普通の東洋人。さん!

        コメントありがとうございます!

        >マーレ国の敗戦後に流入した戦勝国の文化に触れたから?
        面白いですね!
        現実の歴史を踏まえている感じはしますよね!

        >またはマーレ国、ひっそりと壁の北側にあったりして…。
        まさかのマーレ=ナラカ!(笑)
        さすがにこれは…ありますかね?(・_・;)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    195. 初心者巨人 より:

      連投すみません。
      あとライベルアニと4足全員エルディア人残党ではないかなと思います。
      もし知性巨人の力を継承するのが誰でも可能ならわざわざ反乱の危険性あるエルディア人から選ぶでしょうか。

      考えられるのは死と隣り合わせの危険な任務だからマーレ人にはさせたくないから、罪人かエルディア人から選ぼうという考えか。

      知性巨人を継承出来るのはエルディア人の血筋だけかのどっちかではないかなと思います。

      • 管理人アース より:

        初心者巨人さん!

        コメントありがとうございます!

        >ライベルアニと4足全員エルディア人残党ではないかなと
        管理人アースもそう思うのですが、となるとライナーがアニに向けていった「穢れた民族」発言が気になりますよね。
        ライナーはエルディア人ではない?

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    196. 兵長の馬 より:

      今朝、超大型巨人がどうやって海を越えて侵攻するのかと投稿した兵長の馬です。アース様、お返事ありがとうございました。平泳ぎも笑えますが、バタフライも衝撃的ですね

      ロッド・レイスが、壁は100年くらい前に作られたと発言したことは完全に忘れておりました。失礼しました。

      パラディ島のモデルについて、マダガスカルかスリランカか、はたまたレス島か、と盛り上がっていてワクワクしています。マダガスカルとスリランカには野生の猿がいますね。先の尖った岬を持つ大陸または巨大な島と、隣(私たちの地図から見て南東)にある比較的小さな島、という位置関係だけ見ると、グリーンランドとアイスランドも多少似ているかなと思いましたが、ウォールマリアの直径より小さいので何とも…

      申し訳ありませんが、リヴァイの馬班は何の成果もあげられなさそうです。アース様と皆様の考察を楽しみにしております。ご武運を!

      • 管理人アース より:

        兵長の馬さん!

        コメントありがとうございます!

        >マダガスカルとスリランカには野生の猿がいますね
        おー、とすると厳しいかもですね。
        ただ、雪が降らないという時点で、何か違う気もしています。
        しかし、南北が逆だったら…ややこしいですね!(笑)

        これからも考察よろしくですよ!(^^)
        共に、謎を駆逐していきましょう!
        よろしくです!


        管理人アース

    197. TAKUMA より:

      被ってたらすいません
      ダイナとカルライーターって似ている気がする。
      エレンの持つ座標の力は王家の人間でないとうまく発動しない。
      この2つの点から考えるとエレンがカルライーターにパンチして座標の力が発揮できたようにエレンがヒストリアと触れていれば座標の力が発揮できる気がするのですがどうですかね?

    198. さまよう巨人 より:

      ダイナフリッツ、エレンの母(カルラ)を食べた巨人に似ていませんか…?

    199. イザベル より:

      アースさんこんばんは!ご無沙汰してしまっています。

      今回は濃すぎる内容で頭の中が整理つきません(^^;


      気になったことをいくつか。

      ●フェイという名前

      Fey,fay,Fayeなどのスペルで
      英語やフランス語で女性の名前として普通にあるようです。
      私も欧米の小説か映画でフェイという名前の登場人物見た記憶あります。

      妖精、信頼、信仰といった意味があるようです。

      ●「民族浄化が1700年続いた」はありえないのでは

      「エルディア人は他民族に無理矢理子を産ませユミルの民を増やした」とあります。
      胸の悪くなる残虐行為ですが残念なことに今でも行われていますね。
      ただこれを1700年のとても長い間続けるのは余程の数の他民族の存在がないと成り立たないですし
      何よりアイデンティティーの問題があると思います。
      メキシコのそういったことについての本を読んだことがありますが、さすがに1700年恨み続けるのは無理な気がします。自分自身を否定することにつながるので。

      1700年では祖先が何人だったかわからないくらい混血が進むでしょうから
      血統でエルディア人を定義つけると
      マーレ人は1700年もの間全くエルディア人の血が入っていないとは考えにくい気がします。

      なので壁内の王政だけでなくマーレも歴史を捏造していると思いました。


      ●アフリカ大陸南部周辺に似ていること

      ドイツ舞台ということからまずナチスのユダヤ人迫害の黄色の星腕章などを私も連想しました。
      腕章をつけなければ見た目では判断が難しいのであれば人種的な大きな差異はないということでしょうか。
      繊細すぎる話題なので扱うのは難しいでしょうが、人種で居住地が区切られていたのがアパルトヘイトです。
      アフリカ南部といえばまずそれを思い浮かべてしまいます。

      壁内の気候や広さがマダガスカルやアフリカ南部と一致しないのに似た地図を出してくたのは
      南アフリカ共和国やかつてのローデシアでつい最近まで行われていたアパルトヘイトのことも、
      同じ問題だと捉えているということをメッセージとして発信しているのかなとも思いました。


      わかりにくい長文で申し訳ないです。

      • 管理人アース より:

        イザベルさん!

        コメントありがとうございます!
        お久しぶりですね!(^^)

        >●フェイという名前
        情報ありがとうございます!
        考察部分の「フェイ」の所に使用させてもらいました!m(_ _)m

        >壁内の王政だけでなくマーレも歴史を捏造していると思いました。
        記憶改ざんではないでしょうが、対エルディアへの教育で、マーレにとって都合の良い捏造をしていそうですよね。
        レイス家の絵本では「優しい女の子」がマーレの本では「大地の悪魔と契約する女の子」であることからも察せられます。

        >アフリカ大陸南部周辺に似ていること
        ナチスドイツの歴史、そしてアパルトヘイトなどもそうですが、優生思想はどこの国の歴史でもありそうですよね。
        ただ、今回の展開で取り入れたのも「メッセージとして発信しているのかな」と管理人アースも感じました。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    200. ゆっきー より:

      すみません、ちょっと仮説の修正をしたいです。
      私はエレンがレイス家でないのに座標を操れる理由を考えて、いわゆるカルラ=レイス説に乗ったのですが、それは必要ないのではと気がつきました。
      原初状態の巨人、ユミル=フリッツが身に宿した本当の始祖の巨人を、同じく身に宿せばいいのではと。
      これは北欧神話にそのヒントがあります。
      始原の巨人=ユミルの身が分かれて世界が作られたが、ラグナロクにおいては、ムスペルからきた炎の巨人スルトに世界を焼き尽くされます。
      ユミル=フリッツはユミルであり、スルトはエレンになります。
      ではエレンがスルトになるためにはどうすればいいのか?
      ラグナロクでは、ほとんどの神々と巨人が死滅したあとに一人残ったスルトが炎の剣を世界樹に刺して燃やし、その後に世界が再生されます。

      では進撃の世界です。
      ここで神々と巨人(エルディアとマーレ?)が殺しあった場合、決着はどうつくのでしょうか?
      喰うしかないでしょう。
      互いに食い合って、最後に残った一人が世界を再生するのです。
      その一人は、9つの巨人の力を再統合して身に宿しているはずです。
      新しい世界ではユミルの民ではなく、「エレンの民」、あるいは「アルミンの民」、ひょっとすると「ジークの民」かもしれませんが、そのような民族が主流派の世界になるでしょう。

      グリシャは、エレンが再統合された「始祖の巨人」たることを望んで力を託したのでしょう。次号か次次号の予想になりますが、レイス=フリッツ家の血をひいていなくても、すべての巨人の力を統合して一つ身に収めれば、それが新たな王家になるという情報をどうにかしてグリシャが手に入れたという展開になるのではないでしょうか?

      ただ、このままだと、仮に壁内、エルディア人が勝利しても、エレンとアルミンのどちらかがどちらかを喰うことになります。
      その悲劇を演出したくて、諌山先生はエルヴィンでなくてアルミンを巨人化したのではないでしょうか?

      • 管理人アース より:

        ゆっきーさん!

        コメントありがとうございます!

        >喰うしかないでしょう。
        18号、19号を取り入れたセルのような感じですね(笑)
        全ての巨人を食って、ユミル・フリッツ状態というのは考えましたが、その演出のためにアルミンの巨人化展開があったのではという考察には驚きました!
        素晴らしい展開ですね!
        となると、ライナーもアニも…という事になりますね。
        これは、エレンは辛いですね…
        しかし、ありそうです!(^^)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    201. y調査兵 より:

      その日、人類は思い出した
      奴らに支配されていた恐怖を
      鳥かごの中にとらわれていた屈辱を

      その日=845年
       →奴ら=巨人
        鳥かご=壁(50m)
      あの日=フェイ死去
       →奴ら=マーレ人
        鳥かご=壁(小)

      という二つの意味を持っていたのかも・・・
      もしこの後「この日」という話があれば
      鳥かご=海になるのかな・・・
      とにかく、諌山さんが「巨人」ではなく「奴ら」と表記したのはこのためかな・・・
      とか考えてみたり^^

      更新ありがとうございます、次の考察待ってます

      • 管理人アース より:

        y調査兵さん!

        コメントありがとうございます!

        >あの日=フェイ死去
         →奴ら=マーレ人
          鳥かご=壁(小)
        素晴らしい考察ですね!
        上手いです!
        第1話から今回の展開を考えていたということですよね!
        怖い!(笑)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    202. tonoma より:

      2回目の投稿です。
      以下既出だったらすみませんが、、

      ・巨人の耳の形で、エルディア人かその他民族か区別できるとおもってたのですがどうなんでしょうか?

      普通(その他)=ライナー、ベルトルト、フリーダ
      尖ってる(エルディア)=エレン、ユミル、アニ、ジーク、グリシャ
      参考



      じつはフリーダ(≒レイス家)って耳が尖っていないのでエルディア人ではないとおもいます。
      始祖から奪い取ったor託された??
      グリシャが地下礼拝堂で怒りに震えていたのは、そういった顛末を聞いたからですかね?

      アニは髪で隠れてわかりにくいですが(あえてそうしてるんでしょうが)、尖ってると判断しました。


      ・グリシャ父の説明絵で出てくる悪魔はバフォメットですよね。これはキリスト教絡みですが、ユダヤ人とリンクしてるって伏線ですかね?


      ・マーレ政府が7つの巨人を持っているなら、人間の姿のまま壁に潜入させればいいのに、なんでエルディア人に継承させたんですかね?マーレ人でも巨人化できるけど、エルディア人じゃないと本来の力が出ないため?

      • 管理人アース より:

        tonomaさん!

        コメントありがとうございます!

        女型の耳は丸いです。
        鎧の巨人-horz

        「進撃の巨人」第63話、第29話、第42話より


        つまり、ユミル、エレン、グリシャ、ジーク以外は皆、丸いんですね。
        そしてグリシャ、エレン、ジークがエルディア人の血を引いていることが分かっています。
        さらに、エルディア人であるはずの、無知性巨人達も全て耳が丸いです。
        となると、エルディア人の耳が尖っているという考察は間違いではないのかと今は考えています。
        これ以上は、まだ考察中で、分かりませんが・・・

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    203. tonoma より:

      たびたびすみません、参考として巨人画像のURL貼ったのですが見えないようになってるんですね。。失礼しました。

    204. ゆっきー より:

      蛇足かもしれませんが、マーレの戦士の募集で5歳から7歳はいくらなんでも若すぎますよね。選別及び訓練期間を考慮しても。ただ、グリシャがエレンにすべてを託したのも、成人してからでは、始祖の巨人の器としては不適格ということが情報として入っていたからかもしれません。グリシャが第1話で「帰ってきたら地下室を見せよう」と言っていたのもその覚悟を決めたということだったのかも。シガンシナ襲撃があろうがなかろうが、レイス家襲撃は行ったのでしょうね。

      さて、9つの巨人にも位階がありそうです。
      絵的に9人の配置をみると、女型の始祖の巨人をとりまく3人と、下段にいる小さめの5人というのをみると、始祖、大巨人3人、小巨人5人という3階層になるのでは?
      ライナーがあっさりジークに負けたのは、ジークが上位階層だからかもしれません。
      またグリシャがフリーダに勝てたのも、下位でなく上位階層だから、かろうじて勝てた可能性もありますよね。
      思いつきばかりですみません。

      • 管理人アース より:

        ゆっきーさん!

        コメントありがとうございます!

        >シガンシナ襲撃があろうがなかろうが、レイス家襲撃は行ったのでしょうね。
        そうだと管理人アースも思います。
        2つ上の街=シーナ@レイス領だったのかなと。

        >9つの巨人にも位階がありそうです。
        これ、面白いですね!
        超大型は、上位階層だったのでしょうか?

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    205. 進撃の馬券師 より:

      管理人アースさん
      お初になります。

      私は皆様と少し違う考えで、グリシャ黒幕説を書きたいかと思います。コメントのレスを見ると、管理人様もそれに近いものを感じてるような…気のせいですね(笑)

      疑問1.巨人を操る能力をジークも持っている。

      座標以外、獣も言葉で巨人を動かしてたことから、ダイナの血を受け継いだことに関係があるのか。それとも戦士長という位から、上位の巨人の力を最初から得ていたのか。

      疑問2.グリシャに対するジークの怒り

      マーレに親を売ったのはジーク。なのにあの異常な怒りは何故に。もしかしたらジークに密告させたのはグリシャの意思で、ダイナもろともグリシャに利用されていたのではないか。そのグリシャの思惑に気がついたことによる怒りか。実はエレンすらグリシャのエルディア復権に利用されているのでは。

      疑問3.グリシャを捕食したエレンの記憶にフリーダは出てくるが、グリシャの記憶描写がない

      グリシャの記憶は、エレンと生活していたことで多くの共通があるので描写がないのか、あるいは故意に描写しないのか。それとも。

      疑問4.エレンは本当にグリシャを捕食したのか。

      実はグリシャが食いちぎったフリーダの脊髄だけ捕食し、グリシャは捕食されず生きていて、今もエルディア復権計画を実行してるのではないか。


      ちょっと飛躍し過ぎのコメントですみません。

      • 管理人アース より:

        進撃の馬券師さん!

        コメントありがとうございます!

        >コメントのレスを見ると、管理人様もそれに近いものを感じてるような…
        そのような考えはあるのですが、気持ちとしては違う展開が嬉しいなと思っている感じです(笑)

        >グリシャに対するジークの怒り
        これ、気になりますよね。
        これは単にマーレの「教育」によるものなのか…
        裏がありそうな気がします。

        >グリシャの記憶描写がない
        これは、ロッドに背中を触れられてフラッシュバックした際に、思い出していますよね。
        フリーダと戦ったグリシャ巨人の記憶です。
        後は、キースと会ったことを思い出していますので、やはりグリシャを捕食しているのかなと。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    206. より:

      既出でしたらすみません。
      ふと思ったのですが何故ジークはグリシャに息子がいる事、そしてその息子が「エレン」という名前だという事を知っているんですかね?
      息子がいるという事を把握してるって事はグリシャが生きている(生きていた)という事も知ってる訳ですよね。
      ジークが楽園送り=無知性巨人化されるという事を知っていればグリシャは無知性巨人のまま彷徨っているか、壁内の人間に殺されていると考え付くのが普通で壁内に内通者がいない限りグリシャが生きている事やエレンの存在も知り得ないと思うのですが…

      それとカルラ・イーター=ダイナでは?という考察が多く見受けられますが、仮にその考察が正しければジークがカルラ・イーターを操りカルラを食べさせた気がしてならないです。
      リヴァイと戦った時に「”あいつ”を殺せ」と命令し無知性巨人がリヴァイに向かっていったように、「グリシャの後妻(カルラ)を殺せ」とカルラ・イーターに命令すれば不可能ではないと思います。ジークのグリシャに対する憎しみを見てもあり得るかなーと…w

      • 管理人アース より:

        秋さん!

        コメントありがとうございます!

        >カルラ・イーター=ダイナでは?という考察が多く見受けられますが
        これについては、87話あらすじ展開予想!グリシャが人間に戻れた理由が判明!にて考察していますので、見てみてください!

        >ふと思ったのですが何故ジークはグリシャに息子がいる事、そしてその息子が「エレン」という名前だという事を知っているんですかね?
        ライベルから、「座標を発動した人物がおり、それはエレン・イェーガーだ」と聞いて、全てを悟ったのではないでしょうか?

        >「グリシャの後妻(カルラ)を殺せ」
        怖い!(笑)
        これ、怖すぎですよ!(・_・;)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    207. ソフィ より:

      アースさん、お疲れ様です。
      ものすごい反響ですね。

      上でイザベルさんも書かれていますが、フェイという名前には、ドイツ語で妖精という意味があるようです。Feeという綴りです。グリシャをノーリターンの道に導いた妖精、と考えると切なくなります。
      また、フェイの名を見て往年の名画、俺たちに明日はないの主演、フェイ ダナウェイを最初に思い出しました。Faye Dunawayです。映画好きの諌山先生なら、知らないはずはないように思います。
      中国語のことは知りませんでした。ダブルミーニングの仕掛けがあるかもしれませんね。

      • 管理人アース より:

        ソフィさん!

        コメントありがとうございます!

        >ドイツ語で妖精という意味があるようです。Feeという綴りです。
        ありがとうございます!
        記事の考察部分に反映させてもらっています!

        >ダブルミーニングの仕掛けがあるかもしれませんね。
        諫山先生の伏線では、多くありますよね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    208. 世界観 より:

      管理人アースさん。
      初めて投稿します。年表を考察いたしました。

      既出の情報から:
      ①あの日:   a.c 1820年
       グリシャ10歳と仮定
      ②ジーク誕生: a.c 1830年
       グリシャ20歳(18歳でダイナと 出会い、翌年結婚後出産)
      ③マーレの戦士に決意:a.c1835 年。ジーク5歳(教育機関へ)
      ④密告:  a.c 1837年
       ジーク7歳。
      ⑤壁の完成: a.c 1755年
       ③の時点の話で初代王が80年 前の警告を披歴。よって、壁は 大戦の15年後完成。
      ⑥現在: a.c 1862年
       壁完成から107年後。
      ⑦現在時グリシャの年齢:52歳
       死亡は47歳(5年前に死亡)
      ⑧グリシャの無知性巨人期間:0 年。27歳で島流し。壁内の在住期間はキースの話で15年。よって、グリシャはアースさんの考察の通りと推察します。15mの巨人が20km/hで10時間/日歩けば、5日で直線1000km可能。
      なお、以上からジークは現在32歳
      (グリシャ20歳の子供)

      長文失礼しました。

      • 管理人アース より:

        世界観さん!

        コメントありがとうございます!

        素晴らしい考察ですね!
        ありがとうございます!

        >壁内の在住期間はキースの話で15年
        ただ、エレンが15歳で壁内在住期間が15年というのは、ちょっと合わないかもですね。

        >③の時点の話で初代王が80年 前の警告を披歴。よって、壁は 大戦の15年後完成。
        本当は、この時に「95年前に言い残した言葉がある」というべきだったということですかね?
        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    209. 微知性巨人 より:

      アースさん、こんにちは。

      グリシャ父の言っていた巨人大戦が80年前というのは本誌の設定ミスではないでしょうか?

      フクロウからのメッセージの中でフリッツ王が言葉を残したのも80年前となっています。この時グリシャが20代後半だとすると、子ども時代から20年弱経っています。巨人大戦の年とフリッツ王が言葉を残した年にそれだけズレがあるとも考えられますが、グリシャ父の言う80年前というのが誤りで、巨人大戦の年=壁ができた年=フリッツ王が言葉を残した年、と考えるのが自然なような気がします。
      フクロウがメッセージをよこした年と現在の時差が27年だとすると全て辻褄が合うような気がするのですがどうでしょうか?

      • 9つの巨人の力の再統合 より:

        これ私も思いました。

        グリシャ父がグリシャに話しをした時は、グリシャは少年で10歳くらいでしたが、フクロウからメッセージを読んだ時は、グリシャはすでに結婚し、子供(ジーク)もいたので、最低でも10年の差はあ