進撃の巨人ネタバレ71話確定と画バレから伏線を考察!

「進撃の巨人」第71話「傍観者」にてグリシャが壁外人類であり、カルラ・レイス説否定が確定しました!

グリシャとキースはどのような関係だったのでしょうか!?

見てみましょう!!

Sponsored Link

◆進撃の巨人第71話「傍観者」ネタバレ!

gazou1
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


ハンジ 「知らなかった?」
    
    「訓練兵団教官シャーディスは、エルヴィンの一つ前の12
     代調査兵団団長だよ」
    
    「私達も会うのは久しぶりだ」

キース・シャーディスがいる訓練所へエレン達が訪れます。

エレン 「シャーディス教官」

2015-07-08_235558
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


緊張した表情でエレンは敬礼をします


その後、教官室へと場面は移ります

キース、ハンジ、ミカサ、エレン、アルミン、ジャン、リヴァイ、サシャと言うメンバーです

キース 「どうしたブラウス、座らんのか?」

サシャ 「いいえ、私めはこちらで結構です!」

2015-07-09_000214
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


キース 「…確かお前はこの教官室に呼び出されてはよく絞られて
    たな…」

キースの言葉にサシャは青ざめ、アルミン、ジャンも緊張した表情です

キース 「…あれからたった数ヶ月」
    
    「皆、見違えるように変わった」

リヴァイ「あんたを最後に見たのは確か、5年前だったか…」

リヴァイ「あんたも…その…変わったな…」

2015-07-09_000451
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より



キース 「調査兵団結成以来団長が生きたまま交代したのは初め
    てだ」
    
    「無能な頭を自ら有能な者にすげ替えたのだからな」
    
    「私の残した唯一の功績と位言えるだろうな」

ハンジ 「シャーディス団長…いえ教官殿」

    「ウォール・マリア奪還を目前に控えた我々が今ここに
    詰め寄る理由を察しておいででしょうか?」

険しい目でお互いを見つめ合うエレンとキース

2015-07-09_000858
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


キース 「エレン…お前は母親とよく似ているな」

エレン 「…!」

ミカサ 「…!」

アルミン「…!」

キース 「だが…その瞳の奥に宿す牙は」
    
    「父親そのものだ」

エレンが我慢できずに立ち上がり叫びます

エレン 「話してください!!知っていることすべて!!」

2015-07-09_001303
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


キース 「何も知らない、結論から言えばな」 

    「だが人類の利になり得ない話でよければ聞いてくれ」

    「傍観者に過ぎない、私の思い出話をー」


キースの回想になります

2015-07-09_001920
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


『私がグリシャと出会ったのは…20年前になるか…』

『場所は壁の外だった』

『その日の壁外調査の帰路は極端に巨人の遭遇率も低かったことを覚えている』

『ウォール・マリアシガンシナ区壁門目前に」

『彼は いた』

2015-07-09_074211
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


キース 「オイあんた!!!ここで何をしている!?どうやって壁
     を越えてきた!?」

グリシャ 「あ、あなた達こそ壁の外で何を…」
     
     「まさか…」
     
     「戦っているのか?」

2015-07-09_002049
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


お互いに得体の知れないものを見るかの表情の二人

キース「…見ればわかるだろ?我々は調査兵団だ」

グリシャ「調査…兵団?」

キース「…!?」

   「あんた…知らないのか?」

グリシャ「あ…あぁ…」

キース「とにかく乗れ」

   「話は壁の中でしてもらう」


グリシャは牢の中へ入れられ、若き日のハンネスとシャーディスがその前で会話をしています。

2015-07-09_002747
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


ハンネス 「無許可で巨人領域に足を踏み入れた罪ってもんがあっ
      たとは…」
     
     「オレの知る限り、この法が適用されるのは初めてだ
      ぜ」

     「だってまさか壁の外をうろつくバカ野郎がお前ら以外
      にいるわけねぇからよ」

キース 「…勤務中に酒をやるバカ野郎を牢の中にぶちこむ法は無
     いか?ハンネス?」

ハンネス 「そう言ってくれるな」
    
     「彼も哀れな酒の被害者だ」

     「自分の家から出生まで一切合切記憶が吹っ飛んが挙句
      気付けば壁の外だってんだから、恐ろしいぜまったく
      酒ってやつぁぁ」

キース 「彼はウソをついてないと?」
     
    「借金まみれの自殺志願者が戸籍を偽る算段を思いついた
     のやもしれんぞ」

ハンネス 「知るかよ、めんどクセェ~なぁ」
     
     「被害者がいるわけでもねぇんだ」
     
     「上への報告は無しだ、いいな」

キース 「…あぁ」


グリシャを連れてキースは外へ出ます

キース 「それで?ここからどこに帰るつもりだ?
     グリシャ・イェーガー
  
    「これからは出生記録にも無い名前を名乗るんだろ?」

グリシャ「名前以外にも覚えていることがある」
    
    「私は医者だ」
    
    「病院を紹介してくれ、できる仕事があるはずだ」

キース 「…ほう」

グリシャ「そして…私に教えてくれないか?」
    
    「この世界のことや…」
  
    「調査兵団…あなた達の事を…」


場所は皆が集まる酒場へと移ります。


2015-07-09_003649
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


『不思議な男だった』

『彼は本当に何も知らなかったのだ』

『この壁の歴史や成り立ち、地域の名や貨幣の価値に至るまで』

『酒の影響かは疑わしいが記憶に何らかの障害があったことは本当らしい』

『そしてしきりに人々の暮らしぶりを気にしていた』

『ありのままを現状を伝えると…』


グリシャ 「そうか…貧富の差こそあれどこの壁の中は平和なんだ
      な…」
    
     「少なくとも巨人に怯えて生きているわけではない…」

     「…よかった」

2015-07-09_004321
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より



俯き目を閉じるキース


キース 「『よかった』か…あんたもそう思うのか…」

グリシャ「え?」

キース「この狭い壁の中で飯と酒にありつけばそれで満足らしい
    な」

   「あんた達は…」
 
   「世界がどれだけ広いかなんて考えたこともないだろ?
    だから幸せでいられる」
   
   「私は違うがな」

不思議そうな表情でキースを見つめるグリシャ

グリシャ 「…」

     「あなた達が壁の外に出て行く理由はそれか?」
    
     「それが調査兵団?」

2015-07-09_004449
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より



キース 「…それが調査兵団だ」
   
    「王政の指し示す壁外不干渉の方針には疑問を唱える民衆
     がいる」

    「その不満を解消するために作られたと言えよう」
 
    「…もっとも現在となっては」
   
    「人類が忘れていた巨人の恐怖を思い起こさせただけだ
     った」
   
    「さながら私達は…王の正当性を示すための見せしめ…」
   
    「…ふっ」

    「…どうだ?」
   
    「馬鹿みたいか?」

グリシャ「そんなわけないだろ」

2015-07-09_004605
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より

 
    「あなた達はこの壁の誰よりも賢く勇気がある」
    
    「調査兵団の存在は人間の想像力や魂が自由であることを
     示す証拠であり、人類の誇りそのものだ」

グリシャの言葉に驚きの表情を隠せないでいるキース

キース「……」

   「誇り…?」「我々が…?」

グリシャ「あぁ」

その時店の店員らしき女性が割って入ってくる

カルラ「ちょっとキースさん?また調査兵団の勧誘かい?」
   
   「お客さんも人の口車に乗せられてちゃダメだよ?」

キース「ち、違うぞカルラ、私は…」

2015-07-09_004721
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


グリシャ「誤解ですよ」

    「そもそも私なんぞに務まるものではないでしょう
     調査兵団はもっと特別な…」
    
    「選ばれし者でないと…」

カルラ「あらそーですか」

グリシャの言葉に驚きの表情を浮かべるキースと冷たい表情のカルラ

そして回想は壁外調査中のキースの場面になります

一人巨人に向かっていくキースが見えます

2015-07-09_005409
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


キース『特別な存在、選ばれし者』
  
   『そんなことを言われたのは初めてだった』
  
   『確かに私は人と違った』
  
   『壁の中に自分の居場所を感じたことなどなかった』

   『そう…壁の中はー』

   『私には狭すぎたのだ』


場面は各兵団長が集まる会議へ

当時の団長の側にキースがいます

他の兵団長に皮肉られている当時の調査兵団長

2015-07-09_005811
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


他の兵団長 「またしても大損害か?」
      
      「毎度毎度死傷者ばかりこしらえて」
      
      「壁外拠点はいつできる?」
      
      「そろそろ犬死にはやめにして真面目に働く気は無い
       のか?」

      「その人生を使って借金を返すためにな」

嘲笑しながら嫌味を言う他兵団長に作り笑顔でうつむく当時の調査兵団長

団長の背を見ながらキースも嘲笑を受け流しているようです

キース 『ほざいていろ凡人共』
    
    『私が団長にさえなれば成果を出せるのだ』

    『自分がネズミの巣で暮らしていることにさえ気付けない
     哀れな小動物よ』
    
    『その微量な脳ミソでも理解できるほど偉大な偉業をいず
     れ突きつけてやる』
    
    『誰も私を馬鹿にできる者はいなくなる』
    
    『皆が私の考えを理解し』

    『皆が私を認める』

そこにはぼんやりとしたカルラの姿…



場面は多くの人がたくさんのベッド寝ている部屋に移ります

ぐったりとしたカルラをキースが抱きかかえて運んできました

汗だくのグリシャにキースが叫びます

2015-07-09_010046
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


キース「グリシャ!!」

   「カルラも例の伝染病だ!」

   「何とかならないか!?」

グリシャ「…‥‥!」

    「奥のベッドに」

ぐったりとしたままカルラがグリシャの袖を掴みます

カルラ「イェーガー先生」
   
   「私の…両親の方が…危険です」
   
   「どうか…」

グリシャ「大丈夫!みんな助かるよ!」

その後、グリシャの努力によってか皆が快方に向かいます

ハンネスが泣きながらグリシャの両肩を掴んでいます

ハンネス「イェーガー先生!!「家内が起き上がりました!!」

グリシャ「よかった!これで何とかなりそうだ!」

グリシャがカルテを見ながらホッとしています

グリシャ「キース!対処法がわかったぞ!」
    
    「この薬を大至急手配してくれ!」

キース「わかった!」

グリシャに頼まれ走りだすキース

しかし振り返ると

カルラ「イェーガー先生、ありがとうございます」

2015-07-09_010315
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より



場面はフラッシュバックのようなキースの回想になります

2015-07-09_010435
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


調査兵団員「団長がやられた!!」

     「撤退しろおぉ!」

壁外調査中に巨人に捕食された前団長に代わり新団長になったキース

そしてグリシャとカルラの結婚式へと場面は移ります

「おめでとう!!イェーガー先生」

2015-07-09_011008
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


人々が笑顔で祝福してくれています

ハンネスがグリシャに酒を注ぎに来ます

ハンネス「そういやぁよぉ先生」

    「二人が初めてあったのはいつだ」

カルラ 「初めてって…確か」

グリシャ「キースが私を店に連れていったんだ」

    「なぁキース?」

2015-07-09_011232
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


黙ったまま会場から去るキースに驚きながらも何かに気付いたようなグリシャ


また場面は変わり、壁外調査での拠点が巨人に潰される場面が描かれ、キースが団長になった後も壁外調査が上手く行っていない様子が描かれています

調査兵団員「くそ!!拠点が…」
     
     「ここはもう無理です、撤退しましょう!!」
     
     「団長!!」

キース  「力だ…」
    
     「もっと戦力があれば…」

場面は変わり調査兵団内での会議で、まだ若いエルヴィンが巨人との戦闘を裂けるための作戦「長距離索敵陣形」を提案しています

2015-07-09_011435
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


キース  「戦わないだと…?」

エルヴィン「はい、巨人との戦闘を避けることで我々の活動範囲を
      広げます」

     「これを長距離索敵陣形と名づけました」

     「是非これを次の壁外調査でー」

キース  「ダメだ」 

エルヴィンが提案を全て言う前に被せるように却下するキース

キース  「自分が団長になったらやってみろ」


場面は変わり壁外調査から帰ってきた調査兵団が描かれています

傷ついた多くの部下を引き連れ門をくぐったキース

2015-07-09_011651
民衆「何でこうも同じことを繰り返すんだろうね…」

  「シャーディス団長は突撃するしか能が無いって話だ」

  「そのくせ自分だけは生き延びちまうもんだからタチが悪い
   よ」
  
  「それに引き換えエルヴィンの分隊はまだ死人を出して
   いないんだって」
  
  「へぇ…さっさと団長代えちまえばいいのにねぇ」

民衆「オイ…聞こえるぞ」

民衆の会話が聞こえるているのか、俯き暗い表情で歩くキース

「キースさん」

との声の方にキースが目をやるとそこには赤ん坊を抱いたカルラの姿があります

驚いた表情のキース

2015-07-09_011838
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


キース 「カルラ…この子は…」

カルラ 「エレン…男の子です」

    「やっぱり便りは届いてなかったんですね」

キース 「…あぁ」

    「忙しくてな…」「…すまない」

カルラ「夫も心配してました」

キース「…..」

   「あぁ….」

暗く沈んでいくキース

カルラ「…キースさん」 

   「このまま…」

   「死ぬまで続けるつもりですか?」

急に殺気に満ちたかのような表情に変化するキース

キース「なぜ凡人は何もせず死ぬまで生きていられるかわかる
    か?」

   「まず想像力に乏しいからだ、その結果死ぬまで自分の
    命以上の価値を見出すことに失敗する、それ故クソを
    垂らしただけの人生を恥じることもない」

   「偉業とは、並大抵の範疇に収まる者には決して成し
    遂げられることはないだろう」

   「また理解することですら不可能であろう、その僅か
    な切れ端すら」
    
   「手当たり次第男に愛想を振りまき酒を注いで回る
    しか取り柄の無い者なんぞには」

   「決して」



キース『ーそう』

キース『凡人は何も成し遂げなかった』

2015-07-09_012643
背景には第1話での「何も成果も得られませんでした!!」の場面が


キース「エルヴィン…団長をやってくれるか?」

キース『特別な人間は、いる』

    『ただそれが、自分ではなかったというだけのこと』

背景にはエルヴィン、リヴァイ、ハンジ、ミケがいます

キース『たったそれだけのことに気付くのに大勢の仲間を殺して
     しまった』

    『なぜこんなことをしてしまったのかー』

キース「私はこのまま王都へ報告に向かう」

    「それが最後の任務になる」

エルヴィンに団長を譲り、その報告のために王都へ向かうキースは皆に背を向け歩き始めました


民衆「ウォール・マリアが破られた!!」

  「このウォール・ローゼにも巨人が迫っているぞ!!」

2015-07-09_012842
「進撃の巨人」第70話「傍観者」より


その叫び声とともに民衆が押し寄せ、その中に立つキースが描かれています

キース『大きな流れにただ翻弄されるだけの私がなぜ』

    『あんな勘違いをしてしまったのか』


グリシャ「キース!!」

グリシャに大声で名前を呼ばれ驚くキース

キース『あぁ…思い出した』

   『お前だったな』

グリシャと合流したキースはグリシャと共にカルラを探します

駐屯兵団員「シガンシナ区なんか、とっくに壊滅したよ!!」
     
     「それよりここトロスト区を守らねぇと本当にみんな
      食い尽くされちまうんだ!」

グリシャ「避難所だ!!きっと家族はそこにいる!!」
    
    「手分けして探そう!!」

避難所らしき、大勢の人が寝ている場所を探すキース

キース「カルラ…どこだ?」

   「あの時の無礼を謝りたいんだ… どこに….」

しばらくすると眠っているエレンを見つけたグリシャが避難所の外で揺り起こす

キースも二人のところへ駆け寄っていく

2015-07-09_013430
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


グリシャ「起きろ、エレン」

エレン 「う…」

    「父さん….」

    「母さんが… 巨人に…」

    「食われた…」

2015-07-09_013606
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


目を見張り、固まるグリシャと、昔の笑顔のカルラを思い出しガックリと膝をつくキース


グリシャ「エレン…」

    「母さんの…仇を…討て」

    「お前には出来る」

グリシャのその言葉に何か反応したかのような表情になるキース

グリシャ「行くぞ」

後ろを向きエレンを連れ、歩き始めるグリシャ

キース「オイ…待てグリシャ」
   
    「…どこへ行く?」

グリシャ「森だ」

    「ついてこないでくれ」

後ろを向いたまま答え、再び森へ歩き始めるグリシャ

キース「待て…」

   「その子に託すつもりか?」

キースの言葉に反応し歩みを止めるグリシャ

キース「お前が討てばいいだろ、カルラの仇を」

   「何せお前は特別だからな、私と違って」

伝染病から皆を救いカルラをはじめ皆から感謝されるグリシャが描かれています

キース「その子も違うんじゃないのか?」

   「選ばれし者じゃないかも知れないぞ」

   「なぁ?」

   「また人に呪いをかけるのか?」

   「どうするんだ?お前の期待通りの人間じゃなかったら」

振り向き冷めた目でキースを見つめ応えるグリシャ

2015-07-09_013850
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


グリシャ「この子はあんたと違う」

    「私の子だ」
    
    「どうか頼む…」
    
    「関わらないでくれ」


再び森へ向かい歩き出すグリシャ 

残されたキースは呆然とし立ち尽くしています


カッ!!

キース「雷…?」

グリシャが去りどれくらい経ったのか…

山の中腹に一瞬光が差し、キースはそちらへ向かいます

そこにはエレンが寝転んで眠っていました

そのエレンからは蒸気が漂っているのが見えます

そのエレンを抱きかかえ、避難所へ連れて行き布団へ戻し去るキースの描写


場面は回想から教官所へと戻ります

キース「私はお前を寝床に戻した」

   「それが私の知るすべてだ」

2015-07-09_014204
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


エレン「…それだけ…ですか?」

少し間があり訊くエレン

エレン「他には何も…」

しかし、他には何も知らないように答えるキース

ハンジ「…あなたほどの経験豊富な調査兵がこの訓練所に退いた
    本当の理由がわかりました」

ハンジ「成果を上げられず死んでいった部下への贖罪…ではなく」
   
   「…他の者に対する負い目や劣等感」

   「自分が特別じゃないとかどうとかいった.…そんな」

リヴァイ「…」

ハンジ「幼稚な理由で現実から逃げてここにいる」

リヴァイ「…よせ ハンジ」

キースはハンジの言葉にうなだれ、逆にハンジはよりキースを責める

ハンジ「この情報が役に立つか立たないかをあんたが決めなくて
    いいんだ」

   「あんたの劣等感なんかと比べるなよ」

   「個を捨て公に心臓を捧げるとはそういうことだろ?」

怒りに満ちた目をしながら心臓に拳を当て敬礼しガタッと立ち上がるハンジ

それに対し、静かにエレンは言う

2015-07-09_081125
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


エレン「やめてください ハンジさん」

黙って座るハンジ

   「教官の言う通り…オレは特別でもなんでもなかった」
   
   「ただ…特別な父親の息子だった」

   「オレが巨人の力を託された理由はやっぱりただそれだけ
    だったんです」

   「それがはっきりわかってよかった…」

エレンの言葉を静かに受け止めるかのようなキースの表情

キース「お前の母さんは…」

   「カルラはこう言っていた…」



再びキースの回想シーンへ

カルラは赤ん坊のエレンを抱いており、「手当たり次第男に愛想を振りまき酒を注いで回るしか取り柄の無い者なんぞには」「決して」とキースが言った後の場面のようです。


2015-07-09_081507
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


カルラ「特別じゃなきゃいけないんですか?」

   「絶対に人から認められなければダメです
                          か?」


   「私はそうは思ってませんよ」

   「少なくともこの子は…」


背景はエレン達が訓練兵時代に使用していた姿勢制御訓練装置の前に立ち、それを静かに見つめるキースの姿

カルラ「偉大にならなくてもいい」

   「人より優れていなくたって…」
 
   「だって…見て下さいよ」
   
   「こんなにかわいい」

赤ん坊のエレンに頬ずりをし、優しい表情のカルラ
2015-07-09_020827
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


カルラ「だからこの子はもう偉いんです」

   「この世界に」

   「生まれてきてくれたんだから」

3年前

キース 『あの目だー』

    『あの子は父親が願ったように』

    『自らの命を燃やし、壁の外で燃え尽きるのだろう』

  
    『母親の想いも知らずにー』

背景にはエレン104期生訓練兵の通過儀礼の日に、エレンの目を見るキース、姿勢制御訓練装置用の腰ベルトに細工をするキース、微笑みながら赤子のエレンを抱くカルラが描かれています


キース 『お前の居場所はここではない 本当に自分に従って生き
     ろー』


背景には姿勢制御訓練で失敗し、逆さまになっているエレンに向かい、「上体を起こせー」と怒鳴っている、あの時のキースが描かれています

そして壊されたベルトで訓練を成功させるエレンの前に立つキース

    『そうだったな…』
    
    『私は…ただの傍観者に過ぎなかったのだ.…』

2015-07-09_082219
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より

『私には何も変えることができないのだから』

Sponsored Link


◆第71話の見どころ!

2015-07-09_002049
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


グリシャとキース・シャーディスとの出会いが判明しました!

壁外にいたグリシャを壁内に入れたのがキースだとの考察をしていた管理人アースとしては「やはり!」という感じです!(笑)

ただ、キースも壁外出身者だと思っていたので嬉しさは半減ですが…^^;

この時グリシャはなぜシガンシナ区近くに居たのかが気になりますね!

そして、グリシャとカルラとの出会いにキースが絡んで知るとは予想外でした!

しかも、キースの片想い発覚!(笑)

面白い展開でした!

キース目線で話は進み、キースの気持ちの意外な性格が読み取れる回となっていましたね。

エルヴィン、ロッド・レイス、ハンネス、ケニーもですが、「進撃の巨人」に登場する中年のおじさんたちは皆、魅力的ですね!

今回のキースも意外に好感持てました(笑)

それでは、今回のを見てみましょう!


◆第71話の伏線と「伏線らしき」ポイントまとめ!

第71話の伏線はこのようになっています!

  • 5年間でのキースの変わり様
  • 壁外で初登場したグリシャ
  • その日の壁外調査の岐路が極端に巨人の遭遇率が低かった事
  • 壁内の事を何も知らないグリシャ
  • 巨人に怯えず暮らしている壁内人類を知り「よかった」というグリシャ
  • 調査兵団を「壁の誰よりも賢く勇気がある」「人間の想像力や魂が自由であることを示す証拠」「人類の誇り」と言うグリシャ
  • カルラの両親の存在
  • キースの「託すつもりか」に反応するグリシャ
  • 無くなっているグリシャの遺体
  • 蒸気が出ているエレンを見ているはずのキース

  • それでは、それぞれ見て行きましょう!


    ◆第71話の伏線ポイント考察!

    2015-07-09_000451
    「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


    まず、グリシャの5年での老けようは異常ですね(ー_ー;)

    リヴァイも突っ込みたくなりますよね(笑)

    もしかしたら、キースが巨人化できるという伏線の可能性もあるかもです。

    グリシャとキースの出会いが壁外だったことからグリシャが壁外人類であることは確定しても良いでしょう。

    壁内の事を何も知らない事も壁外人類だということを指していますね。

    そのための伏線であると思われます。

    気になるのはグリシャと出会った日の巨人遭遇率が極端に低かった事です。

    これは「叫びの力」で巨人がグリシャのいる所に来ないようにしていたのでしょうか?

    獣の巨人も近くにいたという伏線かもしれませんね。

    壁内人類が巨人に怯えず平和に暮らしていることを知り「よかった」と言っていますが、これは何を意味しているのでしょうか?

    グリシャたち壁外人類が巨人を生み、それに罪を感じての発言なのでしょうか?

    調査兵団が壁外へ行く理由を知り、「壁の誰よりも賢く勇気がある」という発言は第1話での「人間の探究心とは誰かに言われて抑えられるものではないよ」とのセリフと似ていますね。

    グリシャは壁外に興味を持つ者を讃える傾向があるようです

    これは「壁外に世界の真実がある」ことを知っているように感じさせます

    やはりこうなってくると、グリシャの地下室にあるものが気になりますね(^_^;)

    カルラが伝染病に罹ったシーンでカルラの両親の存在が出て来ます。

    この二人がカルラの両親でしょうか?
    2015-07-09_075612
    「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


    両親とはシガンシナ区で同居しているということでしょう。

    これは「カルラ・レイス説」があり得ないことを示唆しています。

    まだカルラが血の繋がらない両親と暮らしている可能性はありますが、この展開からすると可能性はかなり低いのではないでしょうか?

    キースの「託すつもりなのか」というセリフに反応したのは、じっさいにこの後に「巨人の力」「叫びの力」をエレンに託すつもりだったからなのでしょうか?

    もしかしたら、グリシャが壁外にいた理由が「誰かに何かを託して」来たからなど、他の意味のある伏線なのかもしれません。

    エレンに捕食された後のグリシャの遺体についてですが、第62話のグリシャがエレンに捕食された後の画にはグリシャの下半身が残されていました。

    しかしキースがエレンを発見した時にはグリシャの残りの遺体はありませんでした。

    これは、巨人がうなじを削がれた後に蒸発するように、人間の体も同じように蒸発するという伏線なのかもしれませんね。

    そしてキースは蒸気を発しているエレンを見ても、何も気付かなかったのでしょうか?

    壁外調査で経験豊富なキースが巨人の発する蒸気と同じエレンが発している蒸気の意味に気付かなかったとは思えません。

    まだ、キースが何かを隠している可能性はあります!

    そのための伏線かもしれません!


    最後のキースが細工した姿勢制御訓練用ベルトの伏線回収にはやられました!!

    もし、人為的にベルトが壊されたものだとしても、ミカサがエレンに調査兵団に入ってい欲しく無いために壊したのかもしれないとは思っていましたが、まさかキースがやっていたとは…(^_^;)

    これだから「進撃の巨人」の考察は考え過ぎてちょうど良いくらいなんですよね!!(笑)

    このベルトの伏線回収は、素晴らしい内容でした!!


    ◆第71話の感想!

    2015-07-09_020827
    「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


    今回の話で大きな伏線回収や話の進展があった訳ではありません。

    たしかにグリシャの登場シーン、キースの登場により伏線回収はありましたが、肝心なグリシャの素性はウヤムヤです。

    ですが、キースの話は必要であり、描かなくてはならない話だったのだと思われます。

    それはエレンの下降気味な気持ちを上向きにするためです。

    今回の母カルラの話をキースから聞き、上向きになるのではないでしょうか?

    おそらくエレンの気持ちを上向きにするための話だったではないかと思われます!

    次回でエレンの気持ちの変化が分かるのとは思いませんが、カルラの言葉がエレンに何かしらの良い影響を与えるのではないかと思います!

    キースの「傍観者に過ぎない」という最後のコマに必死に頑張っているエレンの姿は対称的で、あの時のようなエレンの姿がまた復活するのではないかと期待させる71話でした!

    ■注目!
    → 72話「奪還作戦の夜」確定画バレネタバレはこちら

    → 【70話「いつか見た夢」】あらすじ展開まとめ!
    → 【70話考察】脊髄液から巨人化の謎を考察!
    → 【71話あらすじ予想】コニー死亡の真相!
    【進撃の巨人18巻の発売日12月9日まで抑えるべき考察まとめ!】


    Sponsored Link

    16 Responses to “進撃の巨人ネタバレ71話確定と画バレから伏線を考察!”

    1. Terry より:

      いや、今回わかったのはキースが敵でも味方でもなく、傍観者だったってことかな。
      それはそれで大きな意味があったと思います。
      ストーリーとしては進んでないけど、今回判明したことも多いが、新たな謎も生まれてきていて、その辻褄合わせを読者が考えているのもなんだかなあ。

      グリシャは壁外人というよりは実はかなり中枢近くにいた医師で、王様の巨人化(もしくは王族に関するタブーみたいなもの)を知ってしまい、記憶を消されて壁外に捨てられたって話はどうだろう?
      壁外人説を否定しているわけではないが、グリシャは王様が一子相伝で巨人化を伝えているのを知ってたようだし、なにより誰がホントの王様であるのかも知ってたようであることもあってね。
      また壁外人であった場合(ライナーたちの勢力の一員)、なんらかの交渉(例えば巨人化の薬のやり取りだとか)にきたが、決裂して記憶を消されたパターンとか、いろいろ考えちゃうけど。
      しかし記憶を消されていたというわりにはどこで自身の巨人化を知ったのか?自宅地下にはおそらくなんらかのそれらに関することを研究していたと思われるフシもあるわけで、失われた記憶もどこかで思い出すことができるのか?等などさらに疑問は湧いてくる。
      少なくとも壁が破られたところでは本人は勿論、キースもグリシャ巨人化は知っている感じがあるし。
      ああ今回も謎だらけだよ。

      • 管理人アース より:

        Terryさん!

        返信遅くなりすぎました(笑)
        キースはこれで登場ナシっぽいですね。

        グリシャの出自と謎もいったん置いておいて今はシガンシナ区が舞台となっています。

        当分、グリシャ関係の謎の解明はおあずけか、獣の巨人から解明があるのか…

        まだまだ先が読めませんね…

    2. からあげこ より:

      楽しく拝見させていただいております。

      ところで、
      「凡人は何もなしとげなかった。エルヴィン、団長をやってくれないか」のあたりから、発言者がグリシャとキースの文字が反対になっていないでしょうか?

      • 管理人アース より:

        からあげこさん

        ご指摘ありがとうございます!

        仰るとおりで、修正し更新しました!

        ありがとうございました!
        これからも楽しんで見てもらえると嬉しいです!


        管理人アース

    3. aaa より:

      今初めてここの感想を読んだけど、
      管理人が「カルラの両親か?」と赤丸印つけてる二人はエプロンとマスク装備だ
      グリシャの助手だよ

      もし仮にカルラの両親だったとして、
      カルラの服装からして彼女は回復したばかり
      両親の治療を優先させたからといってそんなに差が出るとは思えない
      だったら両親よりもカルラの方が他人の治療を手伝ってるはずだろ?

      管理人の読み違いだと思うけどね

      • 管理人アース より:

        aaaさん

        コメントありがとうございます!

        両親じゃないですかね~?
        そう言われるとマスクは患者もするけど、手袋はしないかな…?

        読み違いかもしれませんね(・_・;)
        あとはカルラ・レイス説の可能性があるかどうか…

        次にカルラに注目が集まる展開が楽しみですね!

        またコメントよろしくです!


        管理人アース

    4. 兵長の寝室掃除係 より:

      思い返せば教官はエレンに死亡フラグを立てているのでしょうか。

      「壁の外で燃え尽きるのだろう」

      ライナー達は自分達が「老い先短い」と言っていましたが
      巨人化をすることで寿命を縮めるのか
      戦士として戦って死ぬからなのかわかりませんが
      私は前者のように感じているので
      エレンが巨人化訓練をしているのをハラハラしながら見ていました。

      年老いて死ぬにしても、戦死するにしても…主人公が死ぬENDは見たくないですね。

      • 管理人アース より:

        兵長の寝室掃除係さん!

        コメントどうもです!

        >年老いて死ぬにしても、戦死するにしても…主人公が死ぬENDは見たくないですね。
        エレンが死ぬ展開ですよね!
        これはあり得ますよね!
        というか、エレンが死亡したまま話が進んでいく展開もあるのではと思っています!
        エレン死亡でEND…これは確かに嫌な終わり方ですね…(ー_ー;)
        出来れば死亡しても話は進める展開でお願いしたいです!(笑)

        またコメントください!
        よろしくです!

        管理人アース

    5. こんにちは!
      座標の力についてですが、レイス家の血を少しでも引いてないと使えないのではないのでしょうか?
      (じつはカルラがレイス家の遠い親戚だったとか…)そのためグリシャは座標の力が使えずエレンにたくしたのではないのでしょうか?

      • 管理人アース より:

        ミカサかわいい!さん!

        コメントありがとうございます!

        >レイス家の血を少しでも引いてないと使えないのではないのでしょうか?
        ロッド・レイスはそう言っていましたね!
        ただ、座標が使えない、ではなく「レイス家の真の巨人の力」が使えないと言っており、たぶん、そうなのだろうと思われます。

        >(じつはカルラがレイス家の遠い親戚だったとか…)
        カルラ・レイス説ですね。
        しかし、レイス家の末裔が飲み屋の店員などやるでしょうか?
        しかも、シガンシナ区で…(笑)
        ちょっと厳しいと思われます。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    6. ソフィ より:

      初めて投稿します。
      楽しく拝見してます^o^
      涙なしつだは読めないこの回ですが、一つ気になるセリフが。
      キースがグリシャにかけた最後のことば、「また人に呪いをかけるのか?」です。
      初めて酒場で話したときに特別と言われたことがキースを縛った、それを呪いというのかもしれませんが、更に深い意味が込められていたと考えてみたいという願望があります。

      巨人化の注射はどうやって作られているのか?
      伝染病を治したグリシャにはワクチンの概念があるものと思われます。
      注射もワクチンぽいですよね。
      記憶がなくても医師であることは覚えているグリシャ。ここは非常にあやしいです。世界の秘密が垣間見える気がします。

      ヨロイの注射の脊髄液には、
      ヨロイブラウンと書かれています。
      ブラウン?ライナーのこと?
      グリシャが巨人界にいたとき、既にライナーはいたのかな?ユミルのように・・・
      ブラウンの脊髄液がどんな経緯でロッドに渡ったんだろう・・・
      考察してみて下さい。



      ライナーの脊髄液を使ったと考えるのは、ライナーやエレンの年齢とグリシャ

      • 管理人アース より:

        ソフィさん!

        コメントありがとうございます!

        >それを呪いというのかもしれませんが、更に深い意味が込められていたと考えてみたいという願望があります。
        あ~、面白いですね!
        となると、キースはグリシャが壁外出身者であり、巨人化能力者であることに気付いていたのかもしれないですね!
        それで放置していたとなると、調査兵団長としては、かなりマズイですね…(ーー;)

        >記憶がなくても医師であることは覚えているグリシャ。ここは非常にあやしいです。
        確かにそうですね!
        ただ、エレンも記憶障害が起きていながら、ミカサの事や、アルミンの事を覚えています。
        ちなみに、管理人アースはこのグリシャの記憶障害は巨人化能力を得た影響の記憶障害ではないかと考えています。
        なので、医者であることを覚えていても不思議ではないかなと思っています。

        >ブラウンの脊髄液がどんな経緯でロッドに渡ったんだろう・・・
        これは「ブラウン家の巨人化能力」と言う意味であり、ライナーの先祖の脊髄液かなと考えられますね。
        グリシャからエレンへ、レイス家のように、巨人化能力は代々引き継がれていくものなのかもしれません。
        ヨロイ・ブラウンですから、ブラウン家の巨人化能力には最初から硬質化能力が付属しているのかもしれませんね。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    7. ごく普通の奇行種 より:

      新しい仮説です。グリシャが故郷組を知らないという考えです。理由はたったひとつ‼ので、大分怪しいです。理由はなぜグリシャがわざわざシガンシナにいたか、ということです。故郷組の襲撃がわかっていれば、偉大な医師として功績を上げたグリシャなら少なくともローゼ位にはいけたはずですから。もしそうだとすると、ジークはグリシャがいなくなってから故郷組を結成。そのいなくなった理由は、グリシャが熱くなって何かしたから。だと思います。考えられるのはここまでです。根拠には乏しいですが・・・

      • 管理人アース より:

        ごく普通の奇行種さん!

        コメントありがとうございます!

        >グリシャが故郷組を知らないという考えです
        ジーク戦士長がグリシャの血縁者である可能性は、かなり高いと思われるので、これは厳しいかなと。
        ただ、シガンシナ区に住んでいた理由は何かあるかもですね。
        もしかしたら、壁外の誰かと連絡を取っていたとか…
        早く地下室が見たいです!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    8. ゲレゲレ より:

      衝撃の86話で最初から読み返してちょっと気になったのがキースの回想に出てくる壁外拠点が潰された所。無知性巨人は人間しか襲わないのでたまたま拠点内に人間が居たから潰されたのだろうか?そうでなければ巨人を操れる者が調査兵団の壁外進出を阻むために意図的に潰したのかも。

      • 管理人アース より:

        ゲレゲレさん!

        コメントありがとうございます!

        面白いですね!
        何とも確認のしようが無いですが…

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    コメントを残す

    このページの先頭へ