進撃の巨人ネタバレ70話考察!獣の巨人とライナー達の関係は?

第70話「いつか見た夢」にてライナーとベルトルトと獣の巨人が再登場し、どうやら仲間のような印象を受けました。

ここで、獣の巨人とライナーたちの関係を考察してみましょう!

Sponsored Link


◆獣の巨人とライナー達の関係を考察!

2015-06-11_032356
「進撃の巨人」第70話「いつか見た夢」より

第70話の最後に獣の巨人は登場し「アニちゃん助けるのは後な」と語りアニとは古い知り合いのように伺えます。

おそらくライナー、ベルトルトとアニは同郷ですから獣の巨人の正体の男も含めて同じ「故郷」出身者ではないかと考察出来ます。

しかし、同郷とは言え、獣の巨人の正体の男とライナー達が同等の「仲間」なのかどうか、これは別でしょう。

第70話の最後で、獣の巨人と勝負に負けたライナーを抱きかかえるベルトルトですが、獣の巨人に向けた目は悔しいが、勝てない格上の者に向ける目です。

そして、第38話「ウトガルド城」で、獣の巨人を発見した時のライナー達の表情は、少し怯えているように見えました。

第46話「開口」でユミルはこの時の二人の表情を「ガキみてぇに目ぇ輝かせて見てたよな?あの猿を」と語っていましたが実際の表情は「輝かせてはいない」と感じました。

3272e22a
「進撃の巨人」第38話「ウトガルド城」より


ここから考えられるのは「獣の巨人とライナー達は同郷だが位が上」ということです。

獣の巨人の正体の男が年上ということもあるでしょうが明らかにライナー、ベルトルトは獣の巨人のことを恐れており、敵わないと認識しているように見受けられます。

そしてアニのことを「アニちゃん」と呼びながら、第49話「突撃」にてアルミンから聞いたまま「あらゆる拷問を受けている」と伝えられたアニよりも「座標奪取優先が当然」ということから、獣の巨人の正体の男はアニのことをかなり軽く考えているのが分かります

462e15e6
「進撃の巨人」第49話「突撃」より


これらのことから獣の巨人の正体の男がアニのことを「取るに足らない存在」と思っていることが分かりライナー、ベルトルトも同じように思っていると思われます。

では、獣の巨人とライナー、ベルトルト、アニがどのような関係なのか考察して行きましょう!

◆獣の巨人とライナー達の「故郷」はナラカ!?

2015-06-13_140415
「進撃の巨人before THE fall」第11話「獄中の奇縁」より


「進撃の巨人」の70年前の話となっているスピンオフ作品「進撃の巨人before THE fall」第4巻収録第11話「獄中の奇縁」にナラカという「壁の外の街」の存在が登場します。

この壁外の街「ナラカ」は壁内にいられなくなった咎人が作った街とされており壁外の北側に存在するとされています。

「壁外の街」と言われてピンと来るのはライナー達の「故郷」です。


ということは、ライナー達の「故郷」は「ナラカ」ということになるのではないでしょうか?


「ナラカ」を作ったとされる咎人(罪を犯した人。罪人。goo辞書より)達は壁外に出され巨人に食い殺される「死刑」になった人達とされています。

しかしその中には政権争いに負け壁内にいられなくなった一族を隠密裏に処分するために「死刑」になった人など理不尽な理由で死刑にされた人が多くいるようです。

ライナー達がその「ナラカ」出身となればベルトルトの「悪魔の末裔が!!」の言葉も納得できます。


自分の先祖が理不尽に壁外に出され巨人によって「死刑」にされそうになっているのですから「壁内人類は悪魔の末裔」と感じられるでしょう。


「ナラカ」を作った人々は「壁外に出された咎人」なのですから「壁内人類は悪魔だ」と子や孫に教育していてもおかしくはありません。

そう考えると、ライナー達が戦士として送り込まれたのも納得できます。

では、獣の巨人もナラカ出身ということになり壁外に出された咎人の子孫なのでしょうか?

ここで、「巨人の耳」から考察してみたいと思います!

Sponsored Link


◆巨人の耳の形から獣の巨人とライナー達の関係を考察!!

15.5.12-246x200
「進撃の巨人」第69話「友人」より


巨人の耳の形と出身地の関係については、こちらでもお伝えしてきました。

→ 知性巨人の正体は耳の形から出身地が分かる?


その時話題にした耳の形の画像がこちら!

◆「尖っている耳」の方
尖ってる-horz
「進撃の巨人」第35話、第63話、第8話、第47話より


◆「尖っていない耳」の方
フリーダ-horz
「進撃の巨人」第63話「鎖」、第68話「壁の王」より


◆「尖っていない耳」の方
鎧の巨人-horz
「進撃の巨人」第63話、第29話、第42話より



ちなみに上の画像でも分かるように69話でウーリ巨人の耳の形は「尖っていない」ことが分かっています。


まとめるとこんな感じです。

◆耳の形と巨人の関係
耳の形 巨人
尖っている耳 エレン巨人
ユミル巨人
獣の巨人
グリシャ巨人
尖っていない耳

超大型巨人ベルトルト
鎧の巨人ライナー
女型の巨人アニ
フリーダ・レイス巨人
ロッド・レイス超超大型巨人
ウーリ・レイス巨人

「尖っている耳」を見ると「エレン」「ユミル」「獣の巨人」「グリシャ」となっています。

ユミルの出身はユミルの民であり出身地不詳で壁外の可能性があります。

獣の巨人の正体の男は「グリシャの兄」と当サイトは考察しているので「エレン、グリシャ、獣の巨人」は同じ血統と考えます。


つまり、「尖っている耳」は「エレン血縁者」と「出身地不詳のユミル」ということになります。


一方、「尖っていない耳」はどうでしょう?

ライナー達「故郷組」と「レイス家」と言えます。

先ほどの「進撃の巨人before THE fall」のナラカの街の考察通り、「故郷組」がナラカ出身であるならば、もともとは「壁内人類の血統」であり壁内人類の血族ということになります。

つまり、このような関係に分けられるのではないでしょうか。

◆耳の形と血縁者の出身地
耳の形 血縁者
尖っている耳 壁外人類の血縁者
尖っていない耳 壁内人類の血縁者

原因は不明ですが巨人化した時の耳で血統が分かるようですね。

となると、獣の巨人は壁外人類の血統であり壁外に出された咎人の子孫の血統ではないということになります。


◆「巨人の耳」から分かる獣の巨人とライナー達の関係!

12_11
「進撃の巨人」第42話「戦士」より


「巨人の耳」から同じ「故郷」ナラカ出身の獣の巨人とライナー達のですが血統は違うと分かりました。

つまり、ライナー、ベルトルト、アニは「故郷」出身ですがもともとは壁内人類の血を引くということですね。

ここから獣の巨人がライナー、ベルトルト、アニを軽く考えている理由が分かるのではないでしょうか?


つまり、「同じ故郷の仲間」ですが「壁内人類」の血を引く彼らは下に見られているのではないか、ということです。


血統で身分が決まるという事実は歴史的に見ても良くあることですし、「進撃の巨人」の世界でも起こるという可能性は十分にあります。

特に「王政編」に入ってからは「アッカーマン一族や東洋の一族は記憶の改竄の影響を受けない」や「レイス家の血縁者でなければ巨人の真の力が発揮できない」など「血統」というが重視される傾向にあります。

なので「故郷」でも血統による身分の差のようなものがあってもおかしくないでしょう。

おそらく、「故郷」ナラカでは本当の壁外人類の血統である獣の巨人の正体の男(おそらく〇〇・イエーガーだと思われます)がライナー、ベルトルト、アニよりも身分が上なのでしょう。

そう考えると第38話「ウトガルド城」で獣の巨人を発見した時のライナー達の表情は怯えているように見えたのも「身分が上の者が自分たちを追ってきたことに対する怯え」であるでしょうし、獣の巨人の正体の男がアニの救出よりも座標の奪取を優先するのも分かるように思えます。


◆巨人化の力は「故郷」ナラカの「壁外人類血統者」が作成した!?

14108sin63_07
「進撃の巨人」第63話「鎖」より


「故郷」の中に「壁外人類血統者」と「壁内人類血統者」がいるという考察をしました。

ライナー、ベルトルト、アニは「壁内人類血統者」になります。

ということはもともと壁内人類だった彼らの先祖はどうやって「巨人化の力」を手に入れたのでしょうか?

おそらく巨人化の注射を彼らに渡したのは獣の巨人の先祖である「壁外人類」ではないかと思われます。

それがないと壁外での暮らしは出来なかったでしょうし、ナラカという街も作れなかったと思います。


つまり、故郷の壁内人類血統者は壁外人類血統者に救われたわけであり「大恩がある」ということになります。


その恩は先祖代々(と言っても100年くらいですが)受け継がれ今のライナー達にも受け継がれているのでしょう。

そして獣の巨人のような「壁外人類血統者」は彼らを下に見るようになっていると思われます。

そう考えるとしっくり来ますね!


この考察が証明されるのはだいぶ先だと思われますが、それまでドキドキしながら解明されるのを待つことにします!(^^♪

→ 【71話「傍観者」】あらすじ展開まとめ!
→ 【70話「いつか見た夢」】あらすじ展開まとめ!
→ 【70話考察】脊髄液から巨人化の謎を考察!
→ 【71話あらすじ予想】コニー死亡の真相!


Sponsored Link

この考察記事を読まれた方には、こちらの記事にも進撃して頂いてます。

12 Responses to “進撃の巨人ネタバレ70話考察!獣の巨人とライナー達の関係は?”

  1. 初見者 より:

    お初です。先週、進撃し始めた新参者です。
    このサイトを読んで知ったのですが、作者はゲームにインスパイアされてこの作品を作ったと明言されてるそうですね。僕の感想からすると本当にそうなんでしょうか?
    本当はワンピースをインスパイアしてるのではないかと勘繰ってしまうほど設定が似ています。重要な部分がです。
    管理人様がワンピースをご存知かはわかりませんが、申し上げさせて頂きます。

    壁→レッドライン
    座標→覇王色の覇気
    壁外者→D

    世界に1つの政府という設定も世界政府しかないワンピースの世界と同じです。

    巨人はワンピースなのかもしれませんね。

    • 管理人アース より:

      初見者さん!

      コメントありがとうございます!

      進撃の巨人は「マブラヴ・オルタネイティブ」というゲームをパクっていると作者も認めています(笑)
      始まりのエレンがエレンの寝起きから始まるのもゲームと全く同じです。

      ワンピースは知らないですね・・・^^;
      ワンピースは「ひとつなぎの大秘宝」という意味らしいですが、巨人は宝ではないですし、最終目標でもありません。

      今後の展開次第では分かりませんが・・・

      またコメントよろしくお願いします!


      管理人アース

  2. 犬死にせし者 より:

    管理人アースさま

    とても興味を惹かれるご考察の数々、つい睡眠を削ってまでも読みふけってしまいます。

    ところで、この項を読ませていただいていてふっと思ったのですが・・・
    ライベル達(がそうかどうかは確定していませんが)のように仮に出自が壁外だった者の場合、彼らはどのようにして壁内へ入れたのでしょうか?
    50mもの高さの壁を乗り越えるには、それこそ立体機動装置のような画期的な発明がなければ難しいでしょうし、壁外調査などでなければそう安易に門が開くとも考えにくい気がします。まして、調査兵団が外に出るために門を開いた時にどさくさで紛れ込めるほど無防備ではないはずかと・・

    もちろん、全てが推測の域を超えないのは承知の上ですが、管理人さまならどのようにお考えになるのか、とても興味があります^^

    お目に留まりましたら、お考えをお聞かせいただければ嬉しいです!

    • 管理人アース より:

      犬死にせし者さん!

      コメントありがとうございます!
      人類の前進のためなら犬死ではありませんよ!(笑)

      >彼らはどのようにして壁内へ入れたのでしょうか?
      第1話で超大型巨人の壁ドンで壁に穴が開きました。
      そして鎧の巨人がさらに内門を破り、ウォール・マリアが突破され、現在のトロスト区が最南端になっています。
      この時の超大型巨人と鎧の巨人の正体がベルトルトとライナーなので、開いた壁からアニと共に侵入し、そのまま壁内人として
      訓練兵団に入団したと思われています。
      これはほぼ確定して良いと思われます!

      また良かったらコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  3. 犬死にせし者改め嫁にするならアニかサシャ より:

    管理人さま

    ご返信をありがとうございます^^

    そうでした・・・それを忘れていました
    そもそも壁ドンから始まったと言っても過言ではない話なのに、当たり前のこと過ぎて頭から完全に抜けてしまっていました・・・><

    グリシャはほっつき歩いているところを発見されたものですし、壁外の人間でも中に入ることは不可能ではないんですよね。エピソードが語られていないだけで他にもその手があったか、というような侵入方法があるかもしれないわけで。

    こんな初歩的なことでお手を煩わせてしまい申し訳ありませんでした><
    今後も楽しく読ませていただきます^^

    • 管理人アース より:

      犬死にせし者改め嫁にするならアニかサシャさん!

      コメントどうもです!

      >こんな初歩的なことでお手を煩わせてしまい申し訳ありませんでした><
      いえいえ、人間誰しもフッと落とすことがありますし、
      当サイトは初歩からマニアックな方まで全ての人が「進撃の巨人」を一緒に楽しむ
      応援サイトとしても機能したいと思っているので大丈夫ですよ!

      ところでサシャを嫁にすると食費が大変ですので
      犬死している場合では無くなりますね(ー_ー;)

      またコメントよろしくです!


      管理人アース

  4. ネコねこ より:

    あちら、こちらお邪魔しておりますm(__)m


    故郷ナラカ、は読んでいなかったのでいずれ読みたいと思います。

    さて、読み返してみると、猿巨人をライナー達が見た時の表情とユミルのセリフには違和感を感じますね。ガキみたいに目を輝かし、、ているようには見えず、画力をセリフで補足した?(失礼!)とも考えたものです。従って、作者があらわしたかっのは、ユミルのセリフどおりだろうと。

    位が高い、系統が違う勢力のリーダー猿巨人、、正体がますます楽しみです。グリシャとの血縁説、アースさんの予想は当たると思います♪

    • 管理人アース より:

      ネコねこさん!

      コメントありがとうございます!

      >画力をセリフで補足した?(失礼!)
      なるほど!
      となると、やはり「憧れ」の感情のような描写だったのかもですね!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  5. sa より:

    いつも楽しく読ませて頂いてます。ありがとうございます。

    ジークとライベルは、人類滅亡という目的は同じですが、滅亡させたい理由は違うのかな?と思いました。
    ジークは地球愛好家で、地球にとって害だらけの人類を残らず排除したい。
    話し方からして、未来から来たのかな?…なんて(^^;ライベルは、過去に何かがあり恨みを晴らす為、一人残らず排除したい。
    たまたま、恨みをもっていたライベル達を、ジークは利用したのではないか?と考えました。
    巨人は地球に無害ですよね。しかも、害だらけの人間を食べてくれる。
    ジークが、地球愛好家だとすると、もってこいの生き物です。
    ジブリの一作品の世界では、汚れすぎた土を綺麗にする為、滅び行く人類が、汚れを吸う森を作り、その森を守るよう虫を大きく改良し長い眠りつき、土から汚れを吸った植物が毒の大気でも生きれる新人類に後を託した…と原作にありました。(後にショッキングな事実が分かりますが…)
    みんな、誰かや何かの為に使命を果たそうとしているのでしょうか?
    時にそれは、エゴになる場合もありますよね…

    • 管理人アース より:

      saさん!

      コメントありがとうございます!

      >ジークとライベルは、人類滅亡という目的は同じですが、滅亡させたい理由は違うのかな?
      これはあり得ると思いますよ!
      ライベルは故郷から来たのでしょうが、耳の形が違うので違う人種だと思いますし!

      >ジブリの一作品の世界では
      ナウシカですかね?
      この作品は大好きですよ!(^o^)
      獣の巨人はエコなんですね!(笑)

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  6. ソロモン より:

    関係あるかわかりませんが、ナラカはサンスクリット語で地獄、地下世界等を意味するそうです

    • 管理人アース より:

      ソロモンさん!

      コメントありがとうございます!

      そうなだったんですね!
      これは知らなかったです!
      というか、サンスクリット語だったんですね(笑)
      これは何か意味があるのかもですね!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ