進撃の巨人ネタバレ7話の考察!伏線ポイントまとめ!

あちらこちらに伏線を張り巡らしてある作品「進撃の巨人」の第7話には、どのような伏線があるのでしょうか?

ポイントをまとめて、考察してみましょう!

Sponsored Link

◆第7話「小さな刃」の見どころ!

177929525

第6話と第7話はミカサファンである管理人アースにとっては神回となっています!

ガスが足りなく壁内へ戻れない104期生を、あきらめずに巨人の群がるガス補給塔である本部へ攻めさせるためにミカサが言った「私は強い…」の演説は、管理人アースがこの作品を読み続けようと決めたシーンです!

この演説での、もともとはエレンがミカサに言った「戦わなければ勝てない…」は名言ですね!

皆を発奮させ、本部に突っ込む途中でガス切れになり落ちたミカサは、一度は死を覚悟します。

その後、諦めずに再度巨人に立ち向かうミカサは最高ですし、その巨人を殴り飛ばし、かっこ良く登場したエレンゲリオンも最高でした!

このエレンゲリオンの初登場で第7話は終わります。


◆第7話の伏線と「伏線らしき」ポイントまとめ!


第7話の伏線ポイントはこのようになっています。

  • 「こんなことならいっそ…言っておけば…」というジャンのセリフ
  • 「ライナー…どうする?」「まだだ…やるなら集まってからだ」というアニとライナーのセリフ
  • ミカサの演説後にジャンが言った皆を発奮させる言葉
  • 「またこの痛みを思い出して…また…ここから始めなければいけないのか…」というミカサのセリフ

  • それでは、それぞれ見て行きましょう!


    ◆ポイントから見る伏線考察!

    2015-07-06_045437

    ライナーの「いっそ言っておけば」とは何を指しているのでしょうか?

    初読では正直分かりませんでしたし、正解があるのかも分かりませんが、ミカサに告白しておけば良かったという意味なのだと管理人アースは思っています。

    このような曖昧な表現のセリフをサラッと置いていく作者は素晴らしいですが、下手をすると「判断を読者まかせ過ぎる」という批判を浴びる手法です。

    それでもこのような手法を使用しているのは、作者が読者を信用しているからだと思われます。

    素晴らしいです!

    ライナーとアニの会話ですが、初読では意味が分かりませんね。

    アニが女型の巨人の正体だと分かり、ライナーが鎧の巨人の正体と分かっている今なら壁内人類への攻撃の事で相談しているということは分かります。

    しかし「集まってからだ」は何が集まったらなのでしょうか?

    Sponsored Link


    これは「故郷」に仲間がいることを指しており、この時仲間が来る予定だったことを指していると思われます。

    もしかしたら「獣の巨人」もこの日に来る予定だったのかもしれませんね。

    ジャンの「オイ!!オレ達は仲間に…」という皆を発奮させるセリフは18話でマルコが言う「ジャンの方が指揮役に向いている」という設定の伏線になっています。

    「強い人ではないから弱い人の気持ちがよく理解できる」「今、何をすべきかが明確に分かるだろ?」というマルコの言葉通り、この時のジャンは「弱い人」であり「何をすべきか」の判断に長けていました。

    18話でのマルコの言葉の伏線となっているシーンとも言えます。

    第6話でもありましたがミカサの「またこの痛みを思い出して…また…ここから始めなければいけないのか…」は、また家族を失った痛みを思い出して、イチからまた始めなければいけないのか」という意味と「エレンが死んだのでループ時に感じる頭痛をまた感じて、イチからまた始めなければいけないのか」という意味にもとれます。

    明らかにループの伏線を感じさせるセリフとなっています。

    第6話に続き、第7話もミカサの活躍とループ伏線が仕込まれている回となっています!

    【進撃の巨人用語集まとめ】
    進撃の巨人ネタバレ8話の考察!伏線ポイントまとめ!
    進撃の巨人ネタバレ6話の考察!伏線ポイントまとめ!
    進撃の巨人の現時点までの未回収となってる伏線まとめ!


    Sponsored Link

    この考察記事を読まれた方には、こちらの記事にも進撃して頂いてます。

    2 Responses to “進撃の巨人ネタバレ7話の考察!伏線ポイントまとめ!”

    1. ミカサの「死んでしまったらエレンを思い出せない」の場面で物語冒頭のエレンが寝ているシーンが出ているという事は、「私が死んでしまったらエレンをループで冒頭に戻せない」が裏に隠れていると思えますね。

      コミック7話終りに「没表紙案」としてミカサの「指をくわえて」の絵をわざわざ載せているのは、表紙はループの別世界と作者さんが遠回しに伝えているのですかね?

      • 管理人アース より:

        キース(傍観者)さん!

        コメントありがとうございます!

        >「私が死んでしまったらエレンをループで冒頭に戻せない」が裏に
        ああ、なるほど!
        たしかにそうかもしれません!
        これも意味深に考えられるセリフですね!

        ボツ表紙案は、ただのネタなのかなと思っていました。
        表紙ループに対しても、指しているかもですね!
        これも、最後の最後まで分からないような伏線ですが(笑)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    コメントを残す

    このページの先頭へ