進撃の巨人ネタバレ6話の考察!伏線ポイントまとめ!

各話に伏線を張り巡らせてある「進撃の巨人」の第6話にはどのような伏線が施されているのでしょうか?

伏線のポイントをまとめ、考察してみましょう!

Sponsored Link


◆第6話「少女が見た世界」の見どころ!

2015-07-05_045840

第6話と第7話は、ミカサファンならば「神回」と呼ぶのではないでしょうか?

6話はミカサのリミッターが外される、ミカサにとって非常に特別な回となっています。

第5話から引き継がれたまま、ほとんどがミカサの過去の話になっており、終盤で現在に戻った後もミカサの想いを前面に出し、ミカサ目線のまま第6話は終わっています。

この回はミカサの強さとエレンへの想いが生まれた原因を説明した回になっており、それはミカサの「存在」を説明する回という意味になっています。

まさに「ミカサ神回」です!


◆第6話の伏線と「伏線らしき」ポイントまとめ!


第6話の伏線ポイントはこのようになっています。

  • グリシャは山奥のミカサの家まで診療に来ていた
  • 純粋な東洋の一族はミカサの母が最後でミカサは東洋の一族の唯一の末裔
  • 「…この光景は今までに…何度も…何度も」「見てきた」
  • ミカサが突然強くなった!
  • エレンの年齢に似合わない凶暴さ

  • それでは、それぞれポイントを見て行きましょう!

    ◆ポイントから見る伏線考察!

    2015-07-05_050740

    グリシャがミカサの家まで診療に来ていたという事実は医者ですから当たり前なのかもしれません。

    少なくとも、ミカサの母が東洋の一族の末裔という伏線だけでしたら見逃せるかもしれませんが、父親がアッカーマン家の末裔とまで判明した現在ではグリシャがミカサの家に診療で通っていたのには何か意味があるのではないかと思います。

    この意味は現在でも分かっていません。

    初読では素通りしてしまうような話ですが、ミカサが東洋の一族の唯一の生き残りであるという話が盗賊から出ています。

    王政の迫害により、全滅しかかっているという伏線となっていますね。

    ミカサのリミッター解除はアッカーマン家の血を引くからであることが現在では分かっています。

    このシーンはその伏線となっています。

    Sponsored Link


    管理人アースはアニメでの、このシーンがお気に入りです!(^-^)

    「…この光景は今までに…何度も…何度も」「見てきた」を指しているのは単に「弱肉強食の世界」なのでしょうか?

    エレンが殺される場面を指していながら、ループの伏線とも取れるようになっています!

    エレンの「有害な獣を駆除した!!」「たまたま人と格好が似てただけだ!!」というセリフは9歳にしては凶暴過ぎるように感じます。

    何かの伏線になっている可能性もありますね。

    壁内で暮らすことに満足している人々を「家畜」と表現することとも通じているように見えます。

    エレンが主人公たる理由が何たるかを表わしている伏線なのかもしれませんね。

    現在は回収されているミカサのリミッター解除の伏線回でしたが、素晴らしいミカサ神回でした!

    進撃の巨人ネタバレ7話の考察!伏線ポイントまとめ!
    「進撃の巨人ネタバレ5話の考察!伏線ポイントまとめ!」
    「進撃の巨人の現時点までの未回収となってる伏線まとめ!」


    Sponsored Link

    この考察記事を読まれた方には、こちらの記事にも進撃して頂いてます。

    6 Responses to “進撃の巨人ネタバレ6話の考察!伏線ポイントまとめ!”

    1. アースさんと同じく私もミカサの覚醒シーン大好きです、「残酷なんだ」と気付くところは鳥肌物ですよね!

      リミッター解除についてですが、昔、北斗の拳でケンシロウが「人間は本来の筋力の30%しか使っていない」ような事を言っていた記憶がよみがえりました。

      この計算だと、幼い少女の筋力でも、約3倍の100%使いきればナイフの柄を握り潰したり、床板をぶち抜いたり、丁度つじつまの合う度合ですね。

      他にも戦闘の一瞬先が見える等、他の方の色々な考察も答え待ちですね!

      • 管理人アース より:

        キース(傍観者)さん!

        コメントありがとうございます!

        ミカサのリミッター解除シーンは、伏線としても、そのものの場面としても名シーンですよね!
        ここから、アッカーマン家のリミッター解除を考えていたとしたら・・・いえ、たぶんそうなんでしょうが。
        作者は、本当に恐ろしいです!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    2. あと、覚醒の寸前にミカサが小さくつぶやいているグニャグニャ文字、気になりますね!

      • 管理人アース より:

        キース(傍観者)さん!

        コメントありがとうございます!

        何か言ってますよね。
        管理人アースは、勝手に「戦わなければ勝てない」とか言っているのかなと思っていますが、何かの伏線になっているかもですね!
        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    3. 紅茶よりコーヒー派 より:

      管理人さん、こんにちは。私はわりかし最近ファンになったので、みんないろいろ考えてるなあと、今まで楽しく考察を読ませてもらってました。

      実はここがずっと引っ掛かりがあったものの、それがなんだか上手くいえず、まあいいかと放置しておりましたが、イェーガー家の地下室でのミカサの行動に関する考察でもしかしたらこうだったのでは考えが浮かんだので初めて書いてみました。

      本文でも既に指摘されているエレンがミカサを助けるために9歳とは思えぬ気性と行動を取った点です。更に言うと土地勘のないところであっさり隠れ家を見つけたり憲兵団は間に合わないと断言したりとこの話は違和感のてんこ盛りです。

      エレンも意識してるかどうかはわかりませんが、彼はこれ以外の選択をした場合ミカサが助からないのを分かってたと考えるとストンときます。
      何度もやってきたからこそ、土地勘のない山の中の隠れ家も迷わずたどり着いたし、助からなかった場合のミカサも見てるからあの憎しみ溢れるやり方だし、憲兵団は間に合わないことも分かってたと考えるとループ説はやはり濃厚の様な気がします。

      • 管理人アース より:

        紅茶よりコーヒー派さん!

        コメントありがとうございます!

        >9歳とは思えぬ気性と行動を取った点です。更に言うと土地勘のないところであっさり隠れ家を見つけたり憲兵団は間に合わないと断言したりと
        そうなんですよね!
        これもループ説の伏線と考えられますよね!

        >彼はこれ以外の選択をした場合ミカサが助からないのを分かってたと考えると
        素晴らしい考察です!
        仰る通り、エレン自身自覚していないかもですが、これまでのループ世界で学んでいたと考えられますよね!
        面白い考察、ありがとうございます!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    コメントを残す

    このページの先頭へ