進撃の巨人ネタバレ52話の考察!「クリスタ・レンズ」の伏線ポイントまとめ!

物語は王政編へと突入した第52話ですが、この回にはどのような伏線が仕掛けられているのでしょうか?

検証してみましょう!

Sponsored Link

◆第52話「クリスタ・レンズ」の見どころ!

2015-10-02_051441
「進撃の巨人」第52話「クリスタ・レンズ」より


新リヴァイ班が潜伏している場所へリヴァイも合流します。

まず掃除のチェックをするリヴァイは、新居に訪問した姑のようで笑えますが、新リヴァイ班である104期生には笑えない事実でしょう(笑)

エレンの「やっぱり!」という仕草が、この後のお仕置きを物語っています(笑)
2015-10-02_051506
「進撃の巨人」第52話「クリスタ・レンズ」より


アルミンから、これからの目標であるウォール・マリアに出来た穴を塞ぐ計画が説明されます。

それにはエレンに硬質化能力があるのかを実験しなくてはならず、リヴァイはハンジに実験の準備を指示します。

しかしここでハンジはニック司祭が中央第一憲兵に拷問され殺された事を明かし、実験は止めようとリヴァイに提案します。

しかしリヴァイはニック司祭が殺された事に責任を感じ過ぎており、慎重になるすぎているとハンジを諭します。
2015-10-02_051256
「進撃の巨人」第52話「クリスタ・レンズ」より


ハンジはリヴァイの言葉を受け、エレンの実験と中央憲兵に指示している相手を攻めることを同時に行う事を決定します!

それを聞いたリヴァイが言った「まあ、エルヴィンならそう言うだろうな…」のセリフはハンジを次期団長と認めているような言葉ですね!
2015-10-02_051232
「進撃の巨人」第52話「クリスタ・レンズ」より

最大の賛辞でしょう!

場面は変わり、ヒストリアが104期生たちに自分の生い立ちを話します。

そこで、ヒストリアが貴族であるロッド・レイスの妾の子どもであることが明らかになり、さらに周りからうとまれながら育った事が分かります。

目の前で母親を殺されるシーンは強烈でした!

最後に父親ロッド・レイスに「クリスタ・レンズ」という名前を付けられ終わります。
2015-10-02_051143
「進撃の巨人」第52話「クリスタ・レンズ」より


◆第52話の伏線と「伏線らしき」ポイントまとめ!

第51話の伏線ポイントはこのようになっています。

  • 毛むくじゃらの巨人が…というリヴァイの話
  • 悪党共は必ず私の友人が受けた以上の苦痛を…というハンジのセリフ
  • ただ動物だけが友達だったというヒストリアの生い立ち話
  • 「お前さえ産まなけー」で殺されたヒストリア母

  • それではそれぞれ考察して行きましょう!

    Sponsored Link


    ◆ポイントから見る伏線考察!

    2015-10-02_051414
    「進撃の巨人」第52話「クリスタ・レンズ」より


    リヴァイは104期生で構成される新リヴァイ班に合流します。

    その際に今後の目標を説明する際に「毛むくじゃらの巨人が岩を投げてこようが」「壁の中に多少巨人が湧こうがな」と言い、獣の巨人の存在を報告されて認識していることが分かります。

    この話し方からすると、巨人が湧いた原因も獣の巨人である事が分かっているようにも受け取れますね。

    少なくとも、獣の巨人が壁を登り、岩を投げ攻撃してきたことは分かっているようですので、獣の巨人が知性巨人であり、硬質化能力を有していることは把握してそうです。

    となると現在最新話より、これから対決するであろう獣の巨人対策も調査兵団は練ってきていることになりますね!

    このリヴァイの話はこれからの獣の巨人との対決において、調査兵団が対策を練ってきているという伏線となっています!

    話の流れでハンジから、ニック司祭が拷問を受け殺されたとの説明があります。

    その説明のシーンにて、ハンジが感情的になりながら憲兵サネスに「悪党共は必ず私の友人が受けた以上の苦痛をその身で生きながら体験することになるでしょう!!」と予言しています。
    2015-10-02_051319
    「進撃の巨人」第52話「クリスタ・レンズ」より


    その言葉通り、中央憲兵サネスは第55話でハンジとリヴァイからニック司祭以上の拷問を受ける事になります。

    感情的に「あぁ!!可哀想に!!」とサネスに言い放った時のハンジは恐ろしいですね!

    この時すでにハンジはサネスにとんでもない拷問をすると誓っていたという事でしょう!

    このハンジの予言は後のサネスに対する拷問への伏線となっています!

    その後、場面はヒストリアの生い立ちの話になります。
    2015-10-02_051209
    「進撃の巨人」第52話「クリスタ・レンズ」より

    幼い頃のヒストリアは周りからうとまれており、動物だけが友達だったとのエピソードが出てきます。

    このエピソードは第24話でライナーから「お前は馬にも好かれるし不思議な人徳があるようだな」とのセリフに対する説明となっています。
    2015-10-02_051617
    「進撃の巨人」第24話「巨大樹の森」より


    逆に言えばこの第24話のライナーのセリフがヒストリアの生い立ちの伏線と言えますね。

    このヒストリアのエピソードは24話のライナーのセリフの伏線回収となっています!

    次が最後の伏線ポイント考察になりますが、ヒストリア母はケニーによって殺されます。
    2015-10-02_051531
    「進撃の巨人」第52話「クリスタ・レンズ」より

    この時、ヒストリア母は「お前さえ産まなければ、こんなことには」と言おうとしたのでしょうが、皆まで言う前にケニーに首をかっ切られ殺されます。

    これは目の前にいるヒストリアに皆まで聞かせないようにしたケニーの優しさではないでしょうか?

    第65話でもケニーはヒストリアに対し「あぁ…お前は何って哀れなんだ ヒストリア」と言っています。
    2015-10-02_051555
    「進撃の巨人」第65話「夢と呪い」より


    ケニーは周りからずっと疎まれ続けながら生きてきたヒストリアを不憫に思っていたのかもしれませんね。

    ヒストリア母に皆まで言わせず殺したシーンはケニーの優しさを表している伏線となっています!

    これからの王政編にとって大事なヒストリアの生い立ち話の中にまで伏線と伏線回収がありましたね!

    さらにケニー初登場シーンもありました!

    52話はいろいろな意味で面白い回となっています!

    【進撃の巨人用語集まとめ】
    【進撃の巨人ネタバレ53話の考察!「狼煙」の伏線ポイントまとめ!】
    【進撃の巨人ネタバレ51話の考察!「リヴァイ班」の伏線ポイントまとめ!】
    【進撃の巨人の現時点までの未回収となってる伏線まとめ!】


    Sponsored Link

    6 Responses to “進撃の巨人ネタバレ52話の考察!「クリスタ・レンズ」の伏線ポイントまとめ!”

    1. 私はサシャに注目するのですが、彼女は第36話「ただいま」
      以降、前回の51話まで 実に15話、一年以上も登場して
      いないのです。
      サシャファンは、さぞかしヤキモキしたのでは?

      というより この間、ウォール・ローゼ内での戦闘や、エレン
      争奪戦に参加せず、何をしていたのか?
      まあ 北班で単独行動に近かったので、その後 村人たちと
      ゆっくりしていたのだろうか?
      しかし、軍組織である以上、本隊と合流して戦闘に参加
      しないのは おかしいのではないか!?

      この間、もしや巨人になっていた???
      (今のところ、それらしき巨人は見当たりませんが…)
      ただ、51話以降、気になる点があります。
      (つまみ食いを)しませんよ… たぶん
      (山から獲ってくれば)やりませんよ… たぶん
      たぶんをくり返しながら、こっそりと パンを盗んでいる。
      この あざとさはどうなのか?
      また52話で、リヴァイが 「隣のやつが巨人になろうが」
      この吹き出しがサシャに向いていて、「は!」とした表情で
      汗をかいています。 どうも引っかかるのですが…

      とにかく、この人気キャラが 一年以上も間を開けるとは、
      ストーリー上の謎ではないでしょうか?

      • 管理人アース より:

        おおぞらバードさん!

        コメントありがとうございます!

        >サシャファンは、さぞかしヤキモキしたのでは?
        この辺りにも当時サシャスパイ説が出ましたね!(笑)
        【進撃の巨人サシャスパイ説を考察!サシャの正体は王政側の人間?】でも検証しています!
        確かにサシャが合流するまでの間が長い気がしますが時間的には一週間くらいです。
        ただ、この一週間の間のいつの段階でサシャが合流したかは確認できていません。
        確実にいないのは一日なので、何とも言えないですね。
        ただ、サシャが怪しいのは間違いないです!(笑)

        またコメントよろしくです!


        管理人アース

    2. ネコねこ より:

      こんばんは、最新号あたりのコメント大にぎわいですね。楽しく読ませていただいております。

      さて、クリスタ→ヒストリア。彼女がなぜ、母にあれほど疎まれていたのか?がよくわかりません。

      妾になるのは良くても、子供を生むのはNG 社会だから?貴重な血筋ですから、代々のレイス家が子孫の予備を確保することは使命だと思われます。大奥状態でもおかしくない。(血筋が多すぎるのも不都合なのかも?)

      ヒストリアがいたからこそ、働かず安楽な暮らしが出来ていたのでは。いえ、いなければ、とっくにお払い箱になって新しい人生を歩いていたはずと嘆いているのでしょうか。

      毎晩着飾って外出とはどこに行ってたのでしょう。まさかロッドのところに?
      あるいは高官相手の高級娼婦(T-T)

      ヒストリアは可愛いけれど、母が特に美女という描写もありませんでした。ヒストリアは父親似かな(・_・)

      そして、レイス家の子供たちが全て殺されたあと、王家の唯一の血筋のヒストリア。なぜこのタイミングで、母が始末され、危うくヒストリアも抹殺、されるところを名前を変えて生きろと。


      それが社会に対しての建前としても、真実を知らせ、後継者教育をするべきでは。なのに、陰の護衛もつけずに訓練兵にし、い~ろいろあった末に、注射を打って巨人になれとは、ロッドさん、無茶苦茶すぎます。ヒストリアがさくっと巨人に喰われていたらどうするつもりだったんでしょうね。

      そして、王家の力が血筋にしか発動しないことをこの時知らないケニー、、。私には、かわいそうと言うセリフは皮肉にしかとれません。ケニーはここでヒストリアが死んでも自分とは何も関係ないと。


      ただもう、物語は激流の中、ヒストリア母もケニーも、登場することがないように思われます(((((((・・;

      • 管理人アース より:

        ネコねこさん!

        コメントありがとうございます!

        >彼女がなぜ、母にあれほど疎まれていたのか?
        これはヒストリアの存在のために、王政から圧力をかけられていたからだと思われます。
        王政からしてみれば、レイス家の血統というのは特別でしょうから、
        それを受け継いだヒストリアを見過ごすことは出来ないでしょう。
        つまり管理しなければいけない存在であり、下手をするとクーデターの種になりかねない。(なったのだが(笑))
        それを生んだヒストリア母は、王政からしてみれば疎ましかったので、ヒス母から見れば、「ヒストリアのせいで」
        となったのでしょう。

        >毎晩着飾って外出とはどこに行ってたのでしょう
        ロッドのところかなと(笑)

        >なぜこのタイミングで、母が始末され、
        タイミングは偶然だったはずです。
        王政から、とうとう決定が出てケニーに役目が回ってきたのですね。
        この時ケニーは、他の子ども達が皆殺にされているのを知らなかったはずです。

        >ヒストリア母もケニーも、登場することがないように思われます(((((((・・
        死亡退場しちゃいましたしね(^_^;)
        ケニーの夢は潰えましたね(合掌)
        ただ、最後はウーリの気持ちに少しは触れられたようでしたから、ある意味夢は叶ったのだと管理人アースは思っています!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    3. ネコねこ より:

      お疲れさまです!

      読み返してみると、ヒストリアのセリフの中に、『母はとても美しい人でした』とありますね。とても、美しい、とは思っていなかったので、見落としていました(  ̄▽ ̄)

      王政から圧力を受けていても、幽閉もされず、着飾って毎晩、外出していたのは、相変わらず謎ですが。


      読み返してみて、マリア陥落、フリーダ達惨殺、のあと、ロッドは単独でヒストリアと母を迎えに来ていたと気づきました。てっきり、ケニー達を引き連れて来たのかと思っていました。

      そして、ケニー、
      マリア陥落から数日たっているので、フリーダ達のことを知らないはずはないと思います。そして捕食によって、初代王の記憶、能力が引き継がれることも知っていました。

      この時点でケニーが知らなかったのは、能力発現がレイス家の血筋にのみ有効ということ。

      したがって、ケニーにとってヒストリアはなんの価値もありません。

      むしろ、初代王家の血筋にしか能力が継承されないことを知っているはずの上級貴族幹部は唯一のレイス家後継者となったヒストリアを自分たちの手中にするべきではなかったのでしょうか。

      このタイミングでヒストリアを拉致し、ロッドを始末すれば、偽王政治を続けるも、偽王追放して傀儡ヒストリア政権を立てるのも簡単だったのに。。私的見解です。。

      そもそも、レイス家と王政権力サイドがどのような関係だったのか、よくわかっておりませんので、アースさんのご考察があれば、またよろしくお願いいたします。

      • 管理人アース より:

        ネコねこさん!

        コメントありがとうございます!

        >マリア陥落から数日たっているので、フリーダ達のことを知らないはずはないと思います。
        第65話「夢と呪い」にロッドが子供達が全滅した等を白状したのはトロスト区奪還作戦辺りからだと言っています。
        さらに「5年間の間に尊い人命がしこたま消えた」とも言っているので、ケニーはフリーダ達の事を知ったのは、マリア陥落、つまりフリーダ惨殺から5年後となります。

        >初代王家の血筋にしか能力が継承されないことを知っているはずの上級貴族幹部は唯一のレイス家後継者となったヒストリアを自分たちの手中にするべきではなかったのでしょうか。
        つまり、これもフリーダ惨殺を王政幹部も知らなかったということでしょう。
        ロッドがレイス家の求心力が無くなることを危惧したためでしょうね。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    コメントを残す

    このページの先頭へ