進撃の巨人ネタバレ48話の考察!「誰か」の伏線ポイントまとめ!

エルヴィン団長率いる調査兵団の「エレン奪還作戦」が開始しました!

調査兵団がライナー、ベルトルト、ユミルとぶつかります!

そんな大盛り上がりの展開の48話にも伏線が仕掛けられているのでしょうか?

検証してみましょう!

Sponsored Link

◆第48話「誰か」の見どころ!

2015-09-23_192949
「進撃の巨人」第48話「誰か」より


エレンを奪い走る鎧の巨人が巨大樹を抜けたところをエルヴィン団長が発見するところから始まります。

全ての団員に巨人を連れたまま付いて来いと指示し、自身も鎧の巨人を追いかけます!
2015-09-23_192918
「進撃の巨人」第48話「誰か」より


先に鎧の巨人に追いついたミカサがベルトルトを攻撃しますが阻まれ、ユミルに邪魔されます!

ミカサは先にユミルを殺そうと攻撃しますが、クリスタに殺さないで、と懇願されます。
2015-09-23_192830
「進撃の巨人」第48話「誰か」より


しかし、ミカサはエレン中心なので、クリスタに邪魔をするならあなたも…という勢いで問い詰めます!
2015-09-23_192759
「進撃の巨人」第48話「誰か」より


これぞミカサの真骨頂!といった感じですね(笑)

そこに104期生は鎧の巨人に追い付き、それぞれの思いをライナー、ベルトルトに話します。

このシーンは切ないですね(泣)

そこへエルヴィン団長たちが多くの巨人を引き連れ鎧の巨人にぶつかる!というところで終わります!
2015-09-23_192244
「進撃の巨人」第48話「誰か」より


◆48話の伏線と「伏線らしき」ポイントまとめ!

48話の伏線ポイントはこのようになっています。

  • ユミルの「割といい奴らなんだよ!!」発言
  • ベルトルトの「誰か」

  • それではそれぞれ見て行きましょう!

    Sponsored Link


    ◆ポイントから見る伏線考察!

    2015-09-23_192854
    「進撃の巨人」第48話「誰か」より


    ユミルはクリスタに突然食べたことを謝り「壁の中には未来はない」「私と一緒に壁外に来い」と突然食べ、連れてきた理由を話しし、説得します。

    しかしクリスタは、壁外には巨人がおり、「すごい勢いで食べようとしてくるじゃない!!」と反発しますが、それに対しユミルは「誰にでも短所のひとつや一つや二つはあり」「そこさえ目をつぶれば割りといい奴らなんだよ!!」と言い返します。

    巨人の事を「割といい奴ら」と表現するユミルには独特の感性が感じられます。

    第46話では巨人に対し「見てるだけで近付いて来ない」「繊細なんだろうなきっと」と表現しています。

    巨人に「繊細」という表現を使うのはちょっと普通ではないように感じます。

    ここから感じるのは「ユミルの文化」です。

    ユミルは「ユミルの民の高貴な身分」であり、壁外出身者である可能性があります。

    【進撃の巨人のユミルの正体は?高貴な身分の真相も!】でそのように考察しています!

    そのユミルの民では、もしかしたら巨人に対し友好的な文化があったのかもしれませんね。

    さらにユミルの民は「巨人信奉者」のような文化があったのかもしれません。

    その文化から巨人の事を「割といい奴ら」や「繊細なんだろうな」という表現が出たのではないでしょうか?

    このユミルの「割といい奴ら」発言はユミルの民の文化に対しての伏線が張られているのかもしれませんね!

    その後、104期生が鎧の巨人に追い付き、思い思いライナーとベルトルトに話しかけます。
    2015-09-23_192451
    「進撃の巨人」第48話「誰か」より


    その彼らの言葉にベルトルトは耐え切れなくなり「誰が好きでこんなこと!!」「こんなことをしたいと思うんだよ!!」と叫び「頼む…誰か…お願いだ…」「誰か僕らを見つけてくれ…」と言います。
    2015-09-23_192402
    「進撃の巨人」第48話「誰か」より


    この「誰か」とは何を指すのでしょうか?

    以前はベルトルトが超大型巨人の血統の末裔であるという考察から壁の中の巨人の気持ちがベルトルトにこのようなセリフを言わせたのではないかと考察しました。

    【進撃の巨人の壁の中に巨人がいた理由は?座標や超大型巨人が関係?】で考察しています。

    しかし、このベルトルトの「見つけてくれ」という言葉にはユミルも反応しているため、「誰か…見つけてくれ」には別の思いがあるのでしょうか?

    僕らとはライナーとベルトルト、アニだけでなくユミルも含まれているのでしょうか?

    誰かとは「獣の巨人」の事でしょうか?

    現在ではちょっと分かりかねますが、この「誰か」が誰なのかが分かる時は、故郷組の行動の理由が明かされる時でしょう!

    楽しみでなりません!(笑)

    物語はエレン奪還作戦で大盛り上がりですが、そんな中にも伏線がしかけられていましたね!

    やはり、気の抜けない作品ですね!(笑)

    【進撃の巨人ネタバレ49話の考察!「突撃」の伏線ポイントまとめ!】
    【進撃の巨人ネタバレ47話の考察!「子供達」の伏線ポイントまとめ!】
    【進撃の巨人の現時点までの未回収となってる伏線まとめ!】


    Sponsored Link

    この考察記事を読まれた方には、こちらの記事にも進撃して頂いてます。

    8 Responses to “進撃の巨人ネタバレ48話の考察!「誰か」の伏線ポイントまとめ!”

    1. Peanut2 より:

       謎解きとは関係しないんですが、このあたりのベルトルトやライナー、以前のアニのことばを総合すると、かれらはみな根っからの悪人としては描かれてはいないことを痛感するわけです。
       流されてしまった、自分がない、ただの子どもだった…理由は様々ですが、みな人を殺すことになった自分の行為に痛みを感じ、後悔の念を表明したりもしています。
       これは獣の巨人との著しいコントラストとも読めますね。この先獣の巨人は、より残忍で非常な存在として描かれる気がします。案外どこかでライナーやベルトルトは「もう耐えられません」となって、獣の巨人と袂を分かつ…などということはないでしょうか? 少なくとも自らの行為を深く悔いて物語から消えていく気がするんですが…。

      • 管理人アース より:

        Peanut2さん!

        コメントありがとうございます!

        >みな人を殺すことになった自分の行為に痛みを感じ、後悔の念を表明したりもしています。
        そうですね。
        とくにアニについてはアニ外伝で任務についてはっきりと「気が滅入る」「憂鬱な任務」と表現しています。

        「Lost GIRLS」第2話より
        2015-09-18_110742
        ライベルアニは皆、公開しながら任務を遂行していたのでしょう!

        >「もう耐えられません」となって、獣の巨人と袂を分かつ…
        >自らの行為を深く悔いて物語から消えていく気がするんですが…。
        どうでしょうね~。
        この辺りの展開を作者がどう持って行くのか…
        管理人アースはライベルアニの誰かは74話以降で、リヴァイの巨人化注射によって無知性巨人になった人物に捕食されて死亡するのではないかと思っていますが…
        あくまでも可能性としてある、くらいですけど(・_・;)

        もうちょっと先の展開で判明するでしょうが、その時にショックを受けないように、心の準備をしておきましょう!(笑)

        またコメントよろしくお願いします!


        管理人アース

    2. ごまだれ より:

      面白い考察ありがとうございます!
      この回はユミルとクリスタの意見が違って言い争っていて驚きましたが。
      ユミルが反応したって事はベルとユミルはなにか繋がっている所があるんですかね(・・?)
      また考察楽しみにしています(=゚ω゚)ノ

      • 管理人アース より:

        ごまだれさん!

        コメントありがとうございます!

        >ユミルが反応したって事はベルとユミルはなにか繋がっている所があるんですかね(・・?)

        「進撃の巨人」第48話「誰か」より


        ここですよね?

        間違いなく何か通じる所があったのでしょう!
        それは知性巨人なら誰でも分かることなのでしょうか?

        おそらく、もう少し先になれば判明するのかなと思います!
        ライベルが再登場しているので!

        またコメントよろしくです!


        管理人アース

    3. Flügel der Freiheit より:

      他の可能性もあるかもしれませんが、やっぱりベルトルトの言った「僕ら」は、壁の中の巨人を指しているように感じます。

      ユミルは第50話で、「お前たちの境遇を知ってるのは私だけだしな…」と言っていますので、単純にベルトルトに同情したと私は解釈しています。

      この解釈が正しい場合、ベルトルトは知らないわけですが、エレンたちは既に「僕ら」を見つけていることになりますよね。だからといって、何かベルトルトに良いことがあるわけではないでしょう。

      この発言は、ベルトルトの虚しい気持ちを反映していると言えそうですね。

      • 管理人アース より:

        Flügel der Freiheitさん!

        コメントありがとうございます!

        >「僕ら」は、壁の中の巨人を指しているように感じます。
        そうなんですよね。
        ただ、壁の中の巨人全員を見付けたら、壁内人類はとんでもない事になりますが…(笑)
        ベルトルトの「自分の意志がない」という設定も壁の中の巨人を反映しているようにも感じます。

        またコメントください!


        管理人アース

    4. くろめ より:

      もう本当に…本当に連投すみません!

      この回の管理人様の考察、ユミルの巨人に対する感性、巨人を崇拝するような文化があったと思われる、という一文が実に的を射ていて感心しました!

      子供時代のヒストリアが、フリーダと読んでいた絵本の挿し絵と通じるものがあると思います!

      うーん、やっぱり絵本の挿し絵の少女が、ユミル本人だったら嬉しいなあ。ユミルファンとしては。

      • 管理人アース より:

        くろめさん!

        本当にユミルにハマっていますね(笑)

        >ユミルの巨人に対する感性、巨人を崇拝するような文化があったと思われる、という一文が実に的を射ていて感心しました!
        ハンジとは違う意味での巨人に対して「独特な感性」なんですよね!

        ユミルの再登場は間違いなくあると思います!
        これらの伏線回収には必要でしょうし!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    コメントを残す

    このページの先頭へ