進撃の巨人ネタバレ30話の考察!「敗者達」の伏線ポイントまとめ!

女型の巨人編前半の最終話となる30話にはどのような伏線が仕掛けられているのでしょうか?

伏線を取り上げ、ひとつひとつ考察していきましょう!

Sponsored Link

◆第30話の見どころ!

rivaikao
「進撃の巨人」第30話「敗者達」より


リヴァイがエレンゲリオンと女型の巨人の戦いの場に駆けつける途中でリヴァイ班の遺体がある場所を通るシーンから始まります。

この時のリヴァイの表情はとても寂しげに見えますが、人によって読み取り方が変わるような表情だと思われます!

ミカサがエレンを取り返そうと、逃げる女型の巨人を背後から攻撃します!

「絶対に…エレンは…生きてる」と自分に言い聞かせながら「ごめんねエレン…もう少しだけ待ってて」と言うミカサのシーンは名シーンです!

リヴァイが合流し、彼の凄まじい戦闘力が披露されます!

対知性巨人に単独で互角以上に戦えるのではないかと思わせられました!
第30話「敗者達」
「進撃の巨人」第30話「敗者達」より


「人類最強」にふさわしい戦い方です!

リヴァイとミカサはエレン奪還を果たしますが、リヴァイはミカサを守るために足を負傷してしまいます。

エレンを連れエルヴィンたちは壁内に戻り終わります。


◆第30話の伏線と「伏線らしき」ポイントまとめ!

第30話の伏線ポイントはこのようになっています。

  • ミカサのエレンに対する執着
  • リヴァイの足のケガ
  • ミカサの「違う…私は…」
  • 女型の巨人の涙
  • 壁内での調査兵団の出迎え

  • それではそれぞれ見て行きましょう!


    ◆ポイントから見る伏線考察!

    mikasa29
    「進撃の巨人」第30話「敗者達」より


    ミカサのエレンに対する執着は異常です。

    エレンの生命の危機や手の届かない所に行ってしまう予感を感じとると頭痛が起き、自分を見失っているかのような行動を取ります。

    このエレンへの執着は第3話でミカサが言った「これ以上家族を失いたくない」という理由だけでしょうか?

    【進撃の巨人ミカサが頭痛の意味は?結末がループ説の真相を検証!】でも考察していますが、ミカサの頭痛も含めエレンへの執着は「ループ説」の伏線になっていると思われます。

    女型の巨人との戦いの最中で、ミカサのピンチを救うためにリヴァイは足を痛めてしまいます。

    これは31話から調査兵団が再度女型の巨人に挑む時に、リヴァイが万全の状態だと女型の巨人に対し一人で圧倒してしまうので、ここで怪我をさせ、リタイアさせたとの考え方もできます。

    このリヴァイの怪我は、すぐ後に再度行う女型の巨人捕獲のための伏線と言えるかもしれませんね。

    リヴァイは無事エレンを救出し、ミカサに「お前の大事な友人だろ」と言います。

    Sponsored Link


    それに対しミカサは「違う…私は…」と小声でぶつぶつ言います。
    53d4bff3
    「進撃の巨人」第30話「敗者達」より


    以前は「家族です」と俯きながら答えているシーンもありましたが、今回も「家族です」と小声で言っていたのでしょうか?

    これはミカサがエレンへの気持ちをどのように自覚しているのかを判断するためには大事なシーンとなっており、ひいては「ループ説」考察に繋がっている伏線シーンです。

    エレンを抱えながら「ずらかる」リヴァイが女型の巨人を見ると涙を流しているように見えました。
    26a3c503-s
    これは中にいるアニが泣いていたのでしょうか?

    これだけの人間を殺し、目的であるエレンを奪えなかったことに対するアニが悲しんでいる涙なのではないかと管理人アースは想像しています。

    何かの伏線になっているようにも思えますが、今後アニの再登場があれば何か分かるかもしれません。

    エレンを救出し壁内に戻って来た調査兵団は批判も含め、街の人々からいろいろ言われます。

    ここでエレンとミカサは、自分たちが子どものころに調査兵団に向けて言った「かっこいい!」という同じ言葉をかけられます。

    しかし、現在の自分たちが出した成果は何もなく、調査兵団の現実を知ったエレンはただ泣くだけでした。

    このシーンは第1話の壁外調査から帰還した調査兵団のシーンと対比になっており、心を揺さぶられるシーンとなっています。

    取り方によっては第1話のエレンが調査兵団に向けて言った言葉は今回のシーンの為の伏線とも取れます。

    作者諌山先生の巧みな名シーンの作り方を感じられる場面となっています!

    【進撃の巨人ネタバレ31話の考察!「微笑み」の伏線ポイントまとめ!】
    【進撃の巨人ネタバレ29話の考察!「鉄槌」の伏線ポイントまとめ!】
    【進撃の巨人の現時点までの未回収となってる伏線まとめ!】


    Sponsored Link

    この考察記事を読まれた方には、こちらの記事にも進撃して頂いてます。

    4 Responses to “進撃の巨人ネタバレ30話の考察!「敗者達」の伏線ポイントまとめ!”

    1. ネコねこ より:

      このあたりで、最も気になったのは、『アニはどうやって壁外に行き、戦いのあと憲兵団の宿舎に戻ったか』です。

      ストーリーと関係なくてすみません。。(T_T)。。

      憲兵団に立体起動装置は支給されていませんよね。

      しかし、アニとの戦いで敗れた調査兵団の立体起動装置は、いくつもあったはずなので、帰りは楽々?では行きは?

      憲兵団のあるシーナ内から壁外までは、何キロ?

      巨人化すれば、早いでしょうが、人間形では、たとえ見つからずに、立体起動装置を使っても、行き帰りの移動は、一晩ではね~(* ̄∇ ̄)ノ

      最初に読んだ時には、アニちゃんには、テレポート能力があるのかと思いました(笑)
      、、いかがなものでしょう?

      • 管理人アース より:

        ネコねこさん!

        コメントありがとうございます!

        >憲兵団に立体起動装置は支給されていませんよね。
        おそらく、この立体機動装置は戦闘中の調査兵団から奪ったのではないかと考えています。
        それは、調査兵団のマントもそうですし。
        アニの立体機動装置とマントについての考察は【進撃の巨人ネタバレ28話の考察!「選択と結果」の伏線ポイントまとめ!】にてしていますので、見てみてください!

        >帰りは楽々?では行きは?
        ストヘス区からウォール・マリアに行くことはそれほど難しくはないかと。
        馬車もありますしね。
        憲兵団は杜撰なので、この辺りは大丈夫かと。
        アニ外伝「LOSTGIRLS」でもそんな感じがしました(笑)
        壁外からは、アニのスピードなら無知性巨人はそれほど脅威ではないのかもしれませんし、
        叫びの力があるので、その辺りは大丈夫なのかなと思っていました。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    2. まし より:

      ミカサが「違う‥私は‥」と言っているのは単純に、感情に任せて後先考えずに行動したことをリヴァイに咎められたときに「私は‥(ただエレンを助けようと)‥」
      みたいなニュアンスだと汲んでましたが・・違いましたかね。

      • 管理人アース より:

        ましさん!

        コメントありがとうございます!

        >(ただエレンを助けようと)‥」
        みたいなニュアンスだと汲んでましたが・・
        リヴァイの「お前の大切な友人だろ?」という言葉に対しての答えだとしたら「友人ではない…私は」という
        意味の言葉だと思いますが…
        これは読者次第の解釈があるような場面かもしれませんね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    コメントを残す

    このページの先頭へ