進撃の巨人ネタバレ15話の考察!「個々」の伏線ポイントまとめ!

数多くの伏線を仕掛けている「進撃の巨人」。

その15話にはどのような伏線が仕掛けられているのでしょうか?

検証してみましょう!!

Sponsored Link


◆第15話「個々」の見どころ!

o0640064012905628376
「進撃の巨人」第15話「個々」より


話は3年前にさかのぼります。

エレン達104期生が訓練兵団に入団する場面に移ります。

教官としてのキース、サシャが芋女となった理由、ジャンがミカサに惚れた瞬間、コニーの馬鹿さ加減、ユミルのふてぶてしさ、クリスタの女神さなど、104期生の個性が見事にこの一話で描かれています!

最後にエレンが立体機動の適性検査で逆さまになり、終わります。


◆第15話の伏線と「伏線らしき」ポイントまとめ!


15話の伏線ポイントはこのようになっています。

  • キース教官の通過儀礼を受けないアニ、エレン、ミカサ、ベルトルト、ライナー、ユミル
  • エレンが目撃した巨人の話を聞くアニ、ベルトルト、ライナー
  • エレンの立体機動適性検査


  • それではそれぞれ見て行きましょう!


    ◆ポイントから見る伏線考察!

    tuukagirei
    「進撃の巨人」第15話「個々」より


    キース教官による通過儀礼を受けていないメンバーを見るとミカサ+巨人化能力取得者となっています。

    これが「ミカサ巨人説」の根拠なっているところですが、今のところミカサに巨人化能力があるのかどうかは判明していません。

    この場面はキース教官が「なぜ巨人化出来る者を知っているのか」という意味でも大きな伏線ではないかと思っていましたが、71話の話にて、キース教官が通過儀礼をしなかったメンバーが巨人化能力者だったのは偶然だったようだと思われます。

    ここで注目すべきはユミルが通過儀礼を受けないメンバーに入っている事です。

    ユミルが巨人化能力者であることが判明するのは第40話「ユミル」での事ですが、この時すでにユミルが巨人化能力者である事が決まっていた事が分かります。

    作者の物語の設定を最初からキチンと作っている事がうかがえますね。

    ただ、通過儀礼を受けていないアニ、エレン、ベルトルト、ライナー、エレン、ユミルが巨人化能力者であることが、キースが巨人化能力者を知っているのではないかと思わせる伏線かと思われましたがミスリードだったようです(ー_ー;)

    次に、エレンが「その日」にシガンシナ区で目撃した話をしているシーンで超大型巨人の話をしているコマではベルトルトが、鎧の巨の話をしているコマではライナーが描かれています。

    Sponsored Link


    これは間違いなく作者が超大型巨人=ベルトルト、鎧の巨人=ライナーであるという作者のメッセージだと思われます。

    ライナー、ベルトルト会話
    「進撃の巨人」第15話「個々」より


    面白い見せ方ですね(笑)

    作者の遊び心を感じます。

    この時点で超大型巨人=ベルトルト、鎧の巨人=ライナーだと気付いている読者にだけ分かるメッセージになっていますし、読み返した時に「あー、なるほど」と思わせるコマになっています。

    最後に、エレンの立体起動適性検査で腰ベルトの金具が壊れていのがキース教官の仕業であった事が71話にて判明しました。

    これには驚かされましたが、この15話で作者は71話の展開を決めていたのでしょうか?

    この辺りは微妙だと思われます。

    それは次の16話の伏線ポイントまとめで考察してみましょう!

    15話はタイトル通り「個々」の個性が見事に描かれた回となっており、ユミルを含む巨人化能力者の伏線が上手く仕掛けられた回ともなっていました!

    【進撃の巨人用語集まとめ】
    【進撃の巨人ネタバレ16話の考察!「必要」の伏線ポイントまとめ!】
    【進撃の巨人ネタバレ14話の考察!「原初的欲求」の伏線ポイントまとめ!】
    【進撃の巨人の現時点までの未回収となってる伏線まとめ!】


    Sponsored Link

    7 Responses to “進撃の巨人ネタバレ15話の考察!「個々」の伏線ポイントまとめ!”

    1. Flügel der Freiheit より:

      半年前にアニメを見始め、それをきっかけに原作を読み始めた新米です。今までの内容は読み通していますが、まだまだ『進撃の巨人』の世界をよく理解していないので、このサイトを参考にさせていただいています。

      さて、キースについては71話で、ある程度のことが分かりましたが、まだハッキリしたことは言えないようにも感じます。

      確かに71話では、キースが「グリシャが壁内について何も知らないこと」を不思議がっていたことから、キースはグリシャが壁外人類であることを見抜けなかったと読めます。(グリシャが壁外出身であることは、確定していることとします。)

      グリシャさえ壁外出身だと見抜けなかったのだとすれば、ライナーたちを壁外出身だと判断できる可能性は皆無でしょう。従って、キースが通過儀礼をしなかったのは偶然だと言えると思います。

      ただ、キースがグリシャを不思議がっていたのが、一種のパフォーマンスである可能性も否定しきれないとは思います。71話の段階で、キースは壁外の人類に関する知識を持っていたが、何らかの理由でこのことを隠したかったので、「グリシャはどうして壁内について知らなかったんだろう~」「おそらく記憶障害だろう~」と誤魔化していたのかもしれません。

      そもそも、兵団の中に壁外出身者がいることが発覚した以上、その情報が訓練兵団教官のキースにも届いているとするならば、「じゃあ、ひょっとするとグリシャも壁外出身だったのかも?」と疑問を持っても良いのではないでしょうか?それとも、キースまで情報が届いていないのでしょうか。

      15話の謎が解明するのは、もう少し後になってからかもしれないと、個人的には感じます。

      • 管理人アース より:

        Flügel der Freiheitさん!

        コメントありがとうございます!

        >このサイトを参考にさせていただいています。
        嬉しいですね!(*^_^*)
        このサイトが「進撃の巨人」の理解を深められる手助けになっているようで、すごく嬉しいです!
        毎日更新しているので、これからも見に来てください!

        >キースが通過儀礼をしなかったのは偶然だと言えると思います。
        そうなんですよね~。
        71話の感じだと通過儀礼は偶然なのかなと思ってしまいます。
        ただ、71話でキースが話したことが全部かどうかは分かりません。
        【進撃の巨人キースの過去に何があったか検証!】でも書きましたが
        Flügel der Freiheitさんの言うとおり、キースに情報が届いていないのは不自然ですし、まだ何か隠しているのかもしれません。
        もしかしたらキースにはまだ何かあるのかもしれませんね。
        これは今後の展開しだい、ということだと思います。

        新米だと言われてますが、かなり考察慣れしているように感じます(笑)
        また何か面白い考察がありましたら、コメントしてください!

        これからも一緒に「進撃の巨人」の壁に立ち向かいましょう!(^O^)


        管理人アース

    2. 今回も役に立ちました!
      通過儀礼の受けない
      アニ、エレン、ミカサ、ベルトルト、ライナー、エレン、ユミル になってましたよ!

      • 管理人アース より:

        進撃のニャイさん!

        コメントありがとうございます!

        ご指摘ありがとうございました!
        修正しましたので!
        またよろしくです!


        管理人アース

    3. ねこねこ より:

      すみません

      アルミンはなぜ通過儀礼を受けたのでしょう。

      アルミンも二年前地獄を見たのでは、、?

      面構えがあまかったんでしょうか?

      • 管理人アース より:

        ねこねこさん!

        コメントありがとうございます!

        今となっては、崩れた予想ですが「アルミンが、リミッター解除者でも巨人化能力者ではなかったから」だと思っていました。
        もう、崩れているので意味がありませんが…
        アルミンは、すぐに避難しておりエレンやミカサのように「地獄を見なかった」という意味なのかもですね。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    コメントを残す

    このページの先頭へ