進撃の巨人ネタバレ考察!特別編「イルゼの手帳」の伏線ポイントまとめ!

進撃の巨人第5巻収録 特別編「イルゼの手帳」とはどのような内容なのでしょうか?

そこに登場する伏線は、何を意味するのでしょうか?

検証してみましょう!

Sponsored Link

◆特別編「イルゼの手帳」の見どころ!

2015-11-18_030101
「進撃の巨人」特別編「イルゼの手帳」より

100年以上前に人類が巨人に追い詰められたという説明から始まります。

第34回壁外調査中の調査兵団に所属するイルゼ・ラングナーが登場します。
2015-11-18_030039
「進撃の巨人」特別編「イルゼの手帳」より


壁外調査中に馬と立体起動装置を失い、絶体絶命の状況にあるようです。
2015-11-18_030016
「進撃の巨人」特別編「イルゼの手帳」より


しかし、さすがは調査兵団に所属しているだけあり、心は折れていません。
2015-11-18_025954
「進撃の巨人」特別編「イルゼの手帳」より

自分が絶体絶命の状況にある中で、後進のために記録を書いている所も素晴らしいですね!

このような細かいシーンが読者の心を熱くさせます!

希望を捨てずに壁のある方向に走っている所に、巨人と遭遇します!
2015-11-18_025919
「進撃の巨人」特別編「イルゼの手帳」より


どうやら奇行種のようであり、すぐにはイルゼを捕食しようとしません。
2015-11-18_025851
「進撃の巨人」特別編「イルゼの手帳」より


その後、聞き取りにくそうな声ですが、言葉を話しました!

「ユミル様…でしょうか?」
2015-11-18_025753
「進撃の巨人」特別編「イルゼの手帳」より


イルゼに向かい敬意を表す仕草までしています。
2015-11-18_025733
「進撃の巨人」特別編「イルゼの手帳」より


あまりに理解を超える展開にイルゼは巨人に向かい、激昂します!
2015-11-18_025648
「進撃の巨人」特別編「イルゼの手帳」より


怒鳴られた巨人は頬に自傷行為をし、とうとうイルゼを捕食します!
2015-11-18_025551
「進撃の巨人」特別編「イルゼの手帳」より


一年後、ハンジとリヴァイが偶然その場を通ります。
2015-11-18_025527
「進撃の巨人」特別編「イルゼの手帳」より


リヴァイがイルゼの手帳を見つけ「これはイルゼの戦果だ」と言い、終わります。
2015-11-18_025417
「進撃の巨人」特別編「イルゼの手帳」より



◆特別編「イルゼの手帳」の伏線と「伏線らしき」ポイントまとめ!

伏線ポイントはこのようになっています。

  • 特別編の理由
  • イルゼのそばかす
  • 巨人の「ユミルさま」
  • 言葉を話す巨人

  • それではそれぞれ見て行きましょう!

    Sponsored Link


    ◆伏線から見るポイント考察!

    2015-11-18_025919
    「進撃の巨人」特別編「イルゼの手帳」より


    この「イルゼの手帳」は2011年の週間少年マガジン2,3合併号に出張掲載された作品です。

    なので、特別編となっており、これは「リヴァイ兵士長」と同じですね。

    このために「イルゼの手帳」は「特別編」となっています!

    さて、内容の考察に移りますが、主人公イルゼ・ラングナーは女性であり、顔にそばかすがあるのが特徴となっています。
    2015-11-18_030016
    「進撃の巨人」特別編「イルゼの手帳」より


    これは、本編に登場するユミルの特徴と良く似ています。
    2015-05-29_193222
    「進撃の巨人」第40話「ユミル」より


    さらに、森で遭遇した巨人の言葉は「ユミルさま」「ユミルのたみ」「よくぞ」でした。

    明らかにこの言葉は「ユミル様」「ユミルの民」でしょう。
    2015-11-18_025713
    「進撃の巨人」特別編「イルゼの手帳」より


    この巨人は巨人化する前の人間時に「ユミルの民」という一族の一員だったのではないでしょうか?

    となると「ユミルの民」の長は「ユミル」でしょうか?

    そう考えれば、この巨人が、そばかすがあるイルゼ・ラングナーをユミルと勘違いし、敬意を表すような仕草をした事が繋がります。

    つまり、イルゼのそばかすはユミルの容姿と似ているという伏線となっています!

    そうだとすると、イルゼを捕食するシーンで、泣きながら捕食しているように見えるのも納得できますね(-_-;)
    2015-11-18_025551
    「進撃の巨人」特別編「イルゼの手帳」より


    巨人の「ユミルさま」という言葉はユミルがユミルの民の長だったという伏線となっています!

    そして、最も驚く事が、「無知性巨人が言葉を話す事」です。

    獣の巨人が言葉を話した場面も驚きましたが、まだ知性巨人なので中の人が話しているのだから分かります。
    af9f591a
    「進撃の巨人」第35話「獣の巨人」


    無知性巨人で話をするというのは、本当に驚きです!

    これは、コニ―母巨人が話をしている場面と似ていますね。
    2015-09-10_214031
    「進撃の巨人」第38話「ウトガルド城」より


    共通して言える事は「強い感情の発露」でしょうか?

    となると、無知性巨人には記憶と感情が残っており、強い感情の発露が起きると言葉を話せると言う事になります!

    イルゼ・イーターが話をしている場面は無知性巨人には記憶と感情が残っており、強い感情の発露が起きると言葉を話せると言う伏線となっています!

    この「イルゼの手帳」は「リヴァイ兵士長」と同じで週刊少年マガジンへの出張掲載作品となっています。

    と言う事は「リヴァイ兵士長」で描かれていた「リヴァイの強さ」や「リヴァイの仲間思い」と、同じくらいこの「ユミル様、ユミルの民」や「言葉を話す無知性巨人」の伏線が重要だと言えるでしょう!

    ここからさらに考えると、ユミル再登場は間違いないでしょう!

    特別編「イルゼの手帳」は今後のユミル再登場の伏線となっています!

    【進撃の巨人用語集まとめ】
    【進撃の巨人の巨人の正体をユミルの民から検証!】
    【進撃の巨人のユミルは死んだのか検証!ユミル民との関係は?】
    【進撃の巨人のユミルの正体は?高貴な身分の真相も!】


    Sponsored Link

    この考察記事を読まれた方には、こちらの記事にも進撃して頂いてます。

    14 Responses to “進撃の巨人ネタバレ考察!特別編「イルゼの手帳」の伏線ポイントまとめ!”

    1. くろめ より:

      こんばんは!
      またまた書き込みいたします!

      自分はユミルが一番好きなキャラなので、ユミルの事ばかり考えているのですが、まだまだ彼女の謎は深まるばかりですね!

      ユミルの巨人はエレン、グリシャ、猿と同じ尖り耳ですが、このイルゼイーターはそうでは無いんですよね。

      彼はユミルの民だとは思うのですが、耳の違いが気になります。

      もしかしてユミルの民の王族関連の血族が巨人化すると尖り耳になるのでしょうか?

      巨人の種類で耳の違いが出るのではなく、元々の人種?血族?の違いでそれが出るのかなと。

      するとエレンやグリシャもそういう血筋になりますが、ユミルと親戚とはあまり物語的に考えたくないですねw

      それからエレンが自分がグリシャを食べた事をグリシャ自身の記憶で見て知っているのに、ベルトルトやユミルは誰を食べたのか覚えてないと言います。

      これはやはりエレンの巨人だけが記憶の引き継ぎができる特別な巨人だからなのでしょうかね。

      ユミルは嘘つきなので、ライナー達と巨大樹の上で語った事もどこまで本当なのやら、と思っています。

      凄く色んな事を知っていそうなのに、肝心な所で退場したユミル。

      管理人様の言う通り、はやく復活して欲しいものです~♪

      • 管理人アース より:

        くろめさん!

        コメントありがとうございます!

        >彼はユミルの民だとは思うのですが、耳の違いが気になります。
        そうなんですよね。
        「ユミルの民」ということは、イルゼ・イーターは「ユミルと同族」になるので出身や血族に耳の形が関係あるのなら
        イルゼ・イーターも耳が尖っていなければいけないのですが…
        これは未だ答えが出ていません。
        それとも、イルゼ・イーターは「ユミルの民」を崇めていた種族というだけで、ユミルの民ではないとか…でしょうか?

        >エレンの巨人だけが記憶の引き継ぎができる特別な巨人だからなのでしょうかね。
        これは、ロッド・レイスに記憶を引き出されたから思い出したので、ライベルもユミルもレイス家の人間に背中を触れてもらえば思い出すかもですよ。

        ユミルが復活して、またいろいろ開口して欲しいものです(笑)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    2. この 「ユミルの民」のエピソードは、進撃の巨人の中でも
      最大級の謎の一つと思います。
      この話から、壁外には 故郷組の他に、ユミルの民という
      別種族がいる事が推測され、その関係性など様々に
      憶測を呼んでいます。

      また この話が、外伝やスピンオフではなく、本家本元の
      少年マガジン誌に 特別編として載ったことが非常に大きい!
      当時の進撃の勢いの現れであり、本家少年マガジンをも
      凌駕する人気がうかがえます。
      それだけに 「ユミルの民」のエピソードには、作者の気持ちが
      こもっているはずなのです。
      ただそれにしては、リヴァイもハンジも、ユミルの事をずっと
      隠しているように思えてならない。
      ここに 壁外と軍部とが絡む、大きなミステリーを感じるのです。

      さて、イルゼ・イーターについて、新たな発見です。
      よく見ると、「四足歩行」ではありませんか!
      そして言葉を話す。
      ユミルも、イキタカ ツカアレとか、ゴエンアとか、かたことの
      言葉を話せました。
      つまり、四足歩行と かたことの喋りが、ユミル族の大きな
      特徴ではないのか?
      となると、現在登場中の 荷物を背負った四足歩行型も
      ユミル族であれば、言葉を喋るのではないか!?
      獣の巨人との かけあいなど、期待したいと思います。

      • 管理人アース より:

        おおぞらバードさん!

        コメントありがとうございます!

        >ただそれにしては、リヴァイもハンジも、ユミルの事をずっと
        隠しているように思えてならない。
        これはおおぞらバードさんが、ずっと言い続けている考察ですよね!
        ユミルのこと隠し続けているのですかね~?
        あるとしたら、裏エルヴィン、リヴァイが見えてきますね!(笑)

        >現在登場中の 荷物を背負った四足歩行型も
        ユミル族であれば、言葉を喋るのではないか!?
        面白いですね!
        あの四足歩行型がユミルの民という展開だとしたら…これは面白いです!
        となると、やはり樽の中にユミルがいる可能性が高いということになります!
        いや~、楽しみです!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    3. ごまだれ より:

      お疲れ様です!!

      僕はユミルがユミルの民のトップ、ということではなくユミルの民は全員巨人化出来て、巨人の中では上の方(お偉いさん・・・・かな?f^_^;)
      ・・・という解釈を持っています。
      もしかしたら獣の巨人と同じくらいの偉い巨人の一族なのかな〜と思います。

      ユミルが再登場してこの手帳の話を聞き、話が大きく進みそうですね!!
      楽しみです!

      • 管理人アース より:

        ごまだれさん!

        コメントありがとうございます!

        >巨人の中では上の方
        面白いですね!
        ただ、ユミルの民はユミルも含め無知性巨人でしたから…どうでしょう?(・_・;)
        ユミルの民でユミル以外に知性巨人が登場したら面白いですよね!

        ユミルが再登場したら話の展開はかなり進むのではないかと管理人アースも思います!
        エレン達に協力するのか、敵対行動を取るのかは分かりませんが…(ー_ー;)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    4. ロザ より:

      こんにちは!今回は自分なりに考察をまとめてきました!
      イルゼイーターとユミルの関係と、ユミルの民について考えました。
      既出なら本当にすみません(汗)

      まず、イルゼイーターはどのタイミングで巨人になったか、です。
      イルゼイーターは人間の頃にユミルと知り合ったのか?巨人になったのはいつか?
      ユミルと同じ頃でしょうか?それともその後?

      私は、イルゼイーターはユミルが巨人になるずっと前から巨人であった、と考えました。

      そして、イルゼイーターの言う「ユミルの民」とは、人間の民族ではなく、一部の巨人のことであると思います。以下にその理由を述べます。

      第一に、イルゼイーターは知能が他の巨人に比べて高いです。
      無知性であるにも関わらず、不思議な習性がアニメでは追加されていました。イルゼイーターは、一時の感情だけで動いてるとは考えにくいです。
      もちろん、言葉を発したのはユミルに似たイルゼを見たせいでしょうが、それであそこまでできるなら、ユミルと巨人状態で触れ合っていてもおかしくはないです。

      第二に、ユミルの巨人に対する価値観です。
      「欠点に目をつむれば割といいやつ」「繊細」など……独特な感性ですよね。
      以前、アースさんの「ユミルの民の巨人を崇拝したりする文化ではないか?」という考察を拝見しましたが、そうではないと私は考えます。

      巨人とユミルは上下関係にあったのでは?
      ユミルは、まるで彼らと触れ合ったことがあるかのように言っています。
      それも、対等・もしくは上から目線で!
      また、ユミルは60年間、無知性巨人として彷徨っていたので、そんな機会があるとすればそれ以前の話です。

      第三に、ユミルの境遇が窺える発言です。彼女は「存在を拒まれていた」「大勢の人のために死んであげた」「生まれ変われたら今度は自分のためだけに生きよう」というような言葉を残しています。

      つまりユミルは「人」のために、不本意で死んだのです。そして、ユミルの存在を拒んだのは「人」でしょう。
      ここで「巨人と触れ合ったことがある」という私の考えと照らし合わせると、彼女の境遇がなんとなく予測できます。

      ユミルは巨人と触れ合ったから嫌われた。
      または、人に嫌われ、拒まれていたので自然と巨人に惹かれた。

      第四に、彼女の名前と年齢です。
      「ユミル」の民を治めているのがユミルという考察は、よくよく考えると違和感を覚えます。
      「たみ」が人間の民族を指すなら、それは何代にもわたっているはずですし、人名が付いているのは少し不自然です。

      ユミルという名が本名じゃないと言われたらそれまでですが……

      ユミルの年齢は(無知性巨人の間は年を取らないと考慮して)10代〜20代でしょう。
      その年齢で民族の長をつとめるのは少し無理がある気がします。(その娘や孫という可能性はありますね)

      この辺は情報が薄いのでまぁ妄想ですが、仮に「ユミルの民」が巨人だったとすると納得できませんか?

      例えば、少女ユミルが温厚で頭の良い巨人達と仲良くなり、それを率いて「ユミルの民」とした……とか。
      この話は北欧神話がだいぶ絡んでいるようですが、その原始の巨人?にあたるのは「ユミル」ではなく「ユミルの民」かもしれません。

      ここからは本っ当に、何の根拠もない完全な妄想ですが、ユミルによって「ユミルの民」と名付けられたのは、この世界における最初の巨人の一部の集団ではないでしょうか。
      彼らの起源には私が前に書き込んだように、巨大樹と同じメカニズムが絡んでいて、進化の過程で巨大化し、人とは別の生物としてひっそり暮らしていた。

      しかし、人間によって巨人は兵器とされた。
      巨人ユミルの体がバラバラにされていろんなものができたみたいな北欧神話だったと思いますが、次々に巨人の脊髄から薬が作られ、それを体内に入れた人間は兵器となった……ということを考えればどうでしょう?
      イルゼイーターたち「ユミルの民」はその、原始の巨人の生き残りかもしれません。
      (このくらいこじつけたほうが考察は楽しいです!!)

      ユミルは、自分を殺して生きようとするヒストリアに、かつての自分を見たのであって、必ずしも全く同じような境遇を経験したとは限らないのかな?と思って自分なりに考察しました。
      ユミルの出番的に、これ以上の情報は伏線としては手に入らないかと思います。なかなかぶっとんだものができた気がします(笑)
      アースさんの意見をぜひお聞かせください。
      いつも楽しみに読ませていただいています!

      • 管理人アース より:

        ロザさん!

        コメントありがとうございます!

        この考察スゴイです!!
        今まで見た考察で「ユミルの民」が「巨人の一族」という考察をしたものは初めて見ました!
        何より「繋がっています!」

        ロザさんは「ナウシカ」を見たことがありますか?
        子供時代のナウシカはオウムという蟲が好きで仲良くなります。
        しかし、大人たちに引き裂かれるというシーンがあります。
        幼いユミルも巨人と仲良くなり、そのように扱われたのでしょうか?

        >それを率いて「ユミルの民」とした……とか
        >巨人の脊髄から薬が作られ、それを体内に入れた人間は兵器となった……ということを考えればどうでしょう?
        この辺りが秀逸ですね!
        スゴイです!
        つまり、イルゼ・イーターを含む「ユミルの民」は自然発生した巨人なのですね!
        彼らの脊髄液から、人類が兵器化した無知性巨人を作り上げた…
        この考察はスゴイですね!
        新しい説ではないでしょうか?
        どこかで記事にしたいです!
        ロザさん!ありがとうございます!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

        • ロザ より:

          わあ!!嬉しいです!やっとお力になれました!
          あと気になるのが、頰の自傷行為ですね。傷が知性巨人のアレににてませんか?ちょっと関連がありそうです。
          それと……みなさんおっしゃられている通り、耳の形です。
          イルゼイーターは他の巨人と同じ丸型。
          ユミルはエレンたちと同じ尖った耳。

          私の考察に沿ってこれを説明するなら、大多数の巨人は、やっぱり「ユミルの民」などの自然発生の脊髄をもとにした薬によって巨人になったのではないでしょうか?

          丸耳は、レイス家の関係が作った薬。
          そして、尖った耳はグリシャ・獣の巨人サイドが作った薬。
          ユミルが巨人にされた頃というと、大体60〜65年前ですし、巨人発生から何十年かはたっています。

          ベルトルトの「悪魔の末裔」発言を考えてみます。
          「悪魔」というのは、壁内の人間を言っています。
          というと、やはりレイス家たちが巨人兵器の実験に手を出したとかではないでしょうか?
          それでできたのが丸耳で、尖った耳はそれに対抗して獣の巨人サイドで開発したが、こちらは簡単に複製できないとか、性質は血筋で受け継がれるとか……ユミルはこの薬を投与された希少な人間とか……

          ベルトルトも、先代巨人の多少の記憶が受け継がれているのでしょうか?
          ちょっと無理がありそうですがこの考えだと結構はばが広がります!

          ユミルの民の話大好きなので、考察楽しみにしています!

          • 管理人アース より:

            ロザさん!

            コメントありがとうございます!

            >丸耳は、レイス家の関係が作った薬。
            >そして、尖った耳はグリシャ・獣の巨人サイドが作った薬。
            これは、まだまだ考察の余地があると思います。
            71話でグリシャは巨人に怯えずに暮らしている壁内人類を知って「良かった」と呟いています。
            2015-12-10_183537

            「進撃の巨人」第71話「傍観者」より

            ここから察するに丸耳巨人こそグリシャが開発したのではないかと思われます。
            というか、「巨人化の薬」じたいグリシャ、獣の巨人が作ったのではないかと考えています。
            耳の形は薬の種類ではなく、血筋の違いが出るのではないでしょうか?
            それと、ベルトルトの「悪魔の末裔」発言は獣の巨人にレイス家が巨人化の薬を作ったとか、ウソをふきこまれているのではないかとも考えられます。
            この辺りは他にも色々考えられますね。

            >ベルトルトも、先代巨人の多少の記憶が受け継がれているのでしょうか?
            これは、おそらく故郷では先祖の記憶が受け継がれているのだと思われます。
            初代王の記憶改ざんは壁内人類だけに及んでいるので、失われた歴史は、故郷では受け継がれているのでしょう!

            本当に面白い考察をありがとうございます!
            ここから色々広げて考えてみます!
            またコメントください!
            よろしくです!


            管理人アース

    5. ロザ より:

      なるほど!巨人の耳についてたしかにそうですね!またこちらも考え直してみます!
      ベルトルト……もし吹き込まれていたとしたら、可哀想としか言えません……仲間を裏切り戦士としての役目を果たすだけでいっぱいなのに、アニを取られアルミンに嘘をつかれその上味方サイドからも……となれば今度こそ精神おかしくなっちゃいそうですね……
      来年のアニメでは、エレン座標発動くらいまでは進みそうなので、そこでユミルについて新たな手掛かりが手に入るかもしれませんね。あぁ、すごく楽しみです!!

      • 管理人アース より:

        ロザさん!

        コメントありがとうございます!

        >……となれば今度こそ精神おかしくなっちゃいそうですね……
        ライナーとベルトルトは、こういう役をさせられそうなんですよね!
        本当に「残酷な世界」です!

        >来年のアニメでは、エレン座標発動くらいまでは進みそうなので、
        ですね!
        もし、1クールのみの放送だったとしても第50話「叫び」まではやると思います!
        2期なら第69話「友人」までかなと!
        管理人アースも、本当に楽しみにしています!!!\(^o^)/
        あのシーンとあのシーンやあのシーンまでアニメで観られるのか…!と思うと自然とニヤケちゃいます!(笑)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    6. チヨ助 より:

      思いついたので妄想を書きます。
      まとまっていない事をご容赦願いますw

      奇行種という分類があり、普通の行動をしない巨人を奇行種と言っております。
      奇行というくらいなので少数なのでしょう。どれくらい少数なのでしょうか?
      アニを奇行種と言っておりました。そこから考えると、奇行種というのは巨人化した人間、又は人間になれる巨人?なのか、もしくは上記やその他の考察やコメント内で皆様がご指摘されておりますように、強い意志を持ち巨人を(巨人の脳を)制御下に置くことができた状態となった人間?なのかと。私もそう思います。
      週マガで進撃の巨人を見たのが私の本作との出会いであります。そのためこのイルゼの手帳はとても心に残っている話であります。その中でもこの「すぐに私を食べない 奇行種か」というセリフとユミルの民が気になっておりました。調査兵団の誰もユミルに触れないんですものw
      そしてこのように奇行種か?と発言があったらそれは違う場合が物語の書かれ方として多く見られます。つまり奇行種ではない、又は奇行種という認識が間違いということではないかという考えであります。
      そのような中、ロザさんのコメントは大変感動しました。ほとんど答えでしたw胸のつかえが取れました参考にさせていただきます。

      思わずコメントを書いてしまいました。申し訳ありませんwもっとまとめられるように精進していきます。

      • 管理人アース より:

        チヨ助さん!

        コメントありがとうございます!

        まず、ロザさんのコメントは別記事にて考察しています!
        【進撃の巨人の巨人の正体をユミルの民から検証!】にて考察していますので見てみてください!
        この時のロザさんのコメントは、管理人アースも感動して思わず記事にしました!
        チヨ助さんにとっても胸のつかえが取れる考察だったようで良かったです!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    コメントを残す

    このページの先頭へ