進撃の巨人ネタバレ考察!奇行種の正体を種類別に比較して考察!

無知性巨人には通常種の巨人と奇行種の巨人とに種類が分けられます。

その違いはどこから生まれるのでしょうか?

リヴァイ兵長が使用するであろう「フツウノキョジン」の巨人化注射では、通常種の巨人と奇行種の巨人との、どちらの巨人に巨人化するのでしょうか?

検証してみましょう!

Sponsored Link

◆無知性巨人の通常種と奇行種の違いとは?

2015-09-29_045357
「進撃の巨人」第22話「長距離索敵陣形」より


まず、無知性巨人の通常種と奇行種の違いについて書きます。

通常種の巨人とは?

2015-09-29_045457
「進撃の巨人」第35話「獣の巨人」より


通常種の巨人とは近くにいる人間に反応し捕食しようとする巨人の事を指します

エルヴィンが考案した長距離索敵陣形は、この通常種の巨人と戦わずに進行していくことを踏まえて考案されています。


奇行種の巨人とは?

2015-09-29_045426
「進撃の巨人」第46話「開口」より


通常種の巨人のようには、近くにいる人間に反応して行動しません

そのため行動が予測できないため、出来るだけ戦わない方針である長距離索敵陣形においても戦闘をするしかないとされています。

◆第22話「長距離索敵陣形」より通常種と奇行種を考察!

2015-09-29_045729
「進撃の巨人」第22話「長距離索敵陣形」より


通常種と奇行種の違いについて分かりやすい場面が第22話「長距離索敵陣形」にあります。

サシャを追いかけている通常種の巨人は近くで二人いる方へ方向転換しています。
2015-09-29_045704
「進撃の巨人」第22話「長距離索敵陣形」より


さらに二手に別れた場合、近い方の隊員の方を選んで追いかけています。
2015-09-29_045638
「進撃の巨人」第22話「長距離索敵陣形」より


他サイトでこの巨人を四つん這いで走る事から奇行種であると分類しているサイトがありましたが、そういう事ではなく、近くにいる人間に向かって捕食しようと行動する巨人は通常種になります。

通常種と判断しているのでサシャは赤い信煙弾を上げようとしています。

ちなみに奇行種の場合は黒の信煙弾を上げるはずです。

その後、アルミンの近くに登場した奇行種は近くにいる隊員にも反応せず、ただ走り続けています。
2015-09-29_045613
「進撃の巨人」第22話「長距離索敵陣形」より


このように近くにいる人間に反応しない奇行種は行動が予測できないので、やっかいであるとされています。

では、どのような違いから通常種と奇行種ができるのでしょうか?

現在でもこの理由は明らかになっていませんが、ここで考察してみましょう!
Sponsored Link

◆通常種と奇行種が生まれる理由を考察!

8c0977ce0613fc991cf381cbfbe0901d-e1412825094376
「進撃の巨人」第62話「鎖」より


無知性巨人が生まれる理由は、ある程度明らかになっています。

第62話「罪」にてエレンが思い出したグリシャの記憶から、巨人化の注射により巨人化するエレンが描写されており、巨人化が巨人化の薬によって起きることが明らかになっています。
2015-09-29_045328
「進撃の巨人」第62話「罪」より


第64話「歓迎会」ではフリーダが巨人化の注射により巨人化するシーンが描写されています。
2015-09-29_045256
「進撃の巨人」第64話「歓迎会」より


さらに第66話「願い」にてロッド・レイスが巨人化の薬を舐め、超超大型巨人に巨人化するシーンが描かれています。
2015-09-29_045202
「進撃の巨人」第66話「願い」より


そして全ての巨人化に言えることは、巨人化の薬により巨人化した後は無知姓巨人であることです。

エレン、フリーダの巨人化が起きた直後に、目の前にいる巨人化能力者であるグリシャ、ウーリを捕食し人間に戻っています。

これらの「目の前にいる人間を捕食する」という行為が通常種の無知性巨人であることを表しています。

ただ、巨人化したロッド・レイスは目の前にいる人間に反応せず、多くの人間がいる場所を目指す「奇行種」であると第67話でハンジより説明があり、奇行種であったようです。
2015-09-29_045058
「進撃の巨人」第67話「オルブド区外壁」より


無知性巨人であったことは間違いありませんが、奇行種であったために、目の前の人間を捕食せず、そのまま調査兵団によりロッド・レイス巨人は倒されることになりました。

通常種の無知性巨人化したエレン、フリーダと奇行種の無知性巨人化したロッド・レイスの差はどこから生まれたのでしょうか?


◆ロッド・レイスの巨人化から考察!奇行種の誕生の仕方とは?

2015-09-29_045058
「進撃の巨人」第67話「オルブド区外壁」より


ロッド・レイスが巨人化した「超超大型巨人」が奇行種であったことが67話のハンジにより明らかになっています。

なぜロッド・レイス巨人は奇行種になったのでしょうか?

その原因を考察してみましょう!

ロッド・レイスが首を負傷していたため!

2015-09-29_045131
「進撃の巨人」第66話「願い」より


第66話にてロッド・レイスは巨人化する前にヒストリアに投げられ、首を負傷したような描写があります。

巨人化には脊髄液が関係しているようなので、首の負傷が脊髄に関係していたとしたら奇行種になる理由になるかもしれませんね。

それにロッド・レイスが巨人化した超超大型巨人は自立歩行の出来ない不完全な巨人でした。

この理由も負傷した首が原因だとも考えられます。

ただ、これまでにも数多くの奇行種が登場しているため、それらの奇行種が全て巨人化する時に脊髄を負傷しているとは思えないので、奇行種になった理由としては、ちょっとあり得ないと思われます。


ロッド・レイスの年齢が高かったため!

2015-09-29_045000
「進撃の巨人」第65話「夢と呪い」より


第65話「夢と呪い」にてロッド・レイスは「まだ…話ししてないことがある…」「私が…巨人になるわけにはいかないんだ…」「理由がある…」と言っています。

この「巨人になるわけにはいかない理由」は未だ明らかになっていませんが、管理人アースは「ロッド・レイスの年齢」だと考えています。

エレンをはじめ、ライナー、ベルトルト、アニ、ユミルが巨人化能力を得たのは全て10代か10代以下の年齢でした。

おそらく巨人化能力を得るには若い年齢でなければならないのでしょう。

巨人化能力は治癒能力の暴走であり、激しい細胞分裂を必要とするはずです。

【巨人化する注射の中身を考察!巨人になれる能力は脊髄液?】そのような考察をしています!

なので、ロッド・レイスくらいの年齢だと巨人化能力を得ると何らかの障害が起きる可能性があり、「巨人になるわけにはいかない」と言ったのではないでしょうか?

しかし止むを得ず巨人化の薬を飲み、巨人化したロッド・レイスは自立出来ない不完全な巨人になり、奇行種となったのだと思われます!


巨人化の薬を注射ではなく経口摂取したため!

2015-09-29_045202
「進撃の巨人」第66話「願い」より


ロッド・レイスは注射ではなく、薬を飲んで巨人化しました。

これまで明らかになった無知性巨人化するシーンで経口摂取というのはロッド・レイスのみです。

第66話でエレンが「ヨロイ」の巨人化の薬を飲んで巨人化しましたが、もともと巨人化能力を持っていたので省きます。

経口摂取だったために通常種ではなく奇行種になったのかもしれません。

ただ、これは予想ですが、獣の巨人に無知性巨人化されたラカゴ村の住民も、この巨人化の薬を獣の巨人の正体の男に飲まされ巨人化したのだと管理人アースは考えています。

例えば井戸に薬を入れ、村民全員に薬を飲ませ、巨人化させたのではないでしょうか?

それならば可能だと思われます。

しかし、このラカゴ村住民の巨人は奇行種ではなく通常種でした。

獣の巨人に操られていたのでしょうが、近くにいる団員を捕食しようとしていました。

となると、経口摂取でも通常種になるということになります。

考察の上に重ねた考察結果ですが、経口摂取でも通常種になる可能性は高いと思われるので、経口摂取が奇行種の理由は違うと思われます。


巨人化の薬の飲んだ量が少なかったため!

2015-09-29_045218
「進撃の巨人」第66話「願い」より


第66話でロッド・レイスが飲んだ巨人化の薬はヒストリアに投げつけられ容器が割れ、かなりの量が蒸発していました。

つまり、ロッドが飲んだ量はかなり少量でした。

そこからロッド・レイスの超超大型巨人が奇行種になったのは摂取した巨人化の薬の量が少なかったからと考察出来ます。

ロッド・レイスの巨人化から奇行種になる理由で可能性があるのは、「年齢が高かったから」「摂取した薬の量が少なかったから」の二点が考えられます!


◆これまでに登場した他の奇行種から考察!

2015-09-29_045613
「進撃の巨人」第22話「長距離索敵陣形」より


冒頭の考察でも登場した第22話「長距離索敵陣形」での奇行種から考察しましょう。

この奇行種の巨人がここに登場したのは偶然でしょうか?

この奇行種が倒された直後、女型の巨人アニが登場しています。
2015-09-29_045528
「進撃の巨人」第22話「長距離索敵陣形」より


もしかしたら、この奇行種はアニの叫びの力によって操られ、アニが目指す方向へ走らされていたのかもしれません。

ちなみに女型の巨人が叫びの力を発揮した第27話「エルヴィン・スミス」では大量の巨人を一度に操り自身の所へ走らせています。

その場面を見たコニーは「こいつら全部奇行種だったのかよ!?」と言っています。
2015-09-29_044907
「進撃の巨人」第27話「エルヴィン・スミス」より


ということは奇行種とは叫びの力によって操られている通常種である可能性があるということです!

つまり作中で登場する奇行種は「叫びの力」によって何かしらの命令を受け、操られている通常種ではないのでしょうか?

この可能性は大きいと思われます!

ただ、66話でのロッド・レイス巨人「叫びの力」によって操られている可能性は無いので、全ての奇行種が「叫びの力」で操られているということではないのでしょう。

◆奇行種が生まれる理由とは!?今回の考察の結果は?

2015-09-29_045029
「進撃の巨人」第67話「オルブド区外壁」より


これまでの考察結果から奇行種は巨人化する際に「年齢が高かったから」「摂取した薬の量が少なかったから」「叫びの力によって操られた通常種」であるという結果になりました!

この理由のどれかであるか、全てある可能性もあります!

答え合わせは今後の物語の展開で出来るでしょう!

もしかしたら、リヴァイの巨人化注射で誕生する巨人で判明するかもしれませんね!(・・;)

【ロッド・レイスが巨人になれないと言った理由を検証!】
【進撃の巨人ネタバレ70話から脊髄液と巨人作成の目的を考察!】


Sponsored Link

2 Responses to “進撃の巨人ネタバレ考察!奇行種の正体を種類別に比較して考察!”

  1. にこ より:

    こんにちは
    巨人については本当に疑問に思うことがいっぱいあります。

    特にベルトルト巨人です。
    次回のベルトルトを壁外調査してみます。

    巨人に変身したベルトルト巨人は自立できるのでしょうか?
    戦えるのでしょうか?

    今までのベルトルト巨人は大きすぎて壁に寄りかかっているし筋肉が見えて不完全なようにも思えるのです。
    獣の巨人もそうですが、形が他の巨人と全然違うと思っていました。

    次回のベルトルト巨人がどうなるのかどうするのか予想するとワクワクします。

    覚醒したとはいえ、巨人になったベルトルトは私には同じにしか見えないです。
    はっきり言って爆弾巨人、蒸気巨人という感じしかありません。
    戦うことはできないと思います。
    ライナーが馬担当でベルトルトがエレン達の攻撃ではありますが、それは樽作戦のことで、今回の爆発で役目は終わりだったと思います。

    ハンジさんが予定道理疲れさせてと言っていたり、ジャンがエレンにかなわないと言っているあたり、大型巨人の能力は研究し尽くしている感じがします。

    なので、もし私がベルトルト巨人だったらライナーの意識が戻るまでライナーのそばから離れません。

    エレン達が襲撃しに近寄ってきたら蒸気を発したて近付けないようにするだけだと思います。
    または、大声で叫んで獣の巨人たちを呼び寄せるとかすると思います。

    そして、ライナーが巨人になれないとかになった時ライナーを捕食すると思います。
    それはきっと2人の中でもそんな話し合いをしていると思うからです。

    その時初めて自立して戦うことができるすごい巨人になるのではないでしょうか?

    ただ、ライナー巨人とベルトルト巨人は正反対の巨人に思うので、捕食したら鎧のないかに熱がこもって大爆発してしまうかもしれませんね。

    とんでもない展開を79話で期待しています。
    辛い残酷な展開になることを予想しています。

    • 管理人アース より:

      にこさん!

      コメントありがとうございます!

      >巨人に変身したベルトルト巨人は自立できるのでしょうか?
      これは本当に分かりませんよね。
      成長したベルトルトは、巨人としても成長しているのか?
      自立出来るかもしれませんし、出来ないような気もします。
      79話をドキドキしながら待つしかありませんね(笑)

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ