進撃の巨人ドラマ反撃の狼煙3話ネタバレ!自由への旅立ちのあらすじ!

8月15日よりdTVにて独占配信されている「進撃の巨人」実写ドラマ「反撃の狼煙」の第3話「フクシ・リル編」自由への旅立ちはどのような内容になっているのでしょうか?

検証してみましょう!

Sponsored Link

◆第3話「フクシ・リル編」のネタバレあらすじ!

2015-08-16_040127

対人格闘訓練で、ずば抜けて優秀な二人がフクシとリルでした。

ただ、ずば抜けていると言ってもリルの方がより優秀であり、フクシでもリルには敵いません。

リルはとても強いのですが、戦闘になると攻撃する自分が止められなくなり「自分が怖い」という悩みを抱えています。
2015-08-16_033421

そんな自分よりも強い人と結婚することがリルの夢のようです。

美人なリルは訓練兵員の中でもかなり人気が高く、対人格闘訓練で勝負して勝ち、付き合いたいと思っている団員は多くいるのですが、誰も勝てる気がせず、勝負を挑めません。

リルと付き合いたいと思っているのはフクシも同じでした。

対人格闘訓練でボコボコにされながらもリルに惚れてしまっていたのです。

フクシは勝てないながらもリルを「受け止め守る」と告白し、二人は結婚すると団員全員の前で発表します!
2015-08-16_034453

子持ちのヒアナは結婚は国から許可を得ないと出来なく、壁外作業を終え帰って来ないと出来ないと大人な一面を見せますが、二人は舞い上がっており聞く気はありません。

そんな中、リルの嫉妬により、一方的に結婚を破棄するとフクシに宣言します。

さらに「私から唇を奪えた人と結婚する」と団員全員の前で叫び、リルに気のある多くの団員がリルに立体機動装置を使って殺到します!

ここからリルとリルにキスをしようとする団員達との立体機動装置を使った、このドラマの最も盛り上がる格闘シーンになります!

最終的にリルの唇を奪ったのはフクシでした!
2015-08-16_040641

最後に立体機動装置を使う団員達を見たハンジが開発者として自分は間違っていなかったと悟り、壁を塞ぐぞ!と皆に向かい叫び終わります。

Sponsored Link


◆第3話「フクシ・リル編」の感想!

2015-08-16_034848

このドラマはアクションコメディーです!

「進撃の巨人」の実写映画、ドラマ、アニメの中でも今までにないジャンルに含まれると思います。

第1話「ハンジ編」、第2話「サシャ編」とは違いフクシ・リルは実写オリジナルのキャラクターなので、原作の名シーンを絡めたりする場面は無く、すべてのシーンが実写オリジナルのものでした。

なので、第1話、第2話に感じたような「名シーンを違う意味で使用する」ような場面はありませんでした。

しかし、これは「進撃の巨人」なのでしょうか?

「進撃の巨人」で描く必要のある、「進撃の巨人」が描く必要のあるドラマなのでしょうか?

おそらく立体機動装置を使ったアクションシーンを撮ることがメインテーマだったと思われます。

たしかにアクションシーンは見応えがあり、リル役に武田梨奈さん、フクシ役に渡部秀さんというアクションの出来る俳優を当てたことに納得出来る内容でした。

初めからアクションコメディードラマを観ようと思って観た人は満足するでしょう。

しかし「進撃の巨人のドラマ」を観ようと思い、観た人は「なんじゃこりゃ」と感じると思います。

これは「進撃の巨人」の要素が一切入っていないドラマだと管理人アースは思いました。

【進撃の巨人ドラマ反撃の狼煙1話ネタバレ!反撃の幕開けのあらすじ!】
【ドラマ進撃の巨人反撃の狼煙2話ネタバレ!希望の弓矢のあらすじ!】
【進撃の巨人の実写映画のネタバレ考察!】

■注目!
実写「進撃の巨人」の後編はこちら!


Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ