進撃の巨人エルヴィンが裏切り黒幕だという真相は?

第74話にて、とうとう調査兵団と故郷組の一騎打ちという様相になって来ました!

進撃ファンとしては、待ちに待った展開となっています!

ここで、この戦いの最もキーマンになるであろう、エルヴィン団長について、考察してみましょう!

Sponsored Link

◆以前から言われている「エルヴィン黒幕説」とは?

2015-09-29_113741
「進撃の巨人」第51話「リヴァイ班」より


かなり以前からエルヴィン団長には「エルヴィン黒幕説」が付きまとっています。

その理由は「エルヴィンの不可解な表情」であり「多くの調査兵団員の犠牲」「裏目に出るエルヴィンの作戦」などが理由ですが、その考察は【進撃の巨人黒幕はエルヴィン説を徹底検証!】で行っています。

この時の検証結果として、管理人アースは「エルヴィン黒幕説は無い」と断言しています。

ただ、この検証は半年前です。

そして、現在行われているシガンシナ区決戦の一番のキーマンはエルヴィン団長だと言えるでしょう!

今一度、エルヴィン黒幕説は無いのか検証してみましょう!


◆エルヴィン団長に感じる違和感の原因とは?

2015-10-15_194215
「進撃の巨人」第72話「奪還作戦の夜」より


半年前と現在とでエルヴィン団長の考察で違いがあるとすれば72話のリヴァイとの会話のシーンでしょう。

右腕を失っているエルヴィンを心配し、リヴァイは指揮をハンジに託して退けと忠告します。

しかしエルヴィンは「この世の真実が明らかになる瞬間には 私が立ち会わなければならない」とし、これを断ります。

その後リヴァイに「それは人類の勝利よりも大事か?」と訊かれ「あぁ」と肯定します。
2015-10-15_194230
「進撃の巨人」第72話「奪還作戦の夜」より


このシーンのエルヴィンのセリフに違和感を覚えた人は多いのではないでしょうか?

管理人アースも、その一人です。

その違和感は「私が立ち会わなければならない」の『が』と「それが人類の勝利より大事だ」というところだと思われます。

シガンシナ区決戦の展開を読む前に、これは検証しておくべきでしょう!

Sponsored Link


◆結果としてエルヴィン団長は裏切るのか?

2015-10-15_194254
「進撃の巨人」第72話「奪還作戦の夜」より


まず一つ目の「私が立ち会わなければならない」『が』を検証してみましょう!

「この世の真実が明らかになる瞬間には 私が立ち会わなければならない」

このシーンでエルヴィン団長のセリフを普通に言うとすれば「この世の真実が明らかになる瞬間には 私『は」立ち会わなければならない」であり、『が』ではなく『は』であると思います。

これを『が』とすると言う事は「他の誰でもなく、私が立ち会わなければ」という意味になり、「エルヴィン自身の気持ちではなく、他の何かのために」エルヴィンは立ち会わなければいけないと考えているように感じられますね。

何故、何のためにエルヴィンは真実が明らかになる瞬間に立ち会わなければならないのでしょうか?

それは自分の為ではないのでしょうか?

もし、それが人類の為にならないことであるならば、エルヴィンは人類への裏切りを行った黒幕となりますね。

そして次に「それが人類の勝利よりも大事」という所です。

調査兵団にとって、人類の勝利よりも大事なことがあるのでしょうか?

エルヴィンにとっては真実が明らかになる瞬間に立ち会うことの方が大事なようです。

人類の勝利以上に大事なそれは、人類の勝利以上に人類の為になることなのでしょうか?

間違いなく、ならないでしょう。

これは、エルヴィン団長の個人的な価値観に基づいた判断だと考えられます。

つまり、この判断は調査兵団団長として行われたのではなく、エルヴィン・スミス個人での判断なのです。

現在のシガンシナ区決戦での最大の目的はエレンの地下室に行くことです。

それは、調査兵団にとってもエルヴィン団長にとっても共通の目的であるので問題はないでしょう。

しかし、獣の巨人を退かせウォール・マリアを奪還し、エレンの地下室にたどり着いた時にエルヴィンの目的が調査兵団と違っていたことが発覚したら…

例えば「この世の真実が明らかになる瞬間には 私が立ち会わなければならない」のは、その真実を世に明らかにして良いかどうかを自分が判断しなければいけない、などのエルヴィンの裏の顔があったとしたら…

リヴァイは今回の判断を信じて良いのでしょうか?

エルヴィンの黒幕説や裏エルヴィン説が真偽がハッキリするのはエルヴィンがエレンの地下室に辿り着いた時でしょう!

エレンの地下室に何があるのか非常に気になりますが、この時のエルヴィの表情、行動も要チェックですね!

84話にて、エルヴィンが地下室に辿り着く前に死亡するという展開となりました!

たしかにエルヴィンには「地下室に行き、答え合わせをする」という目的がありましたが、最終的には人類のために獣の巨人を追い詰める作戦での負傷にて、死亡しています。

84話最新のあらすじ!にて、死亡展開が書いてありますので、見てみてください!

【進撃の巨人エルヴィンの腕輪や隠し事が何かネタバレ考察!】
【エルヴィンの腕は再生するのか検証!巨人化する?】
【進撃の巨人のエルヴィンとリヴァイの過去は?】


Sponsored Link

この考察記事を読まれた方には、こちらの記事にも進撃して頂いてます。

10 Responses to “進撃の巨人エルヴィンが裏切り黒幕だという真相は?”

  1. Flügel der Freiheit より:

    第72話で描かれているエルヴィン団長の決意についてですが、私はどちらかといえば、この記事にある説とは逆の可能性を推測してきました。

    世界の真実を明らかにすることが壁内の人類の為になると仮定するならば、エルヴィンが真実の公開を妨害すれば、それは人類と対立することになりますね。

    しかし、果たしてそうなのでしょうか?

    兵団の上層部の人たちは、ウォール・マリア奪還については非常に期待を寄せていますが、地下室の話になると雰囲気が暗くなっているような気がするんです。

    これはなぜでしょうか?思い出すのは、ベルトルトが、壁内人類に向かって「悪魔の末裔」と言ったことです。

    壁内の人類は、世界の真実から目を背けることで、約100年間の秩序を維持してきたのではないでしょうか…。世界の真実は、壁内人類にとって不都合極まりないものだと私は推測します。

    エルヴィンの意図は、たとえ世界の真実が明らかにされることが、壁内の秩序を崩壊させるものであったとしても、そして他の上層部の人たちがどれだけ反発したとしても、絶対に真実を公開することである、という可能性も有り得るのではないでしょうか。



    ところで、昨日、グランフロント大阪の展示とシアターに行ってきました!

    展示では、作品の神髄を学べましたし、考察のヒントになるような展示もありました。アイテムの展示もリアル感があって良かったです。

    作者が、『進撃の巨人』という作品に、さまざまな思いやメッセージを込めているということを改めて感じ取ることができ、ジーンときました。『進撃の巨人』は、巨人との戦いを通じて、人間や人類という存在を客観的な視野から描いているという認識が深まりました。これは文明人が忘れがちな視野だと思います。『進撃の巨人』は、とても貴重な作品ですね。

    シアターは迫力がありました!というか、以前から分かってはいたんですが、立体起動って本当に物凄く危なっかしい!ということが体感できました(笑)でも、立体起動は素晴らしいですね。

    • 管理人アース より:

      Flügel der Freiheitさん!

      コメントありがとうございます!

      >絶対に真実を公開することである、という可能性も有り得るのではないでしょうか。
      なるほど!
      これは確かにエルヴィンっぽいですね!
      父親が真実を語ったために抹殺されたエルヴィンの固い決意の表れの言葉という気がしてきます!
      裏はなく、このエルヴィンでいて欲しいです!(笑)

      >昨日、グランフロント大阪の展示とシアターに行ってきました!
      >立体起動は素晴らしいですね。
      良いですね~。
      実は管理人アースは行けていないんですよ(T_T)
      トロスト区でミカサに話しかけられたいのですが……(笑)

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  2. 兵長の寝室掃除係 より:

    団長と言えど一人の人間なので、信用している部下の前では「エルヴィン・スミス」になる瞬間があるのだと思っています。
    なので…この時の団長の台詞は、ある意味自分に対する皮肉に聞こえます。
    「エルヴィン・スミスの望みは人類の勝利よりも大事だ(くだらない)が、それでも立ち合いたい」のだと。
    「腕一本では足りないほど部下を死なせた」ことに対する後悔や、自分のせいで父親を死なせてしまったことの後悔。
    団長自身がこの世の真実を知る前に死んでしまっては、彼らの死を無駄にすることになってしまいます。
    無論、「立ち合わなければならない」中には団長本人の知識欲のようなものも含まれているでしょうけれど
    ここまで団長として皆を指揮し、多くの死を生んでしまったことを無駄にしたくはないという人としての強い意志を感じますので、私は団長を信じます。
    そして兵長の選択は間違っていないと信じているであります!(左胸ドン)

    • 管理人アース より:

      兵長の寝室掃除係さん!

      コメントありがとうございます!

      >私は団長を信じます。
      >そして兵長の選択は間違っていないと信じているであります!(左胸ドン)

      管理人アースも信じていますが、作者としては最後の最後までどちらにでも転がせるようにしているのだろうなと思いますね。
      ということは、最後の最後でひっくり返す可能性があるということでしょう(ー_ー;)
      その時は…どうなるのでしょう…
      ただ、今後の展開は絶対に目を離してはいけないでしょう!(笑)

      またコメントよろしくです!


      管理人アース

  3. 第73話で エルヴィンが言った、非常に気になる言葉が
    あります。
    「我々の目的が、地下室の調査だということは、既に
     敵に伝えてある。」

    「敵に伝えてある」は、おかしくないか?
    本来は 「敵に知られてしまった」であり、不利な情況の
    はずなのです。
    なのに 「敵に伝えてある」では、こちらから敵に仕向けた。
    敵を誘ったような形ではないか?
    しかもそれが、第21話からの かなりのロングパスです。
    この時点で ライナー達を怪しいとつかみ、この作戦の
    布石を打ったとすれば 凄いと思います。
    ただし、その根拠は何だったのか?
    単に、敵を誘い出すための 賭けだったのか?

    ところで話は変わって、拙ブログに書きましたが、
    「紅蓮の弓矢」が、頭の中でヘビーローテ-ション
    なのです。
    原作を知って聴くと、改めて “神曲”だと感じるのです。

    • 管理人アース より:

      おおぞらバードさん!

      コメントありがとうございます!

      >この時点で ライナー達を怪しいとつかみ、
      これは104期生の中に敵がいるかもというくらいには思っていて
      ライベルアニが怪しいまでは分かっていなかったと思われます。

      >ただし、その根拠は何だったのか?
      >単に、敵を誘い出すための 賭けだったのか?
      そうだと思われます。
      アルミンの「団長は一体何を見ようとしているんだ?」からもそのように感じますね。
      つまりはこの後の第57回壁外調査にエレンを奪いに来させるための罠ということでしょう。
      この時以外にもエルヴィン団長はあちらこちらに罠を仕掛け、壁外調査で故郷組をおびき出そうとしていたのだと思います。

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  4. Kapi@ より:

    ちょっと気になったところがあるのですが
    ストーリー的な話ではなくてですね、
    エルヴィンは、片腕がないです。
    つまり注射はもう片方の手でしなければいけません。
    ですが注射は腕にすることが多いですよね。あれは全身へ回りやすくするためなんですよ。でも、エルヴィンは片腕がないので、腕には注射することができません。肩に注射するのはありですが、一歩間違えると違う血管をさしかねません。頸動脈をさしてしまえば多量出血で死ぬ可能性だってあります。
    また、その片腕に注射しようとしても口で持ってするぐらいしかありません。でも口ではうまいこと固定は出来ないうえ、舌で
    上のピストン部分を押さなければなりません。新しいやつは固いので舌では確実に押すのは不可能です。
    こんなんでエルヴィンは注射できるのでしょうか。
    まあ、できませんよね。
    したところで失敗して、片腕だけ巨人化とか、片足だけ巨人化とかそんな感じになってしまう可能性が高いです。
    ということは仲間が注射しなければいけなくなります。
    ですが仲間の誰かがエルヴィンの夢を知っていたら。多分誰も注射は出来ないでしょう。
    だからエルヴィンが巨人化する可能性はあるとは思いますが、他の誰かが使う可能性の方が高いのでは?とKapiは思います。
    自分でもちょっと変な考えだなと思いますが、ぜひ一緒に考えてくれるとありがたいです。

  5. Kapi@ より:

    その考察は何度も拝見させていただきました!いやはや、やはりすごいですねえ。
    私は綺麗な文章が作れなくって…小説であればなんとかなるんですが…

    えっとアースさんは
    リヴァイはエルヴィンに注射を打ってあげるという考えでしたよね。
    当初これをみたとき、ああ、確かにリヴァイが、やってくれそうだ。ふむふむ。で終わってたのですが、
    考えれば考えるほど引っ掛かる点がありました。
    まずひとつなんですが、エルヴィンは調査兵団を引っ張る重要な役割を持つ方です。
    しかし、この人が巨人化してしまうと、統率意識がなくなってしまうのではと思いました。
    確かに、リヴァイや、ハンジなど、兵団を引っ張ることができるひとは結構います。
    エルヴィンも、リヴァイにたくしていましたしね。ですがその場はどうするのでしょうか?
    あとになればエルヴィンは巨人化できるようになったとか、リヴァイが代わりになるとかできますけど、その場はやはりエルヴィンがいないことで、混乱するでしょう。
    そうすると、結果的には、調査兵団はピンチを引き起こし得ません。
    (やはりエルヴィンは黒幕だからここまで考えているのか!?とはあまり考えたくない。)
    ふたつめは、巨人化の注射は調査兵団のみんなの前ではしませんよね。危ないですから。つまり巨人化の注射をエルヴィンがしたということがわかるのはその注射をしていたときにそれを見ていた人です。そして最初は無知性の状態です。
    ということはそれを見ていないその他の調査兵団の人達は、新たな巨人がきた。討伐せよ。となってしまう可能性も少なくありません。もし、うっかり殺してしまったら
    後の祭りです。

    この事から、エルヴィンが、巨人化すると多くの混乱を巻き起こしてしまう可能性が
    あるということ、また、これが戦いの最中だと、ピンチになってしまうことを、リヴァイがそれをしっかり把握していれば、
    エルヴィンの巨人化の可能性は減るでしょう。
    もしかしたら俺に注射をしろ!とエルヴィンが裏の顔を見せてくれるかもしれませんね。

    リヴァイが調査兵団のことを考えるか、
    はたまたいきる意味を与えてくれた、エルヴィンに従うのか、リヴァイの判断はいかに!

    少し話が変わりますが、前に3DSで進撃のゲームがありましたよね。
    あれであることをすると、ミカサが巨人化するそうなんです。
    もし、これが本編に繋がっているのなら、
    エルヴィンではなくリヴァイがミカサに巨人化を求めるシーンもあるかも?
    ミカサが巨人化するとなると、やはり、座標も関係してきたり、アニの再登場、ループの話もしっかりと、出てきそうな気もします。

    • 管理人アース より:

      Kapi@さん!

      コメントありがとうございます!

      >私は綺麗な文章が作れなくって…小説であればなんとかなるんですが…
      コメントを読んでいると十分な文章だと思われますよ!
      小説の方がスゴイと思います!(・_・;)

      >この人が巨人化してしまうと、統率意識がなくなってしまうのではと思いました。
      >もし、うっかり殺してしまったら後の祭りです。
      そうですね!
      なのでエレンの巨人化注射の時のように無知性巨人でいる間は一瞬であると思われます。
      ライナーかベルトルト、もしくはそれ以外の知性巨人が捕食可能な状態の時にリヴァイの巨人化注射は使用されると管理人アースは考えます。
      例えばですが、ライベルか二人以外の知性巨人が人間時の状態で拘束されています。
      その時、エルヴィンが獣の巨人の攻撃により瀕死の状態。
      そこに駆けつけたリヴァイが巨人化注射をエルヴィンに使用。
      無知性巨人となったエルヴィンが拘束されている知性巨人を捕食。
      すぐに人間に戻りそこには右腕が復活!(笑)
      そしてその後も指揮を取る!
      もしくは巨人化して指揮を取る!(笑)
      超大型巨人で「進め!」と言ったら迫力ありますよね!
      それとも「うおー!」しか言えませんかね?(ー_ー;)

      >ミカサが巨人化するとなると、やはり、座標も関係してきたり、アニの再登場、ループの話もしっかりと、出てきそうな気もします。
      あー、ミカサ巨人化パターンは考えなかったですね!
      ミカサが巨人化したら、やはり「女型」なのでしょうか?
      もしかしたら「獣」?(笑)

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ