進撃の巨人ウーリは誰という方のためのウーリの経歴を画像付で紹介!

第69話「友人」にて突然数多く登場したウーリについて紹介します!

今一度ウーリ・レイスについて見直してみましょう!

Sponsored Link

◆ウーリ・レイスとは?

2015-07-31_033638
「進撃の巨人」第69話「友人」より


ウーリ・レイスのプロフィールです!

項目 内容
名前 ウーリ・レイス
身長 155cm
体重 54kg
誕生日 12月31日
年齢
出身地 ウォール・シーナ レイス卿領地
所属 レイス初代王前継承者
目的 壁内に楽園を築くこと
ウーリの由来 ドイツ語で、伝統、富、指導者という意味です。
レイスの由来 英語姓です。

ウーリ・レイスはヒストリア、フリーダの実父ロッド・レイスの弟であり、フリーダの一代前の「巨人の力」「世界の記憶」の継承者です。

初登場は第64話「歓迎会」で、フリーダに「巨人の力」と「世界の記憶」を引き継ぐためにフリーダ巨人に食べられる場面で少しだけ出て来ます。

その姿は白髪で老人のようです。

この時の兄ロッド・レイスと比べても明らかに老い過ぎですね。
2015-07-31_032815-horz
「進撃の巨人」第64話「歓迎会」より


巨人化の力が老いを進行させるという説はこの場面でも証明していますね。

次に登場するのは第66話「願い」です。

ここでは逆にロッドとウーリの父から「巨人の力」「世界の記憶」をウーリが引き継ぐシーンが描かれています。

この時に兄ロッド・レイスでは無くウーリが引き継ぐことになった話し合いがあり、この時ウーリはロッド・レイスに「祈ってくれ」と言っています。
2015-07-31_032356
「進撃の巨人」第66話「願い」より


次は68話「壁の王」にて、ロッド・レイスの記憶の奔流がヒストリアに流れているシーンで一コマだけ登場します。
2015-07-31_032418
「進撃の巨人」第68話「壁の王」より


若き日のウーリはイケメンですね(笑)

そして、イキイキとして活発な印象を受けます。

そして69話「友人」でのケニーの回想にてウーリ・レイスの存在が大きく取り上げられます。

ケニーの回想でのウーリ・レイスという人物がどのような人物だったのかを見て行きましょう!
Sponsored Link

◆69話で分かるウーリ・レイスとはどのような人物なのか?

2015-07-31_033709
「進撃の巨人」第69話「友人」より


69話はウーリが巨人化し、ケニーを掴みあげているシーンから始まり、まだ若いロッド・レイスとウーリ・レイスが登場します。

その後捕らえたケニーを放し、そのケニーに頭を下げ謝るウーリのシーンがありました。

この時ウーリはケニーに頭を下げながら「どうか許してくれ」「こんな小さな壁の中にさえ楽園を築けなかった愚かな私を…」と言っています。
2015-07-31_033739
「進撃の巨人」第69話「友人」より


これはウーリ個人の謝罪ではなく壁の中の王としての謝罪ですね。

ウーリの言葉ではなく「初代王」としての言葉です。

次にウーリが登場するのは池の前で二人で会話をするシーンです。

「私はもう…長くない」と言っているのでフリーダに「巨人の力」を継承する直前での会話のようです。

ウーリは「この力はロッドの子達に引き継がれる」「私はその子らの記憶の中で生き続けるだろう」と言っています。

この時の「私」とはウーリでしょうか?

間違いなく「初代王」ですね。

この後のケニーとの会話でウーリは「我々を友人にしたものは一体何だ?」と言い、ケニーは「それこそ友人とやらになる前によぉ」と語り、お互いが友人だと認識していることを確認しています。

なんとも言えない素晴らしいシーンなのですが、この会話をしているのもウーリというよりも「初代王」ですよね。

ケニーはウーリと友人になったのではなく、初代王と友人であると確認したのです。

ケニー自身それは分かっていたようで、フリーダに「巨人の力」が引き継がれた後に「目を見ればすぐに奴がいることがわかった」とフリーダの中にいる「ヤツ」を確認して言っています。

つまり69話で登場するウーリ・レイスの言葉は全て「初代王」の言葉ということになります。


第69話で数多く登場するウーリは「初代王」だったようです!

第64話、66話、68話に登場するウーリはウーリ・レイスですが、69話に登場するウーリは「初代王の思想」に乗っ取られたウーリとなっているようですね!

【進撃の巨人の初代王が人類の存続を望まない理由は?】
【進撃の巨人69話のネタバレと感想まとめ!ケニーが死亡の真相も】
【ウーリの本当の目的は一体何?】


Sponsored Link

この考察記事を読まれた方には、こちらの記事にも進撃して頂いてます。

17 Responses to “進撃の巨人ウーリは誰という方のためのウーリの経歴を画像付で紹介!”

  1. Flügel der Freiheit より:

    ループ説が正しいと仮定すると、この「初代王」というのは、どういう位置づけになるのでしょうか?もちろん、現段階では非常に難しいだと思いますが…。

    座標の力を使ってループし続けるとすれば、人類は永遠に存続することができると思われますが、初代王もまたループするのでしょうか。

    もしも「座標」が初代王によって獲得されたものだとすれば、初代王自身はおそらくループの対象外で、時間軸で言えば「原点」のような存在になっていると思います。



    …少し話は変わりますが、『進撃の巨人』の世界観が基本的に「ループ」だったとしても、果たして作品自体がループで終了してしまうのでしょうか。

    この作品には奇抜な展開が多いですからね。本来ならば「最終話→1話」という流れが起こらなければならないところを、最後の最後に何らかの「どんでん返し」が起こって、ループが破られるという展開も有り得るのではないか?ということです。

    アニメの2クール目のオープニングソング『自由の翼』の歌詞で、「切り裂くのは《愚行の螺旋》」という部分あります。発音は「きりさくのはRingel der Torheit」です。一体全体、作詞者のRevo氏は、どうしてこんな歌詞を入れたのでしょうか?もしも普通の読者の1人としてこの歌詞を入れたのだとしたら、あまりにも冒険的です。

    果たして調査兵団は、見事に「愚行の螺旋」を切り裂くのでしょうか?もしも切り裂いた場合、人類は存続できるのでしょうか?注目したいと思います。

    • 管理人アース より:

      Flügel der Freiheitさん

      コメントありがとうございます!

      すごい深い考察ですね!
      オープニングソング『自由の翼』の歌詞は考えていませんでした。
      斬り裂くのは《愚行の螺旋》という歌詞の螺旋はループを連想させますね。
      確かにRevo氏の作詞としては深すぎます(笑)
      ただドイツ語をオープニングの歌詞に使っているなど、ある程度作者から歌詞の助言を受けていると思われますね。
      注目したいです!

      初代王の位置付けはまだまだ未知数ですね!
      「二千年後の君へ」の二千年という単位も謎ですよね。
      初代王はせいぜい100年単位の存在だと思うのですが…二千年以上レイス家は存続しているのでしょうか?
      それともループと初代王は関係ないのでしょうか?

      これも注目ですね!(^O^)!

      またコメントよろしくお願いします!

      andmandy

  2. Flügel der Freiheit より:

    漢字ミス
    誤「切り裂くのは《愚行の螺旋》」

    正「斬り裂くのは《愚行の螺旋》」

  3. mon より:

    いまだに、リヴァイ兵長の父親と名字が不確定なのが気になります。
    ひょっとして、リヴァイの父親はウーリ・レイスなのでは?なんて
    チビですし。
    リヴァイの母は病死。ウーリ・レイスも病気を患ってるようでしたから。
    だとしたら、アッカーマンの支配されない血とレイス家の血で、最強の混血ですね。

    • 管理人アース より:

      monさん!

      コメントありがとうございます!

      >リヴァイの父親はウーリ・レイスなのでは?
      たしかにシーナ地下でしたしね。
      あり得なくはないです!
      父親がロッド・レイスという可能性も0ではないかななんて・・・

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  4. より:

    なんか…アルミンとウーリが似てる…特徴も同じだし、もしかしてアルミンもレイス家何でしょうか?
    これだけで考察するのは自分でも単純だとをもいますが…
    何かを変えることができる人は大事なものを捨てることができる人だっていうアルミンの言葉はアルミンがレイス家だと発覚し、座標の真の力を発揮するため、大事なもの=親友のエレンを食べて世界を変えると言うエンドになると言う線は有るんじゃないでしょうか。
    長文失礼いたしました。

    • 管理人アース より:

      蒼さん!

      コメントありがとうございます!

      >アルミンもレイス家何でしょうか?
      う~ん、確かに外見は似ていますね!
      ただ、それだとフリーダとエレンもソックリですよね!(笑)
      アルミン・レイスは無いと思いますが…言い切れませんけどね!(笑)

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  5. より:

    すいません、外見の特徴がヒストリアと同じ立ったので、ウーリも金髪碧眼かと思いました。
    アルミンも一緒だったので。

    • 管理人アース より:

      蒼さん!

      コメントありがとうございます!

      >ウーリも金髪碧眼かと思いました。
      そうだと思いますよ!
      アニメで確認しないと、言い切れませんが!
      ただ、他のレイス家の人は、例えばフリーダは黒髪ですし、ロッド・レイスもそうだと思います。
      なので、レイス家=金髪碧眼とは限らないようです。

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  6. コミック派だけど見てしまう…… より:

    はじめまして!

    いつも拝見してます!

    早速ですがケニーとウーリの会話で気付いたことがありました!

    ウーリのセリフで(滅ぼしあう他なかった我々を友人にしたものは一体なんだ?)とケニーに聞いていますが別の意味にも聞こえるのです。

    壁の中の人類と壁の外の人類にも聞こえなくはないですか?笑

    二人の会話の最後に(私はあの時の奇跡を信じてる)

    ウーリが奇跡を信じてるって言うことはウーリが持つ力でもどうにもできないという事で壁の外の人類ではないかと思いました。

    • 管理人アース より:

      コミック派だけど見てしまう……さん!

      コメントありがとうございます!

      >壁の中の人類と壁の外の人類にも聞こえなくはないですか?
      確かに意味深ですよね。
      二人を友人にしたもの…それが壁外人類と壁内人類を「友人」にも出来るのでしょうか?
      ライベルとエレんたちを…(泣)

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  7. トロスト区議会議員 より:

    アースさん、こんにちは。

    86話でマーレの目的が「フリッツ王を刺激せぬように壁内に侵入し、始祖の巨人を奪還すること」が明らかになったのですが、やっていることは壁ドンと大胆です。また、グリシャも同日レイス家襲撃という大胆な行動に出ています。

    結果として、ライベルの壁ドンもグリシャのレイス家襲撃も成功した訳ですが、もし、始祖の巨人能力者がウーリであったら、彼らは返り討ちあっていたのかなと思います(実際、フリーダについては練度不足という説明がありました)。

    逆の言い方をすると、彼らは「ウーリからフリーダに能力継承がされて日が浅い」ことを知っていたから大胆な行動に出れたのでは、と考えます(つまり、両者ともに情報提供者はいたはずです)。

    また、86話でのマーレの戦士募集から壁ドンまで20年超とかなり時間が空いていますが、実はウーリが壁外の巨人を操って、マーレ側を撃退していたのでは、とも思っています。

    今後ウーリにスポットが当たるかわからないですが、ウーリからフリーダの能力継承というのは、物語が動く1つのポイントだったのかなと思い、コメントさせて頂きました。

    • 管理人アース より:

      トロスト区議会議員さん!

      コメントありがとうございます!

      壁ドンが初めての攻撃ではない、という考察をさらに発展させた考察ですね!
      面白いですね。
      ただ、マーレの戦士募集から20年程度時間が空いているのは気になりますよね。
      飛行船もあった訳ですし、楽園送りが実行されているため、パラディ島まではスムーズに来れたと思えます。
      もしかしたら、自分たちが放った巨人たちのせいで壁まで行けなかったということはないでしょうか?
      ジークの叫びが発動できるまで時間がかかったとか…
      ただ、ちょっと情けない理由ですが(笑)

      ただ、フリーダの能力継承のおかげで壁ドンが成功した、グリシャ巨人が勝てたという不自然さは管理人アースもずっと考えていました。
      この考察は、今日公開した記事にも書いているのですが、レイス≠フリッツではないかという考察です。
      つまり、グリシャはレイスが始祖の巨人持ちではないと分かっていたのかなと。
      で、この時は「どこにフリッツがいるのか教えてくれよ!奴らが攻めてきたんだよ!」とか言っているのかなと。
      IMG1810

      「進撃の巨人」第63話「鎖」より


      まあ、ほとんど妄想かもですが・・・
      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  8. 兵長の寝室掃除係 より:

    ウーリが最初に土下座をしたのは何となく不思議でした。

    この壁の中に楽園を築けなかった事の謝罪だとしても、わざわざ一人の人間(ケニー)に対して土下座までする事でしょうか。

    かつては懐刀であったアッカーマン一族を迫害した事が謝罪に含まれているとしても、土下座までするでしょうか…。

    アッカーマンは元々レイス家ではなく、フリッツ王家の懐刀で、それをレイスがフリッツを捕食して力を奪った時、口封じのようにアッカーマンを惨殺したという謝罪であれば、土下座の意味も通じますね。

    「フリッツを捕食しその力を得て、アッカーマンまでも滅ぼそうとしたのに、この小さな壁の中に楽園を築かなかった私を許して欲しい」

    という事なら。

    ケニーが生きていてくれたら、もっと何か知っている事があったのではと思いますよね。
    まあ彼は喋らないでしょうけど…。(笑)

    • 管理人アース より:

      兵長の寝室掃除係さん!

      コメントありがとうございます!
      お久しぶりですね。
      しかも、こんな懐かしい記事に(笑)
      ありがとうございます(^^)

      「フリッツを捕食しその力を得て、アッカーマンまでも滅ぼそうとしたのに、この小さな壁の中に楽園を築かなかった私を許して欲しい」

      良いですね~。
      迫害どころか、虐殺という展開があったのか。
      となると、東洋の一族に対しても…
      妄想が広がります。
      しかし、フリッツ王を捕食するくらいの事をしていたとしたら、ありえる展開かなとも思います。
      次に明らかになるであろう、ユミル・レターで、この辺りも何か分かるかもしれないですね!

      またよろしくです!


      管理人アース

  9. 兵長の寝室掃除係 より:

    お久しぶりです、アース分隊長。(敬礼)

    毎日ここを拝見してはいるのですが
    皆様の考察が凄いのと
    アース分隊長が忙しそうなのでコメントを遠慮しておりました。

    個人的にウーリとケニーは、とても好きなキャラクターなのです。
    最新の記事(before the fall)の関連記事として、この記事が表示されていたので、つい。
    しかしコメントに気付かれるとは、さすがです。(笑)

    もしレイスがフリッツを捕食していたのだとしたら、彼らの間にどんなやり取りがあったのか気になりますね。
    最初は同じ目標があって壁の中に来たのでしょうが、何かがあってで仲違いしたと思われますが…
    東洋の一族はアッカーマンのような能力はないにしても、エルディア人ではなかったので単純に排除したかったのか…。
    でも、東洋の一族が壁の中に混じっていたというのも、ちょっと不思議ですよね?
    それならマーレにも多少は東洋の一族がいたりするのでしょうか。
    東洋の一族には何か役割があってレイス(もしくはフリッツ)が意図的に壁の中に入れていた可能性もあるかな…などと思いました。
    ミカサの腕に刻まれたものが非常に気になります。

    • 管理人アース より:

      兵長の寝室掃除係さん!

      コメントありがとうございます!

      >毎日ここを拝見してはいるのですが
      ありがとうございます!
      忙しいのは、毎月8日~一週間程度ですかね?
      そこを越すと、日常的な毎日になります(笑)
      なので、今時分は通常通りですよ(^^)

      >それならマーレにも多少は東洋の一族がいたりするのでしょうか
      どうなのでしょうね?
      グリシャ達エルディア復権派が連絡を取ろうとしていたようなので、パラディ島にいたとしてもおかしくないかもですが。
      マーレにいるのかどうかは、難しいですね。

      >ミカサの腕に刻まれたものが非常に気になります。
      この回収は、もう少し先になるかなと思いますね。
      もしかしたら、エレン、ミカサ達が壁外に行ってからかなと。

      またよろしくです!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ