進撃の巨人イルゼの手帳のネタバレ考察まとめ!

進撃の巨人第5巻に収録特別編「イルゼの手帳」の内容はどのようになっているのでしょうか?

検証してみましょう!

Sponsored Link

◆特別編「イルゼの手帳」のネタバレ!

iruzenotetyou
「進撃の巨人」特別編「イルゼの手帳」より


特別編「イルゼの手帳」は週刊少年マガジンに出張掲載された作品です。

内容は本編から2年前の第34回壁外調査に参加したイルゼ・ラングナーが壁外で出会った一体の巨人に捕食されるまでの話である。

イルゼ・ラングナーは壁外で巨人に襲われ仲間も馬も失いました。

立体機動装置も壊れ、ただ北にある壁を目指して走るしかありません。

人間の足では巨人に遭遇したら逃げ切れないため、巨人と遭遇したら絶望的です。

そんな絶望的な状態でも希望を捨てず手帳に状況を書きながら走り続けられるのは彼女が調査兵団の一員という誇りを持っているからでしょう。

北にある壁を目指し森を抜けようと走っているところで一体の巨人と遭遇します!

状況は絶望的ですが、巨人はすぐにイルゼを食べようとしません。

イルゼはこの巨人を奇行種かと判断します。

巨人は「う~…」と唸った後「ユミルのたみ…」とつぶやき「ユミルさま…よくぞ」と言いながらイルゼに跪きます。
2015-08-12_050042
「進撃の巨人」特別編「イルゼの手帳」より


巨人がしゃべり、敬意を示すような姿勢をとったのです。

それを見たイルゼはコミュニケーションをとろうと色々話しかけますが唸るだけで返答は返って来ません。

イルゼはこの状況に堪らなくなり、巨人に激昂し叫び、巨人に罵ります!
iruzei-ta
「進撃の巨人」特別編「イルゼの手帳」より


すると巨人は自分の顔を掻きむしり出しました!

訳が分からず、恐ろしくなったイルゼは逃げ出しますが、巨人に捕まり捕食されてしまいます!

この展開の間にも、イルゼは絶対に屈しないという強い気持ちが描かれており、彼女が死ぬ直前まで状況を手帳に書き続けるという行動にも調査兵団員という誇りを感じました!

1年後、リヴァイとハンジによりイルゼの遺品と手帳が発見されます。

リヴァイがイルゼの遺した手帳を読み「これは…イルゼ・ラングナーの戦果だ」とつぶやき話は終わります。
Sponsored Link

◆「イルゼの手帳」のネタバレ考察!

401023c4
「進撃の巨人」特別編「イルゼの手帳」より


イルゼの手帳には二つの考察すべきテーマがあります。

  • 「ユミルのたみ」とは?
  • 無知性巨人のつぶやき

  • この二点です。

    「ユミルのたみ」についての考察は【進撃の巨人のユミルは死んだのか検証!ユミル民との関係は?】で行っているので省きます。

    無知性巨人がつぶやくとはどういうことでしょうか?

    本編で無知性巨人がつぶやく場面はもう一つありました。

    コニー母巨人です。

    コニー母巨人はコニーを見て「オアエリ」とつぶやきました。

    イルゼ・イーターとコニー母巨人が呟いた理由は何なのでしょうか?

    共通点はあるのでしょうか?

    コニー母巨人がつぶやけた理由はおそらく我が子への情だと思われます。

    「よく帰ってきたね」という子を見た時の母の情がつぶやきに変わったのではないでしょうか?

    ではイルゼ・イーターがつぶやいた時の状況も何かしらの情が働いたのでしょうか?

    イルゼ・イーターはイルゼとユミルを間違えているようです。

    そしてユミルに対して敬意を示していることが分かります。

    イルゼに跪いていることからも分かりますね。
    iruzekeii

    「よくぞ」という言葉に、イルゼが無事でいること、そして出会えたことがかなり幸運であると思っていることがうかがえます。

    ユミルと間違えたイルゼに対して情が動いていることは間違いないでしょう!

    無知性巨人には情と記憶が残っており、情が昂ると話せるということがこの「イルゼの手帳」分かります!


    ◆アニメ「イルゼの手帳」の変更点を検証!

    2015-08-11_200921

    特別編「イルゼの手帳」はアニメ化されています。

    アニメ「イルゼの手帳」ではかなり変更点がありますが、ここでは考察の対象になる変更点を挙げます!

  • イルゼ・イーターには森から一定距離を離れると人間を追わず、大事な場所(イルゼの遺体)に帰る習性があった
  • イルゼの遺体を木のウロに安置し祀っていた。

  • この2点が大きな変更点でしょう。

    両方の変更点とも「イルゼの遺体が大切なものである」というイルゼ・イーターへの想いを表しています。

    それはイルゼ・イーターがイルゼに対しての敬意を表しているということです!

    変更点も無知性巨人に情が存在することを表わしているようですね!

    特別編「イルゼの手帳」はユミル考察にはもちろん欠かせない存在ですが、巨人考察にとっても重要な存在になっていることが分かります!

    巨人の謎が解明される時には重要なファクターとなるでしょう!!

    【進撃の巨人の巨人の正体をユミルの民から検証!】
    【進撃の巨人の北欧神話のユミル民って一体何?原初の巨人の真相も】
    【進撃の巨人のユミルは死んだのか検証!ユミル民との関係は?】
    【進撃の巨人のユミルの正体は?高貴な身分の真相も!】


    Sponsored Link

    4 Responses to “進撃の巨人イルゼの手帳のネタバレ考察まとめ!”

    1. PalF より:

      はじめまして(*´ω`)
      PalFという者です。
      いつも楽しく考察読ませていただいてます!
      今回はこの記事でどうしても
      引っかかることがあり、コメントさせていただきましたm(__)m
      常識だったり考察されてたらごめんなさい・・・。

      イルゼイーターが自傷行為をした後にイルゼを食べるところなのですが
      巨人視点になってユミルを食べた理由を考えてみると罵るユミルに混乱したというのもあるかもしれないのですが、
      その巨人はユミルが無知性巨人化されたことは知っているはずです。 
      た、たぶん(´・ω・`)
      しかし目の前にいるユミルは紛れもなく「人」です。
      これを見た巨人はよくぞと歓迎するとともに

      自分も、知性巨人化能力者を食べて知性巨人化能力をもつ人間に戻ったユミルを食べて人間に戻りたいと考えたのではないでしょうか?

      そうするとイルゼを完食しなかった理由もわかります。

      しかし食べたあとは偽物ユミルだとわかったはずです。
      保管した理由が自分でもわかりません(笑)
      似てるからでしょうか?

      アース師匠の意見をお聞かせください(*’▽’)

      • 管理人アース より:

        PalFさん!

        コメントありがとうございます!

        イルゼ・イーターの「ユミルさま」、自傷行為についての考察は多々ありますが
        まだまだキチンとした答えは出ていないと思います。

        自傷行為もユミルと思いっていたイルゼに罵られてユミルの特徴であるそばかすを傷つけているように見えますよね。
        これも何らかの伏線なのかなと思います。
        イルゼをユミルと勘違いした所は、そのそばかすが理由でしょうから。

        >自分も、知性巨人化能力者を食べて知性巨人化能力をもつ人間に戻ったユミルを食べて人間に戻りたいと考えたのではないでしょうか?
        これは相手がユミルではなくても、無知性巨人は人間を食べるという行動しか本来はしないはずなので、何とも言えないですが
        面白い考察だと思います!

        ただ、一つ言えるのは、無知性巨人はここまで考えることが出来るのかもしれない、ということです。
        他の無知性巨人も出来るのだけれども、行動が「人間を食べる」だけに制限されているのかなと。
        それを示唆してるのがイルゼ・イーターなのでしょう!
        まだまだ「イルゼの手帳」の謎は多いですね!

        またコメントください!


        管理人アース

    2. kattyan より:

      こんばんは
      アース様の考察のなかに度々見られた「情」という視点はとても参考になるものでした。
      私は特に顔の自傷行為からはイルゼを補食しようとしてしまう感情を必死に押さえ込んでいるように感じ、またハンジを襲う直前、イルゼの死体をみて木に頭をぶつけているところから後悔をしているかのように感じられました
      これは、無知性巨人が人を食べることを望んでいないことを示唆しているのではないでしょうか。
      ベルトルトの「誰が人なんか殺したいと思うんだ」という発言は、無知性巨人もその言葉の範囲に含めたものなのではないかと考えました

      • 管理人アース より:

        kattyanさん!

        コメントありがとうございます!

        >無知性巨人が人を食べることを望んでいないことを示唆しているのではないでしょうか。
        そうですね~。
        ユミルの「終わらない悪夢を見ているようだったよ」もそのように感じさせますよね。
        やはり何者かの「叫びの力」のような強制力により無理やり食べさせているということでしょうか?

        イルゼの手帳には様々な伏線が施されていますね!
        ユミルの再登場も待ち遠しいです!

        良かったらまたコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    コメントを残す

    このページの先頭へ